忘却防止。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-09-16 (日)

2012BRM916信濃300km(新地蔵峠、鳥居峠、湯ノ丸地蔵峠、麦草峠、大門峠、笠取峠、青木峠、猿ヶ馬場峠)

f:id:hatayasan:20120924001402j:image

峠三昧の一日。

9月16日(日)は、自転車サイクリングイベント「ブルベ」に参加してきました。

記録

出発まで

ブルベを主催する団体のなかで、なかなか情報が伝わってこないAudax Randonneurs Club 信濃(AJ信濃)

信州の道をブルベで一度は走ってみたいと思いエントリーしたBRM916信濃300。これを走れば2012年のSR(Super Randonneur)を申請する資格を手にすることができる。

しかしコース図を開くと標高2127mの麦草峠を筆頭に合計8つの峠、累積標高差は5000mを楽に越えるかなり手強い山岳コース。最後まで無事に走れるだろうか。

2012年9月15日

今回のブルベは深夜0時にスタートするスケジュール。

午前中の渋滞を避けるつもりで14時に自宅を出るが、名神彦根で事故渋滞につかまり1時間程度のロス。

長野総合運動公園には21時過ぎに到着。真っ暗でまったく勝手が分からず駐車場で1時間程度仮眠。22時45分に目を覚ます。

スタート(長野運動公園 0.0km)-PC1(鳥居峠 54.4km)

長野総合運動公園の野球場のそばで受付。

今回は21名エントリーがあり12名が出走するとのこと。100名近い出走のある近畿とはまた雰囲気が違う。

補給食としてゼリーとビスケットをいただき、スタッフからコースの注意点について説明を受けて0時スタート。

長野市内の土地勘など全くないためしばらくは慣れた人の後を追うようについていく。15kmほど平地を走り新地蔵峠の登りにさしかかる頃から集団がばらけ始める。

よく考えれば真っ暗の峠をライトの明かりだけを頼りに登り下りするのはいかにも心細い。自分一人だとこんな場所を深夜に走るなど考えもしないだろう。新地蔵峠を越えてしばらく闇を下り、再び登ってPC1のある鳥居峠へは3時前に到着。

ここは有人チェック。先回りされていたスタッフに通過を報告する。ここでもゼリーを補給食としていただく。

PC1(鳥居峠 54.4km)-PC2(小海 115.3km)

一旦下ってから地蔵峠の登りへ。まだ真っ暗。ペースの近い人と話をしながら登っていく。登山のトレーニングで始めた自転車にどっぷり浸かってしまったことや、高山市にお住まいで自転車に乗れる時期は短い一方坂や峠のルートには不自由しないことなどを聞く。

(湯ノ丸)地蔵峠の下りは小諸・上田の町並みへ飛び込むようで豪快。見通しのよい直線区間は暗闇でも60km/近くで下っていく。このルートの登りは精神的には堪えるに違いない。

市内に入ると市道・県道混じりのルートとなる。時折ミスコースをしながらGPSとキューシートを交差点のたびに確認する。PC2の直前で明るくなり始める。すでにここまでで標高差2000mを登っている。

これから、標高差1300mある麦草峠を登るのだ。

PC2(小海 115.3km)-PC3(茅野 170.8km)

PC2でお話ししていた方はブルベの経験をかなり積まれているようで、PBP2011のジャージも着ておられた。

PC2を出発、明るくなりはじめた国道299号線を登り始める。入り口から麦草峠までは25kmの登り。

覚悟を決めると淡々とペダルを回すに徹することができるようで、標高差100mおきにある標識とGPS標高との微妙な違いなどを楽しみながら登る。

夜明け前、小諸の町からは八ヶ岳方面の雲行きが怪しいことが心配されたが、登り始めると風のない快晴だった。このうえないサイクリング日和である。

8:28、麦草峠。スタッフが待機してくれている。峠の標識の写真を撮って「これでようやく半分ですね。気を引き締めてかかりたいと思います。」と一礼して出発。

茅野の市街までの25kmはペダルをほとんど回すことなく40km〜50km/hで走れる激下り。茅野の町に下ってPC3へ。

PC3(茅野 170.8km)-PC4(立科 205.6km)

PC3からPC4までは30km強。今回のブルベで間隔が最も短い。

旧道をのんびり登ったあとで国道152号に合流、今回のブルベで5つめの峠である大門峠にさしかかる。

大門峠の自分の印象は今回のブルベの中ではあまりよくない。

勾配が麦草峠より急であること、車の通行量が多く時折片側通行で停止を余儀なくされること、峠がリゾート地の白樺湖のそばにあってビーナスラインも分岐する観光地であること。これらのことが合わさると早く抜けてしまいたい思いが先立つばかりだった。

町に下って標高差150m程度ある笠取峠を越える。日差しを遮るもののないなか予想以上に苦しめられる。残り約100km。これであと越えねばならない峠は青木峠、猿ヶ馬場峠の2つとなった。

PC4(立科 205.6km)-PC5(坂北 257.8km)

丸子から上田を通って国道143号線に合流するまでは県道を縫うように走る。平地基調だと思っていたが意外にアップダウンがある。

青木村に入って国道143号線に合流。

ここで13時前。ぼんやり眠気に襲われ始める。歌を歌っても効き目がなくなってきたので危機感を覚えてPCではないコンビニに駆け込み栄養と水分を補給。「エナジードリンク」なるものに手を出してみる。100mlあたりのカロリーは50kcal。こういうときでなければ手を出しにくい高カロリー飲料である。

残りの距離と峠までの標高差から平均勾配を推測、青木峠の峠の近くの勾配は比較的楽っぽそう。県道の分岐を越えればヘアピンの連続で距離を稼ぐ分かえって勾配は抑え気味だったようだ。

青木峠のサミットですでに累積標高差が5000mを超えている。1日でここまで標高差を稼ぐのは初めてかもしれない。

坂北への下りは県道を一気に下る。勾配が急で見通しもよい道だった。

PC5(坂北 257.8km)-ゴール(長野運動公園 303.3km)

f:id:hatayasan:20120924001405j:image

今回もほとんど写真を撮れなかった…。


最後の猿ヶ馬場峠はPC5からの標高差が約300m強。淡々と登るしかないと言い聞かせる。

聖湖という観光地をやや過ぎたところが猿ヶ馬場峠。ここからの下りは長野盆地を見下ろせる絶景。写真を撮りたい思いと早くゴールしたい思いで葛藤するが、ここは走ることを優先する。

市街地に下りてからはいよいよばててきたのか、数百m力行しては数百m惰性で走る所作を繰り返す。日差しが強いこともあるのだろう、やはりだれているようである。

長野総合運動公園には16時32分着。16時間32分で無事に戻ってきた。

スタッフに話を聞くと、出走した12名のうちすでに4名が棄権(DNF)している、とのことであった。

やはり、ハードな山岳コースには間違いなかったようだ。


温泉で汗を流した後、眠気と闘いながら高速道路を走る。

サービスエリアでこまめに仮眠を繰り返して、自宅には朝6時前に到着。よく遊んだ休日でした。

f:id:hatayasan:20120924001406j:image

豊野温泉「りんごの湯」で一風呂。18時以降は250円でした。

データ

走行距離

308.9km

走行時間

16時間32分(停止時間も含む)

平均速度

20.7km/h(停止時間は含まず)

累積標高

5,665m

GPSログ

  • 越えた峠は新地蔵峠、鳥居峠、(湯ノ丸)地蔵峠、麦草峠、大門峠、笠取峠、青木峠、猿ヶ馬場峠の8つ。

2012-05-26 (土)

2012BRM526中部600km (岐阜から鳥取砂丘を往復)

f:id:hatayasan:20120601000043j:image

やればできる、かもしれない。

5月26日は、自転車のイベント「ブルベ」に参加してきました。

出発まで

4月に400kmを走ってみて、無理をしなければもう少し距離を伸ばせる感触を得ることができた。

600kmを走るのは2010年の紀伊半島以来2年ぶり。子どもが生まれて右肩の脱臼の手術を受けて以降は初めてになる。

前回は後半で仮眠を繰り返して32時間かかった。天気や条件によって左右はされるだろうが、今回は前回より早く走ることを目標にしてはどうだろうか。

作戦としては、PC以外での休憩をできる限り減らす、睡眠は計画的にとる、後半に備えて前半は体力を温存する、あたり。

その前に、ロングライドの勘を取り戻しておくこと、積み残しのない状態で仕事を片付けておくこと、

そして、家族の理解を得ることだ。

記録

2012年5月25日(金)

金曜日ほぼ定時に仕事を終えて自宅でネットをチェック。Twitterタイムラインを眺めながらはやる気持ちを抑えつつ22時に寝て翌日1:30に起床、家人に「行ってくるよ」と言い残して出発する。

名神高速道路がリフレッシュ工事のため豊中から大津まで通行止め。京滋バイパス経由で一宮市光明寺公園に向かう。

スタート(一宮)〜PC1(浅井:52.3km)

朝4時すぎに公園に到着すると既に参加者が大勢集まっている。中部のブルベは受付を済ませるとブルベカードだけでなく名前入りのテプラを貼ったカードケースをいただけるのがありがたい。

スタッフからの事前のコース説明は「目的地の鳥取まで最短距離でルートを引いてあるので、車が多い国道区間に気をつけて」。検車を終えて朝5時のスタート。ちょうど空が白んだ頃、明るいうちに走れる時間を最大限に確保した、理想的なスタートの時間かもしれない。

今回の出走者は50名程度だろうか。4月のBRM428中部400kmを14時間44分という記録的な時間で完走した三船雅彦氏も参加されている。

しばらく先頭集団の末尾に混じってみるも、平地で40km/hを超える巡航スピード。これから600kmを走りきらねばならないのにこれでは身がもたない。

大垣から関ヶ原に向かう国道21号線の緩い登りで自然に先頭集団からは距離が開いていく。ちょっと次元が違いすぎる。

国道365号線はまっすぐ。緩い登りを過ぎれば下り基調の一直線の道路。気持よく飛ばしてPC1へ。

PC1(浅井:52.3km)〜PC2(高島:94.9km)

ほぼ同時刻にPC1を出発した人と走る。かなり年配に見受けられるが精悍な印象。ミスコースのあったときは適宜声かけをして進む。

木之本の街なかの石畳の道路を過ぎて琵琶湖沿いを走る。琵琶湖岸はトンネルショートカット。塩津の道の駅では鯖寿司が美味しいのだがPC以外での休憩はできる限り減らしたいため脇見をするのみで通過。

国道303号線の2つの小さな峠を越えればPC2までの登りはほぼ終了。国道161号線に合流して追坂峠からは快適な下り。ただ帰りはこの道を登らねばならないのかと思うと無邪気に喜んでもいられない。

マキノから今津までは国道を離れて琵琶湖岸を走る。2週間前に琵琶湖の北湖を友人と一周したときに通った道だ。

土曜日は晴れて気温も上がりそうだ。PC2で待機されていたスタッフに「ばてて全然あきませんわ」と言い残して出発する。

PC2(高島:94.9km)〜PC3(舞鶴:154.9km)

国道303号線をじりじり登って福井県へ。舞鶴までは国道27号線を若狭湾沿いに進む。

再稼働で話題の大飯原発高村薫の小説『神の火』のモデルとされる高浜原発はすぐ近くにある。311原発事故のあと必要以上に知識がついたせいか、27号線沿いの道の駅や公園、JRの駅が他に比べると豪奢に感じられる。

青い海沿いを快調に走り、時折出てくるアップダウンはむしろ快適ですらある。夏に走りに来れば絵になりそうなルートだ。

松尾寺付近の登りを越えれば京都府へ。 PC3のコンビニは「ミニストップ」である。

PC3(舞鶴:154.9km)〜PC4(福知山:203.7km)

PC3のある東舞鶴から舞鶴市のもうひとつの市街地である西舞鶴までへは小さな峠を越える。舞鶴には海上自衛隊の基地があり、道沿いに走るだけでも普段は目にできない護衛艦を見ることができる。

1週間前に下見に訪れたときに立ち寄った「道の駅とれとれセンター舞鶴」は通過、小さな峠「念仏峠」を越えて橋を渡って由良川左岸を走る。

川沿いに走るだけなのだがなぜかトンネルを挟んだ軽い登り下りがあり苦笑いする。

国道9号に出ればあとは国道9号鳥取まで進むのみ。次第に暑くなってきた。

PC4(福知山:203.7km)〜PC5(養父:245.2km)

PC4から、先行されていた人と一緒に走る機会を得る。走行中のトラブル処理をされていたときに僕が偶然追いついた格好。

だが、予想していたとおり先頭を交代するとあっという間に離されてしまう。重いギアをそつなく回す重厚で安定したペダリング。この人、只者ではない。

この区間のポイントは、京都府兵庫県の県境にある「夜久野峠」と、兵庫県の養父から八鹿へ抜ける軽い登り。このあたりのルートは車やバイクでは何度も走っているのでイメージはたやすい。

八鹿から関宮へは意外にもなだからな登りが続きスピードが頭打ちになる。

さてここから今回のブルベの核心ともいえる山岳路が始まる。ここからPC6まで、そして折り返してPC7までの120kmを乗り切ることが第一の核心である。

ここはマイペースに走るほかない。これまでペースを合わせてくれていたTさんには「先に行っておいてください」と伝える。

PC5(養父:245.2km)〜PC6(鳥取:309.6km)

兵庫県の養父から国道9号を通って鳥取県に入るには、PC5からPC6までの60kmの間に八井谷峠、笠波峠、春来峠、蒲生峠の大小4つの峠を越えなければならない。そのうち大物はループ橋で高度を稼ぐ八井谷峠、ひたすら真っ直ぐな上りが続く春来峠。250km走ってきた身に見通しの良い登坂車線がじわじわと効いてくる。

ただ、覚悟さえ決めておけばいくら時間をかけても構わないと割り切り、焦らず黙々と漕ぐに徹する。

湯村温泉のある新温泉町を通過、豪壮な温泉旅館を通過して鳥取県を目指す。県境の蒲生峠はそれほど大したことはなかった。

鳥取県に入って295km地点で、折り返してきた三船雅彦氏とすれ違う。300km近く走って30km近く差がついているということか。

鳥取砂丘を通過して、17:10にPC6に到着。309kmを休憩込みで12時間10分、表定速度25.4km/hのペースでやってきた。峠越えで苦しめられた割には、予想以上によく走れている。

ここからは夜になり暗くなるだけでなく、眠気にも苦しめられる。まずは安全第一に徹することだ。

スタッフのHさんはこれから翌朝3時までにスタート地点の岐阜県一宮市に戻ってゴールの受付をせねばならないそうである。 大変なのは自分たち参加者だけではないようだ。

PC6(鳥取:309.6km)〜PC7(養父:374.1km)

鳥取砂丘の入口の写真を撮って後半スタート。

前半を終えようとする参加者と次々にすれ違う。頭を下げるだけでは物足りなくなりできるだけ片手を振って挨拶をするよう努める。

蒲生トンネルの手前からナイトランに。覚悟していたとはいえ春来峠あたりから脚が回らなくなってくる。「キツイ、キツイ!」周りに誰も居ないことを確かめて一人暗闇のなか叫ぶ。

八井谷峠のループ橋を豪快に下ってPC7へ。60kmにちょうど3時間をかけていた。

塩分が不足していると感じたので、休憩スペースに陣取ってカップラーメンを食す。休憩されていたTさんとはほぼ入れ替わる格好。温泉に入るために先に出発されるとのことだった。

PC7(養父:374.1km)〜PC8(福知山:415.6km)

ひとまず核心の山越えは過ぎた。あとは迫ってくる眠気とどう付き合うかが鍵になる。

まだ20時台なので次のPCまでは走っておくことにする。この区間は大した登りはないが朝来市(和田山)での緩い登り坂がじわりと効く。

さすがに眠い。PC8では、駐車場でツエルトに包まって1時間ほど仮眠する。

PC8(福知山:415.6km)〜PC9(舞鶴:464.4km)

ツエルトを被って寝ていたとはいえしばらく経つと体が夜露に濡れている。やはりこの時期夜は寒いようだ。

由良川左岸国道175号線あたりからルートを単調に感じるようになる。トリップメーターを眺めながら次のPCまでの残り距離を数えるのが唯一の関心ごとになっている。

PC間近の西舞鶴付近でTさんに追いつく。道の駅但馬楽座の温泉で汗を流されたそうである。

PC9のミニストップの飲食コーナーで二人机に突っ伏して小一時間仮眠する。今思えば、横になって眠ったほうが体力の回復も早かったかもしれない。

PC9(舞鶴:464.4km)〜PC10(高島:524.3km)

気温は11度、長袖長タイツでも肌寒さを覚えるほど。半袖半タイツのTさんはコンビニで合羽を買って応急の防寒対策をされている。

PC9からPC10までの距離は60km。概ね50kmごとにPCのある今回のブルベでは比較的長い。これまでPCと砂丘での記念写真のほかに自転車を降りたことはなかったが、泥のような眠気を前に途中で一度休んで体制を立て直すことを考える。

Tさんはすぐに見えなくなるが、自分はまるで脚に力が入らない、「ネムイ」「キツイ」の言葉をひたすら繰り返す歌を自作して大声で叫んでも顔をしかめて頭を左右に振るばかり。

センターラインをはみ出して走っている場面にはっと気づいてようやく危険を意識、PC9から30km強走った小浜市ファミリーマート(メーター読みで498km地点)でたまらず仮眠の態勢へ。

ツエルトを広げて店の脇で寝ていると店員に「大丈夫ですか?」と声をかけられてしまう。大の大人がコンビニの駐車場で寝ているのはたしかに奇妙な光景であったことだろう。

目覚めると既に空が白んでいる。5時前だ。国道303号線に入ってからは向かい風の緩い登り。ギアをインナーに落としてもスピードがまるで出ない。ここは耐えどころである。

PC10のローソンでは米の食感が恋しくなり唐揚げ弁当を食す。

携帯をチェックすると、鳥取砂丘などでfoursquareにアップしておいたポストに「いいね!」がついている。見てくれている人がいるのを感じられると、どこからともなく力が湧き出てくるようだ。

PC10(高島:524.3km)〜PC11(浅井:567.0km)

日曜日も雲ひとつない晴天、暑くなりそうだ。琵琶湖を流して追坂峠へアタック。下りで気持ちよく流した箇所、登りはやはり長く感じられる。

国道8号から365号にスイッチ、平坦な道を走ったところにPC11。残り50km強。

ここにきて、ようやく完走できるのではないかと意識を始める。

PC11(浅井:567.0km)〜ゴール(一宮:619.3km)

関ヶ原に出るまで、20kmほど走る国道365号線はまっすぐな道路。向かい風とゆるやかな登りのなかスピードは出ない。関ヶ原に出ると残り30km弱。9時台だ。

もしかしたら、このまま走れば30時間を切れるかもしれない。目標が見えると俄然やる気が出てくる。悩まされていた尻痛がいつの間にか引いている。

それでも心を落ち着かせるように用心深く元きた道を走り、ゴールに到着したのは10時41分。所要時間、29時間41分。前回の600kmより速く走るという目標はいちおう達成できた。

折り返しの鳥取で通過をチェックしてくれたスタッフのHさんにゴールを報告する。長い距離を走るきっかけをいただけたこと、そして暖かく見守ってくれたことに感謝。

帰りは高速道路サービスエリアで仮眠を繰り返して、夕方前に自宅着。よく遊んだ土日でした。

f:id:hatayasan:20120601000044j:image

617km。これまでの自転車生活で最長距離を走りました。

GPSログ

2012-04-28 (土)

2012BRM428中部400km

f:id:hatayasan:20120430061736j:image

お気に入りのルートで、お気に入りの瞬間を。

4月28日(土)は、自転車サイクリングイベント「ブルベ」に参加してきました。

記録

出発まで

ここのところ自転車や山からはご無沙汰で、2012年のブルベは1月8日のBRM108京都200kmに参加したのみ。

年初めにエントリーしたものの、参加を迷っていた4月28日のBRM428中部400km。

300kmを飛ばして400kmを走るのはともすれば無計画かもしれないが、ここはひとまずチャレンジして何かを掴んでおきたいところである。

スタート〜PC1(美濃:27.9km)

朝3時50分に起床、名神高速を飛ばして6時過ぎには一宮市の光明池公園に。中部のブルベにはまだ数回しかエントリーしていないのにスタッフが自分の名前を覚えておられて驚く。

7時30分からコースの説明、検車のあと出発。4月28日は名古屋などでもブルベが開催されていて参加者が分散しているからだろうか、中部400の出走は50名もいなかった模様。

PC1まで先頭集団を率いる三船雅彦元プロについていく。平地とはいえ35km/hオーバーでの巡航。このペースで400kmを走り抜くというのか。PC1でレシートを受け取ってジュースを飲もうとすると既に出発された後だった。おそらく、3分も休憩されていなかったのではないだろうか。

PC1(美濃:27.9km)〜PC2(白鳥:93.7km)

国道256号線を北上。「洞戸(ほらど)」と名前のついた地名が多い。国道の通称は「あじさい街道」、秘かに気になっていた道である。全長4km超の「タラガトンネル」をくぐり抜けて長良川を遡上。右岸の県道沿いなので交通量は少ない。PC1からPC2までは約65kmと長め。汗ばむほどの陽気も手伝って長良川に出てすぐの売店で見かけた自動販売機でスポーツドリンクを仕入れる。おかげで体力回復。油坂峠道路の高架橋が見えればPC2。11:30。正午までまだ時間はある。ここで長袖を脱ぐ*1

PC2(白鳥:93.7km)〜PC3(大野:146.4km)

出発して間もなく油坂峠への登りへ。峠までは標高差300m強、今回のブルベのルートで最も高い地点に駆け上る。緩やかなカーブを描く高規格道路と交差を繰り返してヘアピンで高度を稼ぐ。いつの間にか白鳥の街並みが眼下にある。

油坂峠から福井側へは緩やかな下り。九頭竜湖からは時折アップダウンを交えて湖畔の区間はほぼ平坦。

九頭竜湖沿いで連続するトンネルでは、2010年に走ったとき段差でリム打ちを起こして前後輪ともパンクした苦い思い出があり、ひとつのポイントだと意識していた。2012年の今回は照明が明るくなっていたほか、アスファルトが改修されている箇所もあり思いのほか安心して走ることができた。

湖畔では桜がちょうど見頃。ロックフィルダムの九頭竜ダムを一気に下ってJR越美北線の九頭竜湖駅を通過、無人地帯を流してカドハラスキー場、大野の街へ。このルートは昨年白山を一周したときに逆方向で走っていて*2思わぬ登りに苦労させられた記憶がある。今回は下り基調なので一気に駆け抜ける。

空腹を感じたときは背中のポケットに忍ばせてあるウイダーinゼリーとソイジョイに手を伸ばしてボトルに入れてあるお茶で口をゆすぐ。走行中に補給すると体力が回復する状態をリアルタイムに把握できるような気がする。PC3に到着、洗面所で塩まみれになった腕と顔を洗うと心なしかリフレッシュしたようだ。時刻は13:50。これなら明るいうちに越前海岸を走れるだろうか。

PC3(大野:146.4km)〜PC4(あわら:195.4km)〜シークレットポイント(東尋坊タワー:204.3km)

九頭竜川の左岸沿いに進む。九頭竜川に合流する県道の分岐は注意しなければトンネルに吸い込まれてしまう要注意ポイント。九頭竜川の左岸県道で交通量は少ない。時折京福電鉄の単行電車を見かける。彼方に残雪の山、雪解け水で水量を増した川面、まだまばゆい新緑の組み合わせ。春である。コースは平坦基調。右岸に移ってからが思いのほか長く感じる。PC4でレシートチェックのあと10km走ったシークレットポイントの東尋坊タワーで写真を撮る。観光客はまばら、たむろしている猫がかわいい。距離は205km、時間は16:30。ゴールまであと200km弱、ちょうど折り返しと見てよいだろう。

シークレットポイント(東尋坊タワー:204.3km)〜PC5(越前海岸:248.1km)

九頭竜川の河口を渡って平坦な松林沿いを流して越前海岸沿いに。日本海沿いを敦賀まで70kmを一気に南下。細かなアップダウンが時折あるくらいで向かい風もなくきわめて走りやすい。漁村に入ってしばらく走ったところにPC5のローソンが。細かいミスコースを繰り返していたせいか、キューシートより1km程度余分に走っている模様。ここで夜間走行に備えてヘッドライトと尾灯を点灯。一旦脱いでいた長袖に再び袖を通す。夕食にはお寿司を選んで米の食感を噛み締めるように頬張る。

PC5(越前海岸:248.1km)〜PC6(木之本:315.7km)

日没の瞬間、思わず自転車を停めて写真を撮る。お気に入りのルートでこのような瞬間に立ち会えるのは贅沢である。

ここからは夜間走行。GPSのバッテリーは先ほど休んだPC5で新品に交換、ライトの電池も充電してきたので心配はない。

かつて有料道路だった「しおかぜライン」を走るときは既に真っ暗。明るいうちに越前海岸を堪能したかったが今回は夕日を見られただけでよしとしよう。

敦賀を過ぎて8号線の旧道沿いに。1箇所JR小浜線の踏切があり思わぬ段差に驚く。敦賀市の郊外の疋田から滋賀県境までは標高差200mの峠越え。見通しがよいだけに頻繁に出てくる登坂車線の標識を見るたびにがっかりする。滋賀県に入ってからはひたすら下り。気温が14度くらいまで下がるとさすがに寒くなってくる。長袖を着ておいてよかった。

PC6(木之本:315.7km)〜PC7(米原:352.0km)

琵琶湖岸に出て長浜を過ぎて東へ直進。ここで強めの向かい風。平地なのに50x24T(アウターのかなり軽め)で踏んでもキツイ。

このあたりから頭がほわっとしてくる。町中の細い分岐で小さなミスを繰り返す。判断能力が衰えているのだろうか。ただ頭を左右に振らないとどうしようもないほどではない。

PC5からPC6までは距離は40kmもないが、ここで精神的に苦しめられていたかもしれない。

PC7(米原:352.0km)〜ゴール(400.2km)

2年前に400km*3を走ったときは、最後のPCで仮眠するかどうかの判断を迫られるほど眠気に圧されていたが、今回はそれほどでもない。偶然ながら木曜日に10時間寝ておいたのがものを言っているのだろうか*4。このまま行けば2時(18時間)にはゴールできるだろうか。

交通量の多い国道21号線を避けて旧道沿いにルートを引いてあるのはありがたい。関ヶ原への緩い登りは想定の範囲内。 一宮へは途中で国道から県道にスイッチ、最後の10kmはこれまでの中部ブルベでも走ったことのある見覚えのあるコース。最後までトラブルが起きないことを祈りつつ、カウントダウンするように1:14に到着。17時間14分。目標にしていた20時間を切ることができて満足。

天気に恵まれ素晴らしいルートを走れたためだろう、ゴールでは「もう終わりなのか(もう少し走っていたい)」「ようやく帰れる(もうこれ以上走りたくない)」相反する感情がない混ぜになった心境になる。

カップラーメンをありがたくいただき、徹夜で出迎えてくれたスタッフに一礼。高速道路のSA・PAで仮眠を繰り返しながら朝には自宅に戻った。

終わってみれば

素晴らしい天気のなか、気になっていたコースを走れたのは贅沢な時間でした。

長距離でも、余裕をもって楽しめるようになりたいと思います。

データ

走行距離

401.4km

走行時間

17時間14分*5

平均速度

22.0km/h*6

最高速度

51.6km/h

累積標高

2,450m

GPSログ

    • 14さんの引いたルートを掲載しています。
    • 本番前にGPSのデータファイルを取り込ませていただきました。

*1岐阜では31度を記録するほどの陽気だったそう。九頭竜湖の湖畔でも25度あった。さすがに夜は14度くらいまで冷えてはいた

*2自転車で白山一周 - 忘却防止。

*3:2010BRM424和歌山400km。

*4:木曜日10時間[21:00-7:00]、金曜日5時間[22:50-3:50]。

*5:休憩時間を除くと15時間35分

*6:休憩時間を除くと25.4km/h

2011-02-13 (日)

向かい風ブルベ - BRM213中部200km

f:id:hatayasan:20110213073547j:image

行きは楽々、帰りはキツイ。

2月13日は、自転車のイベント「ブルベ」に参加してきました。

記録

当日まで

BRM130名古屋200kmBRM205近畿200km。3週連続のブルベは「BRM213中部200km」。

折からの積雪で、開催日直前になって当初予定されていた峠越えを含むルートが平地基調のルートに変更される。

見てみると、このルートは昨年2月に一宮から伊勢まで往復300kmのブルベに出たルートと被る。

たしか、これといった登りもなくそれなりにスピードの出るルートだったように記憶している。

スタート〜PC2

f:id:hatayasan:20110213073944j:image

スタート地点の受付の様子。


朝4時に起きて4:20には自宅を出発、24時間営業のマクドナルドでハンバーガー5個とチキンマックナゲット1個を買い込んで京都から名神高速道路。クルマを走らせながら腹ごしらえ、しめて2000kcal近くは摂取できただろうか。

米原から雪模様、除雪車が前にいるようで渋滞気味になる。路肩が次第に白くなってきた。北陸道は長浜からチェーン規制らしい。またこんな天気で走るのか…早くもやる気をくじかれる。

だが関ヶ原を越えると天気は持ち直したようで、一宮の光明池公園に着く頃には雲のない快晴に。

ブリーフィングを受けて8:00にスタート。公園の散歩道を4km余り往復して列がばらけた状態になってから公道に出る。

多度大社の鳥居をくぐるまで約30kmはほぼ平坦な河川敷を走る。必死に先頭集団についていったためか、鳥居の登り始めまでで平均速度が30km/hを超えている。だが喰らいつけたのもここまで。登り坂であっさり引き離されてしまう。

PC1のローソンで果汁100%のジュースを補給。一緒に走ってきた人は雪の中1月30日の名古屋を走られたらしい。「あのときはスタート直後の凍りついた橋を渡ったときに帰りたくなりました」しばらく談笑。関東で精力的にブルベに参加されている@atkamanoさんと偶然居合わせたので声をおかけしてみる。昨年の中部1000kmの話などをお聞きしてみたい気持ちを抑えつつ、あいさつもそこそこに出発。

国道は概ね2車線の快適な道路なのだが、一部1車線の旧道の区間があり(出発70km地点前後)、思わぬアップダウンが意外にキツイ。精神的に効くのは(事前に心づもりのある)大きな峠よりこういう細かな登り下りなのかもしれないと思う。

国道23号線に出れば平坦な道路を信号に注意しながら走るのみ。三重県の官庁街を過ぎて折り返しのPC2(ミニストップ)に到着。12時過ぎだっただろうか。追い風に押されて思った以上に順調に進めたかもしれない。

PC2〜ゴール

f:id:hatayasan:20110213120550j:image

折り返し地点のPC2(ミニストップ)。あと95km。


早朝に脂肪分たっぷりのハンバーガーを詰め込んだのが災いしたのか、食欲があまり湧かず果汁100%のジュースを500mlのみ飲んで出発する。

行きが追い風なら帰りはやはり向かい風。平坦な道で楽々35km/hで流せた道が20km/hで進めるかどうか。向かい風の登りではギアをインナーに落とさざるをえない。やはり甘くはないようだ。

亀山を過ぎて菰野に入ってからは雪がちらついてくる。走っているとどうも痛い。雪というよりあられかヒョウか。

おまけに、PC2とPC3の中間(125km)を過ぎるとエネルギーが切れてきた。早朝2000kcal摂取した分は往路で使い果たしてしまったのだろうか。ちょっとした登りでも立ちこぎして「なんでこんなことやってるねん」雑念が頭をもたげ始める。ハンガーノックの初期症状である。

おれ、PC3のローソンで肉まんとピザを食べるんや。早く着きたい一心で黙々とペダルを回す。

ようやく着いたPC3で待望の栄養補給。ゼリーと肉まんとカレーパン、ピザを詰め込む。1000kcalは摂れたはず。待機していたスタッフの人に「キツイっすー」と愚痴ったあと気合を入れて出発するも500mほど走って南の方角(東が正解)に進んでいたことに気づいて慌てて引き返す。空腹になると判断力も鈍るようだ。

多度大社から先の河川敷区間は北風。真っ向から吹く向かい風は峠の登りより堪えるかもしれない。平地でインナーに落として20km/hが精一杯なんていったいどんな風なのか。

それにしてもまっすぐ続く道を往路のように気持ちよく走れないのがもどかしい。「こうして漕いでいるうちに1mずつゴールまでの距離が縮まっているんだ」ここは気持ちを切り替えるほかないところ。

それにしても前を進む人の速いこと。こちらがもたもたしている間に見えなくなってしまう。速さに「重さ」があるとでもいえばいいのだろうか。残念ながらこちらはこれ以上脚が回らない。


f:id:hatayasan:20110213170726j:image

明るいうちにゴールできました。


ゴールしたのは16:43。終わってみれば所要時間は9時間を切っていた。往路の貯金があったのとコンビニでの休憩を意識して切り詰めたのが数字に現れたようだ。

スタッフにお礼を言って帰路につく。三連休の最終日だからか、高速道路は混雑気味だった。

終わってみて

平地基調のルートで楽なのではと高をくくっていたが、ハンガーノックと向かい風に苦しめられた。

栄養補給の方法はもう少し考える余地があるかもしれない…。


f:id:hatayasan:20110213171506j:image

また来るよ。


データ

走行距離

206.3km

走行時間

7時間55分*1

平均速度

26.0km/h

最高速度

55.5km/h

累積標高

1,706m

GPSログ

  • 一宮市から津市を往復しました。

*1:休憩時間は除く

2011-02-05 (土)

2度目のコース - BRM205近畿200km

f:id:hatayasan:20110305114112j:image

去年と同じ道だけど。

2月5日は、自転車のサイクルイベント「ブルベ」に参加してきました。

記録

当日まで

今年2回目のブルベは地元近畿の200kmコース。

このコースは昨年初めてブルベに出たときに走った思い出のコース

同じコースを走るのだから、なにかひとつは去年と違った目標がほしい。

スタート〜PC2

朝3:20に起きて自宅を3:40に出発、6時前には泉佐野の出発地点付近の駐車場へ。到着が早かったためか屋根のあるスペースに車を停めることができた。

6時30分前に受付を済ませて、7時の部でスタート。先週に比べると風も弱く、天気が荒れることもなさそうだ。

雄の山峠を越えて旧道に入り、住宅街を通って通過チェックのローソン。ここで防寒に着ていた雨具を脱ぐ。

70km地点のPC1までは自分のペースをつかむのに苦労する。走っている集団から飛び出て前に出ると速いグループに追いつくが、今度はグループのペースが速くてまた引き離される。

PC1では水分を軽く補給して出発。ここから二人の方とご一緒することになる。

お一人は、あと2年で定年を迎えるという方。今回が初めてのブルベ、先週は試走に訪れたとのこと。「マイペースで行きますから」謙遜される言葉とは裏腹に颯爽と走られるスペシャライズド乗りの方。

もうお一人は、昨年からブルベを始められた方。お話を聞いていると自分が昨年出たブルベと被るところがあるようだ。

このコースの核心、折り返し地点の手前にある3kmの登り「忍坂(おっさか)峠」。そういえば、昨年はフロントのディレイラーが壊れてアウターでこの登りを苦しんで越えたのだった。

PC2〜ゴール

折り返しのPC2ではすっかり汗ばんでしまい、2枚重ねていた手袋を1枚外す。

スペシャライズド乗りの方は休憩もそこそこに出発される。

止まる時間を短くして所要時間を縮める考え方は、僕も大いに望むところだ。

忍坂峠の下りはブレーキを握る必要もなく軽く60km/hを出す。

五條より西の紀ノ川沿いは向かい風を覚悟していた後半だったが*1、予想に反して無風。3人で適宜先頭を交代しながら先を目指す。

PC3で1.5リットル水を補給した影響か、いつになく速いペースで便意をもよおす。夏なら汗で蒸発してしまうが、冬はそうはいかないようだ。

ゴールから20km手前のローソンで通過チェック。最後の峠に備える。

脚の揃った方に助けられて、泉佐野にゴールしたのは16時23分(所要時間9時間23分)。日の沈む前になんとか戻れた。

終わってみて

去年は1月にブルベを始めて6月には600kmまで走ったものの、9月に入院して右肩を手術、12月まで約2ヶ月半自転車に乗ることができなかった。

リハビリに一区切りつけた1月、復帰にあたって目標としていたのが今回のブルベに体調を合わせること。

今回のルートは2度目のルートで慣れていることを差し引いて、あわよくば前回より早い時間で走り切りたい。

結果、前回より短縮した時間は20分足らず。

GPSを導入して道迷いがなくなった効果を差し引くと体力的に向上したあとがほとんど見られないのが辛いところだが、ひとまず去年と同じラインには立つことができたのだろうか。

後日談

昨年のブルベで何度かご一緒したFさん。

ゴールでお会いしたので話を聞いていると、京都府内の自宅から泉佐野まで70km自走してのブルベ参加、しかも荷物を背負って、30分出発が遅れたにもかかわらず9時間台でゴールされたとのこと。

「前回と同じコースを走るなら、なにか違うことがしたい」。

さすがに、考えることがひと味もふた味も違う。

もっと話を聞きたくなって、思わず自宅近くまでクルマで送らせていただいた。

データ

走行距離

213.1km

走行時間

8時間20分*2

平均速度

26.5km/h

最高速度

62.2km/h

累積標高

2,138m

GPSログ

*1:BRM205のコースの様子は、@hayavusaさんの「【試走】BRM205 近畿200km - ブルベ紀行」が参考になった。

*2:休憩時間は除く