忘却防止。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-09-20 (水)

トラックバックは、エントリをアップした後に送ったほうがいいと思った〜僕の小さな失敗

エントリをアップして言及したくなるほどに興味深い記事に出会ったとき。

相手に読んでほしいと伝えるためにトラックバックを送ったときの失敗談を、恥ずかしいのを承知で書き留めておきたい。

はやる気持ちでエントリをアップしたとき

はてブを歩いていて出会った文章に共感して、その記事に関連するエントリを書いたときのこと。

プレビューを何度か行った後、そのブログの作者にまず目を通してもらいたいと思って、トラックバックURLを入力していざエントリをアップ。向こうの記事にもリンクが貼り付けられてトラックバック成功。

しかし一読して気づいた。やべっ、タイトル間違ってるじゃないの。

慌てて編集画面に戻って、タイトルを修正して再度エントリをアップ。アンテナRSSフィードもその部分は一応修正されてまずはひと安心。

さてトラックバック先はどうなっているかな。恐る恐るサイトに行って肩を落とす。

あれ、直ってないよ、タイトル。

自分の記事のタイトルや更新して発信したpingを操作することはできても、トラックバックを送ったブログに貼りついた自分の記事のタイトルをもう修正することはできない。

冷静に考えれば、ごくあたりまえのことですね。

一度流した情報は簡単には訂正できない

トラックバックは、相手のブログに強制的にリンクを張って、「読みに来てもらう」ための仕組み、という意識が基本にある。*1

だからこそ、アップしたエントリが納得のいくものであるか、間違いがないかを完全に確認できるまでは、気持ちが高ぶっていたとしても段取りをしっかり踏んだほうがいいのではないか、と痛感せざるをえなかった。

一度伝えてしまったことを、うっかりした間違いであっても修正することは、決して容易ではないという自戒を込めて。

関連する記事

ekken♂ : 文化圏の違いでもスパムは認めない
9月の記事。トラックバックの「関連仲間文化圏」が悪意の温床になっているよ、という話。
ekken♂:投稿ボタンを押す前に
5月の記事。「ブログツールを使って日記を更新している人は、更新した時点でアップデートPingを飛ばし、RSSリーダーで読まれる対象になっている」。この記事を読んでから、アップする前はプレビューを何度も行うようになりました。それでも間違ってしまうのが悲しいところなのですが…
トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか - 絵文録ことのは - 2006/01/06
もはやトラックバックを考える際の古典として(僕が勝手に決めつけて)よく参照する記事。トラックバックを巡る文化圏を「言及リンク」「関連仲間」「ごあいさつ」「SPAM」の4つに分類。ブログを書いてしばらくの間は、なぜ関連仲間文化圏がだめなのか実はよく理解できなかったことを正直に告白しておきます。
トラックバックの有効な使い方を考える - 絵文録ことのは - 2003/12/09
トラックバックのマナー、コメントとトラックバックの違いについてわかりやすく詳しい解説。

*1:とはいえ、僕が「関連仲間文化圏」と「言及リンク圏」の違いを理解するようになったのはつい最近。言及したリンクのないトラックバックスパムの温床になっていることに気づいたのは、ekkenさんの記事を読んでから。