日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2017-05-31

「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」

|

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 kindle版がフルカラーなので買っちゃいました。

 田中圭一というと、どうしてもH系か、手塚治虫松本零士ジブリとかの"イタコ"系の漫画(これは同人誌を読んでいないとわからないか…)しか思い浮かばないけど、メジャーでここまで大ヒットするとは、本人も思っていなかったに違いありませんw

 鬱を体験した人の、その時の状態と、どうやって鬱のトンネルから抜けることができたのかを、自身の体験(作者もうつヌケをした一人)から、その他著名人を含む体験談をインタビューし漫画化したもの。

 

 「鬱なんて関係ない〜」って人って、実はあんまりいなくて、みんなその予備軍だということが分かる。決して他人事ではありません。

 かくいう私も、かつて2ヶ月ほど休んだことがあって、鬱というのとは違うんだけどこの本を読んでやっぱ鬱だったかなと改めて思います。幸い軽かったのと、2か月で完全に吹っ切れたので今はなんともありません。

 あの頃はとにかく仕事中心の生活で、仕事で認めてもらわないといけないという焦りがあったのかもしれません。仕事で上司の覚えめでたくとんとん拍子で出世してしまうほどの世渡り上手じゃないってことを自覚して、仕事は趣味と生活の収入源と割り切ると、意外と気持ちが楽になりました。

 人生は仕事だけじゃないし、その仕事だって死ぬほど思い詰めてやるもんでもない。辛ければ辞めりゃ済むこと。自殺なんて莫迦らしい。

 収入は欲しい、地位も欲しい、休日も充実した時間を過ごしたい、家族ともいつも一緒にいて良好な関係を築いていきたい。これを全て充足させている人って恐らくそう多くはないと思います。

 

 仕事を疎かにするわけじゃなく、仕事は仕事としてちゃんとやるのは大切な事。会社という組織は個人のいろいろなものを犠牲にすることで地位や報酬を約束する。だけど、必要以上に仕事に掛ける時間を多くすることで得られるものなんて、精々地位と名誉とお金くらい。人間、立って半畳寝て一畳、生活に困らない程度のお金があれば後は会社に奉仕したところで、自分としては豊かな人生だとは思えません。まぁいいのか、地位と名誉とお金が好きな人もいるから。でもたかがサラリーマン、1,2階級上では収入なんてそう変わりません。精々数百万〜数千万程度、億の差が出るには社長クラスにならないと。

 定年退職してそれから遊ぼうといっても、結局付き合うのは昔の会社の人ばかりだったり、新しいコミュニティに入って一から始めたところで、それまで公私バランスよくやっていた人にはかなわない。まして、それなりの地位だった人が、また新人としてコミュニティに入るにはそれまで纏ってきたプライドをばっさり捨てないといけない。これがなかなか出来ない人が多くって、結局昔の仲間とつるむ。後輩ばかりなら自分を立ててくれるからね。でもその後輩も自分が定年した時点では現役だったりするので、自分のペースでは遊んでもらえない。

 鬱は心の風邪じゃなくて癌(死に至る病)だとありました。まさにその通り。鬱になる前に、公私のバランスをうまくとることが老後を豊かに過ごす為にも大切だと思います。

 書店にもたくさん並んでいますが、もし電子書籍の環境があればkindle版は同じ金額でフルカラーなのでお勧めです。

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170531

2017-05-30

靴磨き

|


 最近よく靴を磨きます。先日は靴紐も新しいのに変えてみました。

 その時に口ずさむのは、昔「おかあさんといっしょ」で聞いたこの曲↓

 

D

「きゅっきゅっきゅう」相良和子作詞・芥川也寸志作曲

 リズムが靴磨きにぴったりで(^_^;)。

 

 これまで実は着いた汚れをさっと落とす程度で、靴磨きってそんなにしていなかったんですよね。精々1ヶ月に1回、気が付いたらする程度。なので、なんとなくくすんでいたんです。でも靴とかスーツもだけど、サラリーマンにとっては作業着。別に外見で威張りを効かせる必要もなく、安並身なりに気にしていなかったんです。

 もっともシャツは常にアイロンがしっかりかかったものを着ていたし、ズボンの折り目はちゃんとあるものにしています。スーツもさすがによれよれではありません。

 靴だけは安増気にしていなかったんですけど、逆に靴が綺麗に磨かれてると、朝玄関を出る時、少し前向きになれる気がします。

 その一方で、自分が靴をきれいにしていると同じように通勤電車に乗るサラリーマンの足元を見てしまうから不思議。

 もっとも、私は自分で磨いてますけど、他の人は奥さんとかが愛情込めて磨いてるんだろうなぁ、とかいやいや可愛い娘が「パパの靴あたしが磨いたよっ!」とか考えてしまう。。。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170530

2017-05-29

なんか疲れて。

|


 帰宅後そのままリビングに倒れた。気が付いたら12時過ぎ。やっぱこの1ヶ月いろいろあって疲れました。仕事は日常に戻るものの、趣味的な事には戻れないっつーのも、バランス崩れてる。

 最近血圧が高くて最高血圧は精々160程度なんですが、最低血圧が頻繁に100を超え、ちょっと心配なので医者に行き、医者の指示で毎日記録をするようにしている。記録をするようになると血圧が平常に近づいてくる。ううむ。メンタル的な事なのか…。

 いずれにせよ半世紀以上生きているわけで、ほぼノーメンテ、入院とか手術とかしたこともないんだから、ガタが来ない方がおかしい。でも、余命〇〇ヶ月ならよいけどいきなりなくなるのは嫌だなぁ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170529

2017-05-28

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」

|

 

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟(初回限定版) [Blu-ray]

 上映時以来2回目。久しぶりに観ました。

 映画で観た時は、「うーむ蛇足な物語。まぁ外伝的な感じだからいいか。ガミラス・ヤマト連合軍と蛮族ガトランティスの戦いは見ごたえあったし」と思って納得していたんですけど、改めて観ると結構よかった。

 松本零士のコミカライズで「永遠のジュラ編」という外伝があって、「永遠のジュラ編」は、往路の物語、「星巡る方舟」は復路の物語という違いはありますが、その立ち位置に近い。

 ガミラスと講和し、イスカンダルで波動砲封印の約束をして、帰路を急ぐヤマトが、正体不明の艦隊に襲われる。蛮族ガトランティスの艦隊。火炎直撃砲の攻撃を辛くも避けたものの、無理なワープで異空間に迷い込む。更に操舵不能に陥って、謎の惑星に誘い込まれる。

 探査艇<コウノトリ>で、古代進は桐生美影、沢村翔、新見薫、相原義一、アナライザーが情報収集に向かうが、ヤマトとの通信が途絶してしまう。上陸し探索を続けていると森の奥に戦艦大和の艦橋があり、中に入ると「ホテル」になっていた。そしてそこには先客が…って話。

 本編から切り離されたお話しですが、しっかりと本編のテーマであるところの異民族(異星人)との相互理解が描かれています。

 音楽も本編や、旧作からリファインされた曲(「―永遠に」の「新銀河誕生」をエンディングに持ってくるとは泣ける!)とか、エンディングテーマ「Great Harmony ~for yamato2199」平原綾香もいい曲。

 今、ノベライズを読んでいて、これがまた行間を埋める内容で良いです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170528

2017-05-27

実家の片付け

|


 ほぼ毎週、実家通いが続いています。お位牌も仏壇もまだ実家に置いていて、お留守番をしてもらっています。

 家は人が住まなくなるとどんどん朽ちていきますので、風を入れる為にも通ってないといけません。それよりもまず、父母の遺品というか生活雑貨も含めて整理をしないといけません。

 何か事あるたびに貰うハンドタオルが、40年以上溜まってます。しかも使い古したタオルも結構残っています。昔の人だから、雑巾にしてとかの為に取っておく。仕立て直した雑巾も山ほど押し入れ、箪笥にありました。いやもう捨てるしかありません。

 同じように使い古した下着、絶対着ることのない服。父も母も、とにかく物を捨てない人でした。ものがない時代を過ごしてきたから物を大切にしてたんですねぇ。昔に建てられた家なので、収納だけはすごくいっぱいあって「何かの為に」「いつか使うだろう」的に、とにかくものがあふれている。

 引き出物やお祝い返しの食器類もほとんど使われなく箱ののまま押し入れに。そのままならばリサイクルショップにもっていけばよいのだけど、だいたい箱に「〜年〜月誰々さんの〜祝」とか、自分で買ったものですら「〇〇年購入・〇〇円」とか書いてあるので、売り渡すのも気が引けるしそもそも引き取ってくれるか怪しい。

 景色のいい壺があって、「こりゃ値打ちもんか!?」と思ってよく見ると、高台の内側に「昭和41年860円」と(^_^;)。古いものだけど、こう書いてるものに何十万の価値があるとも思えません。精々数千円(^_^;)。

 貴金属も結構出てきましたが、だいたい箱だけ。これも「25万」とか書いてあるけど、箱だけで中身がどれかわからない。基本的に数千円から数万円のネックレスとか指輪とか。価値なさそうなものばかり。

 父親の引き出しには、古い小銭。これもなぁ。ピン札の2000円札が6枚出てきたので、姉貴と3枚づつ分ける。しかしなぁ2000円札使いにくい…。

 家具類は最終的に廃棄なんでしょうけど、桐たんすとかは売れないかな。 

 自分の部屋の物は片付け終わり。プラモ、雑誌、本はすべて段ボールに詰めあとは引き取りを待つだけ。プラモは全部売っちゃいます。本は古い文庫を廃棄、きれいなのは売るか…。レコードも売れるらしいのでそんなにないけど全部売ってしまおう。


 毎週帰るのは大変。こんなに実家に戻っているのは、実家を離れてから初めてかもしれない。こんなことなら親が生きているうちにこれくらいの頻度で帰ればよかったのかも、と思うけど後の祭り。それぞれの事情があるので何とも言えませんが、もし実家を離れて暮らしている人は、できる限り時間をみつけて帰ってあげるとよいかもしれません。でも私の場合は、とにかく母親が口うるさかったので、脚が遠のいていたのも事実。正直帰りたい家じゃなかった。


 そんな事情で、しばらく弓道はお休みしています。四九日過ぎるまでは物忌的な意味も含めて。ただ、少なくとも初盆くらいまでは、実家の片付け他諸々で中々平常運転は難しそう。ゴム弓くらいは引いて忘れないようにしないとなぁ。

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170527

2017-05-26

光明

|

ちょっと前の記事ですが感動したので。。


ぼくにしかできない店 できた 発達障害の15歳・岩野さんが桐生に開店 味覚生かしコーヒー豆焙煎(上毛新聞 5/5(金) 6:01配信)

 群馬県桐生市小曽根町の岩野響さん(15)が、自家焙煎(ばいせん)したコーヒー豆を販売する「HORIZON LABO(ホライズン・ラボ)」という店を、同所の水道山中腹に開業した。店のキャッチコピーは「ぼくができることから ぼくにしかできないことへ」。発達障害の一つ、アスペルガー症候群と向き合いつつ、高校には進まない選択をし、自分にしかできないことを探している。■響さんは障害の影響で空間をつかむ力が弱く、黒板の字を書き写せなかったり、運動が苦手だったりした。学校の授業と部活動の両立ができず、中学1年の10月に不登校になった。■ 物心ついた頃から、同じ調味料でもメーカーの違いが分かるほど優れた味覚と嗅覚を持つ。両親に毎日出していたコーヒーに興味を持つようになり、中学2年の5月に知人から手回しの焙煎機をもらった。一つのことに熱中する性格で、市内の伊東屋珈琲(コーヒー)のロースター、古谷哲成さんらとも意見を交わし、焙煎する時間と温度でコーヒーの味がどう変わるのかを研究した。■ 中学3年の夏に家族とタイ・プーケットの海を見て、水平線(ホライズン)のように広く自由に生きたいと思った。自分を表現できるコーヒーの研究成果を発表する形で店を出そうと決意。自宅近くの空き小屋を父の開人さんと共に改装し、4月にオープンした。■ 商品は月替わりの1種類で、グアテマラや東ティモールなどの豆をブレンドする。今月はすっきりと飲みやすい味に仕上がった。温度を上げつつ時間をかけて焙煎することで、酸味をなくして深みのある豆を提供する。鮮度にこだわり、3、4日以内に焙煎したものを販売しようと心がける。「誰がどんな入れ方や飲み方をしても楽しめる豆を提供したい」と話す。


 すべての障害者に当てはまる事ではないけど、他の子と違う状態を親が受け入れて、才能を発見し伸ばしてあげる環境を作っていくって、本人は勿論、親が立派だなぁと思います。

 普通に学校に行き、勉強や運動をする。そういうことができないと社会生活不適応者のレッテルを貼ってしまって、小さいところに押し込めてしまう。でも実は、この子のように別の才能を持っている場合だってたくさんある。「徹子の部屋」の黒柳徹子さんも発達障害だといわれていますが、タレントとして長い間第一線で活躍されています。黒柳さんの場合もお母さんの朝さんがおおらかに徹子さんを受け止めた結果、今の徹子さんがいます。

 普通なんてないし、子供100人いれば100通りの育て方がある。世間や、自分の狭い了見の中に閉じ込めないで、まずはしっかりと愛してあげること。そしてその子の為に何をすればよいかをちゃんと考えることが大切。

 結婚をして子供を産み育てるというのは、自分の持てる力で一人の人間の人生にすごく近いところで関与することができる。これは間違いなく、自分の成長にもつながることだと思う。

 響くんの珈琲屋さん、いってみたいなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170526

2017-05-25

政治のことなど。

|


 私、どちらかというと保守寄りです。

 確かに森友問題や加計問題は、大切な問題だと思います。恐らくですけど、そういう優遇的な事をやってるんでしょう。でも今それを追求する時じゃないということをなぜ野党側はわからないんだろう。

 今一番大切なのは、近隣諸国特に半島、中国の問題。それと北方領土。国民の生命、財産そして国土防衛が国としてまずやらないといけない事だと思うのです。それについて、しっかり話し合うことなく、些末な、と言っては言い過ぎかもしれないけど、政権打倒を声高に叫んで国会を空転させている野党の罪は重い。

 しかも、その気持ち的に敵対している半島中国にシンパシーを感じているような行動ばかりとる野党、その第一党の党首は自分の国籍問題すらまともに弁明しようとしない。これではどんなにいいことを言っていたとしても誰も聞く耳は持たない。

 共謀罪の反論も弱い。単に国家転覆を話題にしただけで捕まるとか、まるで戦中の特高みたいなことをいう。もしかしたら、そういう要素もあるのかもしれないけど、議論の飛躍と感じてしまう。とりもなおさず、野党第一党が中韓寄りであることを明確に否定しないから。敵に利する共謀罪廃案=成立すれば日本に利するものと思えて仕方がない。

 左翼の論客といえば昔は頭がよかったはずですが、保守論客の牙城にかすり傷すら与えられない。

 震災の被害者の傷に塩を塗るような復興大臣をすぐに罷免するというのも今の内閣の自浄作用を期待してしまう。勿論、よくないところはいっぱいあるんだけど、それでも少なくとも民進党をはじめとするしょーもない野党よりは全然いい。

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170525

2017-05-24

「邪神世界」

|

邪神世界 (河出文庫)

 半村良河出文庫

 半村良は殆ど読んでいます。これも角川文庫で読んでいる、はず。だけどさすがに忘れてるなぁ。

 

 年末ジャンボ宝くじで1000万円を当てた主人公、岩井栄介は市井の真面目な安サラリーマン。宝くじは"夢"を買っていただけだけど、それが現実になったところの描写が小市民ぽくて非常に良い。

 ところが、その後会社の友人とバーに行ったところから不思議な世界が始まる。奇妙な人物に出逢い、古代の神々の世界での戦いに巻き込まれていく。


 半村良の物語は、普通に暮らしていたサラリーマンが、あるきっかけで巨大な裏の世界の仕組みに取り込まれていく、というものが多い。

 既に亡くなって15年経ち、ほとんどの著作が書店い並ぶことが亡くなっていますが、kindleではまだ多くの作品が読めますので、ぜひ読んでほしいと思います。

 一番好きなのは戦国時代から昭和までの勅忍の歴史を描いた「産霊山秘録」。嘘つきを生業とした嘘部一族の物語「闇の中の系図」「―黄金」「―哄笑」の嘘部3部作、突然Mについた超能力のせいで国から追われる「岬一郎の抵抗」、本来100巻構想で描き始めたけど、未完に終わったムー大陸のお話「太陽の世界」、恐らく日本SFベスト10に入る大河SF「妖星伝」そしていまだに映画、漫画で再生産される「戦国自衛隊」。


 作家が亡くなると、追悼フェアで在庫一掃すると作品は本屋さんから消えます。毎日たくさんの新刊を並べないといけない本屋さん的に旧作を並べるスペースはありません。出版社にしても、旧作よりも新作を並べた方が、その後の売上に繋がる未知なる可能性があります。

 旧作については、作者が亡くなっているから、その後の校正も出来ません。そういう意味では、最近刊行された新井素子の「星を行く船」5部作完璧版のように、初出時のガジェットの古さを普遍的なものに変え、デビュー当時の間違いなどを修正して正しい文章に校正するというのは物語二永遠性を与えるためにはよい作業です。

 確かに古いい言い回し、時代背景などがありますが、それを念頭に置きつつ読むだけの価値は 半村良にはあります。 

 こうして旧作であっても忘れた頃に別の出版社から再刊されるというのもそんな理由があるからだと思います。

邪神世界 (河出文庫)

邪神世界 (河出文庫)

 

 


 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170524

2017-05-23

キスの日。

|

 kiss、baiser、接吻。

 今日はキスの日なんだそう。1946年のこの日、日本で初めてキスシーンが登場する映画である佐々木康監督の『はたちの青春』が封切されたのがその理由。演じたのは大坂史郎と幾野道子。

 初めてキスをしたのはいつの事だろう…。遠い昔過ぎて忘れた(ということにしておこうw)。情熱的なキスが似合う歳でもなくなってなんか寂しい。

 キスシーンといえば、「ニュー・シネマ・パラダイス」のラストシーンですね。

 3時間のディレクターズカット版よりも、123分の劇場公開版がお勧めです。なんでもかんでもディレクターズカット版が良いとは限らない見本のような作品です。主題が全く変わってしまってます。最も3時間版が良いという人もいるようですので、なんとも言えませんが。。

 いつまでもキスが似合う男でいたいなぁ。あ、今も昔も似合わないわ…(^_^;)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170523

2017-05-22

iQOS

|


 最近ストレス爆発(という言い訳)で、1年ぶりに正式?に復煙しまして…。とは言え1週間い一箱くらいですけど。

 で、この間リキッド充填してエアロゾルをくゆらす"VAPE"を試してみたりしました。これはニコチンタール0で、煙は甘い香りがするだけなので無害です。これでも全然問題ないのですが、やっぱタバコ吸いたいって時に、紙巻たばこに戻るのって、今の時代的にはやっぱやめた方がよいと思うんですよね。

 昔は大人になったら煙草を吸うなんて当たり前だったんですけど、今は喫煙する方が特殊な時代になった。それはそれで、喫煙所ではすねに傷を持った汚れ者たちの奇妙な連帯感を味わえるので決して嫌いじゃないんです。人間なんて強い人ばかりじゃない。みんな弱いんです。

 でも、喫煙者ばかりの会ならばともかく、一人でも非喫煙者がいる中でタバコを吸うのってやっぱ迷惑だと思うんです。だから極力吸わないようにしてるんですけど、酒が進むとどうしても喫煙したくなる。喫煙が染みついた汚れちまった哀しみです。

 そんな時に据える道具が、"iQOS"だったりVAPEだったりします。少なくとも普通の紙巻きたばこよりは害がない。

 iQOSでも許してもらえるならiQOSで、それもダメならVAPEでと、いくつかの選択肢があると、良いんじゃないかと思ってます。

(買えたのは旧タイプ)

iQOS(アイコス) 2.4 Plus ネイビー

iQOS(アイコス) 2.4 Plus ネイビー

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170522

2017-05-21

「ハーロック&トチロー 単行本未収録作品集」

|

ハーロック&トチロー―単行本未収録作品集 (チャンピオンREDコミックス)

 今更こんな本が出るなんて…。

 「チャンピオンRED」別冊付録として付いていた松本零士の旧作で単行本にまとめるほどの量のないハーロックとトチローの物語をかき集めて1冊にした本。

 「ザ・トチロー」は1979年に週刊少年ジャンプに掲載された読み切り短編。翌年「同IIわが青春のハーロック」が同じく読み切り短編として掲載されました。ハーロックやエメラルダスがメインの作品は何度も描かれているのに、トチローを主人公とした物語はこの2編のみ。2は掲載時に読みましたが、1は読んでおらず、私的にも幻の作品でした。

 キャプテンハーロックのTVシリーズをやっていた1978年にタカラが発売したおもちゃについていた小冊子まで復刻しており、松本ファンにはうれしい作品集です。

 

 1970年後半から80年前半は、松本零士ブームでした。最近の作品は??な感じですが、この頃の松本作品は勢いがあって面白かったです。

 思った以上に絵柄に古さを感じないのもこの頃の作品。これを機会に、松本零士ブーム再燃しないかな。…しないな(^_^;)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170521

2017-05-20

道玄坂cafe

|

 実家で四九日忌法要を済ませ、いつもお世話になっていた渋谷にある多目的スペース「道玄坂cafe」が残念ながら閉店、本日営業最終日ということで、家族と別れてはせ参じました。

 道玄坂cafeには、カラオケの会に行くことが多かったですが、それ以外でも人狼とか日本酒の会とかで参加させてもらってました。

 普通のカラオケではありえない全て絵付きの自作カラオケをみんなで楽しんだり、プロのPAで歌わせてもらったり、集まる人がこれまた巧い人ばかりで、ハモりが入る曲は大体バックを入れてもらえる稀有な会でした。

 

 ステージに乗って歌うのは恥ずかしいんですけど、そういう周りの"応援"を感じることができて、カラオケBOXでマイクを回しながら歌うのとはまた別の気持ちよい場所でした。

 人が集まらないとできない"人狼"もここで何度かやりました。日本酒の会も主催者の選んだ五本の酒を参加者割り勘で飲むので安くて美味しい酒をたくさん飲むことができた。

 最初に参加したのは、いつだろう。2011か10年か恐らくそこらへん。ここが出来て結構すぐから参加してたっぽい。

 4年前に東京から横浜に異動になってからは、仕事帰りによることもできず、カラオケのイベントも少なくなってちょっと足が遠のいていましたが、仕事と全く関係のないコミュニティでの知り合いができるというのは、大げさかもしれないけど、すごく大切な場所でした。

 

 最近よくワーク・ライフ・バランスということが言われますが、仕事は仕事でちゃんとやり、仕事から離れる時間をちゃんと作ることって、人生を充実させるのに本当に大切なことだと思います。

 仕事に追いまくられて仕事ばかりやっていると世界を狭めます。仕事が楽しい、仕事が趣味という人はそれで満足なのかもしれないからそれはそれで幸せなのかもしれないけど、仕事だけから見える世界はそれだけ。定年退職して会社コミュニティから切り離されてから、付け焼刃的に次のコミュニティを漁るというのも見苦しい。

 そういう意味では、自分の人生の中で大切な時間をここで得ることができました。

 ここで知り合った皆さんに感謝。

 この場所を運営していたスタッフの皆さんに感謝。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170520

2017-05-19

実家に

|

明日 49日法要のため 本当は 午後半休して 実家に向かう はずが 急な見積 依頼とかあって結局 2時間だけ 早退。

しばらく医者にも行けていなかったので遅くなったついでに 腰のリハビリに 行くと めちゃくちゃ人がいて 二時間も かかってしまった。

 結局実家に着いたのは 10時頃。

 実家の片付けはなかなか進まないけど、 逆に考えれば、もし遠距離だったりすると 思い出に浸る間もなく どんどん処分していかないといけなくなるのでそういう意味では 時間をかけて 掃除ができるのはありがたいかも。

 (自宅ではないので google音声入力で記入してみた。 完璧ではないけど 補助的には使えそうw)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170519

2017-05-18

「映画『聲の形』Blu-ray 初回限定版」

|

 

映画『聲の形』Blu-ray 初回限定版

 amazonから発売日の本日到着♪

 昨年は、アニメ映画の当たり年でした。

 知る人ぞ知る新海誠監督にやっと一般の評価が与えられた「君の名は。

 クラウドファウンテンクで資金を集めて、まさに草の根人支えられ大ヒット「この世界の片隅に

 実写映画だけど、アニメ的な演出、主人公はCGだから、ある意味アニメといっても過言ではないし監督がまんまアニメの人「シンゴジラ」

 そしてこの作品。

 

 もともとは、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞で入選を受賞、当初は新人賞の副賞として『マガジンSPECIAL』2008年12月号にて掲載される予定が、聴覚障害者に対するいじめをテーマにしていることなど内容の際どさから掲載は見送られ、以降どこにも掲載されることなく一時「幻の作品」となった。

 それが編集者の努力で掲載、読者アンケートで1位となり、リメイクの後連載そして映画化となった作品。

 聴覚障害者のいじめを扱った作品ながら、真剣に向き合う登場人物たちの姿は心を打つ。

 制作したのが安定の京都アニメーションというのも良い。

 興行収入も23億を越え、普通ならもっと評判になっても良かったんだけど、2016は大ヒット作が多かった為、さほど目立ちませんでしたが、これも2016を代表する作品だと思います。

D

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170518

2017-05-17

眞子さま

|

 秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1女子。今上天皇の初孫。婚約されるそう。

 小さい頃から知っているので、なんか親みたいな気分。お父さんの秋篠宮って学年1個下だもんなぁ。私もそういう歳…。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170517

2017-05-16

999の最終回

|


 今更ですけど、「銀河鉄道999」の漫画版の最終ページで、鉄郎が乗る銀河鉄道のバックマークが「999」ではなく「1000」になっています。手元にある人見てみてください。

 

f:id:hee:20170516212317j:image:w360

惑星大アンドロメダに到着すると、鉄郎を助けるために砕け散ったガラスのクレアのお母さん、メノウが迎えに出てきて、鉄郎は機械でできたネジになることを告げる。

 ネジになることを告げられるのは映画版999と同じですね。ただ映画版の鉄郎のシリアルナンバーは「8998989」漫画版は「1987999」(厳密には型式)。一時はネジの身体を拒否する鉄郎だけど、もし拒否すればメーテルは極刑に処せられることを聞き、ネジの身体になることを受け入れる。惑星の中心にある命の火を集めた「るつぼ」のネジとなった鉄郎。取り付ける前にメーテルはそっとネジに口づけをする。9億9千9百99万本のうちの1本となりもうどれかわからなくなる。

 メーテルは、惑星の中心にプロメーシュームと謁見、父であるドクターバンのペンダントを放り投げ、母に鉄郎とともに新しい旅に出ることを告げる。鉄郎はネジにされていなかった。もろい鋳物のネジとすり替えており、しかも口づけをすることでそれを判別できる様にしていた。メーテルはウィークポイントを作り、そこを"戦士の銃"で撃つ鉄郎。惑星大アンドロメダは、プロメシュームとともに滅んだ。

 鉄郎とメーテルは惑星大アンドロメダのホームで別れる。そして最終ページ。

 「向かいの座席にはメーテルの残り香だけが残っていた

  それがだんだん薄らいでゆくのが 鉄郎は寂しい…

  ゆらめく少年の日の陽炎の中に影を残して…

  行ってしまったメーテルを鉄郎は忘れない

  あの旅立ちの汽笛がまだ 鉄郎の耳の中で鳴り続けている

  歯を食いしばれよと尾をひいて どこまでもレールの上をついて来る…

  鉄郎は信じている

  選んで出た自分の旅がいつかきっと すばらしい終着駅に着くことを…

  そうだ 鉄郎は決して後悔はしない……

  旅はまだ続くのだ」

鉄郎の姿と宇宙を進む列車。右上に書かれているのは恐らく鉄郎の乗っている列車なので999だと思うところ。スキャンなのでつぶれていますがバックマークにははっきりと「1000」と書かれており、999号ではありません。

 これに突っ込みを入れた人っていないんですけど、これは何を表しているんでしょう…。

マーローマーロー 2017/05/19 12:10 松本零士氏は以前「999」とは永遠に「1000」にならない「未完」の象徴だとおっしゃってました。
プレートが「1000」になっているのは、一つの物語の完結を意味するものと考えます。
そして、新たな旅が再び始まるのだとも。

heehee 2017/05/28 10:11 >マーローさん
それ聞いたことあります。しかしそれを逆手にとって、エターナル編という新たな話を始めましたけど、「大アンドロメダ編」と比較しちゃうと明らかに蛇足。映画の「さよなら銀河鉄道999」よりも蛇足です。999が松本零士のピークでしたねぇ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170516

2017-05-15

安物買いの…。

|

 スマホを変えてカバーを買ったんだけど、もうなんというか慎重さに掛けるというかなんも考えていないというか。。

 最初に買ったのが機種違いで入らず。よく見て選んだはずが、全然ダメな奴でした。真偽はわかりませんが、返品は不可との事。

 次に買ったのは機種は間違いなかったんだけど、ストラップホールがないもので、ストラップを別に買いイヤホンジャックに嵌めて使っていましたが、外れやすくてやっぱり心もとない。と、やっぱり外れて失くしてしまった(>_<)。

 

 ネットショッピングってついポチっとしてしてしまって、あとあんまり振り返らず到着するのを待つだけ。慣れてしまうとすごく便利。

 本屋も結構好きなんだけど、最近明らかにリアル書店への配本は減っていて、探すのも一苦労だったりする。メーカーや商品名が分かっていて、2,3日待つのも大丈夫な商品はネットで買っちゃう。もう戻れません。

 先日買ったB2クリアフィルなんかは大きすぎてリアル店舗で買っても持って帰るのは一苦労。どうせ運んでもらうならネットショップで買おうとリアル店舗で買おうと同じ。

 ただやっぱり気を付けないといけないのは、本当に欲しいものを買うということ。簡単にポチポチするだけなのでつい軽い気持ちで買っちゃうとこういう間違いをしてしまう。

 恐らくリアル店舗は今後どんどん淘汰されてしまうでしょう。恐らく家電量販店って10年くらいでなくなってしまうような気がします。もっとも、その家電量販店も町の電気屋を衰退に追いやった張本人。時代は確実にeコマースの時代になってきているようです。でもほんと気を受けないとね。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170515

2017-05-14

「Somewhere in Time」

|


 邦題は「ある日どこかで」。5/10、NHKBSプレミアムでやってましたのを録画したのをやっと観ました。

 DVDは持っているのですが、まだ国内blu-rayが発売されていません。いい映画だし、それなりにファンはいると思うんだけどなぁ。

 BSの画質はDVDよりきれい。DVDはもうなんどもみているんですけど、やっぱりいいお話しです。

 新進気鋭の脚本家リチャードの処女作上演のパーティ会場に一人の老女がやってくる。「Come back to me」と一言声を掛け懐中時計を手渡して去る老女にリチャードは全く見覚えがなかった。

 8年後スランプに陥ったリチャードは逃げるように事務所を出て旅行に出かけてしまう。リチャードは旅先で偶然宿泊した「グランドホテル」の歴史資料展示室にあった女性に一目ぼれしてしまう。彼女は往年の舞台女優エリーズ・マッケナ出ることを突き止めた彼は、彼女こそ8年前に自分の元に訪れた老女であることを突き止める。

 彼女への想いは募るばかり。そんな時、彼の大学時代の先生で時間旅行について著された本を読み先生から時間旅行の仕方を聞き出す。そして、リチャードは、彼女のいる1912年への遡行をすることになる…。


 荒唐無稽といってしまえばそれまで。しかし特撮の一切ないタイムトラベルもので、純情な青年リチャード(スーパーマンを演じたクリストファー・リーブ)と本当に美しいエリーズ(ジェーン・シーモア)、そして舞台は居間も営業を続けるステキなホテル。あまり外国に行きたいという思いはありませんが、ここだけは行ってみたいところの一つです。

 この映画、好きすぎて、DVD、サントラ、原作本を持っています。既にDVDは絶版。私的には人生ベストテンの中に入る名画ですけど、賛否両論で男性の方が絶賛する声が多いらしいです。確かにうちのカミさんの琴線にはは触れなかったらしい。女性ってリアリストだからなぁ。

youtubeに全編ありました。すぐ消されると思いますので、未見の方はこの機会に是非。字幕なしですけど。。(^_^;)。

D


(追記)DVD再版されているようです。

ある日どこかで [DVD]

ある日どこかで [DVD]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170514

2017-05-13

遺品整理

|


 家主のいなくなった実家に帰って遺品整理。

 今の家には42年住んでいました。戦前生まれ、戦中戦後と大変な時代を生き抜いてきた両親にとってままさに城。そこにはたくさんの思い出とともに物が沢山溢れています。

 結婚をしたのが昭和37年。高度経済成長期です。「もはや戦後ではない」などといわれたのが昭和31年ですから、巷からも戦後の影が消えてきた時代です。とはいえ、物のない時代を過ごしてきた両親に消費社会はあまりにもなじまないものだったに違いありません。そうして溜まっていった生活雑貨。使えるものは捨てない。使えないもの、今使わないものもいつか使う日がくるのを待って押し入れの奥にしまい込まれました。

 また生活をするだけで大変だった時代から少し余裕ができて旅行にも行けるようになった。すると各地で思い出の品を買ってくる。北海道に行けば熊が鮭を咥えている木彫りの人形や同じく木彫りのニポポ人形。家を飾る西洋人形、日本人形、こけし…。想い出は両親のもので私には何の思いもありません。逆に小さい頃そういった人形は怖いというトラウマさえ持っていました。

 こういった思い出の品は捨てるのも躊躇してしまいます。親や姉貴が貰った表彰状もちゃんと額に入りたくさん保管されていましたが、姉貴は自分の小学生の頃の表彰状は全て捨てて構わないという。親の賞状も保管しておくほどの内容はなく、申し訳ないけどすべて廃棄。

 ものはたくさんありますが、高価なものは殆どありません。とはいえ、思い出の品ばかりなんでしょう。心を鬼にしつつ、時間と戦いながらこれからも片付けていくしかありません…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170513

2017-05-12

B2クリアファイル。

|

【グリーンウィーク】B2 ポスター クリア ファイル 収納40枚(中紙・収納ケース付)GWB2F-40

 こういうものがあるのね…。先日amazonで「なんかいいものないかな〜」とつらつら眺めていた時、ふと思い立って検索したところ、大判のクリアファイルが結構たくさんヒットしました。

 昔、映画を見ると必ずポスターを買って収集をしていたことがあります。今はかさばるのであまり買っておらず、無料でシネコンにおいてあるチラシは持って帰る様にしています。それは、100円ショップにあるA4のクリアファイルにまとめていますが、昔集めたポスターは丸めて実家においてありました。

 実家の物を引き上げてきて、仕分けしてなるべく高く引き取ってくれそうなところを暇を見つけて探していますが、まずはこのポスター類をどうしようかと思ってました。

 中学〜高校時代なので、ヤマト、さらばヤマト、永遠にはほぼすべてを網羅、スターウォーズも代表的なの、未知との遭遇や、宇宙からのメッセージもありました。珍しいところでは、999のJRや信用金庫のタイアップポスター。松本零士ブームだったので、999、さよなら999、1000年女王これは映画版だけでなくTVの番宣ポスターもあり。わが青春のアルカディア。ガンダム関係も初期3部のもの、009ポスターコレクション。丸めてあったので、広げてみても勿論折り目もなく、全然退色もせずきれいに残ってます。スターウォーズなんて1977年だから、なんと40年前。

 とりあえず40枚入りで整理したけど、もう1つは買わないと全部片付けできない。カミさんや子供たちは、大きなファイルを見て「どこにしまうのさ!」とあきれ顔…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170512

2017-05-11

「スター・ウォーズ学」

|

スター・ウォーズ学 (新潮新書)

清水節","柴尾英令 著・新潮新書

 「スターウォーズ/フォースの覚醒」公開にあたり発行された関連本。スターウォーズ前夜の米SF映画からルーカスの生い立ちまで広く浅く網羅しており、これはこれで、初めてSWに接する人には良い基礎知識入門の一つだと思います。

著者のお二人は共に1962年生まれ。私が65年ですので、3つ上。第1作からリアルタイム世代ですが、私が12歳、お二人は高校1年位で、その私でも衝撃的だったのだから、高校生の多感な時期のSW体験はすごかったと思う。同じ年齢の時に私は"ガンダム"の洗礼を受けましたが、それはまた別のお話し。

 以来、最近作「スターウォーズストーリー/ローグ・ワン」まで、基本すべて映画館で観ているくらい、私もSWの浅い信者(アニメ版クローンウォーズ、エンドア2部作は観ていません)。

 SWの魅力を考えると、しっかりと作られた世界観、魅力的なキャラクター、乗り物とあげればきりがないですが、私的には、まさに自分と一緒に育ってきたという個人的な思いがあります。毎回最先端の技術に挑戦して、世界を構築していくルーカスはすごい。ディズニー傘下になってルーカスが離れたことに不安はありましたが、「フォースの覚醒」も「ローグ・ワン」も期待を裏切らない作品でした。

 ディズニー傘下になったことで、財務状況の心配はなくなり、これから毎年SWの新作が観られるのは、ファンとしてはうれしいこと。これからどんな展開をしていくのか。恐らく完結のない物語、"お祭り"として楽しく見ていきたいなと思います。



スター・ウォーズ学 (新潮新書)

スター・ウォーズ学 (新潮新書)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170511

2017-05-10

埋蔵金発掘課長

|

埋蔵金発掘課長 (小学館文庫)

室積 光著・小学館文庫

 昨年発売された室積 光さんの最新刊。 室積さんの出身地、山口県光市をモデルにした架空の街、日照市を舞台に描かれています。日照市は財政難にあえぐ地方都市。市長が窮余の策として、埋蔵金を発掘して市の歳入に文字通り一発当てようと画策する。最初の発掘では、古銭の入ったツボを発見、中の古銭を取り出すためにツボをバット一発で破壊。ちょうど来ていたTV番組の出張鑑定団に鑑定してもらうと、古銭の価値よりも割れたツボの方が価値があったという残念な結果に。

 次の発掘では、財宝ならぬ古い人骨を発見してしまい、遂に埋蔵金発掘課は無期限の活動停止に。

 ここまでは、想定内だったため、あまり乗れなかったのですが、ここから新たな発掘先として、街はずれにある海軍工廠跡を選ぶと、そこの成立にまつわるお話に。これがかなり面白くてあとは一気に読み進められました。

 この海軍工廠跡は、山口県光市海軍工廠として実際にありますがお話しは完全にフィクション。光市海軍工廠の様子は「安芸の国から」というblogに書かれています→http://www.akinokuni.jp/g/201512hikari.html

 近くの海軍光基地からは、戦争末期に開発された有名な潜水特攻兵器「人間魚雷・回天」は出発したところ。

 ユーモアだけでなく、哀しい歴史をも描いていて、やっぱただ面白いだけじゃない、やっぱり室積光作品でした。

埋蔵金発掘課長 (小学館文庫)

埋蔵金発掘課長 (小学館文庫)

斑谷斑谷 2017/05/11 07:51 室積は、私の実家です。
回天は、発進基地ではなくて、訓練施設だったはずです。

heehee 2017/05/11 19:47 >斑谷さん
をを、ご実家ですか。
回天光基地は、仰る通り正確には搭乗員訓練と、「回天工作隊」として大型の回天四型からの生産をしていたらしいです。でも生産されたのは全部で9基のみとのこと。出発というと語弊がありますが、ここから若者が自らの命を犠牲にして旅立っていった、という意味ではやはり出発の地ではないかと思うのです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170510

2017-05-09

「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち第2章 発進篇」

|


 6月24日(土)より、全国20館にて2週間限定劇場上映の「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち 第2章発進篇」、どうせ見るので前売チケット購入しちゃいました。

 第1弾の購入特典がB2版ポスターで第1章と合わせて欲しかったんですけど、あっという間に売切れ。第2弾の前売りは、ヤマト帰還後に新造された波動砲2門を持つアンドロメダイラスト入りのクリアファイルでした。

f:id:hee:20170510001645j:image:w360

 宇宙から謎のメッセージを受け取ったヤマトクルー。旧ヤマト乗組員が謀反の誹りを受けながら、宇宙の平和のために旅立つ第2章。

 「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編として制作されている今作。第2章は発進篇ですから地球を立つところまでか。

 「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」のリメイク、というよりも、フォーマットとして、4話分約2時間を1章(第1章のみ1,2話分)として劇場公開をしているのでTVシリーズ「宇宙戦艦ヤマト2」に近い感じになる。

 「さらば―」は感動作ですが、いかんせん人が死に過ぎ。「―2199」からの続編ですから、「さらば―」と「―2」の名シーンを生かしながら、オリジナルの展開を期待します。

D

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170509

2017-05-08

財布忘れた…。

|

 GW明け。久しぶりの会社。ハンカチに携帯にスマホに定期っと。

 …財布忘れました(^_^;)。駅で気が付いたんだけど、戻ったら間に合わないのでそのまま出勤。 えと、昔から外出する時、だいたい何か忘れるんです。あーあ。

 カミさんとかは、こういう状況について、いつまでたっても成長しないとあきれ顔。

 とはいっても私、成長もしています。1日くらいはクリアできるくらいのお札をお財布以外に忍ばせておりますw

 もともと忘れなければいいんですけど、どうしても忘れることがある。転ばぬ先の杖です。

 忙しくてお金をおろし忘れてしまって、財布の中が心もとないなんていう時も使えます。

 問題は、その杖を使った時にちゃんと補充していないと、また困ったことになるということ。

 補助タンクは常にいっぱいにしておくことも大切ですw

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170508

2017-05-07

SNSとの付き合い方。

|


 義父が亡くなったのをSNSに写真付きでアップして信じられないという女性の投稿が話題になっています。

 

 総じて「そんな夫は信じられない」「空気読めない夫、酷い」「夫、無神経」「離婚していいレベル」と、夫の非常識をなじる声が大多数。

 私もさすがに写真はあげていないけど、blogには義父が亡くなった話を書いています。3年前、実父が亡くなった時も、今回実母が亡くなった時も流石に遺影はあげていませんが、位牌はfaceに写真をアップしました。

 常識で考えればこういうことも非常識になるんでしょうね。消そうかな…。

 

 feceをはじめとするSNSは、常に「楽しい話題を提供するもの」ということではないと思っています。「いいね」なんてサインがあるから、ついつい楽しそうな話題、共感してもらえそうな話題を投稿する事が良いことと思われていますが、それっておかしいと思うんです。

 人って生きていれば楽しいことばかりじゃないはず。どちらかといえば辛いことのの方が多い。それにSNSって日頃会えない人への近況報告っていう側面もあると思います。

 投稿者がどんな風な生活をして、どんなことを感じているかをネットを通じて伝える。それもSNSの大切な事だと思うのです。

 当然、この問題にあるように奥様の写真を許可なく、しかも悲しんでいるところをアップするのはやっぱり問題があると思うし、基本自分以外の人の顔は載せないようにしています。

 ネットに乗せた瞬間に拡散される危険性があることは承知していないといけないし、他人を許可なくアップすることはやっぱり問題があります。

 冒頭の問題にしても、実際にその投稿、写真を見ていないから何とも言えませんが、奥様も新聞投稿する前にご主人と話をするべきです。「合唱。義父急逝」とのみ書いて奥さんの喪服後姿をアップするのはいけないと思う。少なくとも義父との生前の親交や想い出、妻に寄り添った言葉があればここまで奥さんを悲しませることはなかったんじゃないかな。

 自分の基準が見ている人の基準と大きく乖離していることがあるので、SNSとの付き合いは難しいです。気を付けるようにしないと。。


 

 


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170507

2017-05-06

お墓参りとプレモルFes

|


 5年前に亡くなった友人の墓参り。享年51歳でもう追い越してしまった。感慨深いなぁ。

 その後故人主宰のカラオケの会(もともとそこに参加させて頂くようになって仲良くして頂いてた)がありましたが、別口で六本木ヒルズで毎年開催している「ザ・プレミアム・モルツ フェスト」に行く予定がありましたので、そちらに参加。

 「ザ・プレミアム・モルツ フェスト」は、昨年も参加しまして、「ザ・プレミアム・モルツ」「同<香ルエール>」「同<黒>」「同<マスターズドリーム」の工場直送のビールが飲み比べができるまたとない機会。しかも、マスターズドリームのみ350円、その他は200円と安い。ちょっつぃたつまみも3−500円で数品販売されており、ビール好きには堪らない企画。ここで10杯くらい飲んで、すっかり気持ちよくなりました。


 ビールを美味しいと感じるようになったのは、ここ10年位。昔はただ苦いだけと思っていたけど、メーカーや製法によっての味の違いがわかり奥深い飲み物と感じるようになりました。

 昔って、ビールといえばラガーのみでした。しかもキリンの寡占状態。勿論当時でもサッポロやアサヒもありましたが、特にここ10年くらいビールの種類が飛躍的に増えました。

 歳のせいか、甘め飲み物が苦手になって、夏の暑い日は、やっぱ炭酸飲むならビールってなりましたねぇ。苦味はありますが、料理の邪魔をしない。特に脂系の食事とビールの組み合わせは最高。

 ピザと合うのもビール、から揚げとかも合うけど、やっぱ焼き餃子にビールは、人類がたどり着いた最強の組み合わせだと思います。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170506

2017-05-05

BBQ

|


 いつもお庭でBBQを楽しませて頂いている弓友が、昨年「のどこし生BBQセット」が当選されまして、その初火入れに行ってきました。

 全長1.2mの巨大な「のどごし生」の半分がBBQグリル、もう半分がクーラーボックスになるというすぐれもの。ただ大きさが大きさなので、持ち運びはすごく大変。お庭BBQができるEさん宅にはぴったりの商品です。

f:id:hee:20170506075713p:image:w360

 葬儀以降、初めて遊びに出かけました。このGWも時間的には遊びに行くこともできたんですけど、気持ち的にどうしても遊ぶことができず、すべての予定をキャンセルして家にいました。今回、お誘いを頂いて参加をしたのですが、行ってよかったなと思います。お誘いいただいた、Eさん,Kさん、ご一緒頂いた皆さんありがとうございました。


 神道では"物忌み"という儀式があって「肉食や匂いの強い野菜の摂取を避け、他の者と火を共有しないなどの禁止事項がある。日常的な行為をひかえることには、自らの穢れを抑える面と、来訪神 (まれびと)などの神聖な存在に穢れを移さないためという面がある。」というものですが、確かに昨晩久しぶりに家族で焼肉を食べ、今日、友達とBBQグリルを囲むという、ある種物忌明け的な行動をとることができました。

 明日は5年前に亡くなった友人の墓参。こうして徐々に日常を回復させていくことで、人は死を乗り越えていく。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170505

2017-05-04

父親の誕生日。

|

 生きていれば、88歳。米寿か。。

 私、父親が36歳の時の子供で、今ならばこれくらいで結婚する人もいるから、別に珍しくもないけど、小さい頃は歳取ってるなぁと思ったもの。母親は、昭和13年生まれだから、9歳差。これも今なら別に驚くほどの年の差じゃない。

 父親が再婚だと知ったのは、父親が亡くなったその日のこと。母親は勿論、姉貴も知っていたらしい。

 父親は、私が物心つく頃から趣味は盆栽だった。自転車に乗りたての頃、まだ足元おぼつかず、庭でコケて盆栽の枝を折って、すげえ怒られたのが今でもトラウマ。晩年は好々爺になっていましたが、若い頃は本当に気性の激しい、怒ったら誰も手の付けられない父親でした。

 私が生まれたばかりの頃、京都に出張に行ってそこで事故にあった。勿論私は憶えていない。

 当時某エレベータ会社の設置の仕事をしていました。昭和40年。前年東京オリンピックがあり、東京での仕事はひと段落、次に控える大阪万博に向けて、関西方面はビル新築のラッシュだったと思う。なので、東京からわざわさ関西方面に仕事に行った。そこでの事故。

 設置していたエレベータの確認をしていた時に、カーゴが落下、下にいた父親は、腰の骨を砕き、内臓破裂で重体。当時36歳。母親と結婚して2年目。母親は27歳だった。2歳半の姉と生後半年の私がいた母親は大変だったに違いありません。

 姉貴は、母親の実家に預けられ、私は母親に連れられて当時まだできたばかりの新幹線で京都まで往復していたとのこと。約1年の入院で無事退院できたのは奇跡でした。悪運強いとゆーか。

 死線をさまよった父親の胸中について、生前あまり聞いたことがなく、先日亡くなった母親にもあまり聞く機会なく、両親ともっといっぱい話をしておけばよかったと反省しています。もう遅いけど。

 そんな事故に合いつつも84歳まで生きた父親。やっぱ戦前生まれは丈夫でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170504

2017-05-03

「ベスト・アニメ100」

|

日本で制作された約1万タイトルの作品群の中からウェブ投票でベスト100を選出するNHKの企画「ベスト・アニメ100」が3日、発表され、「TIGER & BUNNY」が首位に輝き、2位は「劇場版 TIGER&BUNNY The Rising」だった。3位には「魔法少女まどか☆マギカ」がランクインした。NHK・BSプレミアムで3日午後8時から放送された「発表! あなたが選ぶアニメ ベスト100」で発表された。(後略)(まんたんウェブ・5/3(水) 23:08 )

トップ100は以下の通り。

  1位「TIGER & BUNNY」▽2位「劇場版 TIGER&BUNNY The Rising」▽3位「魔法少女まどか☆マギカ」▽4位「ラブライブ!(第1期)」▽5位「ラブライブ!(第2期)」▽6位「劇場版 TIGER&BUNNY The Beginning」▽7位「コードギアス 反逆のルルーシュ」▽8位「カードキャプターさくら」▽9位「ラブライブ!The School Idol Movie」▽10位「おそ松さん

 11位「銀魂」▽12位「ジョーカー・ゲーム」▽13位「銀河英雄伝説」▽14位「新世紀エヴァンゲリオン」▽15位「コードギアス 反逆のルルーシュR2」▽16位「ご注文はうさぎですか?」▽17位「機動戦士ガンダム」▽18位「デジモンアドベンチャー」▽19位「PSYCHO-PASS サイコパス」▽20位「ソードアート・オンライン

 21位「CLANNAD 〜AFTER STORY〜」▽22位「ガールズ&パンツァー」▽23位「ハイキュー!!」▽24位「名探偵コナン」▽25位「氷菓」▽26位「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」▽27位「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」▽28位「進撃の巨人」▽29位「宇宙戦艦ヤマト」▽30位「少女革命ウテナ」▽31位「文豪ストレイドッグス」▽32位「テニスの王子様」▽33位「ラブライブ!サンシャイン!!」▽34位「カウボーイ ビバップ」▽35位「Steins;Gate」▽36位「夏目友人帳」▽37位「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」▽38位「星の子ポロン」▽39位「未来少年コナン」▽40位「機動戦士ガンダムSEED

 41位「けいおん!」▽42位「涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)」▽43位「天元突破グレンラガン」▽44位「ルパン三世 カリオストロの城」▽45位「化物語」▽46位「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」▽47位「響け!ユーフォニアム」▽48位「Free!」▽49位「ガールズ&パンツァー 劇場版」▽50位「Fate/Zero」▽51位「四月は君の嘘」▽52位「SHIROBAKO」▽53位「劇場版 ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ」▽54位「風の谷のナウシカ」▽55位「銀魂’」▽56位「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%」▽57位「君の名は。」▽58位「けいおん!!」▽59位「天空の城ラピュタ」▽60位「美少女戦士セーラームーン

 61位「Re:ゼロから始める異世界生活 」▽62位「Free! -Eternal Summer-」▽63位「ハイ☆スピード! -Free! Starting Days-」▽64位「家庭教師ヒットマン REBORN!」▽65位「幽☆遊☆白書」▽66位「THE IDOLM@STER」▽67位「ハイキュー!!セカンドシーズン」▽68位「ご注文はうさぎですか??」▽69位「ブサイコ100」▽70位「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」▽71位「鋼の錬金術師」▽72位「ONE PIECE」▽73位「マクロスF」▽74位「少年ハリウッド」▽75位「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」▽76位「カードキャプターさくら(第2期)」▽77位「Angel Beats!」▽78位「蟲師」▽79位「うる星やつら」▽80位「昭和元禄落語心中

 81位「K」▽82位「黒子のバスケ(第1期)」▽83位「あの日見た 花の名前を 僕達はまだ 知らない。」▽84位「HUNTER×HUNTER」▽85位「ポケットモンスター」▽86位「装甲騎兵ボトムズ」▽87位「十二国記」▽88位「血界戦線」▽89位「ヘタリア The Beautiful World」▽90位「ふしぎの海のナディア」▽91位「モノノ怪」▽92位「キルラキル KILL la KILL」▽93位「犬夜叉」▽94位「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」▽95位「電脳コイル」▽96位「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」▽97位「AKIRA」▽98位「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」▽99位「ガンとゴン」▽100位「四畳半神話大系」

 見るともなしにみていたけど、そもそも"一日3作品(同一作品は無効)投票"というルールでは、熱心なファンがついている作品が上位に来るのは当たり前で、それを「ベスト」というのには違和感がある。1,2,6位に「TIGER & BUNNY」が入るのは、やっぱりどうかなと思う。とはいえ、これまで1万作品以上のアニメが製作されていて、年代は勿論、ジャンルも異なる中で、ベスト100を決めるのは難しいので、自分の納得いく順位というのは100者100様になるに違いありません。

 コメンテイターも自分の好きな作品は熱く語るけど、知らない作品は完全いスルー。これも当たり前なんだけど、せっかく出ている氷川竜介さんに自分の知らない作品について尋ねたりする態度があれば好感度増すのになぁとも思った。

 音楽もそうだけど、こういうベスト作品を選ぶ時代は終わったのかもしれません。


 


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170503

2017-05-02

オカルト5月11日のこと

|


 来週の11日、イルミナティカードが横浜壊滅を予言していると、まことしやかにささやかれている。

イルミナティカードっていうのは、1982年に発売されたスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社のカードゲームで、本来のゲームとしてよりもこのゲームカードに描かれたイラストが、後の重大事件を予言している、としての方が有名なカード。

 今話題になっているのがこれ。描かれている後方のビルが横浜にあるインターコンチネンタルホテルに似ており、核攻撃を受けたような風景になっています。

f:id:hee:20170503082133j:image:w360

f:id:hee:20170503085642j:image:w360

 横浜の近くの在日米軍基地といえば、横須賀海軍施設とキャンプ座間、海上自衛隊と米軍が共同使用している厚木基地がある。北朝鮮とアメリカの舌戦が繰り広げられていて、北朝鮮は在日米軍基地や日本そのものを攻撃対象にすると明言している。それだけの性能のあるミサイルを持っているのか微妙だけど、なんといってもき〇がい大将何をするかわからないところが怖い。

 5月11日というのは、2015年1月の英エコノミスト誌の表紙イラストに描かれていると。

 (右下の各国首脳を見上げるアリスの足元の矢羽に11.3、11.5の数字がある)

f:id:hee:20170503084609j:image:w360

 今の勤務先、ランドマークタワーだし、住んでるのは厚木、座間近いので、実際にカード通りになったらおしまいだなぁ。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170502

2017-05-01

なんか整理がつかない感じ。

|


 クールビズだってすっかり忘れて、びしっとネクタイ締めて出社してしまった。しかも忙しくて(1週間も休んでいれば忙しいわな(^_^;))、ネクタイほどいている暇もなかった…。


 スマホが壊れてスマホカバーをamazonでポチったら、機種違い。返品しようと連絡したら、受注生産品だからダメって言われた。うぅむ。まぁよく確認しないでポチった自分が悪いので仕方ない。


 かように、思考能力が通常営業していない時の日常生活は、思いもよらないミスを連発します。自分では普通のつもりなんだけど、やっぱ弱ってんのかな。

 親の存在はうっとおしいと思っていたんです。50過ぎのおっさん捕まえて、いつまでも子どもみたいな注意をする。そりゃ、子供と親という上下関係は死んでも変わらないというのは分かるのですが、いつまでたっても半人前扱い(否、親の目には半人前に写っているのかもしれないけど)で、対等な会話は結局最後までできませんでした。

 うちの親、えらいと思うのね。父親も別に会社で偉い役職についていたわけでもないからそんなに収入も良くなかったと思う。母親も内職や家でできる仕事だけでなく外に出てパートみたいなことをやっていたけど、朝夕の食事はちゃんと作ってたし、学校行事もほぼ来てくれてた。決して裕福な家庭ではなかったけど、金銭的な面で子供に頼ることもなく、最後は墓まで自分たちで建てて逝った。父親などは墓を建てて安心したのかその2週間後に亡くなった。

 学生時代に親元から通うとか、就職や結婚してからも同居するとか、そういうのを望んでいたと思うけど、やっぱどうしてもできなかった。それは申し訳なかったか。。

 思うところはいろいろあるけど、全ては今更。後悔先に立たずというけど、後から悔やむから後悔じゃんねぇ。。

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20170501