バドミントン サークル healthyan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-12-31 このエントリーを含むブックマーク

プラットフォーム “ヘルシヤンと共に生きる” (Life with healthyan)

[基本理念]

1, 毎週の練習をサークルの核とし、年3回の合宿・毎月の全員参加練習・毎月イベントを開催します。

2, “仲間”(メンバー)との交流を大切にし、“仲間”が“仲間”のために貢献し合うサークルになります。

3, ヘルシヤンに参加することが、生活を豊かにすることへつなげます。 

 基本理念以外はすべて柔軟に時・メンバー・環境の要請で書きかえられなくてはならない。常に向上し、進歩し、新しい可能性からの革新を達成していきます。

そのため、以下の3つの綱領を掲げます。

I. へルシヤンは、イベント(合宿、全員参加練習、イベント)を重視するサークルになります。

サービスからサークル、コミュニティー(共同体)への転換です。

コミュニティへ転換するためには何が必要か…ユニクロを運営するファーストリテーリングの柳井正社長はこう述べています。

「全員経営についてお話します。ユニクロが創業からここまで成長してきた大きな要因は、全社員が経営者マインドを持っていたからです。(中略)本当に企業を変革して大成長させようと思えば全社員が経営者になる必要があります。」

ヘルシヤンでは、サークルを充実させるために当事者意識を持ってもらい、そこから生まれる意識・行動がメンバーに貢献します。

II.  ヘルシヤンは、メンバー男女比が1:1で効率良く練習・試合ができるサークルを目指します。

男ダブ・女ダブ・ミックスが毎週開く練習でできるようにします。

各メンバーがバドミントン技術の向上ができるよう、切磋琢磨するようにします。

バドミントンのレベルで門戸を狭めすぎることなく、一人一人が”ヘルシヤンと共に生きる”を体現できるようにします。

III.  ヘルシヤンは、IT(Google)を駆使しインタラクティブ(相互)性を高めます。 情報は全メンバーが隔てなく共有可能にし、参加する人がより多くをヘルシヤンから得られるようにします。

Googleカレンダー、Gmailなどで練習・イベントおよびメールアドレス等の情報を共有することで、コミュニケーションをより円滑化し、運営部およびイベント運営者の事務負担を軽減します。

<ヘルシヤンプラットフォームとは?>

ヘルシヤンの目指す方向を明文化し共有すること。

ヘルシヤン運営部 

2010.12.26 第一項

2011.2.16 第二項