日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2015-11-30

水木しげる

|

f:id:hee:20151201103611j:image:w360

 あらゆるニュースメディアで報じられていました。それだけ国民的作家であったことはいうまでもありません。

 68年のアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」は白黒でしたが、引き続いて72年からカラー化。白黒版も結構再放送をしていて幼少時代によく見ておりました。考えてみれば、その前の実写版「悪魔くん」も66年なのでおそらく再放送での記憶でしょうが、すごく怖かったのを覚えています。

 キャラクターはあまり好きな絵ではありませんでしたし、キャラクターだけ見ればそんなに上手な絵じゃないんじゃない?と思っていた時期もありましたが、大学時代に水木しげる大好きの友達から背景に注目するように言われ、目を移してみると、むちゃくちゃ上手いことに気が付いた次第。

f:id:hee:20151201085952j:image:w640


 著書『水木サンの幸福論』で幸せになる7つの条件を以下のように言われています。

 「幸福の七カ条」

幸福の七カ条

第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

第二条 しないではいられないことをし続けなさい。

第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

第四条 好きの力を信じる。

第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

第六条 怠け者になりなさい。

第七条 目に見えない世界を信じる。


私なりの解釈。

第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

    成功する事、勝つ事が人生の目的のように言われていますけど、それって一つのものさしでしかなくて、別にそれに縛られる必要はないんじゃないかと、私も思っています。勝ったり負けたり、成功したり失敗したりなんて言うのは、運の要素だって結構な比率であるもの。それすらも自分の能力のように思える人はおめでたいというしかない。成功にばかり目を向けるんじゃなくて、成功をするためにどうするか考え行動する。そういうことが大切だと。

第二条 しないではいられないことをし続けなさい。

    行動する事は大切ですが、嫌々続ける事は不幸。どんなことでも「しないではいられないこと」「好奇心をもって行える事」をすることが、努力を厭わないでできる、努力する事が楽しいって思える事なんだと思います。もっとも、その対価としてお金をもらう"仕事"は、好きでやっているばかりではないけど、一方でそれをしないと好きなことができないという側面もあり、精神的な意味で、仕事は「しないではいられないこと」ではなく生活をしていく上で、また好きなことをするためにしないといけないこと、という感覚で私はとらえています。だから、仕事を優先してしたいことができないような状況は原則避ける。ただ何でもかんでも私生活優先というのではなくて、仕事でのポジションはしっかりと確保しながら私生活を楽しむ、というのは社会人、特にサラリーマンとしては当然な事かなと思っています。

第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

    幸せの基準は自分の中にあって、他と安易に比べるもんじゃない。例えば、収入や地位にしても、確かに高収入に高い地位というのは社会的に考えれば成功者かもしれないけど、じゃあその人たちが本当に幸せかというとよくわかりません。今の私にとって、例えば高収入や高い地位が幸せに結びつくかというとちょっと疑問で、自分が楽しいって思える状況や場所を自ら作り出していくこと、そのための基盤としてなにが必要かを考えて、より楽しいことを追求していくことが、いいことなんじゃないかなと思います。

第四条 好きの力を信じる。

    好きこそものの上手なれ、といいます。好きな事なら続けていける。好きじゃない事を続けていくのは、かなり無理をしないといけません。無理をする事は幸せじゃないってことですね。

第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

    先日もこのBLOGで書きましたが、努力したからといって成功するとは限らない。それを「努力は人を裏切る」と言い切ってしまう水木センセーの言葉には、人生経験に裏付けられたものを感じます。だからと言って努力そのものを否定してしまっては何も前に進みません。好きな努力ならそれを辛いとは思わず、努力すらも楽しめる。それは幸せだといっているわけで。つまりは第1条の成功や勝ち負けのために辛い努力をすることは、目的が成功や勝利だから、それをつかんで初めて努力は裏切らないと言うことができる。じゃ、成功や勝利しなかった努力は無駄かというとそういうことでもない。努力したからっていっても、成功したり勝ったりするわけではないよ、ということ。「努力は必ず報われる」なんて思いながら努力している時点で駄目。

第六条 怠け者になりなさい。

    これを真に受けて、単なる怠け者になったらただの莫迦。しかも若いうちは吸収できるわけだから、いっぱい頑張らないといけない。だけど人生の後半は、これまで吸収してきたものを吐き出す時期だから、できる限り長く自分の得たものを放出するために、怠け者でいることはよいことだと。もちろん若い時であっても無理してやっているとどこかにひずみが必ず来ます。怠けること、一時道を外れることも決して無駄ではないよ、ということが言いたいんだと思います。

    

第七条 目に見えない世界を信じる。

    水木しげるだから、物の怪の世界を信じろということじゃないです。世の中の価値観って、目に見えるものだけがすべてではなくて、むしろ目に見えないものにこそ大切なもの、ことってたくさんあると私も思います。本を読んだり、映画を見たりした時の感動、家族や友人知人の思いやり、成功を伴わなかったかもしれないけどそこにかけた情熱、努力、そういった目に見えないものにこそ幸せを感じることが大切ということではないかと。見渡せば、お金さえあれば手に入れることができるものばかりですが、幸せというのは決してお金で買えるものばかりではありません。日々の生活の中で、少し視線を物欲からずらすだけで、幸せがすぐそばにあったりします。要は、みえていないだけ。




 改めてこう書いてみると、この7カ条ってホント大切なことだと思います。本を読んでいなくて、この7カ条を今回の訃報で初めて知りましたが、なんとなくこの7か条に沿って生きてるなって思います。そういう意味では、たくさんの足りないものはありつつも今の自分は充分幸せなのかもしれません。


 享年93歳。ご苦労された時代も長かったと思いますが、仲の良いご夫婦の二人三脚で人もうらやむ人生だったと思います。その根本はこんな考えにあったんですね。

 改めてこの七カ条を胸に刻みたいと思います。

 たくさんの物語、ありがとうございました。ゆっくりお休みください。    

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151130

2015-11-29

ミス

|


 毎日大小さまざまなミスをしていて、結構綱渡りな生活を送っていますけど、今回のミスは今年最大のみすでしたね。

 昨日に引き続き無事セミナー講師を終え、その後の展示会も無事終わり売上も上々、あとは片付け、というところで、いつもなら早めに連絡をくれる運送屋さんから全く連絡がない。遅れてるのかな、と思ってましたが、時間が過ぎても連絡なく、手配書を見たら30日、つまり明日になってる!!私の入力ミスです。4ヶ月くらい前に予約をして以来、展示物の各印はしましたがまさか日時を間違っているなんてことはついぞ思わず、全然確認してませんでした。

 

 結果的には荷捌所に仮置きしてもらうことを了承してもらいましたが、こういうイレギュラーな事には原則対応しないということで、一時はどこかに移動するよう強く言われてました。100kg超えるもの2つ、そう簡単に動かせるもんではありません。もう本当に平身低頭でお願いしてやっと許してもらえました。



 というような突発的なトラブルのあと、2年ぶりに開催されたカラオケの会に遅れて参加。

 舞台に上がって歌う形式ですが、マイクが10本くらいあり、バックコーラス、ハモリ参加自由ということで、音の厚みが凡百のカラオケと違います。

 毎回楽しみにしていたのですが、主催者さんがお忙し久々の開催。このカラオケは、音源こそカラオケですが、マイク、PAは主催者さん持ち込み。しかもお仕事でもPAをされているプロということで、普通のカラオケよりもうまく聞こえるという稀有な会。参加される方も、みなさんすごく上手くこれ以上ないアニソンLIVE空間で酒が飲める。今回もMAX19人いたので、5時間で自分の選曲は3曲と少ないけど、結局バックに参加したりしながら、あとは酒を飲むという楽しい時間を過ごしました。

 終わってから飲み足りなかったので、少しだけサシ飲み。ほぼ終電近くでした。。

 

 失敗して落ち込み激しかったんですが、あとのカラオケの皆さんの力で多少は気がはれました。お付き合いいただいた皆様、ありがとーございましたm(__)m。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151129

2015-11-28

久々に講師。

|


 人数はすくなかった。20名くらい。明日も同じくらいとのこと。

 昔は丸1日とかやってましたけど今の職種になってからはあんまし人前でしゃべる機会がなく、ちょっと不安でした。その上2週間前の風邪がいまだに治らず、昨日まで本当にまともに声が出ず「このまま声出なかったらどうしよう」と。

 昨日はゆっくり風呂に入り、深呼吸、マスクをして寝たおかげで何とか声は完ぺきとは言わないまでも復調。無事45分のセミナーを終了させることができてほんとよかった。

 

 体調が悪かったので、道場に行けていないのが残念。今日も行ければ行きたかったのですが、家に着いたのが遅く結局行けず。次の土曜日は父の三回忌で実家だし、来週お休みをとってるんでそこで行くか…。

 まずは明日のために今日は寝ます。1日立ち仕事は慣れていないので疲れましたわ。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151128

2015-11-27

命を食らう

|



 SNSを見ていると、目を背けたくなるような写真とともに「羽毛を取るだけに殺される鳥」とか「毛皮を生きたまま剥がれる動物」だとか、そもそも「肉食は罪だ」的な事を言う人がいろんなところにいて、莫迦な読者は「かわいそう」とか言ってシェアして拡散ほう助をしたりする。

 ベジタリアンを否定するつもりはないけど、本当に他の生き物、植物も含めて、それらを摂取しなければ生きていけないのが人間で、寒ければ毛皮を纏い、そうでなくても植物を刈り綿をとり、糸を紡ぎ衣服にする。木を切り倒して家を作る。食べるだけじゃなく、衣食住すべてが他の生き物の恩恵を受けてでなければ、1日も生活できないのが人間なわけで、それを単に肉食だけがいけないなどというのは、傲慢この上ない。


 人が人として生きていくことそのものが罪な存在であることを認識することが大切。あらゆる生き物に感謝をして、決して無駄にしない。命を慈しむということはそういうことだと私は思います。

 日本は古来より"万物に魂は宿る"といって、こういったほかの生き物から受けた命を有難く使わせていただくという文化がある。単に命のあるものに限らず、お裁縫の針ですら供養したりする。アメリカ人が、家畜の供養をするなんて話、聞いたことがない。教会で、年に1度牧場主が集まって牛供養とか羊供養とかやってんのかな?


 肉にしても、毛皮にしても、大切に有難く使わせていただく。

 その気持ちが大切で、自分は哀しい生き物なんだという自覚こそが人間を人間たらしめること。かわいそうだからやめるというなら、霞食って生きていくか、自分の命を絶つべきで、つまらない片手落ちの自己主張をするべきではない、と思うのです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151127

2015-11-26

原節子

|

f:id:hee:20071209175102j:image

 9月に亡くなっていたことが、公表されました。享年95歳。

 1962年に銀幕から引退して以降、一切表舞台から姿を消して、はや50年以上の歳月が流れた。私の生まれる前に引退しているとゆーこと。15歳で映画デビュウしてから42歳まで。女性の最も美しい時を、名監督に撮ってもらいフィルムに残されたというのは伝説の女優に相応しい。

 とにかく美しいその顔立ちは、今みても彼女以上の美しい人はいない。間違いなく日本映画で5本の指に入ると思う。引き際も鮮やか。完全な隠遁生活はどんなものだったんだろう。一度スターになるとその世界の呪縛からなかなか抜け出せないのが芸能界というけれど、原さんの場合は何の未練もなかったのかな。確かに作品を観ていると、楽しそうに演技をしているという風はあまりなく、また、監督によって表情が異なるのも彼女の特徴。一番彼女の美しさを引き出したのが、小津安二郎だと思う。何といっても私的には「東京物語」の紀子さんがベスト。

 「東京物語」は1953年公開。1904年生まれの笠 智衆は当時49歳。今の私より年下!!原節子は1920年生まれだから、33歳。親子ほども差があるかと思ったら、その差16歳。笠 智衆老け役はまりすぎです(>_<)。

 

 見かけによらず、酒(特にビールが大好き)に煙草に麻雀と一通り悪い遊びもやる。でも水着の撮影、舞台挨拶は好きじゃなくて、原則やらない。TVには一切出ず、映画だけ。まさに映画女優の中の映画女優、ついに逝く。 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151126

2015-11-25

「HANA−BI」

|

HANA-BI [DVD]

1998年・北野武監督。

ずいぶん久しぶりに再見。wikiによると受賞歴は以下の通り。

<国外>

ヴェネツィア国際映画祭・グランプリ(金獅子賞)

・ヨーロッパ映画賞 インターナショナル映画賞

・ニューヨーク映画祭・ヨーロピアン・アカデミー賞「スクリーン・インターナショナル賞」

サンパウロ国際映画祭・批評家賞

・オーストラリア映画批評家協会賞・外国作品賞

<国内>

・第53回毎日映画コンクール・日本映画優秀賞

報知映画賞 邦画部門・最優秀作品賞、最優秀監督賞

・第41回ブルーリボン賞・作品賞、監督賞

・第49回芸術選奨・文部大臣賞映画部門

・第22回日本アカデミー賞

 最優秀賞 - 音楽賞

 優秀賞 - 作品賞/監督賞/脚本賞/主演男優賞/主演女優賞/助演男優賞/撮影賞/編集賞/照明賞/音響賞

・第8回東京スポーツ映画大賞・作品賞・監督賞・主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞

 (第72回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位、第20回ヨコハマ映画祭日本映画ベストテン第3位)


 警視庁の刑事、西(たけし)の奥さん(岸本加世子)は不治の病を患っていて、余命いくばくもなく、医者からも見捨てられている。同僚の堀部(大杉漣)は、そんな西を心配して、通常2人組で行う張り込みを一人で引き受け、西に奥さんの見舞いに行くように勧める。ところがその時、堀部は犯人に撃たれ半身不随、車いす生活になる。しかも、刑事を辞め家に帰ると子供を連れて奥さんは出て行ってしまう。

 その後西は部下(芦川誠寺島進)とともに犯人を追い詰めるが、その際に芦川誠は犯人に撃たれ即死、寺島進も大けがをする。西は、持っていた拳銃で犯人を一撃で射殺、その後犯人の死体に全弾打ち込む。

 西は、警察を辞め、奥さんを退院させて一緒に生活をするようになる。生活費は底をつき、やくざ者から金を借りるが当然返せない。やくざに追われる西は、銀行強盗をして金を作り、妻と逃避行をする。


 あれ?あらすじを書いてみるとたいした話じゃないなぁ。

 基本バイオレンスものってあんまし好きじゃないんですが、初期の北野作品はけっこう好きです。殴ったり拳銃で撃ち殺したりするシーンは、やっぱり駄目なんですが、主人公の哀しさが全編に漂っていて、それがなんとも切ない。

 「HANA−BI」の西も、お話しの中の不幸を一身に背負っていて、勿論それが反社会的行動の原因として許されるものではないのだけど、人間生きていれば、多かれ少なかれ反社会的な行動を知らず知らずのうちにしているもので、それを強調しているって思えばある程度合点はいきます。肯定はできませんが。


 キタノブルーと言われる青みがかった画面、極力台詞を廃したストーリー展開。台詞で説明するのではなく、画面ですべてを表現するというのは、映画としてあり。でもこういう冒険はなかなかできず、どうしても凡庸な作品が多くなる。そういう意味では、北野武は、映画監督以外の世界でも、十分評価されているという安心感、「別に映画が駄目でもお笑いあるし」という二足の草鞋がよく作用しているんじゃないかと思うのです。

 ハリウッド映画の、説明の多いわかりやすいストーリーに慣れている観客にとっては、意味不明な暗い映画ととらえられがちですが、一度キタノ映画の文法を理解した上で観てみると、やっぱり金獅子賞に相応しい稀有な映画だということが分かります。

HANA-BI [DVD]

HANA-BI [DVD]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151125

2015-11-24

スーパーポジティブ

|


 会社で行われた鳥越俊太郎氏の講演録をDVD会議の時間を使い全員で視聴。「スーパーポジティブに生きる」と題された講演は、大腸がんから転移し、計4回のがん手術を精力的に講演活動、執筆などをされている、その経験談でした。


 原則”スーパーネガティブ”な私ですが、講演で鳥越氏の仰っていた「がんは命の期限が明確な唯一の病気」というのは(唯一かどうかはともかく)その通りで、末期がんの場合、1年以内に死期を設定されます。交通事故や突然死って、あとに残された人って大変だと思うのです。であれば、命の期限があるがんは、恐れてばかりもいられない。とにかくやり残すことのない様、短い時間でいろんなことをやらないといけない。

 私の場合、とりあえず膨大な私物の整理、売却。PC内のファイルの整理、遺産と呼べるものは殆どないけど、銀行口座の解約、各種名義変更なんかもやらないと。1ヶ月もあれば何とかなる。

 これをもってポジティブというかどうかは微妙ですけど、1ヶ月くらいは活動できる時間があるとよいなぁ。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151124

2015-11-23

気が張っていると。

|


 病気にならないというのは本当らしい。症状が出にくいといった方がよいかも。

 先々週末から風邪っぽい感じでしたが、熱も出ず、朝の度が痛いくらいでしたが、今朝起きてみようとすると起きられない。声が出ないほど喉が痛い。

 三連休最終日でしたが、予定を入れていないでよかった。結局一日中家にいて、ほとんど寝てました。

 頭が朦朧とするのと、咳がひどくて、本も読めず、録り溜まった番組もみれず最低。


 明日は仕事いかないと…。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151123

2015-11-22

中らず。

|


 「射型定まり、体配落着き、気息整って、射術の運用法に従い、矢飛直く、的中稍々確実な者。」弓道三段の昇段基準です。


 二本の矢を射るのですが、9時と3時方向にぎりぎり外して今回も通らず…。

 今回は176名(4名欠席)中37名が合格。21.5%、近年まれに見る高い合格率でした。合格率云々は結果論ですので、合格率が高ければひっかかるというもんでもなく、やっぱ最低1本は中てないといけません。もっとも、二段取得してして期間の浅い人は、一本当てただけではまず厳しく、冒頭基準の”射型定まり、体配落着き、気息整って、射術の運用法に従い、矢飛直く”の部分が確実でないと合格は難しい。

 私の場合は、二段取得が平成9年なので、立ち順は最後の方なので、1本中てれば恐らく合格するんでしょうが、その1本がなかなか出ない。練習ではいい中りが結構出ていたので、うまくいけばさすがに今回は通るかと思ったんですけど、やっぱり、先生方の眼前(しかも大前(一番前))で、注目される中の緊張は、日頃の射を出すことができなかった、というのは言い訳ですが。

 学科出題は、

 A群3. 巻藁練習の効用について述べなさい。

 B群3. 「審査を受ける心構え」について述べなさい。

 学科で落とされることもあるようですが、恐らくそれはない筈。やはり実科が大きな課題です。


 一緒に受けた弓友会6名中1名が合格。3人と終電近くまで反省会と称して痛飲。捲土重来を期するのでした。


 さて、次回は2月。鎌倉武道館、寒いんですよねぇ。1回飛ばすか、受け続けるか思案のしどころです。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151122

2015-11-21

自分を見つめなおす時

|


 人間は、というと大げさかもしれないけど、多かれ少なかれ劣等感を持っている。私なんか劣等感の塊で、昔から何をやっても駄目だし、頭もよくないし、かっこよくもない。人とのお付き合いも決して得意な方じゃないし、なんか技術的なものを持ってるわけでもない。世の中の誰の役にも立ってないし、なんで生きてるんだろうって思うことが結構ある。

 50年も生きていても、これを成し遂げたなんていうことも特になく、なんかでてっぺんとったなんていう経験もない。

 「努力は必ず報われる」なんてことが、まことしやかに言われてますし、一種それが美徳的な考えだという意見が大半です。でもね、努力ではいかんともしがたいものがこの世の中には確かに存在すると思うのです。生まれや育ち、環境だって成功に少なからず影響してくると思う。勿論、努力をしなければ、何も始まらないというものその通り。だけど一方で、大した努力もせずに栄冠を勝ち取ってしまう人だっている。才能とか、運とか、こればかりは努力で何とかなるもんじゃない。


 ただ、それでも私のような凡人は、努力をしないと人並みにはなれないわけで、少しは努力らしいことをしながら日々生活していたりします。

 努力が足りないといわれればその通りですが、では努力ってどこまですればよいわけ?報われるまで努力し続ける。仮に何かを成し遂げたら、その状態を維持するためにまた努力をする。これでは、人間は常に努力をし続けないといけないってことになる。

 

 あと何年生きられるのかわからないけど、結局こうやって悩みながら生き続けるしかできない。劣等感まみれの自分だけど、願わくば他人様に知らず知らずのうちに迷惑をかけていませんように。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151121

2015-11-20

「Peeping Life TV シーズン1 ?? 第1巻」

|

Peeping Life TV シーズン1 ?? Vol.1 [DVD]

 今日、2巻の発売日なのに新宿のヴィレッジヴァンガードいったら1巻しかなかった。店舗によっては一押し商品なのに、「店員に聞いたら入荷してないです」と。

 10月から深夜放送しているPeeping LifeのTVシリーズの1-3話と特典映像。1−3回、全12話は以下の通り

・アトムの壁ドン練習

・ドロンジョ様 戦いのその後に

ブラック・ジャック 風邪引いて病院へ

・バカップル グアムへ行く 飛行機編

ハクション大魔王のカラオケレクチャー

・グッバイ・ショッピング(複合コピー機編)

・ボヤッキーの部屋

・バカップル グアムへ行く 入国審査編

・コバルト兄さんにも彼女出来た

キャシャーン 嫁姑問題に揺れる

・ショータとコータのバレンタイン

・バカップル グアムへ行く

D


ヤサグレてるアトム、デブなトリトンなど、オリジナルを完全無視した性格設定。DVD版のキャラクターも総出演。地上波放送なので、オープニングはかっこいいのに、ゆるーい感じは相変わらずww

1話10分程度というのもちょうどよくて、「なんだこれ?」って思っている間に引き込まれて唐突に終わる。これ以上長いとダレます。

2巻、探して買わないと…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151120

2015-11-19

男は信じるしかないもんなぁ。

|


大沢樹生さん「長男と親子関係なし」認定 東京家裁判決

 解散したアイドルグループ「光GENJI」の元メンバーで俳優の大沢樹生さん(46)が、元妻で俳優の喜多嶋舞さん(43)との結婚中に生まれた長男(18)について、大沢さんとの親子関係がないことの確認を求めた訴訟で、東京家裁(蓮井俊治裁判官)は19日、親子関係がないことを認める判決を言い渡した。■民法は子どもの法的な身分を安定させるため、「結婚後200日を経過して生まれた子は、夫の子と推定する」(嫡出〈ちゃくしゅつ〉推定)と定めている。201日目以降に生まれた子に、この規定が適用される。■この日の判決は、長男が生まれたのは大沢さんと喜多嶋さんの結婚後ちょうど200日目だったことから、「民法による嫡出推定を受けない」と指摘。1日の違いで大沢さんの子という推定を受けないと判断した。さらにDNA鑑定でも「生物学的父親でない」との結果が出ていることから、「長男は大沢さんの子でないと認めるのが相当」と結論づけた。■大沢さんと喜多嶋さんは1996年に結婚。その後、離婚した。(朝日新聞デジタル 11月19日(木)16時10分配信・千葉雄高)

 

 喜多嶋舞、デビューした頃結構好きだったんだけどなぁ。とんでもない"食わせ女"でしたね。かわいそうなのは大沢くん。更にかわいそうなのは、今となってはではいったい誰が父親なのかわからなくなってしまった息子さん。でも、たぶん母親は誰の遺伝子なのかわかっているのでは?女性って、懐妊した時にそれが誰の子どもかわかるといいます。私は女性じゃないからわからないけど、そういうもんなんですか<女性の方。

 結局男は信用するしかないというのは哀しい。動物の世界では托卵なんていって、赤の他人に育てさせる習性があるのもいるらしいけど、人間はそうはいかない。とはいえ世の中には、表に出ていないだけで実はこういう話は身近なところにあります。私も噂程度の話ですが2,3例聞いたことがあります。うーん女性は怖いなぁ。

 うちはおそらく大丈夫だと思う。結局思うしかないんだけど。どーみても、容姿、性格その他、目を背けたくなるほど私に似てます。かわいそうに…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151119

2015-11-18

「事件」

|

あの頃映画 「事件」 [DVD]

野村芳太郎監督・1978年・松竹

 野村芳太郎は松竹の名監督。特に「事件」前後の「砂の器」(74年)、「鬼畜」(78年)は邦画トップクラスの名作です。

 ここで描かれる事件そのものは、一人の男を姉妹が取り合って、姉さんが殺されるという陳腐といえば陳腐なお話なんですが、2時間20分、法廷劇に回想シーンをうまく挟み込み飽きることなく見れます。

 殺されちゃうお姉さんは松阪慶子、妹は大竹しのぶ。この2人の演技がまた素晴らしい。ほとんどしゃべらないけど佐分利信の裁判長の重厚な演技も目が離せません。一応主役は朴訥な青年を演じさせたら日本一の永島敏行。

 

 舞台は見知った神奈川県南西部。松阪慶子と大竹しのぶの家は、かやぶき屋根の貧農。今となっては通勤圏内のベッドタウンだけど、高々30年ほど前はこんなに田舎だったんですねぇ。松坂慶子は母親の再婚相手に家で襲われて、逃げるように家出をして、新宿で水商売をするように。その後実家のある街に戻ってきて、スナックをオープンする。そこを舞台に情夫のチンピラ渡瀬恒彦と永島敏行が松坂慶子を取り合う。永島敏行を気に入っている大竹しのぶは、松坂慶子に「誘惑しないで!」と詰問するが、欲しけりゃ自分で奪えという。

 結局、派手ではすっぱな感じの松坂慶子が哀しく、純情そうな大竹しのぶの方がしたたかだということを暗示したようなラストシーン。

 女って怖いなって思わされます。


 この映画、公開の時に映画館で観てるんだけど、当時まだ中1。この映画を観るために映画館に行くことはないから、何かと同時上映だったはずなんだろうけど、全然覚えてないや…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151118

2015-11-17

哀しみの連鎖

|


 フランスのテロのことでニュースはいっぱい。今日も報復爆撃をしたとか。テロで一般人がたくさん犠牲になったのはとても哀しいことで、フランスに対して同情するのも悪くはない。でも本当にフランスだけが被害者なんだろうかという疑問がどうしてもぬぐえなくて、安易にフランスに組することができない。

 今回のテロ、ISISが犯行声明を出し、ISISの人間がやったらしいけど、それってあくまでも空爆を繰り返したフランスに対する報復であると。勿論ISISは許されないけど、武力をもって仕掛けたのはフランスが先。しかも空襲で一般人もなくなっていることを考えると、地上で爆弾を爆発させたのと飛行機で爆弾落としたの違いだけで、やってることは変わりないんじゃないかと思うのです。


 話せばわかるというほどお人よしじゃありませんが、だからと言って武力でもって物事を解決する愚かさ。結局哀しみの連鎖が続いていくだけ。この憎しみの災禍が世界中に飛び火して仕舞わないよう、自制ある行動を祈るばかりです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151117

2015-11-16

「市川崑と『犬神家の一族』」

|

市川崑と『犬神家の一族』 (新潮新書)

春日太一著・新潮新書

 殺人ミステリーの苦手な私ですが、市川崑監督の「犬神家の一族」(1976)は、本当に傑作だと思います。大好きで、何度観たかわかりません。連続する殺人はおどろおどろしくて目をそむけたくなるシーンの連続ですが、根幹にあるのが愛の物語であるという点がもっとも惹かれるところではないかと。更に大野雄二の音楽と市川崑監督のカット割、名優たちの演技など、見る度に新しい発見があります。

 この本は、市川崑監督の演出について生い立ち、過去の作品などを通して解題し、更に25000字に及ぶ石坂浩二のインタビューと合わせて、「犬神家の一族」に迫ります。

 遺作となった2006年版は、ほぼ同じ脚本、コンテで作られており、どうしても76年版と比較されてしまいます。勿論私も76年版絶賛派ですが、06年版のラストシーンは嫌いじゃありません。

 市川崑監督はいくつかの横溝映画を撮っていますが、本当にこの作品がラストなんだよなぁと思わせるラストで、この改変は石坂の提案だったとのことですが、市川崑監督の映画に対する心情もまたこの時の金田一耕助と同じなんじゃないかと、私は思います。

 ドロドロした横溝ミステリーですが、徹底してクールに描く市川演出は、同じ金田一耕助ものでも野村芳太郎監督の「八ッ墓村」とはまったく異なります(市川監督も96年に「八ッ墓村」撮ってます)。同じ原作でも時代や監督によって異なるのは当然ですが、市川崑監督の感情移入を許さない演出こそ横溝作品の演出としてはありなんじゃないかと思います。

 しかしながら、突き放したような作劇をしつつもそこに惹かれるのは、根本的に市川監督が優しく真面目な人で、金田一耕助を通じて物語の本質を観客に届けようとしているからなんじゃないかと思うのです。

 

 意識して追いかけたことはありませんが、市川崑監督の他の作品を観てみたくなりました。


 

市川崑と『犬神家の一族』 (新潮新書)

市川崑と『犬神家の一族』 (新潮新書)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151116

2015-11-15

1日にあるいろいろな事。

|


 blogを続けていると、何を書いてよいかわからない、書くことがないと思うことがしょっちゅうある。特にウィークディは会社に行っているので、会社でのことはかけないし、往復の電車の中は本を読んでいたり音楽を聴いたりして外の雑音をシャットアウトしているので、書けるような内容はあまりなかったりします。

 でも、実は生きているといろんなことがあって、ネタにしようと思えばできるようなことって1日に1個や2個あったりします。ところが、いざ書こうとすると何も思い出せない。逆にネタがありすぎるという日もあって、それも何を書いてよいかわからなかったりします。そんなこぼれ話をひとつ。

 1ヶ月くらい前の話。

 家に帰ったと同時くらいにtel。出てみるとクリーニング屋さんから。

「えー、Aさん(私)のお宅でしょうか。クリーニングの○○です。2011年にお預かりしている衣類ですがお引き取りをお願いしたいんですけど」

「あ、すいません。すぐお伺います。え!今何年っていいました?」

「2011年です。スラックスが3点とワンピース他です」

「!!!」

カミさんにすぐ伝えて取りに行ってもらいました。

帰ってきてクリーニング屋さんとの話は以下のような感じだったそうです。

なんでも、3.11の震災でデータが飛んでしまい、記録がなくなってしまったそう。うちはうちであの頃はばたばたしていて、クリーニング出していたことをすっかり忘れてた。他にもそういう人が多く、3.11前後の衣類が結構残っていたらしい。最近になって、いろいろとデータを照合して、わかったものから連絡をして引き取ってもらっているんだそう。


 私、「車で出かけたのをすっかり忘れて電車で帰ってきてしまって何年かたってから取りに戻る」とか「TSUTAYAでレンタルDVDを借りていたのをすっかり忘れて何年も経ってる」という夢をよく見るんですが、まさにそんな感じ。クリーニングなんで延滞料はかかりませんでしたが…(^_^;)。 

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151115

2015-11-14

「偉大なる、しゅららぼん」

|

2014年・水落豊監督

偉大なる、しゅららぼん スタンダード・エディション [DVD]

結局映画館で観なかったので、先日ついでレンタルしたのを観ました。

 琵琶湖畔に住む異能の一族、日出(ひので)家と棗(なつめ)家の物語。日出家は、人の精神を操ることが出来、棗家は、人の身体を操ることができる。この力は、琵琶湖より授かった力だという。そこに第3の勢力が現われ千数百年に渡る一族に最大の危機が訪れる…といった話。

原作と違い、日出清子が肥満体形の引きこもりではなく深田恭子でどうかなぁと思ったけど、思った以上に良かった。濤子(とうこ)さんは、綾瀬はるかの当て書きかと思えるくらいのキャラクターなので、がんばっていたけど貫地谷しほりでは違和感を感じました。

総じて、500頁強ある原作のダイジェスト的な映画になってしまっているのは残念。ただクライマックスの琵琶湖渡りのシーンはまさに映画的でこのシーンを映像化するためだけの映画と考えればそれもあり。いずれにせよ、映画だけですと背景が端折られすぎでつまらない物語と思われますので、できれば事前に原作を読むことをお勧めします。

「鴨川ホルモー」「鹿男あをによし」「プリンセス・トヨトミ」に続く万城目学原作の映像化第4作目。相変わらず変な世界ですので、はまると面白んですけど、一般受けするかといわれるとやっぱり難しいのかな。興行収入は1.4億とおそらく赤字でしょう。

 万城目原作の映像化って興収悉く失敗しているような気がします(鹿男は視聴率よくなかった)。万城目作品って、絵をイメージしやすくて、読んでいるととてつもなく面白い。ところが、映像化してしまうとどうも陳腐な感じになってしまいます。そんな中でも「鹿男あをによし」はすごくよかったので、もしかしたら、TVドラマでじっくりとやる方がもしかしたらよいのかもしれません。


blu-rayコレクターズエディション

原作

偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)

偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)

一番お勧め「鹿男あをによし」

鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版

鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151114

2015-11-13

好きな人がまた一人。

|



中田有紀>結婚を発表 妊娠中で来春出産 お相手はアジカン山田

 フリーアナウンサーの中田有紀(なかだ・あき)さん(42)が結婚し、現在妊娠中だということが13日、明らかになった。所属事務所がファクスで発表した。お相手はロックバンド「ASIAN KUNG−FU GENERATION(アジカン)」でベース&ボーカルを担当している山田貴洋さんで、今年の夏に婚姻届を提出し、中田さんは現在妊娠中で来年春に出産予定だという。■事務所によると、中田さんが現在出演中の情報番組「Oha!4 NEWS LIVE」(日本テレビ、月〜金曜午前4時)などについては、本人の強い希望もあり、医師や番組側と相談の結果、今年いっぱいは出演するという。■中田さんは1973年5月8日生まれ、東京都出身。日大芸術学部放送学科卒。青森放送のアナウンサーを経て、2001年にフリーとなり、06年から「Oha!4 NEWS LIVE」のメインキャスターを務める。現在は「映画天国」(日本テレビ、毎週月曜深夜1時59分〜3時58分)でナビゲーターとして出演している。(まんたんウェブ 11月13日(金)11時36分配信)


 「めざましテレビ」「グッド!モーニング」とザッピングしながら「Oha!4」〜「ZIP!」をみるのが朝の日課。中心は日テレ。中田有紀さんは、昔から好きで、特にNHK「サラリーマンNEO」でのコメディエンヌぶりが最高でした。そんな彼女も42歳。結婚はもちろん喜ぶべきだし、しかも子まで授かっているというのだから、ここは応援したいところですが、やっぱり喪失感はぬぐえません。

 一緒に仕事をしたり遊んだりする人はどちらかといえば、顔よりも性格が一番なんですが、芸能人や女優さんは美人好きですねぇ。仲間由紀恵とかオダギリジョーの奥さんの香椎由宇、16歳の頃の松本伊代ちゃん、更に古くは楠田枝里子とか、とにかくお人形さんみたいな美人好きです。徹底的に人間っぽくない感じ?とでもいえばよいのか。近寄ることもできないので、付き合うとかそういうことは一切考えません。どちらかというとフィギュアにしてガラスケースに飾っておきたいとか、そういう感じ。中田さんもそんな感じでしたが、やっぱ人間だったんですねぇ。時期は微妙ですが、どうもデキ婚的な感じだけど、年齢を考えるともう次はないかもと思うと仕方ないです。


 好きな芸能人って、一生会わないだろうし、人生の接点もないに違いない人だけど、でもこういう結婚の報を聞くたびに、喪失感を味わってしまう…。

 でもまぁお幸せに(>_<)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151113

2015-11-12

国産初のジェット。

|

昨日日本初の国産のジェットエンジン搭載飛行機MRJが初飛行に成功しました。


 MRJ初飛行、海外メディアも大きく報道 「伝説的な名前が帰ってきた」

 国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)の初飛行は、海外メディアも「伝説的な名前が大空に帰ってきた」などと大きな関心を持って報じた。■米ブルームバーグは「MRJが初飛行に成功したことで、ブラジルの『エンブラエル』、カナダの『ボンバルディア』との販売競争が激化するだろう」と小型旅客機市場の三つ巴を予想し、専門家のコメントも紹介。「世界の航空会社は小型旅客機への切り替えを加速している。今後の需要を考えるとMRJのポテンシャルは高い」「我々の予想では、MRJは近いうちにシェア2位のボンバルディアを追い抜くだろう」などと、勢力図が変わる可能性を伝えた。(中略)■英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は、「『三菱』という航空業界の伝説的な名前が大空に帰ってきた」「零戦を製造した三菱が市場に参入することで、国産旅客機を復活させるという日本の長年の夢が現実となった」などと、世界的に有名な戦闘機を引き合いに報じた。(SankeiBiz 11月11日(水)17時34分配信)


 おそらく基本的な技術ポテンシャルは十分あったのだけど、戦後GHQによって航空機の研究・設計・製造を全面禁止され、戦前の航空機資料は全て没収、戦力政策解除後、航空機製造禁止が解除されたけど、技術者、会社はすでに解体されていました。

 日進月歩の技術の世界で、数年の技術の蓄積のなさは完全に世界から遅れをとる。武器輸出の禁止によって、ジェットエンジンが採算ベースに乗ることも容易ではない。開発するより買った方が安上がりと考えた政府は産業としての航空機製造に熱心ではなかった。


 そして昨日ついにMRJの試験飛行が成功。武器輸出としての航空機でなくとも、リージョナルジェットは世界に必要とされています。MADEinJAPANの飛行機が世界を縦横無尽に駆け巡る。すごく夢があってよいなぁ。

  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151112

2015-11-11

幽霊出勤

|


 今日は休日手巾の振替休日でしたが、昨日帰りがけメールをみたら明日中に回答というのが数件あり、どうしても出なければらなくなり、でもまぁ午前中くらいでなんとかなるだろう結局出勤することに。

 無事午前中に仕事を終えて、せっかくなのでブルク13で、今週末まで限定公開の「機動戦士ガンダム THEORIGINII哀しみのアルテイシア」を観てきました。

 感想はイベント上映が終わってから書きます。

 

 早めに帰宅したのですが、本来休日だったせいか、家に帰ったら急に疲れが出て、そのままダウン。家にいたらいたでやることいっぱいあるのに爆睡。久しぶりに8時間たっぷり寝てしまった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151111

2015-11-10

「東京コスモ」

|



 facebook田中圭一が激賞していた"自主制作"短編アニメ。TBSが主催するアニメーションコンテスト「DigiCon6 ASIA Audience Choice」にノミネートされた4分40秒の動画です。海外でも絶賛されているそう。

 youtubeで公開されています。↓

 

D


 自主制作といっても、スタッフはプロのCGクリエイターの方。片手間、ではないんでしょうが、商業作品としてでなく、こういうものを半ば趣味で作ってしまうというのは、すごい。というか、この作品の皆さんって、CGアニメすきなんだろうなっていうのが伝わってきます。

 洋物のCGアニメはどうも好きになれませんが和製の「STAND BY ME ドラえもん」はすごくよかった。これも感じが似てるなと思ったらスタッフにかかわっていた方の作品らしい。

 こういう作品もっと出てくればよいのに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151110

2015-11-09

一寸先は闇ですよ。。

|


「100年後も生き残ると思う企業」3位JR東、2位はホンダ、1位は?

リスクモンスターが今年4月、「100年後も生き残ると思う日本企業」を聞いたところ、3位は「東日本旅客鉄道JR東日本)」、2位は「本田技研工業(ホンダ)」で、堂々の1位は「トヨタ自動車」だった。■与信調査を手がける東京商工リサーチによると、14年の倒産企業の「平均寿命」は23.5年。前年より0.1年短縮し、4年ぶりに平均寿命が短くなった。円安や原材料の高騰、人手不足など、中小企業を取り巻く環境は厳しく、10年未満で事業を断念する企業が増加したことが、「平均寿命」を押し下げた。■厳しい環境下でも、生き残る企業はある。同じく与信管理サービスを展開するリスクモンスターが今年4月、20〜59歳の働く男女と、60〜69歳の男女1000人を対象に「100年後も生き残ると思う日本企業」を聞いたところ、3位は「東日本旅客鉄道(JR東日本)」、2位は「本田技研工業(ホンダ)」で、堂々の1位は「トヨタ自動車」だった。4位以下は「東海旅客鉄道JR東海)」、「パナソニック」(同16%)、「日産自動車」「日立製作所」と続く(ただし、調査対象は「年間売上2500億円以上、従業員数5000人以上の企業200社」に限定)。■業種をみると、自動車製造業3社(トヨタ、ホンダ、日産)、電気機器製造業3社(パナソニック、日立、キヤノン)、飲食料品製造業4社(味の素、サントリーキユーピー、キッコーマン)など、製造業がトップ20のうち10社を占めた。製造業以外では、鉄道業3社(JR東日本、JR東海、JR西日本)、運送業2社(ヤマト運輸全日本空輸[ANA] )がランクインしている。■昨年のアンケート結果と比較したところ、上位2社(トヨタとホンダ)に変化はなかったものの、「JR東日本」が前回5位→今回3位、「JR東海」が前回7位→今回4位、「JR西日本」が前回16位→今回8位と、鉄道3社が順位を上げた。一方で「日産自動車」(前回3位→今回6位)と「パナソニック」(前回4位→今回5位)は、順位を落としている。■注目すべきは、「TOTO」が前回21位→今回9位、「富士フイルム」が前回45位→今回12位と、それぞれ大きくジャンプアップしている点だ。両社は、先に実施された「第3回 世界に誇れる日本企業アンケート」でも大幅にランクアップしている。独自の技術が評価され、世界で活躍できる企業として「100年後も生き残れるのでは」と、期待されているのだろう。(エコノミックニュース 8月9日(日)13時48分配信・編集担当:北条かや)



 まさか雪印が、まさか山一證券が、まさかシャープ…は、まだ生き残ってますね。旭化成だって、鬼怒川堤防決壊で株を上げたのもつかの間、グループ会社の問題で、本体をも揺るがす大事件に発展しています。この手の調査にどんな意味があるのか、わかりません。でも、こうして評価をいただいていることって、すごく有難いと思うし、こういう期待を背負っているからこそ、慢心せずに良品の供給の一端を担っていることを誇りにお仕事していかないとなって思います。

 

 私、今の会社、というかうちの会社で作ってるもの、結構好きなんです。会社は有名だけど、作っているのはどちらかといえば地味なもの。でもそういうものを100年近く一生懸命考えて作っている。そういう愚直なまでの真面目さっていい。それを理解しないで、ただ安ければいい的な扱いをされると、本当に哀しくなります。そういう扱いをする客は客じゃないと思ってます。

 今シーズンで高視聴率の「下町ロケット」で、超大手企業に対して、供給部品メーカーの佃製作所が、良品供給のプライドをもって対峙するシーンは泣けました。そういう意味では、ものつくりの何たるかが分かっている会社が、ここで選ばれているような気がします。

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151109

2015-11-08

「花の下にて春死なむ」

|

北森鴻著・講談社文庫

花の下にて春死なむ (講談社文庫)

 三軒茶屋の裏路地にあるビアバー「香菜里屋」。マスターの工藤は、静かで優しい笑顔でお客さんを迎える。お客さんが持ち込んでくる問題をカウンター越しに聞きながら、一緒に問題を解き明かしていく連作短編。既に北森鴻は鬼籍に入り、続編は今作を含めて4冊。残念です。


 今回の6話、どれも悲しい過去を解き明かしていくので、清々しい後味ってわけでもないのですが、人生の重みというか、深みを改めて感じさせる余韻があります。こういう物語って、おそらくまだまだ未来に目の向いている若い時に読んでもよくわからなかったかもしれません。

 人は生きているといろんなことがあります。人に言えないことのひとつやふたつ誰でも持っている。それを解き明かすことは決していい趣味ではありませんが、それでもその人の事をより深く知りたいと思う事は単なる好奇心ではなくて「それを知っても嫌いにならない」と決めた時と、自分は思っています。だから逆に深く知る必要のない人もいるわけで…、それはまた別のお話。


 度数の違う4種類のビールと、マスターの創作料理。こういうバーが行きつけにあるとよいなぁ。

 さ、続編(第2作「桜宵」)を読もっと。

 

花の下にて春死なむ (講談社文庫)

花の下にて春死なむ (講談社文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151108

2015-11-07

仕事と飲み会。

|


 ららぽーとができたばかりの海老名で仕事を終えてから、久しぶりの皆さまと飲み会で、新宿まで。

 何度か「さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ執着駅-」で印象的に歌われる「戦いの歌」をオーケストラをバックに歌った”仲間”。パセラで「さよなら―」を観ながら、昔話と様々なお話しに花が咲く。

 来年の4月、またこの曲を歌うことが決まり、再度集結って感じです。

 一次会後、部屋を変えてさらに1時間。終電に滑り込みセーフ。帰宅は2時…。久しぶりのお友達、しかもこの飲み会にわざわざ北海道からも来ちゃうという絆。大切にしたいですねぇ。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151107

2015-11-06

寸暇を惜しんで。

|


 稽古稽古。

 弓友から昨日メールがあり「道場予約したから時間ある人来て」というお声掛けに応えていっちゃいました。

 当然今日はウィークディ。ばっちり仕事をして、それでも直帰だったので家に19:30くらいに着き、そのまま道着に着替えて弓道場に行き21:00まで。結局2人でしたので、結構引きました。30射位?

 弓って矢を離した後、取りに行かないといけないので面倒。ゴルフの打ちっぱなしみたいにどんどんできるとよいんですけど、まぁそういうもんじゃないんですね。1射々々大切に引き、中りところを確認して、再度的前に立つ。この繰り返し。矢を取りに行く往復56mでいろいろ反省をする。このクールダウンが次の射に反映し、徐々に良い射が出せればよいのですが、そうは上手くいかない。。


 仕事で悩み、弓で悩む。ハムレットじゃないかと思うくらい悩み続けてます。一つの悩みを忘れるためにもう一つ悩み事を作ってる感じ。なんだかなぁ。。


 四十にして惑わず、 五十にして天命を知る筈なんだけど、未だ惑いっぱなしです…。

 

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151106

2015-11-05

ありゃりゃ。。

|


アニメ『おそ松さん』第1話がBD/DVD未収録に……配信も終了

 人気アニメなどのパロディネタを盛り込んで話題となっているアニメ「おそ松さん」(テレビ東京ほか)の第1話が、発売予定のBlu-ray/DVDパッケージに収録されないことが5日、わかった。同アニメ公式サイトで発表された。また、動画配信サイトでの配信も12日で終了となる。

おそ松さん」公式サイトの発表

 10月5日深夜にテレビ放送がスタートした同アニメ。さまざまなアニメや映画をパロディー化した内容で賛否を呼んでいる。■Blu-ray/DVD第1弾が来年1月29日に発売予定だが、収録予定だった第1話「復活!おそ松くん」については、「製作委員会の判断により、未収録とさせていただく事になりました」とのこと。代わりに完全新作のアニメが収録される。そのほか第2話、第3話が収録されるが、こちらは内容に変更はない。(RBB TODAY 11月5日(木)11時26分配信)

 10月6日の当Blogでも紹介しました「おそ松さん」の第1話がBlu-ray/DVDに収録されないことが決定。12日までGYAO!他では見れるようなので見逃さないようにしましょうw

 http://gyao.yahoo.co.jp/player/00173/v12110/v1000000000000003172/

 確かに許可をとってるのか否かはわかりませんが、2次創作ばりのパロディのオンパレードで、どこかのだれかが文句をいったんだろーなぁ。残念です。そもそもこういうアナーキーなところが赤塚ギャグ。それを許さないのは狭量だと思うんだけどなぁ。

 にしても「おそ松さん」のチャレンジは、1話にとどまらず、3話でもアンパンマンの下品な(褒め言葉w)パロをやって、5日後の24日、BSジャパンで放送された同話は修正のオンパレードに。『OAW』が『OSO』に変更され、『ほれいけ!DEKAPAN-MAN』が『DEKAPAN-MAN』のみになり、『それいけ!アンパンマン』の背景を模した画像もピンクのドットに差し替えられていた。また、デカパンマンのマントは赤から水色に変わり、デカパンが捻出した「かりんとう」は茶色い棒から光る棒に、「金色のボール」は白い野球ボールへと変更。『それいけ!アンパンマン』のパロディ部分が重点的に修正…。

↓3話まとめサイト

http://anicobin.ldblog.jp/archives/46636837.html

 大人の事情と言ってはそれまでですけど、こういうことにめげず、1クール突っ走ってほしいもんです。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151105

2015-11-04

とりあえずよかったね

|


2次創作は非親告罪化の対象外に 文化審議会の小委員会、方向性まとまる

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)で著作権侵害の一部を非親告罪とすることで合意したのを受け、文部科学相の諮問機関・文化審議会 著作権分科会の小委員会は11月4日、同人誌などに代表される2次創作は非親告罪化に含めない方向で議論を進めることでまとまった。(中略)非親告罪化について、権利者側からは「海賊版対策に有効だが、『商業的規模』や『原著作物の収益性に大きな影響を与えない場合』について明確化を図り、被害者が処罰を望んでいるか否かを十分考慮するなど適切に制度が運用されるべき」(JASRAC)、「映画作品のデッドコピーなど、極めて悪質な行為を対象とすれば十分」(日本映画制作者連盟)など、慎重な意見が相次いだ。■コミックマーケット準備会は「同人サークルの大半はファンや趣味としての活動。非親告罪化は著作権者にすら萎縮をもたらし、多様な作品やコンテンツを生み出す日本独自のエコシステムに多大な悪影響を及ぼす」と反対意見を述べた。「TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム」(thinkTPPIP)は、反対の立場から「非親告罪化は『原作のまま複製する行為に限定し、かつ商業的規模で、原著作物の収益性に重大な影響を与える場合』のみに限る」ことを提案した。■非親告罪化への対抗で、独自に「同人マーク」を提案していた漫画家の赤松健さん(日本漫画家協会理事)は「検察は公訴を提起する前に、権利者に公訴を望むか聞いてほしい。それを条文に反映させて欲しい」と述べた。■各団体からのヒアリングの後、非親告罪化について土肥主査が「2次創作などは含めない方向で進めたい」とまとめたのに対し、委員から異論はなかった。委員からは「非親告罪化は限定的な方向で進めるべきだが、『公訴提起に当たっては権利者の意見を聞く』など、条文化は難しいだろう」「但し書きをうまく活用すれば権利者の意向確認などはできるのでは」といった意見が出た。(ITmedia ニュース 11月4日(水)15時24分配信)


 TPP大筋合意で、オタクさんたちの間で一番の問題となっていた二次創作について、いい形で落ち着きそうで一安心。

 線引きが難しい二次創作ですけど、私的には原作に対する愛があればある程度寛容でもよいと思います。マーケティング上、一般で売れない(売ってはいけない)ような作品について、同人誌という場でもって発表できるというのは、作者さんだけでなく、読者にとっても悪くはないんじゃないかと思うんです。なんだかんだ言っても同人誌なんて、広く一般の目に触れるようなもんでもないし、結局ミニマムマーケティング。そんなところに目くじら立てるよりも、権利保持者はやるべきことがあるし、よほど悪質でない限りは、逆に創作の土壌であるという意見はありだと思います。

 その他にも賛否両論喧しいTPPですが、しっかりと意見を言い、いい形での太平洋経済圏ができればよいなと思います。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151104

2015-11-03

ダメだし

|


 9時から5時まで弓道の講習会でした。

 称号者の先生に、細かなところを指摘されましたが、なかなかうまくいきません。自分だけではありませんが、なんでこう言われたことがちゃんとできないのか、自己嫌悪に陥ることといったら…。

 なんつーか、10けなして1褒めるようなセンセーなんだけど、そもそもできてないのは自分だし、言われてもぐうの音も出ません。なんか、マスターヨーダにジェダイの稽古をつけてもらってるルークのような気分です。

 これが自分に実力があれば、アナキンとオビワンのような関係になれるんだけど、やっぱアナキンはすごいわ。。


 「まぁ今度の審査は授業料だと思って、まずは正しい射をすることを心掛けるように」

 今回の審査に向けた餞の言葉にしては厳しすぎます、センセー(>_<)。

 

 すでに審査料(4100円)は払ってしまってるんで受審しますけど、モチベーションだだ下がりっす(T_T)。参段の昇段率が10%、四段が1%。その上はさらに厳しくなるといいます。そんな世界で、上位者の皆さんはチャレンジし続けています。60とか70とか、私なんかまだひよっこ。最近言われるのは、「早く復活できてよかったね」と。勿論続けていればもっとよかったんですけど、弓道を中心とした人生を歩んででいる人以外は、仕事や家庭や、いろんな理由で必ず弓道から離れる時代があります。そこからもう弓道に戻らない人もたくさんいますし、それはそれでその人の人生。

 他の道もそうでしょうけど、弓道ってずぶの素人では、矢を飛ばすことはできません。ひとつひとつの動作を身体に憶え込ませて、何度も何度も弓を引き、的前に立って練習をすることでやっと前に矢が飛びます。しかも、ただ矢を飛ばすだけなら数か月でできるようになりますけど、中るのはその次の話。さらに誰が見ても素晴らしい射が出せるのは、もっと長い道のりです。

 何度も失敗し、審査を受けても通らない。どんなに心が折れても反省し歩き続けることが大切なんですよね、センセー。

 

 せっかく復活したんだから、先を急がずがんばろーと思います。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151103

2015-11-02

「サザエさん音楽大全」

|

サザエさん音楽大全

 というCDが出ていたのは知っていて、買おうと思ってたら 楽天レンタルのリストのあったので他のCD、DVDと一緒に借りちゃいましたw

 サザエさんのOP、EDはもちろん、聞き憶えのあるBGMがこれでもかと入っています。そのトラック数なんと57トラック!カツオくんの「星を見上げて」やBGMで聞き慣れている「レッツゴー・サザエさん」の歌詞付きとか、複数のタマの鳴き声、タラちゃんの足音まで入っています。

 

D


 最近はモヤさま見ていたりして、チャンネル合わせなくなっちゃったけど、何十年も見ていたアニメなので、BGMを聞いてるだけでそのシーンがよみがえってほほえましくなってきます。「男はつらいよ」を見たことがない人でも「サザエさん」をまったく見たことがない人は日本人はないんじゃないかなぁ。まさに国民的アニメです。刺激があるわけでも、どんでん返しもないけど、なぜか引き付けられるアニメであることは間違いありません。


 このCDは2年前に出ました。つい最近ですね。これまででていなかったのがおかしいくらい。

 サザエさんフリークでなくても、日本人なら1度は聞いてほしいサントラCDです。

サザエさん音楽大全

サザエさん音楽大全

楽譜も売ってたww

サザエさん音楽大全 ピアノ曲集

サザエさん音楽大全 ピアノ曲集

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151102

2015-11-01

そもそもハロウィンって…

|


 何?

 wikiを見てみると次の通り。

 ハロウィン、あるいは、ハロウィーン(英: Halloween または Hallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある

 ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたが、時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。スコットランドではカブの一種ルタバガを用いる[2]。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン(Jack-o'-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. 「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。(以下略)

 

 キリスト教徒じゃないし、ましてやケルト人でもないんでよくわかりませんね。日本的に言うと、お盆みたいなもんか。さしずめ、ハロウィンは盆踊り?

 にしてもむりやり定着した感のあるこの祭り。起源とか来歴はすっとばして、仮装して町に出られる日みたいになってて、なんだかなぁって感じ。一説ではハロウィンの経済効果は1100億円に上り、バレンタインデーを越えているといいます。個人消費が伸び悩んでいる昨今、小売業者はスルーできないものになっているようで。

 でも仮装して気が大きくなった人が、ごみを散らかしたり、不法な行為をしていたりすると話は別。勿論ほとんどの人が、仮装を楽しんでいるだけなんでしょうけど、一部の人でも悪いことをしていると全体が悪く思われるのは世の常。それにしても、夏冬のビッグサイトで一部の人がやっているコスプレを町中でやるというのは、ある意味一億総オタク化の最たるもの。別にオタクがいけないということを言っているのではなく、そういう恥じらいや一般の人と違うという意識がおたくにはあるんですよね。それが一般の人にはないというのは、なんとゆーか、どっちがまともなんだか…。


 とかなんとか否定しているっぽい書き方をしていますが、機会があればやってみたいですね、仮装w でもこの年で仮装とかしてたらやっぱ笑われちゃうよなぁ。

 なんとなく、ジェダイのローブいくらくらいかな?とか、ハリーポッターの衣装いいのないかな、やっぱ魔法の杖は必須アイテムだよなとか、いろいろ検索しちゃいました(^_^;)。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20151101