ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

M.HAYASHI’s Diary2(林真理備忘録)

2016-11-21

「細胞を創る」研究会9.0

界隈性(?)が高く、道に迷いやすい早稲田ですが、無事に会場到着です。

http://jscsr.org/sympo2016/

私が話題提供をさせていただくセッションは明日です。

22日(火)16:40-18:10

林真理「シュヴァンの見た夢:細胞を結晶に例える」

横山輝雄「「細胞を創る」の人文学」

奥村大介「生命と物質の修辞学:物活論をめぐって」

本日は抜け出して職場に戻ります。

2016-11-10

業務委託完了報告書兼請求書

単発で教えている非常勤講師先の提出書類が、タイトルのようなものに今年から変わっていました。大学非常勤講師は、通常単年度の雇用契約ですが、その大学では(一部だけかも知れませんが)今年から業務委託契約に変わったようです。多摩川を越えるバスの中から見えた富士山がきれいでした。写真はありません。すみません。

2016-11-03

11月

昨日から第4クオーターが始まりました。4学期制を採用していない学部の学生は1週間の休みを喜んでいたようです。あと4分の1だと思う少し気が楽になります。

写真は、英語でも日本文化を紹介する主旨の浅草酉の市のポスターですが、「23th」という表記が気になりました。その昔にこういう英語は間違いだと習った記憶がありますが、電話の代わりにLINEというような非音声コミュニケーションが浸透すると、発音できない表記を許すテキストベースの文化が浸透するということでしょうか。

f:id:hayashi9192:20161029113023j:image:medium

2016-10-31

『現代思想』2016年11月号

「研究費の誘惑と研究者の憂鬱 デュアルユース時代の科学者・技術者の倫理」という文章を載せていただきました。

http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=2986

技術のデュアルユース性をどう捉えるのか、産官学の関連、技術者の倫理等混成的テーマの文章ですが、そういうことを考え直さなければいけない現実があるのは確かだと思っています。なお、特集のタイトルは「大学のリアル」ですが、赤裸々に勤務校の事情を書いたりしたものではありません。

2016-10-30

真っ黒

合計で4匹の黒猫に会ったので10月30日は黒猫記念日。

f:id:hayashi9192:20161030133511j:image:w360

逃げないので飼い猫のようです。