日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2017-10-31

味がないのは味気ない。

|

 口内炎は、薬を飲むようになって痛みはずいぶん緩和されてきました。とはいえ、まだ固形物を食べると痛み、しょっぱい物、醤油とか塩とかも沁みる。温かいものも沁みる。その上、味が全くしない。完全に莫迦舌になっています。

 なんだこれ?鼻の奥の方でほんのりと香る程度。

 仕方がないのでウィダーインゼリーとかばかり食べてます。

 舌を鏡で見てみたらひび割れ起こしてました…((((・□・;)。鯖みその飾り包丁みたいな感じで下にクレパスが出来てるみたい。これが痛みの原因?治るかなぁ。

 薬飲んでるから、お酒も飲めないし、そもそもつまみ的なものが全然食べられない。

 栄養摂取の為だけの食事のいかにつまらないことか。やっぱ食って大事だよなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171031

2017-10-30

「GODZILLA怪獣黙示録」

|

GODZILLA 怪獣黙示録 (角川文庫)

大樹連司著・虚淵玄監修

 来月公開のゴジラ映画初の長編アニメ版「GODZILLA怪獣惑星」の前日譚。しかも映画は3部作になるとのこと。

 常に現代もしくは近未来を舞台にしてきたゴジラ映画ですが、今回は2万年後の超未来の地球が舞台。怪獣に蹂躙された地球を後にして他の星に移住を決意。20年かけて到着した目的地は人類が生存するのに適さない惑星で、亜空間航行でやむなく地球に向けて帰還するが、到着した地球は2万年が経っており、ゴジラを中心とした解呪の惑星になっていた。

 「−怪獣黙示録」は、地球がいかにして怪獣達に乗っ取られたかを、怪獣の攻撃に晒された人の証言をもとに構成されています。内容的には、とゴジラをはじめとした平成の東宝怪獣映画を見てきた人がにんまりとするオマージュにあふれています。後半の東宝架空メカ(名前だけのものも)の活躍はやっぱ血沸き肉踊ります。

 

 本格的なアニメーション作品になりそうなゴジラ。その露払いとしては充分な作品。本編が楽しみになってきました。

 

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171030

2017-10-29

講習会

|


でした。

最近体超絶不調で、そうでなくとも実家の片付けとかで例年に比べて全然練習できてない。そんな状況で受審するのがそもそもおかしいのです。去年の2月に受審して以来、約2年受けていない。やっぱり年1回くらいは審査受けてないと雰囲気に呑まれる可能性もあり、無理を承知で審査申し込みしちゃいました。

 審査の日はなんとか休みにしましたが、、来月は土日出勤も多く、審査の前日まで仕事。射場で練習できる日は片手くらい。学科の勉強もしないといけないし、もう本当に八方ふさがり。

 今日は久しぶりの講習会。でもやっぱり指摘されることは一緒。巻き藁だと褒められたのに的前に立つと気負ってしまい硬くなる。当然矢どころは乱れる。あーあ。

 3時間の練習で一手4回計8本だけだけど、相変わらず腰は痛く、口内炎は薬のおかげで週末よりはよくなってきてますけど、やっぱり疼痛と微熱があり射に集中できない。

 審査料払いこんでしまってるからやめるわけにも行かないし、何とか体調回復して仕事もうまく片付けて練習時間を捻出するしかないな…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171029

2017-10-28

「株価暴落」

|

 整形外科には昨日口内炎の医者と同じメディカルビルだったのでついでにいってきたので、今日はCPAPの定期問診のみ。

 相変わらず腰も痛く、夕方弓の練習に行こうとするも、あまりの痛みに断念。1か月後には審査なんだけど全然練習できない。大丈夫か。いや、大丈夫じゃないよなぁ。


 で例によってamazonプライムビデオで映画を。ほんといいわ、amazonプライム。見たいものが沢山あります。

 まずは。「宇宙刑事ギャバンTHE MOVIE」(2012年)。観ようと思って観てなかったんですよね。初代ギャバン大葉健二)が出てくると熱いけど、ストーリーが凡庸。長尺のTVシリーズを見ているよう。男女の三角関係は大人の観客向け。

他の宇宙刑事シャリバンシャイダー)も出てくるけど唐突で付け足し感満載。造形はかっこいいし、動きも悪くない。新人俳優が下手なのは仕方ないとして、ここまで盛り上がらないのは脚本の問題か。せっかくの宇宙刑事30周年なのに勿体ない出来でした。

 夕方から池井戸潤原作WOWOWでやっていたドラマ「株価暴落」全5話(2014年)を見始めてしまう。これは、まだWOWOWでしかドラマ化されていません。

 舞台は「半沢直樹」の東京中央銀行のライバル、白水銀行。取引先のGMS「一風堂」への500億円の追加融資の是非で審査部の坂東(織田裕二)と企画部の二戸が対立している。そんな中、一風堂を狙った連続爆破事件が起きる。容疑を掛けられたのは、かつて蒲田で出店反対派として活動していた文房具屋店主安岡の息子、犬鳴黄(瀬戸康史)だった。安岡は、一風堂の計略で白水銀行から融資を受けられることの見返りとして反対運動から手を引かされたが、融資は行われず倒産、失意のうちに自殺したという過去があった。一風堂では、初代のカリスマ社長の風間(竜雷太)が君臨しており、改革が遅々として進まない。このままでは追加融資などできない坂東とどんな手段を使っても融資をしようとする二戸。さて結果は…。

 池井戸ものは、勧善懲悪で正義が必ず勝つ。途中正義側が持ち直してもすぐに悪側が立ち上がり、絶体絶命の中最終回にもつれ込み、最後の10分で完膚なきまでに悪側が正義側の打ちのめされる。この爽快感。ワンパターンとしりつつ、池井戸作品がドラマ化されるのは、この勧善懲悪劇が好まれるからではないかと思います。どんな苦境であっても最後ハッピーエンドが約束されているドラマは、遊園地のお化け屋敷やジェットコースターと一緒。ハラハラドキドキするけど安心してみてられます。

 TBSで放送中の「陸王」もまだ第1話だけですが相変わらずの池井戸品質。原作読んでいないのでこれから楽しみです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171028

2017-10-27

口内炎酷い。

|

 今週頭くらいから、口内炎ができて全然治らないどころかどんどん酷くなってきた。口の中全体がひりひりと痛くて、固形物が食べられなくなり、おとといくらいからウィダーインゼリーとかしか喉を通らなくなった。飲み物食べ物にかかわらず、少しでも温かいもの、塩辛いものはすべてダメ。昨日などはチョコレートも沁みるという異常事態。微熱もあり流石にまずいと思い、午後半休を撮って医者に行くことにしました。

 先生の見立てでは、恐らく風邪のウイルスのせいだろうということ。喉とかに影響が出ると声が枯れたり、扁桃腺が腫れたりしますが、それが手前の口腔内でひろがっちゃったというか、そういうものみたいです。

 

 とりあえず1週間分、沢山薬をもらいました。まずは痛みがなくなってくれないと満足に物が食べられないので、早く治って欲しいもんです(>_<)。

 

すずむし’64すずむし’64 2017/10/28 12:10 自分も似たような症状になった事あります。
舌とかも荒れちゃって通常の食事が
全く出来なくなっちゃって体重も
1週間で5kgは落ちたかな・・・(ーー;)
明らかに頬がこけてましたし。

とにかくお大事に・・・m(__)m

heehee 2017/10/29 20:38 >すずむしさん
どんどん酷くなっていくんで、焦りました(^^;)。薬を飲んでから痛みは緩和されてきてもっと早く医者に行けばよかったですお酒飲みたいけど痛くて辛い物たべられないので、それがつらいですw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171027

2017-10-26

なんか満身創痍

|

外傷じゃないんだけど身体が悲鳴を上げてる感じ。

昨日寝てたら足がつる兆候で起きた。対策もむなしく激痛。それがいつものふくらはぎじゃなくて太腿。太腿が釣ったのは初めてで、ふくらはぎだと足の指を曲げて足を伸ばすとか対策があるけど太腿はどーしたらいいのかと考えているうちに悶絶。

 今週に入ってから、口の中に口内炎ができた。それがどんどん増えて口中が痛い。固形物が食べられなくて、今日の昼食はウイダーインゼリーと野菜ジュース、ヨーグルト。口内炎は昔はよくできたんだけど最近はあまりなくて、しかもここまで酷いのは人生初。

明日、仕事の様子をみて、いけそうなら医者に行くことにしよう…。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171026

2017-10-25

投票率

|


 総務省が23日発表した衆院選の投票率は小選挙区比例代表ともに53.68%で、戦後2番目に低かった。投票率がこれまでで最も低かったのは2014年の前回衆院選で、小選挙区が52.66%、比例代表が52.65%だった。期日前投票の投票者数が過去最多となったものの、投票日当日の投票率が伸びず、全体で約1ポイントの上昇にとどまった。■ 投票日当日の有権者数は1億609万1229人。期日前投票をしたのは有権者の約5人に1人にのぼった。台風21号の接近に伴い気象庁が期日前投票を呼びかけたほか、衆院選で5回目となる同制度が定着したこともあり事前に投票する人が増えたが、投票率は10都府県で前回を下回った。■ 現行の小選挙区比例代表並立制で最も投票率が高かったのは09年衆院選の69.28%(小選挙区)。その後は2回連続で最低を更新していた(2017/10/23 12:15 日本経済新聞

 こないだの日曜日の衆議院議員選挙の投票率は、戦後2番目に低かったそう。戦後最低だった前回よりは増えたらしいけど、こんなんでよいのかなと思う。

 東京株式市場で日経平均は15日続伸。連続上昇日数で歴代最長を記録した。経済は好循環のようだけど、労働者の収入は上がらない。バブルの時期のように、先を争って金を使う、使った金は稼げばいい的な感覚はない。庶民はいつ首を切られるか戦々恐々で、収入は貯蓄に回す。貯蓄できれば良いほうで、だいたい右から左に出て行ってしまう。

 デフレなので物は安いんでしょうけど、収入が追い付いていないから安いという実感なく、その上増税ばかり話題になる。受講喫煙の問題とか言われて、たばこ増税をするのはまだわかるけど、健康被害的には迷惑をかけない非燃焼式タバコまで増税しようとする。これって、ビール税が上がるからと発泡酒を作ったら発泡酒まで増税する構図にそっくり。結局、取れるところから安易に取ろうとしているだけ。

 本当にいいの?社会に対する不満はみんな多かれ少なかれ持っているはず。なのに、その自分の意見を唯一反映できる選挙になんで行かないんだろう。今回投票しなかった46%の人が全部野党に入れたら政権ひっくり返ります。与党の安定多数は、近隣諸国の暴走を食い止める意味でも仕方がないことですが、反対勢力がしっかりと機能してこその国会です。それにしても今回は野党側が莫迦すぎでした。

 小選挙区になって、選ぶ人がいないという意見も多かったです。この人を国会に送りたいという人がいなかった。であれば、少なくとも比例代表だけは投じても良かったかと。

 選挙に行くことは義務じゃないから行かない選択もありですが、いい大人が「私は選挙にいきませーん」というのは、どんなに言い訳をしても社会に対して興味がない半大人といわれても仕方がないと思います。

 選ぶ人がいないのなら、自分で立候補すればよい。選挙に出てみんなの代表になる資格(被選挙権)だって持ってるんです。自分たちの代表者を選ぶ選挙。立候補者たちがどんなことを言い、どんな行動をしているのか。それをちゃんと見極めて、100%同じ意見ではなくとも、自分の考えを仮託できる人を選ぶ投票行動は民主主義の基本です。

 

えりこえりこ 2017/10/26 20:35 投票率は80%超え。選挙カーもなく、広場や決まったブースで演説。お金持ちや二世、有名人でなく、普通の人が政治家になれる北欧は、政治に関して日本より進んでると思われますね。大臣とか昼休みに繁華街のレストランでランチしてるみたいだし。

heehee 2017/10/28 08:28 >えりこさん
北欧ってすごいですね。消費税25%、物価が高いとかでも文句も言わない国民は、税金が高いからこそ、国民一人ひとりがその使い方に興味を持って政治参加をしているからなんでしょう。政治家と役人は国民に寄り添い働くからこそ、高い税金でも納得して払う。いい大学に入る為に勉強をする、政治家になる為に選挙に立候補する。構図は一緒。もっと国民目線で何が正しいか、よく考えて政策を考えてほしいです。それをしっかり監視するのが一票を投じるものの責務ではないかと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171025

2017-10-24

「交渉人・籠城」

|

交渉人・籠城 (幻冬舎文庫)

 五十嵐貴久著・幻冬舎文庫

 警視庁特殊捜査班に所属する交渉人遠野麻衣子を主人公としたシリーズ第3弾。今回は、自分の経営する喫茶店に客を人質にとって籠城した犯人との交渉。犯人は3年前に娘を惨殺された男。交渉の中で男が要求したのは、娘を殺した犯人を連れてくることだった。

 酒鬼薔薇事件(神戸連続児童殺傷事件)、光市母子殺害事件、名古屋アベック殺人事件、女子高生コンクリート事件、私立サレジオ高校で起こった同級生による惨殺事件(川崎市中1男子生徒殺害事件、「心にナイフをしのばせて」のタイトルでノンフィクションが出ています。)…未成年による凶悪殺人事件が、これまで幾度となく起きています。

 少年法に守られた未成年者の犯罪では、事後の更生を念頭に置き、加害者の人権は徹底的に守られますが、果たして本当に更生の余地があるのか疑問だったりします。未成年であろうとなかろうと、人を殺したらそれなりの罪は償うべきで、少年法に守られていることを理解し、それを逆手にとって犯罪を犯す未成年には、厳罰を処すべきだと私は思います。

 その一方で、被害者についてはマスコミによって好奇の目に晒される。最近は被害者保護の考え方も随分浸透してきましたが、法整備されているわけではないので、マスコミの自主性に任されている面が大きいのも事実。そういった意味では、籠城した男の気持ちによりシンパシーを感じて、警察側の立ち位置で読むことができなかった。

 単行本が出たのが2010年。今から7年前のインターネットの環境が思い出せないのですが、今ならこんな事件を起こさなくとも、少年法の欺瞞を告発するやり方はいくらでもあるような気がします。作中でも「興信所に娘を殺した少年を探させたが見つからなかった」とありましたが、興信所の能力をもってすれば少年の行方なんてさほど難しい部類の仕事ではないんじゃないかなぁ。TVで訴えたいという手法は、既に過去のもの。個人が発信する手段はいくらでもある。

 

 結論が出せない少年法の問題。否、心情的には少年法による加害者保護は犯罪の質によって成人同様の刑罰に処すべきだと私は思います。

 更生の余地があるかどうかも非公開の家裁で決定するのではなく、ちゃんと公開裁判で行えばよい。悪いことをしたら罰せられる。償いをしなければならない。子供であろうともそれは当たり前。1度の過ちで人生を棒に振るのがかわいそうっとか言っているから、出所後再犯したりする。場合によっては極刑、厳罰に処すべきです。

交渉人・籠城 (幻冬舎文庫)

交渉人・籠城 (幻冬舎文庫)

S子S子 2017/10/25 02:20 刑事処分可能年齢の引き下げは段階的に行われているものの、実名報道の禁止等で加害者はまだ少年法に守られ過ぎていると私も感じます。
殺人を犯した者の将来に配慮してやる必要などあるのでしょうか。被害者にも希望に満ちた未来があったはずです。被害者の人生を奪っておきながら「更生した」として簡単に社会復帰が許されていいのでしょうか。
被害者遺族の気持ちを考えると、更なる少年法の改正(厳罰化)を願わずにいられません。

S子S子 2017/10/25 03:15 ただし壮絶ないじめに対する報復殺人などのケースはまた別です。が、heeさんの挙げていらっしゃる事件の犯人に関しては情状酌量の余地はないと思います。

heehee 2017/10/25 06:08 >S子さん
年齢にかかわりなく、他人の人生を奪った者はそれ相応の責めを負う必要があると思ってます。如何に更生しようとも被害者は戻らないし、被害者を愛する人たちのこころは癒えることない。虫を殺すように人を殺めるような者は年にかかわりなく厳罰にすべき。
いじめの報復や、少年ではないけど、介護疲れの末の尊属殺人などは、同じ殺人であっても質が違うと私も思います。
改正は進んでいますが、13歳以下は今でも刑事罰は受けません。中学校1年生でも意識的に殺人をする子はいます。子どもといっても成人同様の刑事罰をすべきだと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171024

2017-10-23

台風一過

|


 関東直撃というから会社休みを期待していたんですが、電車は遅延なく動いていたのでいつも通り出勤。それどころか、学校が休みだったせいか、いつもより早く会社に着くというおまけつき。

 午前中で台風は過ぎ去り、午後は久しぶりの快晴。秋晴れ。ここのところずーっと曇天、どんよりしていたので気持ちの良い昼間でした。外にはほとんど出ませんでしたが…(^^;)。

 不謹慎ですけど、台風にしても地震にしてもワクワクしてしまう。実際に被害にあったりしたらそれどころではないでしょうけど、閉塞した状況をリセットしたい気持ちがどこかにあるのかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171023

2017-10-22

「SPACE PIRATE CAPTAIN HERLOCK OUTSIDE LEGEND 〜The Endless Odyssey〜」

|

Captain Herlock (Albator) : The Endless Odyssey - Intégrale - Edition Gold (4 DVD Livret) [import] [PAL]

松本零士の代表作「宇宙海賊キャプテンハーロック」は、何度もアニメ化されています。

1978年TV朝日「宇宙海賊キャプテンハーロック」が最初のアニメ化、次が劇場版「銀河鉄道999」(79)「さよなら銀河鉄道999」(81)での客演、その次が「わが青春のアルカディア」(82)でハーロック1世から3世までを映像化。その続編としてのTVシリーズ「わが青春のアルカディア 無限軌道SSX」(82年10月-83年3月)、OVAを挟み、久しぶりのTVシリーズ「SPACE PIRATE CAPTAIN HERLOCK OUTSIDE LEGEND 〜The Endless Odyssey〜」があって、CGアニメ「キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-」(13)が最新のハーロックの映像化。それ以外にも西部を舞台にした「ガン・フロンティア」(OVA)とかあります。

 漫画では現在作画がお弟子さんになっている「宇宙海賊キャプテンハーロックー次元航海ー」としてリメイクされています。今年は最初の「宇宙海賊―」漫画連載からちょうど40年なんですね。


 03年の「SPACE PIRATE CAPTAIN HERLOCK OUTSIDE LEGEND 〜The Endless Odyssey〜」は2003年に深夜アニメとして久しぶりに放送されました。放送時は全然事前情報を仕入れていなくて、しかも1クール13話だったのであっという間に終わってしまい、ほとんど見ていませんでした。

 作画は劇場版「銀河鉄道999」に近く、”これは面白いかも?”と思っていたので、いずれDVDで見ようと思っていたのにいつになってもレンタルされず、DVDは単品全13巻では食指も伸びずそのままになっていました。

 監督は78年のりんたろうさん、キャラクターデザインは「宇宙戦艦ヤマト2199」や「地球へ…」の結城信輝さんでした。

 今日は台風接近で終日土砂降り。昨日の夜にamazon見てたら、海外版の「―OUTSIDE LEGEND」が1900円と激安。PAL方式なんで、プレイや―では観れませんがPCだったら見れるし、日本のNTSC方式に変換するか、最悪PAL方式再生できるプレイヤー買っても日本盤買うより安いと思い衝動買い。日本のDVD/Blu-Rayは、なんであんなに高いんだろう…。

 お話しは、78年版の続編ですが、設定が随所で異なっているため同じものとしてみると違和感を感じます。

 松本作品って作品毎に設定が異なるので、まったく整合がとれません。なので、"似たような別の話"と考えないと混乱します。40年前の78年版がオリジナルキャラクターも含め好きなのですが、今回もりんたろう版の最新のハーロックストーリーと思えば楽しめます。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171022

2017-10-21

期日前投票

|


 行ってきました。明日の投票日、天候も心配だし、弓の練習にも行きたいので早めに済ませようと、投票案内を今週ずっと鞄の中に入れて出勤していましたが忙しくて行けず、やっと今日行けました。

 同じことを考えていた人が多かったのか、長蛇の列。まるでTDLアトラクションのよう。投票まで40分待ちという声。なんとも意識の高い住民が多いことです。

 選挙って、自分がこれぞと思う人を代表として国会に送り出す大切な行為だと思います。選挙権を得るために昔の人は血のにじむような努力をしてきました。やっぱりそれを無駄にしてはいけないと思います。

 「自分が投票してもしなくても大勢に影響はない」といって投票しない人が多いですけど、そういう人が対立野党に全員投票すると政権ひっくり返っちゃいます。たかが1票、されど1票。自分が投じた候補者が、当選するか落選するかは一票々々の積み重ねでしかありません。

 選挙に行くと、選挙特番が面白く見れます。選挙の時ってTVが全て特番に代わってしまって、DVDとか観るのも良いのですが、選挙の趨勢をタイムリーに見るのってスリリングです。当選するといわれていた人が予想に反して落選したり、普段聞けないようなことをずばずば切り込んでいく池上彰さんの特番とか、党首の本音が聞けるのも興味深いです。

 台風が近づいていますので大変ですけど、投票行くとよいと思いますよー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171021

2017-10-20

しかし、この寒さ。

|

10月も後半だから、寒くなるのはいつもの事ですが、それにしても今週は寒かった。更に先週末からずっと雨続き。ウィークディの昼間の雨は外勤の時本当に嫌になります。

会社が置き傘禁止なので、長傘よりも折り畳み傘を使うのも嫌。携帯には良いのですが、どうしても折り畳み傘の方は長傘より小さいし風に弱い。

雨が降らなければ、作物は育たないし、何より飲料水が確保できないので、雨は必要。21世紀になっても自然現象に頼らないといけないっていうのもなんか脆弱だなぁ。

更に今週末から来週にかけて巨大台風が列島縦断。これまた本当に大きな台風に育っていて、危険な感じ。会社は電車が止まったりしたら落ち着くまで出社は控えるように通達されてました。ホワイト企業で嬉しい。

台風にしても地震にしても、津波、噴火、日本列島は自然災害の宝庫です。日本の、世界に冠たる経済大国、思いやる国民性はそういう自然災害というものが常に身近にあって、助け合わないと生活できないっていうのもやっぱりあるんでしょうねぇ。

 そんな中、台風上陸の関西方面に旅行に行く娘。卒業を前に最近狂ったように遊んでいます。…大体卒業できるのか??


 いずれにしても台風、気を付けましょう。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171020

2017-10-19

「昭和40年男 増刊 夢あふれていた、俺たちの時代vol4」

|

俺たちの時代(4) 1980-1982 2017年 11 月号 [雑誌] (昭和40年男 増刊)

 「昭和40年男」の増刊も4冊目。今回は 1980-1982。高校3年間中学3年の卒業から高校3年の12月まで。多感な時期でした(^^;)。

昭和55年は

ジョン・レノン殺害/宮崎美子のCM/クリスタルキング『大都会』が大ヒット/沢田研二『TOKIO』/荒木大輔フィーバー/映画『野獣死すべし』公開/巨人軍・長嶋の退任と王の引退

昭和56年は

オレたちひょうきん族』放送開始/なめ猫ブーム/神戸ポートアイランド博覧会 開催/千代の富士横綱昇進/パイオニアがレーザーディスク発売/ロッテ『雪見だいふく』発売/『なるほど!ザ・ワールド』放送開始/寺尾 聰『ルビーの指環』昭和57年

西武ライオンズが日本一/一風堂『すみれSeptemberLove』/映画『汚れた英雄』公開/甲子園で池田高校優勝/M・ジャクソン『スリラー』/映画『転校生』公開


私的には、上の特集も気になるところですが

昭和55年は腐ったミカンの方程式の「3年B組金八先生 第2シリーズ」「熱中時代(第2期)」「池中玄太80キロ

昭和56年は、「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」の年でした。

昭和57年は、500円硬貨は初めて出た年。ホテルニュージャパン火災。あみんの「待つわ」、薬師丸ひろ子セーラー服と機関銃近藤真彦は「ハイティーン・ブギ」「情熱・熱風・せれなーで」「ふられてBANZAI」ザ・ベストテン全盛期でしたね。ガンダム3部作の最終編「機動戦士ガンダム? めぐりあい宇宙編」が3月なので高校2年生、同じ3月に「1000年女王」もやってましたね。

 一番アニオタだった時期でしたねぇ。つーか、本当にアニメブームで今でも続くエポックメーキングな作品やどんどん出てきた時代。平井和正を中心とした日本SFを読み倒していたのもこの時期。うぅキモイ。完全にオタクです。今から考えれば、せっかくの高校時代、アニメなんかにハマらないで、女の子と遊んだり部活も一生懸命やったりすればよかったなぁ。生まれ変わったらそういうまさに"青春"って感じの高校時代を過ごしたいものです。

何しろ世間の流行り事よりもアニメ・漫画・SF漬けの3年間だったので、それ以外はあんまし記憶になく…。そういうほろ苦い時代を思い起こさせる今回の増刊でした((((^^;)。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171019

2017-10-18

「幻魔大戦Rebirth」第6巻

|

幻魔大戦 Rebirth (6) (少年サンデーコミックススペシャル)

平井和正石ノ森章太郎オールスターの幻魔大戦も早6巻。

 主要人物としてミュータント・サブ(風田三郎)が出て来たり、サイボーグ009の001(イワン)が出て来たりする。その他石ノ森作品の超能力者が少年マガジン版の最後に出てきたけど、今回はそれぞれが活躍して見ごたえがある。後半真幻魔第3部の"犬の帝国"が舞台になったり、009の地下帝国ヨミ編のトカゲ人類の"ザッタン"、街を砂漠に変える砂幻魔ともうなんだかしっちゃかめっちゃか(^^;)。相変わらず東丈は失踪中ですが、失踪先の様子が描かれているのは興味深い。

 風田三郎(サブロウ)は原作"イナズマン"の変身前の青年も同じ名前だけど、イナズマンは一応超能力者なので、出ないかなぁ。少年マガジン版幻魔の最終回ではさるとびエっちゃんも出てきた。こうなったらエっちゃんも出てきてほしいぞ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171018

2017-10-17

「風俗依存症―私が本当の居場所を見つけるまで―」

|

【文庫】 風俗依存症―私が本当の居場所を見つけるまで― (文芸社文庫 お 2-1)

大庭 佳奈子著・文芸社文庫

著者の大庭さんは、10代で家出をし、スカウトされグラビアアイドルに。その後キャバクラ、ヘルス、そしてソープと絵にかいたような風俗遍歴をする。

「風俗依存症」というタイトルから、風俗にハマった男の話かと思った(^^;)。

どこのお店でも常にナンバーワンを目指し、事実ナンバーワンになっていくのは、すごい。なんの才能もないから風俗しでしか働けないと卑下していますが、どんな世界でもナンバーワンになるのは単に才能だけではない。

ソープで、タオルをちゃんと畳むとか、興味のない映画を見たり、本を読んだりするのも、お客さんに合わせた会話をするための基礎知識だったという。プライベートでは好きな香りの香水をつけるけど、仕事に出る時は源氏名を使い、好きではない香水をつける。

 こんな生活はよくないと、何度も店を辞め別の仕事に就くがすぐにソープに戻ってしまう。そんな彼女を病魔が襲い、そこで知り合った人と結婚をすることに。

 風俗の世界に入るのは簡単だけど、そこは蟻地獄のような世界。常に戻りたいという誘惑にかられるそう。それはそうでしょう。1回9万円、月収500万円のまさにあぶく銭。若さと美貌を切り売りして得た代償にしては子宮癌は重すぎる。

 職業に貴賎なしというけれど、風俗やAVはどうしても色眼鏡で見られるし、もし自分の彼女や妻が性産業にいたということ知ったら平然としているられる自信はやはりない。 

 これだけAVが氾濫して、ソープやヘルスだけじゃなくキャバクラその他風俗産業がそこかしこにある今、通勤電車の隣にいるOLがそういう秘密を隠し持っているのかもしれない…。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171017

2017-10-16

レンタルビデオの終わり。

|


 TSUTAYA新百合ヶ丘店が来月21日をもって閉店するらしい。駅に隣接した商業ビルの中にあって、結構活用させて頂いていました。

 ここが出来てからというもの、月1回は100円レンタルを頻繁に行ない、近隣のレンタルビデオ店はどんどん閉店に追い込まれて、今はここがあるだけ。大資本の強さをまざまざと見せつけられた気がしましたが、その店もとうとう撤退。

 レンタルDVDは比較的よく利用していました。新宿勤務の頃は品揃えの良い新宿TSUTAYAによく行っていましたね。最近はGEOの郵送レンタルが主。でも録り貯めたTV番組の消化も追いつかず、Amazonプライムでも見たいものが結構あるので、レンタルしてまで観たいものは最近は少なくなりました。

 レンタルって返さないといけないので面倒です。今はどうしても見たければ、ネットストリーミングで借りることもできます。実際物理メディアでの貸借は過去のやり方なのかもしれません。

 駅に隣接したテナントでそれなりの広さが必要なレンタルショップで家賃人件費を負担して経営していくのは大変なはず。撤退もやむなしかもしれません。

 それにしてもここのTSUTAYAは、利用客はそこそこいたはず。それでも撤退ってことは利用者激減していたんでしょうかね。

 数年前から、店員の質が目に見えて落ちてました。単純に作品をタイトル五十音順に並べたり、恐らく映画好きの店員はいなかったんじゃないかな。

 レンタルDVDショップって店主、店員の個性が出る場所だと思います。ここのTSUTAYAが閉店に追い込んだビデオ屋さんで、プロレスビデオが妙に充実していたところとか、あまり見かけない作品を並べていたり、作品を監督順に並べたり、女優俳優コーナーを作ったりそういう事ができるのがレンタルショップ経営の醍醐味。確かに広くお客さんを集めるには売れ筋の作品を集める方が良いのでしょうが、私的には、ここ数年のこのTSUTAYAは物足りない店でした。その点、新宿TSUTAYAは、DVD化されていない作品はビデオで品揃えしていたり、絶対に映画とかそれぞれのジャンル好きの店員を集めている稀有な店舗です。


 ネット配信が主流になるにつれ、レンタルビデオの時代はもうすぐ終わるんでしょうね。

 CDが売れなくなったのはレンタルショップで低料金で貸し出すようになったから。DVDも以前に比べて格段に安くなり、洋画なんて1000円も出せばblu-rayが買える。そして返しに行かなくていいネットストリーミングでのレンタル。これでは実店舗でのレンタルショップはなくなるのはそう遠くありません。

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171016

2017-10-15

月例会

|

 月例会であることをすっかり忘れて、ぼーっと行ったら開始5分前くらいで焦った。しかも今回は初代会長名杯記念月例射会だった。

 そんな状況なので入賞に絡むことなく、爆沈。こんな調子で来月の審査大丈夫か??

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171015

2017-10-14

「流星ひとつ」

|

流星ひとつ (新潮文庫)

沢木耕太郎著・新潮文庫

藤圭子と若き沢木耕太郎との"インタビュー"を、地の文を一切排除してすべて会話文で表したノンフィクション。

インタビューが行われたのは、引退を決意した直後の1979年秋、ホテルニューオータニ40階のバー・バルゴー(現在は名前が変わっている)。ウォッカトニックを傾けながらロングインタビューで、最初はインタビューに懐疑的な藤圭子が、徐々にその生い立ちから引退までを語りだす。

脱稿した後、このインタビューが今後藤圭子が復帰することになった時の妨げにならないか危惧した沢木自身により封印され出版されることなく、1冊のみ製本されて藤圭子に渡された。そして2013年突然自死を選んだ藤圭子。その2か月後、34年の封印を解かれて出版されたのがこの「流星ひとつ」というインタビュー集です。


 藤圭子の引退が、ポリープだと思い切除した喉の腫瘍が、先天性のものであってその腫瘍そのものが藤圭子の"声"を作っていた(と藤はいう)。その手術によって藤圭子は切除前の声をなくしてしまい、唄えなくなったことが原因だということ。

 沢木耕太郎と恋愛関係にあったという話もありますし、沢木自身もお互いに恋愛感情があったと言っています。藤圭子自身はそもそも多くを語るタイプではなく、そのおかげでゴシップのネタにされて彼女自身について誤解されて広まっている。このインタビューは、彼女の本質に、彼女自身の言葉で迫っている。まるで読者が、2人の隣のスツールに腰を掛けて聴き耳を立てているような不思議な感覚を味わく事ができます。

 1969年デビューで「圭子の夢は夜ひらく」が1970年、以降79年に引退ですから、私的には4歳から14歳まで、後半はあまり記憶にないので、小学生の頃母親と見ていた歌謡番組での記憶が殆どだと思う。

 歌はうまいなとは思っていましたが、怨歌とよばれた歌詞にそれほど惹かれることはありませんでした。というか大人の世界過ぎてわからなかった。今となっては歌詞の世界も含めていいなぁって思います。藤圭子の顔や佇まいは好きでしたねぇ。私のお人形さん顔(アンドロイド顔とも)好きの元祖といっても過言ではありません。

 沢木耕太郎31歳、藤圭子28歳。ホテルのきれいな夜景の見えるバーで語る2人。「深夜特急」の旅を終えて、浅沼稲次郎刺殺事件の山口二矢について「テロルの決算」で上梓したのが30歳、まさに新進気鋭のノンフィクションライター。引退を決意した藤圭子にどこまで迫れるか、沢木耕太郎の"野心"も感じる。

 プロとプロの掛け合いを隣のスツールに腰を掛けて聴き耳を立てているような背徳感。

 

 本書で描かれている歌い手としての悩みは読んでも本人にしかわかりませんが、できればいつまでも歌い続けて欲しかったし、宇多田ヒカルとの親子共演なんてのも見てみたかった。本当に残念です。

流星ひとつ (新潮文庫)

流星ひとつ (新潮文庫)

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171014

2017-10-13

図書館で新刊を貸借することの是非

|

 「図書館で文庫貸さないで」文春社長がお願い」

 国内の図書館関係者が集まる全国図書館大会が13日、東京都内で開かれ、文芸春秋の松井清人社長は、都市部の図書館での文庫本の貸し出しが目立っているとして、「図書館は文庫の貸し出しをできればやめていただきたい。これはお願いです」と述べた。■松井社長は分科会で、文庫の売り上げが2014年以降、毎年6%程度落ち込んでいるという出版科学研究所のデータをあげつつ、自社の収益の3割以上を文庫本が占めると説明。単行本刊行などでかかった費用を、文庫で回収していると明かした。貸し出しをやめても「一気に売り上げが回復するとは思わないが、文庫くらいは自分で買うというマインドが作られることが大事」との意見を示した。(10/13(金) 22:37配信)

 

 佐野 眞一著「だれが「本」を殺すのか」が出たのが2001年。それから16年経って、更に出版不況は抜本的な対策を打たず、出口の見えないトンネルを進んでいます。街の書店はどんどんなくなり、大型書店ですら店舗を減らしています。私も以前は週1は本屋に行っていましたし、学生の頃はほぼ毎日通っていました。そんな私も、最近でネットで買う方が多くなって来ています。

 この本では、書店、流通、版元、地方出版、編集者、図書館、書評、電子出版が、相乗的に本が売れない状況を作り出しているという事を説明していました。

 BOOKOFFで買っても著者や版元には還元されない。

 在庫のない本を本屋に注文お取り寄せをしても何週間もかかるけど、ネット書店に頼めば翌日、最近では当日配達すらしてくれる。電子書籍であれば、ダウンロードすればすぐ読める。

 図書館で新刊が借りられるなら、手元に置いておきたいような本でもなければ、買わずに借りてしまう。

 私は、図書館をあんまり利用しません。単に返しに行くのが面倒だからなんですけど。

 本は原則買いますが、新刊は半分くらい、年に50冊程度。半分はBOOKOFFで買うことが多い。

 最近は新刊書店に旧作が余り置いていません。なので、BOOKOFFで買うことがどうしても多くなる。版元在庫もない場合、amazonとかネットでも古書を買うことがあります。

 新刊は続々と出て、書店で平置きされますが、それも1ヶ月程度、長くても2ヶ月くらいで、気が付くと書店から消えて買えなくなってしまいます。特にそれほど人気のなかったコミックスの最終巻は平置きすらされずに入手しようと思った時に書店で手に入れることができないなんてこともしばしば。

 図書館での貸し出しが文庫が売れなくなった原因かどうかというと、正直それだけではないと思いますが、少なくとも一因であることは事実と思います。

 図書館に置くのは新刊でなくても良いのではないかと。1年くらい経ってからでも本の価値は下がらない。それよりも手に入れられなくなった本が図書館で借りられる、閲覧できるということこそ図書館の価値ではないかと思います。

 そういった意味では、文芸春秋社長の言い分はよくわかります。図書館で文庫を貸し出すなというのも、図書館は貸本屋ではないのだから、その通り。

 異論はあると思いますが、図書館は、文化の担い手として、単に利用者増を求めるのではなくて、文化財保護的観点で仕事してほしいなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171013

2017-10-12

家族それぞれ。

|

 長男は遅い夏休みで一人旅に出かけました。

 娘は週末から"卒業旅行"と称して初の海外に行くそう。

 カミさんに「週末は何するの?」と聞くと「マンドリンの練習」と。最近、楽団に入り、課題が沢山らしい。

 私はお医者さんと、来月の昇段審査に向けて弓の稽古。来月はほぼ毎週末仕事。審査前日もお仕事確定して、これから射場での練習は数えるほどしかできない。大丈夫か??


 子どもたちも大きくなって、家族それぞれ自由に活動している。お互いに干渉することなく、みんながみんな趣味を持ってお互い尊重(無関心ともいう(^^;))しあって、お互いの領域には踏み込まない。誕生日を祝い合うとか、強制的に食卓を囲むとかもない。愛のない家族ですね。家は、家族それぞれが居心地の良い空間と思ってくれていればそれでよいと思ってます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171012

2017-10-11

「死霊狩り2」

|

死霊狩り(ゾンビー・ハンター)2

平井和正著・ルナテック/kindle

今月のプライム会員特典、月1冊「Kindle Unlimited」無料本。これ1冊読むだけで月会費はペイする。あぁ完全にamazonの手のひらで泳いでます。

 前巻で過酷な"ゾンビーハンター"選抜試験をクリアした元レーサー田村俊夫は、アラスカの山奥で第1のターゲットを狙っている。無事標的を殺した俊夫だが、標的はゾンビ―ではなく赤い血を流す人間だった。

ゾンビ―を殺すためのゾンビーハンターとしての生きざまを見出したにもかかわらず、人を殺してしまったことに衝撃を受ける。

司令官"S"に詰め寄る俊夫だが、汚染されていようがいまいが、ゾンビーに益する人間を殺すのもゾンビーハンターの役割だと冷徹に話す。

俊夫に与えられた次の標的は、科学者の加賀。CIAの助けを借りて加賀の家族に近付く俊夫だが、自らゾンビーと確信するまでは手を出さない。最後の殺戮の場面で、誰がゾンビーだったか判明する。しかし愛する恋人の身体を乗っ取った憎きゾンビーとは違う。人間がゾンビーと呼んでいる生物に対する迷いを俊夫は抱く。

 最初に読んだのは、高校生の頃だから今から35年くらい前。一番最近の再読でも20年くらい前か。。今読んでも全然古くない。それどころか、人間の悪性はさらに増しているような気がします。

 確かに人間の身体を乗っ取る異生物のゾンビーだけど、奔放な女性だった良子や自分の事しか考えない妻が、ゾンビーに憑依されてから貞淑な女性に変わっていく事はよくない事なのか。元の形質は残したまま、よいところを伸ばしてくれる基本的には穏やかな生物。それを異物として排除していくことは本当にいけない事なんだろうか。

 そういう形而上学的な問題に踏み込んでいく第2巻のラスト。次は最終巻。うーむ、どんな話だったか忘れたので楽しみ。早く次が読みたいけど我慢々々。

死霊狩り(ゾンビー・ハンター)2

死霊狩り(ゾンビー・ハンター)2

 

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171011

2017-10-10

充実した人生

|


 何をもって"充実してる"ていうのかはよくわからないし、人それぞれだと思うけど、なんとなくここ20年くらい「充実してるな」って思うことがよくあります。

 昨日の演奏会もそうだし、試合での入賞は殆どないけど弓道場で心静かに弓を引いている時も楽しい。カラオケで同好の友人たちと唄っている時も、いまだにヤマトやガンダムの新作が観れていることも、生きていればこそ。決して高給取りではないので、何でもかんでもってわけには参りませんが、その分、遊ぶ時間とお金のバランスも決して悪くない。

 飲みたいと思ったら、ジャンルに応じて飲み話には事欠かない友人たち。

 子供たちも多少性格に難はあるけど、官憲のお世話になることなく、健康で無事に成長してくれている。家族はみな健康。

 

 会社での朝の企業理念の唱和と合わせて行動唱和をするのですが、金曜日の文言は「私たちは、大切な人を悲しませることはしません」といいます。

 会社の同僚も、家族も、友達もみんな大切な人。自分の行動が、大切な人を悲しませていないか、そういうことを常に考えることってすごく大切な事だと思います。とはいえ、振り返ると、結構悲しませるような事や言動をしてしまっている自分がいて日々反省しています。

 不完全な自分ですがこれからもよろしくお願いいたします。


 

 

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171010

2017-10-09

ディスコ・キッド40周年記念イベント「東海林修フェスティバル」

|

 浦安市文化会館 大ホールで行われたイベントに参加。メインはタイトル通り、ブラスバンドの名曲、「ディスコキッド」40周年を記念していくつかのバージョンを演奏する会でした。私の出番は第2部の東海林先生作曲の「さよなら銀河鉄道999〜アンドロメダ終着駅〜」の1曲「戦いの歌」のコーラスで。あと最後のナレーションをやらせていただきました。

 

 「時は流れ、メーテルは消えていく。

  少年の日が二度と帰らないように、メーテルもまた去って帰らない。

 

  人は言う。

  999は、鉄郎の心の中を走った、青春という名の列車だと。

  今一度、万感の思いを込めて、汽笛が鳴る。

  今一度、万感の思いを込めて、汽車がゆく。

  さらば、メーテル

  さらば、銀河鉄道999」


  昨日DVD見て練習しましたwとりあえず間違えず一言一句、心を込めてやらせていただきました。


  会場には、原作の松本零士先生、作曲の東海林修先生もご臨席頂きました。長年の松本ファンながら、お会いするの初めて。松本先生は次の予定があり途中退席されてしまい、「戦いの歌」を聞いていただけなかったのは残念。東海林先生からは、今回も演奏会終了後一輪の薔薇を奏者全員に。こういうことをさりげなくやるところがダンディなんだよなぁ。サインにも快く応じて頂いたり、打ち上げにも参加頂き、高名な方なのにほんとにファンを大切にする先生です。

  

 すごく充実の1日でした。

えりこえりこ 2017/10/10 12:54 お疲れ様でした〜。本当に心に残るコンサートでしたね。あの2大巨匠の2ショットは、もう見られないですよね〜。高校生の頃からしたら夢のようで、私もステージの上で時々うるうるしましたね。

heehee 2017/10/10 20:05 >えりこさん
今回もご一緒できてよかったです。観客を巻き込んだ「ディスコキッド」も、"これが音を楽しむ"ってことだよなぁと感動しました。「戦いの歌」はいつものことですが、もっとちゃんとやらないとなーって反省(^^;)。ナレーションの方が「間違ったらだいなし」と思い、緊張でしたww
また機会がありましたら是非お誘いくださいませ。

すずむし’64すずむし’64 2017/10/10 22:13 昨日はお疲れ様でした!

heeさんと知り合えた事で
こんな貴重な時間を過ごす事が出来ました(^^♪
誘っていただいて改めて感謝いたします。

ナレーションも「heeさんが良いよ〜」って
推薦した甲斐がありました。
こっちも聞いてて「G.J!」って思ってましたよ(^_^)v

heehee 2017/10/10 23:41 >すずむしさん
今回もご一緒できてよかったです。自分的には突然決まったナレーションの方がメインになった感あり(^^;)。とはいえ、やってる最中はどんあ風に聞こえているのか全然わからないので、DVD楽しみです。
また次回あったらよろしくお願いします〜!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171009

2017-10-08

人形供養

|


 実家で人形供養に参加してきました。

 母親がなくなって以来、実家の遺品整理をしており、行くたびに清掃センターに持って行っていますが、母親が集めたり作ったりした人形、ぬいぐるみが沢山。母親が嫁入りの時にもってきた雛人形、姉貴の雛人形、私の五月人形、とにかくいっぱいある人形はさすがにゴミとして出すのは躊躇われます。

 そんな話を葬儀屋さんに話したところ、年一回、その葬儀屋さんのホールで「人形供養祭」をやるということをお聞きし、これ幸いと家にある人形やぬいぐるみを全部持ち込みました。ご供養費用は何個持って行っても1000円。

 袋に詰めて(そういう持ち込みが推奨されていたので…)、合計4袋。45分の近くのお寺のご住職が来て読経、参列の私たちもご焼香をして無事ご供養式が終わりました。

 人形に魂が宿るかどうかはわかりませんが、愛用の物であっても魂が宿るといわれたりするのを聞くと、人の形、動物の形をしたものというのは、魂が入りやすいかも?と考える向きはあります。

 今日のご供養式も、恐らく1000体以上の人形が祭壇にならべられていました。"人形に魂が宿る"と考えているかどうかはともかく、やっぱゴミに出素のはちょっとやだなと思う人って意外と多いんだと改めて思いました。

 祭壇に並んでいたのは、日本人形、お雛様、五月人形、ぬいぐるみが多かったけど、あと3,40年もすると美少女フィギュアとかが並ぶのかなぁとか思いながら読経を聞いていました。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171008

2017-10-07

「ヤジとボク」

|

手塚治虫名作集 (6) 白縫 (集英社文庫(コミック版))

「ヤジとボク」 は月刊少年ジャンプ1975年3月号に掲載された手塚治虫の短編。ずっと探していて、集英社文庫の手塚治虫名作集の第6巻「白縫」に収録されているのを知り、中古ネット書店で入手しました。その後すぐにBOOKOFFの100円コーナーにあったのは返す返すも残念でしたが(^^;)。

 知的障害者の少年ヤジローは6年生。兄タロは、弟の為に大学で動物の知能を向上させる研究をしていた。ある日、兄の大学にお弁当を届けに来たヤジローは、兄の部屋にいた実験用マウスを逃がしてしまう。実験用マウスはヤジローのもとにやってきて、ヤジと名付け一緒に住むようになる。ヤジは、母マウス体内にいた16匹分の栄養管を1匹に集約して生まれたスーパーマウスで、自由を得たヤジの知能は、学術論文を読むまでに発達する。 ちょうどその頃、各所で連続爆破事件が発生する。事件現場では必ずネズミの姿が見られる。ヤジだ。ヤジは化学の本を読んで爆薬を作り事件を起こしていた…って話。

 最後がねぇ、泣けるんですよ。

 昭和50年ですから私10歳で、床屋さんに置いてあったジャンプで読んですごく気に入ったのですが、わずか31ページの短編で、その他の手塚作品のように長編ではなかった為、どこにまとまっているのか皆目見当がつきませんでした。

 ある時、何気なく「ヤジとボク」の事を思い出し検索してたら、上述の漫画文庫に収録されていることを知ったというわけ。

 なんと40年以上ぶりの再会でしたが、今観ても全然古くない。手塚治虫はやっぱり天才です。

手塚治虫名作集 (6) 白縫 (集英社文庫(コミック版))

手塚治虫名作集 (6) 白縫 (集英社文庫(コミック版))

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171007

2017-10-06

ノ―ベル文学賞

|


 日系イギリス人のカズオ・イシグロさんにノーベル文学賞贈られた。

 村上春樹信者の皆さんはまた肩透かしをくって残念でしたけど、日系人の受賞ということで、本屋さんとしてはうれしい悲鳴。カズオ・イシグロの作品は日本ではハヤカワepi文庫で殆どの作品が読めます。

 全くのノーマークで、店頭に昨日まであったカズオ・イシグロの本が全然ない。あったとはいえ、平積みではなく、書棚に数冊ある程度だったのでむべなるかな。ハヤカワも思わぬイシグロ特需で湧いている事でしょう。

 

 映画化された時「わたしを離さないで」を読みました。臓器提供をするためだけに生まれたSFチックな男女の哀しい物語でした。

映画の感想→http://d.hatena.ne.jp/hee/20111010

原作の感想→http://d.hatena.ne.jp/hee/20111114

TVドラマ版の感想→http://d.hatena.ne.jp/hee/20160205

 こういう作品を描いている人がノーベル文学賞の対象になっちゃうんだ。もっとも、も昨年は小説とか書いていないボブ・ディランだから、ノーベル文学賞の選考基準はよくわかりません。

 

 せっかくなので、カズオ・イシグロの他の作品を読んでみようと思いましたが、そんな状況で手に入れるのはしばらく先になりそう。

 でも「わたしを離さないで」はおもしろかったのですが、ちょっと読みにくかった。これは元々そういう文体なのか訳者のせいなのか。

 いずれにせよ、イシグロフィーバーしばらく続きそうです。昨今、青息吐息の本屋さん良かったですね。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171006

2017-10-05

血を抜く。

|

 体調が悪く、腰痛も酷かったので、昨日の夜風邪薬とロキソニンを飲んで寝た。100%ではないもののほぼ回復。

 で、今日の夕方早めに仕事が終わったので、献血ルームに行った。

 「ここ3日間で薬のみましたか?」という問いに、あ「やべ!」と思った。そういえば薬飲んでると献血できないんだっけ。。

 「何飲みました?」と聞かれ「風邪薬とロキソニンです」と素直に答え、帰ろうとしたら冊子を持ってきてそれで調べて「大丈夫です献血できますよ」と。

 12時間以上経ってるから大丈夫ってことなのかな。

 で次に血圧を測ったら、何回やってもしたが100以下にならない。これまた献血できないなと思ってたら、

「とりあえず何か飲み物を飲んで、落ち着いてからもう一回測ってください」と。

 それで再度測ったんだけど、あんまし変わらない。「とりあえず、診察を受けてください」と言われ、おじいさん先生に血圧を測ってもらうと、93。それでも高いけどクリア。「なんか外の自動で測る奴高めに出るんだよね」と。

 無事400ml献血できました。今回で53回目。

 血の気が多いのか、血液抜いたくらいがちょうどよいのです。

 血液は代替の物がない。だから献血しか頼るものはないといいます。必要な人はいっぱいいるわけだし、自分の血が役に立てばそれに越したことはない。それにしても私のうす汚れた血でも必要な人はいるというのは、生きてる実感。これまで何人の人に使われたか分かりませんが、私の血でごめんね。

S子S子 2017/10/05 23:56 400ml×53回=21.2l も!
昔から貧血気味で献血の経験がないため、頭の下がる思いです。
確実に誰かの役に立てる尊い行為ですが、体調のすぐれないときはあまり無理なさらないでくださいね。

heehee 2017/10/06 00:06 >S子さん
初めて献血したのは16歳だったか。その頃は200ml献血でしたので、総量は恐らく15l程度ではないかと思います。多少血を抜いたほうが逆に体調良くなったりしてw今回も10分くらいで採取終了したので「もっと取っていいですよ〜」って言ったら看護師さんに笑われてしまいましたw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171005

2017-10-04

風邪?

|

 昨日からどうもくしゃみが止まらない。更にくしゃみのせいか、腰がいつも以上に痛い。

 今日は一日中頭がもぼーっとし、腰痛もピーク。結局1時間早退して、内科に行くべきか、整形外科に行くべきか悩んだのですが、腰の痛みで動けなくなりそうな気配濃厚だったので、風邪は市販薬を飲むことにして、腰に痛み止めの注射を打ってもらいました。

 病院には受付終了の6時ぎりぎりに入り、リハビリも合わせて終わったのは8時過ぎ。とりあえずは一安心ですが、まだ腰の痛みが引かない。。

 今日仕事の途中で相州一之宮寒川神社に寄った。おみくじは中吉。霊験あらたかといわれるお守りは、最近身体がボロボロなんで、健康回復・身体健全の紫色の奴を入手してきました。

 ほかの事は努力でなんとかなりますけど、健康だけはいかんともしがたい。お医者さん頼みか神頼み。よろしくお願いいたします。。。

 

すずむし’64すずむし’64 2017/10/05 06:04 急に涼しくなってきましたからね(^_^;)

週末までには治して9日はお互い万全の体調で
頑張りましょう〜(^^♪

heehee 2017/10/05 22:06 >すずむしさん
喉が本調子でないのがちょっと気になりますが、本番までに完治して体調万全で臨みまーす。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171004

2017-10-03

「毒蟲vs溝鼠」

|

毒蟲vs.溝鼠

新堂冬樹著・徳間文庫

 黒新堂の代表作、溝鼠シリーズの2作目。相変わらずの残酷描写。

 前作の「溝鼠」(幻冬舎文庫)も酷い話でしたが、極悪人の鷹場英一は、「溝鼠」の後海外で潜伏し2年前に日本に戻り、前回と同じ復習代行業を経営している。前作では父親の源治を殺し、最愛の姉、澪をも見殺しにした。もともと源治による幼少時からの虐待が鷹場の精神を捻じ曲げるきっかけであったけど、源治の容赦のない残酷さが遺伝子に組み込まれていたわけで、"蛙の子は蛙"を体現している。姉の澪も10人いれば10人が振り向くほどの美人だが、根っこのところではやはり源治の娘で自己愛の極みという腐った家族の殺し合いの物語でした。

 「毒蟲vs溝鼠」では、鷹場が以前請け負った復讐の犠牲になった男、ペットショップの真面目な経営者大黒が、鷹場を怨み、復讐をする話。その復讐の方法が、毒を持った虫を使うというもので、その方法を使って鷹場と同じ復習代行業をしていた。

 出てくる出てくる、残酷描写のオンパレード。黒新堂の醍醐味ではありますが、実際に読んでいるこちらが痛くなってくる。屈折した愛情がもたらす悲劇は第1作同様。

 

 黒新堂ワールドを楽しめる人にはお勧めですが、それ以外の方は読まない方が良いと思います。

毒蟲vs.溝鼠

毒蟲vs.溝鼠

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171003

2017-10-02

財布忘れても何とかなる。

|

 土日遊んでいると、財布や定期を移し忘れて困ることがたまにある。定期はこれがないと会社に行くのに大変なので、最近は忘れませんが、財布はたまに忘れる。今日がまさにその日(^^;)。

 財布は、飲みに行かなければお昼の時くらいしか出さないし、全然気が付かなかった。それでも定期(PASMO)があれば、お昼くらいは何とかなります。オートチャージにしているので、金額足りなければ改札通ればチャージされるので、現金持っていなくても大丈夫。

 ネットで「コンビニで現金出すなんて古い」とか「小銭ってなんか汚いから触りたくない」とか話題になっていました。すべてのお店といわないまでもたいていのコンビニでは自社のICカードだけでなく、交通系ICカードも使える。コンビニのICカード(7-11のNanacoとか)は財布の中に入っているので財布忘れたらアウトだけど、交通系ICカードは会社に来ている以上必ず身に付けている。

 全部が全部カードで払えるわけではないから現金は必要だけど、確かにキャッシュカードとクレジットカード、ICカードがあれば、現金持ち歩かなくても大丈夫な世の中。仮に落としたとしても、すぐに止めれば取られる心配もない。怪しいお店でスキャニングされる危険性はないとは言えないので、そういうところでは現金払いすればよい。そもそも行かないけど。

 改札口に駅員さんがいて一枚々々鋏を入れていた時代を知っているので、自動改札に通すようになってすごいなと思っていたら、今やピッってかざすだけだもんなぁ。しかもそれで買い物とかできちゃう。なんか未来にいるようです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171002

2017-10-01

「仮面ライダー1号」

|

仮面ライダー1号

2016年東映・金田治監督

タイトルのまま仮面ライダー1号、本郷猛(藤岡弘、)主人公の新作。amazonプライムにて。

1972年にはじまった仮面ライダー、当時7歳の私は完全にリアルタイムでした。でもまぁまともに見ていたのはV3の途中まで。その後のライダーは1話は必ず見ていましたが、飛ばし飛ばし見てた程度のライダーファン(「―響鬼」は平成版で全話ちゃんと見た唯一のシリーズ)。やっぱり、第1作の1号〜2号〜新1号までの話と、V3の冒頭までが、一番好き。

 そんな私にとって、確かに本郷猛はレジェンドですが、今の藤岡弘、に仮面ライダーを演じさせることに違和感を感じます。「何言ってんだ、本郷猛は藤岡以外にない!」というファンの方もおられると思いますが、メインではなくサブに回るべきではないかと。この映画最初から最後まで本郷猛の映画です。若い頃から30キロは太ったであろう藤岡に合わせて太った仮面ライダー。まるで1979年の「仮面ライダー(スカイライダー)」に出てきた"がんがんじい"みたい。動くとかっこいいのはスーツアクターのおかげですが、それにしてもちょっと不格好すぎます。

 96分の本編で語るには詰め込み過ぎな脚本もいまいち乗れ切れなかった理由。藤岡弘、が企画段階からかかわっているせいか、"説教臭さ"が出過ぎていて純粋に楽しめない。「命が大切」はよいけど、その一方で「俺は不死身だ」って、不死身な人に言われてもなぁ…(^^;)。作劇上でも、命を大切にしている人とは思えない暴力てんこ盛り(冒頭)。長年の戦闘で改造人間の身体に負荷がかかって回復不能なダメージを受けている、って設定も、そもそもあんた科学者で、最初のフォームから今回のフォームに至るまで何度も再改造してるんじゃ?そんな状況で「長年の負荷」と言われてもちょっと違うんじゃない?と思ってしまいました。

 同様に残念な脚本でしたが、仮面ライダーをリメイクした「仮面ライダー THE FIRST」は造形もよく、"定期的な施術(インジェクション)を受けなければ死に至る"という設定も、臓器移植の際の拒絶反応的なものと考えると納得がいく設定でした。サイクロンもかっこいいし、続編でV3が出てくる「―NEXT」と合わせて、実は結構好き。

 ちゃんとした仮面ライダーのリメイクってできないんでしょうかねぇ。どうもいろんなしがらみで捻じ曲げられてるような。毎年作られるライダーもとてもじゃないけど「仮面ライダー」という冠は不要なものばかり再生産され続けるし。

仮面ライダー1号

仮面ライダー1号

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20171001