忘却防止。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-11-09 (日)

兵庫県 氷ノ山周辺(自転車+ハイキング)

11月9日(日)は、兵庫県の氷ノ山の様子を自転車を使いながら見てきました。

ルート図


大きな地図で見る

感想

PB090590

国道9号線沿いからスタート。

PB090602

公園にMTBをデポ。ここまで15.6km、標高差450m。

PB090618

滝を覗くことができた。

PB090627

氷ノ山越にある避難小屋。左側の道を進めば鳥取県に抜けられる。

PB090634

ぶなの原生林を歩きながら。

PB090640

山頂に近づくと霜が下りてきた。

PB090646

山頂の風は強かった。

PB090649

山頂の避難小屋。雪が舞っている。

PB090659

下るほどに、寒さが和らいでいった。地蔵堂の小屋。

PB090676

公園に戻ってきた。紅葉はちょうど見ごろ。

PB090681

帰りは少しだけ林道探検。氷ノ山国際スキー場

PB090688

東尾根登山口から、3km程度のダート

PB090697

ストレートなダート。調子に乗って走ると泥が眼鏡について困ってしまった。

PB090705

秋の気配濃く。

PB090712

今日はこの先はおあずけ。氷ノ山の山麓には魅力的な林道が広がっている。

PB090724

今のクルマ、20万キロ越えました。もう少しだけ頑張ってね。*1


日曜日は用事を済ませて兵庫県養父市の関宮へ。

今日は氷ノ山に山登りがてら自転車のトレーニング。駐車場で昼寝したあと11時30分に出発。天気は曇り空。

緩い登りもスキー場に近づくと次第に急に。登山口の福定親水公園に着く頃には全身汗だく。

トイレの影にMTBをデポして登山開始。落ち葉のじゅうたんも濡れると滑りやすく気を遣う。

今日は家族連れやハイカーでにぎわっているようで、下山される方とちょうど入れ違う感じで黙々と登る。

氷ノ山越の避難小屋から稜線に。樹林帯の中とはいえ風は少々強い。

山頂に着く頃には雪がちらつき始める。秋山の装備で山頂に行けるのも今シーズンは今日が最後になるだろう。

下りは軽快に。なんとか紅葉に間に合ってよかった。

公園に戻ると雨が止んでいる。少しだけ周回して氷ノ山の山麓を冷やかしてみる。

氷ノ山国際スキー場から氷ノ山の東尾根登山口へ。ここからダートになる。

おおむねフラットで高低差はあまりなく時折砂利が深い箇所があるが、自分でも足を着かずに走れるくらいの快適な林道。直線の続くダートは思わぬごほうびのよう。ここまでMTBで登ってきたかいがあった。

ダートはまだまだ続くが途中の分岐でもときた道に戻ることに。大回りするには出発がちょっと遅すぎた。

分岐からは舗装された「鵜縄安井林道」を下る。急な坂道、降り始める雨。防寒着を着込んで手袋をしているのに手がかじかんで全身が震えはじめる。寒い。

県道に出ると下り坂でも思いの限り漕いで体を動かそうとする。国道9号をしばらく走ってようやく駐車場に到着。建物の庇を借りて自転車の前輪を外して車に積み込む。

こういう日はじっくり温まろう。

養父市八鹿の「とが山温泉天女の湯」に小一時間浸かって、王将エネルギーを補給。

クルマの20万キロ達成の記念写真を撮って、力尽きる前に自宅に到着。

コースタイム

  • 11:30 養父市関宮(200m)
  • 12:30-12:40 福定親水公園(650m)
  • 13:27-13:30 氷ノ山越(1250m)
  • 14:04-14:08 氷ノ山山頂(1509m)
  • 14:30 氷ノ山越(1250m)
  • 15:10-15:18 福定親水公園(650m)
  • 15:30 氷ノ山国際スキー場(750m)
  • 15:35 東尾根登山口(850m)
  • 15:53-15:56 鵜縄安井林道分岐(810m)
  • 16:25 養父市関宮(200m)

データ*2

ルート
養父市関宮 - 福定親水公園 - 氷ノ山 - 福定親水公園 - 氷ノ山国際スキー場 - 鵜縄安井林道 - 養父市関宮
走行距離
登山9.4km+自転車31.1km
最高速度
45.9km/h
累積標高
登山890m+自転車678m(1,568m)

*1:自分の乗るクルマについては、これまで「7年間、15万km〜車への愛情を語ろう - 忘却防止。」、「ずっと、そばにいるもの。 - クルマへの思い入れを少しだけ - 忘却防止。」で少しだけ書いたことがあります。

*2GPSログをもとに

2008-11-08 (土)

葛城山と吉野川沿いと(ハイキング+自転車)

11月8日(土)は、奈良の葛城山と吉野川沿いの様子を見に行きました。

感想など*1

IMG_2505_org

土曜日は朝から雨。昼から葛城山の登山口「水越峠」へ。

IMG_2444_org

葛城山山頂に住み着いている猫。ずいぶんふてぶてしい表情。

IMG_2464_org(2)

あまりにおねだりするものだから、

IMG_2446_org

マシュマロとチョコレートを差し出すのですが、

IMG_2445_org

そっぽを向かれてしまいました。舌が肥えているのでしょう。

IMG_2479_org

パンを頬張るこの表情。

IMG_2481_org

葛城山の山頂は平坦。紅葉金剛山や霧に煙る奈良盆地や大阪平野を一望。

IMG_2523_org

麓に戻った後は、ロードバイクをお借りして吉野川沿いを走りました。


土曜日はIWAさんと吉野の道を自転車でご一緒する予定だったが、あいにく朝から雨。

午前中は様子を見て、雨が小降りになった昼から近くにある葛城山に登りに出かけることに。

車で国道309号線の「水越峠」まで移動、階段状の登山道を登り始める。

森の中を歩けば少々の雨なら気にならない。道はしっかりしていて雨でも安心して歩ける。

緩いアップダウンの後山頂へ。

もしやと期待していたところ、国民宿舎の手前にあるベンチにさしかかるところで猫がのどを鳴らしながら擦り寄ってくる。

2年前から住み着いていると思われる猫。IWAさんの書かれた記事*2で存在を知ってから秘かに会いたいと思っていた猫である。

観光客に餌付けされて舌がすっかり肥えているのだろうか、マシュマロやチョコレート程度では見向きもしないがパンを差し出すと目の色を変えて頬張りだす。この日は雨で山に登る人が少ないので腹を空かせていたのだろう。

山頂に着いた頃には雨も止んで霧も晴れる。奈良盆地にぽつんと盛り上がる天の香具山がずいぶん愛らしい。

帰りはもときた道を戻る。この雨で紅葉もずいぶん散ってしまったのだろうか。真新しい落ち葉を踏みしめながら下っていく。

麓に戻ったあとはIWAさんの所有されるロードバイク*3をお借りして吉野川沿いを自転車で流すことに。

ロードバイクというものに跨るのは生まれて初めて。ペダルを踏むと面白いように加速していくのに驚く。今乗っているMTBでは味わったことのない感覚。変速も滑らかでどこまでも走れそうな錯覚を起こしそうだ。しかし峠の登りになると逆に速くなるIWAさんについていくのに必死だった。

周回約43kmを終えたところで日没間近。体を動かせたのは午後だけでも、山に自転車、しっかり楽しませていただけた。

天気の渋いなか快くおつきあいいただいたIWAさん、ありがとうございました。

関連する情報

*1:写真はすべてIWAさん提供。

*2:2年前の猫の様子は「cocolog:@nifty」に、最近の猫の様子は「cocolog:@nifty」に記されている。

*3ビアンキ号。

2008-11-01 (土)

京都嵯峨野 愛宕山(自転車+ハイキング)

11月1日(土)は、地元の「愛宕山」に自転車で行ってみました。

ルート図

20080517愛宕山チャリトレ

感想など

PB010470 - コピー

今日はあの山へ。

PB010477

右側の階段は、昔のロープウェイの名残と思われる。

PB010473

長い階段のある神社にお参りするような感じ。

PB010491

七合目から京都市内を見下ろす。

PB010508

山頂にある愛宕神社の本殿から。暗くなる前に帰ろう。


連休初日は家の人とサイクリングがてら地元のすぐそばの山歩きへ。

午前中は家で二度寝三度寝。11時30分にようやく出発。

桂川の自転車道を通って嵐山へ。観光客で歩行者天国と見間違うような渡月橋を自転車ですり抜けて清滝の登山口へ。

午後になると下山する人と大勢出会う。

標高1000mに満たないところだと、まだ紅葉には早いようだ。

神社を往復して下山したときは16時過ぎ。暗くなる寸前。

帰りは国道を遠回りしつつ、スーパーで夕食の買い物をしてすっかり暗くなった頃に自宅に戻る。

さて、これで翌日のウォーミングアップができた、だろうか?


記録など

  • 走行距離
    • 自転車45.4km(往復)、徒歩8.4km(往復)
  • 累積標高差
    • 約1,060m+

2008-10-26 (日)

上信越 黒姫山(ハイキング)

10月26日(日)は、上信越の「黒姫山」を歩いてきました。

ルート図


大きな地図で見る

  • 黒姫側の「表登山道」を往復しました。

感想など

IMG_8565

登山口にある小屋。便所・休憩スペースがある。

IMG_8573

表登山道から登り始める。

IMG_8577

落ち葉を踏みしめながら歩く。

IMG_8593

ときどき立ち止まりながらシャッターを切る。

IMG_8610

「日の出石」。山頂まではあと2時間。

IMG_8621

黒姫山の外輪山「小黒姫山」と湿原。木々の合間を縫ってしか撮れず。

IMG_8625

野尻湖と盆地。

IMG_8633

左から焼山、火打山、妙高山。

IMG_8638

飯縄山。

IMG_8663

山頂。戸隠大橋からの登山者が多いようだった。

IMG_8679

帰りはもと来た道を下る。

IMG_8694

冬を指折り数えて待つ。

IMG_8697

秋の名残りのよう。

IMG_8706

林道と何度か交差して登山口へ。

IMG_8709

麓はまだ葉が残る。

IMG_8718

小さな沢を渡る。

IMG_8723

落ち葉の回廊。

IMG_8729

登山口ではススキが出迎えてくれた。

IMG_8752

日曜登った黒姫山と、土曜登った妙高山


道の駅しなので5時30分起床。家の連れ合いと二人で7時30分から「表登山道」を登り始める。

黒姫山は遠くから見てもそれとわかる扁平な独立峰。登ってみると優しい樹林帯がほぼ頂上まで続く。

外輪山の一部をなす小黒姫山。近くから見るとそれなりに標高差がありそう。

正午前に山頂。火打山、焼山。土曜日に登った妙高山も望める。南方面には長野市の名峰とされる飯縄山。

戸隠大橋方面から登ってきたハイカーで山頂は賑わっている。

風が強く、防寒着を羽織っていても寒い。撮影もそこそこにそそくさと下り始める。

落ち葉を踏みしめススキに見送られ、名残惜しむように車に戻ったのは16時過ぎ。

明科温泉で一風呂、松本から長野自動車道、中央道の駒ヶ岳サービスエリアで遅めの夕食。

途中のサービスエリアで2回ほど力尽きて、明朝2時にようやく帰宅。

2008-10-25 (土)

上信越 燕温泉 - 妙高山周遊(ハイキング)

10月25日(土)は、上信越の妙高山に紅葉を見に行きました。

ルート図


大きな地図で見る

  • 「燕温泉」から妙高山を時計回りに周回しました。

感想など

IMG_8409

紅葉、見てきました。

IMG_8370

土曜は妙高山へ。

IMG_8377

温泉温泉街の手前にある駐車場に車を停める。

IMG_8389

「北地獄谷」沿いに登り始める。燕温泉の標高は1100m。

IMG_8400

このあたりの紅葉のピークは先週くらいだったのだろうか。

IMG_8417

朝露に濡れる。

IMG_8431

惣滝。名瀑百選に数えられるそうである。

IMG_8435

赤倉温泉の源湯。源泉の湯は生温かった。

IMG_8442

標高を上げるほどに晩秋の雰囲気に。

IMG_8450

光善寺池。

IMG_8463

まだ霜は降りていない。

IMG_8469

山頂の直下には鎖場がある。

IMG_8508

妙高山山頂。山頂は思ったより静か。

IMG_8520

左から焼山、影火打山、火打山。初冠雪秒読みのような感じ。

IMG_8531

帰りは燕新道を使う。外輪山の底に降りるように下っていく。

IMG_8541

大倉沢。1箇所渡渉がある。

IMG_8548

なんとか紅葉に間に合ってよかった。


10月最後の週末は上信越の紅葉を楽しむことにしよう。

前日は北陸自動車道の名立谷浜サービスエリアで車中泊。

6時に起きて8時に妙高高原の燕温泉を出発。天気は回復傾向。

紅葉の見ごろは標高1300mくらいまで。それより上は葉が落ちていて晩秋の装い。上信越で紅葉を楽しむならもう2週間くらい時期を早めたほうがよかっただろうか。

妙高山の最後の登りは鎖場を通過。標高2200mを越えると手袋なしでは手がかじかんでくる。

山頂には12時前に到着。風が強くあまり長居できる様子でもない。ちょうど焼山・火打山の展望が開ける。

帰りは「燕新道」を使う。妙高山の外輪山の底に降りて沢沿いに緩やかに下るルート。

車のある燕温泉の駐車場に戻ったのは17時30分。立ち止まるたびに写真を撮ったり連れ合いと話をしながら歩いているとヘッドランプを出さなければいけない時間になってしまった。

下山した後は燕温泉の旅館で一風呂浴びて、この日は「道の駅しなの」で車中泊。

そろそろ寝袋だけでは肌寒くなってきた。

ルート

  • 温泉(1150m) - 北地獄谷 - 天狗平 - 妙高山山頂(2454m) - 長助池 - 大倉沢 - 麻平 - 燕温泉