日記を書く [・w・] はやみずさん

2008-01-08

PIC16F877A を触診

PICのPWMモジュールを使った38kHzのパルス生成は確認している最中、パスコンを外してPICをぺたぺた触っていたら突然波形が消えた!

何がこわれたのか、クリスタルオシレータか、なんだなんだと思って色々しらべているうちに、どうもPIC自体がおかしいらしいことがわかる。PICプログラマにのっけてRAMのベリファイやったら見事にプログラムが壊れてたよ。触るだけで壊れちゃうんだね。

あとからパスコン入れてペタペタさわってみたら、今度はデータが壊れることもなく動いた。

shiroshiro 2008/01/09 07:43 静電気体質だったりするとさらにあぶないぞ>ぺたぺた

hayamizhayamiz 2008/01/09 08:42 静電気防止のリストバンドはやっぱりつけたほうがいいんですかね?

shiroshiro 2008/01/09 11:51 うーん、効果の程は、使った場合と使わない場合で比較したことがないのでよく知りません>リストバンド
まあ、扱うモノにもよるんじゃないかと。ひとつウン万円のチップなら手間かけても慎重にしたいだろうけど、PICくらいなら壊れても替わりがいるもの。とか。
昔の4000シリーズCMOSなどは私も壊したことがありますが、最近のは強くなったとも聞きますし。

hayamizhayamiz 2008/01/09 22:21 今のところは高くて数百円の素子で簡単なものしか作っていないので、別段使う必要もなさそうですね。大きな回路になってくると、静電気による破損があったりすると特定が大変そうなので、必要なのかも。とりあえず遅延評価、ですかねw

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hayamiz/20080108/1199808641