日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2016-06-30

愛があれば歳の差なんて。

|


 御伽ねこむさんと藤島康介さんが結婚というニュースが昨日上がっていて、そもそも御伽ねこむという人も藤島康介も知らなかったので、どんな人かと見てみたら藤島康介さんは「逮捕しちゃうぞ」とか「あぁ女神さまっ」とか、「サクラ大戦」のキャラデザとかの人ね。で、御伽ねこむさんはコスプレイヤーの素人さんで最近ホリプロ所属になったタレントさん?

 藤島さんは学年一緒。ねこむさんは私の下の娘と一緒。え?え?えぇ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!しかもJカップ。A・B・C・D・E・F・G・H・I・J。ジェイィ〜(((((・。・;

 いやいいんですよ、愛があれば歳の差なんて。

 でも私的には、娘以下の年齢はやっぱ考えられません。1歳でも上ならありですがwww。いやいや相手にしてもらえませんねw

 

 才能や資産も歳の差を越える。ううむ。

 若い子を娶ることが羨ましいという時期はとうに過ぎてしまった。

 結婚って、価値観や経済観念が近くないと厳しいと思うんです。勿論年齢の差=価値観や経済観念の差ではないのですが、生まれ育った時代や環境というのはそういったものの溝を埋める要素でもあると思うんです。とはいえ時代が一緒でも、生まれ育った家の経済状況が違えば価値観や経済観念は異なります。

 娘を見ていて思うのは、間違いなく同じ土俵でお話しはできないだろうなってこと。どうしても親目線になっちゃう。そういう夫婦関係も良いのかな。

 私は、自分がだらしないので、しっかりとしてる人じゃないと駄目だったみたい。結局可愛い年下の嫁さんをもらう器量、甲斐性はなかったという事実に思い至りました。


 部外者からのやっかみ、嫉妬その他もろもろを跳ね返して、添い遂げてほしいものです。

 

 しかし、Jカップ…、いやいや(^_^;)。

かのんかのん 2016/07/01 15:33 藤島康介は、私たちの世代にとって第二の高橋留美子?みたいな存在でしたね〜。ヒット作が多く、ヒロインが理想の女性(とくに女神のベルダンディ)という。最初、ニュースの見出しが「御伽ねこむと漫画家が結婚」で、この人だれよ?ていうか漫画家としか描かれないって知る人ぞ知るような人?と思ったら藤島康介って、むしろそっち知ってるよ!という感じでした。でその旨をSNSでつぶやいたら、500以上の共感を得てしまい、二度びっくりでありました。

heehee 2016/07/01 22:44 >かのんさん
私も、藤島康介は作品名をみれば「あぁあの人ね」と分かりましたが、御伽ねこむはこの話題で初めて知りました。かわいい子ですね。ただやっぱりここまで歳が離れちゃうとやっぱ娘だなぁ。エロ目線で見れるかと問われたら正直微妙です(^_^;)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160630

2016-06-29

健康診断の結果

|


 到着しました。ほぼ異状なし。会社の健康診断ごときで引っかかったら相当危険です。内臓系は結構丈夫。あれだけビール呑んでいても尿酸値は常に正常。痛風なぞそれこそどこ吹く風状態w

 本当は人間ドックでちゃんと調べるのが良いのでしょう。半世紀も生きていると、もしかしたらなにか見つかるかも…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160629

2016-06-28

「天鬼越 蓮杖那智のフィールドファイルV」

|

天鬼越 蓮丈那智フィールドファイル? (新潮文庫)

 新潮文庫 北森鴻・浅野里沙子著

 北森鴻が残した蓮杖那智シリーズの2編「鬼無里」「奇偶論」と、TVドラマ用に北森が作ったA4・1枚のプロットをもとに書かれた表題作「天鬼越」、そして浅野里沙子によって書かれた「祀人形」「補堕落」「偽蜃絵」。

 やはり「鬼無里」「奇偶論」は別格に面白い。つくづく早逝が悔やまれます。この2作を世に送り出すために、未完絶筆の「邪馬台」を描き継いだ浅野さんにより創作されての3編の短編は、やはり北森作品とは言えない。

 殺人事件と民俗学の謎解きのバランス。完成されたキャラクターが傀儡のようで生き生きとしていない。取ってつけたような解決編。申し訳ないのですが、北森鴻の力量の高さが浮き彫りになってしまった。

 短編2作では製本できず、無理やりに創作された浅野版の蓮杖那智シリーズは、二次創作以上の作品になりえなかった。残念です。「邪馬台」ではそれほど違和感は感じなかったのですが、短くても完全創作となると、やっぱりキャラクターを動かしにくかったのかも。

 ただ貴重な北森作品を出版することに尽力いただいたのは間違いないし、敢えて批判を恐れずに三作を完全創作された浅野さんには感謝しかありません。

 残念ですが、蓮杖那智のフィールドファイル 完、です。

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160628

2016-06-27

選挙演説

|


 安倍首相と三原じゅん子が駅頭で演説してました。こないだは蓮舫が演説していましたが、集まっていた人の数は10倍以上はいたかと。世論調査よりも正直な街頭演説の人だかり。

 「戦争反対」の横断幕を持った人もいて警官に取り囲まれていましたが、そもそもやる気を感じられない感じ。流れは与党優勢か。


 先日のイギリスの国民投票では、残留支持は若い人が多かったにもかかわらず結果は離脱になった。理由は明確、若い人よりも年寄たちの方が投票に行ったから。後から文句を言うくらいならちゃんと投票に行くべきだし、結果が出た以上それに従うのが民主主義。今更何言ってんだって感じ。それにしてもあちゃーって感じ。

 毎回選挙の時に思うのは、浮動票がすべて共産党に流れれば共産党が第一党になることだってできるのにねってこと。

 自分の一票なんて微々たるものと考えるか、この一票が世界を変えるかもしれないって思うかで投票行動は異なる。私たちの一票は国家を転覆させる力だってある。一票の重みを知っているから政治家はどうにかして票をかき集めようとする。

 選挙に参加すると選挙特番が俄然面白くなる。今回もまた池上さんの特番やるらしい。

 あ、7月10日仕事だから、期日前投票行こーっと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160627

2016-06-26

歌を忘れたカナリア

|


 以前は最低月2回はカラオケに行っていたのに最近カラオケに行っていない。いろいろ予定が重なっていけなくなっているんですけど、特にここ1年ばかりは月1回も歌っていないかも。

 そのせいか、全然声が出なくなっているのに今更気が付いた。昔は町田義人ちゃんとオリジナルキーで歌えていたのに完全に歌えなくなってる。ありゃりゃ。やっぱ声出していないと出なくなるもんです。歌うことが楽しい時期がありましたが、そろそろ卒業かも。

 そういう意味では、小田和正とかさだまさしとかいまだに30年40年前の声がそのまま出せているのは本当にすごい。勿論プロだからってこともありますが、プロでも声出なくなっている人たくさんいて、あれ?って思っちゃう人結構いますから、ちゃんと節制してボイストレーニングかかしていないんでしょうねぇ。


 ただでさえ最近の歌はキーが高く、オリジナルで歌うのなんてたいへん厳しい。かといって、甘えて自分のキーで歌うのも聞き苦しい。なんか年相応にしっとりと歌える私にあったいい曲どっかにないかなぁ。

すずむし’64すずむし’64 2016/06/27 00:21 自分も最近全然カラオケ行ってないですね(; ̄ー ̄A
パセラに行っても円盤観賞会になってばかりで(笑)

最近行きたい(行ける)カラオケオフも中々無いので・・・(^_^;)

heehee 2016/06/27 21:17 >すずむしさん
歌ってないと喉の筋肉が弱くなるような気がします。上手く動いてくれないっつーか。昔もいまいちでしたが、その昔の方まだましだったような…。今度ライブオフとかあったら事前練習しないと厳しい(^_^;)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160626

2016-06-25

風が吹けば桶屋が儲かる

|


 「風が吹けば砂埃のために目を病む人が多くなり、目を病んだせいで失明すれば音曲で生計を立てようとするから三味線を習う人が増え、三味線の胴に張る猫の皮の需要が増える。そのため、猫の数が減少し、猫が減れば猫が捕まえる鼠の数が増える。鼠は桶をかじるから桶がよく売れるようになり、桶屋が儲かる」


 いやいや…(^_^;)

 バタフライエフェクトなんてのも、ほぼ同じ意味です。アメリカがくしゃみをすると日本が風邪をひくとも言われている。それだけ世界は狭くなり、影響力のある国の一挙手一投足が、巡り巡って日本にも影響を与える。まして日本は輸出によって計座を支えている国。トヨタ自動車は、円が1円高くなるだけで400億の利益が飛ぶとか。


 昨日イギリスがヨーロッパ共同体からの離脱か残留かを決める国民投票で僅差ながら離脱が決定した。

 正直海の向こうの国の話、どっちでもいいじゃんと思ってましたが、結構大変な問題です。

 そもそもイギリスは歴史があるのでプライドは高いけど、単独では昔に比べれば斜陽の国。EUの主要国の一つだからドイツフランスの信用もあってそこそこイケてるだけ。なので、今回の国民投票の結果が出たとたんポンド暴落、おかげで円が暴騰しちゃった。経済的な視点では、イギリスはEUに残るべきだった。

 しかしながら、国民感情としては離脱の方が上回った。これは多くの移民によって仕事が奪われた怒りの結果だ。ただでさえ仕事の少なくなったイギリス大量の移民が流入。社会保障がよいという理由もあるそう。社会保障は当然税金からの支出。仕事は奪われるわ、税金は使われるわ、違う国の人だからイギリスの伝統や習慣にはなじまないわ、経済なんてマクロなことはよくわからない一般庶民にとって良いことはない。EUに入っていると、移民受け入れを拒否できない。だったら離脱、という単純な論理。

 

 移民、難民の受け入れって、難しい問題です。日本だって他人事じゃない。日本で生まれ育ち日本で教育を受けた人ならともかく、成人まで他の国の教育を受けた人のアイデンティティの基本は日本にはない。当然軋轢が生じるけど、歩み寄りができるほど人間は大人じゃない。

 大局的な判断よりも目先の利益、不利益に敏感なのが庶民。政治家は庶民への影響についてしっかりと説明する責任があるし、不利益の解消に努める義務がある。そういうことができる政治家を選んでいかないとこれからの日本も大変なことになる。

 あれ?でもいるかな。そういうちゃんとした政治家。


 と政治的な事を気にしつつ、結局は腰の痛みに負けて1日中横になってないといけないという卑近な悩みに終始した一日でありました。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160625

2016-06-24

懇親会

|


 同じ会社にいながら話をしたことのない人というのはたくさんいます。ましてや拠点が異なって仕事で絡まなければ同じ時期に同じ会社にいたというだけでまったく知らない人もたくさんいます。それが普通なんでしょうけど。

 同じ支社でも400人くらいいると、同じような状況で、名前は知っているけどお話ししたことないとか、顔と名前が一致しないなんて、3年いてもおそらく半分くらいはそんな状況。

 今日はそんな会社の懇親会で40人くらい参加しました。とはいえ、ほら、人見知りなんで、そんなにたくさんはお話しできなかったけど、それでも初めての人と話ができたのはよかった。

 袖すりあうも他生の縁といいますけど、こういう出逢いって、もっと積極的にかつ大切にしないといけないよなぁと思いましたとさ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160624

2016-06-23

盗撮

|


 警官や教師が盗撮で捕まるって話が立て続けにニュースサイトに上がっていて、なんだか世も末だなぁと思った。

 ちゃんとしていることを求められている職業の人はストレスも多いんでしょうけど、敢えて捕まるようなことをしなくてもストレス発散の方法はあると思う。

 

 スナップ写真は嫌いじゃありませんが、例えば下着を狙う盗撮の面白さはよくわかりません。自分に娘がいるせいか、女子高生に幻想がない。しかも最近の女子高生はミニスカートをはいていても下は短いスパッツをはいているので、面白くとも何ともない。大切なのは下着より中身。

 満員電車でもいらぬ誤解を招きたくないからできる限り女性の近くには寄らないし、どうしても近い時は両手は常に胸より上。つまらないことで捕まるなんて愚の骨頂。


 それだけフラストレーションがたかまっているんでしょうけど、その情熱を生産、創作に向ければどんなにすごいものができるか。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160623

2016-06-22

amazonプライム

|


 カミさんがamazonプライムの会員に気が付いたらなっていたらしい。1ヶ月無料とかで、1ヶ月経ったらやめようと思ったら解約期限切れちゃったーって奴。せっかく会員になったら使い倒さないと損だけどそうそう買い物はない。

 amazonプライム会員って、家族会員っていうのがあって、1人分の会費で2人まで追加できる事を知り、早速カミさんに紹介してもらいましたw

 ただビデオとか、music、書籍、driveなんかの特典はオーナーしか利用できないらしい。amazonビデオ限定の仮面ライダーの新作『仮面ライダーアマゾンズ』観たいと思っていたんだけど…そこまで甘くはなかった(^_^;)

 とはいえ、

 ・お急ぎ便が無料

 ・お届け日時指定便が無料

 ・特別取扱商品の取扱手数料が無料

 ・プライム会員限定先行タイムセール(タイムセール特価商品を、通常の開始時間より30分早くご注文)

 ・Amazonパントリー(ひと箱あたり290円の取扱手数料でお届け)

 が利用できるのは大きい。

 年間3900円で、すごく大盤振る舞いのサービスなんだけど、なんかこうやってamazonのクモの糸に絡めとられて身動きできなくなった頃に、サービスが悪化したり、会費が上がったりするんじゃないかという疑念を抱かざるを得ない。しかもamazonでいくら購入しても、amazonは日本の法人税納めていないというのもあまり気持ちの良い話ではない。

 本当のことを言えば、街の小売店に頑張って欲しいんだけど、そもそもイオンやヨーカドーの進出で、商店街はシャッターだらけになり、本屋はどんどん閉店している。

 ここ数年、ネット通販は完全に市民権を得た。最初はおっかなびっくりだった私も、今やほぼ毎月何かをネットで購入している。「町の本屋、頑張れ!」といいつつ、本もCDも町の本屋CDショップで買うよりネットで買う方が多くなった。矛盾です。

 しかし、新刊の本でさえ平積みされず否、配本さえされない位刷部数が少なく、気が付いたら初版絶版なんてこともある。街の本屋巡りをしている時間もない今の状況で、ネットを利用するのは消費者の防衛策です。

 歳をとって、スーパーにすらいけない老人は、通販で毎日のお買い物ができるのはやっぱり便利。

 時代は間違いなく変わっています。願わくば、amazonに匹敵するの日本の企業に頑張って欲しいです。

 あ、ヨドバシ.comで買えるものは原則ヨドバシで買っていたりします。本でもポイント付くし、送料無料だし。

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160622

2016-06-21

携帯嫌い

|



 今、会社では、直接の連絡手段としては携帯電話が主で、事務所の電話はオープンにしていません。オープンにしているのは、事務センターのTEL/FAX番号のみ。

 勿論、フロアは同じところなので、事務センターにTEL頂ければ転送されることもできるので問題はないけど、通常は携帯電話で送受電されるケースがほとんど。

 これって、本当にいいことなのかと思います。

 昔は、事務所に電話がかかってきて、それを取るのが新入社員の最初の仕事でした。そういう電話の受け答えで、社会人としての受け答えや、簡単な質問には自分で答えることによって、いろいろな事が学べた。ところが、携帯電話で完結してしまうので、担当者しかその状況が分からない。昔って別の担当でも「あぁあの人ね…」と特徴のある客先はみんなで共有できていました。


 そもそも私、携帯電話あんまし好きじゃありません。固定電話なら少なくとも掛かってくるのは屋内なので、落ち着いて受けることができる状況ですが、携帯電話は、どこにいようがお構いなしに電話がかかってきます。内容によっては話し込まないといけないこともあるし、メモも手元に欲しい。そういう状況を作って出るのって結構大変で、気が付くと切れてしまう。

 なので個人的には、出られる状況でない限りまず携帯に掛かってきた電話に出ることはない。マナーモードにして、カバンのポケットに入れてるから気が付かないってこともあります。待ち合わせの時とかは、双方連絡を取り合っている状況だと思うのでトランシーバー的に使うこともありますが。。


 おそらく生まれた時から携帯電話があって、若い頃から使っている人はあまり意識せずに使えるんでしょうけど、私的には、なかなか付き合い方の難しいガジェットです。

ひ〜さんひ〜さん 2016/06/22 19:36 全くの同感。私なんか1993年から無線機みないたな携帯電話を会社で持たされて、以来最先端の外資系IT企業にずっといましたが、未だガラ系です。でも何も不自由はありませんし、ITリテラシーも落ちていません(^-^)/

heehee 2016/06/22 19:41 >ひーさん
私も電話はガラケーです。でも使うのは緊急連絡とショートメール程度。web閲覧専用でスマホ使ってますけど。相手の事を気にせず電話をしちゃうのってすごく気が引けて携帯に電話をするのってなかなかハードル高いです(^_^;)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160621

2016-06-20

もちませんでした(>_<)。

|


 朝起きたら、というか起きれず。なんとかベッドから這い出たものの、ちゃんと立てず。くすりを飲みコルセットをして腰を固定。足は痺れて振子的な感じでなら動くので、とりあえず会社に。

 ロキソニン飲んでいるので痛みはそれほどでもないけど、立座りがきつい。あまりに酷いので、午後早退し医者に。

 昔から身体硬いんだけど、更に硬くなってるらしい。適度な運動はやっぱ大切です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160620

2016-06-19

2日間立ち仕事はきつい(>_<)。

|


 いつもはデスクワークが多いので、2日間立ちっぱなしはやっぱきつい。やってる最中はそこそこ動き回ってるんでさほど疲れは感じないんですが、立ち止まるとどっと疲れが。。

 腰の痛み、足の痺れもひどく。ヘルニア絶賛罹患中なんだからそりゃまぁそうだわな。。

 

 明日も仕事。

 一応予定では水曜に休めるけど、それまで持つかなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160619

2016-06-18

日本丸

|


 今日明日、横浜ワールドポーターズでお仕事。桜木町で仕事をして3年、ワールドポーターズ行ったの初めてw

 ランドマークでいつも見ている眼下に広がるみなとみらい地区。帆船はあるわ、観覧車、ジェットコースターとかあります。その先にあるショッピングモールがワールドポーターズ。映画館とかも入ってます。

 基本仕事場←→家で、寄り道は精々野毛の飲み屋なので、おしゃれなみなとみらい地区に足を踏み入れたことがなく。今日は土曜日ということもあり、カップルや家族連れでいっぱい。

 ランドマークタワーは築20年以上の古いビルだし、今の新しいインテリジェントビルに比べて決して快適じゃないんだけど、外から見ると改めてかっこいいと思いました。


 で、ランドマークの真下にある帆船日本丸。

f:id:hee:20160619055308j:image:w360

 いかにも今すぐにでも走り出しそうなほどきれいですけど、これまだ動くのかなぁと思いググってみると、1930年進水して1984年9月に退役で、1985年から横浜市に所管が移動され展示公開されているということですが、、「船舶安全法に基づく定期検査を毎年受検しており、平水区域(湖、川及び港内等の水域。たとえば東京湾の大部分、伊勢湾、瀬戸内海の一部)を航行区域とする船舶として船舶検査証明書が交付されている」ということで、沿岸、外洋には出られないけど、湾内は動かせるっぽい。

 もっとも現在の旧横浜船渠の1号ドックから 外洋に出るには、橋をぶっ壊さないといけないので、そもそも外には出られない。


 鎖に繋がれ係留されている姿は我が身を映す鏡のよう。

 全然海の男じゃないけど、帆船が海面を走る姿はやっぱ憧れます。

 

 明日もお仕事。

 頑張ります…。

  

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160618

2016-06-17

ひどい都知事騒動

|


 いや近年稀にみる、というか私、自分の人生の中でもこれ以上のゲスは見たことありません。あまりのゲス具合にむしろ清々しささえ感じます。

 散々都民の為とか言っておきながら、辞職を決めたとたんにすべての会見をキャンセル。当然給与の返納、別荘売却はなかったことに。まぁ彼にしてみれば、すべては知事にしがみつくための方便だったのでそれができなくなったから反故にするのは当然なんでしょうけど、そもそも自分のやった政治資金の私的流用が問題であって、私たちにしてみればその補てん、罪滅ぼしと考えていたのに。いろいろな疑惑がありますが、もともとの思考回路が一般の日本人とは違うってことですね。

 1300万都民どころか日本中を敵に回してどうやって生きていくんでしょう。韓国にいって日本の悪口をいうタレントになればいいか。

 私たちは政治家を選ぶ時、本人の言動を鵜呑みにしがちです。政権演説でまさか嘘は言っていないだろうと思うからです。しかし、言行不一致の政治家がいかに多いことか。こんなことでは選挙の時にどうやって選べばよいのかわからなくなります。しかも日頃の言動まで嘘で塗り固めていて、さらに「介護アピール」までして自分の名声を上げる為といった手の込んだことをやっている人、そういういい面だけを報道するマスコミ。

 さらに政治不信が進みそうな気配。

 舛添の後任候補が、舌鋒鮮やかだけどどうも胡散臭い蓮舫だとか共産党イチオシの宇都宮健児とか挙句の果てに(ブラック)ワタミの渡邉美樹とか、いやいや、東京って1300万人もいてまともな人いないのかww

 あ、まともなひとは都知事とかならないのねw


 この際、猫とかどうだろう。渋谷、公園通りあたり拾ってきて。餌代しかかからない。絶対に不正とかしない。家族旅行に公費つかったり、ヤフオクで美術品買ったりしない。実務は副知事合議制。トップ当選すると思うんですけど、やっぱ人間じゃないと駄目ですか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160617

2016-06-16

働けど働けど…。

|


 昨日がボーナス支給日。まぁ貰えるだけましという考え方もありますけど、一方で昨日辞表を出した都知事は勤続2年4カ月で380万。しかも経費使いまくり。うーーむ。

 学費に家と車のローン。出るとこ決まってるボーナスなんてうれしくとも何ともない。その上、ここのところボーナス前借のようにamazonでいろんなものちまちま買っちゃってるwww

 会社は増収増益で個人的には営業成績悪くないのに何故か前年比ダウン。賞与原資を下期に回したとか言ってましたけど、これで下期の業績が悪かったりしたら、いずれにせよ年度計で前年比下がっちゃうじゃん。こんな事では個人消費なんか上がるわけありません。企業ばっかり優遇して企業は内部留保をして社員に還元していかなかったらいつまでたってもアベノミクス成功なんていえませんよ。そのうち消費税上げて更に消費が冷え込む。


 老体と病身に鞭打ってあくせく仕事をしてもらえるのは雀の涙。人生なんなんだろうって考えちゃいますねぇ。あー早く定年退職したい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160616

2016-06-15

人を呪わば穴二つ

|


 今回の舛添騒動を一言で表すのはすごく難しいのですが、とりあえず選んでみると「人を呪わば穴二つ」かなぁ。

 過去の著作、TVのコメントなんかで散々言い続けていた事ぜんぶ自分でやってるという。全部ブーメランで帰ってきましたw。公用車廃止とか言っていたのに、公用どころか私用まで使いまくる。政治家のファーストクラス移動を批判してたのに「東京都知事がファーストクラスに乗って何が悪い」と言ったり。どうやら母親の介護とかもどうやら嘘だったらしいことが身内からバレる。福祉関係の事をちゃんとやっていないと現都政を批判した自分が、視察のなんと75%が美術館博物館と完全に趣味の世界。挙句の果ての家族旅行を公費で賄う。都議会議員じゃないけどせこい、余りにもせこすぎる。。

 

 「違法な事をやっているわけじゃない」と自分の口で言えないから、弁護士雇ってその人たちに言わせたものの、杜撰な調査で穴ありまくり。

 結局一番非難していた公金を使って私腹を肥やす、いい思いをする自分が一番なってはいけないといってた政治家になったってこと。否、もともとそういう政治家になりたかったけどなれなかったので貧しい学者として嫉妬していて、やっとその地位を手に入れたのでやりまくったって感じかな。

 いずれにせよ、品性下劣極まりない人格だったっつーことです。

 更に「不信任の可決をしたら、(自分が)辞任するか、議会解散の二者択一しかない。リオ五輪パラリンピックをやっているときに選挙をやる姿を世界に見せるわけにはいかない」…そもそもそうせざるを得ない状況にした自分の事は棚に上げる。「今回の事で子供の殺人予告まである」とか、だからその原因は誰だっつーの。

 すべての疑惑の案件に対して、違法ではないという一言で片づけ、自分には全く責任がないかのような言動に1000万都民と、そのほかの日本国民を愚弄しまくったツケは、辞任後も払うことになるに違いありません。


 他人には徹底的に厳しく自分にとことん甘い人だった。友達もほとんどいないとか。そりゃそーだ。

 騙されたとはいえこういう人を選んでしまった都民も同罪です。本当に清廉潔白な人ってなかなかいないかもしれないけど、まじめに都政に取り組んでくれる人をしっかりと選んで欲しいなって思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160615

2016-06-14

パチソン

|



 70年から80年代、本人ではない人が歌唱している歌をカセットテープとかでスーパーの店頭とかで売っていました。主にアニメや特撮の主題歌で「いっぱい入っているからお得〜!」といって買って聞いてみると、あれ?オリジナルとは似ても似つかない、全然違う人が歌っているのが分かってとても哀しい思いをしたことがあります。そういう経験を積むと、如何にオリジナルがすごいかということが分かり、当然オリジナルのレコードを買うようになるわけですが、一方でこういった名前も知らない歌手の歌唱に興味を持ったりする人が世の中にはいるわけでして。

 私が興味を持ったのは、高校生の頃地元栃木のラジオ番組「ワンダー由美子のヒポタマランド」で取り挙げられていたのを偶然聞いてから。それは衝撃という一言で片付けられないほどで、1回目は唖然、2回目は大爆笑となるのです。そんなパチソンが今ではyoutubeにたくさん上がっています。私が初めて聞いたのは 東映の特撮番組「スパイダーマン」の主題歌「駆けろ!スパイダーマン」

 まずはヒデ夕樹さんが歌う原曲を聞いてください。ヒデ夕樹さんといえば「海のトリトン」「人造人間キカイダー」「キャプテフューチャー」とかの主題歌を歌ってました。

D


 次に、誰が歌ってるかわからない「駆けろ!スパイダーマン」

D


 出だしで派手にズッコケますwwww歌は結構いい感じなのに、合いの手が清々しいほどの自分の世界を構築していますwww


 有名なところでは「マジンガーZ」の主題歌も。ノリノリで歌いすぎて2番の出だし間に合ってないというすごさ。

  D

 これって、完成してから1度も聞かないんだろうか…。

 奥深いパチソンの世界。同世代の人には一周回ってこの楽しさがきっとわかるはず。

 ちなみに一番衝撃的なのは市川崑監督「火の鳥」を松崎しげるじゃない人が歌う奴。もうね、全然声が出ていないwww聞いてるこっちが辛くなりますww松崎しげるの偉大さがよくわかります。

D

すずむし’64すずむし’64 2016/06/16 17:26 昔はありましたねー、こういうの。
最近だとティガのOPでしょうか?
(これは仕方がない所もありますが)

ゲッターロボのアレンジし過ぎは
かなり衝撃的です( ̄▽ ̄;)

heehee 2016/06/16 23:56 >すずむしさん
それでも最近は上手くなってます。70-80年代のパチソンは演奏も歌い手も1回くらいしか聞いてないとしか思えないオリジナリティあふれるおのばかりで(^_^;)。「ゲッターロボ」はすごいですねww「デビルマン」もなかなか抱腹絶倒。ライブオフの人たちの方が全然上手w

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160614

2016-06-13

廃刀令を受け入れる国民性

|

 正式名称は「大禮服竝ニ軍人警察官吏等制服著用ノ外帶刀禁止(たいれいふくならびにぐんじんけいさつかんりとうせいふくちゃくようのほかたいとうのきんし)」。長い…(^_^;)。1876年(明治9年)3月の太政官布告

 軍人とか警察官以外は刀を携帯してはいけないという法律。これっていくら明治になったからといって、かつての武士たちにとっては青天の霹靂だったに違いありません。"剣は武士の魂"とまで言われていたものをそう簡単に手放せるものではありません。しかし明治政府は徹底的にこの法令の浸透を図った。

 結果的に戦後警察官の帯刀も禁止(「警察官及び消防官服制」(昭和21年勅令))、大礼服でも新憲法発布時に帯刀廃止、軍人もそもそも戦後日本には軍人はいなくなったので当然廃止ってことで、この法令は、1954年(昭和29年)7月1日をもって法令そのものが廃止され、以降は昭和33年発布の銃砲刀剣類所持等取締法に引き継がれ、原則として銃刀の所持は原則として禁止されています。


 アメリカオーランドで昨日起きた銃乱射事件、死者50人以上というニュースを見て、ほんと日本ってすごいよなぁと思った次第。

 おそらく明治9年の廃刀令を厳格に運用せず、廃刀令そのものが形骸化してしまったり、仮に戦後いくらGHQが牛耳っていたとはいえ、「剣を取り上げることは死ぬのと一緒」くらいの事を言って、銃刀法も施行されていなかったら、今でも巷には銃があふれ、まだ腰に刀を差して歩いていたかもしれない。

 要はそういう社会が今のアメリカ。全米ライフル協会が巨大な力で政治家を動かし、銃の廃絶ができない。たかがアメリカの200年程度の歴史やプライドごとき、500年以上の武家社会が刀を捨てる重みに比べたら屁でもありません。

 確かに銃が蔓延している社会で身を守る為に銃を持たなければならないという全米ライフル協会の言もわからないではありません。でもそんなことを言っているから、こういう事件が後をたたないこともまた事実。

 無法者に銃を持たせないようにするために、自分たちも銃は持たない。もっていいのは警察官と軍人だけという廃刀令のようなものをやっぱりやるべきなんじゃないかと改めて思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160613

2016-06-12

ファミコンソフト

|



 ニンテンドーeショップ開設5周年記念で、6月7日〜13日まで100本のゲームソフトが最大50%OFFという。

 せっかくの機会なんで、ファミコンやスーファミ、ゲームボーイのソフトができるバーチャルコンソールの中から、

 ファミコン版「ファイナルファンタジー」「ファイナルファンタジーII」「ファイナルファンタジーIII」とゲームボーイカラー版「ゼルダの伝説 夢を見る島DX」買っちゃいました。

 勿論昔やったソフトですけど、「ファイナルファンタジー」にいたっては1987年だからほぼ30年前。懐かしくて涙が出てきましたw


 最近ゲーム全然やってません。つまらないわけじゃなくあっという間に時間が経ってしまうのが怖いというか勿体ない。

 残り少ない時間なので、今後ちゃんとクリアするかわからないけど、全部200円台で買えたので、まずは懐かしのコレクション的な意味でもまぁ損はないかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160612

2016-06-11

「恋愛小説2〜若葉のころ」

|

恋愛小説2~若葉のころ(初回限定盤)(DVD付)

原田知世ちゃんの最新カバーアルバム。48歳になっても"ちゃん"付けでごめんなさい。でもイメージ的には永遠の少女なんです。何十年かぶりで、知世ちゃんのCD買っちゃいました。

もっと美人だったり、プロポーションが綺麗だったりする人はいるんです。演技だってもっとうまい人はいるんですが、昔から声と雰囲気がね、堪らなく好き。15歳でデビューして30年以上経っているのに、全然変わらない透明感。

初回限定版は昨年主演したドラマ「三つの月」の劇中歌「いちょう並木のセレナーデ」がbonustrackとして、それとDVDで「September」(竹内まりあ)前作「恋愛小説」の中から「夢の人(I've Just Seen A Face)」(TheBeatles)のMVが付属しています。まぁそういう理由で、MVは別にどちらでもよかったんですけど、"初回限定"の言葉に負けてこっちを買っちゃいましたw

曲は以下の通り

1. September

2. やさしさに包まれたなら

3. 秘密の花園

4. 木綿のハンカチーフ

5. キャンディ

6. 年下の男の子

7. 異邦人

8. 夏に恋する女たち

9. 夢先案内人

10. SWEET MEMORIES

11. いちょう並木のセレナーデ (Bonus Track)


アレンジがボサノバ、ジャズっぽくてゆるゆる聞くのにちょうどよい。昔から音圧強い16ビート系の音楽は苦手。疲れた時に音楽に身を任せられるような曲が好き。知世ちゃんの声も曲を邪魔することなく、主張もせずに音楽に寄り添う感じで歌っているのがすごく好感です。

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160611

2016-06-10

「海底の君へ」

|

f:id:hee:20160611074835j:image:w360

 連続で録っている「ブラタモリ」の途中で、特集ドラマ「海底の君へ」というドラマが録られていた(2016年2月20日(土))。当然録ろうと思って撮ったものではないので、いつもなら、すぐ消してしまうところ、ちょっと気になって観始めたら止まらなくなった。しかもブラタモリの時間だから、ラスト30分ぐらいが切れてまして、「をを!」と思い即ネットでUPされてるものを発見、無事最後まで視聴する事ができました。

 単発のスペシャルドラマなので、観ている人もそんなにいないに違いありません。NHK制作なのでどちらかといえば地味な作り。

 主演は藤原竜也NHKドラマ初主演だったらしい。それと成海璃子


 (お話し)

 30歳を前に開催される同窓会会場の舞台に前原茂雄(藤原竜也)が立っている。昔、中学時代にいじめにあっていた前原は、同窓会の開場でかつてのクラスメートとともに自殺をするという…。

 その2か月前、バイト先のバッティングセンターで集団窃盗事件が起きる。逃げ遅れて捕まった少年に"いじめ"の匂いをかぎ取った前原は、詰問する店長を前に、少年を庇う。少年の姉真帆(成海璃子)がやってきて、庇ってくれた前原に礼を告げて少年を連れて帰る。

 街の中でいじめをしている光景に出くわす前原は、中学時代のいじめが原因でその後引きこもりを続け、最近やっと仕事ができるようになった。しかし、過去に受けた心の傷はまだ癒えておらず、学生服の集団を見ると、動悸が激しくなるパニック障害を抱えている。

 そんな前原に優しく接する真帆。

 ある日、真帆の弟が酷いいじめにあって、マンションから飛び降り自殺を図る。かろうじて命はとりとめたものの意識不明の重体。その彼をいじめていた加害者の弁護士が、中学時代前原をいじめていた主犯格の男、立花(忍成修吾)だった。

 今もいじめの後遺症に悩み、社会生活を送れていない前原は立花に「ぼくは何故いじめられていたのか」と聞く。しかし立花はこともなげに「あれは遊び。そもそもいじめはいじめられている側にも問題がある」と言い放つ。

 同窓会に出席すると伝える前原。そして冒頭の同窓会シーンに。

 ラストは、できれば観てください。

いつ消されるかわかりませんがyoutube貼っておきます↓

  D


以下の感想はネタバレ含んでいます(^_^;)。


 どちらかというといじめられた側の私としては、目が離せないドラマでした。最後は本懐を遂げさせてあげたかったけど、どんな事情があるにせよNHKが犯罪を肯定することはできないので仕方ありません。「太陽を盗んだ男」のラストで、城戸先生(沢田研二)が、捕まって収監されたらあれほどの傑作にはなりませんww

 

 いじめは昔からあったし今もこれからも絶対になくならないと思う。それは人間、というより動物の本能的なものだと思う。動物の世界でもいじめはあるという話もあります。徒党を組んで、弱い者、無抵抗な者をおもちゃのように扱う。

結局いじめをなくすのは、いじめる側よりもいじめられる側が強くなることが一番。それは腕力でもよいし精神力でもよい。いじめられて無抵抗でいれば、更にいじめはエスカレートする。

 ひとりで解決できなければ、親、先生、友達を巻き込むことも大切。でも事なかれ主義の大人は役に立たないし、友達も巻き込んで迷惑をかけたくないと思うから積極的に味方にはできないし、なってもらえない。やっぱり、自分が強くなることが一番。

 もし強くなれないのであれば、場所を変えてみるのも良い。学校なんてせいぜい3年。長い人生、3年くらいの遅れは簡単に取り戻せるので、嫌な思いして無理して学校に行くことは全然ない。でも未成年では、簡単には学校を休むことはできないから、その時は保護者である親にちゃんと説明をする必要がある。そういう意味でも強くならないといけないし、自分が受けているいじめを立証しなければ大人は信用してくれない。だから、いじめの論拠となる証拠や記録は常につけておく。時間場所いじめた人状況できる限り細かく。それでも信用しない場合は、信用してくれる大人を探すことも大切。味方は必ずどこかにいます。


海底の君というのは、かつていじめを受けていまだに浮上できない、いじめ後遺症に悩む人のこと。海の底は暗くて冷たい。いつか明るい太陽の下で、普通に暮らせる日が来ますように。



 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160610

2016-06-09

喉治らず。

|


 こういう日に限って、2回の商品説明会。恐らく扁桃腺が腫れていて、熱が出てるっぽい。鼻水も止まらず、マスクが手放せない1日でした。腰は痛いわ、左ひざは痺れてるわ、頭は朦朧とするわ、もう最悪。。

 明日も予定があり休むわけには参りませんので、寝ます…。

ひ〜さんひ〜さん 2016/06/10 12:14 お大事にして下さいね。そして休めるときは、しっかり休んで。

heehee 2016/06/11 22:43 >ひ〜さん
ありがとうございます。あまり休んでいると本気で忘れそうなんで、今日の夕方少し練習しに行きました。4ツ矢3回計12本だけ。でもやっぱ本調子までは程遠いです(>_<)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160609

2016-06-08

喉痛い(>_<)。

|


 昨日から、前の席の人がくしゃみしていて、伝染ったらやだなぁと思ってたけどどうやらしっかり伝染ったらしい。

 今日会社の飲み会だったんだけど、後半調子が悪くなり、家に着く頃は結構朦朧。飲みすぎたか…と思ったけどそうではなく風邪っぽい。鼻水、くしゃみ止まらず。

 明日は2つの講習会講師とお客様との懇親会。うぅ、きつい(>_<)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160608

2016-06-07

都民じゃなくてよかった。。

|


 まったく舛添という男、ここまで品性下劣だと思わなかった。都民じゃなくて本当によかった。

 人間、生きていれば多かれ少なかれ人に言えない事や法律すれすれの事をやってます。でもバレちゃったらそれなりの罰を負うし、攻めは従容と受け入れると思うんですよね。それが「違法な事をしてるわけじゃない」と開き直る厚顔無恥さ。頭が良いから、おそらく法律に違反していないことは最初からわかっていたんでしょう。それを自分で「違法じゃないのに何が悪い」というと棘があるから、第三者と称した弁護士(これも自分で費用を払った弁護士だから、どう考えても第三者なんかじゃなく、自分を代弁する人)に言わせるところなんか、まさに策士。更に「その意見を真摯に受け止め、改善する」とか、「今後そのような事の無いようにする」とか、先の話ばかりする。そもそも自分の働いた悪事によって責められてるというのに。今後どうするかというのは、指摘された問題を解決してから言うことで、すべてを明らかにせず、明らかになったことすら、表面的に心のまったくこもっていない態度で話す事じゃない。

 返金は慈善団体に寄付するとか言うのも意味が分からない。返すのは国庫なり、都会計じゃないの?寄付したら、その分税金控除されるという、盗人に追い銭みたいな状況。だいたい返せば済む事じゃないでしょ。

 都民も都議会も完全に舐められてますwwwww


 今日の都議会でも、舌鋒鮮やかに攻め立てるようにも見えますが、のらりくらりとかわされ、「心を入れ替えて都政に尽力したい」とか、結局、公私混同のあれこれについてまともに答えない。これって、都議会ひいては都民を愚弄している。自公は自分たちがいいように使えそうな代わりの知事候補がいないから舛添を下ろさない、とか言われており、もしそれで舛添が任期まで居座るようなことになったら、今度は都議会の自公議員に矛先が向き、次の都議会議員選挙で当選できなくなるんだよ、ってことが分かってない。政治家というのは気を見るに敏じゃないの??

 税金を自分の為に使いまくる。できる限り自分の財布からださないようにする。家族旅行も近所の回転寿司も。「クレヨンしんちゃん」も「江戸流そばの打ち方」も「イナズマイレブン??」とかも。

 今回のわかりやすさは、税金を私たち庶民が使うようなところで使って、政治活動だと言ってるところ。むかつくを通り越して呆れます。

 都知事選挙をやると50億掛かるそう。その50億、舛添に負担させたらいい。

 

 違法なことはしていないかもしれないけど、だからといって許されることと許されないことがある。できるだけ早くお辞めになった方がよいんじゃないでしょうか。

 これ以上呆れた答弁をして、更に心象を悪くすると、辞めてからの仕事にも影響するんじゃない?

 下手すると、暴漢に刺されてしまうかも。

 それだけ庶民は怒ってることを、彼はわからないんだろうか。わかんないんだろうな…。


 あぁ、ああいう人にならないように、と反面教師には最高の知事様ですねw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160607

2016-06-06

「ぼくは地球と歌う」第1巻

|

 

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1巻 「ぼく地球」プレミアムファンブック付き特装版 (花とゆめCOMICS)

 日渡早紀著・白泉社花とゆめコミックス

 プレミアムファンブック付き特装版買っちゃいました。

 「ぼくの地球を守って」「ボクを包む月の光」に続く、「ぼく地球(たま)」シリーズ第3弾。今回も前作に引き続き、小学校6年生になった、亜梨子と輪の子ども蓮が主人公の物語。

 「ぼくの地球を守って」は、確かカミさんの実家にあったのを読んだのが最初なので、既に連載半ばを過ぎてた頃だと思う。生まれ変わり(転生)ものだというのは知っていたのですが、胡散臭い感じで食わず嫌いをしていたんです。ところが読んだら面白い。すっかりはまって早20年以上。

 「ぼくの地球を守って」は文庫本で全部持ってます。「ボクを包む月の光」は花とゆめコミックスで。SFものなんだけど、優しい感じがすごく素敵です。

50過ぎて「ぼく地球」の新刊を読み続けると思わなかったなぁ。精神年齢が20台で止まってるw

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160606

2016-06-05

ひきこもり

|

 土曜日AM医者にいって牽引、温熱パック、マッサージ。以降いままで一歩も外に出ず家にいました。つーか、腰が痛くて、家の中を歩くのも一苦労たった。

 というわけで、本読んだりDVD観たりして過ごす。

 先日「伝説巨神イデオン総音楽集」を買ったので、1話から見直してみた。まだ3枚目まで。それにしても始まりは些細な事なのに、結局2つの星が滅んでしまうっつー最後はなんともすごい。しょっぱなからどんどん人が死んでいく。その空気の重さといったら。主人公のアフロヘア―のコスモはいつも怒鳴ってるし、シェリルは18歳とは思えない程おばさん。能天気な異星人のカララ。一応リーダーっぽいべスはカララにぞっこん。登場人物でまともな人が殆どいない。挙句の果てに制御できない遺跡、イデオンとソロシップで敵(バッフクラン)と戦うって、むちゃくちゃです。こんなもん高校生の時に観たらそりゃ性格ゆがみますσ(・_・)。


 とまぁイデオン漬けの昨今、10月に食玩が出るというので、予約してしまったw

 

 食玩なのに5,000円wwwしかしみれば見るほどよくできていて、ついつい。しかもイデオンガンが付いている高い方。昔アオシマのプラモ作ったけど、酷かったもんなぁ。今回のはTVシーンが再現できるくらい可動するみたい。あー楽しみ。

 また時間を見つけて滅亡まで観たいと思います。

 


 

沙門沙門 2016/06/05 22:09 あ〜あ、やはり高い方を予約したんですね。

heehee 2016/06/06 06:38 >沙門さん
1つだけ買うなら、各メカの飛行モードとイデオンガンのあるこっちでしょうwただいちいちバラすのも面倒だから、通常版をイデオンにしてこちらはメカモードのままにするって手で、通常版も買っちゃうかも…。

沙門沙門 2016/06/07 00:14 >heeさん
完全にメーカーの思惑にハマってますね(^^;
いっそ通常版2個買って、メカモード、飛行モード、イデオンの3パターンとかは?

heehee 2016/06/07 05:20 >沙門さん
イデオン好きなんですよ(^_^;)。出来次第では買っちゃうかも…。でも飾るところがないなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160605

2016-06-04

モハメド・アリ

|


 父親がボクシング好きでよくTVを見ていた影響か、格闘技といってもボクシングは結構好きです。「あしたのジョー」は永遠のバイブル。

 モハメド・アリは、アントニオ猪木との異種格闘技で初めて見たと思う。当時は世紀の凡戦ということで叩かれてましたが、ずっと寝たままキックをする猪木に幻滅したものです。とはいえ、タックル、チョップ、投げ技、関節技などプロレス技のほとんどを禁止されていた事を知り、ああいう戦い方は仕方なかったと納得できました。


 その後、例えば「愛と誠」の太賀誠の部屋にカシアス・クレイ(アリの本名)のポスターが貼ってあるとか、沢木 耕太郎のノンフィクション「一瞬の夏」の主人公カシアス内藤のカシアスはカシアス・クレイからとったものとか、ベトナム戦争兵役を拒否してWBA・WBC統一世界ヘビー級王座を剥奪されたものの、王座剥奪後の1974年ジョージ・フォアマンに挑戦し王座奪還をした“キンサシャの奇跡”とか、実に伝説のボクサーでありました。

 ヘビー級でありながら軽やかなフットワークで、蝶のように舞い、蜂のように刺す(Float like a butterfly, sting like a bee)と自分で言っちゃうくらい、すごかった。

 ビックマウスでしたが有言実行。後年はパーキンソン病と戦っており、アトランタ五輪での聖火台は、往年の名ボクサーの痛ましい姿に驚いたものです。


 享年74歳。世界中の人を楽しませた格闘家でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160604

2016-06-03

「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」

|

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫) 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(下) (新潮文庫)

 増田俊也 著・新潮文庫(上下巻)

 2011年にハードカバーが出てた時から読みたかったノンフィクション。文庫版でやっと読みました。

 そもそもそれほど格闘技に詳しいわけでもなく、力道山の名前を知っていた程度。だから並列されている”木村政彦”なる人物の事は一切知りませんでした。「国民的ヒーローの力道山を殺すって物騒な話だなぁ、表紙の男が木村政彦か、かっこいいな」その程度の認識でした。

 読んでみると、激動の昭和史的な街頭テレビで映し出されるシャープ兄弟vs力道山、あの時の力道山とコンビを組んでいた日本人が、全日本柔道選手権を13年連続で保持、「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」「鬼の木村」と讃えられた木村政彦でした。

 師匠の牛島辰熊に自分の分身として見いだされ以来、天覧試合での優勝を目標に来る日も来る日も稽古に明け暮れ、徹底的に柔道の技を磨いた木村は、全日本選手権を連覇、1940年の天覧試合を制する。そして戦後、GHQにより柔道の世界は大きく変容し、たくさんあった流派、特に最大会派の武徳会が解散、学制改革で高専高等専門学校、今の大学)柔道も消滅し、いち早くスポーツとしての柔道を訴えた講道館が柔道を代表する流派となった。

 しかしそれまでの実践的な柔道に比べ、講道館柔道は立ち技から直接寝技に引き込むことが禁止されていたり、強さを求める牛島・木村子弟には物足りないもの。しかも他流試合を禁じていて、戦後生きて行く為、牛島は柔道の試合を興行とする"プロ柔道"を始め、木村もそれに参加をする。とはいえ、なかなか観客が集まらず立ち行かなくなり、木村は師のもとを出奔してハワイでのプロレスの試合に参加をする。とここまでが上巻。

 下巻では、アメリカ、ブラジルと海外を転戦していく木村が日本に戻り、力道山と知り合い、コンビを組んでプロレスを始める。プロレスには台本があり、木村は常に社長である力道山の引き立て役。プロレス勃興のこの時期、殆どの日本人は真剣勝負の格闘技と思っていて、まさか勝敗すら決まっているなんて思ってもいませんでした。日本選手権まで制し常に勝ちに拘っていた木村にとって、フェイクとはいえ毎回の負け役には嫌気が差していて「真剣勝負なら力道山に負けない」と発言、そこから1954年12月22日、蔵前国技館"昭和の巌流島"と呼ばれる力道山vs木村政彦の試合となる。結果は、開始15分後に、力道山が張り手と蹴りを浴びせて木村をKO。しかしこの試合、本来は「引き分け」をすることが決まっていたにもかかわらず、力道山が一方的に台本(ブック)破りを行い、油断した木村が負けたというものだった。

 力道山にしてみれば、最初から真剣勝負をしようとしており、しかし木村を油断させるために台本がある様に見せかけ、木村から念書までとりつつ、自分の念書はしらばっくれるという用意周到さ。結果、出る杭を打った形が見事はまったこの試合で、天覧試合制覇、日本選手権連覇の木村の名声は地に落ち巷間話題になることはなくなる。

 その後、日本でプロレスは隆盛を極めていく中、力道山は国民的大スターの絶頂期に凶刃に倒れる。一方の木村は、母校拓殖大学に柔道部師範として戻り、多くの後輩を育て、1993年、癌でこの世を去ります。享年73歳。


 どうも格闘技というのが苦手なので自分ではやりませんが、単純に「だれが一番強いのか」という話は、夢枕獏の「餓狼伝」や「獅子の門」を面白く読んでいたのでなんとなく分かります。朝鮮人から帰化して相撲取りになったものの西関脇までしか上がれなかったのは差別だとして、仄暗い私怨をバネに格闘技を興行として行うプロレスリングを娯楽産業として日本で開花させた力道山は、もちろん類まれな肉体はもっていたけど、格闘家というよりも実業家としての才能があった。一方の木村政彦は、ずるがしこく立ち回ることができるほど世事に長けておらず、この一戦を死ぬまで悔やみ続けます。

 

 今に至っても講道館は木村政彦の存在を無視し続けていますが、柔道の世界に多くの弟子と足跡を残し、愛する人たちに囲まれ、まさに畳の上で死を迎えた。一方の力道山は、キャバレーでの小さな諍いでチンピラに刺されて亡くなった。幸せの女神はどちらに審判の旗を挙げたか自明だ。

 とはいえ木村政彦の破天荒な生き方は決して称賛されるものでもない。柔道の世界では間違いなく神だけど、いかんせん頭が悪く大酒呑みで女好き。ただ、当時死の病だった結核を患った奥さんの為、プロレスの世界に入り世界中で戦うことで金を稼ぎ薬を送る健気さや、女好きとはいえ商売女にしか手を出さない一途なところは、愛おしいくらい純粋だ。

 「男は強くなければ生きられない、優しくなければ生きる資格はない」フィリップマーロウの言葉ですが、木村政彦はまさにそんな人でした。

 万人にお勧めというものではないかもしれませんが、タイトルに興味を持った人なら間違いなく面白く読めます。


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160603

2016-06-02

健康診断

|


  毎年恒例健康診断。身長が3mm縮んで178.8cmになってた。昨年は179.1cm。誤差の範囲ではありますが、いつも大体180cmと言ってるけどこれからは179というようにしないと…。

 腹周りは81cm。体重は減っているけど、去年と同じ。今年もメタボ引っかかりませんでした。

 血圧も117/75。高血圧気味でビビっていたのがうそのように正常値に戻りました。

 そして胃部レントゲン。あぁバリウム(>_<)。

 バリウムを飲むと下剤をもらうのですが、下剤苦手なので飲みません。下剤を飲むと効果覿面。すぐにお腹が痛くなりそれが結構続いて仕事になりません。で、下剤の代わりにとにかく水分を多くとる。多少時間はかかるけどお腹痛くならないので良いです。それにしてもやっぱりお腹の重い感じはいかんともしがたい。飲むのも出すのも大変なバリウム。サイテー。

 健康診断でなにか見つかった時は、だいたい手遅れ、なんて言います。それでも基本的な血圧とか血液成分とかだけでも調べる機会はそうそうないので、そういう意味ではやらないよりやった方がよい。

 あ、喫煙についても当然問診されるのですが、「先月から禁煙してます〜」といったら褒められました。そろそろ1ヶ月。禁断症状もうまくかわして、まだ続けられそうな感じ。。


 

ひ〜さんひ〜さん 2016/06/03 09:44 身長が縮んだのはヘルニアのせいかも!? 僕も明日人間ドックです(^^;)昨年、一昨年とバリウム嫌なので、鼻からの内視鏡にしてたんだけど、あれも辛い(><)。なので、今年は、バリウムにしました。なんとか出るものがでて、夜間稽古に行ければいいのですが.....。

あやめあやめ 2016/06/03 20:11 2年前だかに禁煙してましたよね?私もそれにならい禁煙アプリを使って減煙につとめていたのですが…w この2ヶ月はチャンピックス効果でほぼ吸ってなかったのですが、また平均2本/日くらいになってます

heehee 2016/06/04 20:06 >ひ〜さん
ひ〜さんもバリウム苦手ですか!鼻内視鏡は楽って聞いたんですが駄目ですか…。ほんと胃の検査はカメラもバリウムもほんと辛い。相変わらず腰〜脚は痛いしもう最悪です(>_<)。

>あやめさん
2本/日で済んでいれば辞めなくていいんじゃない?
2年前は半年くらいで復活しました(^_^;)。今回は何度かの酒席もクリアして、思ったより続きそうw 喫煙の夢を見たり、たまに吸いたいなって思うときもありますが、ミンティアでしのげています。また吸うかもしれないから禁煙っていうよりなんとなく休煙って感じです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160602

2016-06-01

イメージアルバム「キマイラ吼(KOU)」

|


f:id:hee:20160601214016j:image:medium f:id:hee:20160601214017j:image:medium f:id:hee:20160601214018j:image:medium

 正式名称は「ロマントリップ・キマイラ吼(KOU)」。奇迷羅という字を当てられています。

 1984年(昭和59年)に1枚目がリリースされ、おそらく売れたんでしょう、その後85年86年に2作、合計3作作られています。当時はまだLPレコードで、コロンビアからはCD化されなかった(と思う)。作曲の東海林修先生のオフィシャルサイトで手に入ることを数年前知ったのですが、やっと買うことができました。

 「キマイラ・吼」シリーズは、朝日ソノラマソノラマ文庫で出ていた夢枕獏作の小説。今でいうライトノベルの草分け的作品ですが、第1巻が出たのが1982年、既に30年以上経って昨年末最新刊「キマイラ明王変」が出ていますがいまだに完結していません。この頃、アニメ化もされていない漫画、小説のイメージアルバムが結構出ていまして、当時人気作だったキマイラ・吼もまだ5巻しか出ていなかったもののその流れでイメージアルバムになりました。

 1枚目、2枚目はお友達のOくんがLPを買ってそれを録音してもらいました。3枚目は出ていることすら知りませんでしたので今回初めて聞きます。

 東海林修さんは、日本ポップスの作曲編曲を中心に活躍をされていましたが、1981年に劇場版「銀河鉄道999」の続編「さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅-」の音楽を担当、フルオーケストラ編成の作曲ながら、その数年前から手掛けていたシンセサイザーを取り込み、先日亡くなった冨田勲さんとともにシンセサイザー音楽の第一人者と呼ばれていました。特に東海林先生は精力的に"イメージアルバム"を数多く手掛けていました。


 さてキマイラですが、勿論小説も好きですが、このアルバム、当時片道2時間の通学だったので電車の中でほんとよく聞いてました。キマイラの世界観をかなり忠実に表現されていると思います。

 

 先日「伝説巨神イデオン総音楽集」を買ってヘビロテ、現在の通勤の友ですが明日からはキマイラにどっぷりつかろ〜っと。


 それにしても、最近の懐古(マイ)ブームいつまで続くんだろう…。昔買えなかったCD(当時はレコード)をどんどんポチってる。このキマイラと一緒に「「デジタルトリップ・MACROSS」買っちゃったし、イデオンと一緒に「MIOベスト」買っちゃったし…。支払いは翌月1回。来月のボーナスに既に手を付けてます。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20160601