Hatena::ブログ(Diary)

hateua123の日記

2018-05-14

FreeBSDカーネル構築、10.4-STABLE #91 r333598になりました。

FreeBSDカーネル構築を行い無事にRev:333598にリインストール成功しました。

#cd /usr/src/sys/amd64/conf
#mv MYKERNEL MYKERNEL2018.05.14
#cp GENERIC MYKERNEL
#mv /root/kernels/MYKERNEL /root/kernels/MYKERNEL2018.05.14
#cp GENERIC /root/kernels/MYKERNEL
#cd /usr/src
#ln -s /usr/src/sys /sys
#ln -s /root/kernels/MYKERNEL
#make buildworld
START: 11:27:28
END: 14:20:16 TIME of BuildWorld: 2時間52分48秒
#make buildkernel KERNCONF=MYKERNEL
START: 14:27:19
END: 14:55:11 TIME of BuildKernel: 27分52秒

#make install kernel KERNCONF=MYKERNEL
#reboot
再起動
#cd /usr/src
#mergemaster -p
#make install kernel
#mergemaster -a
#uname -a

f:id:hateua123:20180514154048p:image

今日のsubversionアップデート

昨年の10月18日以来のsubversionによるFreeBSDカーネルソースのアップデートです。
#cd /usr/ports
#cd /usr/ports/ports-mgmt/pkg
#make deinstall
#make clean
#make reinstall → fail stop
#make deinstall
#make clean
#make reinstall → pkgインストール成功
#cd /usr/ports/devel/subversion
#make deinstall
#make clean
#make reinstall → subversion-1.10.0 成功
#cd /usr/src
#svn update /usr/src > svn_update20180514.txt
#mv svn_update20180514.txt /home/fumiaki
#svn info /usr/src

REVISION: 333598
LAST CHANGED REV: 333431

#cd /home/fumiaki
#vi data01 → 最下行にsvn_update20180514.txtと書きこむ
#ruby count14.rb data01

UPDATE1 = 1019 属性が変わらずに内容がアップデートされたファイル
UPDATE2 = 0 属性も内容もアップデートされたファイル
UPDATE3 = 1 属性がアップデートされて内容はアップデートの無いファイル
ADD = 60
DELETE = 7
CONFLICT = 0
MERGED = 0
EXISTED = 0
REPLACED = 0

f:id:hateua123:20180514121234p:image

2017-10-18

FreeBSDカーネル構築、10.4-STABLE #90 r324709になりました。

FreeBSD 10.4-STABLE #90 r324709にリインストール成功しました。

buildworldに2時間50分46秒、buildkernelに約31分かかりました。

f:id:hateua123:20171018131427p:image

今日のsubversionアップデート

5月31日以来のsubversionアップデートです。
#cd /usr/ports
#portsnap fetch update
#cd /usr/ports-mgmt/pkg
#make deinstall
#make clean
#make reinstall
#cd /usr/ports/devel/subversion
#make deinstall
#make clean
#make reinstall →subversion 1.9.7
#cd /usr/src
#svn cleanup
#svn update /usr/src > /home/fumiaki/svn_update20171018.txt
#cd /home/fumiaki
#vi data01 →svn_update20171018.txt を加える。
#ruby count14.rb data01

UPDATE1: 36 属性が変わらずに内容がアップデートされたファイルの数
UPDATE2: 0 属性も内容もアップデートされたファイルの数
UPDATE3: 2 内容は変わらず、属性のみアップデートされたファイルの数
ADD: 6
DELETE: 0
CONFLICT: 0
MERGED: 0
EXISTED: 0
REPLACED:0

#cd /usr/src
#svn info /usr/src
Revision: 324709
Last Changed Rev: 324692

f:id:hateua123:20171018095218p:image

以下は、アップデートファイル名のリスト(svn_update20171018.txtの中身)です。

Updating '.':
U UPDATING
U libexec/tcpd/Makefile
U libexec/smrsh/Makefile
U libexec/ftpd/Makefile
U libexec/rshd/rshd.c
U libexec/rshd/rshd.8
U libexec/ypxfr/Makefile
U libexec/rtld-elf/rtld.c
U libexec/atf/atf-sh/Makefile
U libexec/atrun/Makefile
U libexec/tftp-proxy/Makefile
U libexec/rlogind/rlogind.8
U libexec/talkd/Makefile
U Makefile
U crypto/openssh/ssh-keyscan.c
U crypto/openssh/ssh_config.5
U crypto/openssh/sshd_config.5
U crypto/openssh/ttymodes.h
U crypto/openssh/sshbuf.h
U crypto/openssh/ssh1.h
U crypto/openssh/version.h
U crypto/openssh
U crypto/heimdal/lib/krb5/ticket.c
U include/termios.h
U secure/lib/libssh/Makefile
U gnu/usr.bin/groff/tmac/mdoc.local.in
U gnu/usr.bin/Makefile
U gnu/usr.bin/gdb/kgdb/kgdb.1
U gnu/usr.bin/gdb/gdb/gdb.1
U tools/build/mk/OptionalObsoleteFiles.inc
U tools/build/options/WITHOUT_PROFILE
A tools/build/options/WITH_ZONEINFO_LEAPSECONDS_SUPPORT
A tools/build/options/WITH_ZONEINFO_OLD_TIMEZONES_SUPPORT
A tools/build/options/WITHOUT_DIALOG
A tools/build/options/WITH_PROFILE
A tools/build/options/WITHOUT_CXGBETOOL
A tools/build/options/WITH_CXGBETOOL
U tools/regression/geom_gpt/gctl_test_helper.c
U tools/regression/geom_gpt/gctl_test.t
U kerberos5/lib/libkafs5/Makefile
U kerberos5/lib/libroken/Makefile
U kerberos5/libexec/ipropd-master/Makefile
U ObsoleteFiles.inc
U .
Updated to revision 324709.

2017-05-31

FreeBSD 今日のsubversionアップデート& カーネル構築 10.3-STABLE #89 r319273 になりました。

2月10日以来のsubversionアップデートです。

Ports Collection の subversion アップデートは、subversion 自体がまた変化があったようで、
#svn update /usr/ports が通らなかったので、今回からPorts Collectionに関しては、
#portsnap fetch update を使用して、アップデートして行こうと考えました。
よって、
#cd /usr/ports/ports-mgmt/pkg から念のためアップデートして、
#make install
→ 予想通り失敗する。
#make deinstall
#make clean
#make reinstall → pkg リインストール成功
続いて、
#cd /usr/ports/devel/subversion
#make deinstall
#make clean
#make install
これで、subversion 自体をアップデートしました。こうしないと#svn update でconnect reset by peer のエラーになってしまいます。

いよいよ、本題の/usr/srcアップデートですが、
#svn update /usr/src

UPDATE1: 195 属性は変わらずに内容がアップデートされたファイルの数
UPDATE2: 0 属性も内容もアップデートされたファイルの数
UPDATE3: 2 内容は変わらず、属性のみのアップデートされたファイルの数
ADDED: 17
DELETED: 1

と10.X-STABLE ブランチなので、おとなしい変化です。

これで、#make buildworld は、2時間40分22秒、#make buildkernel は、約30分で無事にリインストール成功しました。

f:id:hateua123:20170531163327p:image

f:id:hateua123:20170531163432p:image

2017-02-10

FreeBSD カーネル構築, 10.3-STABLE #88 r313496

FreeBSD 10.3-STABLE #88 r313496のカーネルインストレーション終了しました。

buildworldに2時間47分43秒、buildkernelに約30分かかりました。


f:id:hateua123:20170210131117p:image


以上

今日のsubversionアップデート

昨年12月26日以来のsubversionアップデートです。

Ports Collectionのアップデートは、
#svn update /usr/ports
REVISION: 433777
LAST CHANGED REVISION: 433777

UPDATE1: 8156 属性は変わらずに内容がアップデートされたファイルの数
UPDATE2: 41 属性も内容もアップデートされたファイルの数
UPDATE3: 1 内容は変わらず、属性のみのアップデートされたファイルの数
ADDED: 2916
DELETED: 1152

f:id:hateua123:20170210094757p:image

カーネルソースファイルのアップデートは、
#svn update /usr/src
REVISION: 313496
LAST CHANGED REVISION: 313489

UPDATE1: 869
UPDATE2: 0
UPDATE3: 1
ADDED: 273
DELETED: 55

f:id:hateua123:20170210094832p:image

以上

2016-12-27

Ports Collectionのディレクトリー(/usr/ports)のアップデートについて

Ports Collectionのディレクトリーのアップデートについて、昨日は、アップデートとしてカウントしていないと記事を書きましたが、本日確認した所、2015年2月19日から2016年6月1日の長期間に渡った分のアップデートについて確認した所、以下のように、/usr/portsが' U'として、つまりUPDATE3というか、中身は変わらないが、属性が変更になったアップデートとしてカウントされておりました。※注意してご覧ください。右上のターミナルは、viエディターにより、2016年6月1日のPorts Collectionのアップデートログファイルの末尾近くを見せております。最終行のREVISIONの一つ上の行をご覧ください。/usr/portsがUPDATE3' U'となっていることをご確認いただけます。

f:id:hateua123:20161227165316p:image

また、その日付以外のアップデートでは、/usr/portsはおろか、どのファイルにも属性のみの変更つまりUPDATE3が見つかりませんでした。一般的な日付のアップデートとして、右上のターミナルに表示させた2016年12月12日から12月26日までの間のアップデートの例で、最終行のREVISIONの一つ上の行に/usr/portsアップデートされている形跡がないことと、左下のターミナルに表示させた結果が、2016年6月1日以外は、UPDATE3が0、つまり全くカウントされていないことで判断できたことをお確かめください。

f:id:hateua123:20161227165912p:image

今の所、何故今年6月1日のアップデートでディレクトリーがUPDATE3のアップデートとしてカウントされて、その他の日付では、カウントされないのか理由が分かっておりません。長期間に渡ったことで、属性が変化する要因があったものと思われますが、具体的に何がどう変更されたのか不明です。ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。