日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006-04-30 もんじゃ

小さい頃の話。


近所に駄菓子屋がいくつかあって、

そのうち3軒くらい、もんじゃをやっている店があった。


最近もんじゃというと具沢山のものを想起するけど、

その頃のもんじゃはぐなんてほとんど入っていないものだった。

強いて具と呼べるものは、

天かす

紅しょうが

切りいか


程度で、値段は30円だったかなぁ。

卵を入れると別料金(50円)なので

家の冷蔵庫からくすねてもって行きました。


だから、したり顔でもんじゃの作り方

(「まず具でどて作ってー云々」)を聞くと

「へ、昔は土手なんか作んなかったよ!」

といいたくなってしまう。


もんじゃの語源は一説によると

文字焼(溶いた小麦粉で鉄板の上に文字を書くことから)というそうだ。

(あくまでも一説)


だから最近のもんじゃは確かに豪勢だけど

こんなのもんじゃじゃない!という

気持ちもあるんです。


大体30円のもんじゃが1000円もするなんて・・・。

昔のもんじゃが懐かしい・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060430

2006-04-29 『そして粛清の扉を』を読む

hee2006-04-29

『そして粛清の扉を』黒武 洋 新潮文庫 を読む。


学園バイオレンスというと『バトルロワイヤル』が筆頭だが、

この作品はその趣とは異なる。


どちらかというと、『ごくせん』の真逆パターンという感じ。

超ワル高校の超ワルクラスの担任が、

卒業式の前日、

クラス全員を粛清していく。

だいたい、青春ドラマは、ワルが熱血教師の一生懸命さに感化されて

いい子になってしまうというパターンが多いが、

今の子どもはそんな風に一緒に熱くなってくれないんじゃないか、

表(学校や親の前)ではいい子にしていて、裏ではトンでもないことを平気でやる。


そんなゆがんだ子どもたちに反省を求めるのは無理だ。

「むしゃくしゃしていたから、クリーニング屋を襲った」

「先生がやさしくなるかと思って給食のなめこ汁に薬を入れた」

「親に学校に行けと言われ、うるさいので殺そうと思った」

今月だけでこんなことが本当に起きている。


自分の子どもを見ていても、

常識がないっつーか、年齢に応じて本来身に着けておくべき社会性みたいなものが

身についていないような気がします。


いったい何が原因なのか。

社会か、親か、学校か、環境か・・・。

勉強の出来不出来も大切だけど、社会常識、ルールを身につける事が大切だと思う。


とまぁ、そんなことを考えさせられる小説でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060429

2006-04-28 半休。

hee2006-04-28

午前中だけ休み、とか、午後だけ休みのことをうちの会社では『半休』といいます。


今日は、2週間毎の定期健診と先日来痛かった歯の治療に行く予定で

半休をとったのですが、


本来12時には早退していなければいけなかったのに

結局午前中に仕事が終わらず、会社を出たのが2時30分。

予約の時間から2時間送れで医者に到着し、

検診終了後、家路に着こうとしたら、取引先からTEL。


「今メールをしたので今日5時までに確認お願いします!」


今4時。5時からは歯医者だ。


仕方がないので、駅のベンチ(近くにマックとかがなかった)で

モバイルPCでネットにつないで原稿の校正をおこなう。


電話でやり取りをし、とりあえず、修正を依頼する。


その後、歯医者。


神経抜いた歯なのに、その下(歯の根の部分)が悪くなっていて

痛くなってるらしい。

女のセンセでとっても親切に教えてくれました。

でも完治までにはしばらくかかるとの事。

で、治療中にも電話鳴りっぱなし。


終了後電話をしてみると、修正原稿をメールで送ったので見てほしいとの事。


こんどは、座るとこすらない。


とにかく家までそっこー帰って、PCオン。


なんだかんだのやり取りが終わった時、8時を回ってました。

これでも、やっぱり半休扱いになるんですかねぇ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060428

2006-04-27 甲府出張も何回目?

hee2006-04-27

甲府エリアを担当して早3年。

ほぼ毎月甲府に行っていながら、

まだ『煮貝』を食べたことありません。


最初は「にがい」って何だ?

と思ってました。


どうやら鮑を煮たものらしいということまでは突き止めたのですが、

結構高いものらしく、お土産やさんに行っても

1万円もするので手が出ません。

ワイン

もも

までは口に入れたのですが・・・。

旬の硬いもも・・・洗って周りのケバケバを落として皮のまま食べた。うまかった。

あと、ワインも葡萄農家のカタが自分で飲むために作った一升瓶に入ってて、

ラベルもなにも付いてない奴。うまかった。


山の国の海の珍味・・・

あぁ、煮貝たびたいよう・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060427

2006-04-26 歯が痛い!

hee2006-04-26

つーか、

奥歯は全てかぶせ物して完璧に治してるのし、

右奥が昨日から疼いて痛いよう(T.T)。


明日は出張で、

お客さんの前で1時間お話しないといけないのにぃ。


ちょっと今、私の身体を病んでいるものを整理。

甲状腺

と頭と顔って感じ・・・


おあとがよろしいようで・・べんべんって、痛いよう(>_<)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060426

2006-04-25 いな・ばうあぁさん

hee2006-04-25

今更ですが、

イナバウアー」ってなんだろーなー

変な名前だなぁと思ってたら、

人の名前だったんですね。

ドイツのフィギュアスケートの選手、

イナ・バウアーさんだったんですね。


どーも、

イナ=稲

と頭に思い浮かんでしまい。

稲バウアーってなんだ?と思ってたわけです。


それにしても、

荒川静香選手のイナバウアーは美しい。

なんであれが加点対象にならないのか疑問です。


フィギュア詳しい人教えてください。


(今日の写真は噂のイナ・バウアーさん)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060425

2006-04-24 (>_<)

hee2006-04-24

やべ。

また風邪ひいたみたい。

昨日鼻水人間だったので、花粉かなぁと思ってたら、

今日はのどが痛くて、始終「ぼーーん」と耳鳴りがしてる。


あさっては出張だし、明日もやることいっぱいあるし。

頭も痛いので今日はもう寝ちゃおーっと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060424

2006-04-23 花粉症?

hee2006-04-23

今日は一日だめでした。(>_<)。

もー鼻水たらーで、終日鼻にティシュを詰め込みマスクしてました。

昨日も仕事だったし、

こんな時はゆっくりしたいものですが、

大急ぎの仕事で、昨日、会社からPCを持って帰ってきて

ついさっきまでかかってとりあえずMail発信して終了となりました。


会社からモバイル環境のPCを支給されておりますが、

まぁ良し悪しですな。

でも、明日まで!とかゆわれて、

せっかくのお休みにわざわざ会社に行って仕事するのもなんだし、

そーゆー意味ではお茶呑みながら、音楽聴きながら

ちんたら仕事をするのも

其れがそれでわるくないかな。


って、休みの日に仕事をしてるってことがそもそもの間違いのよな

気がするけど・・・(;^_^A

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060423

2006-04-22 つれづれ・・・。

hee2006-04-22

人と人との関係性の中で

「相手の身になって考える」っつーのは基本だと思う。


人間なんて結局他人だから、相手が何を考えてるかなんて

わからない。


だから、少なくとも自分がこう言った(行動した)ら、

相手にとって喜ばしいことか、いやなことか位は考えて

発言したり、行動したりしないといけないと思っています。


ところが、自分に余裕がなかったり、

相手がそんなことお構いなく、ずけずけと人を傷つけるような

行動、言動があると


「相手がその気なら、こっちもそれなりの対応させてもらおうじゃねーか」


と思ったりする。


でも、やっぱそれが諍いの始まりだったりするわけで、

ここではひとつ自分が大人になって、

基本通りの行動をしないといけないと思ったりします。


うーん、抽象的ですいません。

でもまぁ、そんな感じで日々を送っていますです、はい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060422

2006-04-21 『八甲田山 死の彷徨』を読む。

hee2006-04-21

八甲田山 死の彷徨』新田次郎著 新潮文庫を読む。

八甲田山の映画は、中1の頃映画館に行ってみました。

その後TV放映も1度は見たと思うので最低2回は観ている。


本好き映画好きの私は大体映画化されたものの原作は読むのですが、

この八甲田山は映画としても好きな作品なのに、

小説は映画を観てから30年近くたって初読という

異例の作品になってしまった。


というのも、『八甲田山』は良くできた映画で

鬼気迫る行軍遭難のシーンが完全にトラウマとなり、

雪山嫌いになってしまったんですね、私。


それでも、『私をスキーに連れてって』で多少は回復したものの

実際にスキーに数回行きましたが、特に夕方暗くなると、

もうスキーなんてやってられない程の恐怖に見舞われたのでした。


あ、で、この原作。

勿論名作です。小説読んでるだけなのに、雪の八甲田にいる感覚を

憶えます。


そうそう、映画『八甲田山』も夏の公開でしたが、

なんか妙に寒気がしたのを思い出しました。



あれ、小説の感想にぜんぜんなってないや。


でも、これは(特に夏に)お勧めの1冊です。

(説得力ないなぁ・・・)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060421

2006-04-20 『MOTHER3』

hee2006-04-20

『MOTHER』は糸井重里作のゲームで、

ファミコンで1

スーパーファミコンで2

が出て以来12年ぶりの新作だ。


大体ファミコンやったのがもう15年以上前で、

2の時までは情熱あったし、

その頃の糸井さんといえば

徳川埋蔵金に熱中し、

いつまで経っても2が出ないと思ったら、

ゲームの中に望月建設(徳川埋蔵金のお手伝いをしていた地元の土建屋さん)を

モデルにしたもっちー兄弟を出したり。


それでも2は面白かった。


3は、Nintendo64で出るとかいって

幕張でやったイベントではテスト版もできたのに

いつの間にか立ち消え・・・。


すっかりゲームの情熱はなくなった今頃になって出されてもねぇ・・・。


でもなんとなく手に入れてしまったから

ちょっとやってみよっと。


まとまった時間がほしいよう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060420

2006-04-19 『シネマでヒーロー・監督編』を読む

hee2006-04-19

『シネマでヒーロー・監督編』武藤起一編/筑摩文庫を読む。

北野武

周防正行

竹中直人

塚本晋也

松岡錠司

の5人の若手監督のインタビュー集。

元本が93年、文庫化が96年初版って事を考えても、

確かに当時もっとも注目されていた監督であり、

その後、この中からベネチアで金獅子賞を取るのが

北野武とはさすがに想像できなかったに違いない。


私的には周防監督が一番好きです。


塚本監督は、「鉄男」面白かったけどよくわかんなかった。


北野武も

その男、凶暴につき」「3×4x10月」までは面白かったんだけど、

その後の「あの夏、静かな海」を見て、あれ?と思って、

ソナチネ」を観たら、あーまたたけしだ・・・と。

もう出てる人がみんなたけしにみえちゃうんだよね。

ある意味すごいかもしれないんだけど。


竹中直人は、「無能の人」しか見てないのです。

まぁ、つげ義春の世界なんでしょうが、

繰り返しみたいというほどでもなかった。


映画監督っつーのも大変だよなぁ。

でも1回でいいからやってみたいなぁ。


作るのは、ラブストーリーです。きっぱり。

とりあえず、脚本でも書いとくか。

いつお声がかかるかわかんないし。


かかるわけないか・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060419

2006-04-18 病院でした。

3ヶ月ぶりの診察。

まぁ順調に回復って感じですか。


数字的には前回と変わらずなので、

停滞気味ではあります。

甲状腺以外に異状がないのはせめてもの救い。

でもせんせーからは、

「もうしばらくかかりそーですねぇ」と厳しいお言葉(>_<)。

通院前は献血が趣味でしたが、

さすがに投薬中は献血もできません。

40回まで行ったのになぁ。


早く完治して献血復活したいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060418

2006-04-17 エミュ

hee2006-04-17

といっても、オーストラリアの鳥ではありません。


主に家庭用ゲーム機などをパソコンで走らせるプログラムのことです。


スーパーマリオBros.が出たのが大学生の頃で、

もともと不器用な私は、いくらがんばっても最後まで行き着くことができず、

悲しい思いをしていました。


その後、卒論で忙しくなる大学4年の頃、

当時、院生だった先輩の家に遊びに行くと

一心不乱にファミコンをやってるではありませんか。

そうです、反射神経のいらないゲーム「ドラゴンクエスト」の登場です。


やー、はまった、はまった。

まぁ、スーパーファミコンくらいまでで

その後は、一応、PS2、キューブ持ってますが、

どちらかというと子どもが遊んでるみたい。

最近は下の娘がDSにはまってます。

それにしても、昔のゲームは

今のゲームと比べるとグラフィックはしょぼいけど

楽しかったな。

今はそれがパソコンで簡単に遊べる。

しかも、面倒なパスワード不要!

あぁ便利な世の中になったモンです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060417

2006-04-16 『ファイナルセーラークエスト・完全版』を読む。

hee2006-04-16

『ファイナルセーラークエスト』は、もう10年以上前にログアウト文庫で読ん出ますが、2編追加で完全版として角川スニーカー文庫で入手。

旧作に未収録の

「故郷は、豆腐にありて想うもの」

「幸福の黄色い半魚人」

が追加された。


大体、火浦功は、キャラは立ってる、ストーリーは面白いのに

完結している作品が少ない。

(つーか、綺麗に完結している作品はあるのか?)


みのりちゃんシリーズも

ガルディーンシリーズも

トリガーマンも


待てど暮らせどぜんぜん続きが出ない。


ファイナルセーラークエストも完全版というからには

ちゃんと終わってんだろうと期待した私は莫迦だった・・・。


ま、十分楽しめたからいいんだけど。


がんばって、続きを書いてください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060416

2006-04-15 只今、4:12です。。。

hee2006-04-15

昨日、仕事帰りにお客さんと呑んで帰ったら、

案の定眠れず、こんな時間まで起きています(>_<)。


まぁ、明日は休みなので、

春の夜長を楽しんでおります。


というわけで、

昨日はTSUTAYA半額の日。


借りてきたのは、

『仮面ライダー響鬼と七人の戦鬼』

『麻雀放浪記』

『あいくるしい』 銑

の5本。


明日(正確には今日)はDVDのRip&Wrightをして過ごそう。

昨日撮ったメビウスもまだ見てないし。

来週の土日は出勤だし。

ペコポン人ペコポン人 2006/04/17 10:47 初めて、書き込みます・・・TSUTAYA半額の日は、ボクもシリーズごと借りるように心がけています。
昨日、エマを借りてみました。面白いかどうかは別として、淡々と進むラヴストリーと
知っている冬馬さんの印象が大分違い、プチショック。
次は、いつかなTSUTAYA半額の日、さて、何を借りようかな?
しかし、気づけば、TBS系のシリーズにハマっているようだな罠。

heehee 2006/04/17 21:15 いらっしゃいませー。
半額という言葉に引かれ、ついつい借りてしまいますよねー。
で、結局半額期間に20本くらい借りて、
全部、Rip&Wrightして後で観ようと思ってると
ぜんぜん観ないでたまってます。

とりあえず『あしたのジョー1&2』全126話を
ちんたら観てますー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060415

2006-04-14 明日も仕事。

hee2006-04-14

明日も仕事です、がんばります。

8:00に大泉学園に行かないといけません。

7:00の電車に乗ればいいのですが、

土曜日はバスが少なくて、

6:38に乗らないといけません。


駅までは5分も乗りません。


仕方がないので、TSUTAYAに行って、

DVDを借りてから行こうと思ってます。


Hなのは借りませんよー。


借りたいけど。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060414

2006-04-13 「さらば、わが青春の『少年ジャンプ』」を読む

hee2006-04-13

「さらば、わが青春の『少年ジャンプ』」西村繁男。幻冬舎文庫 を読む。

著者の西村さんは、少年ジャンプ創刊スタッフから昭和53年〜61年まで

編集長だったとの事。


この頃、少年ジャンプはともだちが毎週買ってて、

まわし読みをさせてもらってました。


こち亀」「Dr.スランプ」「さわやか万太郎」「キャッツアイ」等々

今でも手にとって見てしまう作品が多い。


創刊から少年誌No1になるまでの軌跡は、

当時を読者側から知る者としては大変興味深い。


みんな少年ジャンプの発売日を楽しみにしていて、

毎週月曜日発売なのに

「角のたばこ屋は日曜日に買える」とか、

「あそこの本屋は仕入れが多いから火曜日でも買える」とか

いって何とか手に入れてました。


大体発売日の翌日にはほとんど本屋になかったですから。



それくらいすごかった雑誌でした。


当時は編集の苦労など考えもしなかったけれれど、

こうして社会人になってこの本を読んでると、

「人に喜びを与える仕事はそれなりにたいへんだよなぁ」と

思った次第です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060413

2006-04-12 毎日更新、記録!

hee2006-04-12

「はてな」をはじめて早3年。

12日連続更新は、記録です。


会社の日報も数年前から電子化されており、システム的にひっじょーにかったるくて、

これまでは1週間に1度、ひどい時は1ヶ月に1度一括で適当にいれてたのですが、

これも4月から当日もしくは翌日の朝には更新(じゃないな、入力)をしています。


やればできるじゃん、俺。(^o^)。


でも会社の日報はやったことを書けばいいので内容的には比較的楽ですが、

はてなは、仕事以外のことを書こうと思っているので、仕事が忙しくなると

結構ネタに困ったりします。


で、4月から異動してきて私の隣に座っているSくん。


これがなかなかファンキー(人によっては迷惑という人も・・・)な人で、

ネタに困ったらSくんの話題をココでもご披露しようかと考えています。


ま、悪意のない程度であればいいよねSくん。


というわけで未承諾ですがSくんよろしくー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060412

2006-04-11

hee2006-04-11

4月にこんなに雨が降るのは珍しい。


雨は嫌いじゃないです。

外出をしなきゃいけないときはちょっと憂鬱ですが、


夜の雨とか、

昼間でも外出をしなくていい時、

雨が降ってる表を窓ごしにみてると時間を忘れて見入ってしまいます。


こうやって一雨ごとに、

またあたかかっくなって言うんですよねー。

やべ、引きこもりがばれる!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060411

2006-04-10  『ラッキーマン』を読む

hee2006-04-10

ラッキーマン』マイケル・J・フォックス/入江真佐子訳 を読む。



マイケル・J・フォックスがパーキンソン病になった話は知っていた。


代表作『Back To The Future』シリーズは自分の映画ベスト10に入る

名作だと思ってる。

でも彼がパーキンソン病になったのを知ってから、

痛ましくて見てなかった。


実は自分の中で同様の経緯をたどった作品があって、

クリストファー・リーブの『スーパーマン』がそれです。


どうしても、画面の中で輝いている姿と、

悲しくも懸命に生きる現在の姿がダブってしまい

素直に楽しめなくなってしまうのです。

この本は、

そういった感情は、もしかしたら不要なのかと思わせるほど、

ポジティブな現状にちょっと安心させる作品です。


勿論、

パーキンソン病が難病で、完治する見込などほとんどないことには

変わりはない。

でも、「ドク」が「マーティ」に言った様に

「未来を切り拓くのは自分自身」ということを

現実の世界でも実践している姿を知って

もう一度、BTTFを見て

自分もがんばってみようと思った次第でした。

がんばれ、マーティ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060410

2006-04-09 DVD・HDDレコーダー。

hee2006-04-09

昨年末、DVD/HDDレコーダーを購入してはや4ヶ月。

確かに便利だ。

買ったのは東芝『W録』できるやつで、

録画したい番組がダブっても両方とも録れるという優れもの。

年末年始は大活躍でした。



家庭用ビデオが出たのは中学生の頃で、学校に1台あるだけ。

ビデオテープも1本3000円とかして、

みんなでお金出して、映画『宇宙戦艦ヤマト』の初TV放映を

録画した覚えがある。


自分でビデオを買ったのは社会人になってはじめてのボーナス

だったかな。

映画が好きなので、

以降集めたビデオが数百本。


これが場所取る取る・・・。


HDDレコーダーなら、まったく場所とらない。


HDDがいっぱいになったら、DVD化しちゃえばいい。

DVDなんてディスクだから100枚たまっても

それほど場所ふさぎにはならない。



と、調子にのってると、まったく見ない番組がどんどん増えていきます。

白夜行

神はサイコロを振らない

面白そうだと思って録画しましたが、

ぜんぜん見てません。

年始にやってた『古畑任三郎』もまだみてません。


結局、どんなにがんばっても与えられてる時間は等しく24時間しかなく、

じーっと、TVの前で画面を見ていられる時間って、

実はなかなか取れないということを特に感じる、

今日この頃です。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060409

2006-04-08 BOOK OFF。。。

hee2006-04-08

今日は久しぶりの通院(大学病院の方)。

血液検査だけだったので、そっこー終了でした。


帰宅途中にBOOKOFFがあり、開店と同時に入店。


今回の獲物は10冊。



うち、1冊はこの前200ページまで読んでどこかに置き忘れた

機動戦士ガンダム外伝THE BLUE DESTINY』/皆川ゆか


もう一冊は、最近はまっている貫井徳郎『妖奇切断譜』をダブり購入。


BOOKOFFは、とりあえず買っておかないと次にいつ店頭に並ぶか判らないので、


「確かまだかってなかったよなー」

とか

「まだ読んでなかったっけ?」


と思ってもとりあえず買ってしまうことが多い。


経済的なんだか不経済なんだかよくわからない。


とにかく、読んでない本が手元にある状態が一番心地よいのです。


まさに活字中毒・・・。

家には売るほど本があります。

床抜けなきゃいいけど・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060408

2006-04-07 封印作品の謎

hee2006-04-07

封印作品の謎2』(安藤健二著 太田出版)を読む。

前作『封印作品の謎』が、

ウルトラセブン12話『遊星より愛をこめて』、

怪奇大作戦24話『狂気人間』

映画『ノストラダムスの大予言』、『獣人雪男』

等のどちらかといえば、コアなファン向けの封印作品を取り上げていたが、

今回は、

『キャンディキャンディ』

『おばけのQ太郎』

『ジャングル黒べえ』

といった、名前を聞けば誰でも知ってるメジャーな作品を取り上げてる。


前作はどちらかといえば、差別表現での封印が理由になっているケース、

今回は、権利関係で封印になっている作品が多い。


差別表現っていうのも、行き過ぎの自主規制と私は思うことが多い。

確かに被差別対象になった人にとって不快である表現は避けないといけない。

ただ、こういったこと(差別だ!回収しろ!と) を声高に叫ぶ人は

往々にして被差別の利権に群がる一般人だ。


作品の意図は、差別を助長することが趣旨ではなく、むしろ差別を生まない為に

今をきちんとしましょうというテーマのものが多い。


埋もれさせることで、作品の評価自体が下がり、アンダーグラウンド化することで

劣化した映像が高値で取引されるなど良いことなど一つもない。


権利関係のごたごたで封印されているのも、なんだかなぁ。

キャンディにしてもオバQにしても一つの時代を象徴する作品で

確かにたくさんの権利を持った人々がそれぞれの主張があって、

それがかみ合わないと作品を世に出せないというのは判る。


でも、特にこういった“ひとつの時代を創った作品”は、ジグソーパズルの1ピースみたいなものなのだから、

そういった意味では、作品を愛する読者も権利者であり、その声こそが一番優先されるべきなんじゃないだろうか。


なんて事を、読んでて感じました。


著者の安藤さん、グッジョブ!です。

いつもは『BOOKOFF』愛好者の私ですが、

新刊で買いましたので、印税148円お納めください(笑)。

3期待してます。

安藤健二安藤健二 2006/04/08 07:09 あわわ、有難うございます。
次の本も出せるといいですねー。

heehee 2006/04/08 21:56 あらま、ご本人登場!part侠
取材大変そうですが、がんばってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060407

2006-04-06 あぁ、休日出勤(T.T)。

hee2006-04-07

えーと、

今週の土日は休みです。


来週は土曜日出勤です。


その次の週は、土日出勤です。


次の週末から、世はごうるでんういいくですが、

後半4連休のうち、3日は出張です。


ちなみに、土日休みの普通のサラリーマンです(T.T)。


ただーーーし、サラリーマンには

代休というとってもいい制度があります。


休日に出勤したら、平日に休めるというとてもいい制度なのですが、

ココまで休日出勤が多いと、他の仕事ができなくなるので

ちょっと、代休取るのに躊躇しちゃいます。

意味ないじゃん!代休。

じゃあ休日出勤手当がもらえるかっつーと、

そうは問屋がおろさないんだなぁ。


休みたいよう(>_<)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060406

2006-04-05 愚息。

hee2006-04-05

愚息・・・自分の息子をへりくだっていう語。豚児(とんじ)。

いやー、家の愚息、またやってくれました。


昨日は10時過ぎに帰宅し、夕飯の用意ができるまで、

新聞を読んでいました。


愚息は塾に行っており、そろそろ帰ってくる時間だったのですが、

いつになっても帰ってこない。


どしたんだろう・・・。


愚息とはいえ、わが息子。

あほでもかわいいのは、世の常だ。


すると、血相変えて、帰ってきた。



「自転車盗まれた!」


すると間髪入れず、かみさんが、

「鍵かけてなかったの?」


「あー。こないだ壊れてそのまんまだった」


家族一同「(ためいき)」


「そんで、ケーサツにいったん?」と私。


「いや、探しててなかったから、歩いて帰ってきた。」と愚息。


「ふつうさぁ、置いてあった所になくて、さんざん探した後に行くところは

交番じゃないか?」と私。


正真正銘のあほです。


そんで、すぐ警察に電話をしたところ

警官が一通り聞いたあと、

「ところで、今は、どこにいるんですか?」


「家です」


「とりあえず、書類書かないといけないので交番まで来てください」


と結局、また駅方面に向かったのでした。



・・・私?勿論行きません。

カミさんがつれてってあげてました。


あー、参った。

うかつ、ひるあんどん・・・。

まぁ私の子だからしょうがないのかなぁ・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060405

2006-04-04 ワンセグ!

hee2006-04-04

いやぁ、携帯替えちゃいましたー(^o^)。


いや、別にTukaのままでも良かったんです。

でも、どうやらKDDIはTukaユーザーを根絶やしにするべく

活動を開始しており、毎回請求書が届く度に


「すでに50万人の方がauに切り替えてます!!」

なんて事が書いてあるパンフレットが封入されており、

ちょっと天邪鬼な私は、


「けっ、俺が人類最後のTukaユーザーになってやるぜぃ!」

と思ったのもつかの間。


3日前に始まったワンセグに一目惚れ。

いや綺麗なんですよー。

なんか時代の最先端っつー感じ。

あぁ、私ってミーハー(死語?)


でも・・・、

結局電車の中では、いつも通り本を読んでました。


よく考えたら、そんなに見たいTVなんてないよなぁ。

ワールドカップ位は楽しめるかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060404

2006-04-03 デジスピ

hee2006-04-03

10年位前に『ビックコミックスピリッツ』の増刊号で

「デジスピ」という雑誌が出ました。

最終的に何号まで出たのか判らないけど、

この前押入れを掃除してたら2号まで出てきて、

思わず見入ってしまったのです。

デジカメなんか

「低価格デジカメの中でもトップクラスの画質」

とかいって、

35万画素(笑)

価格は69,800円!


いまどきケータイでも100万画素以上が普通。


もっともその10年前の「マルサの女」での

山崎努演じる権藤家にガサいれする際の携帯は

ショルダー式だったもんなぁ・・・。


この30年のデジタル技術の進歩は

ほんとにすごい。

小学生の頃に戻って、

「お前が大人になる頃はなー

 レコードがドーナツ盤より小さくなって

 しかもLPよりも曲が入っていて

 自動車で聞けるんだぞー」

って言っても信じないだろうなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060403

2006-04-02 誕生日。

hee2006-04-02

我が家の長男も明日で14歳。この春から中学2年生だ。


昔は、其れは其れは可愛い子だったのに

最近の憎たらしさ加減はどーだ。

学校の勉強ができないのは、まぁ私の子だからしょうがないとして、

ヲタクパパとしては、何かにこだわりを持った生活をしてほしいんだよね。

でも、なんか、時間をもてあまして、だらーっとしてます。


その上、最近上に伸び始め、身長180cmの私の身長に追いつくのも

時間の問題。


うーん、かわいくない。


五体満足ならそれ以上望んじゃいけないというのも判るんですが、

なんか今のままで将来どうなってしまうんだろうと、

心配な14歳の息子です・・・。


ちなみに明日が誕生日ですが、1日早く彼の好物の焼肉を

食べに行ってきました。


家族4人で7千円て、安いよね。

・・・少食家族です。

・・・エンゲル係数低いっす。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060402

2006-04-01

hee2006-04-01

『PLUTO』第3巻発売。

|


『PLUTO』(浦沢直樹/手塚治虫鉄腕アトム―地上最強のロボット―』」より)が面白い。

「鉄腕アトム」は国産日本連続テレビアニメ第1号。

私はその少しあとの世代。

(白黒の)「サイボーグ009」位から記憶がある感じなので、

鉄腕アトムにはそんなに思い入れはないです。

先日第3巻が発売されたこの「PLUTO」。

これが、アトムの話の1篇を再漫画化したもので、

主人公は、勿論アトム・・・と思ったら大間違い。

ゲジヒトというロボット刑事


アトムの登場は、1巻の最後

2巻の最後にはウランちゃん

そして今回の第3巻でタイトルにもなっている「プルートゥ」が出てきます。

アトムもウランちゃんも

昔のつんつんした、ロボットではなく、

まんま、小学生。

ランドセルとかしょってたりする。


最近漫画や過去のアニメの実写映画化が続いていますが、

この「PLUTO」も実写映画化に近いテイスト。


わくわくしながら、先の気になる最近唯一の漫画です。


・・・かみさんからは、

  「まさかこの年になっても漫画読んでるとは思わなかったよねー」

 といわれました。

 

「自分だって、「エースをねらえ!」嬉々として読んでるじゃん。」

って言ったら、


「私のはノスタルジーであり、あなたは現在進行形のヲタクだ」

といわれました。




っどーせヲタクですよ。


と、家族を捨てて、今日もアニカラ行ってきます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060401