日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2018-09-25

臭いものに蓋。

|

 <新潮45休刊>突然の決断、予想超えた批判

 性的少数者(LGBTなど)への差別的な表現について批判を受けていた月刊誌「新潮45」が25日、最新号の発売からわずか1週間、また佐藤隆信社長によるコメント発表から4日で休刊に追い込まれた。回収や続刊号での謝罪などを飛び越えた突然の決断の背景には、同社の予想を超えた批判の広がりがある。■ 出版不況を背景に「右傾化路線」を取る出版物は増加傾向にあり、「新潮45」も反リベラル色を強めてきた。だが、保守系の雑誌だけで経営している出版社と異なり、文芸が中軸の新潮社がマイノリティーを蔑視しているととれる極端な特集を組んだことの波紋は大きかった。経営面への影響も懸念され、同社は迅速な処理をせざるを得なかった。(後略)(9/25(火) 21:42配信 毎日新聞)


 素早い決断を良しとするか否か。

 確かにLGBT批判に対する擁護特集はやりすぎではあるけど、表立って発言はできなくともそういう風に思っている人は確実にいる。それが今回特集されたことで、LGBT差別に対して理論武装を促すことになるのは決して良い事ではありません。しかもそれを吹けば飛ぶような出版社ならともかく大手出版社が行うのはリスキーだということは編集部でもわかっていたはず。それとも休刊に追い込まれるほどの事とは思っていなかったとしたら、見識の甘さを疑わざるを得ない。機を見るに敏でないといけない雑誌編集者がこのような状況とは、出版業界も落ちぶれたもんです。もっとも、いまだ従軍慰安婦問題で誤報を流し続けた反省の色のない大新聞社もあるので、出版界だけがおかしいわけでもありません。

 新聞は報道ですからできる限り私情を交えずに真相に迫り羞恥をさせることが存在意義なわけですから、朝日新聞のやったこと(やっていること)は、新聞としての立ち位置を自ら否定しています。しかしながら雑誌はそうではありません。いろんな意見を載せて戦わせることもこういった言論雑誌であれば大切なこと。それを外圧に屈して即休刊というのはいかがなものかと思う。外圧は暴力と一緒です。デモやシュプレヒコールやいたずら書きをされ、考え方が合わない作家が離脱していく。出版社といっても会社ですから、売上を生み出す作家さんに逃げられたら白旗をあげざるを得ません。しかし一方で、逆意見を次号に載せることもできたのに、休刊にすることでそれを放棄した。

 追い詰めた方も莫迦だけど早々に休刊を決めた新潮社になんの気概も感じられない。

 議論を避けていたらなにもはじまらない。

 封印されているいくつかの作品も封印、放送禁止にすることで議論を避けている。暴力や強権によって封印するのは愚の骨頂です。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180925

2018-09-24

連休最終日も弓。

|

なんか、弓ばっかやってんなぁ…。この3連休は、初日:医者行って弓の練習→2日目:試合→3日目:練習(2時間だけど人数少なかったので30射以上)。

自他ともに認める多趣味(自分的には中途半端という意味(^_^;))なわたくし、最近改めて弓道の面白さを感じている次第。やっと猛暑が去って、弓引いてても汗をそんなに良くなったってのも理由ですが…。ほんと暑い中での弓の練習は苦行、更に和服とか着なきゃいけない時は、絽の襦袢、着物を着ていても辛い。

 弓に矢を掛けて遠くに飛ばす。

 それだけの行為なのに初心者には難しく、まず的を掛けてある安土にすら届きません。下手すると腕や耳、女性だと胸を弦で打ったりして危険です。口元まで引く洋弓(アーチェリー)は、矢を飛ばす為、的に中てる為の様々な進化をしていますが、和弓はそういう進化をせず、すべて射手の技量習熟に寄っています。どう考えても道具として優れているのは洋弓です。 和弓はスポーツじゃないと思う。

 矢を飛ばすだけでも大変なのに、それを28m先の36cmの的に中てるのはなかなか難しい。見た目動作もゆっくりなので簡単そうにみえるけど、見るとやるとじゃ大違い。今日も結局羽分け(射た数の半分)届かず。悩みは深くなるばかりです。

 

 否、何事も突き詰めていけば難しい事ばかり。

 昨日一緒に試合に行った弓友、御年76歳。始めたのは70歳手前。とてもきれいな射をします。私は20歳以上年下。体調も万全ではない現在、その年まで弓ができるとは到底思えません。弓をやってらっしゃる方、結構高齢の方も多くほんとすごいです。

 来月から、残業制限が掛かり、19時にはPCがシャットダウンされます。PCなくては仕事になりませんから内勤をしている時は19時には退社することになります。通勤が片道1.5時間かかっているので、それで帰っても20時半だから、まぁウィークディに何かするのは厳しいけど。ただこれまでよりも余裕ができるのは確か。仕事以外の時間を有効活用して、より楽しい人生にしたいもんです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

 

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180924

2018-09-23

連休2日目は試合出場

|

 第64回層別弓道大会(一般男子・称号者の部)に参加。団体参加ではなく個人参加なので会のメンバとはバラバラのチーム。4矢を1回行ない2本中りで足切りされます。2本以上中った人は次の4つ矢ができ計8射中の中り数で競います。同中の場合は競射。

 結果××〇×で爆死。一次予選敗退。もともと落(一番後ろの立ち位置)だったのに、欠席者がおり、次の組の大前(一番前)、しかも三人立×4射場計12人の先頭、目の前には大会委員長以下先生方がお並びで、緊張したら、入場は間違うわ、その後の段取りもめちゃくちゃだわで、1本目は掃く体たらく。それでさらに緊張して、弓を立てるのを忘れてご指摘を受ける始末。スーパー緊張の中で次の一手の甲矢が中り、次も行けそうでしたが枠に蹴られてアウト…。

 基本試合とか苦手なんですよね。

 秋は試合が目白押し。来週は市民大会があるので、今度はいい結果を残せたらいいなぁ。というのもやっぱり邪念。。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

 

ひ〜様ひ〜様 2018/09/24 11:32 試合お疲れ様でした(^0^)/スーパー大前だったのね(^^;)僕は大勢引き連れて入場するから何か気持ちよくて好きです。今週末の秋季弓道大会でリベンジですね(^-^)僕も参加します。いっしょに楽しみましょうね(^^)

heehee 2018/09/24 19:15 >ひ〜様
私、大前は嫌でもないのですが、スーパー大前はすごく苦手です。なんか責任が重すぎて…。ただ気負っているだけなんですけどね。
来週の市民大会は会から20名近く参加のようで最大勢力かもしれません。頑張ります〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180923

2018-09-22

医者のはしご。

|


 先週の出張中、奥歯左上クラウン(かぶせた金属)が外れて、出張直帰し歯医者に滑り込みセーフしてみてもらった。とりあえず接着してもらうだけと思ったら、想像以上に根っこの部分が傷んでいて新しいクラウンを作ってもらうことになった。で仮歯の方撮りと本歯の型取りが必要の為40分必要とのこと。で今日その日となった。ちなみに来週で完了。

 頭も顔も悪いけど、痛いのが嫌いなのでちゃんと治療はしていますが、歯はさらに悪い。小さい頃から歯医者にはよく通っています。奥歯は殆どかぶせもの。

 最近は、見た目よくカバーできるようですが、ここ10年通っている歯医者さんに言わせれば、見た目をよくする場合、金属ではなく硬質プラスチックを使う手もありますが、金属よりも弱く厚めに作る為、余計に歯を削らないといけないそう。どうせ奥歯は金属なので、金属で問題ない。この際なので007に出てくるジョーズみたいにぜんぶ金属でもいいくらい…やりすぎ。

 

 午後は無呼吸の2ヶ月に1度の定期健診。前の週までにCPAP内のSDカードを送付し、そのデータをもとに先生とお話をする。CPAP装着している間は問題なし。当たり前です。

 たまにCPAPつけずに寝ちゃうことがあって、かみさんから「呼吸止まってる」と言われる。長いと死んじゃうから、付けて寝るようにしないとね。

 なんか、歯(の外側)は自分の歯ではないし、寝る時は外部装置を付けないと生命の危険が(少し)ある、っていうのはなんともサイボーグ気分です。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180922

2018-09-21

「屋上物語」

|

屋上物語 (祥伝社文庫)

北森 鴻著・祥伝社文庫

(平成11年初版(nonnnovel)、番外編を加えた文庫版初版平成15年)

 私の年代は、デパート(というのも死語だなぁ)の屋上遊園地を知る最後の世代かもしれない。

 お金を入れて仮面ライダーやウルトラマンの背中に乗り、だた前後に動くだけの簡単なものから、小さなメリーゴーランド、観覧車とかあって、デパートにお買い物に連れて行ってもらう楽しみのひとつでした。

そんなデパートの屋上には、ソフトクリームとかちょっとした軽食を食べるコーナーもありました。舞台のデパートの屋上にあるうどんスタンドは、スタンドとは思えない極上のうどんを硬貨数枚で食べることができる。供するのは、強面のさくら婆ァ。この物語は、彼女とやくざ者の杜田、高校生のタクちゃんが屋上で起きる事件の謎を解いていく短編連作ミステリー。

 語りは一人称で進みますが、語り部が一風変わっていて、その屋上にあるお稲荷さんの駒狐や観覧車、ピンボールマシン、人知れず祀られた小さな地蔵様。屋上で起きる様々な出来事を静かに見守っているが、それを登場人物に伝えるすべはない。

 北森鴻お得意の連作短編。7話の物語で一つの物語のゲストが次の物語の需要人物になる構成が面白い。番外編は主人公の一人タクが受験に失敗したと同時に失恋をして家の車と母親のへそくりを勝手に持ち出し家出をした先での話。ここでの語り部はタクが彼女に貰った受験のお守り。

 北森鴻はこの本が出た7年後早逝しており、続編はもう書かかれることはない。

 この後、さくら婆ァや杜田、タクちゃんはどうなったんだろう…。

 この舞台となった"屋上のうどんスタンド"は、池袋西武本店屋上にある「かるかや」がモデルとのこと。一時TVにも取り上げられたほどの有名店。もちろんスタンドらしく価格は数百円ですが、絶品らしく今も多くのお客さんがついているらしい。ただ、そこにさくら婆ァはいない。一度行ってみたいなぁ。

屋上物語 (祥伝社文庫)

屋上物語 (祥伝社文庫)


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180921

2018-09-20

これもまた愛の形

|


内田裕也が妻・樹木希林さんへ追悼コメント発表「啓子 今までありがとう。見事な女性でした」

15日に死去した女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子)さん(享年75)の夫でミュージシャンの内田裕也(78)が20日、所属事務所を通じてコメントを発表した。■「最期は穏やかで綺麗な顔でした。啓子 今までありがとう。人を助け 人のために祈り 人に尽くしてきたので 天国に召されると思う。おつかれ様。安らかに眠ってください。見事な女性でした」 樹木さんとは1973年10月に結婚したが、同居したのは最初の約1年半だけ。その後は別居状態を続けながら、つかず離れずの独特な夫婦関係を築いてきた。(後略)(スポーツ報知・9/20(木) 16:42配信)


 樹木希林さん。穏やかでありながら激しさを感じる個性的な女優さんでした。全身の癌転移を公表したのは2013年3月のことでした。以来、闘病生活を続けていたと思うのですが、その間も精力的に映画に出演されていました。

 ロックでファンキーなご主人、内田裕也は2回目の旦那。最初の結婚相手は、「血を吸う眼」や「傷だらけの天使」の辰巳などの名優、岸田森とは初めて知りました。

 私が記憶にあるのはなんといっても 「寺内貫太郎一家」のおばあちゃん沢田研二のポスターで身をよじりながら「ジュリ〜〜〜(>_<)。」という姿。いまだに目に焼き付いています。その時はまだ旧芸名「悠木 千帆」でした。芸名をオークションで売る番組も不思議な思いで見た記憶があります。そして後番組「ムー」で樹木希林として出演。テロップで「悠木 千帆改メ」とあったのもまた不思議な感じでした。

 内田裕也とは、1年半の同居生活の後死ぬまで別居。1981年に内田裕也が無断で離婚届を区役所に提出するも、樹木は離婚を認めず、離婚無効の訴訟を起こし勝訴。一時は絶縁に近い状態のようでしたがその後は一緒にCMに出たりなんとも不思議な夫婦でした。

 内田裕也の最後の言葉は、妻に対しての最高の賛辞です。好きだからこそ自由にする。それでも手綱は握っている。そんな感じ。一緒にいるから愛し合っているとは限らない。これもまたひとつの愛の形。他人がとやかく言う事ではないということですね。

 樹木さん。楽しいドラマ、映画をありがとうございました。同じ時代に生きることができてよかったです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180920

2018-09-19

「MM9―invasion― 」

|

MM9―invasion― (創元SF文庫)

山本 弘著・創元SF文庫

MM9シリーズ2作目。1作目は連作短編でしたが今作は長編。1作目、面白いかなと思い読んでみたもののいまいち乗れず続編のこれ買ってたんですが"積ん読"状態でしたが、このところ巨大台風に大きな地震があったりして、ちょっと気になり読むことに…。


「MM9」の"MM"は「Monster Magnitude(モンスター・マグニチュード)」のこと。地震でM9といえばマグニチュード9。この世界では、毎年日本列島を襲う台風のように、頻繁に怪獣がやってきて、災害をもたらします。災害なので、対応する国の機関は気象庁。中でも特に怪獣災害に対応する部門が"気象庁特異生物対策部"略称「気特対」という部署。そこで怪獣の分析や災害予測を行います。省庁の性質上、戦闘能力や治安出動をする事はできず、自衛隊や警察、自治体へのアドバイスを行うのが主たる任務になっています。

 今回のお話しは1作目の2話で登場したMM4.6、96トン、体長20メートル、外見は10歳程度の人間の少女怪獣6号 固有名「ヒメ」。1作目の事件の後、140cm程度の体長になり、つくばの気象研究所で保護観察されていたが、知的地球外生命体"ジェミー"に寄生されて、地球を襲う怪獣を倒すために再度巨大化して戦うことになる。出来たばかりの東京スカイツリーを目指す怪獣との一騎打ち。これがまた手に汗握る展開で小説なのにまるで怪獣映画を観ているようい面白い!

 だいたい怪獣ものっていろんな理屈をつけてる時間がないので、言葉足らずでそれが子供だまし的に扱われる所以でもあるんですが、気特対の性格として怪獣出現の分析を行う事で、絵空事の怪獣物語に理由付けを付けています。これがまた「そういうのもありかも…」と思わせてくれます。

 毎週のように怪獣がやってきていた70年代。地震にしても津波にしても台風にしても、人が死に家が壊されて、確かに怪獣災害と何ら変わらない被害が出ています。そういう意味では、不謹慎ですがこういうアプローチは全然ありです。怪獣映画が好きな人には特におすすめです。

「MM9」はTVドラマにもなりましたが、見ておらず。DVD出てるみたいなので探してみようっと。

MM9―invasion― (創元SF文庫)

MM9―invasion― (創元SF文庫)


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180919

2018-09-18

安易な変更はしないで。

|


京急が46駅の新名称募集、数駅変更も 小中学生対象に

 「産業道路駅」の新しい名前をつけてください――。京急電鉄は同社創立120周年記念事業として、沿線に住む小中学生を対象に、同駅(川崎市川崎区)の駅名変更案を募集する。駅の地下化に伴い、近くを通る通称「産業道路」と呼ばれる県道とのゆかりが薄くなるための措置。都内や横浜市にある45駅についても新名称を募集し、数駅について新駅名を検討するという。■京急によると、名称変更案の募集対象駅は、都営浅草線と共同使用になっている泉岳寺を除く同社の72駅のうち46駅。品川や横浜、上大岡など他社線との乗り換えの最寄り駅になっていたり、川崎大師や金沢文庫、三浦海岸など、公共施設などへの最寄り駅として広く認知されたりしている駅は対象外となっている。(後略・9/18(火) 19:03配信 朝日新聞デジタル)


 最近ネーミングライツとかいって、球場名とかがコロコロ変わってわかりにくい。駅名はランドマークでもあり、歴史的なものもある。だからなくなってしまうようなもの、例えば会社や店の名前、(「〜前」みたいな)名前を駅名に付けるのは昔から反対。「向ヶ丘遊園」もうないし、「よみうりランド」だっていつなくなるかわからない。都立大学も学芸大学もすでにないけど駅名はそのまま。小田急のバス停「原店前」原店(はらみせ)が無くなってもう10年以上たって、デイサービスになってる…。

 基本は地名が良いと思うけど、地名すら行政が変えてしまう。新宿駅があるのは淀橋、角筈だったりしたのにいまは西新宿。安易に名前を変えたりするのってどうなのかなぁ。そもそも安易に名前つけてるからそういうことになる。名前の重みを考えてほしい、と思います。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180918

2018-09-17

「冨田勲 映像音楽の世界 SOUNDS OF TOMITA」

|


 東京国際フォーラム・ホールC。

 一昨年亡くなられた冨田勲さんは、作曲家としてたくさんのTV、映画の楽曲を書いています。勿論日本におけるシンセサイザーの第一人者で、東海林修さん、冨田勲さんが二大巨頭ですが、冨田さんの「惑星」「月の光」「展覧会の絵」などクラッシックのシンセアレンジはちょうど中高生の頃でかなり影響を受けました。

 そんな冨田勲さん。シンセ以前は、「リボンの騎士」「ジャングル大帝」などのアニメ主題歌から「マイティジャック」「キャプテンウルトラ」などの特撮TVの曲、みんな知ってるNHK「今日の料理」「新日本紀行」、大河ドラマ(「花の生涯(63年)、「天と地と」(69年)、「新・平家物語」(72年)、「勝海舟」(74年)、「徳川家康」(83年))の音楽などを手掛けており、恐らく冨田勲の名前を知らなくても一度は聞いたことのある名曲を作曲した人。

 私はオタなので、「マイティジャック」「キャプテンウルトラ」の音楽が好きすぎて、今回の参戦に至りました。

 生オーケストラで聞く冨田サウンドは、鳥肌立ちっぱなし。「キャプテンウルトラ」での男声合唱と杉並児童合唱団、かっこよすぎです。「マイティジャック」は映像に合わせ主題歌からBGMを繋げた組曲形式。これがまた(>_<)。

 観客もご紹介された中野昭慶特技監督だけじゃなく、庵野監督や樋口監督、私の数人前に並んでいた評論家の氷川竜介さん、などなど有名な人もたくさん駆けつけていました。


 その後有楽町で感想会、で更に新宿に移って生バンドカラオケと、充実した3連休最終日でした。。

 明日からまた仕事、頑張れそうな感じ(^_^)v。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180917

2018-09-16

月例会

|

これから弓友宅で久々のBBQ。へべれけになるほど呑むので今日は早めに更新。

ちょっと専門的な話になります。備忘の意味でかきますので、わからない人はごめんなさい。

連休2日目は、所属する弓友会の月例会。今日は昇段者の認許状が全弓連から届き、その認許授与があったので、総勢30名の大人数でした。

昇段された方おめでとうございます。

というわけで人数が多く、通常は一手1回、四矢競技形式二回の計10射ですが、四矢二回の計8射で競うことに。

1位は7/8射、2位〜4位は4/8射で遠近競射、5位は、13人もいて、最初は射詰で的中者残しその後遠近競射となりました。5位決定戦に絡み、最初の射詰は残したものの(5人/13人中)、次の遠近で掃くという…(^_^;)。詰めの甘さが相変わらず露呈…。


 昨日も練習に行ったのですが、先月くらいから手の内が気になり始めて、修正をしています。

 月刊弓道8月号に手の内のことが書かれており、まさに我が意を得た感じで最近実践しているのですが、なかなか慣れません。

 取懸けをする際に"円相"を作り、大木を抱えるように、とよく言われますが、これをすると、手の内でもっとも重要な、天文筋と弓の外竹が離れてしまいます。基本天文筋と外竹を離さない事で弓が安定するわけですから、ここは打ち起こしの時には既に外さず弓手と弓は直角になっていないといけない。今まで、大木を抱えるように、とか、円相とかいうから、大三に入るところで天文筋に弓が嵌る感じになっていて、ただこれですと矢どころが乱れます。斜面打起こしをするとそれがない、なぜだろう…と思ったら、取懸けの段階から天文筋と外竹がしっかりとあっており、そのまま打起こし、大三、会と天文筋と外竹が外れることがありません。正面打起こしも同様にやることで、弓をしっかりと的に向けることができる。確かに巧くできると思ったところにちゃんと矢が着く。

 なんだけど、なかなかうまくいきません。これちゃんとできるようになったらすごく中る、はず。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ

ecotanecotan 2018/09/17 22:44 昨日はありがとうございました。
立射の競技方式は、あのスピードについていくことに必死で、いつも気ばかり焦ってしまいます。
今回は、後ろでheeさんがいろいろと声をかけてくださったので、緊張が随分和らぎました。
ウルトラマンの眼鏡だから飛んで行く...というのは面白かったです(^^)
今月末に試合があるので、頑張ります。

ひ〜様ひ〜様 2018/09/18 07:37 BBQ途中で帰ってm(_ _)mでした。そして、みんなからの素敵な還暦祝いありがとうございました。みんなの気持ちが嬉しくて涙がでてきました(TT)ところで、月刊弓道の8月号の取り懸けの手の内についてですが、うちの会の講師のS先生は、随分前から講習会で同じことをずっとおっしゃっていました。あらためて凄い先生なんだな〜と思うと同時に、言われたことを実践できていない自分が情けないです。トホホ(^^;)

heehee 2018/09/18 21:23 >ecotanさん
月例会お疲れ様でした。競射まで進んで素晴らしかったです。同じ立は初めてでしたかね?試合の時は、前の人を追い越さなければ無効にならないので間合いを見てやれば大体うまくいきますので緊張しなくても大丈夫です。ウルトラマンコラボの眼鏡、弓道の時に使うと必ず飛んじゃって、最初に掛けた支部講習会の時も見事に矢道に飛んでいきました。そういう運命の眼鏡なのかもしれません。。
再来週の秋季大会、私もエントリーしています。楽しい大会になるとよいですね。

>ひ〜様
赤尽くしの弓具セット見たかったなぁ。使ってくださいねw
faceに私だけupしましたが、あの後が面白かったんですよ〜。
手の内の件もですが、弓道って教える先生毎に言い方がまちまちで、でもおそらくみんな正しい。それをどう解釈するか、実践して試行錯誤するしかないと思います。最近課題になっているのは、手の内と離れ。これがまともにできればもう少し的中率も上がるんですけどねぇ…(^_^;)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180916