日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2016-10-31

兵どもが夢のあと。

|


「太陽光関連事業者」の倒産が過去最多ペース

 2016年1-9月の太陽光関連事業者の倒産は42件(前年同期比10.5%増)に達した。このままのペースで推移すると、年間最多の2015年の54件を上回り、調査を開始した2000年以降で最多を記録する勢いで推移している。■ 太陽光関連事業は2012年7月に再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)の固定価格買い取り制度(FIT)が導入され、これを契機に業態転換や法人設立が相次ぎ、多くの事業者が参入してきた。だが、買い取り価格の段階的な引き下げで市場拡大のペースが鈍化したほか、事業者の乱立などで競争が激化し事業が立ち行かなくなる業者が続出。成長が見込まれた有望市場から一転し、2015年を境に倒産が急増している。■※ ソーラーシステム装置の製造、卸売、小売を手がける企業、同システム設置工事、コンサルティング太陽光発電による売買電事業等を展開する企業(主業・従業問わず)を「太陽光関連事業者」と定義し、集計した。(以下略)(東京商工リサーチ最終更新:10/31(月) 13:00)


 震災後から、まさに雨後の筍のように遊休地にソーラーパネルが設置されるようになった。それどころか、日のよく当たる斜面の林を伐採してのパネル設置って、なんか本末転倒のような気がします。樹木が保水能力を持つまで成長させるのは、何十年もかかります。

 原子力は人間が制御できる力ではないので、それを活用して電気を作るのはやめた方がよい。ただ、その為に自然を破壊してソーラーパネルを設置するのはおかしい。

 風力発電の風車も低周波被害があるといいます。

 火山国の日本では、地熱発電が有力だとも思いますが、温泉業者への影響はまだよくわかっていない。

 どうも東電がオール電化を再度進めようと動きているらしいという話もあります。ガス会社が売電を始めたりして、東電としても黙っていられなくなったっぽい。でも天災が原因とはいえあれだけの事故を起こして、収束が遅々として進んでいない中、以前のように営業をするのはいかがなもんか。

 震災前の新築だったので、うちはオール電化ですけど、震災後だったらどうかな、電気ガス併用にしてたかも。

 いずれにしても、すでに設置された太陽光発電、設置した会社が倒産したら管理されないパネルが設置されたままになって、2次災害を起こすんじゃ…。

 

 日本人って、なんでこう後先考えずに飛びついちゃうんでしょうねぇ…sighε-(´・`)

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161031

2016-10-30

プラモデル

|


 昨日、予約しておいた「伝説巨神イデオン」のプラモデルが到着♪

f:id:hee:20161031061947p:image:w360

 プラモ買ったのは20年以上ぶり。イデオンのプラモは、遠い過去に作ったけど、いかんせん全体のプロポーションはいまいち、可動範囲も狭かった。それでもそこそこよく出来ていましたが、今回のは一味も二味も違う。

 合体前の地上形態、飛行形態と合体後の人型兵器形態が、部品差し替えだけど完全再現できる。しかも人型形態では、アニメに名シーンが再現可能。これは買うしかありませんw流通上食玩扱いになっているけど、食玩の域を超えています。

f:id:hee:20161031061948p:image:w360

 しかし最近の細かいものが見えなくなくなった状態でプラモの組み立てなんかできるんだろうか。

 実家に帰ると積んであるプラモがまだたくさんある。昔は「時間ができるようになったら作ろう」と買いためましたが、今考えると時間が一番あったのはあの時代。いや、これから定年退職したらまた自由な時間ができるかもしれませんが、その時は身体が細かな作業についていけなくなっているという…。結局実家のプラモは手放すしかないか。最近のプラモは、色別に整形されて色を塗らず素組みでもそこそこ美しく完成できる、らしい。そんな時代に昔のプラモなんて需要ないよなぁ。


 今回のイデオンも作らないでとっておこうと思ったけど、そうすると作る機会は永遠に失われてしまいそうなんで、時間をみつけて近々作りたいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161030

2016-10-29

沈黙から一転

|


 ボブ・ディラン、アカデミー賞文学賞です。

 受賞発表後からずっと沈黙、連絡が取れない状況が続いており、すわ受賞辞退か?と思われたりしましたが、本人から電話があり、「大変光栄に思う」と連絡が入ったそう。


 うーん。

 そもそもシンガーソングライターが文学賞というのもちょっと違和感があります。もっとも、作った詩を音楽にのせているだけといわれれば文学という括りも間違いではないのですが、ただでさえ世界中に普通に文章の力のみで作品を発表している人がいるのに、何もシンガーソングライターにノーベル賞あげなくてもいいんじゃない、と思ってしまいます。ボブディランをそれほど知っているわけではないのですが、音楽系の賞ならばともかく、ノーベル賞ってボブディランにとってプラスのイメージに働くんでしょうか。逆に、どんな賞を受賞してもボブディランが変わるとも思えないけど。


 気持ちとしては、このまま沈黙を守り続けてほしかったなぁ。なんか日和った感がどうしてもつきまとう。


 高須クリニック高須克弥院長が18日、ツイッターで、「反戦のシンボルだった歌手が爆弾製造会社創業者が作った賞を喜ぶわけがない。ビール会社かハンバーガー会社の賞なら受けとると思うけど......」と呟きましたが、ボブディランのアカデミー賞というのはそういうことなのです。


 さて、授賞での講演でどんなことを話すのか、楽しみです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161029

2016-10-28

学歴の必要性

|


 Yahoo!ニュースで「日本で「学歴」は意味を持つか」という記事がありました。(長いので引用はしません気になったら→http://news.yahoo.co.jp/feature/403


 以前は「いい大学に入っていい会社に就職する」というのが人生の目標になっていた時代がありましたが、今は就職の多様性というか、いい大学を出ても大企業に入る事が人生勝ち組だなんて誰も思わなくなってきました。もっともそれは、就職難の時代が長く続き、大学を卒業しても望んだ会社、仕事にになかなか就けないことが大きいからかもしれません。就職しても定年まで勤めることよりも、自分に合わないと思ったらすぐに辞める根気のなさ。辞めて臨んだ再就職ができる人はいい方で、結局生活の為に妥協した転職をする。女性は本当に優秀な大学を卒業しても結婚、出産でキャリアが分断されて、同期入社の男性よりも出世や活躍の機会を奪われる。それで退職して派遣、パート社員になり、本来の能力が発揮できる職場で働けない。終身雇用なんて雇うがわも雇われる側もあんまし意識しなくなった。

 日本で10本の指に入るような優秀な大学を出ていても、社会に出ると???な人は多く見てきた。そういう意味では、学歴って人の能力を測る物差しにはなりえない。でも会社としてはたくさんの応募学生から何らかの方法で絞り込んでいかなければならず、すべてに試験・面接を行うわけにもいかないから、学校名で選ぶ、または、学校推薦によって採用を決める、絞るという時代が長くあった。採用側にとっては学歴がフィルターとして十分生かせていた時代です。

 ところが、先日の慶応大の問題、ちょっと前に東大の問題、ずっと前には早稲田で同様の問題があり、優秀な大学のブランドも地に落ちている。もっとも、そういった大学でも他大勢は真面目な学生さんなんでしょうけど。

 誇るべき学歴がない私がいうとコンプレックスからくるものと思われますが、それでもやっぱり学歴は必要だと思います。勿論、職人さんの世界や体力勝負のお相撲さん、スポーツ選手は別です。一般企業に入る際という条件付きです。

 更に言えば、大学に入り専門教育を受けないとなれない仕事、医者、弁護士、教員、薬剤師なども少なくともそういう系の大学で学ぶ必要はあります。

 ただ、高学歴・優秀な大学の学生さん=使える学生ということは全くないし、ましてや"優秀""品行方正"などというところまで、その人の評価と連動することは全くあり得ません。

 学歴・出身校を鼻にかける人もいまは昔ほどいないと思いますけど、それでも先日の東大生の事件のように、何を根拠に言っているのか皆目わかりませんが「東大の学生以外はみんな東大生に憧れている」と言い放つ精神構造を潜在的に持っている人がいるというのも事実です。

 大学で何を学んだか、勉強でもいいし、勉強に取り組む姿勢でもいい、円滑な人間関係をする為にどうしたらよいか、なんていうのも大学時代に学べる大切なこと。

 大学時代をモラトリアム(社会に出るための猶予期間)なんていわれた時代もありました。モラトリアムをポジティブにとらえて、いろんなものを吸収する準備期間として、今の学生の方には活用してほしいです。

 あ、うちの娘、大学3年だわ。こういうことほんとはちゃんと伝えたいんだけどなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161028

2016-10-27

薨去

|


 一部の人の死亡については、特別な敬語が使われる。

 天皇が亡くなった時「崩御」(ほうぎょ)、口語的には"お隠れになる"ということも。

 皇太子や大臣などの死を意味する「薨御」(こうぎょ)

 親王や三位以上の死を意味する「薨去」(こうきょ)

 王や女王、四位・五位以上の死を意味する「卒去」(しゅっきょ、そっきょ)


 「死去」は「死亡」の敬語。「逝去」は他人の死亡について述べる際に使用する敬語で身内には使わない。

 本日亡くなられた三笠宮崇仁親王は、(1)皇太子さま(2)秋篠宮さま(3)悠仁さま(4)常陸宮さまに次いで皇位継承順位5位。当然薨去を使うべきところ、殆どのマスコミは「逝去」を使用しているそう。「ご逝去」ともありますが、「逝去」そのものが敬語なのに「御逝去」っていうのは二重敬語。表現としてはやっぱりおかしい。こういうことを言葉を操る専門家であるマスコミが平然と使うってのはやっぱりおかしい。敬する心が足りないのか、わざとなのか…。

 戦後、天皇が人間宣言をし天皇は神様じゃなく日本及び日本人の象徴となった。だからといって市井の民とは異なるのは当たり前。終戦以来、どうもマスコミが天皇を必要以上に貶めているような気がする。社会評論家、大宅壮一は1957年に一億総白痴化と言った(テレビに至っては、紙芝居同様、否、紙芝居以下の白痴組が毎日ずらりと列んでいる。ラジオ、テレビという最も進歩したマスコミ機関によって、『一億白痴化運動』が展開されていると言って好い。

— 「週刊東京」1957年2月2日号 )。

 今回の言葉選びは、マスコミは様々な場面で国民の意識操作をしているということがよくわかる事例だと思いました。

 "親しみがある"ことと"馴れ馴れしい"のは違います。

 マスコミを妄信せず、疑問に思ったらすぐに調べる癖はつけた方がよいですね。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161027

2016-10-26

バラバラ殺人

|

女性の遺体、川に」 容疑で元交際相手を逮捕 警視庁

元交際相手の女性の遺体を遺棄したとして警視庁捜査1課は25日、住所不定、無職、佐賀慶太郎容疑者(50)を死体遺棄容疑で逮捕した。「借金の話をつけに行ったが、騒がれたので刃物で刺して殺した。遺体をばらばらにして川に捨てた」と供述しており、同課は遺体を捜索するとともに殺人容疑でも追及する。■逮捕容疑は9月17日〜20日ごろ、東京都目黒区大橋1、会社員、中元志織さん(24)の遺体を埼玉県戸田市の荒川や千葉県野田市の利根川などに捨てたとしている。中元さんは9月16日に渋谷区の会社を退社した後に不明になり、上司が同20日に「連絡が取れない」と目黒署に通報していた。(後略)(毎日新聞2016年10月26日)


 容疑者ほぼ同い年。被害者息子と同い年…。自分の子供と同じくらいの娘さんを殺してバラバラにするって考えられないなぁ。

 一部トイレにも流したと供述しており、ホームセンターでパイプつまりの洗剤とか買っているっていうからどんだけ冷静?

 勿論、殺人を犯した方が絶対的に悪いけれど、被害者の女性もバイトで接客業をし、容疑者の男性から200万を借り(といいつつ返す気はなかったんじゃ…)、返金を迫ると、ストーカー被害を警察に訴えるというどうにも庇いきれない話も出てきていて、真相はわかりませんが、原因としては被害者の女性にも非がなかったとは言えないような…。

 騙すのに丁度いい、ちょろいおっさんだと思ったらそうじゃなかったとか、そういう感じでしょうかね。

 

 男も、キャバクラのねーちゃんに「お金を貸して」といわれてほいほい貸して、返してもらえないからといって殺しちゃうのはやっぱよろしくない。よく知りもしない人に貸すってことは”あげる”ってことと考えないと。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161026

2016-10-25

『逃げるは恥だが役に立つ』

|


 今期のドラマ、結構"あたり"が多い。

安定の第4期「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(TV朝日)

3シリーズ目「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(テレ東)

お仕事ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(NTV)

三ツ星シェフが給食のおばさんにというシチュエーションコメディ「Chef〜三ツ星の給食〜」(フジ)

唐沢君のアドリブ全開の刑事ドラマ「THE LAST COP -ラストコップ-」(NTV)

そしてガッキー主演の「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)

 コメディ要素の強い作品が多いけど、実はシリアス系も面白そうなのがある。でももうこれ以上見る時間を確保できないので、上記6本を追いかけてます。毎日ハードワークで家に帰った時ぐらいは、笑っていたいもの。

 その中でも「逃げるは恥だが役に立つ」。これはよい。イチオシのコメディです。叔母さんの石田ゆり子も十分良いのですが、ガッキーがとにかく可愛い。髪型的にはどちらかというと、セミロングからロング好きなんですけど、ショートカットのガッキーが良いのですよ。大学院まで出て契約社員になったガッキーが星野源の家に住込みの家事手伝いをすることに。恋愛感情ではない2人の共同生活の中でいつしかお互いを意識するように…。

 健気に家事を全うしようとするガッキーがもうたまりません(>_<)。

 ガッキー見るために火曜日は早く帰る様になりましたw 2回は観れなかったので「TVer(ティーバー)」で。最近はHDDも常に容量限界なんで、見逃ししても時間があるときに観れるのは有難いです。

(公式ページはすぐにリンクが切れるので、都度貼り直しています…。)

D

こんなのもありました。

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161025

2016-10-24

肝付兼太さん

|

肝付兼太さんに声優仲間らが追悼続々「ドラえもん」公式も「子どもに夢」

 アニメ「ドラえもん」のスネ夫役などで知られる声優の肝付兼太(きもつき・かねた、本名兼正=かねまさ)さんが20日、肺炎のため死去した。80歳。鹿児島市出身。24日、所属事務所が発表した。声優仲間らから追悼の声が相次いだ。(スポニチアネックス/10月24日(月)14時49分配信)

 999の車掌さん

 黒ベエ

 スネ夫

 殿間

 009(79年版サイボーグ009)

 ドラキュラ(80年の怪物くん)

 イヤミ(88年のおそ松くん)

 藤子アニメではまず肝付さんが出ていましたねぇ。他あげればきりがないほど、この声を知らない人はいない。私が生まれる前から50年以上第一線で活躍されていました。

 主役は意外と少なく、「ジャングル黒ベエ」くらい。声優界の名バイプレイヤー。

 ジャイアンのたてかべ和也さんが昨年逝き、スネ夫までも…。

 車掌さんよかったなぁ。

 享年80歳、 ご冥福をお祈りいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161024

2016-10-23

地方都市の哀しみ

|


 ここ20年くらいで地方都市の姿は激変した。

 昨日今日と千葉県にいたのですが、帰りに立ち寄った港町銚子の駅前大通り、おそらく街のメインストリート、日曜日だというのに地元の人もほとんどおらず、観光客らしき人も見かけない。


 うちの実家のあたりも、昼間は言わずもがな、夕方の買い物時間でも昔の賑わいがない。人はどこにいったんでしょう?

 人口減少が叫ばれていますが、東京神奈川の主要駅付近は毎日人でごった返していてそんな事は全く感じません。でもほんの小一時間離れた地方都市には、本当に人がいなくなっていることを肌で感じます。


 富良野市では、点在して住んでいる人を徐々に集約化、最終的には市の中心部にまとめたいという意向があるようで、実際にその取り組みを始めています。点在していてもそこに人がいる以上、電気ガス水道などのライフラインを整えておく必要がある。この維持管理は行政が行なわざるを得ません。しかし単に維持管理といってもそれが何か所もあれば、その費用も馬鹿になりません。


 集約と簡単にいうけど、自分の住み慣れた家を壊し離れるというのはなかなかできることではありません。

 

 これからこの手の話は間違いなく全国に広がっていくでしょう。それにしてもたかが20年くらいでこんな風になってしまうものなのかなぁ。

 やっぱり広がりすぎた生活圏を維持するのではなく、縮小していくということは大切な事。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161023

2016-10-22

「とっぴんぱらりの風太郎(上)」

|

とっぴんぱらりの風太郎 上 (文春文庫)

 万城目学著・文春文庫

 万城目学初の時代劇小説。関ケ原の戦いが終わり、徳川の世が始まった頃、伊賀忍者の風太郎は、不幸な偶然が重なり、伊賀の里を追われることに。京に逃れた風太郎は、瓢箪を作ることになったり、祇園祭を見たいというお公家さんのお供になったりと、その日暮らし。忍者に戻りたいが戻れない。そんな時、伊賀に戻るように連絡があり、戦(大阪冬の陣)に参戦する。

 前半のまったりとしたお話しが、祇園祭くらいから、徐々に殺伐とした雰囲気になる。今までの万城目ワールドにはなかった凄惨な描写にちょっと違和感。

 大阪城に続く地下道ってとこに、あれ?と思った。しかして「プリンセス・トヨトミ」のあれかなぁ。

 瓢箪の神様?因心居士の件もまだ解決していないし、今後の風太郎の行く末に何が待ち受けているのか、続けて下巻突入です。

 

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161022

2016-10-21

地震

|


 鳥取で最大震度6弱の地震発生。山陰地方を震源とした地震なんてあんまし聞いたことない。しかもこんなに大きな地震なんて生まれて初めてかも。

 影響も関西まで強く、気が付かなかったけど関東にも揺れがあったっぽい。熊本地震がほぼおさまってきた中での、西日本での大きな地震。怖いなぁ。


 関東は将門様と天皇家があらゆる災厄から守っていて、それでも防ぎきれなかったのが、関東大震災東京大空襲という都市伝説があって私結構信じてます。天皇が生前退位を口にするのはその力が弱まってきているから?ううむ。100%安全ってことはなく、逆に今後数年以内に100%巨大地震が来ると言われている東京。気を付けるに越したことはないです。


 鳥取の皆さん、余震が続いていますので充分ご注意を!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161021

2016-10-20

「キャプテンハーロック〜次元航海」5

|

キャプテンハーロック~次元航海~ 5 (チャンピオンREDコミックス)

 リメイク版キャプテンハーロックも5巻、ハーロックと女王ラフレシアの初邂逅、マゾーンの正体が明らかに。そして最後に出てきたのはトカーガの戦士ゾル。波野静香、まゆもダイバーゼロも黒騎士ファウスト(星野剛造という名前!)、イルミダスにネオガミラス、機械化惑星帝国も出てくる。

 「銀河鉄道999 GALAXY EXPRESS 999 ULTIMATE JOURNEY」という小説で松本零士ストーリーの結合をしていますが、今回のリメイク版ハーロックも、同じような取り組みです。ただ、メインストーリーを秋田書店版「宇宙海賊キャプテンハーロック」に据えて、様々なハーロックが客演したお話しを糾合している感じ。行間を埋めるもんだから、秋田版で2巻くらいのところで既に5巻。これ元作の第1部までやりきるのにどれくらいかかるだろう。それよりも尻切れトンボの第1部完で終わるのはさらにフラストレーションがたまるので、ULTIMATE JOURNEY風にちゃんと完結させてほしいです。

 絵柄的には今風にリファインされていて、全体的に線が細いのでハーロックをはじめ男の線が優男っぽい。けどこれは今の流行りなんでしょう。魔地機関長やヤッタラン副長も造形はあのままですが線のせいでちょっとかっこいい。猫のミーくんは松本零士の方が可愛いと思うw

 ダイバーゼロが大人になってる。あれアンドロイドじゃなかったっけ…。まゆもぐっと大人になっていて、なんかそういうちょっとした変化が古いファンには嬉しかったりする。

 マゾーンの女性たちも松本美女風に美しいだけでなく、セクシーなところもよし。

 漫画もなかなか売れなくなっていると聞きます。なんとか最後まで描き切って欲しいですねぇ。

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161020

2016-10-19

「少年プラズマ戦隊」

|


 松本零士になる前、松本あきら名義で少年漫画雑誌「冒険王」に連載されたSF漫画。昭和41年新年号からですから、私が生まれてちょうど1年後。勿論覚えていません。今回読むの初めてです。

 月刊漫画誌チャンピオンREDの今日発売の12月号の別冊付録として復刻されました。来月発売号にはつづきが同様に別冊付録として付く予定。

 チャンピオンREDではこれまでも、短くて単行本化されていない松本作品を何度かこういった形で復刻しています。一番最初、少年ジャンプ「ザ・トチロー」(79,80年単発読切)が付録で付いた時見落として、時すでに遅し入手できないという失敗。その後15年3月号で「スーパー99」の未収録回他を収めた第2弾「松本零士 単行本未収録作品集」として別冊付録が付いたものは無事GET!

 正直、松本零士って今風に言えば"オワコン"。とはいえ私みたいなどっぷり松本ブームに浸かった世代は、まだ読んだことのない松本作品というだけで、ドキドキ、即購入となります。

 今月号から「ガンフロンティア」のリメイクがスタート。連載中の「キャプテンハーロック」のリメイク作品「キャプテンハーロック〜次元航海」、手塚治虫の「三つ目がとおる」もリメイクされている。どう考えてもターゲットは私たち?もっとも、すでに元作品は30−40年前。今の人たちにも受け入れてもらいやすい絵柄、ストーリー展開でリメイクするのは私的には全然あり。元作は手に入りにくいけど、興味をもったら元作を観てほしいって気持ちはありますけど。


 昭和41年ですから、なんと50年前。"戦隊"といえば、いまでは、日曜朝のスーパー戦隊くらいしかありませんが、昔は「レインボー戦隊ロビン」とか集団で悪と戦う部隊がいろいろあったもんです。名前には戦隊ってついていないけど、「サイボーグ009」(64年〜連載、以降何度かアニメ化)や、「忍者部隊月光」(64年〜実写)、科学忍者隊ガッチャマン(72年)とかも戦隊ものですね。そういえば最近あんましないなぁ。というかこの手のSF作品がないか。

 そんな戦隊ものの草分け。頁数が少なく単行本化されていなかったまさに幻の作品です。


 冥王星の外側に第10番惑星が、日本の女性科学者、島博士によって発見され、島博士自ら、第10番惑星探査に赴く。1年後、探査船は満身創痍ながら地球に帰還するが、機体を破損しており着陸に失敗、島博士は大けがを負う。探検隊の持ち帰った資料によると、第10番惑星はウラン・金銀をはじめ鉱物資源の宝庫。ただし大人は近づくことができないという特殊な放射能鉱物が存在する。そこで島博士の一人息子ヒロシと宇宙大学の同級生沖田ススムほか若者たち7名で「少年プラズマ戦隊」として、第2次惑星探査に向かうが…、という話。

 コマ割りや絵柄は確かに今観ると古い感じは否めませんが、ストーリー展開は単純だけど結構ワクワクします。当時にしてみればかなり最先端の漫画だと思います。

 沖田とか島とかススムとか、のちの宇宙戦艦ヤマトでも使われる名前が出ているのも松本作品らしい。


 本日発売なのでまだ書店にあります。立ち読みって訳にもいかないので、興味のある方はぜひお求めください。

[rakuten:book:18206213:detail]

 

 

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161019

2016-10-18

1週間限定公開なんて。

|


シン・ゴジラ」米公開 ゴジラファンのハートつかんだ

 7月29日に劇場公開されて大ヒットした「シン・ゴジラ」がついに米国上陸を果たし、劇場は大勢のファンでにぎわっています。今月11日から1週間限定で公開された「シン・ゴジラ」の北米でのタイトルは「Godzilla Resurgence(ゴジラ・リサージェンス)」。リサージェンスは復活や再生という意味なので日本語では「ゴジラ復活」ということですが、それほど大々的に宣伝もしていませんでしたし、インディペンデント系劇場を中心に公開館数も全米で488館(初日)と小規模なので、マニアが見に来る程度かと思っていましたが、公開初日は全米興行収入ランキングで10位に食い込む快挙となりました。映画の都ハリウッドでは公開6日目となった日曜日の朝も劇場前には長蛇の列ができ、映画が終わるや否や拍手と歓声に包まれていました。もちろん、観客のほとんどがアメリカ人で、いかに日本のゴジラがアメリカで人気があるのかがうかがえます。(中略)「シン・ゴジラ」はアメリカでも人気の「エヴァンゲリオン」シリーズを手掛ける庵野秀明監督がメガホンをとるということで公開前から一部ファンの間では注目を集めており、予告編を見た人たちからは「ワクワクする」と本編に期待する声が上がっていました。一方で、吹き替えではなく字幕だったことや、ゴジラが暴れ回るシーンよりも会議室でのやり取りが長くてアメリカ人には退屈なのではないかとか、出演者の英語力などを懸念する声もありましたが、劇場では皮肉たっぷりの会議室でのやり取りに何度も大笑いが起き、終了後の「クール!」「オーサム(サイコー)」という反応からも満足度がうかがえます。SNSには「字幕が多くて見にくかった」「キャラクターが多く、退屈な会話もあった」という声もありますが、「最高だった」「今まで見た中で一番のゴジラ」といった好意的な意見も多く、ゴジラファンの間ではハリウッド版よりも良かったとの声が多いようです。■ 米メディアは、これまでのシリーズの中で、本作はゴジラがもっともダークでグロテスクに描写されていると言及。一方で、現代の日本が抱える多くの政治問題をうまくゴジラに反映させているとも指摘し、怪獣映画ながら日本の政治批判の映画でもあると伝えています。ハリウッド・レポーター誌は「国家主義的」という表現を使っていますが、謎の巨大怪獣出現を目の前に奮闘する政府の危機管理がリアルに描かれているのみならず、日米関係についても突っ込んで描いていることを挙げていますが、多くの人はそれほど嫌悪感は示していないようです。IMDb(インターネット・ムービー・データーベース)ではハリウッド版「ゴジラ」よりも高い評価を与えており、間違いなく「シン・ゴジラ」はアメリカのゴジラファンの心に響いているようです。(日刊スポーツ 10月18日(火)13時0分配信【千歳香奈子】(ニッカンスポーツ・コム/芸能コラム「ハリウッド直送便」)


 ついにアメリカで公開されたらしいけど、1週間限定ってなに?

 「インディペンデント系劇場を中心に公開館数も全米で488館(初日)と小規模」これは全米公開とは程遠い公開状況。しかしそれでも、「公開初日は全米興行収入ランキングで10位に食い込む快挙」と。米のゴジラフリークにはやっぱり理解されたんですねと、ほっと一安心。これで、再度日本公開されるかも。日本人てのは、「アメリカで大ヒット!」とか、かの国に認められたりするとそういう惹句だけで観に行っちゃう人もいるみたいだからw

 アメリカ公開版は通常日本公開版とは異なっているけど「シン・ゴジラ」はどうなんだろう。旧作ゴジラ54年も84年は、アメリカ用にレイモンド・バーの新聞記者がゴジラが上陸した日本を取材するという体裁の新撮部分を追加してましたっけ。気になる…。

 

D

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161018

2016-10-17

観たいものならちゃんと行く。

|



今期、最高益に=「ゴジラ」「君の名は。」貢献―東宝

 東宝は17日、2017年2月期連結決算の純利益が前期比27.7%増の330億円(従来予想223億円)と、過去最高になる見通しだと発表した。主力の映画事業が好調で、夏公開した「シン・ゴジラ」と「君の名は。」の大ヒットが利益を押し上げる。本業のもうけを示す営業利益も減益予想の330億円から一転し、15.4%増の470億円と最高益を見込む。■7月29日公開の「シン・ゴジラ」の興行収入は10月16日までで77億円、8月26日公開のアニメ映画「君の名は。」は154億円に達している。「ドラえもん」や「名探偵コナン」など定番のアニメ作品も堅調だった。浦井敏之常務は「君の名は。」の興行収入に関し、「ここまで大きくなると予想できなかった」と述べた。(時事通信 10月17日(月)21時0分配信)


 公開から2か月たってもほぼ毎回満席の「君の名は。」は本当にすごい。今170億、200億は行くんじゃないかな。失速しなければ、もっといくかも。ゴジラはさすがに落ち着き、徐々に終わってる映画館も増え今月いっぱいくらいかな。

 「若者の映画離れ」とか、TVやレンタルビデオの台頭とか、スマホに需要が取られたとか、ハリウッドにはかなわないとか、そういうのがすべて言い訳だということが如実にわかりましたね。結局需要を無視した安易な映画作りが、客離れを起こしていたんです。

 別に来場者特典をつけなくても内容さえよければお客さんはちゃんと入ります。

 制作側が冒険をしなければそれなりの興収しか入りませんし、予測を下回った場合は即赤字です。映画って博打みたいなもん。是非制作側のひとりよがりにならない、冒険的な作品を作ってほしいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161017

2016-10-16

合宿2日目。

|

 (弓道していないと分からない用語が出てきます。すいません。)

 2日目は、審査形式で1手(2本)を射て、先生から講評を頂く。「よく考えたら去年も同じこと言ったよね。」と。練習不足を指摘されましたorz あちゃー、確かに言われた気がする。そうなんだよなぁ、去年の今くらいから前離れになるようになって、どうしても直らずいままで来てる。会の時に覗き込んでいるので、前髪を払う。三重十文字が崩れる。中りところが乱れる。弦が離れる瞬間が怖い時があって、それから、頬付胸弦ができなくなり、これはいけないと思って、恐怖心に打ち勝つために、会の時に身体を突っ込むようにしていたのが実は頭だけを中に入れるのが癖になったんだと思う。

 うーむ。なくて七癖。他にもできてないところいっぱいあるし、もうほんとやになります…。


その後、余興。扇的・金的は、他の人に持っていかれ、色的(内側から黄色・緑・赤・白に色分けされている。的中するとそれぞれ同10・7・5・3点)のチーム戦をやりましたが、いまいち中らず4位という微妙な位置。最も私が足を引っぱったんですが…(^_^;)。

午後から1時間ほど自由稽古。日頃なかなかできない遠的だけやって、昨日良かったところを再確認。大丈夫、こっちはいい感じで仕上げることができました。


 1泊2日弓道漬け。

 改めてもうちょっと真剣に取り組もうと思いましたとさ。


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161016

2016-10-15

弓道合宿in山梨

|


 昨年に引き続き、会員になっている弓道会の合宿に参加してきました。上は80歳以上、平均年齢は50歳以上というなかなか大人の合宿です。

 場所は山梨県富士川町殿原スポーツ公園内弓道場。近的五人立、遠的場4人立併設の立派な弓道場。矢道には、桜並木になっていて、桜の季節はさぞやきれいな場所であろうと想像。はらはらと桜舞う中で弓を引いてみたい! 


 朝8時半に集合して夕方4時まで。教士七段の先生に直接ご指導いただく。遠的場が隣にあって、午後が遠的の練習。遠的は60m、近的28mの約倍。的は近的36cmに対して100cmと大きいけど、まぁ当たらない。矢を取りに行くと往復120m。矢取りだけでもちょっとした運動です。

 それでも後半なんか"掴んだ"らしく、結構中る様になった。今回の収穫です。

 今回教えて頂いた先生、実は水曜日に別の弓友会でたまに教えて頂いている先生の先輩だという驚きもありました(^_^;)。


 ホテルに入り、夕食を兼ねた懇親会、その後部屋で今日のビデオを肴に深夜まで飲む。合宿の楽しみです。

 それにしても9人部屋のお泊りって、学生時代ならともかくこの歳でするとは。。でもまぁ面白かったから全然あり。いびきとか寝言行ってなかったかが心配ですが…。




 

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161015

2016-10-14

カリ城

|


 「ルパン三世 カリオストロの城」ルパン三世のアニメ映画第2作目。今日何回目かのTV放映でした。

 1979年制作だからなんと37年前です。まったく古さを感じさせないのは本当にすごい。しかも、名場面だらけ。

 ロードショウの時は観ておらず、その後名画座で観た。ビデオ、DVDでも何度も観ている。おかげさまで台詞、カット割りもすべて覚えています。それでもTV放映されるたびに観ちゃう。ナウシカとラピュタも同じように観ちゃう。

 何度もTVにかけてもらえる作品は幸せだ。同じ年にアニメ映画では8月に「銀河鉄道999」9月に「エースをねらえ!」をやっているけど、まったくTVでやることはない。あ、悪名高き「未来少年コナン」の改悪編集版もこの年ですねぇ。


 しかし、この作品のルパンは、TVシリーズのルパンじゃない。どちらかというと、「未来少年コナン」とのハイブリットのようなキャラクター。「ルパン三世」って、原作者のモンキーパンチの広い心があって初めて生きながらえている作品だと改めて思います。作品毎に造形は勿論、性格まで変えても何も言わないのはすごい。もっともそうやってルパンに限らずそのほかの主要キャラクターに新たな性格付けがされるというのも珍しいドラマ化もしれません。

 ルパンフリークの方には上記のような理由であまり好まれていないとも言われていますが、カリ城が駄作ということは決してなく、むしろ1本の映画としては完璧に完成された名作です。まぁルパンじゃないもんあぁ。

 

 私的には、「ルパン三世」はやっぱ第1シリーズが好きですが、未来少年コナンが好きだったこともあり、カリ城は基本的に大好きですね。

 カリ城観て「未来少年コナン」を知らないって人も今の若い人にはいるかもしれない。是非見てほしいです、コナン。名探偵じゃない方のw勿論TVの方、間違っても映画版を観てはいけませんww

未来少年コナン Blu-rayボックス

未来少年コナン Blu-rayボックス

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161014

2016-10-13

手術

|


 母親の手術の付添でした。

 昨日術前入院に付添、今日3時から2時間。手術も上手くいき、術後経過も良好。一安心です。

 水・木仕事休んだけど、大丈夫かな。まぁ何とかなるっしょ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161013

2016-10-12

「リバース」

|

リバース (幻冬舎文庫)

 五十嵐貴久著・幻冬舎文庫

 前作「リターン」で一応決着しているので、3作目どうするのかと思ったら、リカ誕生のお話しでした。

 恐怖のストーカー女リカの小学生〜中学生の頃、長野から高校を卒業してすぐの幸子さんが家政婦としてやってきます。広尾の雨宮家。雨宮梨花、結花という双子の妹がいる。母親は美しく、父親は開業医。絵に描いたようなお金持ちの家。でもここには外からは見えない闇がありました。

 物語は雨宮家に家政婦に入った幸子さんが地元長野でお世話になった神父様への手紙による近況報告で進んでいきます。田舎育ちで純真な幸子さんは、なんでもよいように解釈するある意味"おめでたい"人。読んでいるこちらは、すでにリカの前日譚として読んでいるから、誰かがいなくなる、ペットがいなくなるなんてことがあると、ゾクゾクしてきます。でもまだ梨花は小学生。まさか…。一方でお母さんはプライドが高くてモデルのように美しい。まるで大人になったリカのように。え?、つーことはお母さんが? ページを繰る手が止まりませんw

 

 前日譚ではありますが、発表順に「リカ」その10年後のお話「リターン」そしてこの「リバース」と読むと楽しめます。去年「リターン」が出て、今表紙を抱えて「リカ」も再刊されていますので、購入しやすく、本屋さんに行くと平積みされていたりします。幻冬舎文庫イチオシっぽいw


 電車の中って面白い本だと集中して本が読めるので、長距離通勤結構いいかも(今のようなちょこちょこ乗り換えるのは×だけど…)。

リバース (幻冬舎文庫)

リバース (幻冬舎文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161012

2016-10-11

今週は2日のみ出勤。

|



 昨日が体育の日で休み。水・木は、実家の母が入院の為付添で休み。というわけで、今日と金曜のみの出勤です。

 

 この歳になると、親はすっかり弱って、親のために休むことが出てくる。仕方のないこと。

 先日の検査入院の時も、患者名記入欄に親の名前を書き、保護者欄に自分の名前を書いた。いつの間にか保護者という立場が逆転していた…。うーむ。






 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161011

2016-10-10

ペンパイナッポーアッポーペン

|

D

 Pen-Pineapple-Apple-Pen、略してPPAPという。この動画が全世界で大ヒットしているとのこと。演じるはピコ太郎こと小坂大魔王。

 「芸については太田光土田晃之など、芸人仲間からはその笑いの才能を絶賛されて」いたり、爆笑問題の田中は古坂を「楽屋真打の代表選手みたいな人」と評し、「楽屋では誰よりも皆を笑わせるんだけど、本番ではそれを一切発揮できない」と語っていたりする。(wikiより)

 アメトークとかで、芸人受けのいい芸人ということで話されていたのを以前見たたことがありますが、世界的なブレイクになろうとは(笑)。もっとも、リズム芸は一発屋的な芸ですから、恐らくこの手の芸が続くことはないでしょうけど、せっかく掴んだメジャーへの切符ですからうまく生かして行ってほしいです。

 それにしても胡散臭い感じと、耳に残るリズムが困りますww助けて(>_<)!

 

かのんかのん 2016/10/12 00:40 おお、正体は小坂大魔王だったんですね。数年前、テレビで「雑学王」などをやっている時、かなりプッシュされていた感じですが、性格がキツイ(当時ブレイクしていたスギちゃん。に厳しかったり)のがネックになっていた感じで…。こういう一発・歌ネタでブレイクを掴んだのが、芸人人生のプラスになればいいんですが。

heehee 2016/10/12 22:13 >かのんさん
※小坂ではなく古坂でした。すいませんm(__)m。
リズム芸って、ブレイク時はすごいけど、なかなか跡が続かないですよね。
その点オリラジは武勇伝からバラエティでつないで、perfecthumanで再ブレイクってすごいと思いますし、
テツandトモなんて、TVには出ていませんが営業でいまだになんでだろーで引っ張りだこらしい。
その点では、今回のこれはどうかなぁ…。耳に残るのは間違いないんですけどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161010

2016-10-09

「震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する」

|

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

 佐藤健志著・VNC

 一瞬タイトル的に、「シン・ゴジラ」関連と思ってしまいますが、初版が2013年ですので「シン・ゴジラ」の事について書かれた本ではありません。中身は主に2005、07、08年に「正論」に掲載された社会評論に、序章、終章を2013年出版時に書き下ろしされています。

これまで『ゴジラとヤマトとぼくらの民主主義』('92)、『さらば愛しきゴジラよ』('93)、『幻滅の時代の夜明け』 ('92)を読んでいて、アニメ、特撮を通しての社会評論、日本人論を書かれています。佐藤さんは1966年生まれなのでほぼ同年代ですから、取り上げる作品も感じ方もシンパシーを感じ、自分の思いを代弁してもらってる感じです。

 

 序章は、2012年に書かれてます。ゴジラと福島第一原発事故並びに東日本大震災に置き換え、その災害を日本人は待っていたと論じます。不謹慎だからあまり声高くそういうことをいう人はいませんが、日本人の心の中には、ある種の破滅願望があると。

 太平洋戦争では、鬼畜米英といって死力を尽くし戦い、同胞を300万人以上犠牲にしたにもかかわらず、戦後、"敗戦"を"終戦"と言い替え、"占領軍"を"進駐軍"といい尻尾を振った。確かにそうすることで、経済的には繁栄をし、70年以上の戦いのない世界を実現できた。しかし、これを「変節」として、先人たちに対して顔向けができないという後ろめたい想いは、日本人なら多かれ少なかれ持っている。戦後に代わる新しい枠組みを作るべく、日本人すべてが共有できる災害を経験することが必要だという考え。

 この考えに与するか否かは意見の分かれるところでしょうが、安倍総理がしきりと唱える「戦後レジーム(戦後体制)からの脱却」はまさにそういうこと。更に佐藤さんは、これら変節の歴史はなにも第二次世界大戦後に始まったことではなく、鎖国から開国に至る明治維新すらも変節であって、日本(人)のアイデンティティの復興を訴える。

 ただ災害を求めるといってもあくまでも復活を前提とした災害。そんな都合のいいものはあるか!と苦笑してしまいますが、確かに日本人が一丸となって立ち向かう何かがなければ、この国は常に先人たちへのコンプレックスを持ったまま生きていかないといけない。とはいえ、そんな大災害があったからといって、まともな世界ができるとは限りませんが。

 「日本沈没」が大ヒットしたり、「ノストラダムスの大予言」が社会現象になったりするのも日本人の復活を前提とした自滅願望の表れなんでしょう。

 まさにそういう洗礼を受けた私たち世代からすると佐藤さんの言うことがすごくすんなりと胸に入ってきます。

 恐らく私たちより上の、戦後復興、高度経済成長で日本を盛り上げてきた世代は、この本を読むと怒るんじゃないかな。

 私たちより下の世代の人は、どう読むんだろう。。

 「シンゴジラ」に関係あるっちゃーある、ないっちゃーない感じですが、なかなか興味深く読めました。

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161009

2016-10-08

「七人の侍」4Kレストア版

|


 黒澤明監督の「七人の侍」と「生きる」の4K修復(レストア)版の上映は、今年の「午前十時の映画祭」の目玉といっても過言ではないと思います。

 本日待ちに待った公開日。2日前深夜0時の時報とともにネット予約が解禁になったTOHOシネマ新宿で、寝る前になにげに見たら、続々と予約が入っている!「こうしちゃいられない」とすぐに予約して無事席確保。朝起きてサイトにアクセスしたら、最前列3席を残してSOLDOUT、とみてる間にその3席もなくなり、なんと5時間ちょっとで初日の席は完売、翌日日曜日も帰ってから見たら完売してました。


 「七人の侍」名前くらいは聞いたことあると思います。黒澤明監督、昭和29年の作品です。日本映画史上最高傑作の呼び声高い名作です。

 もっともすでに公開から62年、ビデオ、DVD、blu-rayとソフト化はされていますが、いかんせん画面が暗く音声が聞き取りにくい。そこで今回の4Kレストア版すごく期待していました。

 冒頭のタイトルからしてもう全然違います。これは期待できそう。その後野武士が仲間同士村を襲う計画を語るシーン。これまたセルフが聞き取りやすくなっている。

 古い映画独特の画面の揺れや明るくなったり暗くなったりすることもなく、もちろん観てはいませんが初公開時もかくやと思わせる内容でした。この内容であれば、古いモノクロ映画が苦手な人でも違和感なく観られると思います。


 「ステーキの上にウナギのかば焼きを乗せ、 カレーをぶち込んだような、 もう勘弁、腹いっぱいという映画を作ろうと思い 製作したのが“七人の侍”」と黒澤明本人が言っています。監督が言ってるような食べ物が美味いとは思えないけどすくなくとも映画で描かれるような様々なこと、群像劇、ヒーロー、恋愛物、社会もの、犯罪もの、パニックもの…ありとあらゆる物が詰め込まれているけど、これが至高のドラマになっているというのもも見事というしかない。

 いくつも好きなシーンがあるんだけど、一つだけ。

 最後、土砂降りの合戦シーンで勘兵衛が弓を射るシーン

f:id:hee:20161009004650j:image:w640

 2射するのですが見事に敵を射抜きます。

 合戦のシーンもすごくきれいで細かいところまでよく分かるようになってました。

 もう1回みたいなぁ。


上映後、みんなで拍手も久しぶり。

 「午前十時の映画祭・七人の侍」は今日から2週間の特別上映。お見逃しなきよう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161008

2016-10-07

「プリズム」

|

プリズム (幻冬舎文庫)

百田尚樹著・幻冬舎文庫

 乖離性同一性障害(多重人格)の中の一人との恋愛は成立するのか。

 言ってしまえばそれだけの話なのですが、多重人格という疾患の説明と多重人格キャラクター描き方が上手く、ストーリーを邪魔せず、逆に興味をもって読み進められる。百田尚樹さんの筆力に負うところが大きい。

 外側は1つ(同じ)だけど中身の人格が完璧に分かれていて別個の人格だというのが、多重人格といわれるものです。勿論そういう人に会ったことはなく、大ヒットしたノンフィクション「24人のビリー・ミリガン」(ダニエル・キイス著)も読みましたので、基礎的な知識はもっていますが、専ら知識としてしっているだけ。ですので、正直自分の中ではまだ信じられていない状態ではあります。

 ただ、物語のテーマとしては面白く、今回の”多重人格者の恋愛”という切り口はなかなか斬新です。

 多重人格者の中の一人を好きになった。一方で同じ身体にある他の人は鳥肌が立つ程嫌い。人格の交代がいつ行われるかわからない、もしかしたら嫌いな人格が好きな人格を演じているかもしれない。そんな状況で、キスやセックスができるだろうか。うーむ、考えただけでも怖い。

 でも一方で好きになった人格とは、手をつなぎたい、キスをしたいと思う。外見は同じなのに。ということは、キスやセックスは身体でするものではなくて心でするものだということになる。今回のお話は、男性が多重人格者なので、女性的にはそうなのですかね。でもまぁ男性もいくら外見がよくても先に進みたくないって思うこともあるから、一概にはいえないか。

 このお話は、多重人格者を通して、恋愛する女性の気持ちの変化もまた見どころのひとつだったりします。主人公の聡子はいたって普通の子なし既婚者です。これまでモテモテだった事もなさそうないたってまじめな感じです。そんな女性が恋愛をし相手に思慕を募らせるという状況はなかなか興味深かったです。

 多重人格についての知識も得られる恋愛小説、といったところですが面白く読めます。

 

プリズム (幻冬舎文庫)

プリズム (幻冬舎文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161007

2016-10-06

「幻魔大戦 全20冊合本版」

|

幻魔大戦 全20冊合本版 (角川文庫)

平井和正著・角川e文庫

 電子書籍版を購入。これまで1万円くらいだったですが、タイムサービスで1,988円しかも997ポイントまでつくので、差し引きで991円。もともとの価格からしたら破格だったので、ついポチリ。

 勿論角川文庫で発刊当時に読んでいます。今から35年くらい前。それまで平井和正は数作読んでいましたが、幻魔には手を付けておらず、アニメ化決定した1982年頃から読み始めました。確か13−4巻まで進んでいたと思います。

 以来、20年くらい前まで、1,2年に1回は20巻読み返しをしていましたので、おそらく10回以上は読んでいるはず。

 

 3巻までは、スーパーサイキックアクションSFですが、その後帰国して幻魔大戦を通じて「光のネットワーク」とか言い出して新興宗教みたいになって、しばらくしたら主人公の東丈(あずま じょう)は失踪してしまい、弟子たちの物語になります。以降アクション小説でもSF小説でもなくなっていきますが、それが結構興味深くて次巻が待ちきれないほどの思いで読んでいました。そして決着をつけることなく20巻が終了。すっかり幻魔大戦の虜となって、正式な続編として書かれた「ハルマゲドン−第二次幻魔大戦」江戸時代を舞台にした「新幻魔大戦」多元宇宙の「真幻魔大戦」隙間を埋める「ハルマゲドンの少女」など幻魔ワールドの姉妹編続編は殆ど読みましたねぇ。

 90年代後半から電子出版を始める。時代的にはかなり先駆けていました。電子書籍として幻魔大戦の続編「幻魔大戦deep」「幻魔大戦deepトルテック」を出版。「―トルテック」は後にハードカバー全3巻が出ていますが、2万1千円と高価すぎ、今9800円になっており、いつかは読みたいけどちょっと躊躇しています。


 さてこの全20冊合本版は、角川文庫版をベースにkindle化しています。生頼範義の表紙、挿画も収録されていて、その数450枚と。しかも、リーダーの機能でイラストだけを見ることもできるといいます。

 実質千円ですので、1冊換算で50円以下。しかも生頼さんの幻魔イラストがまとめて見れるのも便利。

 

 読みだすと止まらなくなりそうなんで、時期を見て一気読みしたいと思います。

 

 この金額なら買いだと思いますw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161006

2016-10-05

保険の営業

|


 営業って形のあるものを売るよりも形のないものを売る方が大変。保険とか証券とかはその最たるもの。

 自分の生命保険が先月満期となり、何もしないと同じ契約内容で掛け金が倍以上に自動的なってしまうという連絡があり、先月終身部分のみ残し契約終了にした。ところが、今日給与明細を見てみると、7万弱引かれてる。

 先月ちゃんと契約解除しているのに何故。人事に確認したところ、保険会社の事務手続きが間に合わなかったとのこと。保険の外交員の人に言われた通りに処理したのにどういうこと?

 連絡したら、保険料の給与引き落としを止めるには、12日までに解約しないといけなかったのに、それをこちらに告げず(忘れてた?)、結果的にそういうことになったらしい。

 契約を何らかの形で続け再契約をしていたらいいお客さんでしたが、月4万近い保険を解約されてやる気がなかったのかもしれないけど、こういう処理を的確にやることが実は営業的には大切な事だと思います。

 

 契約するまではすごく熱心だけど、契約締結後や契約を撮れなかった時とかは手のひらを返したように冷たくなる営業の人がいます。そういう人はやっぱり信用できないし、そもそも営業は会社の看板を背負っている訳だから、会社そのものも信用を無くす。

 

 半年ほど前、別の保険会社とも母親がかけた保険の解約告知不十分で揉めました。保険会社にとっては再契約する方が当然実入りが良いからか、解約告知について不熱心な場合が多いような気がします。ところが、往々にしてこれまでの掛け金の倍近い金額になるから、払っている方はびっくりします。

 前の時の保険会社は契約当初は日本法人だったけど2回3回と外資に代わり母親もよくわからなくなっていた。「通知を送っている。見ていない方が悪い」といわんばかりの対応で、超過分の返金に一切応じなかった。

 面倒なので、解約金を受け取って以降は連絡せずに今に至りますが、ふざけんなG生命。


 昔は社会人になると保険屋さんが事務所に入り込んで保険契約をしていましたが、今はセキュリティの関係で会社の執務机まで入ることができなくなり、なかなか契約取れなくなっているらしい。

 営業マン信じられないから、営業からものを買わず、自己責任でネットショップで買えるものはネットショップで買う。営業は物が売れなくなる。これは、明らかに営業マンの知識不足、対応の悪さが原因の一つだと思う。

 30年近く営業やっていると、それは無茶なお客さんもいました。それでもちゃんと対応すれば大体のまともなお客さんとは話ができます。そういうまともなお客さんまで、疑心暗鬼にさせてしまうのは、間違いなく営業の責任です。

 特に保険業界、猛省してほしいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161005

2016-10-04

「リターン」

|

リターン (幻冬舎文庫)

 五十嵐貴久著・幻冬舎文庫

 前作「リカ」を読んだのが約10年前。「リターン」は、「リカ」の物語の10年後という、どういうめぐり合わせでしょう。いままた、あの恐怖のストーカー女が現れる。

 前作のラスト、被害者本間とともに消えたリカ。スーツケースに詰められた本間の死体が発見されたところから、この物語は始まります。

 未解決事件"コールドケース"を扱う部署の孝子と尚美の2人の刑事がリカを追う。

 怖さでいえば勿論「リカ」なのですが、リカが野放しになってる状況というのは考えるだけで怖い。

 10年前に比べても、SNSが当たり前になって、もしリカのようなストーカーに目を付けられたら私なんか何でも突き止められてしまうに違いありません。怖いのは、こちらにその気がなくても勝手に盛り上がってしまう人がいないとも限らないということ。ストーカー殺人が後を絶たないけど、本当に怖いよなぁ。ブログを書いたり、SNSなんてやらないに越したことはありませんw いつどこでストーカーのターゲットになるかわからない。もっとも私なんかストーキングしても良いことないから、そんな奇特なストーカー、いるわけない。


 ネタバレになるのでラストには触れませんが、なんつーか、人を好きになるのって怖いことだよなって思いました。

 一番怖いのは、おばけとかじゃなくてやっぱり生きた人間です。

 まずは「リカ」を。そして続きが気になったら「リターン」お勧めです。どうやらさらに続編(リカ誕生の物語)が10/7発売らしい。こうしちゃいられないw

 

リターン (幻冬舎文庫)

リターン (幻冬舎文庫)

一応「リカ」も貼っておきます。

リカは、このブログで、感想とも言えないものを書いたら五十嵐さんからコメントを頂いた私的には思い出深い作品です。http://d.hatena.ne.jp/hee/20050112

リカ (幻冬舎文庫)

リカ (幻冬舎文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161004

2016-10-03

いい結婚式でした。

|


 結婚式に参列したのって、10年以上振りかも。

 今回は赤坂にある乃木神社拝殿で行なわれました。乃木神社って、明治天皇崩御の際、後を追って殉死した明治の軍神、乃木希典(と静子夫人)を祭った神社。この歳になって初めて行きました。

 

 神社本殿での結婚式は、何回か参加したことがありますけど、大体は拝殿で祝詞を上げ、三々九度をするくらい。それが今回は、篳篥、笙、龍笛、神楽笛、楽太鼓、大太鼓のフル編成、アンド神楽舞までつく完璧な構成。これはなかなか見ごたえありました。あ、花婿は、弓道をやっているので、これからも使えるということでこの日のために新調した紋付羽織袴姿。結婚後弓道の為に高価な紋付を買うと色々と物議を醸しますが、結婚式で着るから…とい大義名分があれば、そこそこお金をかけてもよい。記念にもなるしね。ううむ、花婿作戦勝ちw 花嫁さんは由緒正しい白無垢、文金高島田。ザ・花嫁。もちろんいつもの2割増し綺麗でしたww


 私は、今から25年前、品川のカットリック高輪教会で挙式しました。

 今もそうですが、ホテルや式場付属、別室の神殿で式を挙げるのが普通。本人や披露宴出席者の式場と披露宴の移動を考えると確かにその方が効率的ですけど、なんか借り物的な神様っぽくて、やっぱ式を上げるならちゃんとした教会や神社本殿がいいよねというのはカミさんと一致した意見でした。そういう意味ででも、今回のお式はすごくよかった。


 式後は、式参列だけだった友人たちとお祝いの会と称した飲み会。新宿で4時くらいまで飲み、その後近くに戻ってきてまた飲み、そんなことをしていたら新郎新婦から新居に戻ってきているという連絡があり、最後に店を変えて新郎新婦を交えて飲みと、なんと10時間以上。。みんなどれだけ飲むwwタフです。

 というわけで、帰宅は午前様。いやぁ浴びるように飲みました。めでたいめでたい。弥栄々々♪

 

 

すずむし’64すずむし’64 2016/10/04 00:43 自分もオフ会仲間の方が結婚された時に出席したのが最後ですが
やっぱりお祝いの席は良いですね(*^▽^)/★*☆♪

参列したこちらも幸せな気持ちになれますし。

結婚後は何かと大変だけど(笑)
仲良くやっていって欲しいですね(*^▽^*)

heehee 2016/10/04 05:52 >すずむしさん

結婚式は「幸せオーラ」のおすそ分け。神社とか教会とかで、全然関係ない人が式やっていても、見るだけで幸せな気分になりますもんね。
年齢的に次は子供たちの結婚式か(^_^;)。そもそもあいつら結婚するのかなぁ?

ひ〜さんひ〜さん 2016/10/04 08:05 いいな〜加わりたかったな〜(TT) まっ、とにかくめでたいですね(^0^)/ 今は弓断・断酒状態ですが、来月中旬には解禁しますので、そのときは爆発するので、付き合ってくださいね(^^)

heehee 2016/10/04 22:05 >ひ〜さん
ご一緒できず残念でした。楽しかったですよ〜(^_^)v。
来月まで頑張ってください〜。断弓中もゴム弓やっていた方が感覚鈍らないですよ〜。休憩中に是非!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161003

2016-10-02

今の方が断然よいと思うのです。

|


東京新聞の1面下コラムは「筆洗」といいます。朝日新聞は「天声人語」、読売新聞は「編集手帳」、毎日新聞は「余録」ですね。

今日の「筆洗」が面白かったので転載します。


  大人たちが子どもを残し、どこかへと消えてしまった。何者かが放出したガス「懐かしい匂い」。これをひとたび嗅いだ大人たちはたちまち昭和ノスタルジーの虜(とりこ)となり、連れ去られる▼公開当時、子どもより大人が熱狂した映画「クレヨンしんちゃん モーレツ!オトナ帝国の逆襲」(二〇〇一年)である。ガスを放出したのは謎の組織「イエスタディ・ワンスモア」。現代社会に絶望し、夢と希望のあった昭和の時代へと日本を連れ戻すという野望を抱いていた▼映画のしんちゃんは大人の目を覚まさせ、未来を取り戻すため組織と対決するが、どうも、首相のしんちゃんの方は「懐かしい匂い」を使うあの一味ではないのか、と疑いたくもなる。政府は二五年の国際博覧会(万博)を大阪に誘致する方向で調整に入ったという▼二〇年の東京五輪に続き今度は万博。戦後の高度成長期をなぞるかのような流れである▼月の石、太陽の塔。一九七〇年の大阪万博の「懐かしい匂い」に幻惑されて、つい今度の誘致も容認したくなるが、ここは冷静に考えた方がよいかもしれぬ。本当に万博は必要か、費用に見合った効果があるのか。慎重に見極めたい▼東京五輪の費用。立候補した時は七千億円強と見込まれたが、ついには三兆円を超える可能性が出てきたそうだ。「懐かしい匂い」は、お金の計算までおかしくするようでもある。


 大阪での万博立候補を聞いて、「クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲」を思い出した人は多いと思う。しかも2020は東京五輪。1964−1970、安倍政権は昭和の高度経済成長時代の再来を望んでるんでしょうかねぇ。


 「昔はよかった」といいますけど、私的には今の方が全然いいです。

 あらゆるものが便利になり、きれいになっています。昔はトイレも汲み取り式でそこら中にバキュームカーが臭いにおいをまき散らかしていたし、下水も側溝にふたもせずこれまた臭かった。食べ物も物流や冷凍保存技術のおかげで、遠いところが鮮度を保ったまま消費者に届けられる。

 人情が無くなったとか薄くなったとかいいますけど、ほんとかなぁ。それに昔の濃密な人間関係が嫌で、向こう三軒両隣的な付き合いって自然と減っていったんじゃないかと思うんです。となりの人が味噌醤油借りに来る世界、羨ましいかなぁ。

 対外情勢も綱渡り的ではあるけど、少なくとも冷戦時代のように一触即発な状況でもない。

 インターネットのおかげで、遠くにいてもコミュニケーションをとることができる。

 洋館や古い日本家屋は好きですが、毎回見学するたびに「こんな家住めないよなぁ」と思う。無駄に広く、冬は寒い。使用人でもいれば別でしょうが。

 勿論便利になって失くしたもの、失ってしまったものも確かにあると思います。でも結局今の生活は、過去の人が望んだ最大公約数的なものが現実化しているのだと思うのです。

 過去を振り返るのは、よいことだと思いますが、何でもかんでも昔はよかったというのは、違うと思うのです。


 今日はこれから弓友の結婚式に参加。

 過去を振り返らず、未来に目を向けて幸せな家庭を築いていって欲しいと心から願います。

洋子洋子 2016/10/02 18:10 全く同感。引きこもりも猟奇殺人も昔の方がひどかったし、弱者救済なんて考え自体が薄かった。歳を重ねて衰えて行くとしても、明日の方がきっといい日だ。

まるたまるた 2016/10/03 19:38 基本的に同意なのですが、唯一子供たちに「素晴らしい未来」という夢を与えられない事のみが無念であります。

heehee 2016/10/04 06:41 >洋子さん
ありがとうございます。今は共同体意識が薄れ、自分の考えで行動することが多いような気がします。それが良いほうに向かえば、知らない人でも困っていたら助けるようになるし、逆に悪い方に向かうと無差別に危害を加えるようにもなる。ある意味自由な世の中だからこそどんな生き方だってできるわけで。
今日より楽しい明日が待っている。そう考えながら毎日過ごしていたほうが楽しいですよね。

>まるたさん
ありがとうございます。振り返ってみると、70年代の「薔薇色の未来」は実はから騒ぎで、中身を伴っていないものでしたが、確かに明るい未来を提示していました。今を閉塞した社会と考えるか、自由な社会と考えるかは気の持ち方次第ではないかと。明るい未来を与えるというより、そういう気の持ち方、生き方を背中で示すのもわたしたちができることじゃないかと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161002

2016-10-01

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」欲しい。。

|



 あぁまた物欲が…。

 昨日任天堂が発売を発表。かつてのファミコンの外見を小さくして、30本ソフトを内蔵。今のTVの仕様に和わせてHDMIケーブルでTV接続。電源はUSBで給電。価格は5980円(税別)。

 公式の説明動画ありました。

 

D


 ファミコン持ってるんですけど、RF出力だから今のTVには繋げられません。捨てちゃえばよいのですが、屋根裏にねむったまま。

 その後3DSのアンバサダープログラムでソフトもらったり、バーチャルコンソールで買ったりして、携帯機ではできるのですが、TV画面でやってみたいのです。(データだけなら全ファミコンソフトを20年くらい前に入手しているのでPCの画面ではエミュレートできたりするんですが…(^_^;))。


 さて、11月の発売ということだったので、家に帰ってから予約しようと思って、帰ってすぐにamazon見たら既に予約終了。ついでにヨドバシも同様。あちゃ〜(>_<)。既に転売ヤーが希望小売価格の倍で取引しようとしている(-_-メ)。

 限定販売じゃなさそうだし、折を見て注文するとしよう…。


 これ、日本版にさきがけて、海外版NESの小型版「Nintendo Classic Mini」の発売を7月に発表しておりました。いいなと思っていたら、日本版発売とのこと。

 海外版のNESはコントローラが別接続なんで旧サイズのコントローラが使えますが、日本版は本体にケーブル接続済。ということはコントローラまで小さいというのは、どうなんだろ、操作しにくくないのか心配です。

f:id:hee:20161002071124j:image:w360

 

 恐らくゲームを堪能するというよりも、往年のファミコンを楽しんだ世代が“遊べるオブジェ的”な意味合いが強い商品だと思います。

 内蔵ソフトのラインナップがアラカルトで選べるとよいのだけど…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20161001