Hatena::ブログ(Diary)

HiGH color tuned+[e]

◎ はいからーちゅーんどへようこそ。
 とりあえず放置、たまに書くかもの適当日記。
 
 

 naminami@hct-project

 
 メールはこちら




 
HiGH color tuned+[e] HCT-PROJECT 2002-2013

2018-08-07(Tue)

富士山に登ってきました

先週末まで関東周辺に用事があったため、行ってきました。

北海道比較にならないくらい暑くてしんどかったです。

で、タイミングが一日だけ(8/3(金))空いたので、以前から行ってみたかった


富 士 山


へ登ってきました。


ただ、なにぶん登山なんてしてないし、まずほとんど運動してねえ!

という状態でどこまで行けるのか試してみたかったのと

年齢の壁がそろそろ来そうだなあと思って今やってみることにしたわけです。


ちなみに富士山には登山ルートが4つ(プリンスルートは含めず)あって、

その選択重要になります。



富士山登山ルート ※富士登山オフィシャルサイトwww.fujisan-climb.jpから引用、一部抜粋

ルート比較吉田ルート須走ルート御殿場ルート富士宮ルート
登山口標高2,305m1,970m1,440m2,380m
登山時間(約)6時間6時間7時間5時間
下山時間(約)4時間3時間3時間3時間
登山距離(約)6.8km6.9km10.5km4.3km
下山距離(約)-km6.2km8.4km4.3km
山小屋/売店191359
マイカー規制ありありなしあり
登山者数(H29夏)172,65723,47518,41170,319

一番短いのは富士宮ルートのようです。

でもレンタカー利用なので、マイカー規制重要だよな…と思った結果、

今回は 御殿場ルート を選択しました。


ただまあ、初登山かつ日帰りという状況だったので正直山頂まで行けないだろうな…と考えてました。

その程度の意識レンタカー登山の前日の夜に借りて、深夜12時すぎに登山口に到着しました。


以下、登山スケジュールです。

時間場所備考
04:30御殿場駐車場起床、登山準備開始
05:00御殿場口新五合目(1,440m)夜明けとともに出発。ご来光もよく見える
05:10大石茶屋ここから時間山小屋がないことが今後響いてくる
06:04次郎坊ここまでは順調
06:23標高2,000m地点まだ飲み物もあり、小休止しつつ登りつづける
08:19六合目(2,590m)飲み物がつきかける。そして日影がなくて汗だく状態
09:38六合目(2,830m)一旦雲の中に入ったため、少しマシに。でも山小屋がないため、飲み物補給もできず
10:28標高3,000m地点このころには飲み物がつきて、汗が止まり、脱水症状寸前に。一気にペースを落とす
10:37七合目(3,030m)ここまでに朝登山してきた人の最後尾に。ファミリーにも抜かれるレベルで体力限界
10:46七号四勺(3,050m)やっと山小屋に到着。水分補給しまくる
11:11七号四勺(3,050m)登山再開
11:50七号九勺(3,290m)山頂手前最後山小屋に到着。トイレ休憩を行う
12:00七号九勺(3,290m)登山再開。このあたりで日没までの時間のために引き返す人多数、またもや最後尾に
12:18八合目(3,400m)休憩後で少しだけペースが戻るころ。ここからがまだ長い
13:47御殿場口山頂なんとか山頂につく。やっぱ水分補給って大事。ちなみに自分の後ろには誰もおらず

ということで休憩含んで8時間47分で山頂につきました。

次郎坊〜七合目間は標準登山時間を下回ったものの、初登山ながら他のポイント標準時間どおりに通過でき、

一応目標にしてた14時以内には到着できました。(14時を過ぎそうならそのまま下山する予定でした)

ただまあ、このスピードでもたいていの登山者には抜かれて、後ろを振り返ると誰もいない…という状態

気にせず自分のペースで登山したけれど。

この中で一番きつかった区間六合目〜七合目あたりで、水筒空っぽになってのどが渇いたのに何も対処ができなかったころ。

あと長袖長ズボンだったこともあって暑くて汗が止まらなくなったのも原因でした。

水分補給重要です。。。


休憩後、体力が回復できたので剣ヶ峰やら郵便局に行って登頂記念はがきを出したりして、1時間ほど周ったあと下山を開始しました。

ただし、売店が閉店していたので、下山途中で食事等の休憩することに。


時間場所備考
14:45御殿場口山頂下山開始
15:22八合目(3,400m)先行しているグループが早すぎてついていけず、またもや一人に
15:35七号九勺(3,290m)山小屋に到着。遅い昼食をとる。足の震えが出てきて止まらなくなってくる
15:52七号九勺(3,290m)下山再開
16:22七号四勺(3,050m)足の震えでスピードダウン。まっすぐ歩くのをやめて横向きに歩くことに
16:28大砂走り入り口ここからが本番。そのままの勢いで下山できるようになる
16:44下り六号ここからさらに加速する
17:14次郎坊完全に雲の中に入り、周りの状況が見えなくなる。水蒸気のせいで全身濡れてくる
17:33大石茶屋ああ、かき氷食いたい…と思いながら通過
17:39御殿場口新五合目(1,440m)なんとか日没前に下山

ということで下山時間は休憩含んで2時間54分でした。

これでもほぼ標準に近いということは大砂走りはほんとに走るようなスピードが標準スピードなんだなと感じた。

下山時間的に気温が一気に下がる時間ではあったものの、長袖長ズボンだったために寒さを感じなかったのはよかったかと。

ただ砂が体の全体に付着したため、目が、のどが痛くなったりという弊害も。


でもなんとか無事、日没前に下山できました。

レンタカーの返却時間が20時だったので、少し休憩したら出発して関東方面に戻りましたとさ。


とまあ、富士山登山で日帰りの御殿場ルート登山をしたわけですが、時間的にはかなりギリギリだったので

日帰り登山だとなかなか厳しいなと感じました。あんまりおすすめはできません。。。


<いいところ>

登山者が少ないため、自分のペースで登ることができる。

・傾斜がゆるやかで登山としては難しくない。

樹木がなく、火山雄大風景が楽しめる。

・次の目標物やルートが遠目で確認でき、地図と組み合わせれば、だいたいの到着時間予測できる。


<きびしいところ>

登山者が少ないため、何かあったとき不安

登山口から山頂までの距離が長く、ポイント間の距離も長い。

山小屋がとても少なく、1つ目の山小屋まで数時間かかる。(もちろんそこまでトイレもない)

樹木太陽を遮るものがないため、雲がないと日光をもろに受ける。(特に朝)

・悪天候時は逃げ場がほとんどない。

東側登山道のため、夕方になると暗くなりやすい。雲がかかると日没前でもライト必要



自己責任でやって、上記時間は参考程度に考えてください。

体力に自信がある人ならいいけど、個人的にはもう少し運動しておけば…と思いました。

でも景色雄大で、人の少ない登山道ゆっくり楽しめたので1泊ならちょうどよさそうかと。


次は…うーん、ないかな。

2018-07-30(Mon)

北海道での受信状況2


さて先日のメモの続き。

やっぱり低レベルで安定してるTVhをどうにかするため、ブースターを繋げてみることに。

結果は以下のとおり。


物理ch旧受信レベル新受信レベルチャンネルテレビ局中継局備考1(旧レコーダー値)備考2(新レコーダー値)
13ch36dB36dB021NHKEテレ・札幌札幌手稲山34-3532-33
14ch16dB-20dB20dB-23dB071TVHテレビ北海道札幌手稲山12-1615-21
15ch36dB36dB031NHK総合札幌札幌手稲山34-3632-34
19ch33dB-34dB36dB011HBC北海道放送札幌手稲山29-3034-35
21ch29-30dB33dB-35dB051STV札幌テレビ札幌手稲山26-2729-32
23ch29-31dB36dB061HTB北海道テレビ札幌手稲山27-2832-33
25ch28-29dB35dB081UHB北海道文化放送札幌手稲山2531-33

飽和状態になったNHKを除いて、各局ともにレベルが上昇してなかなかいい感じに。

それでもTVhは低くて積雪時の受信状況は心配だけど、今までみたいにアンテナ線に触れただけで映らなくなるという(笑)

酷い状態から脱出できただけでも御の字。

やっぱブースター必要ですね…という結果でした。


追記

近くにある中継局電波もわずかながらキャッチするようになってました。

一応ワンセグだと全局受信できてるみたいなので受信レベル5dB以上の強さでキャッチできているようです。

ブースターがないときはレベルがまったく振れてなかったから効果はあった模様。

2018-07-26(Thu)

北海道での受信状況


さて、引っ越してきたばかりの北海道の受信環境メモときます

今回のおうちは都内に住んでた頃以来のケーブルテレビではなく、屋根アンテナから受信するタイプのおうち。

そもそも北海道CATV経由でのテレビ視聴はあんまり多くないような気がする)

そんな重要屋根アンテナですが…なんとチャンネルが足りないのです。

引っ越してきてチャンネルスキャンをすると…

1:HBCTBS)、2:NHKEテレ、3:NHK総合、5:STV日テレ)、6:HTBテレ朝)、8:UHBフジ)…


( ^ω^)・・・ん?

あっ、TVh(テレビ東京系列)がないっ!!!!!


テレビ東京がないと、アニメがっ!経済がっ!!旅番組がっ!!!



ということで九州で使ってたUDF105を持ってきてベランダに置くことに。


そんなベランダに置いたアンテナの受信状況は以下のとおり。

物理ch受信レベルチャンネルテレビ局中継局備考(レコーダー値)
13ch36dB021NHKEテレ・札幌札幌手稲山34-35
14ch16dB-20dB071TVHテレビ北海道札幌手稲山12-16
15ch36dB031NHK総合札幌札幌手稲山34-36
19ch33dB-34dB011HBC北海道放送札幌手稲山29-30
21ch29-30dB051STV札幌テレビ札幌手稲山26-27
23ch29-31dB061HTB北海道テレビ札幌手稲山27-28
25ch28-29dB081UHB北海道文化放送札幌手稲山25

ベランダに置いても圧倒的に悪いTVh電波状況。

というかおうちのあたりはなぜかTVhだけ非常に受信しずらいことがスマホを振り回してみてわかった。

(これは本来視聴者センターにでも電話するべきじゃね?と思うけれど)

そもそも山奥すぎて手稲山が見えないのに、こんなに強く受信できてるのが不思議なわけで。

本来全チャンネルがTVhレベルでもおかしくないもの

ちなみに手稲山ではない中継局がかなり近距離にあるものの、受信レベルは0dB。

原因はその中継局よりおうちの標高のほうが高いせいだと思われる。

どんだけ山奥なんでしょうね…ここだけの話毎日キャンプ場気分です。。。


で、勢いで買ってしまったブースター、つけてみるべきか。悩んでいるところ。

2018-07-25(Wed)

そろそろ恒例になってきました


お久しぶりです。

業務連絡です。


関東を離れて2年経ち…またもやお引越しでございます

なんと今度は 北海道 でございます!!(`・ω・´)


もう大移動どころではなかったのですが、なんとか…なんとか引っ越し完了して1週間がたちました。

実は、荷物が多くなりすぎたことと北海道にいる期間があまり長くないことが決まっていることから

九州内の拠点は持ったままの引っ越しとなります。(いわば単身赴任みたいなものです…家族いないけど)

なので定期的に九州に戻る予定ですが、毎月のように戻るお金もないので、

だいたい3か月おきを目安に様子を見に行く予定でいます


ちなみに録画サーバー九州に置きっぱなしなので、録画のメインは北部九州4県の番組になってます

北海道にはHDDレコーダーだけ持ってきました)

そのため、リモートでPC2台を動作させてますが、思った以上に快適に使用できてます

ちょっと停電時の動作不安は残るものの再起動等も自由自在なので、あんまり心配はしてないや。

今後大丈夫そうだったら、関東に録画サーバーを置くことも考え中です。

(ただまあアニメ関東のほうがいいとしても、ほかの番組はなんだかんだ九州のほうが好きなんだよな…)


そんなこんなで2年と少しばかり、お世話になりました。

なにかあったかなと振り返っても、思い出すのはほぼ地震に関連することばかり。

プライベート仕事地震関連ばかりの2年間でした。

どちらかといえば楽しい思い出があまりない期間だったし、あまり休みがなく働き続けた2年間だったけど

今思えば、それも必要時間だったのかもしれません。


新天地での生活は、街の様子も気候も全く違って、まだ右も左もわからない状態だけども

寒い場所が大好きな自分にとっては一度住んでみたかった憧れの地でした。

とりあえず、この生活を楽しんでいきたいと思います


あと、お祭りのほうですが…今回もパスする方向です。(´・ω・`)

前回の冬コミパスたからだいぶ行ってないな…と思ってきた。

次は…きっと…。

2017-08-11(Fri)

毎回書くのが恒例なので

あついよ

あつすぎんよ九州(;´Д`)

前置きなしで書きますが…

お祭りは二日目と三日目参加予定でする

ただどちらもあまりガチにはならずにぶらぶらしますかな…

まあ会える方いらっしゃればよろしくお願いします

 

 ☆ ここのホームページ自体、現状ここがトップページ。
 ☆ このサイトはブラウザ1028*768、Internet Exprolor5.5以上推奨
 ☆ IE系だとフォントが崩れるらしい。作ったの2004年だからしょーがない。
 ☆ 写真は上は日光で下は神奈川の大山。まさかの6年ぶりの写真更新。
 ☆ すごい見づらいのはわざとだけど、我慢してちょ。
 
  HiGH color tuned+[e] naminami@hct-project 

  ◎ メールフォームができました!!こちらからどうぞ ◎

















HiGH color tuned+[e]  HCT-PROJECT 2002-2013