Hatena::ブログ(Diary)

東浩紀の渦状言論 はてな避難版

2003-10-04

残念に思う

http://bungaku.webin.jp/circle/circle_frame.html

文学フリマ参加者一覧発表。なんか、サークル案内に僕の名前も何度か出てくるし、はてな関係の知り合いも多い(多すぎるような気もする)から、ぜひ行きたい。

しかし、実は、僕はこの日、同時刻、東京都立大学の学園祭で宮台真司氏と対談しなければならないことになっているのだった。東京在住以外の読者のために書いておくと、東京都立大学の本拠地は郊外といってもかなり気合いの入った郊外で、はっきり言って東京とは何の関係もない。というわけで、時間的に駆けつけるのは無理そう。みなさん、応援してます。

しかし、宮台×東対談と文学フリマ、日程あてるかなあ。どう考えても客食い合ってるだろう。それとも、これは、仕掛け人である同大サークル幹部、前Q(はてなのidは曝すなと言われたので曝さない)の何かの陰謀なのだろうか。踏み絵なのだろうか。ここで敵味方がくっきりと分かれるのだろうか。

もうひとつ残念に思う

某誌から「『おニャン子の真のエース』うしろゆびさされ組」(メールにそう書いてあった)について原稿を書け、というすばらしい依頼が来る。本当にぜひ書きたかったのだが、いまは情報自由論の修正作業と積み上がった別の雑事で追われているので、泣く泣く断る。だれかかわりに書いてくれ。

確かに僕はうしろ指のファンで、QJで語ったとおり、中学生時代、高井麻巳子の実家を訪ねて小浜まで行ったことがある。しかし、それは公式見解?というやつで、本心では実はかなり岩井由紀子=ゆうゆに傾いていた。おニャン子解散後もひそかにフォローしていたのだが、ソロ活動は早々と終わり、クイズ番組のレギュラーやテレビ東京の温泉紀行などを経て、最後は恋愛関係で不幸なゴシップがあって消えてしまった(僕はあの件では当時マジでむかついていたものだ。ゆうゆは深夜番組で泣いてたぞ!おい、N!責任とれ!)。いまはどうしているのだろう。別のひとと幸せに結婚したのだったか……。

ゆうゆといえば、「−3℃」というアルバム「いやっ!」というアルバムがけっこう好きだった。彼女の書くなすの絵はよかった(なすがトレードマークだったのだ)。神宮球場裏や神奈川県立図書館横の小さなホールでやっていたさびしげな握手会にもきちんと行った。ゆうゆと一緒にポラロイドの撮影をしてくれるというすばらしい特典つきで、このあいだ実家から回収した荷物を調べていたら、実際に写真が出てきた。イタい。ああいうのはさっさと燃やしておくべきだろう。というかいま燃やそう。

先日の自戒を無視しての昔話。

発見する

http://d.hatena.ne.jp/yskszk/20031003

原稿楽しみにしてます>yskszkさん

それにしてもはてなユーザは多すぎないだろうか……。というより、もはや原稿の依頼基準がはてななのだろうか。

Connection: close