日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2010-06-30 「『七人の侍』と現代−黒澤明再考」四方田犬彦を読む。

新聞の2面下段の新刊広告にあり、本屋で探して買いました。

黒澤明監督の「七人の侍」(1954)は、ミーハーと呼ばれようと私の中で邦画ベスト1作品です。この本は、過去の名作として段々見られなくなってきている「七人の侍」が、海外での映画研究をしている著者が感じた「海外では現役の作品として観る者のこころをうち続けている」という現実を元に、もう一度この作品の内容を見直してみるといった内容。

侍、百姓、野伏せりの3者を分解し、それぞれの描き方はどのようなものだったか、登場人物一人ひとりの役割、特に三船敏郎演じる"菊千代"についてはページを割いて解説しています。

ラストシーン「勝ったのは我々ではない。あの百姓たちだ」という有名なシーンも脚本段階では、偽侍の菊千代の土饅頭に刀を付き立て、「こいつは真の侍だった」というラストだったらしい。

それもありかも…と思いつつ、一人に焦点をあてるより、、4つの土饅頭が強い風に曝されている実際のシーンのほうが群集劇としてありのような気がします。


古い映画でしかも長いので、観たことの無い人もいると思いますが、日本人なら一般教養として観とくべき名作です。

この本は、「七人の侍」を複数回観た事のある人ならお勧めですが、1度も見た事ない人で興味のある人なら面白く読めるかも。。

『七人の侍』と現代――黒澤明 再考 (岩波新書)

『七人の侍』と現代――黒澤明 再考 (岩波新書)

つきのうさぎつきのうさぎ 2010/07/01 14:06 ものすごーく同感します。
「七人の侍」は世界に誇れる邦画の名作だと思います。
雨の中の乱闘シーンなど、何度見てもすごいです。
外国の監督で影響を受けているのが、はっきりと見て取れる時もあり、やはりクロサワはすごいと思います。
「蜘蛛巣城」はごらんになりましたか?
これも一見しておく価値ありと思っています。

heehee 2010/07/01 21:48 >つきのうさぎさん
この本によると、すでに「七人の侍」はひとつのジャンルとして確立しているようです。似たような設定の話けっこうありますよね。
「蜘蛛巣城」観てますよ。三船演ずる鷲津武時が無数の矢で本当に射掛けられるシーンは圧巻です。
50〜60年代の黒沢映画にははずれがありませんね。といいつつ、実は『夢』も結構好きだったりします…。

じょうじじょうじ 2010/07/01 22:08 昨日はお疲れ様でした。無事に山梨に着きましたよ。普段は、なかなか飲む機会がないので、みなさんの話を聞けて大変勉強になりました。
引っ越し大変だと思いますが全部処分にならない事を祈っております。

heehee 2010/07/01 22:25 >じょうじさん
無事帰着よかったです。昨日の飲み会も楽しかったですね。ホルモン食いながら炭よりも熱く仕事のことを語る。こういう飲み会って実は好きです。飲んだくれる飲み会も好きですけど。。
ものがたくさんあるのは自覚してるんですが、なかなかねぇ、捨てるのは勇気が要ります。ホント、全部処分されないように気をつけないと・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100630

2010-06-29 「99のなみだ・雨」を読む

99のなみだ」は元々いくつかの質問に答えるとその時の気分にあう掌篇小説を出すDSのソフト。これはその文庫版で、すでに5冊出ているらしい。読んだのは2冊目かな。DSのソフトは主人公の名前を自分の名前(入力しておくと)に置き換えてくれたりしてより感情移入しやすくなっています。

副題は「涙がこころを癒す短編小説集」というくらい、12のグッと来るお話の寄せ集め。20ページ前後なんで、お話に感情移入ができないとぜんぜん泣けません。だからこの本を読む時は「おし、泣くぞ!」と気合を入れて臨まねばなりません。シニカルに分析をしようものなら、あざとすぎる話にむかついてきちゃいますので、のめりこむように読むことをお勧めします。

往復の電車の中で読んでいましたが、私的に親子ものは、やっぱ身につまされて(T^T)ウルっときそうでした。

お手軽に涙腺ゆるませてしまいたい時にはお勧めです。

えりこえりこ 2010/06/30 00:19 「泣ける」ものが好きという日本人っぽい感覚は、欧米人にはあまりないようですね。こういう本は電車の中では読めないですよ〜。車内で読んで一番ヤバかったのは菊田まりこさんの「いつでも会える」という絵本。もう人目があっても号泣状態でした(泣)。さらに著者は妹の学友でした!

heehee 2010/07/01 21:40 >えりこさん
そーなんですか。泣くのはストレス解消によいのにね。泣かせ演出と判っていてもこの際感情移入してしまったもん勝ちって時もよくあります。
絵本での泣きものといえば、シェル・シルヴァスタインの「大きな木」。これは、泣けます。裏表紙の作者の顔をみると一気に醒めますが…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100629

2010-06-28 はい、今日も人狼ですが何か?

いつもの道玄坂で人狼。

今日は「ミラーズホロウの人狼」と「究極の人狼」を。

「ミラーズホロウ」は、先日初めてやりましたが、小さなテーブルを囲みこじんまりとできる(それでも8人はいないとできないけど)のがよいですね。

「究極の人狼」は初めてやらせてもらいましたが、どちらかといえば「タブラ」よりも「ミラーズホロウ」に近い感じ。

それでも、昼のターンに"狼""人狼"という言葉を会話の中に盛り込まないといけない"ティーンウルフ(ヤングウルフガイ?)"やら、狼が食べて(襲って)しまうと、翌日腹痛を起こして狼ターンが1回休みになっちゃう"病人"やら、狼に襲われてもその翌日には死なず、翌々日に死ぬ"タフガイ"など変な能力者がいっぱい。

ただの村人って、ま、人によっては面白いという人もいますが、やっぱ役職者となって村人を助けたいってのが人情ってことを考えると、みんななんか何らかの役職を持つのって面白い。"狂人"を狼が指名するってのも面白い。例えば村側に有利な占い師などを狂人指名したらこれは狼絶対有利になりそう。

しかし、人狼の最大の難点は、人が集まらないとできないってこと。こうして、なんとなく、人狼ができる場所がいくつかあるのってやっぱ素適かもしんない。

仕事ばかりで、帰りに飲む位しかなかったところ、仕事からまったく離れたところで、頭もそれなりに使うのってストレス発散にはもってこいだと思う。

もっとも、いつまでこの余裕の状態(今も決して暇ってわけじゃないけど…)が続くか。。ま、遊べるうちに遊んでおこうっと。

ちなみに今日は4勝1敗。あんまし注目されませんでしたが、毒薬で人狼を始末するといういい仕事もできたし、自分的にはまずまず。

ご一緒いただいた皆さん、ありがとうございました。

またよろしくねっ!

究極の人狼 (Ultimat Werewolf)

究極の人狼 (Ultimat Werewolf)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100628

2010-06-27 あと1ヶ月ほどで・・・

引越しです。といっても直線距離で1kmも離れていないところですが。

結婚して最初に住んだマンションからいまのところに引っ越してはや10年。増えた荷物、もう使えそうに無いものの選別、新しく買わないといけないもの、登記、引越し業者の選定、その他もろもろをこの1ヶ月でやらないといけないので、これから来月一杯、それと8月中旬くらいまでの土日は遊べません。。

部屋も増えるので、カーテン、照明、エアコンも揃えないと。。。前回の引越しの時はほぼそのまま持ち込みで引越しできたのですが、今回はそうも行かず。なんか新婚当時を思い出します。

思い出の染み付いた家具を捨てるのは忍びないのですが、いかんせん家具はすべての部屋に作りつけ。まったく置くスペースがありません。数千冊の本、DVDはどこにおくのか?屋根裏も限界がある。うーん困った。

まずは、この1ヶ月は、モノを増やさず、いかにして整理をするか。

「整理ってのは捨てることだからね」とカミさんの冷たい言葉。簡単にそれができれば苦労はしないのよ。。。

こんなに苦労して引越ししても、来年単身赴任とかになったらやだなぁ。

えりこえりこ 2010/06/27 22:54 ついに来月ですか。10年いたところを引っ越されるのですね。お子さんたちがかなり小さいときからですから、思い出もたくさんあるでしょうね。

むーむー 2010/06/28 01:56 処分、整理って本当に大変ですよね。
もういいや、と思って処分した本をまた集めたりしちゃってます。

heehee 2010/06/29 21:03 >えりこさん
上の子が小学校低学年、下の(ヲタ)娘に至っては今の前のうちの記憶はないという。。学校は、家から見えるほど近く、2人にとってはよい環境だったと思います。これまで転居を伴う異動がなかったというだけですが、引越しの大変さを考えるといろんな意味で幸運だったと思います。
>むーさん
ほんと、私、基本"捨てられない人"なのです。さらに収集癖もあったりするので、物にあふれた生活。一歩間違えばゴミ屋敷です。。
でも今回はさすがにある程度は処分しないと・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100627

2010-06-26 「枕女優」新堂冬樹を読む

一昨日、「8時だヨ!全員集合伝説」が読み終わりそうだったので、本屋に行き新刊を物色していたらこれがあったので、購入。ハードカバーで出てた時から気になっていたんですが、無事文庫化。

中身は"枕営業"(体を提供することで役を得る)で、望み通りトップ女優になったものの、現実の自分と女優としての自分に心神喪失していく女性の話。

現実にもありそうな話だし、節々に「あぁ、あのタレントのあの状態がこれね」といえるような描写はありますが、うーんと、それだけ。期待していたんだけどなぁ。

特にこころに訴えるものが無いというか、浅いというか…。新堂冬樹ものでいえば、「無間地獄」とか「鬼子」の方が書き込まれていて面白かったです。

枕女優 (河出文庫)

枕女優 (河出文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100626

2010-06-25 「8時だヨ!全員集合」伝説 居作昌果を読む

TVのお笑いで1時代を築いた番組でいえば、「8時だヨ!全員集合」が私にとっての一番の番組。ちょっと上の世代なら、「てなもんや三度笠」「巨泉・前武のゲバゲバ90分」、少し下なら「俺たちひょうきん族」といったところか。。

「8時だヨ!全員集合」も、16年の歴史の中で第2期('71)位から荒井注脱退志村けんの初期までしかみていないので、薀蓄を垂れるほどのフリークではないけど、幼少期に強烈な印象を残した番組だった。

この本は、「8時だヨ!全員集合」のプロデューサーだった居作昌果さんの著作。番組制作の中心に居た人なので、裏話満載で全員集合リアル世代にはお勧めです。

8時だョ!全員集合伝説 (双葉文庫)

8時だョ!全員集合伝説 (双葉文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100625

2010-06-24 枯れ木も山の賑わい

参院選スタート。

小泉チルドレンが捲土重来。

原田じゃない、杉村太蔵が「たちあがれ日本」から立ってるらしい。帰宅途中、街宣カーが走ってて、「あれ?杉村太蔵ってあの、あいつか?」と。

片山さつきや佐藤ゆかりんも自民から。

そのほかなんだか聞いたことのある、“げーのー人””アスリート”の皆さん。

政治って誰でもできる、の?

金メダル目指しつつ片手間でできちゃうの?

なんだかなぁって感じです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100624

2010-06-23 『震度0』横山秀夫を読む

キャリアってどの官庁でも出世レースに汲々としてるのかなぁ。天下り先の確保の為には業界に融通利かせちゃったり。組織ってのは多かれ少なかれ隠蔽体質といわないまでも、問われなければわざわざ声を大にして言うことは無い的なことを考える人は多いと思う。でも結局それが、大きな事故につながり結局しがみついていた会社そのものをつぶしかねないというのは、雪印の事件を見ても明らかなのに、特権を得るとあたかも自分の能力かの如く振舞う莫迦上司はどこにでもいる。

「震度0」は、警務課長の不破失踪事件と、殺人事件容疑者・大沢の逃亡という事件が、阪神淡路大震災の起きたその日にN県で起きるところから始まる。

阪神淡路大震災という未曾有の災害も単なる時間軸表現にしか使われないのはどうかと思うけど、彼ら(N県警本部の中心メンバー)にとっては、600kmはなれた土地の歴史的災害より、警察内部の不祥事の方が大問題ってわけか…。

ま、莫迦に付ける薬は無いってこと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100623

2010-06-22 今日はお仕事で午前様

毎日遊んでるわけじゃないんだよー。

今日は出張でした。

最近、急発進、急減速、速度超過が起きると、即上司にメールが入るGPS監視機能が営業車付けられた。

おかげで、高速道路も80kmf厳守。あぁ素晴らしき哉、安全運転。

にしても10分以上エンジン停止するとそこが目的地と判断され、次のエンジン始動で出発地となる機能まである。ってことは、営業車の動向がすべて記録されてることになる。帰路石川PAでトイレに行ったのまで記録されてやがる。。。

いや、別に悪事に使おうという気はさらさら無いのですが、なんだか気味が悪い。そこまで自分の会社の人間が信用ならんのかね?

もっとも、導入側の言い訳はあくまで危険予防、抑止の意味らしいけど。

いずれにせよ、やり過ぎはいけないと思うなぁ。「白河の清き流れに魚住まず 濁る田沼の水ぞ恋しき」これは政治の話か・・・。

--------------

今朝社内メールをあけてみると着てましたよ、GPSからの自動密告メール。直属上司+部長以上の全上司に一斉配信。

ちなみに高速で102km/h。追い越しかけたところをチェックされたらしい。130km/hとかならともかく、102km/hって瞬間的に100km/h超えすることってあると思うんだけどなぁ。。下らん!

(2010.06.23追記)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100622

2010-06-21 今週も人狼でスタート

今週も月曜から人狼です。

会社帰りにちょっと一杯って感覚で、人狼してます。なんじゃそりゃ。

今回の戦績は2勝2敗。

村の能力者を初日に吊らないために村人宣言をし、初日吊られるのは村勝利に導く有効な手段かもしれません。「自分を殺していいよ」というのは、狼は言わないだろうし、能力者ももったいないから言わない、村人の特権。

占い師をやった時に、狂人に占い師を騙られ、この狂人が狼判定をだし、しかも霊能者が裏打ちするというまさかの占い能力を発揮。おいおい、私の立場がないじゃんか…。どー考えても自分の方が偽者っぽい…。

人狼やってて思うのは、いかに自分が正しかろうと、話の内容と話すタイミング、語勢などでまったく信用されないってこと。もちろん日頃の行い(態度)が大切であることも言うまでもない。これは実生活でも確かにあること。どうしたら自分の考えている方向に全体の流れを持っていくか。これを冷静に対処することができれば、人狼も実生活もうまくいくかもしれません。

哀しいけど、社会って正直者だけが得をするわけじゃないのよね・・・。


主催者様&ご一緒いただいた皆さんありがとうございました。何しろ、8名以上いないとできないゲームだから、一人ひとりの参加が大切。今後ともよろしくお願いいたしまーす(^^)/。

NOVNOV 2010/06/22 20:38 お疲れ様でした。
いやぁ、あれは狂人の作戦がちでしたが
はまりすぎて狼も狂人かどうかわからなかったよ

heehee 2010/06/23 21:20 >NOVさん
あれは、作戦だったんですか!?
ま、狼のNOVさんも村人、狂人で、狂人食べちゃいましたもんねww。
いやいや、やられましたわ。。
いろいろ大変かと思いますが、たまに骨休めにおいでください。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100621

2010-06-20 左手が上がりません。

もう1ヶ月くらいになるのかなぁ。左肩が痛くて、水平以上に手があがりません。これが40肩(一説には50肩)って奴?上げなくてもちょっと重いものを持つと激痛が走ります。

これから引越しを控えて、おとーさんの実力発揮しないといけないのに…。やっぱ、インドア主体の趣味が多いとこういうことになる。とはいえ、こうなってからでは、もう何もできません。

経験者によると、「気がついたら治ってるよ」というので、特に治療に通うつもりも無いんです。幸い、右手はまったく問題ないので生活に支障もないし。

さすがにガタが来るお年頃。お付き合いしているのが若い方が多いので、自分の年齢がわからなくなることがありますが身体は正直です。自重せねば…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100620

2010-06-19 幸せのおすそ分け。

3月に結婚をされた方の新婚旅行報告会。

”フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート”オンリー5日間だったそう。それでも回りきれないってんだから、こういうツアーもありなのだろう。

結婚式、披露宴のVも合わせて観させていただきました。自分の結婚式&披露宴のVは1回も見たこと無いのに。披露宴では作曲家の東海林修先生が来賓として出席されており、2曲生演奏。Vにはフルで収録されておりました。こりゃすげーうらやましい。鳥肌たっちゃいました。

結婚式は幸せの頂点。これから多少の上下はありつつも上がることは無いのが結婚生活ってもんじゃないかと思っています。でも下降スピードを落とすことはお互いの努力でできるので、思いやりとまごころで幸せな家庭を築いていって欲しいです。

ん?おまえがゆーなって感じですね…自戒を込めてっつーことで。

むーむー 2010/06/20 22:00 いっぱい動いて頂いてありがとうございました。
次回持ち寄りブツの中にぜひとも!!ご自身の結婚式&披露宴のVを混ぜ込んじゃって下さい。いや〜楽しみだなぁ。

heehee 2010/06/20 22:48 >むーさん
そんなお目汚しを人前で晒すなんてできませんっ。

えりこえりこ 2010/06/23 08:35 お疲れ様でした。本当に、色々とありがとうございました。一番先輩なのにやっていただいちゃってすみません。デュエット楽しかったです!

heehee 2010/06/23 21:18 >えりこさん
先輩なんてゆわないで〜((T_T)/。ほぼ同じ。逆におねーさん方と思っていたほうが気が楽で…。
そうそう、なんか久しぶりに一般曲のデュエットしましたww。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100619

2010-06-18 金曜も人狼

今週は人狼ウィークでしたな…。

仕事をさくっと切り上げ、18:00過ぎには会場入り。店内にはすでに10名近い人が。初めての人ばかりなので緊張…と思ったら、何名かの方は月曜日道玄坂で一緒に(タブラの方)やった人だ。人見知りの私としてはほっと一安心。

さて、ミラーズホロウの人狼は、タブラの狼とちょっと違う。まずカードデザインが素敵です。ルール的には例えば、基本、ガードマンがいない。人狼同士で殺しあえる。キューピッドやハンター他いろいろな役職がある。確かに狼がまぎれこんだ村の人間vs人狼って図式は変わらないけど、妙に役職者が多いのは気になる。とはいえ、人狼では村人を引くこと多いので、役職者になれるこちらの方がどきどき感は勝るかな。

で、昨日の戦績は、

1.ハンター○

最終日、最後の一人の狼を相打ちにし勝利。

2.狼×

えーと、ほとんど狼カミングアウト的発言を不用意にしてしまい敗北。

3.村人○

4.占い師○

5.村人×

この時は、初日吊られそうになって何とか役職者を守ろうと無能力者COしていたのにけりがつかず結局コイントスで勝ってしまい、しかも相手が占い師だったという…。もう少しうまく誘導すれば勝てましたね。

6.魔女○

話をリードしていた保安官を蘇生させ、毒薬で最後の人狼を抹殺。これは自分的にMVPだった。

7.占い師×

初日魔女、占い師、ハンターの3名COで、4名がCOし、一人が狼の騙りとなる。そこで狼に自殺されてしまい、占い師だった私は、貴重な役職者に人狼嫌疑をかけてしまうというミスリード。「ミラーズホロウ」には狼自殺って手があるのをすっかり忘れてました。

1日7回も人狼やったのは初めて。しかも今週は月曜日もやってるし、完璧人狼ウィークでした。仕事が思ったほど忙しくなかったのとタイミングがよかったってことでしょうか。

この反省を生かして、またやりたいなぁ。

主催者さま&ご一緒いただいた皆さんありがとうございました。

ミラーズホロウの人狼 (The Werewolves of Miller's Hollow) カードゲーム

ミラーズホロウの人狼 (The Werewolves of Miller's Hollow) カードゲーム

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100618

2010-06-17 そりゃ、なんでも擬人化すればいーってもんじゃないけど・・・

はやぶさ、がんばったよ。つい感情移入しちゃう。今回の快挙はそういう人が多いよね。

f:id:hee:20051127015104j:image

はやぶさ擬人化で、これが最高に泣けた絵でした。

満身創痍で地球に帰還。でも本体は、大気圏の摩擦で燃え尽きてしまう。

(youtubeにその瞬間をまとめたものがありました) D

f:id:hee:20100617211645j:image

という話をお昼の話題にしたら、

「でもさー、はやぶさは偉いと思うけど、毎日文句も言わず、こんな暑い日も雨の日も文句も言わずジュース売ってる自動販売機だって偉いです」

といわれ、確かにそのとーりだと思いました。


ヒデリノトキハナミダヲナガシ

サムサノナツハオロオロアルキ

ミンナニデクノボートヨバレ

ホメラレモセズ

クニモサレズ

サウイウモノニ

ワタシハナリタイ

って気分です。


======☆

(2010.06.19追記)

>むーさんへ

ヤマトといえばはやぶさがらみでこんな動画がありました。爆笑ですが感動編です。

D

むーむー 2010/06/17 23:42 朝のワイドショーでヤマトの「無限に広がる大宇宙
」がBGMに掛かっていて、忙しいのに手を止めて泪しました。

heehee 2010/06/19 08:24 >むーさん
上に動画(Youtube)リンクを追加しましたb(^_^)。「こんなこともあろうかと」という真田技師長の名台詞と勿論ヤマトのBGMに乗せて、はやぶさのトラブルとその解決技術を説明しています。
まったく世の中には暇人…じゃない、素晴らしい職人さんがいっぱいいます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100617

2010-06-16 「コミュニティ」篠田節子を読む。

篠田節子は、作者読みをしている何人かの一人。デビュー作「絹の変容」から、ずっと読んでいます。今回の「コミュニティ」は6つの作品から成る短編集でどれも「世にも奇妙な物語」風の作品でした。

表題作「コミュニティ」は重症のアトピーを持った我が子の為に都心のマンションを売り払い、郊外の、かつてニュータウンと呼ばれた公団住宅に移り住んだ夫婦の話。エロティックな話ではありますが、70年代に開発し、すでに役割を終えたような団地がうちの近くにあったりするので、勿論絵空事の話であると知りつつ、死にかかっている団地という共同体を救う手段として完璧なコミュニティなのかもしれないと思いました。うらやましいようなそうでないような、いや、うらやましくないな…。ここら辺は読んでいただけば意味はわかっていただけるかと。

「夜のジンファンネル」は、途中まではいいなと思ったんです。理想的な大人の恋愛小説って感じで。でも現実はこんなに綺麗にはいかないよーな気がする。葛藤と後悔と未練と…いろんな感情を胸に抱いてゆっくりと時間が解決するのを待つ感じ?

「恨み祓い師」もホラーですが、篠田節子が才能あるなーと思うのは、こんな面白いネタを連作にせず、短編1作でまとめてること。才能の無い作家だとこのキャラだけで何作も書いてしまいそう。

他3作もいい感じで面白いです。短い作品なのですぐ読めます。お勧め。

コミュニティ (集英社文庫)

コミュニティ (集英社文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100616

2010-06-15 雨、や。

休みだったら、いいのになぁ。

どっこにも行かない、予定の無い日だったら、雨よいのですが、特に仕事の日の雨降りは、一気にやる気をなくす。

とはいえ、ホワイトカラーなんで、アポが無ければ外出することもないのですが、往復の電車、これがたまらなくいやです。

満員電車、濡れた傘、不快指数100%、おそらく乗り合わせた人みんなそういう思いなのに、あたかも自分だけが不快な思いをしているように憮然とする人々。

今日から入梅らしい。今年は長梅雨らしい。。。

季節は秋だけでいいです。(春はよい季節なんだけど、花粉が…)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100615

2010-06-14 月曜なのに人狼

「タブラの狼」をやる会があって、ベルサッサして参加。

最初人が揃わなくて「チルノのさんすう教室」(?)ってゆう、カードゲームを。昨日隣でやっていたのを見ていてやりたかったのでよかったです。絵柄はかわいいけど頭を使う良いゲームでした。

20時近くなり、ようやく人狼スタート。2戦目、狂人のカードを引いたのですが、いつもの見慣れたカードじゃなかったので、夜のターンでスルーしたら、逆に絵柄が判らないのは、初心者に違いないということになってしまい、それがブラフとなって狼側勝利。相変わらず見かけによらずリアルな狂人です。

3戦目も最終日まで縺れ込みただの村人で生存、霊能者を擁した村側勝利で3戦終了。

こいつは月曜から調子がいいぞ。

にしても、人狼をやってると自分の莫迦さが嫌になる。つーか、基本人見知りなのよね。。

お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。

今度はもっとひっぱるよーになります。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100614

2010-06-13 ボードゲーム・カードゲーム

の集まりに行ってきました。

何度か参加していますが、この世界も結構ディープです。

今は、なかなか見かけませんが、TVゲーム前夜は、友達が集まるとこういうゲームでよく遊んでました。日本では90年代前半でほとんど絶滅してしまいましたが、海外ではまだ新しい作品が発表されているらしいです。

今回もたくさん持ち寄った中から、5つやらしてもらいました。

1つは、出された問題(数字)を全員で予想するゲーム。例えば「日本全国でハーモニカを吹いたことのある人は○○人いる」という問題に対し、全員がこの数を小さなボードに書き"いっせのせー"でOPENする。とはいえ、正解なんてわかるわけが無いので、回答の中で一番多い人と少ない人が▲50p、ちょうど真ん中の人が+100pもらう。こういう問題を2週繰り返して得点を競うわけ。要は空気読めゲームなので、正解とか正解により近いっていうより、『みんながこう考えそうだから真ん中はこれくらいかな?』というのを予測するわけ。

次にやったのは『「世界ふしぎ発見!」ゲーム』。TV番組のボードゲームです。こういうのも昔よく出ていましたね。

世界地図の双六みたいなものですが、各大陸の秘宝をクイズに正解して集めて行くゲーム。TOP抜けしました。クイズ得意ですーエッヘン(^^)/。

3番目にやったのが、しりとりゲーム。

50音とワイルドカードがあって、先に出されたカードに対し、自分の持っているカードを末尾に持っていった言葉を言いながら箱に投げ込む。手持ちのカードなくなったら勝ちですが、7とか5とかの数字のカードを出すためににはそれだけの文字数を考えないといけない。回りで見てると「簡単にできそうじゃん」と思うのですがやってみるとまったく手が出ないとゆー。

最後が、言葉遊びのゲーム。

12枚の持ち札に、名詞を中心とした様々な言葉が書いてあり、出題者が出す問題に一番あうと考えられるカードを渡す。回答者全員のカードを発表し、一番出題者の琴線に触れたカードを選ぶ。そのカードを出した人が勝ちで、3枚(ルールでは4枚らしい)選ばれた人が勝ち。

あ、もう1個やったな。順に自山のカードをめくっていき、同じ絵柄のカードを出した人同士で、真ん中に置いたシンボルを取るゲーム。と書くと簡単そうですが、カードには紛らわしい絵柄が書いてあり、つい間違う。間違うと場に出てるカードを引き受けなければならない。勿論勝利条件は自山をなくすこと。


とまあ、5時間半、こんなことして遊んでました。

ゲームやってるとそれに集中しないと楽しめないから、ついつい熱中する。そうすると日ごろの諸事雑事を忘れる。これがストレス解消に役立つのかもしれません。

楽しいゲームをありがとうございました。またご一緒いただいた皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

みゅうみゅう 2010/06/14 13:29 カードゲームが流行った時期がありましたよね。20年くらい前でしょうか。
地元のそごうは玩具売り場にコーナーがあり、当時いくつか購入しました。まだ家にありますし、お正月に家族でやったりしてますよ(笑)

heeさんとそのお仲間さんなら、楽しんでくださりそうなものがあります。いつかお渡しして、プレイしていただけるといいな

heehee 2010/06/15 01:04 >みゅうさん
私もうちでは、家族でUNO位ならやるんですが、ほんとその程度の初心者で。。いやーそれにしていろんなゲームがあります。毎回楽しませてもらっています。みんなでわいわいやりながらゲームに興じるのって、ほんとに楽しいですよ。せっかくですから是非お持ちになって一緒にやりましょう。ゲームたちも遊んであげるほうが喜ぶに決まってますからね♪

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100613

2010-06-12 予定を入れない土曜日。

最近歳のせいか、とみに体力が無くなり、ウィークディが忙しいと週末1日はゆっくりする時間が欲しい。そんなことなら、飲みに行かないでさくっと帰ればいーんでしょうが、ウィークディの飲み会ってのは、仕事といわないまでも仕事の延長線上に間違いなくあるもので、そこで得るものは多い。

さて、というわけで本日は、見事に何もしないゴロ寝の日。手の届くところにリモコン、本、DS。立ち上がるのは食事とトイレとDVD入替の時だけ。

こういうことをしていると、絶対に太るわな。8月に定期健康診断があるので、そこまでには何とかせねば…。

えりこえりこ 2010/06/19 10:27 DVDとDSですか?
丁度先週の土曜日、姪がきて、うちで銀魂のDVD,彼女の見てないところ、謎なところ、私のお薦め中心に、6時間ぶっ通しでみていました。

heehee 2010/06/20 10:43 >えりこさん
もうね、動かないときは徹底して動きませんのよ、私。トイレも持ってきて欲しいくらいです。
携帯も充電中は動かしませんものねっ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100612

2010-06-11 ウルトラな街

祖師谷大蔵でお客さんと飲み。久々に逢うお客さん。新商品のカタログヒアリングのお仕事でアポを入れた時、「heeさんの空いてる日の夕方で!」とご指定。要は仕事よりもその後が大切ってこと?このお客さんとの飲みはほんとに楽しくて、私としては渡りに舟。

で、仕事もそこそこに飲み会に突入。女の子がいる店に行くわけでなく延々「どうしたらお客さんに喜んでもらえるか」という話を中心に終電近くまで飲んでしまいました。

祖師谷大蔵は、かつて円谷プロがあったってことで、ウルトラマンで町おこし間最中。駅に下りればそこかしこにウルトラマン、セブン、怪獣のポスターが貼られています。極めつけは、駅前広場にウルトラマン像。写真↓

f:id:hee:20100611233951j:image

せっかくだから銅像にすれば、「バラージの青い石」の時に出てきた太古の昔に来た巨神像みたいになっていいのになぁなどと書いても判る人にしか判るまい。。。

えりこえりこ 2010/06/12 22:13 こういうのがあるのですね〜。
浅草のバンダイ本社にも、ウルトラマン(みたいな?)があった気がします。。。

ももちんももちん 2010/06/12 22:57 ついこないだまで住んでいました。
某メーカーの某リフォームショップの隣駅ですよねw
なんか、まだそこに帰りたい気持ち30%くらいあります。住み良い街でした!!!

heehee 2010/06/13 09:57 >えりこさん
井荻駅前のガンダム像も笑いましたが、これはもうそのまんまで…。色着いていると経年変化での汚れが気になってくるのでメンテナンス大変だと思うのですが。。公園にある動物の乗り物みたいにうらぶれた感じにならないことを切に願います。
>ももちん
祖師谷大蔵住みだったのですか。ここ商店街が充実していて、一般的な東京のイメージとはちょっと違う感じでとても住みやすそう。ちょっと行くと畑とかあるし。
帰りたい気持ち30%ってことは、帰りたくない気持ちが70%ってことですか?綺麗な海、広い空にやっと慣れてきたって感じですかねww。
逆に私は、ここを離れてそっちに行きたいです。。。

えくぼえくぼ 2010/06/14 18:53 楽しい時間、本当にありがとうございました。
ただ、写真のピントがずれているのは、最後の3分間が効いたのかな?

heehee 2010/06/15 00:59 >えくぼさん
いえいえこちらこそ。久しぶりに楽しかったです。
ピントのずれは単に携帯の性能のせいで…(;^_^A
いや酔っていたのは間違いないんですが…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100611

2010-06-10 「鴨川ホルモー」万城目学を読む。

先日見た同名映画の原作を読む。会社の後輩に貸してもらいました。

映画は、一定の時間内に収めないといけないので登場人物設定の改変、シーン前後の入替など原作通りに作ることは難しい。それに一番の要因は、小説を先に読むと、自分の好きな役者さんにありえないアングルで脳内映画を作ってしまうので、映画化された時、どんなに忠実に作っても違和感を感じてしまう。

それが映画の評価につながってしまうのは、悲しいし、映画を製作した人々に対して失礼だと思うのです。

この映画も原作と比較するとやはり原作に軍配です。どうしてもそうなってしまうケースが多いのは仕方がない。

だから、「読んでから観るか、観てから読むか」という昔の角川メディアミックス戦略のキャッチコピーでいえば、観てから読む方がよいのではないかと思うのです。。

鴨川ホルモー (角川文庫)

鴨川ホルモー (角川文庫)

むーむー 2010/06/12 00:35 「読んでから観るか、観てから読むか」・・・ってまた私が数日前に考えていたフレーズなんですけど。読みました?

私も良く映画→本、本→映画をしますけど、両方満足いくって難しいですよね。

heehee 2010/06/12 09:19 >むーさん
思考回路が似てるんですね、きっとww。
映画→本、本→映画、落胆しちゃうのは、どちらかといえば本→映画が多いです。理由は本文の通りなんですが、逆に映画の出来が原作を超えたと思ったのは、私的には
「砂の器」
「犬神家の一族」
「野性の証明」
です。

愛(めぐみ)愛(めぐみ) 2010/06/12 20:22 映画→本だと映画じゃ描ききれなかった分を補完できて良いな、ってことも多いですが
本→映画だと確かにがっかりすることが多いですよね〜
同じようにほとんどまったくダメなのが本→テレビドラマ化なんですが…
唯一ドラマ化してもすごいと思えたのは「永遠の仔」ぐらいかな…

むーむー 2010/06/12 21:34 heeさん、私ここ数日の脳内音楽、町田義人の「戦士の休息」だったんですけど・・・
(19日に歌おうかなぁと思ってて)

それから愛(めぐみ)さんのおっしゃる「永遠の仔」。本もドラマもインパクトが強すぎて、現実世界に戻ってくるのが本当に大変でした。

本を読んでイメージした主要人物の4人のうち、3人までが当たった、正にイメージ通りのドラマでした。

heehee 2010/06/13 08:15 >愛(めぐみ)さん
まったくその通りです。TVドラマ化も同様です。
期待外される事が多い。最近ですとTVドラマ→本でしたが、「鹿男あをによし」は私的にはいい感じでした。「永遠の仔」は、ドラマ終了後に本読んだので、観ていないのです。あのすごいお話をちゃんとドラマ化できたのはすごいかもしれません。
>むーさん
を、「戦士の休息」期待していますよww。「10億光年の愛」「美しい人・エメラルダス」と合わせ、私もよく歌います。お手伝いしまーす(^^)/。
私、「永遠の仔」は本しか読んでいなくて…。それほど評判よいなら観てみようかしら。DVDレンタルしてるかな。
そうそう「がんばっていきまっしょい」もTV、映画共に、原作の印象壊すことなくよく映像化に成功していると思えます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100610

2010-06-09 感謝・200.000pv

いつも拙blogをご覧になって頂いてる皆様。

おかげさまで、200,000pvをに軽々通過することができました。今回は自分で踏まなくてすんだみたい。(ただいま200150)

pvってゆーのは、"ページビュー"カウントなんで、次頁を見ると1pvされるので、「訪れた人」をカウントする"カウンター"よりも当然カウントは多くなりますが。

とにかく中身があろうと無かろうと続ける事が大切と思っていますので、意味不明な内容もあるかと思いますが、「誰かに見られてる」というのは、それだけでモチベーションになったりします。

芸能人が綺麗なのは常に人の目にさらされそれを意識しているからとかいいますが、blogを年中無休で継続するっていうのもそれに近いかもしれません。

驕る事なく淡々と。

派手さはありませんがこれからも体力気力が続く限りいこうと思ってますので、今後ともお付き合い、よろしくお願いいたします。

もっとも、あくまでも(気概だけ…)なので、いつ止めちゃうかわかりませんが。。。

えりこえりこ 2010/06/11 00:40 おめでとうございます!!

heehee 2010/06/12 09:07 >えりこさん
ありがとーございます。これもえりこさんのようなリピーターさんがいらっしゃるおかげであります。
ほんと、毒にも薬にもならない内容ですが、これからもよろしくお願いいたしますね(^^)/。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100609

2010-06-08 「マグマ」真山仁を読む

真山仁は「ハゲタカ」の作者。

この小説も外資ファンドが企業再生を図る話なので姉妹編といってよいと思う。

冒頭、日本の原子力発電を全廃しろとの外圧があり、代替エネルギーとして有力な地熱発電研究会社を買った外資ファンドが新方式の地熱発電所をつくる話。

「ハゲタカ」ほど企業買収の攻防があるわけではありませんが、休暇から戻ると自分の所属したチームが全員解雇されていた女性が、いきなり企業再生を任されたのは何故か?倒産させたしまった放蕩社長がそのまま会長職に残ったのは何故か?原発研究の第一人者が何故反原発、地熱発電に一生を捧げるのか?かつて原発予算を初めて勝ち取った政治家が何故地熱発電をバックアップするのかなど、様々な人の思惑が重層的に進み、あっという間に読み進めることができました。こういう骨太な話って結構好きかも。

お勧めです。

マグマ (朝日文庫)

マグマ (朝日文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100608

2010-06-07 あと1日、2日で200,000pv

カウンター開始は、2006年7月ですので実質もう越えていますが、1日でのべ150pv弱は見ていただいているようなので、おそらく明日か明後日に200,000pv達成します。気がついたら右のpvを確認してみてください。携帯ではわからないのが難点。。。

を、200,000♪という方がいたらコメント入れていただけるともしかしたらいいことがあるかもしれません。

でもなー意外と自分で踏むんだよなぁ。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100607

2010-06-06 今更、サンレッドにはまる。

歌はよくカラオケで聞いていたし、自分でも歌ったことあるんですけど、見たこと無かったんです、「天体戦士サンレッド

うち、川崎なんだけどTVK見れないし。

で、暇なときに何気に検索したら全話見れるサイトがあって時間があるときにしこしこ見てます。今33話まで。

神奈川県川崎市を舞台に繰り広げる正義の戦士サンレッドと悪の組織フロシャイムとの戦い、とか書くと純粋なヒーローもののように思えますが、まったくそんなことはありません。サンレッドは正義の味方のくせに保険の外交員のかよ子さんのヒモだし、フロシャイム川崎支部長のヴァンプさんはお料理上手でとってもやさしい人。

一番のお気に入りはフロシャイムのぬいぐるみ怪人アニマルソルジャー。特にウサコッツは最高にかわいいです。

f:id:hee:20100607002335j:image

(Pちゃん・改、ヘルウルフ、ウサコッツ、デビルネコ)

DVDレンタルされないかなぁ。。

かのんかのん 2010/06/10 20:11 サンレッド大好きです!ヴァンプさんは俺の嫁です!(使用法違う)…でも川崎で、TVK映らないのって、なぜなのでしょう??

heehee 2010/06/12 09:05 >かのんさん
ヴァンプさん優しくて悪の組織においとくの、もったいないですよね。
あ、TVK入らないのは、アンテナが多摩局向いてるからです。うちって横浜方向に山があってそれが電波を遮っている為、多摩局からTV電波を拾っています。その関係で、MXTVは見れるんですが、TVKは観れないのです…。
サンレッド、レンタルを心待ちにしています…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100606

2010-06-05 Vシネオールスターキャストで新選組を作るとこうなるのかー(笑)

「実録 新選組

まずは以下に主要キャストを列記しますので見てください。

近藤勇:小沢仁志

土方歳三寺島進

沖田総司大沢樹生

芹沢鴨:白竜

山南敬助中野英雄

永倉新八:金山一彦

斎藤一石橋保

坂本竜馬:哀川翔

岡田以蔵:中山一也

西郷隆盛:小西博之

松平容保遠藤憲一

宮部鼎蔵:清水宏次朗

どーっすか。Vシネオールスターキャストの新選組。

これはすごいと思って、コレクションしていたんですけど、おうちでの仕事の合間(遊んでる合間に仕事をしていたという説もあり)についに見てしまいました。

えと、爽やかな大河ドラマ版「新選組!」と比べると、少し年齢いっちゃってますが、決して史実を無視したつくりにはなっていません。作品は2部構成。この作品は第1部。多摩〜壬生浪士組結成〜芹沢鴨暗殺〜池田屋事件まで。以降は別作品「実録新選組 完結編」として同じキャストで作られています。

これまで新選組って幾度も映像化されていますが、局中法度後、つまらない理由で名も無き隊士が次々に切腹をさせられるシーンがここまでしつこく出てくるのは初めてかもしれません。キャストがコワモテの俳優さんばかりってせいもあるんですが、ほんとにヤクザもの見てるみたい。でも、新選組って、一言でいえば時代の読めなかった武闘派極右集団ですから、この映画のような目を背けたくなるような事実があっても不思議ではないような気がしました。

一方で、近藤勇と芹沢鴨はお互いを信頼しており、コンちゃんセリさんと呼び合う仲として描かれています。他の作品でももちろん近藤と芹沢は決して反目していなかったという描かれ方はしていますが、この作品はそれがかなり強い感じがします。ただ、演じているのが小沢仁志と白竜ですから、どーみても義兄弟にしか見えないんですけど。

異色キャスティングではあるけれど、「新選組」フリークの方には、一見の価値ありです。

実録 新選組 [DVD]

実録 新選組 [DVD]

えりこえりこ 2010/06/06 22:33 わあ〜、マジですか〜コレ!
寺島進は、長州ファイブでは高杉をやっていて、それだけでも私としてはちょっと・・・でしたが。。。。
このキャスティングは、西郷さんしか納得いかないわ〜。内容は映画だから別にどういうパターンでもいいんですが、顔はもうパロディとして見るしかないですね。

容保=遠藤憲一ってwwwww

heehee 2010/06/07 21:39 >えりこさん
マジです、まじ。うちのカミさんに言わせれば、草刈正雄の沖田総司以外はありえないそうで。
新選組はほんとにたくさん映像化されているので、見比べてみると面白いですよー。
遠藤憲一の容保は、えーと、眼力がすごかったです。でもこのメンバーでは、それでも気弱な感じであってなくはないです…よ。

えりこえりこ 2010/06/09 08:31 まあ、奥様、そんな古い映画をご覧になっているのですね。私としては、沖田=草刈正雄もちょっと美形すぎという気がします。。。色の黒さと体格の良さは合っているかもしれませんが。
ご存知かもしれませんが、昔、三国連太郎が芹沢鴨を演じていて、それが佐藤浩一にそっくりなシーンがあるんですよ。顔も映像も。三谷さんがわざと狙ったんだと思いました。

heehee 2010/06/12 09:00 >えりこさん
カミさんと私は同い年。草刈正雄の総司は「新選組始末記」です。私も小学生の頃はじめて見た新選組のドラマでした。ちなみに土方は若い頃の古谷一行でした。草刈正雄の総司はほんとにかっこよかったです。
三国連太郎が芹沢鴨やったのは、三船敏郎が近藤をやった奴ですね。観てます。
三国連太郎と佐藤浩市って親子ですよね。親子で、憎まれ者"芹沢鴨"やっちゃうってのは、ある意味すごい。うちに帰ると鴨が2人ww。いやな家だなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100605

2010-06-04 はい、週末もへべれけ。

今度、講師をやっていただくセミナーの先生と夕方お話をしまして、その後食事。といいつつ飲み。

いろんなお話が聞けて楽しかったです。

お忙しいせんせーで、翌日早い予定があるにもかかわらずお付き合い頂いてありがトーございました。

で、新百合に着くと外は雨。傘がない。しばらく「春雨じゃ、濡れてまいろう」と思って歩き始めたもののだんだん強くなってきやがって、仕方がないのでうちにエマージェンシーコールしてピックアップして貰いました。情けない月形半平太でした。。さすがにもう春じゃないのね。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100604

2010-06-03 発条切れました。

いろいろと書きたいことがあるんですが、昨日の持ち帰り仕事の続きをちいさい画面で集中してやってたら、完全に発条(“ぜんまい”ってこんな漢字なんだ…)切れました。。。能力ないからちょっと根つめてやると頭パンクしちゃいます。

でも明日もまだ続きます。土日も持ち帰らないと終わらないです。今度はちゃんと仕事しないと大変です。。。

では、おやすみなさいませ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100603

2010-06-02 持ち帰り仕事中

です。

さいたま新都心で、午後、お客様の会合に出席しなければならず、明日までに仕上げないといけない資料つくりの為、PC持ち帰りEXCELと格闘中。

疲れたので一休み。

木村カエラ&瑛太結婚おめでと。今日の脳内musicは「butterfly」久々いい歌です。覚えよー。でも覚えてもアニソンじゃないから歌う場がない(T_T)。

鳩山さん小沢さんと刺し違えたね。これで民主党の支持率は上がるんだろうか。もっとも、どちらか一方が辞めただけよりはいいかも。

じゃ、仕事に戻りまつ…orz。

えりこえりこ 2010/06/04 10:16 いやあ、是非歌ってくださいよ。かわいく!

それにしても民主党の支持率が上がるとは思えない。。。結局菅さんになりましたね。カイワレを思い出します。

heehee 2010/06/06 12:24 >えりこさん
を、今度、歌っちゃおうかなっ!<butterfly。お二人に捧げるって意味でもオッケーですもんね。
民主、支持率上がりましたね。世襲でない久々の首相ってのが好印象かもしれませんが、一方で石原知事などは"極左"呼ばわりするし、これで、一国の代表者として、自国の利益より他国への配慮を優先したりしなければいーんですけど。。。

むーむー 2010/06/07 01:06 ほんと<butterfly>楽しみしていますよ♪
こんなにブレイクする前から瑛太君を見守っていた私としては、カエラちゃんはかわいくて大好きなんだけど、軽くショックを受けています。

heehee 2010/06/07 21:41 >むーさん
あ、やば。リクエスト入っちゃいました?練習しよー。瑛太って「ウォーターボーイズ」の頃から私も注目してました。クールだけど熱い感じが素敵です。幸せになってほしいなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100602

2010-06-01 と、いいつつ今日も午前様orz

えとね、一応仕事なんですよ。言い訳じゃなく。今日は西葛西。

なんかねー、飲みすぎなのはわかってるんですよ。でも、昨日も書きましたが、飲みだすと止まんないわけで。ちゃんと終電時刻を気にするところが小市民なんですけど。

お酒を飲んで、自分の口も滑りますが、みんなの口が滑り出すのが面白いのですよ。下戸の人でも酒席が好きって気持ちはわからないわけではないのですが、さめて考えてみるに、自分だけがばっかな話をしていて(しかも記憶になかったりする)それをしらふの人にしっかり記憶されていたりするのは非常に怖いし恥ずかしい。

願わくば酒の席ってことですべてを水に流していただけると酒乱の私は思うのであります。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20100601