日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005-11-26 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

今日は、土曜日。

明日は、出張。

週一度の休みのはずが、

只今、出勤の同僚から電話。

「熱が下がらないので、変わってくださいー」

せっかくの休みがぁ・・・

来週は忙しいから代休も取れないし(T.T)

辛いです、はい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20051126

2005-11-23 おらと一緒にぱらいそさいくだぁー

hee2005-11-23

諸星大二郎「妖怪ハンター」という連作シリーズを知ってますか?

そのなかの一つ『生命の木』が「実写映画化!(映画名「奇談」)

公式hp→http://www.kidan.jp

この漫画読んだのは、中学生の頃で措置にトラウマとなる程

衝撃的でした。

東北の隠れキリシタンに伝わる「世界開始の科(とが)の御伝え」という古文書が発見されたことから物語が始まります。

異端の考古学者稗田礼二郎(ひえだれいじろう/映画では阿部寛)がこの地方を訪れると時を同じくしていような殺人事件が起こります。

殺されたのは離れ村に住む善次。しかも骨山という山の頂で十字架に磔にされていたのです。

で、この古文書には普通の聖書にはない内容が書かれています。

つまり、

神様が最初に創ったのはアダムとエヴァとジュスヘルの3人だったと。

エデンの園には善悪を知る木と生命の木の2本がはえていて、

アダムとエヴァは善悪の木の実を、ジュスヘルは生命の木の実を食べてしまった。

ジュスヘルの子孫は、神の如く不死となりある時期が来ると生きたままいんへるの(地獄)に落ちる。救世主(キリスト)がくると救われる。

という話し。

お察しと思いますが、

殺された善次(じーざす=きりすと)、骨山=カルヴァリオ=ゴルゴダの丘なんです。

このなかで、善次が復活していんへるのに落ちた人を天国に連れて行くシーンで出てくるのが、冒頭の言葉です。

どんな感じで映像化したのか、結構見てみたい。

全国一斉ロードショーじゃないから家の近くでやらないんだよなー。

会社帰りに見に行こうかなー、時間ないよなぁ。

僕もぱらいそ、つれてってほしいです、はい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20051123

2005-11-22 欠陥マンション

hee2005-11-22

最近巷を賑わせている欠陥マンション。

震度5強で倒壊って、そーいえば今年あったなー震度5強。

デベロッパーに建築請け負ったゼネコン、設計事務所元請と下請けと

もう責任の擦り付け合い。

売ってんだから、まず責任あるだろーデベロッパー。

欠陥マンションの売主は3社あって、

1社は、すべて売価で買戻し。

1社は引越し代だけ持つ。

1社は解体建替&その間の費用は1人当たり7,000円・・・。

わたしゃー悪くありませんって顔で記者会見すんなっつーの。

ひとり7,000円って、ビジネスホテルで生活しろっつーのかい!

ローンは止まらんし・・・。

姉歯ー、おまえもだー。いい加減な仕事してんじゃねー。

というわけで、まずはゼネコンが不渡り。

このあと続々と関係者が倒産して、結局、マンション買った人たちは泣き寝入り

なんだろうか・・・。

「ローンがあと33年あるんですー」

いやー他人事だから、笑い話だけど、自分だったら蒼いよなぁ。

という話をカミさんとしていたら、

要は、東京23区内で駅から歩いて10分以内100平米のマンションが3000万ちょいで買えると思うなってことなのよ」

冷静なご判断です、はい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20051122

2005-11-15 風邪ひいたー(>_<)

昨日は朝から調子が悪く、

こりゃ風邪ひいたかなぁと思ってたら、

だんだん朦朧としてきて、

excelで資料作って「よし完成」と思ってexcelを

閉じると保管されていないことが3度も続き、

こりゃだめだーと、早退してきました。

今日も鼻が詰まって呼吸困難、熱もあるようで、ぼ〜っとしてます。

こういう時、サラリーマンは休んでも有給休暇というのがあるから

本当に便利。

自営ですと、1日休んだら1日分の実入りがないんですものね。。

そば屋とかやりたいなぁと思ってたんですが、

こういう根性なしじゃ難しいですなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20051115

2005-11-05 大虐殺(T.T)

hee2005-11-05

最近久しぶりに

スーパーファミコンの「SimCity」をやってました。

もう10年以上前に一度50万人都市を作って、

とりあえずマリオ像ももらったのですが、

再チャレンジ、してたのです。

別に先を急いでいたわけではないので、

1年くらいかけて、やっと36万4千人まで増えてました。

そ・れ・を!

・そりゃ確かにほっといた私もいけなかった。

でもね、ココまで増えると、減税してしばらく電源いれっぱなしで

ほっとくのも作戦なのね。

ファミコン電源きっといたよ」

「へ?」

「またつけたままで忘れてたでしょ。もうやめてよねー」

「あれはわざとああしてたのー!TVは消してあったでしょ」

「あららーごめんねー、でもまたセーブしたとこからはじめればいいじゃん」

「そりゃまーそーだね」

といったんは納得した私。

本日電源いれてみてびっくり。

ファイルがない!

そーだよなーファミコンってリセットボタン押しながら電源切らないと

セーブデータ消えたりするんだよねー。

あーあー、仮想都市とはいえ364,000人の無辜の命を

一瞬のうちに消し去ったわが妻・・・。

悪魔です(T.T)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20051105

2005-11-03 「生協の白石さん」

をご存知ですか?

(本人にその気はまったくないのに、)最近巷を騒がしている

市井のひとです。

お仕事は東京農工大生協の職員さんらしいのですが、

生協への意見要望カードに投稿されるあらゆる質問に

真摯に(ユーモアを交えつつ)どこまで本気なのかわからない

回答を下さる内容が、学生さん(?)の手によってBlog化されています。

http://shiraishi.seesaa.net/category/411170.html

Q.愛は売っていないのですか?

A.どうやら、愛は非売品のようです。

もしどこかで販売していたとしたら、それは何かの罠かと思われます。

くれぐれもご注意ください。(白石)

こんな感じでどんな質問にも気持ちよく答えてくれます。

今度「本」にもなるとか。

印税は誰のものになるのかなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20051103