日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2010-04-30 BOOKOFF

BOOKOFFが出版の衰退の現況を生んでいるという話があり、BOOKOFFで本を買うなど、読書家の風上にも置けないという人がいることもよーく知っています。

でもね、これって卵と鶏みたいなもんで、新刊は平置きの時期が過ぎるととたんに探しにくくなり、再刊は殆どなしでは、とりあえず読みたい本はすぐに読まなくても先ず買わないといけない。本に掛けられるお小遣いだって限界がある。誰も新刊本屋に行かなくなる。

文庫本が1000円近く、単行本は軒並み2000円近く、物によってはそれ以上では、そうそう何冊も買えません。

図書館もありますが、好きな本は、基本手元におきたい派なので、BOOKOFFを活用することになります。学生時代から古本屋は好きでしたので、中古であることにさほど抵抗ないし。

ちなみに新刊本も買います。月に5冊程度。BOOKOFFでは、新刊で買うほどでもないけど、読みたいと思った本を買うようにしています。それで気に入って既刊本で手に入り難いものをあらかた揃えたら、新刊を買うようになるという循環です。

今日は、GW中の平日で、家で一人きりだったので3軒のBOOKOFF巡りしてきました。

で買ってきたのは以下の通り。

スペースシャトルの落日」松浦晋也

「極東セレナーデ」(上)(下)小林信彦

「戦後史開封昭和40年代編」

99のなみだ・雨」

「マグマ」真山仁

「ボクを包む地球の光」4-6巻日渡早紀

ボク地球の続編ですね。

「震度0」横山秀夫

葉桜の日鷺沢萠

家に何冊あるんだ?押入れの奥にあるのを知っていて取り出すのが面倒なんで、買う。これもいまや入手困難な名作です。

「永久帰還装置」神林長平

ソノラマ版は新刊で購入。これはハヤカワ版内容は一緒。

「ガンダム・一年戦争」円道祥之

1STガンダムを戦争を切り口に論じたもの

「ダナエ」藤原伊織

ライ麦畑でつかまえてサリンジャー

 読んでなかった…。

「新宿歌舞伎町アンダーグラウンド」李小牧

 仕事場が新宿なんで、新宿と名のつくものはできる限り読んでます。

こんな感じです。

むーむー 2010/05/02 01:20 買い込みましたね♪
私もBOOKOFFのハシゴします。
シリーズ物は見つけたら買うって感じ。
自分が持っていないのが何巻なのかわからなくなるので携帯メモにリストアップしてあります。

heehee 2010/05/02 12:05 >むーさん
そーなんです。BOOKOFFは集めているものを見つけたら買いなので、リスト必要ですね(笑)。
新刊があっという間に書店から消える今のご時世では、BOOKOFFは必要悪ではないでしょうか。
おそらく出版業界って、需給のバランスが崩れているのではないかと最近特に思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100430

2010-04-29 たけのこ

が実家から送られてきたので今日は筍御飯でした。筍好きです。

夜のメニューは、筍御飯で決まりでしたが、育ち盛りのこども達には、筍尽くし的な料理ではもの足りないらしいのです。なんか、そういうのを聞くと「俺も年取ったな」と感じます。一汁一菜で満足しちゃうんですから。。

でカミさんが悩んでいたので1品だけ作って助けてあげました。いや、単にお肉炒めただけですが。子供たちには好評でした。よかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100429

2010-04-28 朧月夜

甲府。

昼、出る時は雨でしたが、帰りはいい具合に満月に雲がかかり、きれいな朧月でした。

30日休みがとれたので、明日から7連休突入です。受験生2人なので、特に予定のないほんとの休み。ゆっくりします。。

えりこえりこ 2010/04/29 23:25 昨日は満月でしたね。カレンダーに出ているのに、見ませんでした。。。
朧月夜とはまた風流ですよね。
月は欧米では割と不吉なものなので、日本のようにお月見したり、月の変化を楽しむことは発想としてないようですね。
月の模様がうさぎが餅をついているのも、TVで某スペイン人が子供っぽいと評していたのに、文化の違いを感じました。
GW,有意義にお過ごしくださいね。
受験生たちにもたまには生き抜きさせてあげてくださいませ。
あ、日曜日に銀座のパセラで銀魂メニュー全て食しました。旦那と二人で歌も歌わず1時間で(笑)。

heehee 2010/04/30 09:49 >えりこさん
きれいでしたよ、月。幻想的でそれでいて明るくて。月の模様って国(地域)によっていろんな見え方があるんですよね。ウサギって発想は嫌いじゃないです。
パセラコラボの銀魂メニュー全部って・・・(;^_^A 結構お値段しますよね。脱帽です。映画はもう観られましたか?私もこのGW中に観ようかなと思っています。なんのイベントも無いので・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100428

2010-04-27 『鹿男あをによし』文庫化とyoutubeまとめ

作者は万城目学。(まきめまなぶ)と読むらしい。(まんじょうめ)じゃなかったのね。幻冬舎で文庫化されたので「麻雀放浪記」をいったん小休止して読んでます。最近「鴨川ホルモー」も映画化kされてました。

鹿男あをによし」は私と誕生日が一緒の玉木宏くんが主人公でした。TVシリーズ面白かったけど平均視聴率10%と意外と観ている人が少なかったのは返す返すも残念。

原作では、綾瀬はるか演じる藤原君が男性だったり、鹿がポッキー好きだったりドラマとは異なる点もいくつかあるものの、大筋では原作に忠実なドラマ化だったと理解しました。

藤原君を女性にしたのも私的には正解だったと思います。

このドラマ、最近のドラマには珍しくオープニング、エンディングともにタイアップ曲ではなくてインストゥルメンタルで、とてもいい曲です。↓

D

これだけいい曲ですと、演奏したくなるのも分からないではない。吹奏楽でも結構アップしていますが、すげーと思ったのはこのエレクトーン版。鳥肌もんです。↓

D

エレクトーンってこんなにすごい楽器だったのですか・・・。

で、確かにこのエンディングは、歌詞をつけたくなるんだけど、いや、歌ってる方は上手なんですが、歌詞爆笑です。

D

既にDVD化も済んでいます。お勧めです。観ていない人はTSUTAYAへGO!です。

原作も面白いです。

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)

つきのうさぎつきのうさぎ 2010/04/28 13:07 鹿男のドラマ、私も見てましたよ〜。
原作も読んでいたので、あまり期待せずに見たのが良かったかも。
結構毎週楽しみでした。
原作ものってがっかりすることが多いし途中で見なくなったりしますから、悪くなかったですよね。
藤原君の綾瀬はるかについては、賛否両論な感じ。私の友人は嫌がってました。

ところで玉木くんとお誕生日同じなんですか〜。何年違い?ww
私は香取慎吾と同じです(13年違い)ww

heehee 2010/04/30 09:38 >つきのうさぎさん
あ、ここにも同好の士が!うれしい!4月からウチの課に異動されてきた方が「見てました!」というまで、これ、私の周りでは観てる人はおらず、たまにいても、不評で哀しかったのです…。今度ゆっくり「鹿男―」について語りましょう♪
玉木くんと同じ誕生日(1月14日)なんです。
私の15年後です。。
ちなみにワタシノ10年前には石田純一が、11年前には、ルー大柴が、更に40年前には、三島由紀夫が生まれています。
なんとなく、感じるものがあると思うのは気のせですかね・・・ww。

むーむー 2010/05/02 01:08 本当に歌詞大爆笑!
プロモもすてき。まじめに歌っているから尚一層おかしいです。

heehee 2010/05/02 12:17 >むーさん
いいでしょー。あをによしー♪のところ好きです。鹿せんべいは、昔は100円だったのですが、このドラマ(小説)以降、食べる人が出てきたので、人が食べても大丈夫なように改良を加えた結果150円になったんじゃないかと、奈良出身の同僚から聞きました。食べてみたいです・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100427

2010-04-26 司会進行

お客様40名強を迎えた会議&懇親会の司会進行をしました。ほぼタイムテーブル通り。多少の不手際はあったものの、いい感じでできました。こういう場合、大体いつも黒子なんで、ずっと前で司会進行をすることも問題なくこなせてしまうんだと、改めてちょっと自信がつきました。

これができれば、「タブラの狼」で村長できるなと、仕事を遊びに結びつける私であった…。

じょうじじょうじ 2010/04/27 21:12 昨日はお疲れ様でした。
司会進行が大変うまくて感心致しました。
帰りは、電車の中で麻雀放浪記・青春編を詠みながら帰りました。映画ではなかった内容も面白く麻雀がイマイチわからない自分も楽しく読めました。電車の中っていうのもいいものですね。久しぶりに自分の時間というのを使えた感じでした。
では、来月も宜しくお願い致します。

heehee 2010/04/27 21:24 >じょうじさん
遠いところありがとうございました。お役に立てた内容でしたでしょうか。
司会誉められたー。重ね重ねありがとうございます!
裏を話すと、ちょっと前にYoutubeで、タモリさんの赤塚不二夫さん葬儀の際の白紙弔辞を見ていて、原稿なしでできるかな?と思い、実は一切の原稿を作らず臨んだので、実はちょっと冷や汗もんでした(;^_^A
「麻雀放浪記・青春編」映画版に沿っていて、私もすんなり読めました。是非続けて風雲編読んでみてください。面白いですよー。
また来ていただくことがあると思いますが、車中有意義に過ごしていただけると更にうれしいです。
今後ともよろしくお願いしますね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100426

2010-04-25 ボードゲーム

昔はいっぱい出ていたボードゲーム。人生ゲームとか億万長者ゲーム、モノポリー一般的な奴はうちにもありますが、最近は、おもちゃメーカーもまじめに取り組んでないというか、国内メーカーはほぼ絶滅状態なんじゃない?

そんな中、新旧のボードゲームを持ち寄りやろうという会に参加。

えっと、VIRUSが世界中に蔓延するのを4人の医療チームで防ぐゲーム「パンデミック」面白かったです。2回とも世界滅亡でしたが…。

いっぱいいろんなゲームを持ち寄りましたが、1−6時まで5時間もあってもやれるゲームは限られるのが残念。

最後はいつもの「タブラの狼」を。

役職カード(狂人)を引き、占い師を騙り本物占い師を初日に狼に食わせたまではよかったのですが、その後はグダグダ。挙句の果てに、狼・村人・狂人(私)の三つ巴で最終日。狂人の私に運命を委ねる村。一瞬混乱しましたが無事狼側勝利。終わりよければすべてよしです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100425

2010-04-24 554人分はありえないでしょー(笑)

 兵庫県尼崎市が554人分、年額8642万4000円の子ども手当申請を拒否していたことが24日、分かった。申請をした市内在住の韓国人男性は、タイで養子縁組した554人の子どもの証明書など関連書類など数十枚を持参して給付を求めたという。その場で市職員が厚生労働省と連絡を取り、受け付けないことを決めた。給付には子どもの国内居住条件や受給者の所得制限がないため、今後、給付トラブルが続発する可能性もありそうだ。(後略・日刊スポーツ)

すげえ。

でもさ、10人分とかだったら続発しそうじゃん。これって"日本国民に限る"じゃないの?少子化対策の一環なんだから外国籍の人に上げてもしょうがないんじゃない?

えりこえりこ 2010/04/27 00:38 よくここまでやりますよね・・・。
どう使われるかわからない支給よりも、公立の給食費タダのほうがよほどいいと思いますけど。
昔はみんな貧しかったのに子供はたくさんいましたが、今は、お金持ちと比べると貧乏と思ってしまい、不満を言っている人がいるようにみえます。病気や、不慮の事故などの被害を被った方にはちゃんと手当があることは大事だとは思いますが・・・。
私は、現代の日本に生まれただけで、超ありがたいと思っています(以前も書いたかもしれないですが・・・)。

heehee 2010/04/27 06:48 >えりこさん
こども手当は、現金支給ではなく、学校に渡す方が正解だと思います。親によっては、それ、こどもの為に使わない人もいると思うんですよね。
純粋にこどもを育む為に使われるようにしないと。
私もいい時代に生まれたと思います。さんまさんが、「生きているだけでまるもうけ」と言っていますが、ほんと、名言だと思います。ネガティブに考えると確かにやな事多いけど、小さな幸せに目を向けて穏やかな気持ちで毎日過ごしたいですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100424

2010-04-23 『麻雀放浪記(2)・風雲編』

戦時中は、国策薬として一般販売されていた除倦覚醒剤ヒロポン』。戦後、軍に備蓄されていた物がいっせいに市場に出回る。栄養剤としか思われていなかったこの薬に強烈な副作用があるというのが徐々にわかり、1951年に覚醒剤取締法が制定されたもののしばらくの間闇で販売され、ヒロポン中毒者がいっぱいいたらしい。

青春編で、麻雀の世界にどっぷりはまっていった主人公"坊や哲"は、前巻の最後で壮絶な死を遂げた"出目徳"同様ヒロポン中毒になってた。

映画版が前巻の青春編までだったので、その後の話はなかなか新鮮でした。ポン中のまま麻雀を打って仕掛けをしたのが発覚し東京にいられなくなった"坊や哲"は、ひょんなきっかけで博打列車に乗り込み、大阪にでる。

同じ麻雀でも大阪では関東とは異なるルールで、その違いに戸惑いながらもまた麻雀にのめりこんでいく。

あいかわらず、個性的なバイニンたちの生き生きとした姿は、読んでいてほんと面白い。私も関西ルールの麻雀は全くしらないのですが、このキャラクター造詣だけで、十分楽しめます。


数日前に『麻雀放浪記』絶版と書きましたが、文春文庫で全4巻再刊されているようです。ちょっとだけでも麻雀知っている人であれば、面白く読めると思います。

麻雀放浪記 1 青春篇 (文春文庫)

麻雀放浪記 1 青春篇 (文春文庫)

麻雀放浪記 2 風雲篇 (文春文庫)

麻雀放浪記 2 風雲篇 (文春文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100423

2010-04-22 甲府でした

帰りはやっぱ午前様でした。

夜の中央高速は、暗くて、ワインディングロードなんで疲れます。特に今日はずっと雨だったし。

行きも帰りも同行者がいたので、眠くならずに走れてよかった。最近は途中休憩を入れるのですが、今回はノンストップでいけました。

一人の運転だと音楽ガンガンかけてないと落ちそうになるので、危険危険。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100422

2010-04-21 『白線流し』

96年に連続ドラマとして、11話、その後97・99・01・03・05にスペシャル版を放映した作品。先日、TSUTAYA旧作100円の時にまとめて借りてきて今徐々に見ていますが、いやあ、いいです。

こういう青春もの(って言い方が既におぢさんなんですが(;^_^A )好きです。それをカミさんにいうと「こういう高校生活送ってなかったんでしょ、ノスタルジーじゃなくて憧れなんだよね」と冷たいことを言いやがる。確かにそうかもしれないけど。共学だったのになー、なんでかなー。興味がなかったわけじゃないんだけど、男とつるんでる方が面白かったからか。でもおかげで、甘酸っぱい思い出なんか皆無だ…。カミさんの言っていることはおおむね正しい。

中学高校の頃、いろんなこと考えていたと思うんだよね。でも全く覚えていないや。同窓会もやってるのかもしれないけど、実家から離れると連絡もないし、そーいえば中高時代の友達とも殆ど没交渉。基本的に「今が大事」なんだよね、昔から。

だからといって、過去を大切にしないわけじゃない。過去は大切だし、思い出も大切。そういった記憶(よいことも悪いことも、哀しいことも楽しかったこともすべて)が、今の自分を形成していることには間違いないからね。

でもどっちかってゆーと辛いことが多いかも。基本、ネガティブ思考だし。そんな中によいことがあったり優しくされたり、楽しいことがあったりするから、うれしい気持ちになるんだろーなぁ。

白線流し DVD-BOX

白線流し DVD-BOX

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100421

2010-04-20 献血しました。

7年ぶり41回目。この7年、なんだかんだと病気がちで薬が切れたことがなかったので、献血できなかったんだと改めて思う。

で、何で突然献血したのかというと、えと、ここのところほんと頭痛くて、できれば会社行きたくないくらい、いってもあんまし集中できないんで早退したいのだけど、そうも行かず、何もない時は定時帰宅を心がけてるのです。

そんで、今日も定時までお仕事をし、帰り銀行に寄ったら献血センターの前を通ったわけ。

で思ったの。

とりあえず、血圧高くないか調べよう、と。そんで、先日急逝された木村拓也コーチ、脳内出血してたなー、脳内出血するくらいなら、献血で少しでも減らしたらいいんじゃないかと。

鼻炎薬もここ数日飲んでいないので、まいいかと。

で、血圧、今日は133/84。正常の範囲内なのですが、私にしてはちょい高め。特に下。こういうちょっとした変化が原因なんだろうか。そーいえば最近左肩が痛くて上がらなくなってんですよ。これも頭痛の原因くさい。40肩?

にしても、久しぶりに行った献血ルームには若い人がいっぱいいました。最近の若者は…と白い目で見られがちですが、ちゃんとよいことしている健康な若者もいっぱいいるのを目の当たりにして、おぢさんはちょっとうれしかったのでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100420

2010-04-19 アウトローの世界に対する憧れ

悪党にも一分の理という。まじめにサラリーマンとかやってると、せめて空想の中だけでも裏の世界に埋没したいっって気になる。そういうときはピカレスクロマンに限る。

というわけで、今、『麻雀放浪記阿佐田哲也にハマリ中。映画(和田誠監督・角川映画)は好きで、何度か観ているのですが、原作は手に取ることなく、気がついたら既に絶版。偶然古書店で全4巻が売っていてついに読み始めることができました。

まずは第1巻青春篇ね。

戦後の喧騒の中、バイニンと呼ばれるばくち打ちたち。イカサマのやり方が事細かに解説してあり、実践的ではあるけれど、そうそうできるもんじゃない。最近は全自動卓だから積み込みなんてできないしね。自分の女を女衒に売って、その金で一世一代の勝負とか、金がなくなり襖の向こうで女から家の権利書を奪って、支払いに回したり。荒んでる荒んでる(笑)。

麻雀もやらなくなって既に10年以上経つ。麻雀そのものは楽しいし、頭も使う、もしかしたら最高のテーブルゲームではないかと思うけど、賭け事として考えると結局仲間うちで回ってるだけなので生産性皆無ということに気がついたから。

かといってフリーの雀荘に行くほどの技術も度胸もないし。子供たちがもう少し大人になったら、純粋にゲームとして家族でできるとよいかもしれません。

雅 2010/04/22 19:04
坊や哲ですな^^
僕にとってはマンガやらアニメやら
パチスロでしか覚えがないですが・・・orz
10年以上前から健康麻雀なる
呑まない・吸わない・賭けない
と高齢者の集まる施設で行うほど
頭の使うテーブルゲームですよね♪
役など判らないけど遊びならたまには
やりたいですな〜

heehee 2010/04/26 06:53 >雅さん
指先と頭を使うゲームなんで、認知症防止にいいみたいですね。掛けないと面白さ半減ともいいますが、純粋にゲームとしてやるのもいいと思うんだけどなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100419

2010-04-18 カラオケっす。

前日からしっかり薬を飲み、花粉症対策万全で臨みました。この時期のカラオケは当日を迎えるまでビクビクです。

何も考えず当日を迎え前半部屋では1番唄いになってしまい、とりあえず「ウルトラマンガイア」を。

その後、「あんなに一緒だったのに」(ガンダムSEED)、「君は僕に似ている」(ガンダムSEED DESTINY)と、期せずして、TBS土曜6時を唄っていたので、ココはこれで縛ってみようと、「青空のナミダ」(BLOOD+)とかなかなか唄わない曲を唄っちゃいました。

後半は、思いついた奴を適当に。

をを、そーいえば「星空のメッセージ」(藩恵子&スラップスティック)が配信されて早速歌う。この曲、アニメ「1000年女王」が始まる前に特番とかで使われていたイメージソングで、本編では1度も使われていない。当時結構好きで何度も聞いていたのですが、まさかカラオケにあるとは思わず、すっかり忘れてるかなと思ったら、意外としっかり唄えました。もう約30年前っすよ。人の記憶ってすげー(と自画自賛してみる)。

後は、Nさんがデュエット曲を結構入れて一緒に歌ったんで、いつもよりたくさん唄えました。ありがとーございます。

で、いつもであればその後飲み会突入なんですが、頭痛が酷くなりかけていたので、残念ながら帰宅。最近後頭部(首の付け根〜ちょい上あたり?)が妙に痛くて、飲むと余計酷くなったり、気分が悪くなるんで、迷惑かけちゃいけないからね。

そうそう、パセラ5/9まで、映画「銀魂」公開にあわせコラボメニューとの由。エリザベスの乗ったハニトーや銀さんのイチゴ牛乳がある。しかも、銀さんコスプレ衣装も買えちゃったりする。うーん欲しい。。

詳細は↓

http://www.paselabo.tv/cinema/gintama/

銀魂ファン要チェックですよー<Eさん♪

つきのうさぎつきのうさぎ 2010/04/20 03:28 カラオケ、楽しそうでいいですね〜。
最近はめっきりアニソン系歌わなくなっちゃいました。
子供たちと行くと、知らない歌ばかりで・・・・。
現役アニオタの子供たちとは一緒に行けません。

ところで、heeさん、大丈夫ですか?体調。
後頭部、首の付け根ってことが気になりました。
13日の記事にもめまいがしたって書いてあったし。
年齢も年齢なので(失礼・・)脳ドックをオススメします。
頭部と頸部のMRIは撮ったことありますか?
私の知人はそれで小さな脳梗塞が見つかって、大事に至らずに済みましたよ。
2時間程度で済むみたいなので是非。

えりこえりこ 2010/04/20 21:23 ほんと、頭痛など心配です。私も偏頭痛持ちですが・・。
病院に行かれたほうがいいと思います。

パセラは知ってますよ〜。銀座と上野では、メニューも少し違うんですよね。どこかには必ずいく予定。
サンシャインのフェアにも行ってきたし。等身大パネルに抱きついてきたから(爆)。

heehee 2010/04/20 22:02 >つきのうさぎさん
現役アニオタのお子様と行くのも一興ですよ。おかげさまで、私、最近の奴もそこそこいけます。もっとも、70〜80年代のリアルタイムがホームですので、そっちの方で連合してお子様世代を迎え撃ちますか(笑)。
で、ご心配おかけしまして…。
脳ドックなんてあるんですかー。人間ドックの脳だけ版観たいな感じですかね。痛くないですか?
病院行った方がよいのかなぁ。でもそれでほんとに病気見つかるのもやだしなぁ。検討しまーす。
>えりこさん
パセラ是非行ってみてください。メニュー見ただけで爆笑でした。銀さんのいちご牛乳に洞爺湖文字入りのTOPPO(?)が!等身大パネルに抱きつくのはちょっと(;^_^A
頭痛ダメです、全然治りませんのよ。。。最初は花粉症のせいかなぁと思ったんですけど、どーも違うっぽいし。医者ねぇ…あんまし好きじゃないんです。。特に大きな病院。でもやっぱ、一度診てもらった方がいいですかね。

えりこえりこ 2010/04/22 23:55 ご家族のためにも、ぜひ病院に行ってください。偏頭痛が酷いときは、座薬とかもらいましたよ(笑)。
病院・・行くまでがしんどいですが、例の木村コーチの件もあるし。。。
行ってなんでもなかったら、安心できるしね。

heehee 2010/04/26 06:56 >えりこさん
病院行きましょうか・・・。一時よりはよくなってるんですけど、薬飲んでもあんまし効かないみたいだし。プチっといっちゃうのも怖いですが、何よりいろいろなことをほったらかしたまま入院とかいわれるのも怖いんで、病院いくの気が進まないんですよね・・・。

heehee 2010/05/02 11:49 銀時のいちご牛乳に刺さっているのは"洞爺湖文字入りのTOPPO”ではなく、お箸(片方)に洞爺湖の文字シールが貼付されているものでした。TOPPOの法がいいと思うんだけどなぁ。洞爺湖の焼印つきで・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100418

2010-04-17 まるごとバナナ

hee2010-04-17

ヤマザキの名品。10年以上前から発売されているロングセラー。

これ出た頃、1日1回は食べてた。昼食後デザートとかいって、食ってたわけですが、バナナ、生クリーム、スポンジ、カロリー高いんだろうな。

包装紙にはカロリー表示なく、ヤマザキのhpを見たら、426kcalもあった。

カミさんと買い物に行くとスーパーに並んでいて懐かしくて買ったものの、食後にこんなもの毎日食ってればそりゃー太る。だから、社会人になって、数年で10キロも太ったんだろう。

むーむー 2010/04/18 22:39 まるごとバナナ大好きです!!
時々無性に食べたくなって、売り場の前を様々な葛藤を抱え
行ったり来たりしながら、理性で抑えこんでいます。

heehee 2010/04/20 17:07 >むーさん
をを、同好の士だ!うれしい!ほんと、これ傑作ですよね。値段も手ごろだし。
ま、食べたいものを食べないとストレス溜まりますから、理性で押さえ込まず、食べてしまいましょう。たかが426kcal。食事1回分と考えて1食抜けば済むことです・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100417

2010-04-16 花見と雪見がいっぺんに。

富士吉田のお客さんのところへ。

富士吉田は、雪でした。あーんど、桜も見頃、正に満開。満開の桜に雪の帽子をかぶってる光景はそうそう見れるもんじゃないね。

(一応写真撮ってきたけど、よくわからないですね)

f:id:hee:20100416151948j:image

月齢的に今は新月だけど、これで満月だったりしたら、夜、降雪の雲が晴れたりすると月見もできる。

花見酒・雪見酒・月見酒。

自然を愛でつつ酒を飲むハットトリック、グランドスラムの完成。

と下らんことを考えるほどに、

寒いです!!

おかしいでしょー4月も半ば過ぎて雪なんて。

あー地球が狂ってるー。

沙門沙門 2010/04/18 09:52 金曜日は箱根も凄い雪みたいでした。
土曜日の午前中に行ったら、駐車場や道路わきに雪が残ってましたし

heehee 2010/04/18 23:36 >沙門さん
何でしょうねぇ、こんな時期に雪だなんて。つーか、ここ数日、10度単位で上下する気温で、体調最悪です。
身体に気をつけてくださいねー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100416

2010-04-15 『官僚たちの夏』

城山三郎著・新潮文庫を読む。去年TVでやってたの録画してあるけど見てないや。

ミスター通産省と呼ばれた男を中心に昭和30年代、高度経済成長の中、人事、政策の内側を描いた話。と書くと堅い話のようだし、面白くなさそうだけど、仕事に真剣に取り組む姿勢は、大変興味深いものでした。

とかく悪者にされがちな官僚ですが、国を憂い、自分たちがこの国を守ろうという想いは今の官僚にだってあるはず。

主人公は破天荒で、正論を武器にどんどん突き進んでいく。その姿勢は、爽快ではありますが、おやじと慕う人がいる一方で、本来味方につけておきたい政界財界や、省内ですら、同じだけの敵を作ってしまう。

振り返れば、私もこの主人公に近い。こういう生き方は、ほんとに損だと思う。主人公は頂点である次官にまで上り詰めるけど、私はずっと日陰者なんだろうなぁ。でも生き方変えらんないもんね。清濁併せ持つ、波風立てずってゆーのが、処世術としては正解なんだよね。わかっててもなかなかできない自分がいます・・・。

戦うサラリーマンに読んで欲しい1冊です。

官僚たちの夏 (新潮文庫)

官僚たちの夏 (新潮文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100415

2010-04-14 秋葉原に公式GUNDAMCafe。

hee2010-04-14

4/24(土)秋葉原駅前にopenらしい。

バンダイのプレスリリース↓

http://www.bandai.co.jp/press/images/3/56613.pdf

23時まで営業って事はお酒も呑めちゃうってこと?

松戸にあったGUNDAMミュージアム併設のGUNDAMCafeの出来がすごくよかったのですが、ミュージアム閉館とともにココも閉店。「残念だなぁ」と思っていたんでこれはうれしいニュース。OPEN当初は激コミでしょうから、落ち着いた頃に行ってみよう。「シャア専用ズゴックパスタ」あるかなぁ。

(写真はイメージパース)

雅 2010/04/16 19:41 いや〜
気になりますよね・・・

やっぱり Caféの外観は
木馬のイメージですかね?(笑)

heehee 2010/04/18 23:34 >雅さん
も気になりますか(笑)。いやいや、落ち着いたらぜってー行ってきて、ココでレポしまーす。お楽しみに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100414

2010-04-13

帰りに、同僚と焼肉屋にいって楽しく談笑していたのですが、ビール2杯で眩暈が…。??まるで、むちゃくちゃ飲んだ時みたいな状況になり、恥も外聞もなく路上で蹲ってしまいました。優しいにーちゃんが「大丈夫ですか」と声掛けてくれました。そりゃ、普通のサラリーマンが路上で苦悶していたら何事かと思うわな。

にーちゃんありがとう。しばらく休んで、帰路に。家に着いたときは多少回復していたけど、まだなんか変な感じ。

かのんかのん 2010/04/14 18:52 ええっ、大丈夫ですか!?
体が「無理させないでくれっ」と悲鳴を上げているのでは
ないでしょうか??
ほどほどにどうぞ〜〜。

あ、桜の花粉に興奮作用があるといわれていますが、
その影響とか??

heehee 2010/04/14 22:03 >かのんさん
どーもご心配おかけしまして(;^_^A いやいや、自分が一番びっくりしました。ビール2杯ですよ。いくらなんでも2杯でダウンはありえません。
桜の花粉の興奮作用。。うーんそーいえば、新宿御苑、会社のすぐ近くだから桜の花粉舞いまくってそーです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100413

2010-04-12 『誘拐』

本田靖春著、ちくま文庫を読む。

本田靖春のノンフィクションは『疵−花形敬とその時代ー』以来2冊目。

この話は、私より上の世代の人なら必ず知っている営利誘拐殺人事件である「吉展ちゃん事件」の話。1963年だから、私が生まれる2年前に事件がおき、私の生年の1965年の7月に犯人が逮捕された。犯人は小原保32歳。身代金は50万。当時の貨幣価値から行っても決して高額ではないらしい。

何故犯人はこのような凶行に走ったのか?何故2年もの間犯人は捕まらなかったのか?事件の全容が、被害者とその家族・加害者とその親族・警察側といろいろな側面から描かれており、大変興味深い。

誘拐は憎むべき犯罪だけど、自供するまで曇っていた小原の目が吹っ切れたようになり、自分の罪にしっかり向かい合う場面や獄中歌人として300首以上の短歌を詠んでいるところは胸に迫る。

最後の1行、自供に追い込んだ警視庁刑事平塚八兵衛が、小原の墓前でこう叫ぶ。

「オトしたのは俺だけど、裁いたのは俺じゃない」

裁いたのは裁判官でもない。世間の人々一人ひとりが裁いたんだとも聞こえる。罪を憎んで人を憎まずというが、人を殺めた以上それなりの責任を取らねばならない。しかし、それでもなお、人が人を極刑としての死刑を与えることの是非を改めて考えさせられた1冊でした。

誘拐 (ちくま文庫)

誘拐 (ちくま文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100412

2010-04-11 『DUEL』

スピルバーグ初監督作品。邦題は「激突!」

何回も観てますが、久しぶりに。やっぱ傑作です。デニス・ウィーバーが、1台のトラックを追い越したところから物語は始まる。最初は、排気ガスが煙いので追い越したけど、それをトラックが抜き返し、スピードを上げない。邪魔なので、もう一度追い抜く。すると、トラックは煽ってくる。面倒なので、窓から手を出し「先に行け」と指示。そうするとまたスピードを緩めるトラック。更に追い越しをしようとすると進路妨害、トラックの運ちゃんが「行け」と指示するから、前に出ようとすると対向車があり、すんでのところで事故になるところ。。頭に来た男はアクロバティックな動きで前に出た。そこから男の恐怖が始まる。

もともとTVサイズだったものを、海外では映画として上映。90分程度の短編ですが、ほんとよくできています。

トラックの運転手が最後まで出てこないところも恐怖を倍化させていてとってもいい。

つきのうさぎつきのうさぎ 2010/04/12 23:13 スピルバーグって天才だなあと思いますよね。これ見ると。
大きいものってそれだけで怖いものなのに、執拗に追いかけられるって・・・。
ホントに怖い・・・・。しかも正体不明。どんなホラー映画より衝撃的です。
そういえばこれもマシスン原作でしたね。

heehee 2010/04/13 06:14 >つきのうさぎさん
気づかず観たのですが、「ある日どこかで」と同じリチャード・マシスン原作ですね。運命感じちゃうなぁ。
「激突!」は初めて観た時衝撃でした。初監督作品、しかも25歳の若さでこんな映画を撮ってしまうスピルバーグは天才だと思いました。
車を運転する機会が多いので、不用意な煽り、追い越しはしないようにしよっと。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100411

2010-04-10 『ある日どこかで』

1981年に日本で公開(東急レックス系)されたものの、全くの不入りで2週間で打切りされたのに、その後TVや口コミで話題となり、今となっては知る人ぞ知る、知らない人は全く知らない不朽の名作。http://d.hatena.ne.jp/hee/20100125の日記で書いた「午前十時の映画祭」で、DVDは持っていて何度も観ているけどスクリーンで観たことないこの「ある日どこかで」が今日から1週間、TOHOシネマズ海老名で上映との事で、昨日インターネットで座席予約してカミさんと観てきました。久々のデートです。スクリーンはそれほど大きくはなかったけど、ほぼ満席。予約しといてよかったです。

あぁ、やっぱりジェーンシーモアは美しい。

f:id:hee:20100410203129j:image

これっすよ、この美しさ。しかもニュープリント、大きな画面。

ファーストシーン、初演を無事終えたリチャード(クリストファー・リーブ)の元に一人の老婆が懐中時計を片手に近づいてくる。その懐中時計を握らせ、一言、

「Comeback to me(帰ってきて)」

とつぶやき去っていく。。ここから感涙でした。もっともココで泣けるのはその後の展開を知っているから。

その後突然場面は8年後。脚本家としての名声を得たリチャードは、スランプから逃げるように旅に出て、旅先のホテルで偶然見つけた写真(↑ね)の女性に恋をするけど、この写真は1912年のもの。ってことは、今はいくつよ?って事で図書館で資料を漁って現在の彼女の家を突き止めたものの、彼女は既に亡くなっていて、しかもその彼女は初演の時に意味不明な言葉と懐中時計を残した老婆だった。で、彼は、彼女が生きた時代にタイムトラベルするんだけど、なんつってもタイムマシンを使わず、想いだけで超能力者でもない一般人が時を超えてしまうところが他のタイムトラベル物とちょっと違うとこ。出逢った瞬間、恋に落ちる2人。ここら辺はちょっとできすぎじゃと思ってはいけません。基本ファンタジーですから。

過去のシーンは、幻想的なやわらかい輪郭のフジフィルムで、現代のシーンは硬質に映し出すコダックのフィルムを使っているということがDVDの特典映像で語られていますが、これはスクリーンで見るとよりはっきりとわかります。DVDもいいですが、せっかくですからスクリーンで観ると、よりよい作品です。

音楽もラフマニノフの『パガニーニの主題による狂詩曲(ラプソティ)』が効果的に使われ、更にジョン・バリーの優しい音楽(これは浅田真央ちゃんのショートプログラムで使われてました)が素敵です。

見ていない方、できればスクリーンで、時間が取れない方はDVDで是非ご覧ください。感涙必至です。

D

むーむー 2010/04/11 23:29 録りためている映画の中にありました。
時空を超えた愛!も私のツボ。
今度観てみます。

heehee 2010/04/12 22:09 >むーさん
撮っておいて観てなかったのですかー。それはよかったです。
是非々々ゆっくりとご覧ください。2回目はファーストシーンから泣けるって意味がわかりますので複数回の視聴をお勧めします。初回よりも2回目。2回目よりも3回目がいい映画ってのは貴重です。

つきのうさぎつきのうさぎ 2010/04/12 22:59 映画の話題に食いつきま〜す。
私も大好きです。この作品。
原作のマシスンがきっかけで見たんですけど、原作より映画のほうが良いと思う数少ない一つですよ。
タイムスリップ(トラベル)ものって、パラドックスが気になって話に入り込めなかったりするんですが、
これは作品全体の雰囲気が素敵なのであまり気にならないんです。
ジェーン・シーモア綺麗ですねえ。
こういう上品な美人女優は最近のハリウッドでは絶滅危惧種…。
大好きなクリストファー・プラマーが出てるのでお気に入り映画です。

heehee 2010/04/14 06:49 >つきのうさぎさん
知人で、この映画知ってる人に初めて会いました!時間物SFではパラドックスがつきもので、確かにこの作品でも懐中時計はいったいどこから来たの??というところに引っかかるとまったく楽しめなくなっちゃいますが、そこはそれ、全体的な雰囲気とジェーン・シーモアの前には瑣末なことです。
クリストファー・プラマー、興行主ロビンソンですね。英国紳士然としてむちゃくちゃかっこいいです。この映画の中では、2人にとって邪魔者だけど、やはり、エリーズを愛していたんだろうなぁ。「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ大佐役やってましたね。

つきのうさぎつきのうさぎ 2010/04/15 01:17 連続レス失礼します〜。トラップ大佐で好きになったんです。まさしく。
正統派2枚目だと思うんですけど(声も素敵)、なんかキャラクター俳優というか、サイコな役とか、悪役が多くて・・・。結構マイナーですよね・・。
「ある日どこかで」は名画座ハシゴしちゃうような映画ファンなら結構知ってると思います。
(そういう人が少ないってかww・・。)
「午前十時の映画祭」のリスト見ました。トリュフォー映画以外は見てました。
「ライトスタッフ」ぜひ見てください!!
私のベスト10上位にいつもある作品のひとつです。
男たちがたまらなくカッコイイです!
heeさんならツボだと思います!
あと、奥様と見るなら「眺めのいい部屋」がいいと思います。
アイボリー監督の作品は、男性にはちょっとダルイ感じがあるかもしれませんが、
「ある日どこかで」がお好きならイケると思います。

heehee 2010/04/15 06:41 >つきのうさぎさん
だって意地悪な役似合いますもの<C.ブラマー。運命からは逃れられないってわかっていながら、2人の邪魔をするんだもん。トラップ大佐はあんなにかっこよかったのに。
「ライトスタッフ」「眺めのいい部屋」今度TSUTAYAで探してみまーす。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100410

2010-04-09 『麦ちゃんのヰタ・セクスアリス』

立原あゆみ著。漫画です。最近はなんか書いてるのかな。ちょい前は本気と書いて「マジ」とかいうヤクザもの描いていたけど。


高校生の多感な頃、集英社コバルト文庫で出ていて、かなり影響を受けました。麦ちゃんとともに青春(というところが既におぢさん)を過ごしたといっても過言ではないです。性に目覚めつつ、かといって今のように奔放に生きるわけでもなく、一人の男の子が自然に恋をしたりたくさんの人に支えられながら成長していく物語は、理想でした。

先日、古書店でもう10年以上前に再刊されていた文庫(第1部全4巻)を発見し、購入し読むと昔日が走馬灯のように蘇りました。科白の一言々々、コマ割までしっかり憶えてるって事は、かなり繰り返し読んでいたんだよね。「あーこれ読んでた頃は純粋だったなぁ」と含羞とともに懐かしさが。今となっては、麦ちゃんよりも父上の記氏に近い年齢になっちゃったけど、今の若い人が読んでもよいと思うんだけどなぁ。

麦ちゃんのヰタ・セクスアリス 1 (YOU漫画文庫)

麦ちゃんのヰタ・セクスアリス 1 (YOU漫画文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100409

2010-04-08 でもちゃんと会社に行っちゃう俺

って、ある意味、社畜ですorz。安月給でこき使われてる。

「エイリアン旋風譚」菊池秀行 読了。

エイリアンシリーズの短編集。新書版で朝日新聞社から再刊されていた時に巻末についていた新作+書き下ろしを1作加えて1冊に。

にしても、新書で1,000円って、いつの間にこんな値段設定になったんだ?最近新書といえば薄〜い新書ばかりが本屋の棚にならんでますが、昔は2段組の小説がいっぱい出てた。ウルフガイシリーズや真幻魔大戦サイコダイバー、あーあの時代はよかったと、ここでも懐古趣味。

いつまでたっても高校生の八頭大&太宰ゆき。こっちは40も半ばだっつーの。

このシリーズ面白いけど、短編なので消化不良。また長編が読みたくなってきた。でもなーさすがに年齢的に高校生の活躍する小説はもういいか。。

すーたんすーたん 2010/04/09 11:22 だいじょうぶー??ゆっくり休めない時期だもんね><
無理はしないでね(´・ω・)

heehee 2010/04/10 07:58 >すーたん
パパはがんばります。すーたんもいろいろ大変そうですががんばってねー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100408

2010-04-07 頭痛→早退

残すところ2時間で限界、早退してきました。

5時前に帰宅、そのまま爆睡。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100407

2010-04-06 懐古趣味

最近、回顧趣味にはまっています。

突然サイボーグ009のOP↓しかも白黒の方が頭から離れなくなり、youtubeで見てましたら、

D

実質上の最終回「地下帝国ヨミ編」のラストブラックゴーストの本体、魔神像とともに成層圏に飛ばされた009を救いに行く002。だが燃料尽きて2人で流れ星になって消えるあのシーンが観たくなり、検索したらあった↓

D

いやぁいい世の中になりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100406

2010-04-05 微熱の日

この時期、花粉のせいか、風邪なのか、過労なのかよくわからない微熱が続く。

今日も朦朧とするけどアポがあるので会社に。行けばいったでやらないといけないことが山のようにあり。でもきっついので、18;00には帰りました。

家に着いてとにかく床に付くものの夢見が悪い。体調の悪い時、熱の出てる時はほんと悪夢を見る。

明日は山梨。体調よくなっているだろーか・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100405

2010-04-04 花見

恒例の花見in代々木公園。30人弱。ボドゲ&カラオケのお友達と。

桜は満開、お酒はうまいで気持ちよくへべれけになりましたが、いかんせん寒かった…。いくら飲んでも寒さ抜けん。で、更に飲む。

3時頃解散になったのですが、歩いていたら先に行き過ぎたのか遅れたのかなぜか回りに誰もおらず一人になり、ま、いっかと、連絡いれてそのまま帰宅。ご心配おかけしました。記憶ところどころ飛んでますが、無事です。

ご一緒していただいた皆様、ありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100404

2010-04-03 十八歳の父

hee2010-04-03

長男が、18回目の誕生日を迎えました。

18歳の父なんて想像つかない。これから未来に向かって歩き出す息子と比較して自分は間違いなく折り返し地点を過ぎているわけで。なのにこんなにふらふらしていていーんでしょうか・・・。

「誕生日、欲しいものは何?」と聞くと

「電気スタンド」と。

今使ってる奴は、私が学生の頃使ってた奴。白熱灯なので熱くなる。LED照明の奴らしい。さすがに受験生、勉強する気になったんだろーか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100403

2010-04-02 ちらし作り。

仕事柄、こんなこともやってます。

先月素案を作り、5稿目にして素案からガラリとテイストが変わる指示。どうやら、むこうの上の方の方が出てきて意見を出たらしいけど、これじゃお客さん来そうもない内容。会議に参加していないから言われたままとりあえず作りましたが。

大体、こういう的外れなことになるのは、現場を知らない上司が、余計な口を挟んできた場合が多い。それをいさめるのも部下の仕事なのになんにもいわず、どんどん本筋から外れていく。結果、思った成果が出ない。で、上司は責任を取るかというとまずとらない。

組織ってのはどこも同じだよなぁと思いながら、ま、クライアントのいうことだし、自分に言う場が与えられていない以上、いわれた通りにするしかない。

くだらない…。けど仕事だからね、お給料もらってるからやるけどね。

みっちゃんみっちゃん 2010/04/04 21:51 チラシ作り、懐かしいですね。自分が客に立場になって考えればそんなに的外れな指摘はしないと思うんですがねぇ。

heehee 2010/04/04 22:52 >みっちゃん
そうなんですよー。なんかかっこつけちゃって…。そもそもEXCELでつくってんだからある程度限界って物があることを理解していないところが先ず問題。更に、著作権肖像権等々の権利関係もあり、何でも使えるわけじゃないのに、カタログに出てるものは何でも使えると思われてるふしもあり、困ったものです。
仰るように、観る人の立場にたったものの考え方が第一だと思うのに何故こうなるのか全く不思議です。何かいわないと気がすまないんでしょうねぇ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100402

2010-04-01 『ダーティペアの大帝国』

を読む。高千穂遙ダーティペアシリーズ7作目(といっても前巻『ダーティペアの大征服』との前後編)。ハヤカワja文庫

まーね。面白いことは面白いのです.

今回のお話は、まんま、ポケモンのお話+RPGゲームを小説化した感じ。なるほどー高千穂遙がポケモンを語るとこんな感じなのね・・・。

ライトノベルの走りのようなこの作品。第1作『ダーティペアの大冒険』は出たのは1980年。そうそう、中3か高1の頃だった。30年前のコンセプトで書き続ける(といっても7作だけど)のはすごいし、そこそこ楽しめちゃうのは、自分のおつむの程度が30年前から全然成長していないからかもね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100401