日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006-06-30 止めるべきか、止めざるべきか・・・

明日から、煙草一斉値上げです。


これを機会に「禁煙」しようかと思ってます。


最近、会社の入っているビルも全館禁煙となり、

事務所フロアは26階なのに煙草を吸う為には、B1階のピロティまで

行かないといけません。


当然煙草の本数は減るわけですが、

禁煙するにあたっての当面の問題は、

食後や飲み会の席で我慢できるかということです。


逆にココを我慢できるようなら、

禁煙できるんですが。

実は、7年前に1年くらい禁煙して

つい半年前にも3ヶ月禁煙してました。


最近は吸えるところも少なくなって、

以前よりも禁煙はしやすい環境ではありますな。


さてどこまで続くか、いっちょやってみましょ〜。

heehee 2006/07/26 21:56 自分でコメントするのもなんですが、
7/29現在、禁煙できてません。
こんなことなら、カートン買いしとくんだった(^^;)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060630

2006-06-29 ほらねー。

北朝鮮に拉致されてないだとー!


まったく韓国の金英男、拉致家族との再会は

とんだ茶番だ。


だいたい、誘拐されて28年経って、

犯人に

「あわせてやるから、こっちこい」

とかいわれて、ほいほい行っちゃう家族も莫迦だけど、

その犯人のお膝元でほんとの事言う訳ないじゃんねぇ…。

「拉致じゃなくて、

 漂流していたところを(親切な)北朝鮮の漁船に助けられた」だと。


笑止!


南北融和政策だかなんだか知らないが、

いくらなんでもこれを真に受けるほど、

お間抜けじゃないよね、韓国。

日本を敵視する気持ちは単に劣等感からだろうと、

まぁ理解できなくはないけど、

「正しいことは正しい、いけないことはいけないこと」

という幼稚園児でもわかることを

判断、行動できない国は、ちょっとどうかと思うぞ。


韓国の良識ある対応を望みます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060629

2006-06-28 ワーカーホリック。

hee2006-06-28

ワーカホリック【workaholic】

《work(仕事)とalcoholic(アルコール中毒)との合成語》働きすぎの人。仕事中毒。1970年代にアメリカの作家オーツによって作られた語。


世の中で、どれくらいの人が、楽しんで仕事してるんだろ。

確かに今やってる仕事はそれなりに面白い。

だけど、休みを犠牲にしてまで、

とゆーか、仕事をしている時が一番楽しいなんて程ではない。

だからサービス残業はあくまでサービス。

ボランティアじゃない。


こう、仕事中毒っつーと、

どっちかっていえば、楽しんで中毒患者になってるような

気持ちいいイメージがある。

無理やりシャブ打たれて、最初はいやだったんだけど、

もうそれなしではいられない。

「お願い、お薬ちょうだい〜」

てな感じで、

悲惨なんだけど、気持ちよくなっちゃうって感じ。


私の場合は、同じ中毒でも、

食中毒とか、ふぐ毒中毒とか、

もう苦痛で苦痛で死にそうな感じです。


今、これからの生涯賃金の倍くらいの金を手にして

慎ましやかでそんなに贅沢しなければ一生食っていけるようなら、

今すぐにでも仕事を辞めてしまうんだけどなぁ。


定年退職したら、することがなくて

ボケる、じゃない、認知症になるなんて心配は

まったくない。

したいことは山ほどあるもんね。

でも、大金手にする予定もないので、

しかたがないからがんばって明日も明後日も

明々後日もその次も、その次の日も仕事する私であった…。

次の休みはいつだ????

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060628

2006-06-27 値切るなよ・・・

hee2006-06-27

娘が誘拐されて、

3億要求されて3-500万なら今用意できるとか、

1億なら銀行が用意できるといってるとか、

時給100万の医者がゆーことかね。

それにしてもおかーさん。

いじりすぎ。

娘もかわいいけど、いじってんのかなぁ。

かたや、4兆円(資産の85%)を慈善団体に寄付する話。


お金ってなんだろ。


と考えた1日でした。


(あまりにも見苦しいので、娘さんだけトリミング)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060627

2006-06-26 夢中夢中夢・・・

hee2006-06-26

今日は代休。


明日から、土日まで(来週1回くらい休みたいけど決まってない…)

お仕事。


午前中は撮り貯めたDVDを見ていて、

15時頃眠くなって寝た。


起きたのは18時頃だったのだけれど、

その間夢を見ていて、

夢の中で起きてまた寝て、その夢の中で起きてまた寝た。


最後に起きた18時には、もう夢なんだか現実なんだか、

さっぱりわからん状態で…。


夢中夢はよく見るのだが、

夢中夢中夢は久々の体験で、

いやー、気持ちが悪かった。


書いててもなんか今が夢のような気がする・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060626

2006-06-25 よく寝ました。

本日起床3:30

5:00頃朝食を食べ、

仮面ライダーカブト』をみてた頃薬が効き出して

寝る。

起きたのが16:30

(7時間)

DVDを見たりして、夕食は19:00。

娘とお風呂が21:00

そんでまた薬を飲んで、寝る。

で只今、6/26 4:30起床。

(6時間30分)


いやーよく寝た。

こんなに眠ったのは久しぶり。

快調快調。

薬飲まなくてもこれくらい眠れると、

もっといいんだけどねぇ(>_<)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060625

2006-06-24 贖いの日々

市原の交通刑務所には、交通事故で人を殺してしまった人が収監されている。

禁錮刑なので、そこで毎日反省の日々を過ごすわけだ。


『贖いの日々』は、市川刑務所にいる受刑者の反省文をまとめたもので

最新刊は第40集、創刊は昭和47年から。

会社で回覧していたのですが、会社では読んでいる時間がないので、

持ち帰って読んだ。

ページ数36ページ。10人の手記が掲載されている。


私は基本的には安全運転、法令遵守を旨としているのですが、

体調や精神状態でヒヤリとする場面がないわけではない。


勿論テクニックでカバーできる場合もあるが、

今まで大怪我したり、させたりしてしまったことがないのは

単に運がよかったから。


道具は人間の生活を便利にするけど、

それは使用者のモラルや能力、精神状態が正常であった時で、

そのどれかの歯車が狂っていると、簡単に人殺しの道具になる。


そういうことを充分理解して道具を使わないとけいないよなぁ、と

思った次第です。

カミさんの読後感。

「こんなこといっててもさー、市原出て免許取得解禁になったら

 そっこー免許とってまた運転するようになるんだよー」

私「しかたないじゃん、車がないと生活できない人もいるんだし…」

カミさん「いや、こういう事故を起こした人は、どーせまた事故を起こす

     んだから、2度と車に乗せないようにしなきゃ駄目だよ。」

あいかわらずタカ派なカミさんです。(^^;)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060624

2006-06-23 W杯に思う。

残念ながら、ドイツW杯は1次リーグ突破ならず。

結果がすべてのスポーツの世界だから、

ダメなものはダメ。


でもね、オリンピックとかもそうだけど、

こういう負け試合や、選手に対して

「あいつが悪かった」

とか

「あの時の采配がおかしい」

とか

一億総評論家になるが

この風潮、私はいかがなものかと思う。



昔、オリンピックでメダルを取れなかった水泳の千葉すず選手が、

あまりのマスコミの非難に

「そんじゃー自分でやってみればいいじゃん」

といったことがあったけど、

W杯も全国数百万人のサッカープレイヤーの中から選抜された

24人なわけだから、

このメンバーが今の日本の実力なわけで・・・。


まぁ、宝くじと一緒で、試合の最中は

「もしかしたら勝つかも?」

「決勝トーナメントいけるかな?」

「もしかして優勝したりして!」

なんて夢をもたせてくれたり

「を、川口くんナイスプレー♪」

とか一喜一憂させてくれたことで

満足しようよ、一般ピープルは。


というわけで、

ジーコ監督、選手のみんな。

お疲れ様でした。

今回は残念な結果でしたが、また4年後に向けて

がんばってください。

たのしませてくれてありがとう!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060623

2006-06-22 出張でした。

今月は2度目。

来週もあります。

これからは週1甲府通いになりそうです。

もうちょっと駅から近いといいんですが、

TAXIで20分位かかります。

日帰りするには21:08スーパーあずさに乗らねばならず、

大体滑り込みセーフで乗り込む感じ。


とはいえ、泊まって朝一で帰って出勤するのもなんだかなぁだし、

せめて、ほうとう食べる時間くらい欲しいなぁ。


そうそう、話は変わって…

行方不明の少年、見つかっちゃいましたねぇ。

どんな心の葛藤があったんだろう…。


今日の「プロフェッショナル」(NHK)で、言ってました。

「部下を育てることでこれだけは守っていることは何ですか?」

という問いに

「追いつめられても、追いつめないこと」

と。

「やっべー、上司に怒られる。と思った瞬間に

 部下は社内のことしか見えなくなる。

 答えは現場にしかないのに」

とも。


部下を育てることも、子どもを育てることも

ある意味一緒だと思う。


さて、私は子どもに刺されるか?部下に刺されるか?

あ、部下いないじゃん!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060622

2006-06-21 這えば立て、立てば歩めの・・・

子どもを持つと、自分の出来なさ加減を棚に上げて

過剰な期待をしてしまう。


今の自分を振り返って、

もっと小さなうちからやってればこんな人生じゃあなかったのに

という反省とか、

私は勿論違うけど、自分と同じ道を歩んでほしいとかで、

子どもにはがんばってお勉強や運動をしてほしい、

心優しく育ってほしいと思うわけだ。


でも子どもの側からしたらいい迷惑で、

勝手に親の期待を受けて進路までレールを引かれる事に

抵抗感を覚えるに違いない。


その閉塞感が「反抗期」として現れる。


でもねー。

すくなくとも親は「良くあれかし」という想いでいうわけで、

決して憎くて言ってる訳でも、単なる自分の達成できなかった夢を

託している訳でもないんだよね。


そこらへんを理解するには、やはり親になるまではわからない

って事。


奈良の民家全焼事件。

母親と妹弟の顔殴った痕、刺し傷もみつかったらしい。

行方不明の東大寺学園高校(優秀!)に通っている長男。

辛かったのかもしれないけど、

これはやりすぎだと思うぞ。

(まだ加害者と決まったわけではないが・・・もしそうなら)

heehee 2006/07/26 22:03 自分でコメント。
やっぱしやってたんだね、少年。
辛かったんだね。それは判るけど、
なんで其れをおとーさんにぶつけなかったんだい?
妹や弟やおかーさんまでナクシテしまったら、
更に自分を追いつめることになるって・・・
気がつかなかったんだねぇ。
成績が優秀ってゆうのと、
優しい心をもつこと、
社会の仕組みを理解すること、
先を読んで行動すること
っていうのは、全部別の能力なのかなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060621

2006-06-20 市中引き回しの上、打ち首獄門

人を殺したら、死刑が何でいけないんだ?

年齢なんか関係ない。少年法に守られていることを自覚して

起こす犯罪に、少年法を適用するなんてばかげている。


いや、死刑よりもっと苦しんで生きさせるほうが私としては

いいかも。そーいう意味では死刑反対だな。

愛する人が殺された。

残された人が殺した犯人に対して、どんなに償いをしてもらっても

殺された人との日々は戻ってこない。


「相手が死んでも、死んだ人は返らない」

「恨みに思うより、殺人を犯した人の更正を願おう」

なんてことを『したり顔』で言うやつがいるが、

そいつの愛する人が殺されてもそんなこといってられるのだろうか?


もうね、死刑だけでは物足りない。

市中引き回しの上打ち首獄門がいいと思う。


あとは、狂わない絶妙の加減で、

死ぬまで地獄の苦しみを味合わせる。

「こんなことなら死んだほうがましだー」

といっても絶対に死なせない。

最高の医療体制で、簡単に病気にさせない。

生きる目的も死ぬ自由も許さない。

死ぬ苦しみを一生味あわせて、

死ぬことの恐ろしさを存分に味合わせてやる。

でも簡単には死なせない。


人が人の人生を勝手に奪うことなんて

絶対に許さない。


「俺なんか死んだほうがましだ」というやつは

勝手に自殺でも何でもすればよい。

そういうやつが八つ当たりして小学生を殺して、

死刑になったが、相手の思う壺じゃないか。


そういうやつこそ殺さないで、一生苦しんで

生きさせる。

飯は食わすが、餓死しない程度のほんの少量でよい。

毎日拷問。

死ぬ為には心から悔い謝罪すること。

全身全霊をかけて謝ること。

でも、娑婆には出さない。最後には死をもって償ってもらう。


世の中偽善者ばかりでほんといやになる。


もっとも私も偽善者の代表みたいなもんですけどσ(・・*)


つらいだろうなぁ、本村さん。

沙門沙門 2006/06/21 23:17 ども、沙門です。
個人的には、人を殺したら死刑だと思います。
なんか、日本って、被害者を軽んじていると思います。生きている方を優先してるし…。

もし、死刑を廃止するなら、終身刑を作って刑期は当然積み重ね有りにして、恩赦も無し位にはしてほしいです。
(個人的にはアーブの地獄が再現できるなら死刑は無くても良いと思いますが)

今回の最高裁判決も、結局は高裁に責任を押し付けてるし…。
最高裁も自決してくれれば良かった思います。

heehee 2006/06/22 23:20 ひゃひゃ、T.B.ありがとうございます。
(TBと書くとサンダーバードかテクノボイジャーか?いえいえトラックバックです)
『アーブの地獄』とは!!
『星界の戦旗』ですな。
私的には『カンタン刑』by式貴士のほうが・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060620

2006-06-19 大浦洞2

hee2006-06-19

大浦洞=テポドンってこう書くらしい。基地のある地名なんだって。

で、いつ発射するのか。大浦洞2。

大浦洞2の射程距離は3500〜6000kmで、

最大射程ではアラスカには届く、大陸間弾道弾だ。


国民は飢えてるっつーのに何でこういうもんを作る金があるんだろ。


だいたい98年の大浦洞ん時は、

頭越しにミサイル撃たれても

特に何の手も打たなかった心優しい日本政府。


この際だから、大浦洞2打ち上げてくれて、

日本のどこかに着弾したら

さすがに内閣も黙っちゃいまい。


でも右の頬をぶたれたら、左の頬を差し出したりして。

いい加減、半島のいいたい放題、やりたい放題2国に

毅然とした態度をとった方がいいじゃないか?


…久々に政治的発言。

危険危険(;^_^A

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060619

2006-06-18 松田優作が好きです。

hee2006-06-18

特に追っかけてたってわけではないのですが、

太陽にほえろ!』以降、彼の作品のほとんどを見ています。

中でも好きな作品は、

メジャーどころでは、『遊戯シリーズ』や角川映画の大藪2作品。

『家族ゲーム』『それから』

遺作の『ブラックレイン』

あんまり知られてないところでは、

『狼の紋章』(映画デビュー作)

『あばよダチ公』

TVでは、

『俺たちの勲章』

『探偵物語』

って感じか・・・。


で、先週の『野獣死すべし』に引き続き、『蘇える金狼』(79年角川)をDVDで見る。

年代なのかもしれませんが、成田三樹夫や小池朝雄のワル(小物)の演技を

見てると妙にほほえましくなってしまいます。


松田優作痩せ型で手足がひょろーと長くて、

皮のライダースーツはすげーかっこいいけど

スーツ姿は全然似合わない。


これが『ブラックレイン』になると、

スーツ姿が最高にかっこよくなってる。


で、『蘇える金狼』

アクションスター松田優作の、ある意味頂点。

ラストシーンの狂気もすごい。

「ジュブレ・シャンベルタンの2001年物だ・・・・・

     ボクの友人のナポレオンが愛用してたやつ・・・

     ねぇ、ジュピターには何時に着くの?

     木星には何時に着くんだよ!」

(カクッ)・・・ホワイトアウト・・・2つのお面の間にエンドマーク(終)


なんかよくわかんないけど

すっげーかっこいー。


と思ってたら、今GyaOで観れるみたい。

未見の人、お勧めです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060618

2006-06-17 ドン・キホーテ

(只今6/18 5:22今日も4時起きしてしまった(^^;))


ドライヤーが壊れてしまい、

「ドライヤーがないと生きていけないー」とのたまう

カミさんと一緒にケーズデンキに行きました。

マイナスイオンドライヤーの安いやつを買いました。


ついでに近くのドン・キホーテに久しぶりに行きました。

狭い店内。うずたかく積まれた商品々々・・・。

ドンキ好きなんです。

無目的で店内をふらふらと、

なんかに使えそうなものをみつけるのが楽しい。


しかーーーし。

昨日もそんな調子で眠れてない状況でのドンキは

元気をもらうどころか、気持ちが悪くなってきた。


教訓。

ドンキには、元気なときに行こう!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060617

2006-06-16 なんだかなぁ・・・(>_<)

(只今6/17 5:14AM)


もうね、ほとんど豆腐屋状態です。

今日(正式には昨日)、主催研修を計画通り終了でき、

外部講師のせんせーと軽く反省会をした後、

22時頃帰宅しまして、メールチェックの後

さすがに眠くなってきてこりゃいいやと思って

横になったのですが、2時に眼が覚めて

結局今まで起きてました。

仕方がないので、

ネットで遊んだり、また仕事したり。


すっかり夜も明けて、

いい感じの朝です。

そーいえば、今朝(つーか本当は昨日・・・ややこしい)

朝すごい土砂降りで、

家を出たところで、20年ぶりにくらいで野性の蛇を見ました。


わたくし蛇年生まれですが、蛇は勿論、鱗生物が極端に苦手でございまして、

(生きた魚も触れません)

普通の人なら多分そんなに驚くほどの大きさではないと思うのですが、

(30cmくらいかなぁ)

あたしゃ、ぞゎーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと鳥肌もん

でダッシュで逃げました。


だいたい、手も足もないのにくねくね動いて前に横に進みやがって、

その上泳いだりするとは何事だ。

噛むし。


魚なんてまぶたもない。


うーーーー想像しただけでキモ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060616

2006-06-15 わたくし、小梅太夫と申します・・・

hee2006-06-15

♪チャンチャカチャンチャン

 チャチャンチャチャンチャン・・・

出張から帰ってきて

歓送迎会に出てたら、

バスがなくなってタクシーで帰ってきて

明日の研修の準備をやってます。


只今2:13AM


明日は大切な研修(主催者)なので身体を休めたいのに

全然眠れません。

今週に入って

1日平均2時間くらいか・・・


だるいよーーー

ちっきしょーーーーーーーーー

(エンタで一番嫌いな小梅太夫風に。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060615

2006-06-14 『睡魔』を読む。

hee2006-06-14

『睡魔』梁石日(幻冬舎文庫)を読む。


梁石日は自伝的作品『血と骨』(ビートたけし主演)や

『月はどっちにでている』等映画化された作品が有名。

在日でここまで有名になった作家さんてあんましいないと思う。


内容は、マルチ商法にはまって一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったけど

その後崩壊するまでを描いたもの。


マルチやねずみ講は破綻するのがわかりきっているのに

なんで消えることがないんだろう。

小説の中でも、自己啓発セミナーみたいな研修会と呼ばれる

洗脳合宿のシーンが描かれているが、要は、なんか楽な儲け話を

常に人間ってもとめるものなんですよねー。


そんなわたしも楽して稼げるなら

今すぐにでも仕事をやめたいです。


村上ファンドみたいに2000億も稼いだら

後はてきとーに面白おかしく過ごせるだろうに。。。

ま、結局、持たざるものは額に汗して働けってことですかね。

落語の『富くじ』みたいに。

しかし、薬に頼らないと眠れないのに

『睡魔』を読むってしゃれになんないよなぁ(>_<)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060614

2006-06-13 ちび。

家の娘はチビだ。

小学校5年生。133cm。25kg。

娘との会話

わたし「ねーねー、もっと大きくなりたいと思わない?」

娘「べつにー」

わたし「背が高いと高いところのものとかとれるし便利だよ」

娘「いいんだもん。高いところのものは背の高い人にとってもらうから

  自分が高くなくてもいいの。130cm越えたからディズニーランドに

  いっても何でも乗れるようになったからね。」

私「・・・」


こうやって娘は周りの人を動かしながら

すいすいとうまく世渡りをしてゆくに違いない。


今も、「あー眠い。お風呂に入れない、だれかつれてってー。」

とかほざいている。

せっかくだからパパが入れてやるとするか。

つーか、いいのか小学校5年生。

いつまでパパとお風呂に入るんだ?

いつまでもはいろーねー(^o^)

  

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060613

2006-06-12 寝てました。

W杯初戦。

VSオーストラリア。

1対3で負けちゃったそーで。

いやー、もう朝から風邪気味で、

会社も逃げるように帰ってきて、20:00には

風邪薬と眠剤と安定剤飲んで

すっかりあたしゃ、夢の中でした。


夢の中でしっかりサッカーの夢を見ていて

夢の中では0対0の引き分けだったので、

朝起きた時、カミさんに

「いやー引き分けだったねー」といったら

「なにいってんの後半39分後に3点入れられて惨敗よざ・ん・ぱ・い!」

といわれ、何がなんだかさっぱりわかりませんでした。


引き分けだったら良かったのにねー。

決勝トーナメントすすめるかなぁと

にわかサッカーファンのたわごとでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060612

2006-06-11 餃子を作る。

久しぶりに家族で餃子を作る。


餃子の具もふつーの具だけでなく、

ウインナーやら海老やら、

冷蔵庫にあるものを適当に入れる。


そんで、ホットプレートで焼くわけだが、

もっとも変なものは入れないので

基本的にはおいしい。


出来上がりを楽しむっつーか、

作ってる過程がいいんですね。


不恰好な餃子が焼き上がりにホットプレートの上で

奇妙な連帯感でくっつきあい、

バラバラにするのに一苦労。


そういうのも含めて、

夕食のホットプレートものは結構好きです。

結婚記念にだれかからプレゼントされたもう15年以上の

年季が入ったものですが、重宝してます。


家族の絆はホットプレートから。


家庭円満の秘訣です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060611

2006-06-10 『チ・ン・ピ・ラ』(84年)をみる。

hee2006-06-10

金子正次。

80年代に打ち上げ花火のように輝いた人。

『竜二』(83年)を脚本・主演し公開後まもなく病死。

享年33歳。

なくなるまでに5本の脚本を執筆。

『チ・ン・ピ・ラ』(84年)<『チンピラ』(96年リメイク)>

『ちょうちん』(87年)

『獅子王たちの夏』(91年)

と4本が映画化された。

残る脚本は、『盆踊り』のみ。


金子正次が『竜二』を撮るまでを描いたノンフィクションを基にした

『竜二forever』(02年/原作:生江有二)も『竜二』を見たらおさえておきたい。


『チ・ン・ピ・ラ』(84年)を久しぶりに見た。

「『スティング』のまねじゃんー」というのは簡単だけど、

中途半端な状態が居心地いいっつーのは、

ある意味理想的で、

責任を持たされることで成長するというのは判るけど、

生き方として、成長することが全てというのも

欺瞞のような気がする。


時代的にもバブル突入前夜で

なんとなく浮かれており、

そういう生き方で一生生きていけそうな雰囲気があった。


年をとるということは、

だんだん可能性の幅が狭くなり、

社会的にも責任ある立場になっていく。


自由な生き方を貫くのは、

流されるままに社会的責任を負うよりも

大変なことなのかも知れないなぁ、と

学生時代に見た時と異なった感じ方でした。


それにしても惜しい。

金子正次。


そのままでは、荒削りな脚本も、

別の人が脚色することで十分エンターテイメントになっている。

『盆踊り』映画化しないかなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060610

2006-06-09 と、いうわけで

hee2006-06-09

只今、1:24am。

W杯も始まりまして、今夜は起きている人も多いと思います。


あたしゃ、今日も深夜の更新です(>_<)。

明日は久々の土日とも休み。

これから薬をのんで朝までぐっすり寝ます。


睡眠薬って、飲むとほんとに良く眠れます。

ところが、これがきっかり6時間経つと眼が覚めるもので、

うっかり1時過ぎに飲んだりすると、

とりあえず目覚ましかけてるので6時に起きるのだけど、

まるで力が入らなくて夢遊病みたいになるものだから、

平日はちょっと恐くて飲めません。

というわけでおやすみなさぁい・・・

( ¨)( ‥)( ..)( __)ZZZzz

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060609

2006-06-08 新作映画

hee2006-06-08

10年の沈黙を破り周防正行監督が新作「それでもボクはやってない(仮題)」がクランクインで10月公開。

更にホイチョイプロが、8年ぶりに新作「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」を撮る。来年2月公開。


周防監督はDVDBOXも買ってしまったほど、好きな監督。

ホイチョイ映画は、『私をスキーに連れてって』以来これも好き。

日本沈没』もそろそろ公開だし、邦画ファンとしては、ちょっと楽しみ。


今日もPM半休(2分の1の代休消化(^^;))で

早退し、『野獣死すべし』(80年角川)を見てました。

前年の『蘇える金狼』やその前の『遊戯シリーズ』と同じアクションを

期待した角川春樹が激怒したといういわくつきの作品。

松田優作も単なるアクションスターで終わるつもりではなかったらしく、

狂人伊達邦彦を前面に出す為、奥歯を4本抜いて、終始青白い顔で

抑えた演技。

これはこれで鬼気迫る面白さ。

小林麻美も演技はともかく、やっぱ綺麗だよなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060608

2006-06-07 不眠・・・

hee2006-06-07

ふーみんといえば細川ふみえだが

あたしゃ、不眠でございます。

7日の日記ですが、正確には只今8日の4:22AM。


昨日は帰ってきたのが9時半くらいで、

むちゃくちゃ疲れてたので11時くらいには

居間でうとうとしてたのね。


そんで、ぼーっとしてたら1時くらいになって

1時間くらい風呂に入って、

2時過ぎに出て、

そしたらこんな時間。。。


まいった。

まぁ昼間眠くなったりはしないんだけど

なんか力が入らなくて、だるい。


うーーーむ、いかんなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060607

2006-06-06 『カムナビ』を読む

hee2006-06-06

梅原克文『カムナビ』(上下)読了。


つーかハードカバー発刊の時に読んでるので2度目。


上代文学専攻の私には懐かしい名前がたくさん出てくる。

三輪山、蛇神信仰、箸墓古墳、草薙剣・・・


半村良の作品に多いのですが、

なんでもない日常から不思議なことが起こって

とてつもない歴史の闇の真実が現れる、という系統の作品が

結構好きです。

現実を縦糸にフィクションを横糸に織り込んで作品を仕上げているような・・・。



梅原克文作品は、『二重螺旋の悪魔』『ソリトンの悪魔』が面白く

これは3作目。


寡作なのが残念。

もっとこういった作品書いてください。

『サイファイ・ムーン』はどんな感じかなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060606

2006-06-05 事実は小説よりも・・・

なかのよいおともだちがしんでしまいました。

おともだちのおかあさんはずっとないていました。


がっこうからかえるとき、あやかちゃんのおかあさんがこえをかけてきて

さびしいからおうちにあそびにきてほしいといいました。


かわいそうだとおもってあやかちゃんちにいきました。


おかあさんは、「あやかをかわにつきとばしただろ。」

といいました。


ぼくはそんなことはしていないのに、

ずっと「おまえがやった。おまえがころした」

といってました。


ぼくはこわくなってないてしまい、

おうちにかえろうとしました。


でもそのとき、

あやかちゃんのおかあさんはぼくのくびをしめました。


つよくするのでとてもくるしくなりました。


ぼくは、ぼくのくびをしめているあやかちゃんのおかあさんを

うえのほうからみてました。


あやかちゃんのおかあさんはこわいかおで

ずっとずっとぼくのくびをしめてました。

でも、あやかちゃんのおかあさんはないていました。

悲しい話だなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060605

2006-06-04 『街の灯』

hee2006-06-04

チャップリンの映画で

『街の灯』(原題:『CITY LIGHTS』)という作品があります。

製作は1931年。今から75年前。

盲目の花売り娘と知り合った放浪紳士チャーリーは

彼女の眼を治すため孤軍奮闘します。

そして最後めでたく彼女は手術を受け光を取り戻します。

一方のチャーリーはお金を盗んで逮捕、また無一文の放浪紳士に・・・。

そして街を歩いていると、あの時の少女が。

乞食同然のチャーリーに小銭を恵んであげようと

手を取って小銭を握らせる。

そして有名なラストシーン

“You?”


“You can see now?”


“Yes, I can see now.”


サイレント映画なので、セリフは全てセリフシートが

物語に挟み込まれる形になっている。


このなかで

彼女が、最初に発する、“You?”は、


「あなたでしたの」

と訳すのが一番美しい。


最近、500円で買える(版権が切れた)DVDでチャップリンの映画が出ており、

気になっていたので、まずは一番好きな『街の灯』を買ってみた。


帰って早速ラストを見てみた。


「あなたが?」


・・・あぁちがった(>_<)。


前に見たやつだと、

「あんたが?」という訳のバージョンもあり、

悲しくなったのを憶えている。


ここはやっぱり、

「あなたでしたの」

と、一生懸命がんばって自分の目を治してくれた人に逢えた喜びと

眼の前に現れたのが浮浪者のおっさんだった悲しさをあらわしてほしい。



英語では

”You”

だから、まあどの訳も正しいっちゃー正しいんだけど、

そこんとこ理解して訳してもらいたいもんだ。


いずれにしても、『名作』

お勧めです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060604

2006-06-03 歯医者。

hee2006-06-03

まだ歯医者行ってます。

今日は通院日。


なんか、こういうことを書くと誤解されるかも知れないんですが、

歯医者ってなんかえっちだよなぁーと昔から思ってます。


口の中って粘膜で、普通はそんなに見せたり人に触らせたりする所ではないわけで、

目をつぶって診察台に乗せられて、

(最近は完全に仰向けで頭のほうが下がっていたりする)

其れを、こう、無防備にさらした挙句、

道具を使って、がりがり削られて、

その上神経に障ったりしてむちゃくちゃ痛かったりして、

「痛いですかー」なんて

耳もとでささやかれても、

「大丈夫です」とか我慢したりして・・・。

ちょっとマゾっぽい気分になります。


なんか想像すればするほど卑猥。


想像力豊か過ぎ?

っつーか根がえっちなんだろうか?('.')? ・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060603

2006-06-02 耳鳴りが酷い!

もうね、ずーっとなんですよ。


だいたい、「ぼぉーーーーーん」って鳴ってるんですが、

そんで音がみんなハウリングするので、

聞き取りにくいったらありゃしない。


そんで、それにしばらく慣れると、

今度は「きーーーーーーーーーん」って高周波っぽい音になってる。

これはハウリングはしないんだけど、すっげー不快。

気持ち悪くなってくる。

最低ーです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060602

2006-06-01 クールビズ。

hee2006-06-01

今日からノーネクタイのクールビズやってます。

ネクタイって嫌いじゃないのでクールビズだと

なんか首周りが寂しい。

その上、ちょっと甘やかしてると、

首周りが太くなるので、

クールビズが終了する9月になると

今までのワイシャツが着れなかったりする。

今年は気をつけないと・・・。


と思ってると、カミさんから早速注意。

「スーツ着てないとおなか目立つから、

 気をつけたほうがいいよ」

をを、首まわりばかり気にしてたので

腹まわりはまったく無防備だった。

やばい、やばい。

服装はラフに、中身は緊張感たっぷりで、

クールビズ。

全然楽じゃないじゃん(>_<)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20060601