忘却防止。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-02-14 (木)

富山県 金剛堂山(山スキー)

f:id:hatayasan:20130213215726j:image

3年前の雪辱を。

2月10日(日)は、金剛堂山の様子を見に行きました。

記録と写真

f:id:hatayasan:20130213215336j:image

2010年1月以来、子どもが生まれたり右肩の脱臼の手術をするなどで山スキーからは遠ざかっていた。

2013年は、1月に福井の取立山で復帰の練習。

今回は、3年前にあまりの雪を前に登山口で敗退した富山県の「金剛堂山」を目指すことにした。*1

f:id:hatayasan:20130210094219j:image

土曜日の夜に京都を出発、琵琶湖の湖西道路を通って敦賀から北陸道に乗り、金沢を過ぎたPAで仮眠。朝5時に起きて富山県南砺市利賀村へ。

利賀スノーバレースキー場にクルマを置いて出発。駐車場のすぐそばにある尾根に取り付く。

1346ピーク(片折岳)までは先行パーティのトレースがしっかりしている。

1346ピークから先は小さな下りがある。あわよくばピークを巻いて登り下りを避けたかったがいつの間にかピークへ。トレースシュプールに誘われて一度まったく逆の方向に滑り込んでしまい、思いがけず時間をロスしてしまう。


この先は一人旅。単独で雪山をラッセルするのは久しぶりだ。

装備は大丈夫だろうか。足下は大丈夫だろうか。

半日もあれば登れる日帰りの山なのに、にわかに心細くなる。

いつしかスキー場の音楽も聞こえなくなった。自然の懐に入るのを、身体が畏れているのだろうか。

f:id:hatayasan:20130210100256j:image

1346ピークから先は傾斜は緩やかになる。

ようやく、描いていた雪山の風景に出会えたような気がした。

f:id:hatayasan:20130210103324j:image

雪がしんしんと降る。風は弱い。

スキーでくるぶしの上まで埋まる程度のラッセルが続く。

f:id:hatayasan:20130210103334j:image

ピークに近づくにつれて斜面がところどころ氷化してきた。

足下と雪庇に気をつけながらやりすごす。

f:id:hatayasan:20130210105009j:image

山頂の目前になって、突然晴れ間が顔を覗かせた。

f:id:hatayasan:20130210105026j:image

曇らないでくれよ。

カメラを急いで取り出した。

f:id:hatayasan:20130210105042j:image

樹氷はそれほど育っているようでもなかった。

f:id:hatayasan:20130210111104j:image

山頂。ほこらが隠れているくらいに雪が積もっている。

ここから南へ続く景観は、1600m台の山とは思えない雄大なものだった。

今日は、山頂を踏んだことで折り返すことにする。

f:id:hatayasan:20130210114258j:image

登り返しと平行移動が多いので、1346ピークまではシールを着けたままで下った。

f:id:hatayasan:20130210123731j:image

1021ピークから下は藪のなかを根性で下る藪スキー。

ようやく、車が見えてきた。

f:id:hatayasan:20130213215337j:image

13時前にはクルマに戻って地元の温泉天竺の湯」へ。

入浴料は600円。地元の人で賑わっていた。

f:id:hatayasan:20130213214659j:image

帰りは東海北陸自動車道で。

ひるがの高原からスキー帰りの渋滞(14km)に巻き込まれて、帰ったのは午前2時前。

走行距離は890kmでした。


GPSログ

f:id:hatayasan:20130211234351j:image:h450

  • メンバー:単独

o-fumioo-fumio 2013/03/01 21:54 福井のFumiです。お久しぶりです。山を続けておられるのですね。^^
おさな子が居ると家庭内は何かと大変なものですが、これからもマイペースで楽しみましょう。^^私も。
独りの山って、不安もあるけど、達成感とか充実感が素晴らしいですよね。

hatayasanhatayasan 2013/03/03 21:45 Fumiさん、ご無沙汰しています。
諸先輩方がおっしゃったように、玄関を突破するのが週末の課題になりつつあるのですが、
家庭平和を維持するためには
無理をせず続けられるペースで楽しもう、と自分に言い聞かせるしかないようです。
きれいなものをきれいと感じ続けられるようでありたい、と思っています。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hatayasan/20130214/p1
Connection: close