忘却防止。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-09-23 (土)

上信越温泉ツアー(2日目)

行動の記録

6:30起床。榛名山に向かい主要なピークである掃部ヶ岳(かもんがたけ)1449m、榛名富士1393mを登っておく。

2つ登り終えたところで12時前。甲府に向かうまで関東平野(高崎秩父塩山)経由で行くか信州周り(松井田軽井沢〜小海〜清里韮崎甲府)で行くか迷うが、渋滞することがわかっている関東平野沿いに突っ込む必要もないだろう。松井田に下り横川のドライブイン「おぎのや」で峠の釜めしを食す。碓氷峠を越えて佐久〜小海〜野辺山清里甲府野辺山は半袖ではもう寒かった。標高1300m、気温12度。

夕食に甲府駅前でほうとうを食したあと、静岡方面に南下。明日富士山を間近に見るために、国道300号線上の「道の駅しもべ」で車中泊。国道の道の駅でありながらまぶしい照明もなく車もいない、星空に見守られた静寂の一夜だった。

榛名山(群馬県高崎市)

掃部ヶ岳(かもんがたけ)1449m、榛名富士(はるなふじ)1393mを併せて登っておいた。

掃部ヶ岳。誰が「かもんがたけ」と読めようか。湖畔の宿記念公園を少し上がったところの林道の分岐を曲がり少し登ったところにあるゲートに車を置いて霧雨の中を歩きはじめる。林道を200mほど歩いて掃部ヶ岳の分岐へ。ひとつ尾根の分岐があるが道標は完備しており問題ない。山頂はガスで展望はないが誰にも会わない静かな朝の山歩きとなった。登り50分、下り45分。

f:id:hatayasan:20050923101947j:image 榛名富士。ロープウェイでも登ることができる。

掃部ヶ岳は榛名山の最高峰だが富士山のようにこんもりした榛名富士もついでに登っておかねば、ということで続けて登山。山頂にはロープウェイが通じているようだが脇の登山道を使えば45分で登れる。「登山道は未整備」との標識が立っていたが山の装備であれば何ら問題はない。山頂はロープウェイから降りてきた人たちで適度ににぎわっている。10時を過ぎればようやくガスが晴れてきたようで、遥か遠くに続く関東平野は圧巻。関西に住んでいるとなかなかこういった景観を目の当たりにする機会はない。満足して下山。2パーティとすれ違う。登り40分、下り45分。

たかねの湯

清里から下りに下った坂道の途中にある。700円。

サウナはあるが、露天風呂はない。