はとちゃんの足跡 〜タイムマシンにお願い〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-03-30 春の嵐の日曜日

Eye-Fi Centerで設定

[]Eye-Fiを再設定

以前に、Canon PowerShot A720ISに、Eye-Fi Connect X2を使っていたが、A720ISの使用頻度が減って(ちょっと大きくて思いのでNikon L23を常用)Eye-Fiの出番もなくなりそのまま放置していた。Nikon L23では16GBのSDカードを入れていたが、これが半分ほどデータが埋まると、Windows7上のフォトギャラリーでデータを吸い上げるのに、半端なく時間がかかるようになった。それならSDカード内のデータを削除しながら使うので、それほど大容量のSDカードも必要ないので、放置してあるEye-Fiの4GBでも事足りるなぁということで、再び使ってみることにした。

さて、その間アクセスポイントも新調して暗号化キーも設定したのでどう反映させるのかなぁと思い、まずはEye-Fi本家にということで。そこで設定をするにはEye-fi Centerをダウンロードとあるので、これをダウンロードして実行。インストール後に、Eye-Fi Centerを起動して、メニューでファイル→設定→Eye-Fi Cardで、Eye-Fi Centerセットアップガイドに従ってプライベートネットワークを設定。削除のリストから古いWi-Fiネットワークを選択して削除し、追加で新しいWi-Fiネットワークを選択肢て追加するのだが、後者の認識があまりよくないみたいで、ちょっと手間どる。

とりあえず設定はできて、Canon A720ISからは新しいアクセスポイントでデータを送信できるようになった。さて、Nikon L23はどうかというと、カメラとの互換性ではEye-Fi X2 Mobiでは○が付いているけど、備考のところではノーマーク。Eye-Fi連動機能とかは使えないらしい。Nikon L23に入れてみたところ、嵐が去った空の画像はちゃんとPCにアップロードされた。なんか電池の残量がすぐ減るような気がするけど、乾電池式だからとりあえずは困らないか。

2011-10-24 晴れたらいいなの月曜日

支払いのチェックでサービス開始はちょ

[]円高なのでFlickrのProを購入

Eye-Fiを利用するようになって、何も考えずにFlickrアップロードしていたら、すぐに限度の100枚を越えてしまった。ある意味、当然である。それでどうしようかなぁと考えていたんだけど、考えるまでもなく、Proを購入しなければならないのだけれど、ヘタレなのでできないでいた。

とはいうものの、そのままにしておくこともできず、今週こそは購入するぞと意を決してやってみた。まぁ基本はクリックするだけなんだけど、支払いのところで躓いた。カード払いだと書きこむことが多くてちょいと不安ということで、PayPalにしてみたんだけどパスワードを間違えて、2時間のペナルティ...。何だったのかなぁと確認しようとしたら、PayPalブラウザに残されないのね<銀行口座と同じだから当然か! 奇跡的に思い出して、なんとか先ほど完了。

最後の難関は同意のところかな。さりげなく次の文が表示されるので、そこをチェックしないと、サービスの付加と支払いの義務を同意したことにならない。

□ I have read and agree to the Additional Terms of Service and the payment obligations contained therein.

これで、Flickrを制限なく使いまくることができる。そう思うと、$24.95($1=77円換算で1,921円)は高くないよね。まずはほっとしたところだけど、いちばん下を見るとFlickrの多言語化って、中国語韓国語はあるけど、日本語はない。うーん、利用者があまり多くないのかな。日本人はGooglePicasa派なのかしら。

2010-09-21 何かに急かされる火曜日

OracleロゴのOpenOffice.org

[]Slackware13.1用パッケージをリリース

blogも実に10ヵ月ぶり。それよりもましかと自分に言い訳をしながら、Slackware13.1用の日本語パッケージをmakeして、SourceForge.jpアップロードした。ほとんどのパッケージは13.0のものを流用できるのだけれど、それでも13.1でmakeすることに意義がある。

ちょっと頑張ってアップロードしたパッケージは以下のとおり。

  • OOo-3.2.1_en_US-i586-1_SBo.tgz OpenOffice.org本体(英語版)
  • OOo-l10n-ja-3.2.1-noarch-1.tgz OpenOffice.org日本語パック
  • anthy-9100h-i486-1.tgz 日本語入力システム
  • fbterm-1.6-i486-1.tgz コンソール用フレームバッファ
  • ipa-fonts-otf-00301-noarch-1.tgz IPAフォント
  • ipa-fonts-ttf-00203-noarch-2.tgz IPAフォント(UIフォント付)
  • libsigc++-2.2.7-i486-1_SBo.tgz stardict用ライブラリ
  • stardict-3.0.1-i486-1_SBo.tgz 辞書検索ツール
  • syslinux-4.02-i486-1.txz 単デバイス用ブートローダ
  • uim-1.6.0-i486-2.tgz インプットメソッド
  • xbill-2.1-i386-1.tgz Bill君とPCのOSを取り合う古典的ゲーム

バージョンアップしているものは、それなりに進化していて面白い使い方ができそう。これらは、時間のあるときに、少しずつ紹介していくつもり。

uimもかなり充実しているんだけど、Slackwareはscimが標準で用意されていて、これがいろいろなアプリケーションで標準で起動してしまって、uimが使用できない。scimと併用したいのでパッケージ削除はしたくないのだけれど、とりあえずscimを起動しない方法がないものか、/etc以下を眺めながら思案中。

OpenOffice.org3.2.1は、すでにWindows版やopenSUSE版(我が家では通常のデスクトップとしてopenSUSE11.3を使用中)で体験済みだけど、最初にSunロゴではなくOracleロゴが表示されるのは、一抹の寂しさを感じさせるが、これもビジネスの厳しさで、これがあるからアメリカが強いのかと。

2009-11-20 長い一週間だと感じる金曜日

パッチ物とイヤーピース

[]旧型mp3プレーヤとイヤーピース

しばらく使用していなかったmp3プレーヤを復活させた。LUXPRO Super Tangent MX-1075DというiPod Shuffleにそっくりな台湾製のパッチ物なのだが、秋葉原での購入価格はほとんど同じだった。それなら本物と思うかもしれないが、だからこそパッチ物なのだと譲れないのは、やっぱり変か。

復活させた動機は、近頃音楽を聞かなくても平気な自分に気がついたから。まさに、no music no lifeな状態である。そう思った途端に、家にあるCDをCDexを利用して片っ端からmp3に変換。さて、MX-1075Dにアップロードしようとしたら、1GBの容量ではほとんど入らない...。

しかも使用方法をほとんど忘れている。基本的なオン/オフぐらいはできるが、それ以外は思うように動いてくれない。まだマニュアルもネット上に残っていたので、これを読んではみたが、どうもはっきりしない。

それでも、これまで聞かなかった分を取り戻すべく、通勤などの移動では聞きまくっている。以前から持っているCDのものなので、平気で10年以上も前のものが多かったりするけど、やっぱりよいものはよい。きっと日本でいま、Queenを聞いているのは何人もいるだろうけど、Roy Buchananはさすがに僕だけだろうと、移り変わる曲にそんなことを思いながら聞いている。

本当は自転車に乗っているときも聞きたいところだけど、それはさすがに止めている。やっぱり周囲の音が聞こえないと危ないし、気持ちが分散して楽しめない。ということで、自転車のときはイヤホンをはずしていたら、なんと耳に入れるゴムの部分がなくなっていた(泣)。これは新しいイヤホンを買わなくちゃと思って、川越ソフマップに行ったところ、同じような目に遭った人が多いのか、スペアイヤーピースなるものが売っていた。このゴムの部分はイヤーピースということが分かり、しかも規格化されているのにビックリ。規格もいいかもとちょっぴり思った。

2009-11-18 秋晴れを実感する水曜日

これで正しいFlickr画面だろうか

[]遅ればせながらFlickrに登録

ある程度年を重ねると、何をするにも億劫になって今更こんなのできないよということが多くなる。Flickrの登録もそのひとつで、Google Picasaも登録したものの、ほとんど放置プレイだったことから、同じものが一つ増えるだけだからとそのままにしておいた。

それが、先日の向島マッピングパーティで撮った画像はFlickrにあげてねというリクエストが来た。そう言った本人は、別にPicasaでもよかったのだろうが、とにかくFlickrと指定されてしまった。どちらも無料登録なので、僕はPicasa派なので主義心情としてGoogleサービス以外は利用しないこととしているんだと言わないかぎり、やっぱりFlickrだよなぁと。そうまでして、世間にGoogle依存症だということを広めることないしね。

というわけで、重い腰を上げてFlickrの登録に挑戦した。最初に困ったのは、本家YahooのIDとパスワードを要求してくる。すでに日本版Yahooの登録はしてあるので、そちらを入力してみたが、当然のことながらさっぱりの状態。ここでまた個人情報を切り売りして、本家Yahooの登録をして、IDとパスワードをゲット。その後は順調にといいたいが、本家YahooだけでなくFlickrのIDも必要なので、ちょっと面倒。まぁ儀式と思えば、それほどのことではない。適当な数字で割り当てられたディレクトリを、ちゃんと自分のニックネームにして、とりあえずの設定完了。

その後のアップロードはいたって簡単で、あんずるよりは有無が横山やすし(古っ)の典型かと。これまでデジカメのSDカードに溜め込んでいたデータをいくつかアップしてみる。アップロードの画面に、"You've used 70% of your 100 MB photo limit and 0 of your 2 video limit this month. Upgrade?"と表示されている。1ヶ月に100MBまで無償でアップロードできて、それ以上の容量とか高品質のサービスを受けたければ費用を負担しろというビジネスモデルなのね。そこであげた利益を、さらにサービスの質量を高めるための投資にまわすということか。Hatenaと同じで、ウェブでのビジネスモデルは、広告モデルかこれぐらいに絞られてきているのかな。

画像毎にパブリックかプライベートか、ライセンスまで細かく設定できるが、1枚ずつするのは面倒だなぁ。とはいえ、すべてパブリックにしちゃうとこれまた問題だしなぁ。と億劫の虫がまた騒ぎはじめた。

2009-06-26 きっと暑いぞ金曜日

OpenStreetMap川越周辺

[]わが軌跡を道にするOpenStreetMap

ここのところ、週末の天気が気になってしょうがない。というのも、土日のいずれかは雨が降ってなければ、自転車で川越周辺を走り回って位置情報を収集しているから。台湾のHOLUXというメーカのGPSロガーm-241を首に下げていれば、自分が何時、何処にいるのかを記録してくれる。それをPCにアップロードして、GoogleアースやGoogleマップ上に自分が走った軌跡を表示することができる。ここまでは、普通の楽しみ方。極上の楽しみ方は、何もない空間に自分の走った道を描いていくことで、それを叶えてくれるのがOpenStreetMap

1年以上前に購入したm-241で位置情報を収集することはやっていて、OSM-jaの鎌倉オフにも参加したのだが、収集した位置情報をOpenStreetMapサーバに展開することができなくて、この楽しみを味わえないでいた。これというのも、展開するためのツールであるJOSMというJava環境で使用する地図エディタがうまく扱えないという、なんとも締まらない状態が続いていた。それが先人の様々なノウハウと辛抱強いアドバイスに支えられ、しかもJOSMもバージョンアップを重ねた結果、僕でも基本的なことならば難なく使えるように。このキャズムを超えたら、もう楽しくて楽しくて毎週末にサイクリング・ヤッホーとなっている。

OpenStreetMapの川越周辺の地図も、少しずつ整備されているのが目に見えて分かるので、ますますやる気になってくる。「見える化」というのは、あらゆる面において効果絶大ということを身をもって知ってしまった。しかも先人の努力によって、OpenStreetMap本家まで日本語化されて、ここにきて壁が格段に低くなってきているから、他の人も見てくれたり、自分もやってみようかとなるかもと思うだけでも昂揚する。

このOpenStreetMapにハマっているのは、何も僕だけではなく世界中で行われている。この2008年の記録がYouTubeでは「A Year of Edits - Um vídeo mostrando todas as alterações feitas no Wiki Open Street Map.」としてアートのような美しい輝きを見せてくれる。

2007-03-07 冬に逆戻りな水曜日

[]anthy-8700bをslackware/slax用にパッケージ化

anthyプロジェクトマネージャの田畑さんから自信作というメールを貰ったので、早速 anthy-8700bをslackware/slax用にパッケージ化。configureを実行後に、Makefileのbuild関連をi686からi386に変更するのを忘れる。どうして作業プロセスで、毎回同じところを忘れるんだろう。

これを変更して、いつものようにmakeしてcheckinstallと慣れた手順で、最後にパッケージしたものを一度解凍して、install/slack-descを修正してmakepkgで圧縮して完成。

SourceForge.jpにアップロードしておく。意外にダウンロード数が伸びている。といっても二桁どまりなのであるが、slackwareならばそんなところか。

http://sourceforge.jp/projects/sap/files/?release_id=22243#22243

2006-09-27 憂鬱な雨の水曜日

[]いまだslackware-utf8ダウンロード数伸びず

ひょっとして無駄な仕事をしてしまったかと思うけど、自分の楽しみでしたことをお裾分けしただけだと思えばいいのかな。事実はそうなんだけど、アップロードすると思いも変質するなぁ。いかん、いかん。       

2006-09-22 愛はあるのか金曜日

[]できるところからということでjfbtermアップロード

SAP(Slackware Add-on package Project)に、Anthy7900bとuim-1.2.0とともにjfbterm-0.4.7をアップロード。これでutf-8日本語環境用パッケージは揃ったかな。

jfbterm-0.4.7は、素でコンパイルしてインストールすると、終了時にあぼーんになるので注意が必要。というか、パッチをあてなければならない。このパッチで有名なのは、私家版 rpm - jfbtermだけど、これはFedoraCoreでspecファイルを見てたらパッチを当てるのが大変そう。debianにjfbterm_0.4.7-3.diff.gzがあったので当てたけど、いま確認したらjfbterm_0.4.7-4.diff.gzがあるじゃない。うーん、とりあえずそのままにしておこう (^^ゞ 一連のパッケージ作成はこんな感じだったかなぁ。

  # wget http://osdn.dl.sourceforge.jp/jfbterm/13501/jfbterm-0.4.7.tar.gz 
  # mkdir work
  # cd work
  # tar xvfz ../jfbterm-0.4.7.tar.gz 
  # wget http://ftp.debian.org/debian/pool/main/j/jfbterm/jfbterm_0.4.7-3.diff.gz
  # gunzip jfbterm_0.4.7-3.diff.gz
  # patch <jfbterm_0.4.7-3.diff
  # cd jfbtem-0.4.7
  # ./configure
  # make
  # checkinstall

小江戸らぐのオフで発表したレジメをそのまま流用。これでuim-fepと組み合わせれば、最強のコンソール環境。X Window Systemなんていらない(嘘)。

これでslax-jaも利用できるなと一石二鳥を狙ったんだけど、よくよく考えるとブート時にフレームバッファ対応にしないとダメなので、次のリリースまでお預けの可能性大。