日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2016-09-23

「君の名は。」100億突破。

|

f:id:hee:20160830082923j:image:w360

 映画「君の名は。」、興行収入100億円超える

 新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」が22日までに774万人を集め、公開28日間で興行収入が100億円を超えた。東宝が23日、発表した。興行通信社によると、日本のアニメで100億円を超えたのは、宮崎駿監督の作品以外では初めて。邦画全体でも現在歴代9位となり、今年に入って公開された映画ではトップとなった。(朝日新聞デジタル 9月23日(金)13時30分配信)


 新海誠作品をずっと見続けている私としては、やっと認められたと感慨深いものがありますねぇ。

 お話しそのものは王道中の王道。変化球一切なし。絵の綺麗さでいえば、「秒速5センチメートル」や「言の葉の庭」の方が上のような気もしますが、ストーリーの起伏、わかりやすさは判然こちらの方が上です。非の打ちどころがないというと言い過ぎだけど、少なくともこれまでの新海作品よりも起承転結がしっかりしています。

 細かいことを言えば、こんな設定ありえない、とか、登場人物が今の年を意識しないとか、絶対知っているべき大事件を意識していないとかありますけど、そこはそれ、ファンタジーですから目を瞑って、この世界にdどっぷりとつかってしまえばよい。

 「聲の形」も良いのですが、いかんせんデートで観るにはテーマが重い。

 公開3週で100億越え。まだまだ伸びそうだけど、「千と千尋の神隠し」の300億を越えちゃう??いやいや、そこまで行くと次回作が大変だからここら辺で押さえておきましょうw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160923

2016-09-22

「聲の形」

|


f:id:hee:20160922231944j:image:w360

(公開直後なのでネタバレ要素ないです)

 08年に第80回週刊少年マガジン新人漫画賞を受賞し、受賞作としていつも通り雑誌掲載されるはずが、「聴覚障碍者に対するいじめ」というナーバスな問題で掲載が見送られた。担当編集者が会社や聴覚障碍団体と話し合い、了承を取り付け、2011年にやっと掲載されたという、"いわくつき"の作品。その後、2013年に週刊少年マガジンに作者本人により読切短編としてセルフリメイク、これをベースに翌年から再度リメイク、週刊連載され、全7巻で完結しました。

 受賞作版から見ておりました。連載版のコミックスも買っていましたが、この作品は考えさせられる内容なので疲れている時に読めず、結局1,2巻を読んで残りの5巻はそのまま積読状態でした(^_^;)。

 今回の映画化は、「涼宮ハルヒの憂鬱」の京都アニメーションが手掛けるということで、制作発表当初から期待していましたが、期待にそぐわぬ良い出来でした。

 全7巻の物語を約130分にまとめているので、すべてのエピソードを網羅するのは不可能。それでも破綻なく物語が紡がれていて、なによりも耳の聞こえない西宮さんの心の動きだけでなく、周りの人間の心情をも目の動きや表情で表されていて、胸が締め付けられる思いを感じることができました。2時間の中で、何度うるうる来たことか(T_T)。

 男女の恋愛という意味では大ヒット上映中の「君の名は。」と比べられがち。「君の名は。」は公開3週目にしてずっと1位キープ、興収100億行きそうな勢い。デートで観るなら「君の名は。」の方がお勧めですけど、「聲の形」もそこそこヒットして欲しいです。

 

 

D

 

 

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160922

2016-09-21

2日休んで6連休。

|


 火曜水曜は、仕事の関係でやすみを取りやすい。というわけで無事6連休ゲットしています。

 昨日は実家に。

 一人暮らしの母親の調子が悪く、大学病院に連れていく。検査だけど即入院といわれ、2人で焦り、とはいえ、一刻一秒を争うというわけでもないとのことなので、来週入院の手続きをとる。

 いままで、入院などしたことのない母親もショックだったらしいけど、家に帰って、訪ねてきた友人に「来週から入院するの」と早速報告していて、ちょっとわくわくなんじゃん。と思った。というか、治療入院とかじゃないんだから、大げさに入院入院と騒がないでほしい。無理だろうけど。

 私には姉が一人いるけど、2人とも離れて暮らしている。その為こういうことがあるとどちらかか行って付き添いが必要。足腰も弱り、文字を書くのも一苦労。病院も車なら1時間弱ですが、電車だとまず最寄り駅まで歩き電車に乗ってまた歩きという大変さ。タクシー使えばいいじゃんと思うけど勿体ないから嫌らしい。

 

 親を田舎に残して、暮らしている人って今多いと思う。今回は検査入院ということだけど、今後、病因が分かり、治療となるとどちらかが付き添う必要があり、また、日常生活でも支障が出ないとも限らない。

 本格的に介護が必要になってきて、こちらの生活と仕事との両立をどうやっていくか、色々考えないといけない感じ。

 親と同居が当たり前の昔なら…と思うこともありますが、一緒に暮らしていても自営でもない限り外に仕事に出ているわけで、妻が専業主婦で介護を担当してもらうということでもない限り、同居していてもしていなくても一緒。家族による介護というのも相当な負担と社会問題になっていたりします。自分の親だし、何とか時間を作っていろいろ手伝いに行くようにしないと…。しばらく遊びもセーブ。。

ひ〜さんひ〜さん 2016/09/22 16:28 一様、わたしは高齢者福祉専門のソーシャルワーカーです。わたしでよければ、いつでも相談してくださいね。

heehee 2016/09/22 23:31 >ひ〜さん
ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160921

2016-09-20

「ガブリエルの猟犬」

|

ガブリエルの猟犬 (クラッシャージョウ13)

クラッシャージョウシリーズ13・高千穂遙著・ハヤカワja文庫

 勢力争いを繰り返した結果、ロボット犬が主人であっても寄せ付けないほど自立進化してしまった惑星に残された古代金貨コレクションの捜索が今回の任務。前巻に引き続き「神拳 李酔竜」の双子の美女鈴鈴と蘭蘭が登場。彼女たち竜の一族のライバル、虎の一族も登場ときて、せっかく1年の自主訓練と装備の充実をしてパワーアップしたクラッシャージョウチームの活躍が完全に食われてしまうという本末転倒さ。

 それでも、8年振りに復活した前々巻「水の迷宮」から徐々に往年の面白さを取り戻してきているのも事実。是非このままかつての面白差を取り戻していってくれればいいなぁと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160920

2016-09-19

「恵比寿麦酒祭り2016」

|


恵比寿ビール工場跡地の恵比寿ガーデンプレイスで行われている、「恵比寿麦酒祭り」に行ってきました。今回で8回目だそう。今日が最終日でした。

限定先行販売の「ヱビス 和の芳醇」をはじめ、珍しいビール、定番のビールと、少しずつ味の違うビールががたくさん飲める。

常設の「ヱビスビール記念館」にもすこしだけ行く。本当は説明ツアーにさんかしたかったのだけど、既に予約でいっぱい。しかたないので併設のビアバーで飲む。ここでも「パーフェクトヱビス」とここでしか飲めないビールが飲めて満足。

来年もあったら行きたいです。。

Sさん、誘ってくれてありがとね。(^^)/。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160919

2016-09-18

「江口寿史のお蔵出し 夜用スーパー」

|


 

江口寿史のお蔵出し 夜用スーパー (CUE COMICS)

江口寿史・2010年初版

江口寿史の単発ものやエッセイ漫画、始めたものの数回で中断した作品を集めた本の第2弾。第1弾の「江口寿史のお蔵出し」も持っていたのですが、BOOKOFFで偶然発見。出てたことすら知らなかった…。

江口寿史の描く女性イラストはすごくいい。ギャグセンスも悪くないのだけど、飽き性なのかまともに完結した作品が皆無という。「エイジ」も「エリカの星」も「パパリンコ物語」も完結することはないんだろうなぁ。

「を、江口寿史の新作連載開始」→「また休載かよ〜」の繰り返しで、この人にストーリー漫画を完結させる事を期待してはいけないんだけど、毎回期待しては裏切られてました。

1話完結のギャグ漫画は、ちゃんと1冊にまとまっている「寿五郎ショウ」「何とかなるでしょ」はコミックとしての完成度も高いです。でもなぁ、やっぱり観たいんですよ、「エイジ」の続き。


この本は、そんな渇きを癒すどころか、更に続きが読みたくなる作品がまた増えるという、最悪な本です。

でも江口寿史の描く女性はやっぱりいかわいい。

残念至極。

江口寿史のお蔵出し 夜用スーパー (CUE COMICS)

江口寿史のお蔵出し 夜用スーパー (CUE COMICS)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160918

2016-09-17

「アンノ対ホノオ」

|

f:id:hee:20160918154245j:image:w360

 島本和彦・16夏同人誌

 漫画家の島本和彦が「シン・ゴジラ」の総監督庵野秀明と大学時代同級生だったというエピソードは、TVドラマ化もされました自伝的漫画「アオイホノオ」で十二分に描かれています。勝手に庵野秀明にをライバル視しているホノオ(島本和彦)。今回の「アンノ対ホノオ」は、「アオイホノオ」の番外編で、ホノオモユルがトンコさんと一緒に「シン・ゴジラ」を観て、庵野に敗北宣言?をするという話。

 まず、表紙から笑わせてくれます。上が「アンノ対ホノオ」の表紙で、

 「シンゴジラ」の表紙がこれ↓

f:id:hee:20160918154246j:image:w360

しかも「シンゴジラ」のポスターがこれ↓

f:id:hee:20160804184900j:image:w360


 パロディですw 中身は「アオイホノオ」のキャラクターのホノオ君とトンコさんではなく、柳楽優弥くんのやっているホノオと山本美月のやっているトンコさんが似顔絵で語る。脳内で、あのドラマの声で再生されます。最高です(>_<)。これこのままスペシャル番組やって欲しいです。


 絶対一般の出版社から出ることはないでしょう。

 ちゃんとした漫画家さんでもさすがに通常のルートで出版できないものを同人誌として自ら販売する。「アンノ対ホノオ」も夏のコミケで買おうと思って1時間以上並んだのに目の前で島本和彦自ら看板に「完売!」の文字を書かれ、落胆してたところ、個人サイトで通販してくれて無事ゲット。

 「アオイホノオ」好きで、シンゴジを観た人(見てない人はまずいないと思いますがww)是非見てほしいです。そういう人には超お勧め。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160917

2016-09-16

「シン・ゴジラ」感想6とスピンオフストーリー

|


 大ヒット御礼「名台詞ステッカー」が配布されるということで、ついに4回目観ちゃいました(^_^;)。既に公開から1ヶ月を越えているのに週末レイトショーで3分の1くらい客席埋まっているというのは結構すごい事なんじゃないかと。

 個人的には、ロードショウ期間中に同じ映画を4回も毎回お金を払って観たのは、人生初です(昔は入替制ではなかったので、一度入館してしまえば、何回観てもよかったのです)。


 公開から1ヶ月、ネット上にもネタバレ考察された内容がずいぶん上がる様になってきました。そんな中でスピンオフ的なショートストーリーがtwitterにあって、私もうるうるしてしまいました。以下転載します。


「『無人在来線爆弾』の裏であったかもしれない、鉄道マン達の葛藤と奮闘」


 これなぁ、私「シン・ゴジラ」見て、あの在来線爆弾のシーンで涙出てきたのな。ちょうどアレなのよ、東日本大震災の後の、三陸鉄道に関する本を読んだ後だったから。三陸鉄道の北リアス線と南リアス線だったか、震災の時にとんでもない大被害を受けて、それでも鉄道員の人たちは「一日でも早く復帰させるぞ!」って死にものぐるいで頑張って。停電で社屋使えないから、列車の発電機使って車内を本部として、わずか5日で一部区間ながら運転を再開させたのよ。かつて知っていた景色からあまりにも変わり果てた瓦礫の街を横に、運転士さんは涙を流したのよ。でも、生きていた住民の人達は、「鉄道が来た!」と、涙を流して喜んだのよ。このまま自分たちの故郷が消えていくのかと不安になっていた人たちに希望を与えたのよ。それから三年間、三陸鉄道の人たちは苦労に苦労を重ね、ついに全線を復活させた。ただの仕事だからというだけではない、鉄道とは街と街をつなぎ、人を運ぶ、社会の最も重要な土台なのだと、それを守る尊さを知る者達の、強い使命感があればこそなのよ。


 きっと「シン・ゴジ」の世界の鉄道員たちも、自分たちの総本山である、百年この東京を見守り続けた東京駅が踏み潰され、悔しさに涙しながらも「必ず復活してやる!」と誓ったと思うのよ。でもそんな彼らのもとに、「使わせてくれ」と、要請が来たのよ。

 「この車両は、私達にとって、命・・・いや、我が子も同然、それをわかった上で、そのようなことをおっしゃっているのか?」と、鉄道員達は自衛隊員に問うたと思うのよ、静かに頭を垂れ、自衛隊員(多分小林隆さんあたり)は「はい」と答えた。

 ゴジラが踏み潰した東京駅には、たくさんの多くの人々の思いが交差した場所だった。戦時中、戻ってこなかった兵士。疎開で離れ離れになった親子。集団就職で震えながら降り立った若者。夢をいだきそして夢破れ去っていった者・・・何千万といいう様々な人々があの地を訪れた。

 そんな場所を、ゴジラは踏み潰した。憎しみでも怒りでも享楽ですらない。「ただそこにあって邪魔だったから」くらいなもの。壊したという自覚すらない。あの場に染み付いた百年の思いを否定した。そんなバケモノに一矢報いれるのは、人の思いを運び続けたもの以外にない。

 作戦前夜、鉄道員達は誰ともなく集まり、旅立つわが子たちを徹底的に整備した。ほんの僅かなミスもさせるものかと、ある者は思い出を語り、ある者は涙をこぼした。そして当日、引き渡しの時、彼らは頭を垂れ、「どうぞ、よろしくお願いします」と、やって来た自衛隊員たちに託した。

 自衛隊員達は敬礼をもって応え、「決して、無駄にはいたしません」と受領した。そして作戦開始ーー破壊神を思わせる暴虐の怪物は、激痛に身を捩らせ、悲鳴を上げる。それを中継で(あったとしたら)見ていた職員たち、「見たかゴジラ! そいつらは強ぇえだろ!」と戦うわが子たちを拳を握って見守った。

 全てが終わった後、職員は瓦礫の中、ボロボロに焼け焦げた在来線の破片を拾う。「痛かったろうなぁ・・・熱かったろうなぁ・・・ごめんなぁ・・・ありがとうなぁ・・・」破片を握りしめ、ボロボロと涙をながす。そして、あらためて誓う。「必ず、この場所を、かつてのようにしてみせる」と。


 という裏のドラマを想像すると涙が止まらなくなった。だからアレなんだよ、「ゴジラにニンゲンドラマがない」とか聞くと、「え〜〜〜!?」って思っちゃうのよw(SOW@新刊五巻発売中!!さん @sow_LIBRA11 2016-09-09 09:52:56〜10:21:23 )

f:id:hee:20160917140636j:image:w360

(イラスト妖介 @gurumeda さん)

 

要はそういうことなのです。

今回のゴジラ映画、ゴジラが出てくるのは全体の半分もありません。ほとんどが会議、閣議、事務方の打ち合わせ等々裏方ばかり。国外100か国以上での配給も決まったようですが、先行している国での評判は芳しくないという話です。

そりゃーそうです。怪獣が大暴れするカタルシス映画を期待していったら、ゴジラに銃弾1発撃つだけで総理大臣の許可を得るまでの承認作業を延々と見せられても???となるに違いありません。

しかし、画面にゴジラの出ていない時こそ、ゴジラの存在を感じるという二律背反な状況がこの映画にはあるのです。「いないのに、確実にいる」でもその感覚は唯物的思考の人には理解できません。

登場人物が、ゴジラ対策の事のみに集中している画面を観ることで、それぞれのバックボーンを観客が想像する。台詞がある人は勿論台詞のないない人にまで思いを馳せることができる。そういう“余白”みたいなものを感じさせる映画といえます。


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160916

2016-09-15

終わりの始まり。

|

 

 野党第1党の民進党代表選挙は、1回の投票で過半数を獲得した蓮舫参議院議員が代表となった。二重国籍問題が解決したわけでもないのに、なんでそのまま代表選挙を続けてしまったんだろう。

 当初、蓮舫は、自分は日本人だ(確かに日本国籍を取得している)とか、台湾国籍は抜いたと明言もしていた。それを笑って「勘違いでしたすいません」では、すまないでしょう。

 しかも台湾籍でありながら、大陸に思いを寄せ、日本人の夫がいて姓がありながら、名乗らず旧姓の謝蓮舫を名乗っている。

 若い頃から、雑誌やTVで二重国籍であることを誇りにしたような発言をしていて「知りませんでした」とは、信じられません。知っていたからこそ、いろいろな場面ではぐらかしたり、誤魔化したりしていた。

 そういう人を代表に戴くことを良しとした民進党の愚劣さは、筆舌に尽くしがたい。これを多様性ということで支持した外野も同罪。日本の舵取りをする政治家が二重国籍なんてありえません。多様性というのは、こういうときに使う言葉ではありません。

 蓮舫に投票したのは、同じ日本人だと思っていたから、という人も多いに違いありません。しかも彼女は、「帰化した」といったり、「帰化じゃありません、国籍取得です」と言ったり、挙句の果てには、自身のhpの「帰化」という表記を知らない間に消していたり、やることが姑息です。

 

 事業仕分を舌鋒鮮やかにやっていた時は、なかなかかっこよかったけど、結果的にコンピューター開発は彼女の母国である中国に遅れを取り、様々な日本国内の基礎研究が外国の後塵を拝するようになり、災害監視網も十分な予算を与えられずに、死ななくてもいい命があったに違いありません。

 「『二重国籍者は国会議員になれない』という法律がないから、違法ではない」という言い分で国民を欺こうとしたのも心象がよくない。そういう意味では舛添元都知事だって、違法なことはやっていない(少しはあったかもしれないけど)。違法か適法かという問題は、実は日本ではさほど気にされません。結局法律なんて人間の作ったもので、そもそもそれほど重要に思っていないのが実は日本人。勿論法律は守るけど、それよりも大切なのは、「お天道様が見ている」という考えだと思う。そういう意味では、今回の蓮舫の動き、民進党員の動きは、お天道様に顔向けできないんじゃない?


 滑舌のいい元モデルに騙されたままの民進党は、完全にチェックメイトへの道を選んでしまいました。まさに今日が“終わりの始まり”。心ある議員の方もいると思うので、そういう人は早めに泥舟から降りますように祈っています。

ひ〜さんひ〜さん 2016/09/16 08:56 全く同感ですね〜。ところで、彼女も豊洲移転の盛土問題での石原元知事の発言もそうなんだけど。データアーカイブのIT技術が進歩している今日、昔、言ってたことなんか簡単に検察して分かっちゃうのにね。浅はかというか....。厚顔無恥というか....。トホホだね。

heehee 2016/09/17 14:43 >ひ〜さん
ロッキード事件の昔じゃあるまいし「記憶にございません」は通用しませんよね。まして記憶にあるのに誤魔化しているのがバレバレ。そういう人を代表に選んでしまう。しかも利益相反する国との二重国籍なんてそもそもそういう人が国会議員として市民の代表になっているということは法律がおかしい。一説では、二重国籍の国会議員がは他にもいるらしく、立法府である国会でそれを規制する法律ができるわけないという最悪な状況。せめて国会議員になれるのは日本国籍のみを持っている日本人ということにしないと本当に日本沈没しかねません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160915

2016-09-14

物欲が止まりません。

|


 この秋は物欲の秋になりそう。というか既に秋の入手に向け、せっせと注文しまくってます…((((^_^;)

 大人のオタクは始末に負えません。注文していてこれから届くものを列記しますと、次の通りです。


今日頼んじゃった。「30周年記念盤 ゼルダの伝説 ゲーム音楽集 (2枚組)【豪華BOX・差し替えジャケット16種類封入】(ICカードステッカー付)」

これは9月28日だから再来週に届きます。ゼルダの音楽は、これまでソフトのおまけ、雑誌の付録でしか出ておらず、販売されるのは初めてじゃないかな。ゼルダフリークにとっては必須のアイテムです。

 で、5月に頼んだのが10月13日発売予定「食玩スーパーミニプラ 伝説巨神イデオン-発動セット」既に品切れの様子。この食玩シリーズ、出来の良さで定評があって、昔アオシマで出ていたイデオンプラモはあちゃー(>_<)な出来だたので、期待です。

 それとやっぱり頼んじゃったけど、シン・ゴジラ資料決定版「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」

9月中旬から11月5日に発売延期が発表されましたけど、内容が更に充実しそうで、うれしい延期です。さすがアンノ。

 つい先日頼んだのが、12月14日発売予定「クラッシャージョウ Blu-ray BOX (初回限定生産版) 」待ちに待ったんだもの。それにしてもいくら限定版とはいえ2万超は高いよなぁ。

ボーナス約4万の出どころが既に決定しています(^_^;)。


とはいえ、5月の連休明けから禁煙していて、今日までで節約できた金額が30,960円。まぁ12月まで禁煙すれば、これくらいは余裕で払えるくらい節約したことに…。

もう煙草吸いたくても前借しちゃったようなもんなんで吸えません。これも作戦々々ww


これ以外にも、コミケで買えなかった「アンノ対ホノオ」も注文済(まだ届いていない)。

式貴士の未発表作品集『死人妻 増補改訂版』を今さっき勢いで注文。

弓道の矢もそろそろ新しいの買おうかなと思ってるんだけど、どうしよう。

ウォークマンも最近バッテリーの持ちがよくないから新しいの欲しいなぁ。

いかんなぁ。物欲魔人状態だ…。

すずむし’64すずむし’64 2016/09/15 21:52 クラッシャージョウはちょっと足元見すぎな価格設定ですよね(; ̄ー ̄A 高くても買うと思ってるんでしょうねぇ・・・(ー_ー;) まぁ、買いますけど(笑)

heehee 2016/09/15 22:57 >すずむしさん
ほんとですよね。前のDVDCompleteBOXも定価は1.62万と高かったけど、今回は2.7万ですもんね。もう予約しちゃったけど(^_^;)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160914