Hatena::ブログ(Diary)

Ride & Run for what... このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-11-14

2012年シーズンへの展望

今日は車通勤。

= = = = = = = = = = = = = = =

昨日のレースのふり返りと2012年シーズンへの課題を考えてみる。

全然レースに絡めず、結果的にはただ完走しただけの2年前とは違って、先頭集団でレースの展開を動かせたことには満足しているし、自身でもすごく大きな成長を実感できた。

だが、自分に足りないものも(だいたいは分かっていたことだが)はっきりした。ずばり独走力アタック

スプリント力は先天的要素が強いわけで、これの強化はほどほどでいいと思うし、多分努力のわりに報われないたぐいの資質だと思う。それよりも独走力と強烈なアタックを身につけたい。まさにジルベール的な走りが目標だ。(あと、下りも、笑)

独走力を養うためには、さしあたり無尽蔵なスタミナを身につける必要があり、これは冬の下積み練がモノを言うだろう。具体的にはやま〜んさんがまさに実践しているようなひたすらL2〜L3でボリューム稼ぐ練習が必要になると思う。また、登りでは淡々とハイペースを刻めるのに、平地では独走できないというのはハイスピードの走行に慣れてないことが影響していると思う。これは単独では練習できないからチーム練などで身に付けていくしかない。

その土台の上に、春以降、今年よりもインターバル練をガンガン組み込んで行く。練習会では峠の度にアタックをしかける。ローカルレースでは負けてもいいから逃げまくる。ジルベールも数年前までは「黄金のタレ」と揶揄されたものだ。そのうち、逃げが決まるようになるはず。

FTPは今年上がっていると思うし、登りが辛くなかったのはその賜物だとは思うけども、ロードレースはそれだけでは勝てない。僕が勝ちたいのはヒルクライムではなくてやっぱりロードレースなんだと、沖縄は再確認させてくれた。あのヒリヒリするような緊張感はロードレース以外では得られない。

= = = = = = = = = = = = = = =

冬の練習の一環として、ブルベに積極的に出てみるのもひとつかなと思ってみたりしてる。冬に行われるのは200~300kmと1日で終われる距離ばかりなので比較的敷居は低い。せっかく始める準備をしたシクロクロスとの兼ね合いもあるので時間配分が難しい・・・。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hashisho/20111114/1321228747