日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005-10-29 まさこさま

今日は授業参観でした。

今、小学校は、土曜日休みですが、

今日は授業参観のために、午前中の4時間を父兄に開放し、

来れる時間にいつでも見に行けるような形態でした。

我が娘も神妙に授業を受けておりました。

また、授業参観にあわせ、習字、工作等々を廊下に展示してましたが、

そのファンキーぶりに爆笑でした。

掲示物の中に、

「回文を作ってみよう!」というのがあって、

「きつつき」「トマト」「しんぶんし」などと

いかにも小学生らしい回答が目立つ中、我が娘の回答は

「いかたべたかい」

まぁ、回文という問いに対して、

「上の3つよりはちゃんと文になってんじゃん」

と、思いましたが、それにしても、なんか、

ひもじい思いをさせてるようで、親としてはちょっと複雑・・・。

で、うちの子の作品の隣にあったのが、

「まさこさま」

確かに、

上からよんでも、

「まさこさま」

下から読んでも、

「まさこさま」

雅子様も子供の頃言われてたのかなー。

「やーい、上から読んでもマサコサマ。下から読んでもマサコサマー」って(^^;)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20051029

2005-10-18 ほらねー

hee2005-10-18

やっぱりおんなじこと考えてる人がいましたー。

うれしい。

しかし何者なのかね、村上。

楽天の三木谷さんて、同い年なんだよねー。

Livedoorホリエモンに至っては年下・・・。

片や会社の社長で、サッカーチームと球団のオーナーで

今度はTBSまで自分のものにしようとしてる。

TBSといえば、

「金八先生」「ふぞろいの林檎たち」など好きなドラマの多い局。

ラジオ局もあり、

今は「伊集院光日曜日の秘密基地

深夜放送「パックインミュージック

「一慶・美雄の夜はともだち」

あーお宝の宝庫だぁ。

ほしいよーTBS。

でもあたしはしがないサラリーマン。

アイゴー。いつ差がついたのかなー?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20051018

2005-10-16 似てる・・・

hee2005-10-16

久しぶりのカキコなのにくだらない話題ですいません。

村上ファンドの村上さんと欽ちゃん。

似てると思いませんか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20051016

2005-10-02 ジョーク発見。

hee2005-10-02

大笑いしました。

転載いたします(一部最新情報に更新しました)。

『国民性ジョーク』

・・・・・・・・・・・・・・・・

「ある日、日本人を怒らせようと、

 アメリカ人ロシア人、韓国人、北朝鮮人、中国人が賭けをしました。

 ・

 まずは韓国が、海上に勝手に(国境)線を引き、

 そこを越えた日本人漁業者を拿捕し、数十人が死んでしまいました。

 その上、日本領土の島を勝手に自分の領土といって、自国民にも

 その考えを浸透させて日本を悪者にしようとしました。

 ・

 でも日本は怒りませんでした。

 ・

 次に北朝鮮が挑戦しました。

 日本人を拉致し、麻薬、偽札、等々をつかって日本社会を混乱させました。

 さらに、大陸間弾道ミサイルを日本をまたいで2度も打ち込んだり、

 ミサイル練習を日本に向けてみました。

 ・

 でも日本人は怒りませんでした。

 ・

 ならば、私がアジアを代表して・・・とばかりに大国・中国が挑戦です。

 国境線に隣接する場所での天然ガス田開発や一国の首相との約束を前日ドタキャン。

 その上、自分がもらうODAの調印式を欠席のままはんこだけもらおうという暴挙。

 更に原潜の潜行状態での領海侵犯をしました。その上、自国民の教育、思想に関する

 執拗な内政干渉・・・。

 

 他の国々も『さすがにこれだけ虚仮にされればさすがの日本も黙っていないだろう』と

 固唾を呑んで見守りました。

 ・

 でも日本は怒りませんでした。

 ・

 次は仲良しのアメリカの番です。

 終戦から60年以上も経っているのに首都を囲む様に軍を駐在し、

 貿易自由化を迫って自由化主食用穀物自給率は60%、カロリーベースでは

 なんと40%にまで減ってしまい、いまや日本国内で生産されるものだけでは、

 国民を飢え死にさせる迄になってました。勿論先進国では最低基準です。

 更に、危険なBSE感染牛肉まで輸入させようとしています。

 ・

 これには日本も少しは抵抗を示しました。各国は、やはり賭けはアメリカの勝ちかと

 思いました。

 ・

 でも日本は怒りませんでした。牛肉もいいなりになりそうな気配です。

 ・

 すると、いままでじっと様子を伺っていたロシア言いました。

 『もう核しかないな、日本を怒らせるのは・・・』

 アメリカが言いました。

 『それ、もうやった』」

 ・

 ・

 ・

 そんな日本が大好きです。

 ・

 でもさー、もうちっと、しっかりしてもらいたいよね(苦笑)。

 つーか、笑い事じゃないよ。ほんと。

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20051002

2005-10-01 アニソンのこと。

今日は定例アニソンの会でした。

最終13名が集合しました。

最近のアニメの主題歌は昔と違って、タイトルを連呼したりせず、

ほとんどJ−POPのタイアップ曲となっていて、

2、3ヶ月でオープニングとエンディングが変わってしまいます。

私が歌うのは、ほとんどの場合、

小さい頃に見た作品が多いのですが、

他の方々はアニソンにかける意気込みが私とはかなりスタンスが違い、

観たことがなくても良い歌は良いと、

何処からか調べて歌われるのです。

そんなもんだから、カラオケ好きに良くある現象で、

「俺これ、カラオケで誰々さんが歌ってるのしか聞いた事ないんだよねー」

という現象がしばしば起きます。

というわけで、私もここで知った曲で、いいなぁと思った曲を

後追いで憶えるケースが最近多いのです。

で、昨日も琴線に触れた曲がいくつかあったのですが、その中で、

「君は僕に似ている」っつーのが、まー涙が出るくらい良い歌詞だったのですなぁ。

特にこの部分。

(略)

どうしても楽じゃない道を選んでる

砂にまみれた靴を払うこともなく

こんな風にしか生きれない

笑って頷いてくれるだろう 君なら

(中略)

君の姿は僕に似ている

同じ世界を見てる君がいることで

最後に心なくすこともなく

僕を好きでいられる

僕は君に生かされてる

どうやら、新しいガンダムの曲らしいのですが、

いい歌詞です。

アニソン侮れませんです、はい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20051001