忘却防止。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-11-23 (月)

気になる橋を訪ねよう - 信楽・伊賀サイクリング

f:id:hatayasan:20091123154851j:image

気になる橋を訪ねよう。

11月23日(月)は、伊賀・信楽の方面を走りに行きました。

f:id:hatayasan:20091123135203j:image

信楽のたぬきさん。一ヶ月も空けずに、また来ちゃいました。

f:id:hatayasan:20091123154824j:image

木津川に架かる、欄干のない橋。訪ねてみたかった場所のひとつです。

f:id:hatayasan:20091123154908j:image

JR関西本線木津川橋梁」。いまは軽快なディーゼルカーが一日数えるほど走るのみ。

f:id:hatayasan:20091123155219j:image

まるで、四国四万十川を思い出すようで。

感想など

これまで自転車で走ってきた道を地図ソフト「カシミール」に落として眺めていると、家からさほど離れていない場所で、国道なのにまだ走っていない場所がある。

ちょっと気になるから、行ってみようかな。

いつもの二度寝をかまして、11時に出発。

京都-宇治田原-信楽-伊賀上野
伊賀上野-木津川市-八幡-京都
  • 島ヶ原バイパスを避けて旧道。
  • JR関西本線木津川橋梁」の近くにある、欄干のない橋。四万十川沈下橋を思い出させるよう。
  • ゆきに通った道を慎重に避けて自宅へ。いちおう、一周したことにはなるのかな。

GPSログ

f:id:hatayasan:20091130181613j:image:w450

データ

走行距離
154.5km
走行時間
6時間13分
平均速度
24.8km/h
最高速度
62.2km/h
累積標高
1,095m

2009-11-15 (日)

ロングライドに出かけよう - 京都から和歌山へ

f:id:hatayasan:20091115123900j:image

ロングライドをはじめよう。

11月15日(日)は、京都から和歌山を目指しました。

記録など

f:id:hatayasan:20091115085350j:image

御所市「鳥井戸」のバス停。峠まではあと少し。

f:id:hatayasan:20091115123305j:image

和歌山の海へ。自宅から150km。ようやく折り返し。

f:id:hatayasan:20091115131754j:image

南海和歌山市駅。

f:id:hatayasan:20091115142602j:image

和歌山電鉄貴志川線の貴志駅。ここは猫の駅長「たまちゃん」がいるところなのですが…

f:id:hatayasan:20091115142441j:image

日曜日はおやすみでした。


出発まで
  • 土曜日の予定が雨で流れて日曜日の準備をするも、メンバーの都合がつかず一人で走ることに。
  • たまにはしっかり走ってみよう。3時半に目覚ましをセット、気合を秘かに入れる。
  • だがいつものごとく二度寝。4時に起きて自宅を出たのは結局5時。
京都から和歌山(往路)
  • いつも奈良方面に出るときに使う木津川自転車道は照明もなく真っ暗。スピードが乗らず明かりを求めて国道沿いへ。
  • 奈良市内の国道24号線には自転車歩行者が通れない区間が2箇所ほどあり迂回を強いられる。思わぬタイムロス。
  • 自宅から70km走ったスーパーで休憩。GPSの電源を入れている状態なのにセンサーをオフにしていたことに気づく。やられた。
  • 御所から五條までは軽い峠越え。五條に入ればあとは概ね緩やかな下り。
  • 五條、橋本を過ぎ、自宅から100kmほど走ったところにある道の駅「紀ノ川万葉の里」(かつらぎ町)でみかんと柿を補給。みかんが20個強、柿は中くらいのサイズが10個強入っていてそれぞれ200円と激安。しかし担ぐと荷物になる。水分補給とばかりにみかん1袋と柿を6個ほど*1を平らげる。おかげで腹も落ち着いた。だが走り始めるとほどなく脂汗をかき始める。
  • 腹が膨れたせいか、ペダルを漕ぐ足に次第に力が入らなくなってくる。これはまずい。数km走ったバイパスの分岐でうずくまり体調を整える。食べすぎで苦しむのは初めての経験だ。
  • 紀ノ川の左岸を流せばほどなく和歌山市街。ここまで150km。
和歌山から京都(復路)
  • 楽しみにしていた和歌山ラーメン。腹痛に苦しめられ泣く泣く食べずに帰ることに。
  • 和歌山の市街を抜けて海に出て、「和歌浦」一帯をめぐる。片男波海水浴場、雑賀崎。夏に来れば絵になりそうなところ。
  • 帰りは紀ノ川の左岸沿いを走る。和歌山電鉄貴志川線の貴志駅の猫の駅長「たま」は日曜は定休日とのこと。
  • 橋本市から紀ノ川の右岸に復帰、国道24号線に戻る。自宅を出て200km、右太ももに刺すような痛みを覚えるようになってきた。自宅まで残り100km、最後まで走れるだろうか。
  • 近くにお住まいで、ロングライドに興味を持つきっかけ*2をいただいたIWAさんにお会いして自転車とスキーの話題にしばし興じる。腰を落ち着けて休憩すると体力も回復したのだろうか。右太ももに覚えていた違和感はすっかりなくなった。
  • 天理まで下ってしまえば、あとはフラットな国道を気を抜かずに走るのみ。
  • 自宅には22時到着。行動時間17時間、走行距離315km、自転車三昧の一日でした。

f:id:hatayasan:20091115220620j:image

1日300kmオーバーは新記録。この夜はぐっすり眠りました。

GPSログ(クリックで拡大)

f:id:hatayasan:20091124235253j:image:w450

データ

走行距離
315.4km
走行時間
12時間11分
平均速度
25.8km/h
最高速度
65.1km/h
累積標高
1,686m+

*1:さすがに10個一気食いは難しかった。

*2:「cocolog:@nifty」。2006年の記事。

2009-11-08 (日)

穏やかな日本海を走る - 福井県・越前海岸サイクリング

f:id:hatayasan:20091108162654j:image

穏やかな海沿いを走ろう。

11月8日(日)は、福井県の越前海岸を走りました。

記録など

福井の近郊の峠を巡る「ツールド池田」から戻ってきたのが14時。

暗くなるまで、まだ3時間ほどあります。

このまま帰るのはもったいない。できれば、少し西にある「越前海岸」を少しでもいいから走ってみたい。

気持ちが伝わったのか、hiroさんに引き続きご同行いただけることになりました。

f:id:hatayasan:20091108152715j:image

限られた時間で美味しい区間を味わうため、海の展望を楽しめる直前のポイントまでクルマで移動。

「米ノ」集落の駐車場にクルマを停めて、越前海岸を南下します。

2kmほど走ったところにあった、海に落ちる滝。地形が急峻なんですね。

f:id:hatayasan:20091108154959j:image

海岸線沿いを快適に走るhiroさん。車も少なく向かい風もなく快適に走ります。

f:id:hatayasan:20091108155215j:image

そういえば、走行距離がようやく3000kmの大台に。

f:id:hatayasan:20091108160541j:image

越前海岸の展望が素晴らしい、海の上を歩くような「しおかぜライン」。

昔は有料道路だったのですが、いつの間にか無料になっていました。

終点は、入口から9km先にある大比田海岸。スタート地点から約20km、ここで引き返します。

f:id:hatayasan:20091108162146j:image

日本海に日が沈むところ。すっかり日も短くなりました。(写真:hiroさん

f:id:hatayasan:20091108162525j:image

あと10kmもしないうちに、クルマのあるところに戻ってしまうのか。

終わるのが惜しいと思えて仕方ありませんでした。

f:id:hatayasan:20091108162033j:image

地元の道を知り尽くした方に導かれて、美味しい海岸線をじっくり味わうことができました。

この日は高速道路の渋滞を避けて、国道161号線を琵琶湖の湖西沿いに走って帰宅。

快くご一緒いただいたhiroさん、ありがとうございました。

GPSログ(クリックで拡大)

f:id:hatayasan:20091120005440j:image:w450

  • 「米ノ」集落からしおかぜラインを往復。

データ

走行距離
39.4km
走行時間
1時間25分
平均速度
27.5km/h
最高速度
44.8km/h
累積標高
115m

峠と峠をつなぐ道 - 福井県・池田町周辺サイクリング

f:id:hatayasan:20091108094802j:image

峠と峠を、つなぐ道。

11月8日(日)は、福井の「池田町」の周りを走りました。

記録など

この日曜日は、福井の方たちとご一緒できることになりました。

メンバーは、お誘いいただいたYAMADAさんhiroさんぴろぴろさん、otukaさん、僕の5名。

f:id:hatayasan:20091108064456j:image

土曜の夜に自宅を出発、北陸道の神田PAで車中泊。

6時30分に鯖江インターの近くにある文化会館駐車場に集合、7時にスタートです。

今回のコースは、福井県の「池田町」の周りの峠を巡る100km余りの周回コース。名づけて「ツールド池田」。

f:id:hatayasan:20091108075525j:image

峠は4箇所。1箇所目の「魚見坂」。ここは1年前に逆のルートでYAMADAさんに案内いただいた場所です*1

otukaさんはホイールを交換されたようで、ぶっちぎりで登っていかれました。

f:id:hatayasan:20091108091020j:image

2つめの峠は「宝慶寺」を目指す、今回のルートいちばんの難所。

hiroさんがあっという間に見えなくなってしまいました。

7kmほど進んだ「龍双ヶ滝」で一息。

f:id:hatayasan:20091108091028j:image

「龍双ヶ滝」。道路のそばにありながら、見事です。

f:id:hatayasan:20091108091144j:image

滝の区間は石畳。急坂で路面が濡れていたので、しばらく押した先で発進しました。

f:id:hatayasan:20091108094627j:image

2箇所目の宝慶寺の峠で。

宝慶寺では、ぴろぴろさんの新車の話をお聞きしました。

オークションでパーツを取り寄せて、相場よりコストを抑えて自分の手で自転車を組まれたそうです。

f:id:hatayasan:20091108094802j:image

紅葉が終わりを迎えようとしていました。

峠から宝慶寺への下りでは、山スキーで知られる「銀杏峯」(げなんぽ)を正面に望む豪快な下り。

写真、撮っておくんでした。

f:id:hatayasan:20091108110135j:image

大野市。朝市で「いもきんつば」をいただきました。一つ130円。

f:id:hatayasan:20091108113824j:image

3箇所目の峠で。先ほどまでいた大野市の展望が素晴らしいところでした。

f:id:hatayasan:20091108114202j:image

このトンネルを抜けて下りへ。

f:id:hatayasan:20091108130445j:image

「せっかく、hatayasan遠くから来たんだしさ」

YAMADAさんの厚意で、池田町のそば屋に案内していただきました。

塩そばで有名なお店「一福」。素朴な味を楽しめるところです。

f:id:hatayasan:20091108133206j:image

最後の「板垣」の峠を越えて鯖江市内へ。4つ目の峠になるともうへろへろ。

自転車で実際に走ってみて、これまで通り過ぎるばかりだった福井の道にも、次第に興味が湧いてきました。

お誘いいただき、ありがとうございました。

GPSログ(クリックで拡大)

f:id:hatayasan:20091117023538j:image:w450

  • 概ね矢印のとおり。
  • 鯖江市文化センター→粟田部→味真野苑→魚見坂→池田松ヶ谷→龍双ヶ滝→宝慶寺→大野市内→国道476号池田→板垣トンネル→粟田部→鯖江市文化センター。

データ

走行距離
109.7km
走行時間
4時間33分
平均速度
24.0km/h
最高速度
57.2km/h
累積標高
1,185m

2009-11-03 (火)

がっつり食べて、しっかり走る - 福知山・綾部サイクリング

f:id:hatayasan:20091103151115j:image

がっつり食べて、しっかり走ろう。

11月3日(火)は、京都の福知山・綾部の周りを走りました。

記録など

ちょっとは遠くに行ってみたい。

静かにモチベーションを点しつつルートを練って準備するも、目覚ましに合わせて6時に起きると気温は摂氏6度。

これは寒い。あっさりココロを折られて再びふとんの中へ。

f:id:hatayasan:20091103134525j:image

汚れた自転車を拭いたりしていると、家を出たのは結局10時半に。この時間帯だと行けるところも限られてくる。

ならば、気になっていた場所を目指すことにしましょうか。

国道9号を北上、京都の北部「福知山市」にある大型ショッピングセンター「PLANT」へ。

自宅からここまで、約3時間。

f:id:hatayasan:20091103134741j:image

お弁当で食欲を解放してみたかったんです。

f:id:hatayasan:20091103135831j:image

今日のめあて。カツ丼弁当と太いソーセージの「でかドッグ」。

f:id:hatayasan:20091103135839j:image

カツ丼は298円とお手ごろなのがポイント。

これだけ食べても500円でお釣りが。しっかり食べて後半戦へ。

f:id:hatayasan:20091103150323j:image

綾部駅。国鉄の頃に比べるとずいぶんすっきりしました。

f:id:hatayasan:20091103151115j:image

帰りは、国道173号線を綾部-京丹波-篠山。国道372号線を篠山-亀岡へ。

篠山市のコンビニで休憩しているころに日没、以降ライトを点けて安全運転モード。

着込んでいたフリースを一度も脱ぐことのない、寒い一日でした。

ルートのメモ

交通量がほどほどに少なく、道幅も広い、サイクリング向けのルートでした。

国道9号線(京都-亀岡-京丹波-福知山)
  • 老ノ坂峠。手始めの峠、クルマが多いのは仕方ない。
  • 観音峠。緩いのか急なのかよくわからない。下りきればドライブイン「やまがたや」で休憩できる。
    • 約70km、小さな峠が2箇所。京丹波から福知山までは緩いアップダウンを繰り返す高速ルート。
国道173号線(綾部-京丹波)
  • 質山峠。綾部市の国道27号の分岐から始まる登り。登坂車線が増設されて道幅が広くなった。
  • 榎峠。京丹波の国道9号に合流するまでもう一つ越えなければならない峠。思わぬ伏兵、緊張感を緩めると苦しめられる。
    • 20kmの間に小さな峠が2箇所。意外と手強い。
国道173号線(京丹波-篠山)
  • 板坂峠。国道173の前半の峠に比べれば道幅も広く楽。ストレートを駆け上がればすぐにトンネルが現れる。
    • 板坂峠の緩い登りを越えてしまえば広くて見通しのよい道をひたすら走る。ただただ快適。
国道372号線(篠山-亀岡)
  • 天引峠。最近道路が改良されて走りやすくなった。
    • 天引峠を過ぎれば、亀岡まで概ねまっすぐで平坦なサイクリングルート。ただ、やや単調かも。

GPSログ(クリックで拡大)

f:id:hatayasan:20091104184103j:image:w450

  • 概ね矢印のとおり。
  • 京都-(国道9)-福知山-(府道)-綾部-(国道173)-京丹波-(国道173)-篠山-(国道372)-亀岡-(国道9)-京都

データ

走行距離
176.1km
走行時間
6時間53分
平均速度
25.5km/h
最高速度
57.0km/h
累積標高
1,474m

2009-10-25 (日)

輪中を走って、河口へ行こう

f:id:hatayasan:20091025163843j:image

ロードでダート、走りました。

10月25日(日)は、木曽三川の輪中を自転車で訪ねました。

f:id:hatayasan:20091025150853j:image

伊吹山の峠を自転車で訪ねる「グランフォンド伊吹山」

思ったより早く終わったので、気になる場所の様子を見に行くことにしました。

関ヶ原から南東へ20km強、大垣市の南にある道の駅「月見の里 南濃」までクルマで移動、自転車に乗って海を目指します。

写真は「木曽三川公園」。

揖斐川、長良川、木曽川の木曽三川が集まる「輪中」を走ってみたかったのです。

f:id:hatayasan:20091025152907j:image

伊勢大橋。歩行者の通路は鉄板でした。

f:id:hatayasan:20091025155131j:image

河口の先端にある「長島スパーランド」。背景はジェットコースター。

道の駅からここまで29km。ちょうど折り返し地点、とこのときは思っていました。

f:id:hatayasan:20091025163218j:image

帰りは車の少なそうな道を選んで走ることにしよう。

手もとにあるツーリングマップルを広げながら、国道でも県道でもない道路を選びます。

「立田大橋」の北から河川管理通路へ入ってみると、だんだん路面は荒れ始めて…。

f:id:hatayasan:20091025163903j:image

やがてダート(砂利道の未舗装路)に。すぐに終わるだろうと踏んでいたのですが、甘かった。

延々と続くダート。わき道にそれたいと思うも、西は長良川、東は木曽川。逃げられる道もなく北上するほかありません。

ロードバイクだとMTBとは違って、微妙な凹凸でも振動がハンドルに伝わるためか、次第に腕が疲れてきます。

立田大橋の8km北にある「東海大橋」でようやく舗装路に復帰できたかと喜ぶも、厳重なゲートがかかっていて取り付く島なし。次の橋「南濃大橋」まではさらに忍耐のライド。

お願いしますからパンクしませんように。ロードバイク向けのタイヤ(700x23C)で走るダートは苦行そのもの。

困ったことに、ちょうど日が沈む時間帯。暗くなる前には抜け出しておきたいところ。心配が募りました。

f:id:hatayasan:20091025180812j:image

結局、走ったダートの距離は約8km。道の駅に戻ったのは日も沈んだ18時過ぎ。

走行距離は70km越え。50kmくらいで終わるつもりだったのですが、思わぬ道草を食ってしまいました。

この日はサービスエリアで1時間ほど力尽きて、自宅に戻ったのは22時過ぎ。

疲れた週末でした…。

GPSログ(クリックで拡大)

f:id:hatayasan:20091028005429j:image:h450

  • 道の駅南濃」から反時計周りに周回しました。

データ

走行距離
73.0km
走行時間
2時間52分
最高速度
45.1km/h
平均速度
25.3km/h
累積標高
173m

紅葉の峠を走ろう - ツール・ド・あいち・2009 グランフォンド伊吹山一周

f:id:hatayasan:20091025113550j:image

そろそろ紅葉の季節ですよ。

10月25日(日)は、伊吹山の周りの峠を自転車で巡りました。

f:id:hatayasan:20091025070530j:image

この日曜日は、伊吹山を自転車で一周するサイクルイベントに参加することにしました。

主催は愛知県サイクリング協会

「ツール・ド・あいち」と銘打った中部地方を自転車で走るサイクルイベントのシリーズで、伊吹山は今年4回目の開催とのこと。

f:id:hatayasan:20091025070512j:image

朝4時に起きて名神高速を走って6時過ぎに集合場所の関ヶ原町役場に到着。

6時半から受付開始。この日は114名のサイクリストが集まったそうです。

f:id:hatayasan:20091025144003j:image

受付を済ませると、鈴をいただきました。

コース上の峠で熊と思われる獣が出没する恐れがあるので、魔除けにとのこと。

ルートの説明をひととおり聞いて、8時05分に関ヶ原町役場の駐車場をスタートです。

f:id:hatayasan:20091026205245j:image:w450

(画像はクリックで拡大します)


出発して2kmも走らないうちに「岩手峠」への登り。

いきなり立ちはだかる12%の急坂。心の準備はおろか、カラダが温まっているはずもありません。

初っ端から顔をしかめながらのペダリング。

先週飲み会に顔を出して焼肉をがっつり食べてしまったこと、朝食にすき家のメガカレーを食べてきたことが思い出されます。こんなんだったら先週しっかりトレーニングしておくんだった。

息も絶え絶え、数え切れないほど抜かれまくって峠に着く頃にはもう涙目。最初の峠でボキッとやられてしまいました。

岩手峠の下りは砂利混じりの荒れた道。ブレーキを握りながら慎重に減速、下りでもスピードは伸びません。

林道を抜けて川沿いに出てからは下り基調の道を快適に下って揖斐高原への登りへ。長者越えを登り終えたあと一旦軽い下りを挟んだ緩やかな登り。下りは完全2車線で40-50km巡航できる快適な道。

国道303号線に出て、コースの半ばの47km地点で道の駅「さかうち」。ここでスポーツドリンクを行動食を補給。休めるポイントはここか鳥越峠くらいなので、しっかり休憩。

10分程度脚を休めたあとはいよいよ鳥越峠へ。7-8%の勾配が10km強続く、この日の核心。時折現れる急勾配は忍の一文字で通過。前半は同じペースで走る人をペースメーカーに、後半は峠の遠望を励みに黙々と登るのみ。

f:id:hatayasan:20091025113707j:image

鳥越峠。タイムを記録して、バナナとミネラルウォーターをいただきました。

f:id:hatayasan:20091025113819j:image

鳥越峠の北側を振り返ったところ。この道を登ってきました。

f:id:hatayasan:20091025113646j:image

標高1015mの紅葉。いい具合に色づいてきているようです。

あとはゴールに向けて下るのみ、と思っていたのですが、甘かった。

鳥越峠から10kmはペダルを踏まずに惰性で下るものの、伊吹山麓の国道365号線から関ヶ原まで待ち構えていた直線の緩いアップダウン。

出発直後ならアウターで楽勝の坂道でも、インナーに落として息を切らせないと登れません。最後の最後で地味に苦しめられます。

あと数km走ればサイクルコンピュータの数字が100kmに届く。最後はそれだけを励みにゴールの関ヶ原町役場へ。12時55分、走った距離は97.62km。

f:id:hatayasan:20091025125838j:image

ゴール後は感想文を書いて、お菓子をいただいて解散へ。

「岩手峠」や「揖斐高原」「鳥越峠」。土地勘の全くない自分でも、迷いやすいポイントに整備された標識のおかげで安心して走ることができました。

濃い時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

そのあと

それなりに標高差を登ったとはいえ、今日の走行距離は100km未満。しかも時間はまだ13時過ぎ。日が沈むまでは、あと4時間。

どうしようか。思案しつつ、秘かに気になっていた濃尾平野の河口にクルマを走らせることにしました。

GPSログ(クリックで拡大)

f:id:hatayasan:20091026202455j:image:h450

  • 「関ヶ原町役場」から反時計周りに周回しました。

データ

走行距離
97.6km
走行時間
4時間30分
最高速度
63.4km/h
平均速度
21.6km/h
累積標高
2,220m