はとちゃんの足跡 〜タイムマシンにお願い〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-03-27 霧雨に濡れる木曜日

X101-CHに換装したSSD

[]モバイル環境SSDの不具合を解消

一昨年の2012年6月ぐらいに購入したAsus X101-CHは、僕のいちばんの相棒。ほとんど毎日一緒に過ごすので、少しでも軽くなるようSilicon Power製の64GB SSD換装している。システムは、Lubuntu13.10とWindows7 Starterのデュアルブートにしているけど、ほとんどLubuntuを使用している。最初の頃はすこぶる快調だったのだが、ここに来て突然ハングアップして再起動するようになった。最初は数日に1回、やがて1日に1回、さらに1日に数回となって、いつ落ちるのかとハラハラしながらというのは、精神衛生上悪い。そろそろSSDのnandあたりの書き込み回数が限界に達して寿命なのかと、価格.comで物色したりしていた。

それにしても、SSDはどんな状況なのかと気になる。新しいものに乾燥する前にちょっと調べてみた。SSD全体の構成は、fdiskコマンドでは次のようになっている。

Disk /dev/sda: 64.0 GB, 64023257088 bytes
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 7783, 合計 125045424 セクタ
Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスク識別子: 0xe348e083

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sda1   *        2048    59791359    29894656    7  HPFS/NTFS/exFAT
/dev/sda2        59791360    74731519     7470080   1b  隠し W95 FAT32
/dev/sda3        74733566   125005823    25136129    5  拡張領域
/dev/sda4       125005824   125038591       16384   ef  EFI (FAT-12/16/32)
/dev/sda5        74733568   122933247    24099840   83  Linux
/dev/sda6       122935296   125005823     1035264   82  Linux スワップ / Solaris

全体がWindows7 Starterだったパーティをんを分割して、Linuxの領域を作ったという王道のやり方。

LubuntuではUUIDでパーティションを設定しているが、簡単にしてみると次のように記述されていた。あれ、これってSSDとしての設定って何もしていないような。前はいろいろやったような気がして確認すると、timeとかtrimについて記述している。

# <file system> <mount point>  <type>  <options>                            <dump>  <pass>
/dev/sda5       /              ext4    errors=remount-ro                    0          1
/dev/sda1       /mnt/ntfs      ntfs    defaults,umask=007,gid=46            0          0
/dev/sda6       none           swap    sw                                   0          0

というわけで、智恵の海 Linux SSD の設定を参考にnoatimeとdiscardを追加して、次のように変更。ついでにswapについても、discardを追加。LinuxでのSSD利用の情報ってもっとあるのかともう少し深堀りをしたら、Solid State Drives - ArchWiki - Arch Linuxにきちっと整理されているので。詳しく知りたければこちらがお勧め。それにしても、Arch Linuxはけっこう攻めてる印象。

# <file system> <mount point>  <type>  <options>                            <dump>  <pass>
/dev/sda5       /              ext4    noatime,discard,errors=remount-ro    0          1
/dev/sda1       /mnt/ntfs      ntfs    defaults,umask=007,gid=46            0          0
/dev/sda6       none           swap    sw,discard                           0          0

これで現在様子をみているところだけど、全然安定している。これまでに1日に数回ハングアップ再起動というのが、嘘のようである。新しいSSD消費税が 8%になる前にと思っていたんだけど、しばらくはこのままでいいかなぁ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hatochan/20140327/1396137563