日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2011-02-28 ちょっと早目の送別会

 同僚が一人3月半ばで辞めることになり送別会。

 私も転職して今の会社にいるんで、仕事をしていて辞めたいって思う気持ちはよくわかる。ま、うちの10倍くらい大きい会社で、お給料もいいそうなんでステップアップなんでしょうが、それでも転職というのはエネルギーが要ります。外資系のようなのでプロパーとの扱いの違いはないかも。

本来であれば、2次会までお付き合いするところですが、体調絶不調(花粉症?)の為、一次会でフェードアウト。

 1名減でも増員なし。ってことは当然1名当たりの仕事量は増える。均等に増えればいいのですが、当然そうもいかない。誘蛾灯のように仕事が集まってくるorz。

 

mStylemStyle 2011/03/01 23:40 お話を聞いて、ショッキングー・・・でした。

そうですか、増員ナシですか。。。

となると、やること減らすしかありませんね!
減らしましょう、減らしましょー(苦笑)。

heehee 2011/03/03 23:31 >mStyleさん
そーなんですよ。突然の退社しかも増員なし。
それでもこれまで以上にさまざまな発案をする上司とバトルしています。少ない時には少ない仕事とは中々言えないのでしょうね…。中間管理職の悲哀を私も感じています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110228

2011-02-27 土日うち。

 基本、引きこもりなんで用がなければ日がな1日うちにいます。外に出たのは昨日歯医者に行っただけ。

 で、今日は何を観ようかと思い、手に取ったのはクレージーキャッツ結成10周年記念映画「大冒険」。もう何回か観てます。

 世界各国で偽札事件が頻発した。黒幕は、第2次世界大戦を生き延びたナチスドイツのヒットラー第3帝国。日本でも偽札が出回るようになり、警視庁が隠密裏に操作を開始。それをスクープした週刊トップの記者が植木等。アパートの隣人で、ビール会社に勤める傍ら、いろんな発明(失敗ばかり)をしているのが、谷啓。その妹が団令子。

 その偽札団の一味に間違われ、刑事(ハナ肇、犬塚弘、石橋エータロー)に追われ、更に偽札流通の方棒を担がされた莫迦な御曹司(安田伸)。桜井センリは植木等の上司、週刊トップの編集長。

 偽札団、警察、そして植木等が東京、名古屋、神戸で追いかけっこをする話。特技監督円谷英二なので、特撮場面もふんだん。ビルの屋上から追いつめられた植木が落ちるシーンや鉄橋を逃げていた植木が近鉄に轢かれそうになるところすんでのところで河原に落下、下に丁度いた馬(水浴びをさせていた)に跨り、遁走するシーンは、なかなか見事です。

 

 休みの日はこういうなーんも考えない痛快な話がとっても頭を休めます。クレイジーの映画はまるでミュージカルみたいに突然歌い出します。それも能天気でとってもよい。

 クレージー映画、お勧めです。

 

クレージーキャッツ結成10周年記念映画 大冒険 [DVD]

クレージーキャッツ結成10周年記念映画 大冒険 [DVD]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110227

2011-02-26 『告白』と『涼宮ハルヒの消失』 を観る。

 買ってあったソフトをようやく観る。

 まずは『告白』中島哲也監督。2010キネマ旬報ベスト・テン第2位、第34回日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀編集賞。ときくと、傑作!と思いますが、うーん、手放しで傑作と言いにくい。

 湊かなえの原作を読んでいるので、原作の雰囲気を良く映画化できていると思います。子供を殺され復讐をする先生(松たか子)の演技はとり肌もの。でも、なんだろう、こういう作品は、ベストワンに選んではいけないと思うのです。映画って夢や希望を謳って欲しいのです。子供を殺された親の気持ちは痛いほどよくわかるし、松たか子の行動も過激ではあるけれど理解できる。それでも、こういう作品を肯定することは、とりもなおさず、自分の中にこういうどろどろしたものがあることを認めなきゃいけない。いや、確かにある。あることは否定できない。だからこそ正しくあろうとする。自分の中にあるひかりに目を向けさせるような作品が、私は真の意味で"素晴らしい作品"だと思うのです。


涼宮ハルヒの消失

 2時間半を超える大作。時間SFとしても良くできているし、絵もきれい。高校生が主人公で、切ない感じもうまく表現されている。ただTVシリーズの『涼宮ハルヒの憂鬱』を観ていないひとにとっては、2時間半でも説明が足りないんじゃないかなぁ。観ていれば傑作、観ていなかったら???な感じかも。

 朝目覚めると、昨日と違った世界。SOS団もなく団員もみんなバラバラ。クラスのみんなはハルヒの事を知らない。しかも殺人マシーンの朝倉までいる。。

 まわりにおかしな奴らがいっぱいいて、口では嫌だ嫌だと言っていても、実はその世界が一番いい。こういう気持ちなんかわかります。仕事からはいつでも逃げたいし、家にいても邪魔もの扱いされるけど、でもウィークディに休んだりするとなんか違和感あるし、家族が数日いないだけで、身体の一部が欠落したような変な気持になる。望んでいるものは、昨日と変わらない日常なのかも知れないなぁ。

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

涼宮ハルヒの消失 限定版 [Blu-ray]

涼宮ハルヒの消失 限定版 [Blu-ray]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110226

2011-02-25 春一番

 春一番の定義は、「春から春分の日の間に 日本海で低気圧が発達し、初めて南寄りの強い風(8メートル以上)が吹き気温が上昇する現象」だそうです。

 本日12時、上記状況が観測され、今年の春一番となりました。

 そのせいか、今日の花粉症の症状は今年一番の酷さ。今日、お休みをとっていたのですが、会社に行っても仕事にならなかったに違いない。鼻は詰まり、鼻水は止まらず、薬を飲んでも全然聞かず、何に副作用だけは効いて異様に眠い。頭は痛いし、目のかゆみは止まらない。

 床屋さんに行くのが精いっぱい。後はずっと寝てました。

 ポカポカで良い気候なのに花粉症の方々にとっては嫌な季節到来。何とか乗り切りましょう。

 今まで花粉症じゃなかった人も、今年は5−10倍の花粉量で発症する人が増えるかもしれないといっていました。気をつけてくださいね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110225

2011-02-24 淀みに浮かぶうたかた。

 昨日異動対象者には、本日(支社内異動)明日(支社外異動)の招集連絡があったのですが、私はスルーされましたので、今年も異動はなさそうです。3月の半ばくらいまでは何が起こるかわかりませんが、恐らくこのままでしょう。

 しかし…。現在同じ部署に今年で11年目に突入です。東京に10年以上という人は結構いるんですけど、同じ部署にってなると殆どいないはず。

 異動する人は異動癖が着いているのか1−2年でコロコロと異動する。そうでなくても3年で異動対象、5年以上で優先異動対象となる状況の中で、常にレッドアラームが鳴り続けて早5年。毎年戦々恐々としています。

 今の仕事は大変ですがとてもやりがいのある仕事ですので、全く別の仕事をしたいとは思っていないのです。カミさんは転勤族の家庭で、中学3年と高校3年転校したのはやはり大変だったといい、子供たちがそういう状況にならなかったのはよかったと思っているよう。そういう意味では、特に転居を伴う異動は決して喜ばしいことではないですし、良かったと思います。今更可能性を追求する年でもないし、水も空気も違うところに行くのはちょっと冒険。休日の遊びも皆さんのおかげで結構充実させてもらってます。そう考えると、無風状態なのは、良いことです。

 「ゆく川の流れは絶えずして、しかも本の水にあらず。淀みに浮かぶ泡は、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし」

 周りは激流だけど、自分は"淀みに浮かぶうたかた"。同じ所で消えたりまた現れたりしていて、おんなじようにみえるけど、実は違うんだよね。物理的な異動はなくとも、自分は間違いなく変わっている。ひとつところに留まって行く川の流れから何を得るか。それもまたうたかたの矜持ではあります。

 というわけで、皆さま。今年も遊んでくださいな。

mStylemStyle 2011/02/25 23:22 こんちわー。
続投おめでとうございます(笑)。

私は・・・
横異動になりました〜。
色々事情があって、今年はここ金沢でやりたい、と
申し出ていたところ、その通りになりました。

お互い春からもがんばりましょー。

えりこえりこ 2011/02/26 01:04 昨年、異動があるかもって言ってたけど、あれからもう1年ですか!本当にあっという間。今年も異動がなくて良かったですね(ですよね?)家買っちゃうと異動説ってあるしね。

heehee 2011/02/26 06:57 >mStyleさん
あら、支社内異動ですか!?
私ゃ今の仕事、全国でも5指に入る長さですよ。奥の深〜い仕事ですので、まだまだやりたいことはあるのですが、東京はもう卒業してもいいかなぁと思っていたりします。

>えりこさん
本文にもあります通り、私、全社的にも異常な長さなんです(コメント戴いたmStyleくんなんて、知り合って5年で3部署目)。だから毎年この時期戦々恐々。いや、絶対に異動したいってわけでも、逆に絶対に異動したくないってこともないんです。ただ、どこに行くことになるのかが心配なだけ。
今年はさすがに、うちの上司の異動がないことが1月にはわかっていたので、ということは私しかありえない状態だったのですが、蓋を開けてみれば、うちの課全員異動なし。来年は、ほぼ間違いなく課長が異動します。ということは私の異動は先送りされる。「家を買うと異動する」というジンクスはうちの会社にもあり殆どジンクス通りになりますが、私にはジンクスは通用しないということが分かりました。
ま、家庭的には、特に転居を伴う異動はない方がよいですし、仮に単身赴任となると家計的に厳しかったりもするので、異動がないというのは喜ばしいことです。
皆さんとも遊べますしね(^^)/。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110224

2011-02-23 終日講師。

 久しぶりに丸1日研修講師をしました。20名弱のリフォーム業者さんを対象に、どうしたらお客様が安心して頼むことができるかご提案、工事中のマナー、工事後のアフターフォローについて実例をもとに進める内容。

 「お客さんの気持ちになって考えてください」と何度言ってもなかなかなれない人がいる。リフォームは、建物に関わることだから一見建設業と思われますが、実際は間違いなくサービス業。お客様の意向が第一で、技術は「お客様の夢をかなえる」能力の一部、お客様の夢を形にするという意味では、単なる建設業ではいけないと思うのです。しかしながら、単なる建設業者がいかに多いか。さらにいえば、建設業者でもない営業会社に至っては、建設の知識が薄くて営業マンのノルマが厳しいので特にご注意。このバランスをしっかり持った業者さんがサービス業としてお客様と末長いお付き合いをすることができれば、悪徳リフォーム騒ぎなど起きないのになぁと思い、1社でもまともなリフォーム屋さんになってもらいたくて一生懸命講師をします。

 熱が入りすぎて、1日の研修は本当に疲れます。年齢のせいもありますが。しかしながら、本当に思うのです。うちはメーカーなんで、商品に対する責任は持ちますが、それは専門知識を持った人が取りつけないといけない。その人が、お客様と商品のマッチングを考えない、取り付けの知識も少ない、取り付け後のアフターフォローもしないでは、うちの商品の性能をしっかり発揮することなく悪者になってしまう。それは絶対に良くないこと。

 付き合えば付き合うほど、建築業界っていい加減です。でもその中に、いろんなことに気付き始めた業者さんもいます。そういうお店を少しでも増やしていきたい。そういう想いで毎日仕事をしていたりするのです。とはいえ、100%間違いない会社を紹介することは、まだまだできませんが…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110223

2011-02-22 「インシテミル」米沢穂信 を読む。

 ミステリーって、あんまし読まない。ってゆーか、どちらかといえば好きじゃない。虚構の出来事とはいえ殺人が行われ、それを探偵が解決したからと言ってすっきりするもんじゃない。まして、それを読者である自分がしたり顔で当たった外れた騙されたということを楽しむのってなんか下品(ミステリ好きの人がいたらごめんなさい)。

 じゃ、なんで読んだの?と問われそうですが、単に映画館で予告編を見て、なんか面白そうだったから、という以外にない。綾瀬はるか好きなんです。

 さて、本書。時給1120百円という求人広告をみて応募してきた12人。ここで行われるのは心理学的実験。その被験者。7日間を世間から隔離した施設"暗鬼館"で過ごすというもの。1120百円、つまり112,000円。誤植かも?と思いつつ参加する主人公結城。そこでは、周到に用意されたルールと参加者に一人1つの凶器。

 

 このBlogでも良く書いていますが「人狼」(タブラの狼、ミラーズホロウの人狼等)好きな人には楽しめるかもしれません。あと、「ライアーゲーム」とか。ただ自分が人狼好きなのはあくまでもロールプレイだから。実際に疑わしい人を多数決で"吊った"り、狼になって村人を食い殺したりしたらちょっと嫌かも。なんかそういう後味の悪さをミステリには感じてしまうのです。最後はやっぱ「楽しいゲームだったね」で終わりたい…。

インシテミル (文春文庫)

インシテミル (文春文庫)

みゅうみゅう 2011/02/24 01:07 殺人の起きないミステリーはいかがですか?
事件らしい事件が起きる訳でもない、日常の謎を解く物語。
加納朋子、坂木司とか。
特に大崎梢は本好きは思わずニヤっとしてしまう本屋さんのシリーズなのでオススメです。

heehee 2011/02/26 06:33 >みゅうさん
殺人の起きないミステリー、好きです。恩田陸もそういう作品多くないですか?「夜のピクニック」とか。
加納朋子、坂木司、大崎梢ですね。私、この3人全く読んだことありません。今度本屋さんに行ったらさがしてみます!
ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110222

2011-02-21

CD「さとりのしょ」detune. を買う。

|


 「Peeping Life」のエンディングに流れる曲。

 先日、新宿のタワレコに行って探したんだけど見つからなくて面倒だったので、amazonで注文したものが家に帰ったら着いてた。

 本編のセリフをRap調にまとめた「PeepingWaves」爆笑でした。「さとりのしょ」はまだカラオケになっていないので、Instrumentalが入ってるかと思ったらなかったのは残念。

 歌ってるグループdetune(でちゅーん)は男性2人組のデュオ。だるーい感じで歌う高音の女の子かと思ったよ。

 歌詞もいいのです。カラオケになんないかなぁ。

 youtubeにダンスレッスンバージョンが上がっていたのでリンクします↓

 (でもすぐリンク切れになる可能性大)

D

 ※2016.07.31再リンク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110221

2011-02-20 娘の誕生日と合格発表。

 娘の誕生日でした。誕生日プレゼントは高校の合格通知。直前の塾のテストが思わしくなく志願変更したので、余裕の合格だったらしい。カミさん曰く「うちの子たちは、親に似て絶対に流されるタイプだからなぁ、心配だなぁ」と。染まらずに4年後の大学受験に備えて3年間を過ごして欲しいものです。息子は、すっかり染まって現在苦戦中。あと2つ大学受験結果が残ってる。大丈夫だろうか…。

 そんな日に、親の私は、カラオケ。

 ま、子の親にしてこの子ありって感じです。

 とりあえず、一人片付きました。まずは一安心。

むーむー 2011/02/21 17:49 合格おめでとうございます。
人生、流されることも時には大切だったのに・・・と大人になって反省することもあります。

これから続く長い人生を大きく左右するのがこの時期だったんだなぁと改めて実感。

えりこえりこ 2011/02/23 00:17 お嬢様の高校受験合格おめでとうございます!
息子さんも、時期に無事決まることでしょう。ウチの姪は今年中3なので受験生となりますが、オタ生活に入っているようなので、心配です。。。

heehee 2011/02/26 06:28 >むーさん
ありがとうございます。
むーさんはしっかりしていたんですね。私なんざ、楽な方楽な方に流されっぱなしです。「これじゃいけない!」って思ったのは、つい最近。
そういうことを自覚することが早ければ早いほど人間は成長するんだと思います。
むーさんえらいなぁ、すごいなぁ。
>えりこさん
ありがとうございます。
うちの娘はオタというより腐りはじめています。特に進路が決まってからは、ゲームとアニメ三昧。楽しい高校生活を送ってほしいです。
長男の方は滑り止めに引っ掛かり、結局そこに行くようです。本人はあまり気乗りしていないようですが、浪人して成績向上するタイプではないので…。
問題は、どこの大学かではなくて、大学生の間にどんな経験をし何を学ぶかだと思うのです。彼もまた、自覚的に4年間過ごして欲しいものです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110220

2011-02-19 「歌舞伎町裏街道」久保博司 を読む。

 新宿歌舞伎町ノンフィクション。著者の友人のフリージャーナリストが歌舞伎町で消えた。友人を探しながら歌舞伎町の裏の世界に潜入する。中心となっているのは、ぼったくりバーや売買春、ホスト、クスリ、暴力団、中韓台他アジア系の歌舞伎町に巣食う裏社会。友人は何故、どこに消えたのか。

 私にとって新宿は、東京の中でも一番遊んでいる街。幸運なことに怖い目にあったことはそんなにありません。ぼったくりバーに引っ掛かったことはありませんが、ぼったくり○○○や、違法な×××位は経験しています。社会人になって殆ど新宿区勤務なので、夜の歌舞伎町で遊んで裏の世界で怖い目はありませんが、痛い目にあったことは二度三度。

 知っていれば、自分の身の丈に合わないところには近づきません。歌舞伎町でなくても、その町を知らない人が飛び込みで遊べる街なんてそんなにないと思う。

 とはいえ、歌舞伎町も昔に比べれば危ない店も減ったとか。少なくとも大きな通り(靖国通り、職安通り)に面したそこそこ有名な店はまず安心でしょう。

 問題は、酔っ払って気が大きくなってナンパしたりしてその娘の知ってる店に…なんてこと。スケベ心を出すと碌な事にはなりません。更に前後不覚になるほど酔っ払って介抱する友達もいないと、大変なことになる。カラオケ行って歌ってるくらいなら健全な街です。

 人も街も裏があるから面白い。危ないと知りつつ歌舞伎町に人が集まってくるのは、やはり魅力があるからなんでしょうね。

歌舞伎町裏街道 (幻冬舎アウトロー文庫)

歌舞伎町裏街道 (幻冬舎アウトロー文庫)

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110219

2011-02-18 「Peeping Life」最新巻を買う。

 正式タイトルは「Peeping Life -The Perfect Evolution- 〜人間をさぼろう。〜」。PeepingLifeも3巻目。前2作と比べると衝撃は少ないですが、相変わらずゆるーい感じで進んでおります。

 「Peeping Life」は、あるシチュエーションの2人芝居をアドリブで行い、それをCGアニメーションに置き換えた作品です。「ズームインスーパー」で紹介されたのを見たのをきっかけにマイブームが続いています。

 「おでかけバカップル」の2人の最新作「おわかれ!?バカップル」では、わがままなユキピョンの我慢に我慢を重ねてきたマチャヒコが、ついに切れる!さてその結末は?そのほか、授業中に消しゴムを切り刻んでいた中学生を職員室に呼びつけ説教を始める女教師とか、修学旅行先で木刀と提灯をお土産屋さんで買っていたらバスに取り残されてしまった中学生の話とか、まぁ、どーでもいい話を10話。

 今回はテレビ朝日の女子アナも特別参戦しており、秋田に取材に行く後輩にレポート指導をする話、実家に帰った女子アナといとこの会話など、これまた面白い。

 PS3のCMも6話収録で、総時間80分1500円を高いと思うか安いと思うかは其々の感性。

 私的にはお得!です。

 お勧め。

トレーラー↓

D

前2巻もご紹介

これが第1巻

2巻はこれ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110218

2011-02-17

「虚像<メディア>の砦」真山仁 を読む。

|

真山仁は、「ハゲタカ」「バイアウト(ハゲタカ2)」と「マグマ」を読みました。これは3作目。03年デビューで、7作、現在8作目連載中と寡作な作家さんです。

 ハゲタカは、外資ファンドの話でTV化されました。「マグマ」は外資ファンドと地熱発電の話で、ハゲタカの姉妹編的な話。そして今回読んだ「虚像<メディア>の砦」は、TV業界の話。現実に起こった事件(某教団幹部に放送前ビデオを見せた結果弁護士一家が殺された事件、危険な中東に行き拉致され大問題になった事件等)をモチーフに描きながら、反骨のTV報道記者を中心にTVの世界の不条理をこれでもかというほど見せつけてくる。

 仕事をやっていると、多かれ少なかれ政治的判断を上司から突き付けられることがある。世の中で正義を貫くのは難しい。でもみんな思ってるんだよね、「王様は裸だ」って。ただ、それを指摘しても、誰も喜ばない。声をあげた人の自己満足にしかならない。

 全く、社会で生活をするっていうことはこういう汚れを身につけることなんでしょうが、そんな自分が嫌になる事がたびたびあります。

 これが大人になるってことなんでしょうね。。

 相変わらず感想になっていませんが、お勧めです。真山仁、何読んでも外れなしです。

虚像の砦 (講談社文庫)

虚像の砦 (講談社文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110217

2011-02-16 帰宅。

 1泊2日の出張終了。昨日は、懇親会2次会までやり、会場のシェラトンから隣のオークラに移動し泊まる。

 オークラの朝食はビュフェスタイル。いつも出張の時のビジネスホテルと異なり、ふわふわのオムレツ。焼きたてのパン&目の前で焼いてくれるパンケーキやフレンチトースト。とはいえ昨日飲み過ぎなのと疲れてたんでトースト1枚とサラダ、ヨーグルトとコーヒーだけ。いや、でも、充分おいしかったです。

 本日はお客様代表の発表のサポートをし、全行程はAMでほぼ終了。全国からのお客様のお見送りをし、その後業務終了→帰宅するつもりでしたが、明日また甲府出張の為、昨日今日いらしていただいたお客様にお礼状をFAXする為会社にに戻ることに。


 とりあえずまたひと山越しました。でもねーまた山が見えるところにあって、その山越してもまた山があって、何だか仕事って尾根縦走してる感じです。しかも結構高い山。今日は早めに風呂入って寝まーす。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110216

2011-02-15 舞浜泊

近いけど出張。

今日明日舞浜。でもお仕事orz

近くて遠いTDR

明日もお仕事、頑張ります…。

(携帯で更新したら、2回入れてしまったので消しました…)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110215

2011-02-14 なんだこの雪!?

 会社を出るときはそれほどでもありませんでしたが、家に着くころには、そこは雪国でした。。

 先週金曜日も雪もすごかったけど、今日はそれ以上。降るとは言っていたけどこれほどとは…。明日が心配です。

 明日は、舞浜のシェラトンにお客様を500人以上全国からお招きしての表彰式&パーティ、翌日は勉強会と、近いけど1泊2日。お客様はシェラトン泊ですが、スタッフは隣のオークラ。私の担当は、東京・山梨から来るお客様のお世話だけなんでそれほど大変じゃありませんが、とはいえ、ミスするわけにもいかず、一部資料を会社に忘れてくるというおまけもつき、一度会社に出社しないといけないことに今気付いた。明日の交通が平常通りであることを祈ってもう寝まーす。

mStylemStyle 2011/02/14 23:56 都会での雪は大変ですよね〜。
たしかに今年はこちら金沢も多いです。

明日からの大イベント頑張ってくださいねー。
私はもう他人事です・・・

なんつって〜(苦笑)

heehee 2011/02/16 20:12 >mStyleさん
雪は明け方には止み、交通も平常通り。全国のお客様も無事2日間を過ごせました。
大したことしてないんだけど、さすがにあれだけのお客様がいると人あたりで疲れます…。ま、お客さんが有意義に感じてくれれば成功ですよね。
いつでも戻ってらっしゃい♪

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110214

2011-02-13 「あしたのジョー」(新実写版) を観る。

hee2011-02-13

 一昨日朝イチの回を予約し出動。280席あるスクリーンは1/3位の埋まり方。3連休の最後とはいえ、思った以上(思った通り?)に少ない入り。観客は、「ジョー世代」と知らない世代半々くらいか。

 曽利文彦監督が得意のCGを廃し、その98%を実写で臨んだとのこと。拳が顔面を捉えるシーンもCGかと思いきやハイスピードカメラでの映像。人間って殴られるとこんな風に崩れるのね…。

 ストーリーは、最初のコミックスで8巻、TVシリーズで、50話150分を2時間でまとめるので、無理がない方がおかしい。どうしても語り足りないところ掘り下げ足りないところが出てしまう。「SPACEBATTLESHIPヤマト」同様、まずは、この潜在的なファンの多い作品をあえて実写映画化した監督の勇気を讃えたい。

 俳優陣の本気度も見所です。

 まずは力石役の伊勢谷友介。役作りの為に10kgの減量、水を求める演技の時に本当に4日間の水絶ちをしたとか。おかげで、原作通りの力石の造形が出来上がりました。この映画は、ジョーではなく力石の映画になっていました。主役を食うとはまさにこの映画。

 NEWSの山下君。彼も本物のボクサーらしい造形になっていました。試合のシーンは見事。「あしたのジョー」は試合のシーンも含め、漫画的な描写が多いので、特に両手ぶらり戦法からクロスカウンターに至る描写などはリアル感に欠けます。それにリアル感を付けくわえるためには、そこに持っていく試合運びがいかにリアルにできているかにかかっていると思います。やや、原作よりも優しい感じのジョーですが、かといって、あまり汚らしいジョーは見たくはない。ジョーの印象は、眼。漫画的な髪形は再現しようがありません。激しさ、寂しさ、優しさがないまぜになった眼。山下君がジョーだと言われれば充分ジョーになっていました。

 さて、まさに漫画から飛び出してきたのは、香川照之丹下段平。ジョーと力石がリアルなのに、特殊メイクまで施し段平のおっちゃんそのもの。原作よりも華奢なのが気になるかと心配していましたが、らくだのシャツ、腹巻、ニッカポッカの特に後ろ姿はまさしく段平です。ジョーのスパーリングパートナーをしたりする段平は、原作通りではちょっと太り過ぎている。香川段平くらいがちょうどよいと思いました。

 香里奈の葉子については、唯一?です。映画公開と同じ時期に「銀座のNo1キャバ嬢先生」というドラマをやってしまうという事務所の戦略性のなさ。香里奈、綺麗だと思うんですけど、白木葉子お嬢様っていうのはちょっと…。もう少し清楚な女優はいくらでもいると思う。

 目立っていませんが、白木幹之介(白木財閥・白木ボクシングジム会長)役の津川雅彦は良かったです。


俳優たちのこの作品にかける意気込みを観るだけでも十分価値ある作品です。

撮りたい映画を取ることができる。映画監督は大変でしょうが、自分の想いに共鳴してくれた俳優、スタッフがいて作品が仕上がることを実感できるいい仕事だと思います。そういうところやっぱり羨ましく思いました。

 

むーむー 2011/02/15 00:22 伊勢谷さん、徹子の部屋に出てました。映画の映像も少し出たんですが、あの減量した体!!筋肉!!本当にすごい役者さんです。そして端正♪

すごいと言えば香川さん。あの何でも持って来い!!感。
次は何をやってくれるのか非常に楽しみです。

heehee 2011/02/16 20:23 >むーさん
伊勢谷友介ってNHKのドラマ"白洲次郎"の時もかっこいいと思いましたが、力石を演じる為のストイックなまでの作り込みは感動的です。
香川照之は、「竜馬伝」の弥太郎といい、名バイプレイヤーという位置が似合ってきました。
私も嫌いじゃないです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110213

2011-02-12 カラオケでした〜。

 まず、渋谷「道玄坂Cafe」にてカラオケLiveOFFに。選曲テーマは「伊達直人運動」。ほんとは先月やりたかったんですが、都合がつかず参加できなかったんで今月。

・「タイガーマスク

・「みなしごのバラード」

ときて、次をどうしようかと考え、そう、あれです、「そろそろ俺の出番かな 矢吹丈」と伊達直人運動に共鳴した兵庫県の施設にランドセルを届けたあの男の歌

・「あしたのジョー

期せずして4周目突入。昨日から公開の実写「あしたのジョー」を観に行くことを決めており、やっぱジョーと言えば、永遠のライバル力石徹。というわけで

・「力石徹のテーマ」

というラインナップでした。


「タイガーマスク」「あしたのジョー」って、アニメ化されたのはほぼ同じ年、小学1年生の頃。お兄さんたちは「あしたのジョー」に熱狂していましたが、私たち子供たちには、「タイガーマスク」の方が人気でした。当時20cm位の人形が爆発的な人気で、特にタイガーマスクは、マスクが着脱可能で下には伊達直人の顔があるというもの。これ、私も持っていたんです。子供たちのマストアイテムでしたが、問題は、貧乏人の子たちなので、みんなタイガーの人形しか持っていない。リングはおろか、敵役の人形を持ってる人なんて全然いない。で結局、誰が"虎の穴"の偽物をやるかでもめたりする。おそらくおなじように原作から離れた新しいストーリーが全国各地で出来上がっていたに違いない。

 まれに、金持ちのうちの子を友達の友達みたいな感じでつきとめると、みんな手にタイガーマスク人形を持ち、遊びに行く。といっても、お行儀よく遊ぶなんてできない。金持ちの坊ちゃんは一人虎の穴、私たちは全員がタイガーーマスクしかもっていない貧乏人。いわば”タイガーマスク戦隊”を前にブルジョアジーの虎の穴はなすすべなく、白いマットを蹂躙されてしまうのでした。


 にしても、このカラオケ。芸達者な方が多いです。歌のレベルが高いこともありますが、Iさんの一人多重録音した音源を持ち込んでのカラオケってのは圧巻でした。コスプレしての歌というのもすごかったです。私はおとなしく歌うのが精いっぱい。。。

いいもの見せていただきました。ご一緒戴いた皆さまありがとうございました。


渋谷の後、

今度は新宿でいつものカラオケ。こっちはテキトーに歌いたい曲を歌いました。


ちょっとはストレス解消できた、かなぁ。

すずむし’64すずむし’64 2011/02/13 23:21 昨日はお疲れ様でした!

いやいや、今回も「オッサンホイホイ」でもあり
しっかり時事ネタも入った選曲がナイスでした!
DAMの画像も結構ツボを押さえた編集でしたし。

ホント道玄坂でのオフは飽きませんよね。
マジ、Iさんの多重録音音源には脱帽(苦笑)

また次回も御一緒できましたら
宜しくお願い致します!

heehee 2011/02/14 00:11 >すずむし’64さん
昨日はお疲れさまでした。
あいかわらず素晴らしい歌声で、感激でした。

私ときたら、いやもうレパートリー少なくてすいません。メインはどうしてもあの当時の歌んですよねぇ。
次回は、平成SONG選曲でいきますよーww。

Iさん、いつんも助けていただいていますが、あんな技をお持ちとは、すごかったです。

またよろしくお願いいたします―。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110212

2011-02-11

朝から雪。ずーっとふり続けてるんで今日はひきこもり。

昨日TSUTAYAで初めてBlu−rayを借りてみた。Blu-RayはDVDと異なり、今までのソフトではコピーできない。何度かチャレンジするものの、簡単な方法が見つからずただいま勉強中。手元になるのが1層DISCだけなので、1層化をしたいのですが、面倒だから2層DISC買ってこようかな。

今日からNEWS山下くんの「あしたのジョー」が公開。なんか大コケの予感、すぐに終わっちゃう可能性大の為、13日日曜日にe席リザーブする。ただ、私的には結構楽しみなんですよね、特に伊勢谷友介の"力石徹"。70年の時の実写映画の力石(亀石征一郎)もなかなかよかったけど、伊勢谷君の力石は予告編見て鳥肌が立った。ま、矢吹丈白木葉子はちょっと雰囲気が違うけど、こればかりは見てみないと。。監督が曽利文彦ってのも自分的には期待。「ピンポン」面白かったからね。カミさん誘ったら一言「いかなーい」と。

というわけで、外的要因で引きこもりの日。明日はカラオケWヘッダー。行けるかなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110211

2011-02-10 途中下車

 最近、つってもここ2週間くらいなんだけど、まっすぐ会社に行けず途中下車してしまうことが数回あった。

 吐き気がするっていう話は、以前書きましたが、それで、満員電車が辛く、電車の中で吐いちゃったら危険なので下りたことが2回。それと、下の方ね、腹が痛くなり、どうにも我慢ができず、これも電車の中でしてしまったら大変なことになるんで、途中下車してトイレに駆け込む。

 実は今日の朝がその状態。いつもより混雑した車内。朝からあんまし調子はよくなかったんですけど、どうしても今日は会社に行かないといけない(ま、いつもそうなんだけど今日は特に)。そんで無理して家を出たものの、登戸ぐらいで眩暈がし出し、それに合わせておなかが痛くなってきた。成城学園で更にたくさんの人が乗り込み発車。「こういう時に「ストッパ」飲むとほんとに効くのかな…」とか、考えながら次の下北沢駅でさすがに我慢の限界。

 下北沢駅のトイレはホームの端、つまり、電車を置いたら目の前にある。開いた瞬間人並みをかき分けトイレに駆け込んだものの、2つのブースは使用中。さらに、一人"待ち"の状態。一触即発の危機。足をクロスし括約筋120%。今すぐにでも爆発しそうな時の待ち時間は異様に長く感じる。電車を3本くらいやり過ごしただけなんで、10分くらいたってやっと自分の番。事なきを得たのでした。

 いつも会社には、始業時間の40分前位には着いているので、こういった突発的な問題が起こっても遅刻はせず定時出勤できちゃうところは社会人としてあるべき姿です。俺ってえらい。

 しかし、間違いなく心身のバランス崩してます。それもこれも仕事が集中していることが主原因。明日からの3連休が徹底的に遊んでやる〜!

みゅうみゅう 2011/02/11 22:03 三連休が始まりましたがお身体の調子はいかがですか?私も不調が続いております。加齢による体力・筋力・回復力の退化はいかんともしがたいですね(泣)
昔から腸が弱くて正露丸の世話になることが多かったんですが、ここ数年はストッパを愛用してます。効きますよ!オススメです。

むーむー 2011/02/12 17:39 ドキドキハラハラの展開。間に合って(色々と)良かったですね。

大変でもつらくてもやらなきゃいけないことはやらなきゃいけない。大人って大変。

ゆっくり心も体も休養して下さい。

heehee 2011/02/13 21:20 >みゅうさん
ご心配していただいてありがとうございます。
ゆっくり休めました。適当に遊べましたしww。ほんと、歳には勝てません。鍛えてないしなぁ。「ストッパ」いい感じですか?おし、明日さっそく買っておくようにしまーす。

>むーさん
ありがとうございます。逃げちゃえばどんなに楽かと思うことがたくさんあります。でも逃げるのは簡単。そこでどれだけ踏みとどまるかで人間磨かれるんだと思ったりします。うまく立ち回ることができればいいんでしょうが、高倉健ではありませんが不器用なもんで…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110210

2011-02-09

 「「パチンコがアニメだらけになった理由〈わけ〉」安藤健二 を読む。

|



タイトルに惹かれ衝動買い。もっとも、「封印作品の謎」他、あえてタブーに挑む安藤さんのお仕事、おもしろくないはずはなく、1年という取材期間、艱難辛苦の末に産み落とされた作品もあっという間に読み終えてしまいました。

パチンコを習慣としてやらなくなって10年くらいたつ(年に1−2回は様子見や付き合いで行くことはあるけど)。

 一発台(あるところに玉が入るだけで、打ち止めできる)や羽もの(あるところに球を入れるとまん中にある羽が一瞬開き、そこに入った球が更にまん中に入ると羽がパクパク開く)が消えたのはいつ頃だろう。7がそろうといっても昔はちゃんとリール見たいのがぐるぐるまわっていた。いつ頃からかそれが液晶画面に置き換わり、リーチ(3つのうち2つの数字がそろう事)の最中に画面でドラマが繰り広げられる。あたると主題歌が流れて、ひと箱(だいたい4000円分くらい?)いっぱいに玉が出る。確率変動になれば更にそれがいくつも重なる。

 最近は、殆どすべての台がエヴァをはじめとするアニメ関係、特撮関係のものばかり。TVCMもバンバンやってる。なんか変だなと思ってた。70年代や80年代に誰もが見ていたようなアニメならわかるけど、「アクエリオン」「BLOOD+」「ファフナー」とかは普通の人は知らんだろー的なものまでパチンコになってる。「アクエリオン」の主題歌ってよく考えたらパチンコのCMで覚えたわ…。

 パチンコメーカーとかパチンコ屋さんにアニメ好きが増えたか?それともアニオタをパチンコ屋に誘引する手段か。私も最初は短絡的にそう思った。でも実は違ったのですね。綿密な取材で、パチンコ業界とアニメ業界の接近がよくわかります。しかもこの取材、コンテンツを提供するアニメ業界側もそれを利用するパチンコ業界も判で押したように取材拒否の嵐。これは大変な労作です。

 ルポルタージュとしては、ここまででOKでしょう。惜しむらくは、今後のパチンコ業界とアニメ業界はどうあるべきなのか、安藤さん自身の視点があるとよかったかも…。

 いやいや、それは、各読者が考えること。

 160円の印税分、献納させていただきます。

パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)

パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110209

2011-02-08 「再生巨流」楡修平 を読む。

 楡周平が「Cの福音」という新人とは思えない圧倒的な面白さでデビューして以降、ほぼすべての作品を読んでいます。楡周平に外れなしという状況の中、この「再生巨流」も全く問題なく読むことができました。

 所謂経済小説ですが、根本は、ほかの作品同様、不可能な課題に果敢にチャレンジする男の話。目立ち過ぎて閑職に追われた男、部下を育てることができなかった男が、プロジェクトを発案し、その人間的魅力で人々をぐいぐいと引き付け、成功に導いていく。本当にこういう人が上司だったら大変でしょうが、単なる思い付きでない発想とその為に何が必要かがわかって行動しているので、ある意味部下としては信頼してついていけそうな気がする。

 全く最近の上司というのは思い付きでものを言い過ぎる。状況判断もできず、理想だけに突き進んで行ったり、逆に、理論的に説明しても、やれ期間がとか、予算がとか、及び腰だったり。

 事の成否はともかく、部下に夢を見させることのできる上司というのがやはりいい上司なんだと思う。勿論上層部にも夢を見させることで予算を引っ張ってくる事ができる人。

 結局仕事も遊びも「この人と付き合ってるとなんか面白いんだよね」という人がすてきなんだと思う。

 そういう人に私もなりたいです。

 全然感想になっていませんが、お勧めです。

 こんどWOWWOWでドラマ化されるらしい…。

再生巨流 (新潮文庫)

再生巨流 (新潮文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110208

2011-02-07 どーも体調がよろしくない…。

 ここのところ、朝会社に行こうとすると吐き気がとまらない。会社に行っても波があって、よい時もあるんだけど酷い時は座っていられないほどの眩暈。

 冬場はずーっと風邪ひいてる感じなんで、それだと思うんですけど。

 というわけで、今日はそっこー帰宅。早々に風呂に入り、寝ることにしますわ。

 来週は全国のお客様700名以上を集めた表彰式・会議引率。このところその関係と合わせ、他にいくつかの懸案事項が重なってめまぐるしく1日が終わります。

 400枚以上の伝票を一人で処理しないといけなかったり、4月には25000人も集めるイベント企画(の一部)を担当したり。なんだかなぁ、他に人材いないのかなぁ、うち。人はいっぱいいるんだけどなぁ。休めません。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110207

2011-02-06 永田洋子死亡

 永田洋子(ながたひろこ)。

 71〜71年に起きた所謂「連合赤軍」事件の中心人物。2月5日、東京拘置所で死亡。享年65歳。

 連合赤軍事件は、「あさま山荘」事件が有名ですが、そこから発覚した「総括」の名のもとにたくさんの同志を殺した一連の事件。

 最初は高邁な思想のもとに集まった仲間を殺す。この事件をきっかけに急速にこの手の共産主義運動は失速していく。

 ソビエトの崩壊で、共産主義が早すぎた理想主義という結論となり、資本主義が”正しいもの”となった今、逆に共産主義の美点を改めて再確認しないといけないと思う。

 本当に今の社会はいい社会なんだろーか。。。

 しかしながら、日本では、この連合赤軍事件がトラウマとなることは必定。

 逮捕後、(無責任にも)拘置所で首つり自殺をした森恒夫の死から28年。永田洋子さえいなければ12人もの優秀な若者が死ぬことはなかった。そして永田洋子は死刑囚として刑を執行されることなく、東京拘置所で天寿を全うした。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110206

2011-02-05 「大変申し訳ございませんでした」

 先日からの歯痛で我慢の限界だったので、近くの歯医者さんに。痛みはおさまったものの本調子には程遠く。

 19時から「日本酒の会」持ち込みOFFに参加。全国のおいしいお酒が集まる。ほんとおいしいお酒ばかり。私がもってったのは埼玉の神亀にごり酒

 この会ついつい飲み過ぎてしまうのですが、今回は、開始1時間程度でDOWN。

 何も食べず、結構早いピッチで日本酒を飲んでいたのが原因じゃないかと。それと体調ね。

 介抱していただいたりしてすいません。ちょっとしばらく節制しますわ。

 帰り、気が付いたら乗り越しており、ぎりぎり戻れましたが結局帰宅は1時過ぎ。

 ほんとご迷惑をおかけしました。

 反省。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110205

2011-02-04 八百長の語源を考えてみても・・・

 相撲で八百長があるんじゃないかなっての言うのは昔から言われていたことで、今更大騒ぎすることじゃない。メールでのやり取りで、その事実が発覚したってだけ。

 そもそも、「八百長」とか「ガチンコ」って言葉自体もそういうものがあるから「言葉」ができたんでしょ。

 で語源をしらべてみると、

 「明治時代、八百屋の長兵衛という囲碁の強い人が商売上の打算から囲碁仲間の相撲の親方「伊勢の海」にわざと勝ったり負けたりしてご機嫌をとっていたことに由来する。」とある。(『語源由来辞典』よりhttp://gogen-allguide.com/ya/yaotyou.html

 相撲人がどこまで八百長をしているかは、わからない。でもそういう不心得者はどこにでもいるだろうし、全部の取組が八百長ってわけではないと思う。隠蔽体質というけど、わが身可愛さ、子供可愛さは親ごころ。

 国技とか言って、莫大な税金を投入しているから問題なのでこの際公益法人は返上してしまえばいい。

 福祉大相撲でやってるしょっきりとか結構好きなんですよね。相撲って見世物の側面はすくなからずあるので、地方巡業を中心にがんばっていけばよいと思う。ガチンコ勝負を期待するなら、やはり部屋は各県1つにして、県対抗の試合を年に1回伊勢神宮とか、皇居前広場とかでやるってのはどうでしょう。相撲って神事なわけだから、そういうのもありではないかと。なまじスポーツとかいうから、外人が幅を利かせるようになり、興味が失せている現状、その上今回の八百長騒ぎ。原点に立ち返って日本人のみ(帰化すれば混ぜてあげてもいい)、神事としてやっていくことを希望します。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110204

2011-02-03 「わが『軍師』論」佐々淳行 を読む

 今年、佐々さん2冊目。

 佐々さんは、石原慎太郎都知事3選目の選対本部長をしている。この本は、その時の話を中心に自民党政権末期の首相と今の民主政権の首相に「軍師」の存在がいないことに着目し、「軍師」がいかに重要かを実例を挙げて説いた月刊誌「諸君!」の連載コラムをまとめたもの。このコラムは「危機管理最前線」という名前で出た文庫本の2冊目。

 佐々さんにしても石原都知事にしても、ちょっと言い過ぎだったり、偏屈だったりすることはある。特に石原都知事、「「非実在青少年」規制」については、まさに「おまえがゆーな」の噴飯ものだし、その他失言、事実誤認も甚だしい言動も多い。でも最近の周辺国の横暴をみるにつけ、護国の一念で堂々と対応できる人はいないように思うのです。もしかしたら事態を悪化させるかもしれないけど今のような自国の領土を堂々と侵犯されてるような状況であれば、この際、本気でタイマン張れるような人がいてもいいんじゃないかと思ったりする。

 ただし、その際には、佐々さんのような危機管理のエキスパートの腹心がおり、飛車角従えて臨んでほしいなと。

 しかしながら、石原都知事ももう79歳。おそらく4選出馬はないと思う。佐々さんも齢80歳。こういう昭和ひとけた世代に頼らなければならないとは、何やってんだ団塊の世代。当然それ以降の私たちの世代、そして団塊ジュニアの世代。

 佐々さんの著作は、ちょっと自慢話っぽい箇所もありますが、自分の親に、昔のことを聴くような感覚で読むと大変参考になるお話の宝庫です。

 これからもどんどん意見具申、お願いいたします。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110203

2011-02-02 臓器提供意思表示カード

hee2011-02-02

 先日更新した運転免許証の裏に臓器移植提供意思確認の記述ができるようになっていました。別にカード持っているので、そちらに記入しようと、カミさんに相談してみると、あっさりと「いーんじゃない」と。

 「でさー、どの部位を提供するの?」と。

 「いや、使えるものはなんでももってってもらっていーかなーと思うけど。どーせ死んじゃったらいらないし」と、私。

 「びびりな心臓、真黒な肺、酒づけの肝臓、老眼も進んてきた眼球、まともに使えそうなものないじゃん」とカミさん冷たい言葉。

 「やっぱさー、死んじゃっても愛する人の身体から内臓取られちゃうのって嫌なもの?」と聞いてみると、

 「おめでたいねー。全然かまわないよ、私の身体じゃないし」

 なんて冷たい嫁なんだ。更に

 「先日亡くなった細川俊之さんは献体されたんだってよ。あなたも心臓だの腎臓だのと切り売りしてないで、どーんと献体しちゃうってのはどう?」とまで。。。

 切り売りって…別に売るわけじゃ…。

 

というわけで、臓器提供提供意思表示カードには、

「1.私は、脳死後および心臓が停止した死後のいずれでも、移植の為に臓器を提供します。」

に○つけ、自署名し、カミさんに署名してもらいました。


私の臓器が渡った人は幸せか不幸せか。

そもそも本当に使える状態にあるのか…。

雅 2011/02/03 18:58 heeさん・・・
確かに確信はついてますが
なかなか厳しい奥様ですねぇorz
まぁ・・・
私もたいして変わらないと思いますが・・(T∀T)


今度の日曜日は八王子で餅つきですよ^^
お時間があったら是非、打ち上げだけでも(笑

heehee 2011/02/05 09:21 >雅さん
そーなんですよ、冷たい嫁。でも言ってることは正しいので反論できない自分が哀しい。
餅つき続いてますねー。久しぶりに顔出してみましょうかね。

えりこえりこ 2011/02/11 21:56 まあ、奥様本気で言ってる訳じゃないでしょうから。私も、使い物になるかは別として、使えるものなら使ってほしいです。
それより、ご体調が、最近あまりよくないようで心配ですね。精密検査か人間ドック行ったほうがいいですよ。ストッパーの薬は(水無しで飲めるタイプ)は、私も携帯してます。最近は大丈夫ですが、昔のラッシュ時は結構大変な思いを何度かしましたし〜。あれは助かります。

heehee 2011/02/13 21:15 >えりこさん
いえいえ、彼女は本気です…。
でもねー、これだけ体調悪いとほんとに使えそうな臓器はなさそう。一時的なものだとおもうんで、また忙しくなくなれば大丈夫だと思います。「ストッパ」効きそうですね。買って常時携帯するようにしまーす。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110202

2011-02-01 3年B組金八先生。

hee2011-02-01

 3月下旬、いよいよ金八先生が定年退職する。

 1979年金曜八時、ちょうど自分が中学三年の秋にこのドラマは始まりました。それまでは裏番組日テレの「太陽にほえろ」を見ていましたが、自分と同じ中学3年生の物語がどんなものになるのか興味があって見始めました。最初は、普通のドラマでした。変わったのは4話目「十五歳の母」が始まってからでした。受験を間近に控えた3年B組の生徒、浅井雪乃が身ごもった。相手は同じクラスの宮沢保。

 衝撃でした。中学3年生といえば、性に目覚める頃。実際に身近にそういう問題があったわけではありませんが、そういうことが起こっても全然不思議ではありません。まして、浅井雪乃も宮沢保も決して不良などではなくて逆に成績優秀で模範的な生徒。幼い愛が結晶になった。それをクラスや先生が一丸となって守る。その姿に心を打たれました。

 翌年。第2シリーズでは、校内暴力がテーマでした。加藤優という荒谷二中の番長(これも既に死語ですね)が桜中学に転校してくる。時まさに全国で校内暴力が猛威をふるっている頃。すでに高校性になっていましたが、ドキドキしながら見たものです。

 金八先生の物語は、第8シリーズまで続きます。第4シリーズでは、雪乃と保の子供、歩も金八先生の教え子になったり。第5シリーズでは、第2シリーズ「腐ったミカンの方程式」「卒業式前の暴力」に比肩する物語。表向きは品行方正な生徒、裏ではクラスメートの弱みに付け込み悪いことばかりやっている「ガラスの少年」兼末健次郎の物語でした。


 金八先生を見て一時は教師を志したこともあります。結局生かすことのない中学国語1級教員免許はその名残。

 その金八先生もついに定年。

 3月が楽しみです。

 

ふうふう 2011/02/02 08:37 PS2でゲームにもなってますが、お薦めの1本であります。完全版のほうが面白いシナリオも追加になっているので、機会がありましたらやってみてくだされ。

heehee 2011/02/02 21:57 >ふうさん
「伝説の教壇に立て!」ですよね。やりたいとは思ってるんですけど、機会を逸してしまって…。
完全版、探してみまーす。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20110201