Hatena::ブログ(Diary)

haseの日記

2011-10-05

[]MeCabインストール(研究室編)

メモがわりに MeCab + Pythonインストールで引っかかったところを書く。

状況:研究室のサーバのローカル環境にインストールする。suになれる権限はない。

1.MeCabインストール

とりあえずmecab-0.98を持ってくる。

wget http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab/0.98/mecab-0.98.tar.gz 

そして、インストール

./configure --prefix=自分のローカル --with-charset=utf8

を打ち込む。

「--prefix=自分のローカル」がないと、勝手に/usr/local/のほうにインストールされることになって、もちろんそんな権限はないのでエラーが起きる。

makeのときに、

make[2]: `all' に対して行うべき事はありません。

make installのときに、
make[2]: `install-exec-am' に対して行うべき事はありません。
make[2]: `install-data-am' に対して行うべき事はありません。

と言われたが無視。それ以外はここらへんのページ見ながらコマンドを打ち込む。

2.MeCabの辞書のインストール

MeCabの辞書をもってくる。

wget http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-ipadic/2.7.0-20070801/mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz

そして、インストール

./configure --prefix=自分のローカル --with-charset=utf8

と実行していたらエラー。

configure: error: mecab-config is not found in your system

どうやらmecab-configがないって言ってるみたい。そこで、「自分のローカル/bin」の下を見てみると、ある!

ふざけんなこのやろうと思いつつ検索。同じ人がいた。

これによると、

./configure --with-mecab-config=自分のローカル/bin/mecab-config --prefix=自分のローカル --with-charset=utf8

できた!

3.mecab-pythonインストール

mecab-pythonをもってくる。

wget http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-python/0.98/mecab-python-0.98.tar.gz

そして、インストール

python setup.py build

を実行すると、

sh: mecab-config: command not found

と途中で言われ、エラー。

またmecab-configか…と思いながら検索すると同じような人発見。

setup.pyの mecab-config を

自分のローカル/mecab_config

に書き換えるとうまくいくらしい。


私の場合、3.の途中でパスを書き換えていないことが悪いと気が付き、~/.bash_profileに

export PATH="$PATH":自分のローカル/bin

LD_LIBRARY_PATH=自分のローカル/lib

export LD_LIBRARY_PATH

を書き足し、最後のmecab-pythonの部分はsetup.pyを書き換えていない。

最初からこうしておけば楽だったのに…




【改訂新版】 Linuxコマンド ポケットリファレンス (Pocket Reference)【改訂新版】 Linuxコマンド ポケットリファレンス (Pocket Reference)
(2009/04/08)
沓名 亮典、平山 智恵 他

商品詳細を見る

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hase1031/20111005/1317808636