日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2013-10-31

父を越える日。

|


 うちの息子、最近やたら背が伸びてる。いや、もう21だから今伸びてるわけじゃないんでしょうが、どう見ても私より背が高い。カミさんが入院している時、病棟に身長計があり測ったら178.5cmでした。昔より1cmも縮んでいて、もう"公称180cm"と呼べない…。息子はどう見ても180cmあるっぽい。

 

 外見は私に似ていますが、芸能人でいうと「神木隆之介くん」に激似です。足も長くて、体重も60kg未満のスリム体型。今流行りの草食男子の典型。部屋にはにゃんこ先生のUFOキャッチャーで取ったらしいぬいぐるみが鏡餅のように積まれていて、反対側に眼を移せば、ガラスケースにハルヒ他のフィギュア。本棚には「テニスの王子様」と「銀魂」が並ぶ完全にオタク。まぁ、この父にしてこの息子とでもいえば良いのか…。


 家ではコミュニケーション障害のように殆どしゃべらないけど、一応バイトとかやってるんで社会生活は営めているっぽい。


 親子とはいえ別人格。しかも20歳を超えた成人ですから、ちゃんと自己責任で生きてくれるなら、悪事に手を染めない限りは自由に生きてほしい。でもま、仮に罪を犯したとしても守ってあげるけどね。親だから。とはいえ、私に似て小心者だから、結局地味な小市民的生活に落ち着くに違いありません。


 グレもせず、よく育ってくれました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131031

2013-10-30

赤バット時代は知らないけど。。

|


 読売ジャイアンツ名監督、川上哲治さんが逝去されました。折しも日本シリーズ第4戦。楽天対巨人。勢いに乗る楽天を日本中が応援している中、ヒール巨人は、無き川上の想いで逆転勝利。


 川上の現役時代は知らないけど「巨人の星」「侍ジャイアンツ」世代の私にとって、V9時代の川上はやっぱ重鎮、名監督です。特定の野球チームのファンではありませんが、やっぱ関東から出たことのない私にとって野球=巨人だったりします。


 一時代を築いたという意味では異論は無いでしょう。名選手即名監督ってそんなにいないと思う。普通に生活をしていてもプレイヤーとして一流の人が、管理職になって???って人は多い。そういう意味でも尊敬できる人でした。


 93歳。大往生。

 でも今年は楽天に花をを持たせてあげたい、日本シリーズ真只中のご逝去。

 

 ご冥福をお祈りいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131030

2013-10-29

プリンセス天功が吉本入り「新しいアイデアたくさん」

|


 イリュージョニストのプリンセス天功(年齢非公表)が吉本興業入りしたことが28日、明らかになった。今月1日から所属、来月28日から3日間、大阪・なんばグランド花月(NGK)で吉本新喜劇池乃めだか(70)らとのコラボ公演に登場する。天功は「新しいアイデアが、たくさん出てきました」と相乗効果を期待している。■現在の事務所が個人事務所に近い状態とあって大手の力を借りたい天功サイドと、芸人以外の他分野でもマネジメントを広げている吉本の方針が合致。今春から交渉を始め、10月1日に契約が完了した。来年にはマカオ公演も決定。同公演を皮切りに世界各国を回ることに、天功は「こんなに人生が楽しくなっていいのでしょうか」と喜んでいる。■天功は欧米やアジアなどで年間300公演をこなし、現在は都内や米ロサンゼルスの豪邸で過ごしているという。過去には、ハリウッドスターのジャン=クロード・ヴァン・ダム(53)との熱愛も取りざたされたこともあるが、関係者は「私生活もイリュージョンというか、謎に包まれています」と話している。(スポニチアネックス 10月29日(火)7時42分配信)


 単なる話題作りなのかな。年間300公演してたら、吉本の舞台に上がる事は殆どできないし。プリンセス天功は、以前プリンセステンコーエンタープライズの社長さんと知り合いなったことがあり、色々面白いお話を聞かせてもらいました。ここで話せないのが残念。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131029

2013-10-28

ニンテンドー3DS『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 パック』を予約したよ。

|



 24日から予約開始といってので、悠長に構えていたらネットでは殆ど瞬殺。今やどこもプレミア価格22800円が高いところでは4万近い!おかしくない??いろいろ調べていたら、店頭予約であればまだできるらしいという事を知り、横浜のyodobashiに行ってみると、どこにも張り紙は無い…。駄目もとで店員さんに聞いてみると2つ返事で「大丈夫ですよ〜」と。前金全額払いですが、キャンセルする気もないので全然OK。無事予約できました。12月26日発売が楽しみ。2代目の3DSだけど、こっちはゼルダ専用機にしてしまおう。


 昔は色々ゲームやってたけど、いまだに続けているのは「ゼルダの伝説」だけ。正直、ゼルダの為にハード買ってると言っても過言ではない。ディスクシステムの第1作「ゼルダの伝説」は、ファミコンカセットになってからやりました。リンクの冒険は、アンバサダープログラムで貰い、3DSに入ってますがまだやってない。

 最初のゼルダ体験はスーパーファミコン「神々のトライフォース」。その後ゲームボーイ「夢を見る島」をやって、nintendo64は、まさにゼルダの為に買ったハード。時のオカリナ」「ムジュラの仮面は、いまだに傑作だと思う。ゲームボーイカラー「不思議の木の実 大地の章/時空の章」は、バーチャルコンソールで買ったけどまだやってない(^-^;)。 

 ゲームキューブ風のタクトは猫目のかわいいリンクが好き。ゲームボーイアドバンス「神々のトライフォース&4つの剣は友達がいないので、"トライフォース"だけやった。

 GBAふしぎのぼうしは、携帯版の中では一番好きかも。トワイライトプリンセスは久しぶりのリアルリンク。狼に変身するリンクかっこいい。DSになって夢幻の砂時計」「大地の汽笛は、猫目リンク。DSのペン操作で新たな操作感覚。で、3DSで立体視になった「時のオカリナ3D」これも 小さな画面を覗き込む箱庭感覚で良かった。いまだにやってます。Wiiになってスカイウォードソードは、鳥にまたがって空飛ぶ感覚が心地よい。WiiUでリメイクされた「風のタクトHD」は、とりあえずHDになっただけのリメイク作品っぽいのでちょっと見送ってます。


 ゼルダって、単に戦って経験値を上げるだけじゃなくて、試行錯誤をしている間にひらめいたりして先に進めたりするカタルシスが好き。アクションの操作技術だけでもなく、その絶妙のバランスとクリアした時の爽快感。それと、ただ街の中をうろうろしているだけでも楽しいゲームってなかなかない。


 12月まで生きる希望ができたww

 

ニンテンドー3DS LL ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 パック【メーカー生産終了】

ふうふう 2013/10/31 11:59 うちもこれは。と思ってたものの、どこを見ても売り切れー。
になっていたので半ば諦めてました。
が、これを見てもしかして。と思い、通勤道中にあるお店に問い合わせるとあっさりOK。
と、いうか誰も店頭予約してなかったようで。
店頭に行ってもどうせ無いからネットで。
という風潮が強くなった結果、状況が逆転してるのかもしれませんね。

heehee 2013/10/31 23:29 >ふうさん
お役に立てて良かったです(^^)/。
12/26楽しみですねっ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131028

2013-10-27

川崎市長選挙。

|

 任期満了に伴う川崎市長選挙がありました。現在絶賛開票中。

 

 投票率は、最終25%前後。有権者の3/4は行かなかったわけか…(訂正:今日の新聞で32.82%だったという記事がありました。)。国政選挙じゃないし、争点も余り明確でない選挙だから、興味もわきにくい。

 ただ、基本選挙には行く用意しているので、事前に公報や立候補者の駅とかで配ってるチラシを見て重い足を引きづりながら、投票所に向かいました。私が行った16:00頃で投票率13.98%。おいおいいくらなんでも締切4時間前でこの数字はあらら…って感じです。


 いや、行きたくない人や興味ない人の首根っこ捕まえて「絶対行けよ!うりゃ〜」って言うつもりはないんです。そんな正義感ないし、某宗教団体でもないからw。でもね、日頃、生活に対する不満とかある人は、自分の意見を言える唯一といっていい機会が選挙だと思うのね。文句だけ言って、選挙にいかないのはなんか違うと思う。だって、選挙にいかなかった75%の人が、同じ立候補者に入れたら、トップ当選しちゃうわけですよ。

 無党派層などと、かっこいいいい方をされてますけど、結局何も考えてない人たちって思われてる。それも悔しい。

 

 

 選挙権って、大昔の人が血のにじむような努力をして手に入れた権利なんですよね。生まれた時から選挙権があって、当たり前な時代になっちゃったから有難みをあんまし感じないけど、そういう先人の努力に少しでも思いを馳せてみると、この一票、おろそかにできないよなって、選挙のお知らせが来ると思う。

 駅頭とかで、選挙が近くなると演説する人がいるけど、そうじゃなくて、毎週決まった日に街頭に立ってる政治家さんがいる。雨の日も風の日も。みんな朝忙しいから足早に脇を通りすぎるだけだけど、実はそういう姿はみんなちゃんとみてるんです。


 自分が立候補する気はありませんが、志を持って政治に挑む人々で、自分の想いを託しても良いと思える人を選ぶ選挙。結局人間なんて一人じゃな何もできないんだから、自分の気持ちを代弁してくれる人を選ぶのって、大切な事だと思うのです。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131027

2013-10-26

「宇宙戦艦ヤマト2199 第7章上映会」に参加。

|


 マイミクさんが、宇宙戦艦ヤマト2199 第7章blu-rayを購入したので、観賞会を企画、参加してきました。

 新宿パセラで、カラオケせずに4時間みんなで観る会。最近は画面も大きくスピーカー完備なんで大きな音を出せるので、カラオケBOXもこういう使い方ができるのは良い。そういえば、以前「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(全11話)の一挙視聴会やりました。

 第7章は、TV話数で23〜26(最終回)まで。先行上映では、25話部分で15分上映に間に合わなかった部分があり、TV放映で無事補完されました。ところが、ソフト化された際、更にカットを増やしていて、上映版、TV版を観ていても是非観たかったので、まさに渡りに船(艦ww?)の企画。


 加藤と真琴の告白(プロポーズ?)シーン、森雪の不味いコーヒーのシーン、デスラーとの白兵戦で篠原と玲が運んできた重機関銃?の出元(コスモゼロの機銃)、フラーケンの次元潜航艦に乗っている藪(ヤーブ・スケルジwww)の更に信頼を得ているカット等々の新カット他、既に放映されれたものもたくさん修正されていました。


 今回は、自分が、1974版(旧作)のTVシリーズのDVDも持っていき、25.26話を最初に見、その後2199第1章(1、2話分)そして第7章(2199・第23〜26話分)というスケジュールで進行。特に旧作との見比べは、なかなか興味深かった。


 その後は、場所を移して飲みながらの反省会。これだけヤマトの事を話せる機会はなかなか無く、楽しかった〜。

 来年は2199完全新作公開が既に発表されています。

 一人で観るのもいいけど、ベクトルの合っている人たち(ここ重要ね。頭っから否定されたり、重箱の隅をつつくようなことに固執する人と一緒だとちょっと困っちゃいます。)と観て感想言い合うのも楽しいね。

 ご一緒戴いた皆さま、有難うございました。

 主催者様、またやりませう!

 

すずむし’64すずむし’64 2013/10/27 17:08 昨日は“乗艦”していただき
誠にありがとうございました!!

1974TV版も持参してくれて
お陰さまで中々面白い鑑賞会になりましたねー。
こちらも感謝感謝です(*^_^*)

また何かしらのBD/DVD鑑賞会とか
ヤマト2199絡みでやりたいですね。
とりあえずは来年の劇場版後にやらねば(^_^;)

heehee 2013/10/27 22:39 >すずむしさん
こちらこそ主催有難うございました。
なかなか濃ゆ〜い半日を過ごさせて頂きましたww。

そうですね、2199絡みでいえば、七色星団決戦の見比べとか面白いかも。
今日74年版の出発までのエピソード(1-3話)観てたら、なかなか2199版と違ってて面白かったので、ここの見比べもよいかも。

とまぁ、そういうことができる位、2199は面白かったっつーことでw

またやりましょう♪

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131026

2013-10-25

来年の手帳を購入

|


 そろそろ店頭に来年の手帳が並び始めました。

 いつもは年度で新しい手帳に切替えますけど、3月よりも今の時期の方が在庫がたくさんあるので買うのはいつも年末までにしています。


 学生時代は4年間「ぴあダイアリー」を使ってました。映画が好きで、当時都内にたくさんあった名画座とかにも行っていたので、映画館の場所が巻末に地図付きで載っていて、書くところもたくさんあり感想と書けたりするので、便利でした。

 社会人になってしばらくは「能率手帳」。週単位1ページで、時間予定がわかりやすかったのと,ノート部分が多かったので。

 営業から離れてからは、予定を月単位組むようになり、1ヶ月が1ページ、カレンダ形式でみられることが重要になり、そういう手帳に。ここ最近は高橋書店の「リベルプラス1」。会議や打ち合わせが多くなったからノートは手帳とは別に持つようにしました。

 

 私的には、スケジュール帳は携帯できる事が基本なんで、内ポケットに入る大きさが基本です。


 で、今回営業に異動するとは思っていなかったんで、昨年と同じノート部分のほとんどない手帳を使ってましたが、既に書くところがなくなってしまいました。仕方がないので、今年は1月に手帳切替することに。


 最近は、紙の手帳以外にもgoogleカレンダーを使ってスマホでもスケジュール管理をしています。更に会社では、OUTLOOKも使わされ、その上、営業管理システム("saske"といいます「セールススケジュールなんとか…って名前の頭文字を取ってる)と労働時間報告と、なんだかたくさん予定と実績を管理して(されて)ます。

 面倒といえば面倒ですが、目的が違っているので仕方ありません。もっともメリットとしては書き漏れしていてもどこかに書いていたりすることもあるんで便利だったりもします。


 仕事と遊びを両立させる為にもスケジュール管理大切です。

 新しい手帳で気持ちも新たに来年に臨もう。とりあえず、遊びの予定を書き込もーっと。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131025

2013-10-24

タモさんの名言。

|

 

 ネットで話題になっている「タモリの名言」を通勤中に見るともなしにしていたら、なかなか興味深かった。ホントその通りの事ばかりなのに、普通の人は絶対に口に出して言わないことばかり。


・前を向いて歩いてたって、つまんないよ。後ろを振り返ったほうが『あれが楽しかった』って楽しいよ。

 …前向きであること、ポジティブであることが"正義"な世の中で、後ろ向きでいる事を肯定する発言なんて、すごく居心地が良い。「ヤル気満々」なのは疲れます。そこで次の名言が、

・やる気のある奴は、去れ

 …とくる(爆)。


・明日のことを語れるヤツはゴマンといるが、昨日までのことをキチっとやれるヤツはほとんどいないんだよ

 …結局、世の中そういう奴ばかりだという事は、実はみんな分かってるはず。


・やっぱり近道はないよ。真ん中の王道が近道なんだよ

 …結局、近道を探そうとあくせくしたところで、そんなものはない。真ん中を堂々と歩く事を、これも肯定している。


・字はしっかりしてるのに内容のない手紙ってあるよね。

 …PCで書かれた業務文書なんてその最たるものです。。


・いまだに何かをわかったわけでもなく、ただ迷いつつ手探りでやり続けております。

 …どんなに歳を取っても、"悟りの境地"なんてそう簡単に手に入るもんじゃない。半世紀近く生きてる私もいまだに迷いっぱなしです。


・ストレスはね、発散することはできません。溜まる一方だからストレスを忘れるしかない。。

 …いやはや、ホントその通り。「スポーツでストレス発散」という胡散臭さ、昔から感じてました。スポーツするだけで性欲無くなる訳は無い。もっとも最近は歳相応に性欲減退(爆)。


・初対面の人と上手く話す秘訣なんて無いんです。心構えとしては、初対面と思わない事じゃないですかねえ。この人はよく知っているんだ、仲良しだと思う事です。

 …最近、新しい仕事をしてるもんだから、こういう言葉はすぐに役に立ちます。


・人間って「自分がいかに下らない人間か」ということを思い知ることで、スーッと楽にもなれるんじゃないかな。

 …いつもそう思って生きてます。


そしてもっとも感銘を受けたのが、

人生とは後悔する為に過ごすものである。


毎日毎日後悔ばかりしています。ただ後悔するだけだったら何にもならない。その後どうするか。それが大切なんだと思います。

すずむし’64すずむし’64 2013/10/25 21:51 う〜む、中々考えさせられますね(^_^;)

あ、性欲はあるんですけど持続力が・・・以下自粛ww
セ●レでもいればねぇ(猛爆)

しかしタモさんの言葉はやはり人生の先輩の
言葉って感じですね〜。

heehee 2013/10/26 12:08 >すずむしさん

 でしょ。タモリにしても所ジョージにしても何にも考えていないようで、しっかりと考えて行動している大人ってやっぱ憧れます。
 持続力…ははっ同じっすwいやいや、これからはがつがつしない大人の魅力ってことにしときましょうww

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131024

2013-10-23

藤原の効果。

|


 台風27号と28号が同時に日本に接近している。

 戦前、中央気象台(現・気象庁)台長の藤原咲平氏が提唱した、「二つの台風の距離が約1000キロ・メートル以内に近づくと、互いに影響して台風が複雑な動きをすること。中間点を中心に、二つの台風が反時計回りに互いを追いかけるように回転したり、小さい台風が大きな台風に吸収されたりする。」事を藤原の効果といい、外国でもFujiwhara Effectというらしい。なんかすごい。


 自分の名前が、恐竜の名前になったり(フタバスズキリュウとか)、彗星の名前になったり(ハレー彗星は、エドモンド・ハレーという人の名前)するのって、やっぱ発見者冥利に尽きるんだろーなぁ。人は死んでも名前を残す。さて、私は何を残すんだろう。いやいや、殆どの人が、肉体と共に何も残すことなく忘れ去られてしまう。強いて挙げれば、子をなしているから、遺伝子は残してるけど、優良な遺伝子じゃないからなぁ。


 ただね、社会なんてそういう市井に生きるたくさんの人で成り立っているわけで、戦争で何万人の人がなくなり、東日本大震災で死者・行方不明者が18000人以上いるとか、単に数字で表されてしまう一人一人に名前があって人生がある。何百年も名前が残る事もいいけど、わたし的には、少なくとも関わりのある人に「あの人いい人だったよね」といわれるような最期を迎えたいもんです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131023

2013-10-22

「笑っていいとも!」終了。

|


 一つの時代がまた終わる。

 今日の放送で、来年3月の終了がタモリさんの口から発表されたそう。


 始まったのは1982年(昭和57年)、私が高校3年生の時でした。前番組「笑ってる場合ですよ!」はMANZAIブームの中、B&Bが司会で、ツービート、紳助竜介、西川のりおよしお、ザ・ぼんちなんかの、人気漫才師たちが出てた番組でした。その後、いいとも青年隊の♪お昼や〜すみは、うきうきウォッチング、あちこちそちこちいいとも〜の曲で始まったのが「森田一義アワー"笑っていいとも!"」


 なかでも「テレホンショッキング」は、この番組の人気コーナーで、「友達の友達は皆友達だ。世界に広げよう友達の"わ"!」は、大流行しましたねぇ。「テレホンショッキング」は、元々当時タモリが大ファンだった少女アイドル「伊藤つかさ」に逢いたいが為に始めたもの。だから無事会えてからは、タモリにとっては所謂惰性になったんではないかな。


 最初の頃は、ウィークディの番組だから学生時代は結構みれていたし、日曜の「増刊号」は欠かさず見ていましたが、最近は、増刊号は勿論、平日休みの時でも見る事は無くなったなぁ。視聴率もずいぶん落ちてたみたい。単独司会者による生放送の長寿記録として2003年度版のギネスブックにも認定されています。


 スタートから32年も続くとはすごいです。こういう帯番組を持つと、自分の自由な時間がなかなかとれなくなる。そろそろお休み、良いと思います。最近つまらなくなったしww

 

 

 これからタモリさんには、「ブラタモリ」とか「タモリ倶楽部」とかで、「いいとも」がなければできた遠方のロケとかやってほしいなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131022

2013-10-21

心が死んでいく。

|


 趣味や好きな事が仕事になるのは辛いというけど、そんなことないと思う。何の能力もなくて、生きていく為に稼がねばならず、意に沿わぬ事も仕事は仕事と割り切って、時間を切り売りすることで1日々々が過ぎていくことに何の面白みがあるんだろうか。


 最近目覚まし時計をセットしなくても毎朝5時に眼が覚め起きる。出勤の準備をして定時に家を出、何回も乗り換えて満員電車に揺られて出社する。毎日追い立てられるように仕事をして、お客さんには怒られ、呆れられ、たま〜に誉められ、気が付いたら日も暮れる。またも電車に揺られて帰るけど、もう疲れてしまって、本を読む元気すらない。電車は朝ほどではないけどやっぱり満員。家に帰って寝るまでの時間もあっという間。こんなことをもう20年以上も続けてる。何が楽しいんだか…。

 

 サラリーマンの究極の目標が"社長"になる事だとすれば、社会人になった時からそんな夢を持っていない事を思い出す。独立して自分が社長になるという手もありますが、もとよりそんな気概もなく。


 サラリーマンとしての階段を汲々として登る事も是としていない。狭い世界で人より偉くなることに何の意味があろう。単なる仕事の違いでしかない。1000万動かせるところが1億になる程度の話。社長になっても精々億単位。兆までの金は動かせないし、そもそも法人という別人格の金で自分の金じゃない。人の金を使ってまたそれを増やす事に何の面白みがある?


 とまぁ、そういう事を考えながら仕事をしていますが、だからといって中途半端にやったりしないし、どんな仕事でも一生懸命やる。基本姿勢としては、社内外を問わず「誰かの役に立つ」ということが、私の仕事をするスタンス。

 異動して7カ月。まだ誰かの役に立ってる実感がないもんだから、こういうネガティブな思いになっちゃうんだよね。スキル身に着いているんだろうか。少しは成長してるんだろうか。

 

nakanaka 2013/10/22 12:49 なんだか切なくなってコメントせずにいられませんでした。相手は良い時は何もいってくれなくて。悪い時だけ目立つからモチベーション下がりますよね。でも悪いことが見えていることだけって最近都合よく解釈するようにしてますが、気持ち分かる気がします。私もやりたいことってなんだろう?やりたいことのために仕事を変えようかグルグルここ6年くらい悩んでます(笑)人から必要とされたいと思ってましたが、それって今の仕事じゃなくてもよいんじゃないかとか思い始めてしまい(笑)それでも、今の環境はとってもよいので、決意できず。やっと最近、お花育てたり山いったり、図書館かよったりほそぼそだけど自分の時間がみえてきました。もっと平和に穏やかに暮らしたいと思うのは今が慌ただしいからだけかも。グルグル

heehee 2013/10/23 00:48 >nakaさん
ネガティブ発言ですいません。でも本心ですw
おかげさまで周りには恵まれていて、そういう意味では、今回の異動は本当に良かったと思っています。ただ、毎日毎日追われるように仕事をしていて、気が付くと1日終わっていてなんか何も残ってないような気のする日々を送っていると、(これでいいのかなぁ…)と思ってしまいます。まさに「忙殺」状態。
 「はたらく」の語源って「傍(はた)を楽(らく)にする」から来てるなんて言ったりします。周りの人に楽してもらう。その為に身を粉にして働いて、その対価として報酬を貰う。やっぱ仕事はそうでないといけないと思うんです。そういう実感が今どうしても持てない。
 本当は仕事=生きがいになるのが一番だと思います。だから何の疑問も持たずサラリーマンの階段を登れる人ってある意味羨ましいなぁと思います。自分はそうじゃないから、他で生き甲斐を見つけないといけない。
…私もグルグルwww。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131021

2013-10-20

久しぶりにカラオケ。

|


 参加をしているカラオケの会の2年に1度の大部屋企画に行ってきました。いつもは5,6人の小部屋に別れて唄っていますが、この企画は、参加者全員が一つの部屋に集い、順番を決めてステージ上で唄うというもの。月1回集まるこのサークルに参加するようになって6年位になりますが、ここ数カ月、仕事に家庭に色々バタバタしていて参加出来ていませんでしたが、久しぶりの大企画なので万難を排して参加。

 順番はくじ引きで。私は32人中2番をひきましたが、あいにく1番の人が遅刻。結局トップバッターになっちゃった。喉を潤す間もなくステージに上がった為、出だしがいまいちでした…。まぁ唄い終わってしまえば、後は飲んだくれていればよいので、気が楽。順番の遅い人は、自分の番がくるまで、緊張して飲めない喰えないw

2時間の大部屋の後は、いつも通り個室に別れてのカラオケ。酔いも手伝い、ゆるゆるで唄えましたw


 久しぶりにお逢いする方も多かったので、その後の飲み会も行きたかったのですが、病身のカミさんをほっとく訳にもいかないので後ろ髪引かれながら退散。まぁ術後の経過はよいみたいだし、必ずしも自粛する必要はないとも思いますが、口では「遊んでていいよ〜」といいつつ内心は不安かも知れないので、ここしばらくは遊びは自重ってことで。。


 ご一緒戴いた皆様、ありがとうございました。

 スタッフの皆さまお疲れ様でした。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131020

2013-10-19

「仮面ライダー THE FIRST」を観た。

|


 2005年東映・長石多可男監督

 劇場では未見で、DVDになったばかりの頃1回観てます。最近、71年のTVシリーズ「仮面ライダー」を観返していて、(そういえばリメイクした映画あったよな…)と思い出して、コレクションから探し出してみて観ました。


 ライダー、ショッカー怪人の造形、アクションはすごくいい。こんな感じ↓すごいかっこいい。

f:id:hee:20070616171826j:image:w360


もっとも、観るべきところはそれだけといっても過言ではないところが哀しい(笑)。学芸会のような演技は、予算の都合上有名で上手い役者を揃える事ができないから仕方ないかもしれない。役者と呼べるのは冒頭出てくる石橋蓮司本田博太郎くらい。既に鬼籍に入っている天本英世をデジタル出演させるという暴挙も"死神博士"のインパクトで画面に花を添えたいというスタッフの気持ちも分からないではない。一番大きな問題は、脚本でしょう。90分という中編の中で、本当に見せたいのは何なのかよくわからない。

 唐突に現われた軟派な一文字隼人も、確かに本郷に比べれば明るいキャラクターではあるけれど、女の為にショッカーを裏切るという設定は苦笑するしかない。しかも、本郷は、自分の研究していた氷の結晶を改造された複眼を通して見る事で、洗脳から解けたのに対して、一文字の洗脳はいつ解けたのか、そもそも洗脳はされてなかったのか。更に、改造人間は、全身の血を定期的に入れ替えないと"リジェクション"という拒絶反応が起きる描写があるけど、本郷は何らかの理由で"リジェクション"が起きず、一文字は"リジェクション"で苦悩する描写はあるものの平然とショッカーを裏切ってしまう。物語が進んでいくと"リジェクション"の間隔が短くなっているにも関わらず。


 敵怪人に改造されてしまった病弱な2人(晴彦:ウエンツ瑛士/美代子:小林涼子)のお話も取って付けたような割には結構時間を割いている。本郷・一文字と緑川明日香の三角関係と対比した2人の恋愛を描くという感じなんでしょうけど、仮面ライダーに硬派なものを期待している私的には、ベタベタと甘過ぎてこれまた苦笑するしかない。

 ワンカットだけ出てくる立花藤兵衛(宮内洋!・V3だよっ)も、突然サイクロン号を本郷に与えるけど、本郷が改造人間だと知るシーンもなく、本郷の理解者なのかもよくわからない。

 極端な説明不足と余計なシーン、本来あるべきシーンがないなど、どうも映画としてのバランスを欠いている気がしてならない。こういう脚本で映画として出してしまうから、子ども番組の映画化という枠から抜け出せないんじゃないかなぁ。

 

 造形とアクションがいいだけに本当に惜しい作品。

 この後続編「仮面ライダー THE NEXT」では、V3が出てくる。これも以前観ました。FIRST同様、造形はいいのにお話的にはちょっと残念だった記憶がありますが、せっかくなので続けて観てみよっと。

仮面ライダー THE FIRST [DVD]

仮面ライダー THE FIRST [DVD]

仮面ライダー THE NEXT [DVD]

仮面ライダー THE NEXT [DVD]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131019

2013-10-18

また来るの?台風…。

|


 いやいや勘弁。現在の状況はマリアナ諸島にあり、時速15キロで北西へ進んでいる。中心気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、中心から130キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いているようです。沖縄〜韓国中国方面に進んでいるとおもいきや、そこから日本列島を舐めるように進路を変える秋の台風、台風があるから、日本列島が、自然と水に恵まれた稀有な土地になったことは否定できないけど、それにしても台風の強い力は時として甚大な被害をもたらす。

 今回も伊豆大島でたくさんの人が亡くなってる。いまだに行方不明の人もたくさん。離島での台風というと1954の第1作「ゴジラ」とか1995金子修介監督のリメイク版「ガメラ大怪獣空中決戦」を思い出す。不謹慎かもしれませんが、台風の力は、まさに大怪獣の脅威そのものだと改めて思います。


 こういった被害を受けてしまった方々に比べれば電車の運行停止、遅れ程度でぶつぶつ言うのは恥ずかしいけど、それでも夫々の生活の事情。来週また来る台風、大きな被害が出ない事を祈ります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131018

2013-10-17

やっぱ新宿好きかも。

|


 今週は、4月まで勤務していた新宿にお仕事行ってます。

 今の会社に入って20年、場所は色々変わってますけど、ずっと同じ支社だったので、知っている人も多い。東京支社は昨年10月に引っ越したところで新しいビルなんだけど、それでも、なんか古巣に帰ってきたようで安心する。


 新宿は、新卒でお仕事を始めた最初の場所。その後一時渋谷区と練馬区で仕事をしたけど、通算でいえば20年以上新宿区で仕事をしています(西新宿→(渋谷)→四谷→信濃町→(練馬)→西新宿→御苑→(代々木※でも最寄駅は新宿)→で、横浜)。

 とはいえ、新宿ならまかせとけっ!ってほど、いろんなところを知っているわけではない。新宿ってディープな部分とライトな部分が同居していて、それが共生してるっていう稀有な街。大体日本有数の風俗街のど真ん中に区役所があるっていう街はあんましないと思う。すすき野に札幌市役所とか、中州に福岡市役所があるようなもん。


 そういうなんでもありな街。昔ながらの繁華街、浅草、上野、銀座。戦後繁華街となった、池袋、渋谷、六本木、赤坂とも違う。戦後、すぐに闇市が立ち発展した街新宿。あらゆるものを呑みこんで、いまだに灯りを消さない街。人の熱気が作りだした街でありながら、新しい人も集まりまた違う熱気を放ち、発展し続ける街。


 人って、いろんな顔を持っている。真面目な面、不真面目な面、優しい面、冷たい面、強い面、弱い面…。それを街として持ってるのが新宿だと思う、だから、人を惹きつけてやまない。

 私も、新宿に魅せられた一人です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131017

2013-10-16

台風 酷かった…。

|


 朝いつもより早めに家を出たら、暴風雨。バス停まで近いんだけど、その感で傘が壊れ、いったん家に戻る。傘を変えて、次のバスに。駅まで言うと人がいっぱい。電車動いていない。とそこ絵、家にいたカミさんからメール。いつ復旧するか分からないらしいから一旦家に。

 交通情報とにらめっこ。とりあえず各駅停車で動いたというトピックが上がったので、駅に向かう。相変わらず駅は人がいっぱい。電車に寿司詰めになってまずは登戸に到着。

 普通ですと、南武線で武蔵小杉まで、武蔵小杉から横須賀線or湘南新宿ライナーで横浜ですが、両線とも運転していない。で、溝ノ口で降りて田園都市線→市営地下鉄で行こうとしたら、JR画動いているとの駅員の指示で振り替えにならず、もう一度南武線に。これがホームに入れない程人がいっぱい。

 なんとか、南武線にのって武蔵小杉まで行くと、やっぱり横須賀線or湘南新宿ライナーは動いていない。仕方なく、東横線に乗ることにすると、JR改札から東横線改札までがまたひとでいっぱい。東横線も横浜方面は結構空いていた。菊名まで行き、横浜線に。京浜東北線が動いていたので、それで東神奈川経由桜木町に到着。なんだかんだで家から3時間近く掛かりました…。


 通勤時間の直撃は、数年前に帰宅時に有りましたけど、朝の出勤時、ここまでひどかったのは初めてかも。

 特に大きな予定がなかったからよいようなものの、それにしても通勤でHP使い果たし、ほぼ定時帰宅し、家に帰って「怒り新党」は勿論、「リーガルハイ」も観ず、そのまま寝ちゃいました。

 

 疲れました…。台風も考えて来て欲しいもんです。無理か。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131016

2013-10-15

hee2013-10-15

やなせたかしさん 逝去。

|


 享年94歳。大往生です。しかも生涯現役。

 自分が創作したものが、たくさんの人の心の中に生き、勇気を与えていく。本当に素晴らしい人生でした。


 ♪もし自信をなくして くじけそうになったら

  いいことだけ いいことだけ 思い出せ


 アンパンマンのエンディングテーマです。今も続くアニメ「それいけ!アンパンマン」は1988年スタートですから、既に社会人になっており、アンパンマンを見たのは恐らく子どもが生まれてからの数年間。それでもこのエンディングはすごく耳に残っていて、自分が仕事とかで辛い時、このフレーズだけを何度も泣きながら唄ってたのを思い出しました。

 

 アンパンマンを見て育った世代は羨ましい。自分の心の中にアンパンマンを拠り所に頑張ることができるから。


 ご冥福をお祈りいたします。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131015

2013-10-14

さすがに疲れたのか爆睡。

|


 イレギュラーな1週間で疲れたのか、久しぶりに殆ど寝てました。休みで良かった。

 この3連休は、元々公私ともにいろんな予定があったけど、全てキャンセル。昨日の話で"何が一番大切か"ということを考えた時に、全部大切なことでもその時々で優先順位は変わる。それが人生というものです。


 退院はしたものの、当然本調子でないカミさんも、痛みを訴えつつ洗濯したり料理をしたり。気が付いたら買い物まで行ってました。声かけてくればいいのに、私も寝てたから起こさなかったんでしょう。まぁ、動けるようになったのはとりあえず良かったけど、無理して、また悪くなるような事はない様にして欲しいもんです。

 仕事は1日位は様子見で行くけど、とりあえず今週は休みにするそう。そりゃそうだけど、それにしても手術して2週間くらいで復帰できるもんなんだ…。最近の手術ってホント回復が早いらしい。内視鏡手術なんで、傷とかもすごく小さい。手術の技術ってどんどん進化している。数年前に同じ手術をした人と比較しても、歴然なんだってさ。


 言葉では「他人の痛みを知れ」なんていうけど、実際には分からない。ただ少なくとも「他人の痛みを知ろうとする努力」は忘れないようにしないといけないと思います。そして自分はどう行動するか。結局そこに掛かってくるんじゃないかな。


 明日からまた忙しい。

 がんばろっと。

むーむー 2013/10/15 01:13 無事退院、おめでとうございます。
奥様が不在だと、色んなことが滞ってしまいますよね。

ご無理の無いように〜。

だりゅんだりゅん 2013/10/15 09:05 人の痛みというものの理解は難しいですね。鬱で会社に来れなくなった部下が居るのですが、何をすれば良いかが、全然分かりません。。

heehee 2013/10/15 21:49 >むーさん
有難うございます。
ホントはいけないんだけど、家事全般任せきりなんで突然こういうことがあると男というのは弱いものです。ただこうしてお互いに必要とし合う関係というのが正しい夫婦のあり方ではないかとも思ったりします。でも無理させちゃいけないですよね。。

heehee 2013/10/15 22:00 >だりゅんさん
家族であっても痛みはわかりません。まして赤の他人の痛みを知る事ができるわけはないと思います。ただ少なくとも「普通じゃなくなった君のことをいつでも考えているよ」というメッセージを送る事は大切な事じゃないかと思うのです。それで相手が回復するか分からないし、自己満足といわれれば確かにその通りかもしれないけど、自分以外の誰かを想う事は、その誰かにとって決して嫌な気はしないんじゃないかと思ったりします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131014

2013-10-13

退院

|


 カミさん無事退院しました。

 日曜という事もあり外来患者はなく、病院は閑散としていました。火曜日入院、翌日手術と慌ただしく過ぎ、術後の経過も良く予定通りの退院となり、やっと日常が戻ってきました。


 家族って、何もしない子どもであろうとも、それぞれが知らず知らずのうちに役割を持っていて、勿論それは、家事分担というだけではなくて、精神的なものも含むのですが、誰が欠けても普段通りの生活にはならない。そういう意味では、"かけがえのない"という意味がぴったりくることが改めて分かりました。

 おかげさまで我が家は、入院するような大病、大怪我を負った者はこれまでなく、そういう意味でもなかなか新鮮な1週間でした。子供たちの頭の出来は決していいとは思えないけど、まずは健康だということは財産だよなと改めて思いましたわ。

 

 世の中には、突然の事故、病気でそれまでの生活が一変してしまっている家庭っていっぱいあると思うんです。そういう意味では、やはり平和な家庭というのは何物にも代えがたい。ウィークデイにちゃんと仕事に行けて、お休みの日には趣味の活動が出来る。こういった日頃当たり前にできちゃってる事って、それほど有難みを感じなかったりするけど、実はとても貴重で大切な事なんだよね。


 「あたしと仕事、どっちが大事なのよ!」という程、愛されていませんが、よくそういう話って、付き合ったばかりの男女で諍いになったりするって昔は言いました。でもこれって、家庭と仕事と趣味とどれが大事かってことで、問われてもなかなか順位付けって難しいんですよね。


 仕事をしなければ、収入が無くなるので家庭生活も維持できずお金のかかかる趣味はできない。

 家庭で問題があれば、仕事だって集中できないし、趣味に力を注く時間はなくなる。

 趣味がなければ、"逃げ道"が無くなり、頭の切替えができないから、仕事だって新しい発想が生まれてこないし、家庭では家でじっとしていて厄介者扱いされちゃう。


このバランスは、全て関わる人の健康の上に成り立ってるんだと思います。

 仕事の仲間が病気で休んでしまえば、休んだ人の分は周りでフォローしないといけない。

 家族が病気になれば看病だけじゃなくて家庭の仕事もみんなで分担しないといけない。

 趣味の仲間が病気だったりしても、やっぱり気になって心から楽しむ事はできない。


人は人との関係の中でしか生きていけない。だから健康ってやっぱ大切。これまであまり気にしていなかったけど、自分の周りのすべての人に迷惑を掛けない為にも、もう少し健康的な生活について考えてみようかな。歳も歳だしね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131013

2013-10-12

破魔矢

|

破魔矢っていうのは、破魔弓と対になっていて、破邪の能力を持った人が方向と力と気を定めて構え射ることで邪気を払うってこと。


 はまゆみ【破魔弓】〔名〕正月に男児に贈った小さな弓矢。「はま」は藁(わら)や藺(ゐ)などを編んで作った輪で、これを転がして的(まと)として弓を射て遊んだ。近世中期ごろから「はま」の中に矢を立て、台に取り付けた飾り物となり、華美な装飾が施されるようになった。魔を払い長生を望むものとされ、後世はこの矢をお守りとして寺社で授けるようにもなった。『日本歳時記・一』に「年の始に童子の破魔弓とて射るは、治まれる世にも武を忘れざる意なるべし。但、むかしは謝礼(しやらい)とて正月に内裏にて弓射る事のありしなり」とあり、『嬉遊笑覧・四』には、「はま弓は、はまと弓と二物なり…はまは藁にて造る。それを小弓にて射る戯は、今も田舎にありといへり」とある。建物の上棟式にも、破魔矢とともに屋上に飾った。「幼少の時分射たならば、さだめて破魔弓であろう」〔狂言・八幡の前〕「はま弓一挺(てう)を小判二両などにも買ふ人有りけるは…町人までも万(よろづ)に大気なるゆへぞかし」〔世間胸算用・五・四〕「五月の節句に甲(かぶと)、正月に破魔弓(はまゆみ)進じて祝義取る事も」〔織留・六・三〕(角川『古語大辞典』)

とあります。


 カミさんは、明日退院が決まりほっと一安心。安心ついでに弓道の夜間稽古に参加してきました。

 古来より、弓には魔を払う能力がありとされていて、初詣のの時に破魔矢を持った振袖姿の若いおねーちゃんがいたりします。弓って神具としても使われますもんね。どうも他の武道と比較してスポーツって感じがしないのは、そういう神的側面があるから?いやいや、そもそも「汗を流す」という意味では全然スポーツじゃありません。確かに試合では的中数を争いますけど、練習の時は、"中る"事よりも、いかにして正しい射ができるかってことに重点を置かれます。だから、中らなくてもOKな場合、中っても×な場合があったりするからややこしい。

 そんな思いを込めて、的に向かっていました。しかし私、"能力者"じゃないからなぁ。役立たずの趣味人では、破魔はできません。。


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131012

2013-10-11

最近ドラマが面白い。

|


 前シーズンの「半沢直樹」、観ていなかったけど「あまちゃん」も面白かったらしい。今シーズンも「半沢―」の勢いをそのままに堺雅人主演のフジ「リーガルハイ」第2シリーズ、裏番組の労働基準監督官というあまりいままでテーマになったことのない職業にスポットを当てた「ダンダリン」と今年は話題のドラマが多い。

 今日から始まったTOKIOの長瀬君主演の「クロコーチ」も全然期待もせず、偶然TVを付けたらやっていたので観たら結構面白かった。横浜が舞台で見慣れた地域が映し出されるというのも興味を持った理由ですが、政治家の裏の顔、それを利用した犯罪捜査そして、私たち世代にはなかなかショッキングな出来事だった3億円事件がテーマということでこれからどんなふうにお話が展開するのか、楽しみ。相変わらず剛力彩芽のキャラクターが微妙な感じ。彼女をパッシングする声は相変わらず多いけど、事務所の力が絶大なんでしょう。毎シーズン主演作を持ってきて、CMも多数。こういう事務所に入るとタレントさんも楽でしょうが、実力が伴っていない感はどうしても否めない。決して「できない子」ではないと思うんですが、本人のキャラと作品のキャラが全く合わない作品(「ビブリア堂の事件手帖」の栞子さん)までキャスティングさせてしまうのは本人にとっても良くないと思います。


 面白いドラマが多いのは良いことですが慢性的に時間が足りない。録画はしているけど、結局途中リタイアしそうな気配も濃厚。昔のトレンディドラマ観たいにアフターファイブが異様に長いといいのになぁ。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131011

2013-10-10

「烈火の月」 を読む。

|


 野沢尚著・小学館文庫。


 北野武監督の第1作「その男、凶暴につき」は、元々深作欣二監督によって撮られるはずでした。当時漫才ブームの真っただ中、飛ぶ鳥を落とす勢いのビートたけしの主演映画を取ろうとしたプロデューサー、松竹の奥山和由は、深作監督、脚本担当として野沢尚に選びました。深作監督と野沢尚は幾度となくプレーンストーミングを繰り返す。第1稿が完成したころ、監督は「花の乱」を撮る為一時中断。その1年後再会し再度この映画の為の脚本の練り直しをする。すると、今度は主演のたけしのスケジュールが合わない。深作監督は、一気に撮り上げる人。たけしの予定に合わせ、1週間撮っては1週間休みというスケジュールでは撮れないという。理由はそれだけではなく、東映アクションが下火になっていた時代、何故今アクション映画なのかという思いに結論を出せずに悩んでいた。結局、深作欣二は監督を降りることになり、奥山プロデューサーは、主演のビートたけしを監督に据えることになる。監督・北野武の誕生です。


 撮影が始まってから、野沢尚は映画にタッチしていない。スタッフに聞くと、あれだけ苦労して作った脚本が現場で即興的に直しが入り原形をとどめていない程だという。奥山プロデューサーはたけしを監督に起用した時からそれが分かっていたのかもしれない。ある程度の脚本の改定後、「あとは現場に任せてほしい」と野沢尚に言ったといます。

 

 あれだけ深作監督と苦労して作った脚本が、素人監督に寄ってめちゃくちゃにされるのは、内心忸怩たる思いがあったに違いない。自分の脚本がガタガタにされた映画なんか見たくない。しかし試写会の後、野沢尚は「悔しいがこの映画は傑作だ」と思ったそう。そして映画から13年後の2002年、オリジナル脚本をもとに描かれたのがこの「烈火の月」という小説です。

 

 この逸話を知ってから、「烈火の月」が読みたくて、ずいぶん本屋を探したのですがなかなか無く、amazonで買っちゃおうかと思ってた頃、偶然見つけ即買い。積んでる本を差し置いてよんでしまいました。


 基本的なストーリーは「その男、凶暴につき」と同じですが、新たな登場人物や、伏線、過去などが大きく異なっていて、これはこれで傑作です。映画が静かなバイオレンスだとすれば、小説版は、激しく奥行きのあるサスペンス、といったところでしょうか。


 映画には出てこないキャラクターで、厚生労働省麻薬取締官、通称"マトリ"の女「烏丸瑛子(からすまえいこ)」 が重要な役で配置されています。これも小説版の面白いところ。彼女がいるおかげで、主人公我妻諒介(映画ではビートたけし演)に愛情があることが分かりやすく表現されている。もっとも、映画はそれをたけしは言葉ではなく演技で見せていて、それはそれですごい。

 

 同じ題材でも表現者が異なるとこんなにちがうものなのかと、驚きを禁じ得ない。映画も小説も両方とも好きです。本屋さんで見つけたら是非手にとってみてほしい1冊。そして、どちらが先でも良いけど、映画も観ると更に楽しめます。


烈火の月 (小学館文庫)

烈火の月 (小学館文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131010

2013-10-09

最近の病院ってすごいわ。

|


 カミさんの手術は大きな問題もなく無事終了。まずは良かった。いつも元気な人が、いくつもの管に繋がれて酸素マスクとかしている姿は、なかなか痛ましい。

 全身麻酔だったのですが、意識が戻るとやっぱり痛いらしい。そりゃそうだろうけど、さすがにそこまでの手術は経験したことがないので、私にはどれくらい痛いのか見当もつかない。少なくとも立ちあげれない位、弱っているのは間違いない。


 今回入院した病院ってできて1年と新しい病院なもんで、建物も設備も最新式。酸素マスクも部屋に引かれているジャックにホースを差し込むだけ。昔みたいに酸素ボンベとか部屋に入れたりしない。TVは液晶(これは当たり前か…)だけでなく、iPadが常設されていて、使い放題。私、Androidタブレット派なので、使い方がいまいち分からなかった(^-^;)。デスクトップに戻るのも四苦八苦。windowsに慣れていると、iは使いにくい。ベッドも電動で、アップダウンしたり起こしたり、キャスターが付いているので、手術室から戻ってくるときはそのままベッドをオペ室に搬入して乗せ換えるだけでOKらしい。

 病棟への入室は全てICカードが必要。会社みたい。面会窓口で患者名と自分の名前を書きカードを借りる。誰でも簡単に入れる昔の病院とは隔世の感があります。


 オペから戻ってきたカミさんは、麻酔から覚めても朦朧としているらしく、ぼーっとしていました。私はといえば、何もすることがなく、ベッド脇でイスに座り、点滴の音とカミさんの寝息を聴きながら、ずーっと本読んでました。


看護師さんが結構頻繁に点滴替えに来たり血圧、体温を測りに来るので、私なぞいても役に立たないので、5時頃退散。

 

 共働きしてるのに家事は任せきり。1週間も何もしないでいいなんて結婚以来なかったんで、ゆっくりして頂ければ良いかな。痛みはあるけど、病院にいれば安心でしょう。明日は仕事行かないと…。パパは病院代を稼がないとね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131009

2013-10-08

ブロガーの嫁は病気までネタにされる…。

|


 かわいそうに。

 私、もう10年近くBlogやってるから、名実ともにブロガーと言ってよいでしょう。

 よく芸人の嫁は夫婦生活までネタにされると嫌われます。でも少なくとも芸人はそれがお仕事で、収入に繋がっているからある意味救われますが、私のblogは単に趣味でやってるものだから収入には一切関係ないけど、毎日ネタがないのでこんなことまでネタにしてしまう。カミさんごめんね。

 

 詳細は彼女のプライバシーもあるので、家族ではあるけど他人である私が詳らかにしてしまうのも憚られるので避けますが、今日から近くの総合病院に入院、明日手術をすることになりました。というわけで、今日明日は会社お休みして付き添い。

 ずいぶん前から貧血が酷く、そもそも"生きているのが不思議なくらい"と医者から言われていてその原因が判らなかったのですが、先日会社の健康診断で診断書まで出され"要精密検査"をいいわたされたそう。その結果、原因が分かり明日切除手術となりました。血中ヘモグロビン一ケタだったらしい。


 手術そのものは、生命にかかわるものではないとのことですが、身体にメスを入れる事の恐怖と、その他様々な葛藤があったようです。とはいえ切除することで今後の生活が少しでも楽になるのならと決断したらしい。ここら辺は本人じゃないと分からない。


 今回この入院が事前に分かっていた事もあり、夏期休暇を取っていなかったカミさんは、その休みを入院にあてることにしたそう。病室は個室でテレビは勿論、シャワールーム、トイレ完備。iPadまであって自由に使っていいらしい。食事も当たり前だけど運んできてくれて、昼は白身魚のムニエルと茄子のお浸し、夜は牛丼(!)とご馳走とはいわないまでも美味しそうな食事。もっともそれも明日の術後からはおかゆになるらしいけど、看護師さんの説明で「朝はパンにしますか?」とか、昼食もごはん、パン、麺類の中から選べると聞き、最近の病院ってすごいんだなぁと感心。それもそのはず、入院費は1泊2万円と、そこらのホテルより高い(比べちゃいけないか…)。術後順調であれば、今週末には退院できるらしいので奮発です。


まずは明日の手術が滞りなく終わってくれる事を祈るばかり。家事任せきりだったんで、全自動洗濯機の使い方すら分からない。食器洗い機も使った事がないのでどうやっていいか判らない。回覧板回ってきたけど、どうすればいいか判らないと、分からない事だらけ。男ってホント駄目です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131008

2013-10-07

帰る時間は自分で決める。

|


 会社のPC、月、水は遠隔操作で20:00に自動シャットダウンする。10分前に「あと10分でシャットダウンします」という警告メッセージが立ちあがりカウントダウンが始まる。昔は何してもそれが一番前に来て「はい」を押すとシャットダウン動作に入ったと思ったけど、いつからか右上の×で消すとウィンドウが消えシャットダウン動作に入るようになっていた。

 

 今日は、とても忙しく特に就業後の17:25位からバンバン電話が鳴り始める。更に担当客先から無茶なお願いもあり、少々パニクってた。時間は刻々と迫り、そのメッセージが出た。「うわ〜メッセージ出ちゃったよ。とりあえず今やったところまで保管しないと」と、無意識に右上の×を押しちゃった。あちゃーーーー。


 明日から2日、事情があり会社を休まないといけない。ほぼ仕事は片づけられたけどやり残したこともあり、ちょっと不安な感じ。

 確かに、こういうことでもしないと際限無く仕事をしちゃう人がいる。でもみんな好きで仕事してるわけじゃないと思うんですよね。もしかしたら、家に帰りたくない人もいるかもしれないけど、少なくとも私は残業代より家に帰ることが優先。だから、基本的には必要以上に残業しようと思ってないし、数年前に自動シャットダウンが導入されてからはできる限り計画的に仕事をしている。でも仕事の状況でどうしても遅くまで仕事をしないといけない事もあり、それが自動シャットダウンの日にあたってしまうと目も当てられない。勿論それを回避する為に事前申請すれば、自動シャットダウンの信号は送られないっていうしくみもあるんだけど、そもそも計画的にやっているから突発的に仕事が入ったりすると間に合わない。

 

 有給消化とかもそうだけど、どちらかと言えばワークライフバランスを考えながら仕事をしている。会社から有給取れだの、〜時までの帰れだのといちいち指図されたくない。仕事量が多ければ工夫をするくらい自立はしているつもり。それでもオーバーワークになり、さすがにやばくなれば上司に報告するなり、プライオリティを考えるなり自己防衛はする。無理してやらないといけない時は、無理してもやります。それを強制的に制限されるのはちょっと困ります。


 でもまぁ会社側の都合だったとしても、こうして従業員を無理やり休ませよう、早く帰らせようというのは、「24時間働け!」と社長自らいってしまう会社に比べればましなのかもしれませんが…。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131007

2013-10-06

hee2013-10-06

桜塚やっくん

|


桜塚やっくんが運転、死因は心臓破裂など■山口県美祢市の中国自動車道下り線で5日発生した死傷事故で、お笑いタレント「桜塚やっくん」(本名・斎藤恭央(やすお)さん)(37)(東京都渋谷区千駄ヶ谷)の死因は心臓破裂などだったことが、山口県警高速隊の調べで明らかになった。■事故当時、桜塚やっくんがワゴン車を運転していたことも分かった。■山口県警高速隊の発表によると、同乗者のうち死亡したもう1人は砂守孝多郎さん(55)(埼玉県所沢市御幸町)で、死因は外傷性ショックだった。■この事故では、桜塚やっくんら計5人が乗ったワゴン車が中央分離帯に衝突、追い越し車線に止まった。桜塚やっくんと後部座席の砂守さんは自力で車から出た後、別々の後続車にはねられた。■ワゴン車に乗っていたのはバンドの関係者で、6日に熊本県内で開催されるコンサートのために移動中だったという。■桜塚やっくんは、セーラー服に竹刀を持った姿でテレビ番組に出演し、「がっかりだよ!」の決めぜりふなどで人気を集めた。(読売新聞 10月6日(日)19時6分配信)


 朝、カミさんから「桜塚やっくん死んじゃったって、交通事故だって」と聞いて、耳を疑った。一時の「エンタの神様」は本当に面白くて、毎週楽しみに見ていました。中でも好きだったのは、 やっくんのスケバン恐子だいたひかる、摩邪(まちゃまちゃ)、柳原可奈子を知ったのも「エンタの神様」でした。

 スケバン恐子を見た時、「なんてかわいい!」と思ってしまいました。オカマとかニューハーフは生理的に嫌いなんだけど、徹底的に綺麗な人は好きです。今なら佐藤かよとかドキドキする位好きです。やっくんの恐子も綺麗だけど、スケバンの格好と喋りにギャップがあって爆笑でした。所謂"客いじり"芸なんだけど、お客さんが仕込み出ない限り、即興で受け答えしないといけない。そういう意味でもかなり頭の回転が速かった人なんでしょう。

 なのに、自爆して気が動転してしまったんでしょうか。高速道路で不用意に外に出ては危険だということに何故気が付かなかった。。


 「エンタの神様」終了後、俳優やったり、声優やったり、今はバンド活動など迷走していた感がありますが、またブレイクする日が来ると思っていた矢先の急逝に言葉がありません。

 ご冥福をお祈りいたします。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131006

2013-10-05

「終の信託」を観る。

|

2012年 周防正行監督作品。


 周防監督は「ファンシイダンス」(89)以来のファンです。周防正行DVDBOXも持ってます。その周防監督の最新作。「終の信託」は「それでもボクはやってない」(07)同様、社会派ドラマ。これまでの作品にあったコメディ要素は全くありません。

 周防監督のテーマ選びの基本は、"知ってるようで知らない世界"

 「ファンシイダンス」…修行僧

 「シコふんじゃった。」…学生相撲

 「Shall we ダンス?」…社交ダンス

 「それでもボクはやってない」では痴漢冤罪を扱いました。ここで司法に目覚めて、今作の安楽死尊厳死問題に繋がりますが、今回の舞台は司法の場が中心ではなく、あくまでも患者と担当医師のラブストーリーだそう。

 久しぶりの原作付映画という事で先に原作を読みました。思った以上に原作に忠実でしたが、原作が折井医師の逮捕で終わるのに対し、映画はその後の事(判決)がテロップで出てきます。途中で投げ出された感のある原作にきっちりケリを付けた点はよかった。

 原作のクライマックスは、折井医師(草刈民代)と検事(大沢たかお)とのやりとり。これも、大沢たかおの演技はとてもよかったけど、心情的な面については原作の方が分かりやすい。

 

 残念なのは、周防監督が目指したのは折井医師と患者の江木(役所広司)とのラブストーリーと言ってますが、あまりそれを感じない点。患者と医師という関係以上の絆を感じる場面はありますが、ラブストーリーというほどでもないような気がします。草刈民代と不倫相手の浅野忠信のラブシーンもありますが、そそられないのは草刈民代に品がありすぎるから?

 草刈民代の演技も残念な感じ。きれいなんだけど相変わらず台詞に感情がのってない。ただ、検事とのやりとりの最後の方はいい感じでした。順撮りしてるのかな。


 重いテーマの映画なんで、万人お勧めではありません。

 周防監督は今久々のコメディ映画「舞妓はレディ」を撮ってます。これはちょっと楽しみ。

 

 

終の信託【DVD】(特典DVD付2枚組)

終の信託【DVD】(特典DVD付2枚組)

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131005

2013-10-04

違法ダウンロード罰則化から1年。

|


 昨年10月の改正著作権法により違法ダウンロードの罰則化が始まりました。特に音楽業界の後押しで制定された法律らしいですけど、「この罰則が法制化されればCD売上が回復するはず」と本気で思っていたんでしょうか…。

 1年を経過して、CD売上が回復していないと、今日ニュースでやってました。なもん、導入する前から分かっていた事なのに、音楽業界関係者ってネットみないのかな。


 「そもそもネットでは、売り上げ減の原因を違法ダウンロードに求める音楽業界の主張に懐疑的な意見が多かった。昨年の著作権法改正をめぐる議論では、日本レコード協会が「違法ファイルなどの推定ダウンロード数は43.6億ファイルであり、これを正規音楽配信の販売価格に換算すると6683億円、正規音楽配信の2010年間売り上げ860億円のおよそ8倍に相当」という推計を示し、法改正を後押しした。しかし、「期待できる市場規模とはかけ離れている」「釣り逃した魚を計算する漁協」(はてなブックマーク)と、逸失利益の計算としてあまりに過大だと揶揄(やゆ)する声もみられたほどだ。」(yahooニュースより)


 日本レコード協会、もうあいた口がふさがらないというか、そもそも"レコード協会"と名のってる時点で終わってる。。

 

 確かに今から20年前くらいまでは、こんな私でもよくCD買ってました。タワレコとか行って、試聴コーナーで聴いていいと思ったら買い、全く知らないアーティストでもジャケットがステキという理由だけで買った事もありました。輸入版が簡単に手に入るようになって、国内版より安くて買いやすかったというのもあります。それと、昔レコードで出ていたものが、各レコード会社から廉価CDとしてたくさんプレスされていた時期でもありましたので、CD買い直しをしたり、レコードで手に入れられなかった奴を買ったりしました。勿論年末は松任谷由実のCDを発売日に手に入れたり。

 もともとレンタルCDはあまり利用していなくて基本は"買う派"だったんですけど、そういえば最近は殆ど買ってません。年に数枚買う程度。。

 なぜかとつらつら考えるに、結論は一つで「買ってまで欲しいCDがない」ってこと。カミさんは大好きな平井堅のCDを発売日に買い、私も好きなサザンとか、さだまさしとかのCD買ってくれるし、ユーミンとか達郎のベストも彼女が買うからPOPS系のCDはまず買わなくていい。クラッシックは長男が買ってくる。自分が買うのは、レンタルもされないマイナーな映画のサウンドトラック位。ちょっと聞きたいなってくらいのものは、youtubeとかで聴くだけで充分だったりします。


 違法ダウンロードがCDの販売を脅かしてるなんてことは、ないわけではないと思いますけど、yahooニュースのようにそれは全てCDの販売に繋がるかというのは暴論というか妄想。逆に、こんな法律作ったから、更に音楽離れが進んでるんじゃないかとも思う。


 昔は「ザ・ベストテン」を頂点にたくさんの音楽番組がTVでやってました。いまみたいに、AKBやジャニーズだけでなくてたくさんの歌手の方が夫々の世界観をプロデュースされて、それなりに固定のファンが付いてました。しかし今はどうでしょう。なんだか何を聞いても同じような曲ばかりで、琴線に触れる事が減っているような気がするのは私だけではないはず。あ、でも、矛盾するようだけどAKBの曲意外と好きです。

 歳をとったせいもあるかもしれないけど、昔の曲ってみんな個性があっていい曲が多かったような気がします。それに無理やり高音で唄っておらずコード進行も必要以上に凝っていないから唄いやすい。練習なんかしなくても自然と唄えてしまう曲が多かった。

 CDが売れないのは、単にJASRACに保護されて権利意識が強くなった音楽業界そのものの体質にあるような気がします。昔は「レコード大賞」受賞曲なんて、老若男女みんな唄えました。みんなが口ずさめるような、国民的歌謡が復活する日は来るのかな。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131004

2013-10-03

「終の信託」を読む。

|


 朔 立木著 光文社文庫

 昨年周防正行監督による映画化作品の原作です。オリジナル作品の多い周防監督が、「ファンシイダンス」以来の原作付き映画ということで、まずは原作を読んでみる事にしました。薄い本なのに、更に2本入っているという。「終の信託」は前半に載ってる140頁の短編。


 呼吸器系の医師折井綾乃が、検察庁に呼ばれるところから始まる。彼女は、3年前に長年担当していた患者、江木とある約束をし安楽死をさせる。それが問題となり呼び出しを受けた。以降は、検事とのやりとりの中で彼女が撮った行動についてフラッシュバックしながら進められていきます。

 尊厳死を扱うことで世間の注目を浴び、出世を目論む検事は誘導尋問で綾乃に自供を促す。そのやり方が、卑劣というか、結局こんなもんなんだろうと思うと空恐ろしい。

 現場にいない人が、真実にたどり着こうとする時、骨格を押える事は確かに重要だと思うけど、骨格だけで全てが分かるはずもない。人間だって骨だけで生きているわけではなくて、内臓や筋肉や贅肉さえも含めて、その人を形作る。このお話に出てくる検事は、骨組みだけで綾乃を立件しようとする。綾乃と江木の信頼関係は描かれているものの、検事のあくが強すぎてかすんでしまう。これは映画を見ないと…。


 もう1本「よっくんは今」は、結納までしようとしていた彼、よっくんを刺殺したマリが、取り調べを受ける話。「終の信託」同様、"愛する人を殺めた"話ですが、こちらの方が闇が深い。

 一方は信託を受けた尊厳死、一方は全てを受け入れてくれた彼を愛するが故の殺人。

 私的には、「終の信託」の方がまだ理解できるけど、それでも人が人の"終の信託"を受ける事はどんな人であろうとしてはいけない事だと思う。

 私は無神論者ですけど、自分の生死を決めるのは、自分ですらなく"天"だと思うのです。


[rakuten:book:15917253:detail]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131003

2013-10-02

コップのフチ子さん。

|


 見つけたら買うようにしています。今日何気にビレッジバンガードに行ったらいっぱい置いてあって、1箱買おうか迷いましたが、はやる心を抑えて5個だけ買いました。今はネイビー色の制服「コップのフチ子さん2」

 

f:id:hee:20131002231824j:image

左上のストロー押さえるフチ子以外の5種をダブりなしでゲットしましたww


5センチ位のOL風の女の子が色々な格好でコップの淵にぶら下がったり、よじ登ったりしてるミニフィギュアです。淡々と一生懸命な感じがツボで、揃えたいんだけど、なかなか売ってません。制服には、今回のネイビーブルーだけでなくスカイブルーや赤、黄色の制服なんかもあります。1個200円と安いところも良い。1箱1ダース12個入ってるに危うく手を出しそうでした。

でもシークレットまだ手に入れてないから、またあったら買っちゃいそう…。

 

すずむし’64すずむし’64 2013/10/03 07:59 それは箱買いするのが
正しい大人(マニア)の買い方ですwww

でもダブり無しは・・・やりますな(^_^)

heehee 2013/10/04 23:03 >すずむしさん
箱買いしたら、絶対カミさんに怒られるもん(>_<)。
ダブりなしすごいですよね。でも後の1個とシークレット、これがなかなか出ないというのがいつものパターンです…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131002

2013-10-01

消費税8%

|


 ううむ。

 結局予定通り、来年4月からの消費税率アップが決まってしまいましたね。私的には消費税アップそのものは容認なんですけど、どうもやり方に納得してません。まず8%で、再来年に更に2%上げて10%って言うのも面倒臭い。じゃ、再来年に10%でいいじゃん、と思ってしまう。そもそも8%というのが計算しにくい。掛け算の8の段の復習をしないと(笑)。

 復興特別法人税は廃止して、個人の復興増税はそのままというのも解せない。個人の生活直撃の今増税は、結局会社が給与アップするかどうかに掛かっている。増税分アップすればプラスマイナス0だけどそれ以下ならマイナス。しかし、会社は従業員の給与を上げる前に内部留保、設備投資が先でしょう。これは、4月以降の消費の冷え込みは決定って感じですね。

 あと消費税については、正直20%位は仕方ないかなと思っていますが、食品にかける税率は下げてほしい。軽減税率の導入はあれはいいこれは駄目というのが難しいと言われますけど、他の国ではやっているところもたくさんある。やってできない事じゃないはず。イギリスとかって、消費税率20%だけど食品は0%、但し温かいテイクアウト、外食、お菓子とかは通常の20%が付くってかんじ。


 それ以前に増税した税金をちゃんと使って欲しい。結局はそれに尽きる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20131001