ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

M.HAYASHI’s Diary2(林真理備忘録)

2016-07-01

アサガオ開花(初)

ベランダの緑幕は順調に成育中。大きな葉っぱはカボチャ。

f:id:hayashi9192:20160701082527j:image

以前に類似内容の授業をやったことがあったのを資料を探って思い出したので、授業準備が少し楽になったと一瞬の余裕を楽しむ。

しかし、そんなことすっかり忘れている方が大問題じゃないかとも思う。

2016-06-27

期間限定ツイッターアカウント(@kagakushi2016)廃止予定

一昨日、日本科学史学会第63回年会の反省会を行いました。

大会開催では下記の方にお世話になりました。お礼を申し上げます。

報告者・シンポジストの皆様

年会・シンポジウム参加者の皆様

予稿集購入者の皆様

アルバイトの工学院大学の学生・院生の皆様

日本科学史学会総務委員・事務局の皆様

よしみ工産様(予稿集印刷)

味工房スイセン様(懇親会)

工学院大学総務課様(教室貸出・125周年冊子)

工学院大学科学教育センター様(歴史パネル、展示)

警備室ALSOK様(鍵、忘れ物他)

東京リトルメイト様(託児)

国立科学博物館様(真鍋真様)(エクスカーション)

東京農工大学科学博物館様・学芸員齋藤様(エクスカーション)

みすず書房様(広告)

丸善雄松堂様(広告)

仮説社様(広告)

工作舎様(広告)

なちぐろ堂様(広告)

南窓社様(広告)

朝倉書店様(広告)

日外アソシエーツ様(広告)

恒星社厚生閣様(広告)

くるめし弁当様(スタッフ昼食)

ゆうちょ銀行様(大会口座)

Google様(大会サイト)

Twitter様(大会アカウント)

デザイナー様(ポスター)

こうして書き出してみると、いろいろな方のおかげで大会が成り立っていることが、よくわかりました。

2016-06-25

生物学史研究会のお知らせ

最新のお知らせのページを更新しました。

http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~ft12153/hisbio/meeting_j.htm

既に情報は流通しているので、最近はむしろ記録を蓄積していくのが主な目的のページになっているような。

2016-06-24

ネットスーパー変更

 D社がA社の子会社になったため、3月にD社のネットスーパーからA社に移行して、使い始めました。新しいサイトに同じIDで移行できた(顧客囲い込み戦略)のは便利でしたが、D社サイトの仕様に馴染んでいたので、まだ慣れません。

 先日は、品切れの場合に代替品でOKの指示にチェックをしておいたら、干し桜エビの代わりに、生サクラエビが送られてきました。ちょうどサラダを作っていたところだったので混入しましたが、同じ「サクラエビ」といっても、用途的に代替品とは言えないと思うので驚きました。たしかに、何が代替品か、難しいですね。その後は、代替品不要にいつもチェックを入れています。後日お好み焼き用の干し桜エビを別途買いました。

 「おいしくたべたい」(D社のプライベートブランド)の販売はなくなり、D社時代から少しずつ増えていた「トップバリュー」(A社のPB)商品が、さらに幅を効かせています。なお、配達の人は変わりません。昨日まで「ネットスーパーD」を名乗っていた人が、今では「Aネットスーパー」を名乗っています。

2016-06-20

2016年度新入社員春の意識調査(日本生産性本部)

「今年の新入社員は大丈夫? 「良心に反する上司の指示でも従うか」の調査、初めて「従う」が上回る」というタイトルの記事が産経新聞のサイトに出たみたいですが消えているようなので、以下の図を貼り付けておきます。

f:id:hayashi9192:20160620215436j:image

出典はこちらです。

http://activity.jpc-net.jp/detail/mdd/activity001476.html

記事には「「従わない」を初めて上回った」とあったので、間違っているのは確かですが(「初めて「わからない」を上回った」が正しい)、全面消去するのももったいない、もっと広めてもらいたいニュースです。有名なアンケートなので、毎年授業で使っています。

ライブの意味と出席コスト

 とある教員向け研修会があり、告知文に欠席者は必ず録画視聴とあったので、こんなこと書いたら最初から録画ですませようとする人が続出するのではないかと気づき、さらに研修会と引き続き開催するはずの会議の方が中止になったものだから、いっそう出席率低いだろうと思っていたら、そんなことはまったくなくて、どうして近頃の教員はちゃんと出席するのか(わざわざ別の校舎から来た人も)とつぶやいていたところ、動画ファイルを観る方が面倒だと考える人もいると言われたのですが、まだちょっと信じられないでいます。学生の方は、アクティブラーニングでもない講義に出席する意味なんてあるのかということに気づいているというのに。