Hatena::ブログ(Diary)

 蛇作日記+  このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

貧乏漫画家 吉田蛇作の日記です

2016-03-22

姫勇者と黒の魔女

| 22:41 | 姫勇者と黒の魔女を含むブックマーク 姫勇者と黒の魔女のブックマークコメント

けっこう前からじわじわ製作してたファンタジーエロ漫画がようやく完成しました。「姫勇者と黒の魔女」のタイトルで、今月末までには、DL販売を始めようと思ってます。

f:id:hebisaku:20160322205633j:image

こんな感じのビキニアーマーさんがヒロインの漫画です。もし興味があればよろしくです。


余談ですが、最近のカラーイラスト技法として、前髪の透明感を表現するために、前髪の色に顔の肌の色をまぜてグラデーション表現するというのが、流行してるようでよく見かけます。

流行ってるのは意識してたんですが、なんとなく好きではなかったので今回の漫画の色塗ってるときには、どうしようかな〜と思いながらも、やめときました。

が、全部完成してから、気まぐれでちょっとためしてみました。

f:id:hebisaku:20160322220954j:image

右がもともとの僕の塗りかたで、左が件のテクを使っみた塗り方です。

思ったよりいいかも。なんというか、主線が強いので、効果が十分でない気もしますが。

次回カラー漫画塗るときはこれ使っていこうかな。

2016-03-11

甲状腺癌

01:43 | 甲状腺癌を含むブックマーク 甲状腺癌のブックマークコメント

昨日の報道ステーションで福島の子供の甲状腺癌の特集をやってたのを見ました。

既知の統計とくらべてかなり大きな頻度で子供の甲状腺癌が発見されたという話で、はたして原発事故と因果関係はあるのかどうかというお話についてですね。まあ、素人の印象としては、やっぱり因果関係あるやろと思ってしまうわけですが。

でも次にでてきた医者が過剰診断という概念を説明してくれました。要は、本来は子供の甲状腺癌は自覚症状ないし進行も遅いので、発見されない。けれども原発事故が起こったために、すべての子供に癌検診をおこなったので、本来なら発見されない癌が発見され、見かけ上の癌発生の頻度が増えた。と、いう論理のようで、素人の印象として、大いにありうるなあと思ったわけです。

で、思ったんですけど、原発事故の影響が少ないであろう、例えば九州の子供とかに甲状腺の検診したらいいんじゃないですかね。過剰診断で見かけ上癌がたくさん発見されただけというだけなら、九州の子供からも福島の子供とおなじぐらいたくさんの癌が発見されはず。国なり東電がお金出して実施したらええのに。

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]

2016-02-18

夜を這いずるもの

| 04:04 | 夜を這いずるものを含むブックマーク 夜を這いずるもののブックマークコメント

おもしろい映画を観たときくらいブログに記録しておこう。

ということで、「ナイトクローラー」をレンタルしてきて観たんですが、おもしろかったです。

ナイトクローラー [Blu-ray]

ナイトクローラー [Blu-ray]

意識高い系サイコパスがダーティなやり口で底辺から成り上がる物語。とはいえ、いわゆピカレスクロマンとかノワールというジャンルではない気がする。なんか個人的にはあまり観たことがないような味わいの映画ですねえ。主人公の造形が絶妙というかリアルというか、ジェイク・ジレンホールの怪演もあって、変な不安感と気持ち悪さを感じつつ、ドキドキしなが観ました。後味も最高に悪い。

直接的にはマスコミ業界を扱ったお話しなんですが、マスコミ業界にとどまらず、現代社会の闇の一面を描いてるような気がする映画であります。



そして、ナイトクローラーとは関係ないんですけど、最近クローンウォーズをレンタルして観てたんですよね。クローンウォーズスターウォーズのエピソード2とエピソード3の間の時代を描いた、3Dアニメのテレビシリーズで、なかなかクオリティが高くておもしろいんですが、シーズン4までみてから、続きのシーズン5がいきつけのTSUTAYAに置いてないことに気づきました。ふぁっく。

日本のアニメと違って、シーズン5、20話くらいだけど5000円以下で買えるし、買ってもいいかな〜とも思うけど、どうせ一回しか見ないだろうな〜、でもストーリー的には一番盛り上がるところなんだよな〜、と迷います。

ていうか、ドロイドを使って戦争する分離主義勢力と、クローン兵を使って戦争するジェダイを比較したら、倫理的に悪党なのはジェダイだよなあ。

2016-02-08

紫色の怪異

13:47 | 紫色の怪異を含むブックマーク 紫色の怪異のブックマークコメント

最近、実話系怪談の類の本を何冊か読んだんです。

山怪 山人が語る不思議な話

山怪 山人が語る不思議な話

鬼談百景 (角川文庫)

鬼談百景 (角川文庫)

残穢 (新潮文庫)

残穢 (新潮文庫)

残穢は長編実話系怪談という感じの仕掛けがおもしろかったです。映画みにいきたいけど、近所でやってない。

山怪は怪談というよりも山での不思議な話を収集したような本です。これ、読んでて、僕の母が子供のとき鬼を見たという話を思い出しました。

母は田舎の農家の娘だったんですが、小学生低学年ぐらいのときに友達と山に柴を拾いにいったそうです。そのときふと目線を上げると鬼が仁王立ちしてこっちを睨んでいて、母と友達はびっくりしておっしっこちびるような勢いで集落まで走って逃げたという。いかにも昔話にでてくるような感じの鬼だったそうで、金棒らしきものもってたらしいです。友達も見たので幻覚ではないと。だれかのいたずらなら、ドッキリのネタばらしがありそうなものだけども、そんなものもなく、まったくなんだったのかわからないと不思議そうにしてました


僕自身はなにも不思議な経験なんかしたことないなあと考えたら、ひとつ思い出しました。

4,5歳のときのことだと思うんですが、当時僕の家は和式のくみとり便所でした。そこで金隠しにまたがってうんこをしてたんです。

すると自分の尻から、すごい勢いでピンポン玉と軟式野球ボールの間ぐらいの大きさの紫色の物体が飛び出して、便器に当たって跳ね返り、便所の穴に消えていきました。子供ごころに今のはなんなのだと思って、今も記憶に残っておるわけです。

まあ、すごい勢いで飛び出した固めのうんこといえばそれまでかもしれないんですが、いくら固めといっても便器に当たってきれいに跳ね返るものだろうか。パコーンって感じで跳ねてましたし。色も紫だし。それに今になって考えてみると、うんこが飛び出したとして、それが便器に当たったのが見えるような角度で飛び出すのはおかしくないだろうか。

謎である。

2016-01-01

あけましておめでとうございます

11:08 | あけましておめでとうございますを含むブックマーク あけましておめでとうございますのブックマークコメント

f:id:hebisaku:20160101110736j:image

去年は身内に不幸があったんですけど年賀状じゃないしまあいいか!

今年はいいことあるといいな!

北海道熊です。北海道熊です。 2016/01/18 23:45 明けましておめでとうございます。
お元気ですか?
久しぶりに明道館に行って来ました。
きれいになってましたよ。

hebisakuhebisaku 2016/01/20 00:14 ども、そこそこ元気です。
明道館…懐かしいですなあ。
空調完備でトイレは水洗になったと風の噂で聞きました。