忘却防止。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-02-28 (木)

星に言葉を重ねよう - 「また、読みに来ましたよ」

たとえば、一度ブックマークしたあともつい訪ねてしまう記事がある場合。

読んだことを手もとに残して中の人にもそれを伝えたくなったとき、どうすればいいか。

少しだけ書き留めてみたいと思います。

1. はてなブックマークを使う

過去のブックマークにコメントを追加する。

同じURLを2度ブックマークすることはできないので、過去のブックマークコメントを編集する。おそらく一番簡便。

ただ、追記する文字の字数に余裕があるかどうか、それが問題。

また、過去のブックマークを編集しても中の人にそれが伝わるとはちょっと考えにくい。

URLを自分で作って、それをブックマークする。(例:URLの末尾に「#1」「#2」などの数字を挿入する)

読む側でURLを作ってしまう離れ業。

この場合、記事の本体に追記があって1回目にブックマークしたものと内容が変わっていることが認められない限り、URLを変えてブックマークするのはためらわれるかもしれない。

2. Tumblrを使う

Tumblrだと、任意の部分を引用してコメントも自由に加えることができる。

サイトを選ばず、同じ記事であってもクリップできる。

自分のスクラップ専用と割り切るなら、これが一番便利だろうか。

ただ、Tumblrでクリップしても、ブログを書いている人に引用したことが伝わるとは必ずしも限らない。

3. はてなスターを使う

はてなスターのつけられる記事なら、はてなスターを使ってみてはどうだろうか。

文章を引用するだけで自分のコメントをスターに載せることはできないので、一見縛りが強いと思うかもしれない。

でも、スターそのものは記事がそこにある限りいつでも何度でもつけることができる。同じところを引用してもいいし、違うところを引用してもかまわない。

「誰がどの記事にどのコメントを引用してスターをつけたか」は、毎朝レポートとしてその人の手もとに届く。

これは、はてブTumblrにはない大きな特徴だ。

で、何が言いたくなったかというと

新着記事に上がってきたとき、他のブログで紹介されていたとき、検索したとき、ふと思い出したとき。

同じ記事でも、そこにアクセスするきっかけや感じ取る印象はその都度変わってくる。

もし、以前は見過ごしていたメッセージや視点がそこから新たに見えてきたときは、自分の言葉を添えることはできなくても、琴線に触れた言葉をそっと星に重ねてみよう。

それがほんの小さなかけらにすぎないとしても、思いはきっと向こうに伝わるはずだ。

2008-01-29 (火)

はてながつながりやすい3つのポイント - またがり、つたわり、ひろがって

「ネットで日記を始めようと思っているんです。どこがいちばん使いやすいか、ご存知ですか。」

ブログサービスもいろいろあるみたいだしね。いろいろ使って肌に合うところに決めればいいんじゃないかな」

心の準備ができていない状態でいきなり訊かれてついぞんざいな答えを返してしまったのですが、もう一度じっくりその話題で盛り上がるとするならどう答えてみようか。少しだけ考えてみました。

はてな」というサービスがある。

無料でブログを開くことのできるサービスはたくさんあるようだけど、「はてな」にはほかのサービスにはない特徴がある。

よく「はてなはつながりやすい」といわれるのだけど、そう評されるのはいくつかのポイントがあるように思う。

またがり - 複数のサービスをまたがって、ユーザの雰囲気を知ることができる。

もしかしたらもういくつか読んでいるかもしれないけど、はてなの中で「これは面白い」と思ったユーザのブログがわかってきたら、少し目線を変えてそのユーザを見てみよう。

はてなダイアリーURLは「d.hatena.ne.jp」から始まっている。手始めに頭文字の「d」を「b」に変えてみる。

「b.hatena.ne.jp」で始まるサイトは「ブックマーク」といって、その人が関心を寄せた記事へのリンクが時系列順に貼られている。ブログの記事のヒントになったものや、普段その人が興味のある記事、いうなればネタ帳のようなものだ。

記事のリンクの下に時折記されている文字は「コメント」といって、その記事を読んでその人が思ったこと、その人が「いいな」と思ったことなどが綴られている。コメントや記事を眺めていると、ブログだけでは見えてこなかったその人が少しずつ浮かび上がってくるかもしれない。

はてなのサービスはこのほかにも、サイトの更新情報を手早く確かめることのできる「アンテナ」「RSS」や、お題を決めて思ったことを書くことのできる「ハイク」などまだまだたくさんあるのだけど、ひとまずダイアリーブックマークを抑えておけば、はてなの中で活発に活動しているユーザの嗜好はつかめると思う。

つたえ - 思いの幅に応じて、伝えるツールを使い分けることができる。

これまで、ブログの記事を読んで「いいな」と思ったときは、どうしていただろうか?

ブログを自分で開いていない限り、トラックバックを使うことはできない。また、単に「よかったです」と伝えるために直接メールをブログを書いている人に送るのはさすがに抵抗を感じるだろうし、コメント欄に書き込むのも、そのときの流れのようなものについ気遣って遠慮してしまうことが多かったと思う。

だが、はてななら、そのときの思いに応じて、ツールを使い分けて思ったことを伝えることができる。

「これはいいな。あとでも読み返したい」と思った記事は、「はてなブックマーク」を使っていつでも参照できるようにしておこう。ブログのコメント欄のようにお互いにやり取りするような雰囲気はあまりないので、その分思ったことに近い感想をブックマークのコメント欄に記せるというのが大きな違いだ。ブックマークしたからといって直接そのブログに書き込むわけではないけれど、はてなダイアリーにはどのくらいブックマークが集まっているか記事に直接表示するしくみができているし、熱心なはてなユーザなら、ブックマークをこまめにチェックしていると見てほぼ間違いない。

次に、ブックマークするほど心を揺さぶられたわけではないけれど、思わずにこっと微笑みたくなるような文章や、深くうなづかせるようなコメントを目にしたとき。「あなたの文章を読みましたよ」「あなたの文章のここに興味を惹かれましたよ」と目配せするように伝えたいときがある。そういうときは「はてなスター」というサービスを使ってみよう。マウスを1回クリックするだけで記事やコメントにスターをつけて、読みに来たことを知らせることができる。

ブログを書いている人と直接やり取りしようとまでは心が動かないけれど、記事に興味や関心を持ったことをそっと伝えたいとき。ブックマークやスターを使えば、これまで伝えることのできなかった思いを伝えることができるし、気になるユーザの関心のあることをちらっと覗いたような気持ちになれるだろう。

ひろがって - はてなのサービスには飽き足らない、楽しむことに貪欲なユーザがいる。

はてなを熱心に使っているユーザの関心は、はてなの中のサービスにとどまることはない。

たとえばネットの界隈で話題になっているウェブサービス。2007年ならば、ミニブログ*1クリッピング系のサービス*2が流行したようだけど、はてなのこれまでのサービスと併せて新しいサービスも使っているユーザは、決して少なくないと思う。たとえばはてなのIDと同じ文字をそのサービスのIDにあたるところに放り込んでみれば、どこかで見かけたアイコンが現れて親近感を抱くこともあるだろう。

新しいサービスを使っていて驚くのは、これまでのはてなのサービスからは見えなかったユーザの思わぬ一面が見えてくること。難しい記事を書いていて語りかけるなんてとんでもないと思っていたユーザでも、別の新しいサービスではフレンドリーであったり、関心を寄せていたユーザの思わぬ嗜好にその人の見る目を変えてみたり、そういうことがごく普通にあったりする。

はてなユーザのつながりは必ずしもはてなの中だけで終わるわけではない、と言ってもよいかもしれない。

敷居を越えよう。

気になるユーザの関心に触れることができる、気になるユーザの嗜好を知ることができる。

いわゆる「つながりやすさ」において、はてなは数あるコミュニティ系のサービスの中でも特異な地位を築いていると思う。

でも、自分をもっと知ってもらうには、あとほんの少しだけの勇気がやっぱり必要になる。

気になる人を見つけたら、心を静めて思いきって話しかけてみよう。

はてなを使っているならば、きっとその敷居を越えられる。

関連する情報

会社情報 - 株式会社はてな
2008年1月にリニューアルされたはてなの使い方ガイド。
はてなのウェブサービスを誰にでもわかるように説明すると - 忘却防止。
はてなのサービスを誰にでもわかるように説明するならばどうすればいいか、ちょっとだけ考えました。2006年8月。
はてなが敬遠される3つの特徴〜つながりやすさの行き着く先 - 忘却防止。
はてなはなぜ敬遠されるのか、という切り口から書いてみた記事。2006年11月。

*1Twitterのこと。

*2Tumblrのこと。

2007-10-05 (金)

コミュニティへの「帰属意識」ってどのように生まれるのだろう? - 毎日はてなを使ってはいるけれど

はてな村」って、なんだろう?

はてなを毎日使っているけど、「はてな村」の一員なのかと訊かれると、どうもぴんとこない。

はてな村」について記した最近の記事を読みながら、思いついたところを少しだけ書き留めておこうと思います。

自分が毎日はてなを使っているのは、なぜだろう?

  • なぜはてなを毎日歩くようになったのだろうか?
    • 漠然とした期待?日常?それとも惰性?
    • はてなとは異なるコミュニティに入れ込む必要性を感じないのか、単に面倒なだけなのか。
  • 「たまたま毎日」が長く続いているのはなぜだろう?
    • 単なる惰性や習慣では説明できない、惹き付けられるものがはてなの周りにはあるのだろうか。
    • それはたとえば気になるユーザを見つけやすい「しくみ」であったり、興味深い話題が集まる「場」であったり、あるいは場を盛り上げる「人」に対してであったり。
    • 「あそこに行けば、なにか心をくすぐられるものがあるんじゃないだろうか」
      自分の望むような刺激がいつもあるかどうかはわからないけれど、つい抱いてしまう期待。
    • 時には撫でるように、またある時には深く入り込むように。
      密に張り巡らされたハイパーリンクをたどりながら、いつの間にか横スクロールしなければ一覧できなくなったしまったタブをめくって、一人苦笑い。

点は線へ、やがて面へ

  • たとえばidが自分の中で姿を結んでいくとき。
    • 賑わいのなかであっても、嗜好の近いidは気になるidとして少しずつ連続した点として記憶される。
    • 点と点が重なる場面が繰り返されると、点の密度は濃くなり、やがて点は線を結ぼうとする。「交わり」は、次第に「つながり」に収斂しようとする。
    • 交わりをつながりに強めるトリガーは、対象に抱く興味であったり、もっと知りたいと願う好奇心であったり。
    • 点は線になり、やがて線と線は交差して、次第に面に近づいていく。
  • 関心や興味を結びつける仕掛けが至る所に施されているはてなだと、外から見ればはてなを使っているだけで「コミュニティ」に属している、とひとくくりにされることがある。
    • はてなにおいては、点から生まれるその「面」は閉じたものではなく、実際は緩さや包容力をもった、「網」のようなもの。
    • 網の目の数だけ居場所はあるのだろうし、網の目が限りなく密なところもあれば、密な場所からは遠く離れてはいるけれど確かに息づいているところもあるのだろう。
    • 網の目が密になっている場所で起きていることをもって「網」全体を語りたくなる誘惑。遠くから見れば、確かにそうなのかもしれない。答えのようなものを導くには、ある意味では正しいアプローチなのかもしれない。
    • ただ、それはどこまでも一面を切り取ったものにすぎないような気もする。

好きであることが、帰属意識につながるのだろうか?

  • はてなに浸かっている」というより「はてなを歩くのが好き」。
    • システム、雰囲気、ユーザ。どれもが自分にとって興味深くて、はてなを毎日使っている状態。
    • それは、「帰属意識」につながっていくものなのだろうか?
    • あるいは「帰属意識」を感じるまでのプロセスには、単に「好き」だけではない、もっと複雑なものが隠されているのだろうか?

2007-09-04 (火)

はてなブックマークとはてなスターを使い分けるならば - 情報を集める立場から

いいなと思った記事などに、「読みましたよ」とはてなスター

最近の様子を見ていて、少し興味深いことに気づいたので書き留めておこうと思います。

こんな人が気になる。

もし自分からFavorites*1に加えたくなるユーザがいるとするならば、どんなユーザでしょうか。

  1. 過去・新着の記事を問わず☆している人。
    • はてなスターがリリースされる以前のブックマークからでも、後で読み返すに足るブックマークコメントや記事を見つけてくる人がいるとするならば。
    • もしかしたらその人は「情報の目利き」であるかもしれない。
  2. 同じエントリーページで、選んで☆をつけている人。
    • たとえば「痛いニュース」などの2ch系ブログでコメントがびっしりついたエントリーページを見てみよう。*2
    • 2chのスレにそのまま同意するようなコメントもあれば、記事を題材にユーザ自身が考察を加えようとしたコメントもある。そして、後者のような「自分のことばで考えようとした」コメントに☆をつけているユーザがいるとするならばどうだろうか。
    • あるいは、あまたあるブックマークコメントの中でも鋭いと思えるコメントを選んで☆をつけているユーザがいるとするならばどうだろう。
    • ☆をつけている中の人に、興味が湧いてくるのではないだろうか。

はてなブックマークはてなスターの違いってなんだろう?

自分で濃さを調整できるはてブ、一見自由の利かないはてなスター。二つのサービスに違いがあるとするならば。

はてなブックマーク
  • はてブは、お気に入りを追加/削除することで情報のインプットをコントロールできる。
    • そのため、自分の嗜好に忠実なままでいると、摂取する情報の質は濃くなる一方。
    • 自分の周囲で起きていることへの関心が、徐々に狭まっていく。*3
  • はてブのお気に入り機能は、よくいえば心地よい空間を生み出すもの。使い道を誤れば、コミュニティの蛸壺化を促進させるもの、ともいえそうな気がする。
はてなスター
  • はてなスターは、自分の嗜好いかんに問わずFavoritesやFriendsから飛び込んでくる記事を表示する。
    • Favoritesになるための条件は「どちらかがどちらかのブログなどに☆をつける」ことだけ。
    • 気になるユーザを選ぶにあたって、自分の主体的な意思や嗜好を貫く余地はあまりない。
  • はてブのお気に入りユーザが拾ってきた記事ほどに、はてなスターのFavoritesやFriendsが☆をつけた記事に丁寧に目を通す必要は、おそらくない。
    • 流し読みを基本に、たまに「おっ」と目を細めたくなるような発見があれば、それでいい。
    • 「鋭いコメントを書いてるユーザがいるじゃないか。」「今まで気づかなかった美味しい記事が、こんなところに埋もれているよ。」たとえばFavoritesが☆をつけたブックマークコメントがきっかけで思わぬ宝物が発掘されたとき、はてブとはまた違った情報収集の切り口があることに気づかないだろうか。
  • 星が降り注ぐように情報を浴びよ。
    • はてなスター日記のことば「ブログのエントリーは次々に流れていきます」*4の真意は、もしかしたらこのあたりにあるのだろうか。

対照的な性格

1ヶ月はてなスターを使ってみてぼんやり感じたこと。

  • はてブ:情報元は広い。だが関心の領域は閉じる方向に作用する。
    • はてなスターがつけられるかどうかにかかわらず、ウェブ上の気になるページのほとんどをブックマークしておける。
    • お気に入りユーザを自由に選べることで、自分で情報の流れを調整できる。もちろん、濃い方向にも。
  • はてなスター:情報元は狭い。だが関心の領域は開く方向に作用する。
    • はてなスターをつけられる場所は、主にはてなウェブサービスの中でとどまっている。その意味ではまだはてなスターは局所的なサービスに過ぎない。
    • だが、はてなスターのFavoritesは時として自分の関心の範疇の外にある情報を拾ってくることがある。
    • ジャンルを跨る範囲から飛び込んでくる情報のかけらに触れることで、はてブのお気に入り経由では感じ得なかった、意外な発見がもたらされることがある。

はてなブックマークはてなスターは、広さと深さにおいて好対照をなすウェブサービスなのかもしれません。

はてなスターのページを歩き始めて、今まで見えてこなかったはてなの中の敷居が少し取り払われつつあるような、そんな気がしています。

関連する記事

草日記 - はてなスターヘビーユーザ
特徴的な使い方をしているはてなスターのヘビーユーザについて。この記事に触発されてこのエントリを起こしました。

*1:「忘却防止。 - より気軽になったはてなスターのページを歩きながら - 気づいたこと、ほしい機能」で、はてなスターの「Favorites」と「Friends」の関係について簡単に触れています。

*2:最近の記事ならば、「痛いニュース(ノ∀`):「障害者」表記を「障がい者」へ」についたエントリーページ

*3:情報収集の密度を高められる意味で僕ははてブのお気に入り機能を大いに利用させていただいているのですが、あえて嫌らしく書くと、こうなりました。

*4:「☆を消す機能について - はてなスター日記」。はてなスターリリース直後の2007年7月の記事。

2007-08-31 (金)

より気軽になったはてなスターのページを歩きながら - 気づいたこと、ほしい機能

はてなブックマークブックマークコメントにはてなスターがつけられるようになって*1、少しずつはてなスターの使い方が変わってきたことに気づきました。

より気軽に☆をつけられるようになって、自分のはてなスターのページをチェックする習慣がついたようなのです。

はてなスターのページを歩いていて気づいたこと。

  1. はてなの中だけど、微妙に距離感のある記事が集まってくる」
    • はてなスターのユーザのページに表示されるのは、「Favorites」と「Friends」。
      • 「Friend」は両想いの関係だけど、「Favorites」は片想いの関係。片想いにしているユーザがつけた☆が一覧に表示される。*2
    • スターをつける敷居はブックマークするよりはるかに軽いからだろうか、はてなスターをつけられる記事の大半がいまのところはてな界隈のサイトやブログということもあるのだろうか。「はてな臭がするけれど、半径1クリックから少し離れた記事*3」が集まってくるように感じる。
    • 「自分にとって濃い記事が集まってくる」はてブのお気に入りとはまた違った感覚。
  2. 「自分のブックマークコメント、読まれているじゃないですか」
    • 自分のはてなスターのページの右カラムを見ていると、はてなスターがリリースされる前のブックマーク、たとえば2006年のブックマークコメントとかに☆がついていることに気づく。
    • ブログだけじゃなくて、過去のブックマークコメントを読んでくれる人がいるんだ。」思いつきのつぶやきに関心を持ってくれる人がいるなんて、ちょっと面映ゆい。
    • 最近ははてなスターのページに寝る前にアクセス、☆がついたコメントを確かめるのが、少しだけ楽しみな時間。
  3. 「自分がつけた☆の履歴は、自分にしかわからない」
    • 自分はこれまでどの記事に☆をつけてきたのだろう? 自分のIDに関しては右上の「Stars」をクリックすればわかるようになっているみたい*4
    • はてブとは違ってほかのユーザの履歴が見えないようになっているのは、はてなスターを心地よいサービスにしようというスタッフのバランス感覚なのだろうか。

はてなスターに、こんな機能があればいいなと思った。

はてなスターのページにアクセスする機会が増えて、単純に「ほしいな」と思った機能。

  1. 「ユーザごとに新着☆を一覧できる機能」
    • 右のサイドバーに表示されているのはユーザのブログブックマークに新しくついた☆。ただし表示されるのは新着8件のみですぐに流れてしまう。
    • 自分のつけた☆が一覧できるのと同じように、自分のブログに新しくついた☆を誰がつけてくれたかが一覧できれば、余韻をほんの少しだけ長く感じていられるかもしれない。
  2. 「こうなればフィードを吐き出してほしいな」