日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2018-09-30

秋季市民弓道大会

|

 川崎市弓道連盟主催の大会。三人立、4つ矢2回大回り今回は前4矢座射、次の4矢は立射。16チーム(混成含)48名の参加でした。

 うちの弓友会からは18人6チーム参加。過去最多じゃないかな。まずは参加する事に意義があります。だいたい弓道なんて練習だけやってても辛いばかり。悩んで練習して、悩んで練習して審査を受ける。それだけでは弓の面白さを半分以上楽しめていないと断言します。弓道場は場所によって癖があります。どんな場所でもいつもと同じ射ができる。審査会場だけでなく、いろいろな弓道場で弓を射る。これもまた練習のひとつとも言えます。近的ばかりじゃなく遠的も同様。試合に出るのを躊躇したり、遠的をやったことないから…と文字通り遠ざけたりするにはせっかく弓道やってるのにもったいない。

 さて今日の結果。××〇××〇〇×と羽分にも届かず…orz。チームも8/24射で予選通過ならず。

 今回参加した弓友会では、1チームが優勝決定戦に駒を進めましたが一歩届かず2位、その場でランダムで組んだチームで2位は優秀な成績です。しかも3人がほぼ均等に的中、更に決定戦でもしっかり皆さん的中をしてお見事でした。いつもよく当たってる高段者入りのチームでないところも良かった。弓って、高段だから中るってもんでもないというのがこれでもわかります。だからこそ中りばかりを求めるだけでは弓道ではない、とも言えます。とはいえ、高段者の射は中らなくてもやはり美しい。美しくて的中確実。これを目指すのが弓道ですね。

 

 あ、入賞はしませんでしたが"節賞"(入賞順位未満できりの良い順位)頂きました。転んでもただでは起きない(笑)。ラッキーでした。バームクーヘン美味しゅうございました。次は入賞して有明のハーバーゲットだぜっ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

 

ひ〜様ひ〜様 2018/10/01 07:55 昨日は、お疲れ様でした。楽しめましたネ(^-^)節賞はバームクーヘンでしたか〜。女子力のおかげでオッサンは準優勝のおこぼれを頂きました。送迎したかいがありましたよ。有力選手を試合会場まで送迎もする監督のような心境でしたよ。因みに賞品は”ありあけ〜のを♪ハ〜ア〜バ〜♪”でした。次は県大会ですね\(^0^)/

heehee 2018/10/01 21:56 >ひ〜様
お疲れ様でした。入賞おめでとうございます。私も月例会の賞状じゃなくて、県連、市連の症状貰いたいなぁ。
2,3番の女性はたしかに素晴らしかったですけど、やっぱ引っ張るのは大前の力、人徳ですw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180930

2018-09-29

歯医者に。

|

 先週の続き。

 上奥歯のクラウンが完成し取り付けに行く。歯科技工士が優秀なのか、歯医者さんが優秀なのか調整をほとんどせずほぼ一発で取付完了。怖い先生だけど技術的にはこれまで通った歯医者さんの中でピカイチだと思う。見た目よりも実用性。出来る限り歯を残す施術をちゃんと説明してくれるところ、しかも費用的な事も考えてくれるので安心です。

 で、数日前から前歯の差し歯がぐらついておりいつ外れてもおかしくない感じで、それもお話しすると、まずレントゲンを撮り状況判断。どうやら土台となる歯根の部分にひびが入っているらしく、そのままつけるだけでは本当はまずいらしい。とはいえ、痛みの自覚症状もないのであればまだ大丈夫ということでまずは着け直しの処置。

 寝ている時の歯ぎしりはないのですが、噛み締める癖があるとのこと。寝ている時のことなのでまったく記憶がない。でも母如実にそれを物語っており鏡でみせてもらうと犬歯がすり減っていました。

 次回は、寝る時の為にマウスピースを作るらしい。保険も使えるので3000円くらいだとか。

 私、寝ている時はCPAP必須。その上マウスピースとなると、寝る前の準備が大変じゃん。相変わらず耳鳴りはやまないし、歳をとるということはこういう事なのか…。

 

 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

ecotanecotan 2018/10/01 21:52 私も20年ほど前から、ナイトガードつけて寝てます。
歯ぎしりはしないのですが、寝てる間に噛みしめる癖があるそうで、歯や顎のためにつけています。
何年か使ってナイトガードがすり減ってきたら、調整してもらったり、作り直したりしています。
ただ、私は、人より嘔吐反射が強く、作り直すために型を取ることに耐えられないので、なんとか調整して使えないものかと、いつも先生に懇願しています(^^)
この年齢になると、体のいろんな部分のメンテが必要になりますね(>.<)

heehee 2018/10/01 22:10 >ecotanさん
ナイトガード、そう言ってました。一般的なものなんですね。寝てる間に噛みしめる癖が私もあるようです。昔から歯は悪くて歯医者通いを続けていますが、もうほんと満身創痍。定年退職してこれから存分に弓ができる〜とかなってもこの調子では弓続けられないかも…(^_^;)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180929

2018-09-28

「クラッシャージョウREBIRTH」第1巻

|

クラッシャージョウ REBIRTH(1) (イブニングKC)

 原作:高千穂遥/キャラクター原案:安彦良和/漫画:針井佑

「クラッシャージョウ」が初めて世に出たのは1977年、今はなき朝日ソノラマ文庫。私が読み始めたのは、高校生くらいからだから6巻まで出ていました。もしかしたら「マンガ少年」に短編が掲載されたのを読んだのが最初かもしれない。今回の漫画は、隔週刊の講談社雑誌「イブニング」に連載。


 クラッシャージョウの世界は、こんな感じ。

 西暦2111年、人類はワープ機関を完成させ、以後宇宙開発の状態は一気に加速、他の恒星系へ進出が進む。しかし他の恒星への進出には、航路整備、惑星の移住環境整備など、危険な難題が山積していた。

 西暦2120年頃、そうした荒事を専門に請負う「クラッシャー」と呼ばれる者たちが出現を始める。彼らは膨大な数の惑星を改造し居住可能なものにしていく、いわば人類における銀河開発の尖兵となった。

 西暦2129年、惑星トプロスの独立宣言を皮切りに、惑星国家の時代が到来。さらに惑星改造技術が著しい進歩を遂げる中、1つの太陽系を1つの政治国家とする太陽系国家の時代へと歴史は大きく変わっていく。

 西暦2134年、一国家の利益に偏ることなく、全人類の安全と繁栄を守る機関として銀河連合設立。独自の宇宙軍を保有する。8000の太陽系国家が連合に加盟し、銀河は安定と繁栄の頂点を迎える。しかし、その影では非合法組織や宇宙海賊もその勢力を延ばしていた。惑星改造を主な仕事としていたクラッシャーは、そうした荒くれ者との難事も引き受けるようになっていく。


 ジョウは、クラッシャー草創期に活躍し現在クラッシャー評議会議長ダンの息子。小さい頃からクラッシャーを身近に見てきた為、若干18歳にしてチームを任されている。クラッシャージョウチームは、かつてダンとチームを組んでいたベテランの航海士タロス、最年少でお調子者の機関士リッキー。航法士の金髪碧眼の元王女アルフィン、分析、機体修理、航行補助に艦内清掃ほか万能ロボットのドンゴ とチームリーダー、ジョウの5名。

 基本は評議会を経由してくる仕事をこなすが、突然舞い込む仕事も。星を跨ぐ困難な仕事をチームで解決していく"和製スペースオペラ"の元祖的な物語。1983年には小説版のイラスト、キャラクターデザインの安彦良和自ら監督をしてアニメ映画が作られました。

 今回2度目の漫画化。最初は「さすがの猿飛」「ギャラリーフェイク」の細野不二彦さん。今回の針井佑さんもこれがデビュー作とのことですが、まるで安彦良和が書いたようなタッチで描かれており、旧来のファンには嬉しい絵です。

 ストーリーは小説第2巻の「撃滅!宇宙海賊の罠」で第1巻は前半。後半も楽しみですが、できれば原作小説すべての漫画化とオリジナル作品を期待しちゃいます。 

 

 


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180928

2018-09-27

「怪獣少年の〈復讐〉〜70年代怪獣ブームの光と影」

|

怪獣少年の〈復讐〉 ~70年代怪獣ブームの光と影

切通 理作著・洋泉社

370頁ソフトカバー。相変わらず切通さんの本は厚くて電車読書は大変だけど内容充実。言いたいことが沢山あって納まりきれないパトスを感じます。

タイトルの「怪獣少年の復讐」は、「帰ってきたウルトラマン」第15話からの借題。切通さんはこれ以前にも第33話と同題の「怪獣使いと少年」という名著があります。本書は姉妹編にあたる感じ。

切通さんは1964年2月生まれなので学年1つ上、ほぼ同じ世代。ウルトラやライダー、昭和ガメラに善玉ゴジラ他、百花繚乱のTV特撮に毒された世代です。

私的に確かに「帰マン」が1971-72年、で小学1年、次の「ウルトラマンA」が小2、「ウルトラマンタロウ」が小3と、2期ウルトラにハマってよい年齢ですが、帰マンの前半でほぼ脱落、続く「−A」も飛び飛びで数話見たところで子供時代のウルトラは卒業していました。

 特撮のマイブームは、1985年のゴジラ復活が契機だったと思います。前年にニュープリントでゴジラ他東宝特撮映画のリバイバルをやって子供向けと思っていた東宝特撮映画が強いメッセージ性を持って作られていたのを知りました。同時に円谷特撮も同様で見返してみるとどれも面白い作品ばかり。

 それでも第2期は「帰りマン」まで。以降の「−A」「−タロウ」「−レオ」はやっぱり駄目でした。

 この本は、特に第2期ウルトラと大映「ガメラ」正義の味方になった昭和後期のゴジラのスタッフに制作の裏側をインタビューしています。よく見てみると70年代の特撮ものって、子供番組のわりに残酷だったり結論を視聴者側に委ねてしまう物語が結構あります。

 ただ子供の視点を忘れずに作劇をするというのが大前提であり、逆に観ている方としてはそれが正直迷惑でした。1期でも「ウルトラマン」のホシノ少年は羨ましいとは全く思わず、「帰りマン」の郷秀樹と仲が良い次郎君もどうしても好きになれなかった。大人に与えられ意識された子供視点を有難く感じるほど子供じゃなかったのかもしれません。こどもが殆ど出てこない「ウルトラセブン」の物語の方が私的には面白かった。だから、ウルトラシリーズを離れて少し上の世代が観る青春ドラマ、例えば「おれは男だ」とか「飛び出せ青春」とか「俺たちの旅」「傷だらけの天使」等々に興味が移っていったのかも。。

 とはいえ70年代の特撮もののドラマがどのような意図で作られたかを知る上では貴重なインタビュー集です。

怪獣少年の〈復讐〉 ~70年代怪獣ブームの光と影

怪獣少年の〈復讐〉 ~70年代怪獣ブームの光と影

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180927

2018-09-26

ポチポチ。

|

 今月は密林に迷い込むこと甚だしい。

宮川泰 テレビテーマ・ワールド 」

宮川泰 テレビテーマ・ワールド

宮川泰 テレビテーマ・ワールド

 これはblog書きましたね。


幻魔大戦 Rebirth 」第8巻(最新刊)

 昔の石ノ森章太郎版でも最終ページで登場したさるとびエっちゃんが東丈と絡んでいます。


「昭和40男2018年10月号」

2018年10月号

2018年10月号

 これもblogで紹介しました。


クラッシャージョウ REBIRTH」第1巻 (イブニングKC)

 クラッシャージョウが2度目の漫画化。やっとコミックスに。


「MM9―destruction―」 (創元SF文庫)

MM9―destruction― (創元SF文庫)

MM9―destruction― (創元SF文庫)

 前作を読んで次を注文。


ザ・スニーカーLEGEND (カドカワエンタメムック) 」

ハルヒの最新短編が載るというので、衝動的に注文(発送は11/1-)


サイボーグ009 島村ジョーぴあ (ぴあMOOK) 」)(発送は9/29)

サイボーグ009 島村ジョーぴあ (ぴあMOOK)

サイボーグ009 島村ジョーぴあ (ぴあMOOK)

作品ぴあじゃなくて登場人物だけのぴあは初じゃないかな。ってことで…。


で、今日届いたビブリア古書堂シリーズ最新刊

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ (メディアワークス文庫) 」

 法人税払っていないとかアンチamazonの方も結構いると思いますが、もうね、私amazonなしで生きていけません。特に本関係多いです。

本当は本は本屋で買う派だったんです。でも最寄り駅の本屋さんは1件しかなくなるし、そもそも品揃えがよろしくない。amazonで注文すれば家まで届けてくれるし、新刊、雑誌は発売日に配達されます。その上3冊まとめ買いで数%ポイントバックされるというのも大きい。

 ネットショッピングというのもすごく苦手だったんですけど、最近は何の躊躇もなくネットで買い物しちゃうようになりました。私のような保守的な人でもこんな便利さを知ってしまったら、店舗なんか行ってられません。小売店舗がどんどんなくなっていくのもわかる気がします。私の場合、小売店舗がなくなったからネットで買うようになった、という方が大きいですが。

 amazon一強というのは怖いけど、今、amazonに対抗できるのはヨドバシ.comくらい。それでも品揃えは叶わない。楽天はいまいち見難いのが残念。

 家にいながら、欲しいものが届く。ここは間違いなく未来です。


 …あ、やばい!趣味がばれる!!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

 

すずむし’64すずむし’64 2018/09/27 19:55 クラッシャージョウのコミックスは地元の本屋(TSUTAYA、リブロ)では全く見かけなくて買えてませんわ(ノ_<。)

heehee 2018/09/27 20:17 >すずむしさん
既に初版完売即重版しているらしいです。時代はネット書店なんですねぇ。にしてもこれはすごいです。まるで安彦さん本人が描いてるみたいなタッチ再現力。是非ご購入してみてみてください!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180926

2018-09-25

臭いものに蓋。

|

 <新潮45休刊>突然の決断、予想超えた批判

 性的少数者(LGBTなど)への差別的な表現について批判を受けていた月刊誌「新潮45」が25日、最新号の発売からわずか1週間、また佐藤隆信社長によるコメント発表から4日で休刊に追い込まれた。回収や続刊号での謝罪などを飛び越えた突然の決断の背景には、同社の予想を超えた批判の広がりがある。■ 出版不況を背景に「右傾化路線」を取る出版物は増加傾向にあり、「新潮45」も反リベラル色を強めてきた。だが、保守系の雑誌だけで経営している出版社と異なり、文芸が中軸の新潮社がマイノリティーを蔑視しているととれる極端な特集を組んだことの波紋は大きかった。経営面への影響も懸念され、同社は迅速な処理をせざるを得なかった。(後略)(9/25(火) 21:42配信 毎日新聞)


 素早い決断を良しとするか否か。

 確かにLGBT批判に対する擁護特集はやりすぎではあるけど、表立って発言はできなくともそういう風に思っている人は確実にいる。それが今回特集されたことで、LGBT差別に対して理論武装を促すことになるのは決して良い事ではありません。しかもそれを吹けば飛ぶような出版社ならともかく大手出版社が行うのはリスキーだということは編集部でもわかっていたはず。それとも休刊に追い込まれるほどの事とは思っていなかったとしたら、見識の甘さを疑わざるを得ない。機を見るに敏でないといけない雑誌編集者がこのような状況とは、出版業界も落ちぶれたもんです。もっとも、いまだ従軍慰安婦問題で誤報を流し続けた反省の色のない大新聞社もあるので、出版界だけがおかしいわけでもありません。

 新聞は報道ですからできる限り私情を交えずに真相に迫り羞恥をさせることが存在意義なわけですから、朝日新聞のやったこと(やっていること)は、新聞としての立ち位置を自ら否定しています。しかしながら雑誌はそうではありません。いろんな意見を載せて戦わせることもこういった言論雑誌であれば大切なこと。それを外圧に屈して即休刊というのはいかがなものかと思う。外圧は暴力と一緒です。デモやシュプレヒコールやいたずら書きをされ、考え方が合わない作家が離脱していく。出版社といっても会社ですから、売上を生み出す作家さんに逃げられたら白旗をあげざるを得ません。しかし一方で、逆意見を次号に載せることもできたのに、休刊にすることでそれを放棄した。

 追い詰めた方も莫迦だけど早々に休刊を決めた新潮社になんの気概も感じられない。

 議論を避けていたらなにもはじまらない。

 封印されているいくつかの作品も封印、放送禁止にすることで議論を避けている。暴力や強権によって封印するのは愚の骨頂です。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180925

2018-09-24

連休最終日も弓。

|

なんか、弓ばっかやってんなぁ…。この3連休は、初日:医者行って弓の練習→2日目:試合→3日目:練習(2時間だけど人数少なかったので30射以上)。

自他ともに認める多趣味(自分的には中途半端という意味(^_^;))なわたくし、最近改めて弓道の面白さを感じている次第。やっと猛暑が去って、弓引いてても汗をそんなに良くなったってのも理由ですが…。ほんと暑い中での弓の練習は苦行、更に和服とか着なきゃいけない時は、絽の襦袢、着物を着ていても辛い。

 弓に矢を掛けて遠くに飛ばす。

 それだけの行為なのに初心者には難しく、まず的を掛けてある安土にすら届きません。下手すると腕や耳、女性だと胸を弦で打ったりして危険です。口元まで引く洋弓(アーチェリー)は、矢を飛ばす為、的に中てる為の様々な進化をしていますが、和弓はそういう進化をせず、すべて射手の技量習熟に寄っています。どう考えても道具として優れているのは洋弓です。 和弓はスポーツじゃないと思う。

 矢を飛ばすだけでも大変なのに、それを28m先の36cmの的に中てるのはなかなか難しい。見た目動作もゆっくりなので簡単そうにみえるけど、見るとやるとじゃ大違い。今日も結局羽分け(射た数の半分)届かず。悩みは深くなるばかりです。

 

 否、何事も突き詰めていけば難しい事ばかり。

 昨日一緒に試合に行った弓友、御年76歳。始めたのは70歳手前。とてもきれいな射をします。私は20歳以上年下。体調も万全ではない現在、その年まで弓ができるとは到底思えません。弓をやってらっしゃる方、結構高齢の方も多くほんとすごいです。

 来月から、残業制限が掛かり、19時にはPCがシャットダウンされます。PCなくては仕事になりませんから内勤をしている時は19時には退社することになります。通勤が片道1.5時間かかっているので、それで帰っても20時半だから、まぁウィークディに何かするのは厳しいけど。ただこれまでよりも余裕ができるのは確か。仕事以外の時間を有効活用して、より楽しい人生にしたいもんです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

 

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180924

2018-09-23

連休2日目は試合出場

|

 第64回層別弓道大会(一般男子・称号者の部)に参加。団体参加ではなく個人参加なので会のメンバとはバラバラのチーム。4矢を1回行ない2本中りで足切りされます。2本以上中った人は次の4つ矢ができ計8射中の中り数で競います。同中の場合は競射。

 結果××〇×で爆死。一次予選敗退。もともと落(一番後ろの立ち位置)だったのに、欠席者がおり、次の組の大前(一番前)、しかも三人立×4射場計12人の先頭、目の前には大会委員長以下先生方がお並びで、緊張したら、入場は間違うわ、その後の段取りもめちゃくちゃだわで、1本目は掃く体たらく。それでさらに緊張して、弓を立てるのを忘れてご指摘を受ける始末。スーパー緊張の中で次の一手の甲矢が中り、次も行けそうでしたが枠に蹴られてアウト…。

 基本試合とか苦手なんですよね。

 秋は試合が目白押し。来週は市民大会があるので、今度はいい結果を残せたらいいなぁ。というのもやっぱり邪念。。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

 

ひ〜様ひ〜様 2018/09/24 11:32 試合お疲れ様でした(^0^)/スーパー大前だったのね(^^;)僕は大勢引き連れて入場するから何か気持ちよくて好きです。今週末の秋季弓道大会でリベンジですね(^-^)僕も参加します。いっしょに楽しみましょうね(^^)

heehee 2018/09/24 19:15 >ひ〜様
私、大前は嫌でもないのですが、スーパー大前はすごく苦手です。なんか責任が重すぎて…。ただ気負っているだけなんですけどね。
来週の市民大会は会から20名近く参加のようで最大勢力かもしれません。頑張ります〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180923

2018-09-22

医者のはしご。

|


 先週の出張中、奥歯左上クラウン(かぶせた金属)が外れて、出張直帰し歯医者に滑り込みセーフしてみてもらった。とりあえず接着してもらうだけと思ったら、想像以上に根っこの部分が傷んでいて新しいクラウンを作ってもらうことになった。で仮歯の方撮りと本歯の型取りが必要の為40分必要とのこと。で今日その日となった。ちなみに来週で完了。

 頭も顔も悪いけど、痛いのが嫌いなのでちゃんと治療はしていますが、歯はさらに悪い。小さい頃から歯医者にはよく通っています。奥歯は殆どかぶせもの。

 最近は、見た目よくカバーできるようですが、ここ10年通っている歯医者さんに言わせれば、見た目をよくする場合、金属ではなく硬質プラスチックを使う手もありますが、金属よりも弱く厚めに作る為、余計に歯を削らないといけないそう。どうせ奥歯は金属なので、金属で問題ない。この際なので007に出てくるジョーズみたいにぜんぶ金属でもいいくらい…やりすぎ。

 

 午後は無呼吸の2ヶ月に1度の定期健診。前の週までにCPAP内のSDカードを送付し、そのデータをもとに先生とお話をする。CPAP装着している間は問題なし。当たり前です。

 たまにCPAPつけずに寝ちゃうことがあって、かみさんから「呼吸止まってる」と言われる。長いと死んじゃうから、付けて寝るようにしないとね。

 なんか、歯(の外側)は自分の歯ではないし、寝る時は外部装置を付けないと生命の危険が(少し)ある、っていうのはなんともサイボーグ気分です。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180922

2018-09-21

「屋上物語」

|

屋上物語 (祥伝社文庫)

北森 鴻著・祥伝社文庫

(平成11年初版(nonnnovel)、番外編を加えた文庫版初版平成15年)

 私の年代は、デパート(というのも死語だなぁ)の屋上遊園地を知る最後の世代かもしれない。

 お金を入れて仮面ライダーやウルトラマンの背中に乗り、だた前後に動くだけの簡単なものから、小さなメリーゴーランド、観覧車とかあって、デパートにお買い物に連れて行ってもらう楽しみのひとつでした。

そんなデパートの屋上には、ソフトクリームとかちょっとした軽食を食べるコーナーもありました。舞台のデパートの屋上にあるうどんスタンドは、スタンドとは思えない極上のうどんを硬貨数枚で食べることができる。供するのは、強面のさくら婆ァ。この物語は、彼女とやくざ者の杜田、高校生のタクちゃんが屋上で起きる事件の謎を解いていく短編連作ミステリー。

 語りは一人称で進みますが、語り部が一風変わっていて、その屋上にあるお稲荷さんの駒狐や観覧車、ピンボールマシン、人知れず祀られた小さな地蔵様。屋上で起きる様々な出来事を静かに見守っているが、それを登場人物に伝えるすべはない。

 北森鴻お得意の連作短編。7話の物語で一つの物語のゲストが次の物語の需要人物になる構成が面白い。番外編は主人公の一人タクが受験に失敗したと同時に失恋をして家の車と母親のへそくりを勝手に持ち出し家出をした先での話。ここでの語り部はタクが彼女に貰った受験のお守り。

 北森鴻はこの本が出た7年後早逝しており、続編はもう書かかれることはない。

 この後、さくら婆ァや杜田、タクちゃんはどうなったんだろう…。

 この舞台となった"屋上のうどんスタンド"は、池袋西武本店屋上にある「かるかや」がモデルとのこと。一時TVにも取り上げられたほどの有名店。もちろんスタンドらしく価格は数百円ですが、絶品らしく今も多くのお客さんがついているらしい。ただ、そこにさくら婆ァはいない。一度行ってみたいなぁ。

屋上物語 (祥伝社文庫)

屋上物語 (祥伝社文庫)


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180921

2018-09-20

これもまた愛の形

|


内田裕也が妻・樹木希林さんへ追悼コメント発表「啓子 今までありがとう。見事な女性でした」

15日に死去した女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子)さん(享年75)の夫でミュージシャンの内田裕也(78)が20日、所属事務所を通じてコメントを発表した。■「最期は穏やかで綺麗な顔でした。啓子 今までありがとう。人を助け 人のために祈り 人に尽くしてきたので 天国に召されると思う。おつかれ様。安らかに眠ってください。見事な女性でした」 樹木さんとは1973年10月に結婚したが、同居したのは最初の約1年半だけ。その後は別居状態を続けながら、つかず離れずの独特な夫婦関係を築いてきた。(後略)(スポーツ報知・9/20(木) 16:42配信)


 樹木希林さん。穏やかでありながら激しさを感じる個性的な女優さんでした。全身の癌転移を公表したのは2013年3月のことでした。以来、闘病生活を続けていたと思うのですが、その間も精力的に映画に出演されていました。

 ロックでファンキーなご主人、内田裕也は2回目の旦那。最初の結婚相手は、「血を吸う眼」や「傷だらけの天使」の辰巳などの名優、岸田森とは初めて知りました。

 私が記憶にあるのはなんといっても 「寺内貫太郎一家」のおばあちゃん沢田研二のポスターで身をよじりながら「ジュリ〜〜〜(>_<)。」という姿。いまだに目に焼き付いています。その時はまだ旧芸名「悠木 千帆」でした。芸名をオークションで売る番組も不思議な思いで見た記憶があります。そして後番組「ムー」で樹木希林として出演。テロップで「悠木 千帆改メ」とあったのもまた不思議な感じでした。

 内田裕也とは、1年半の同居生活の後死ぬまで別居。1981年に内田裕也が無断で離婚届を区役所に提出するも、樹木は離婚を認めず、離婚無効の訴訟を起こし勝訴。一時は絶縁に近い状態のようでしたがその後は一緒にCMに出たりなんとも不思議な夫婦でした。

 内田裕也の最後の言葉は、妻に対しての最高の賛辞です。好きだからこそ自由にする。それでも手綱は握っている。そんな感じ。一緒にいるから愛し合っているとは限らない。これもまたひとつの愛の形。他人がとやかく言う事ではないということですね。

 樹木さん。楽しいドラマ、映画をありがとうございました。同じ時代に生きることができてよかったです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180920

2018-09-19

「MM9―invasion― 」

|

MM9―invasion― (創元SF文庫)

山本 弘著・創元SF文庫

MM9シリーズ2作目。1作目は連作短編でしたが今作は長編。1作目、面白いかなと思い読んでみたもののいまいち乗れず続編のこれ買ってたんですが"積ん読"状態でしたが、このところ巨大台風に大きな地震があったりして、ちょっと気になり読むことに…。


「MM9」の"MM"は「Monster Magnitude(モンスター・マグニチュード)」のこと。地震でM9といえばマグニチュード9。この世界では、毎年日本列島を襲う台風のように、頻繁に怪獣がやってきて、災害をもたらします。災害なので、対応する国の機関は気象庁。中でも特に怪獣災害に対応する部門が"気象庁特異生物対策部"略称「気特対」という部署。そこで怪獣の分析や災害予測を行います。省庁の性質上、戦闘能力や治安出動をする事はできず、自衛隊や警察、自治体へのアドバイスを行うのが主たる任務になっています。

 今回のお話しは1作目の2話で登場したMM4.6、96トン、体長20メートル、外見は10歳程度の人間の少女怪獣6号 固有名「ヒメ」。1作目の事件の後、140cm程度の体長になり、つくばの気象研究所で保護観察されていたが、知的地球外生命体"ジェミー"に寄生されて、地球を襲う怪獣を倒すために再度巨大化して戦うことになる。出来たばかりの東京スカイツリーを目指す怪獣との一騎打ち。これがまた手に汗握る展開で小説なのにまるで怪獣映画を観ているようい面白い!

 だいたい怪獣ものっていろんな理屈をつけてる時間がないので、言葉足らずでそれが子供だまし的に扱われる所以でもあるんですが、気特対の性格として怪獣出現の分析を行う事で、絵空事の怪獣物語に理由付けを付けています。これがまた「そういうのもありかも…」と思わせてくれます。

 毎週のように怪獣がやってきていた70年代。地震にしても津波にしても台風にしても、人が死に家が壊されて、確かに怪獣災害と何ら変わらない被害が出ています。そういう意味では、不謹慎ですがこういうアプローチは全然ありです。怪獣映画が好きな人には特におすすめです。

「MM9」はTVドラマにもなりましたが、見ておらず。DVD出てるみたいなので探してみようっと。

MM9―invasion― (創元SF文庫)

MM9―invasion― (創元SF文庫)


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180919

2018-09-18

安易な変更はしないで。

|


京急が46駅の新名称募集、数駅変更も 小中学生対象に

 産業道路駅」の新しい名前をつけてください――。京急電鉄は同社創立120周年記念事業として、沿線に住む小中学生を対象に、同駅(川崎市川崎区)の駅名変更案を募集する。駅の地下化に伴い、近くを通る通称「産業道路」と呼ばれる県道とのゆかりが薄くなるための措置。都内や横浜市にある45駅についても新名称を募集し、数駅について新駅名を検討するという。■京急によると、名称変更案の募集対象駅は、都営浅草線と共同使用になっている泉岳寺を除く同社の72駅のうち46駅。品川や横浜、上大岡など他社線との乗り換えの最寄り駅になっていたり、川崎大師や金沢文庫、三浦海岸など、公共施設などへの最寄り駅として広く認知されたりしている駅は対象外となっている。(後略・9/18(火) 19:03配信 朝日新聞デジタル)


 最近ネーミングライツとかいって、球場名とかがコロコロ変わってわかりにくい。駅名はランドマークでもあり、歴史的なものもある。だからなくなってしまうようなもの、例えば会社や店の名前、(「〜前」みたいな)名前を駅名に付けるのは昔から反対。「向ヶ丘遊園」もうないし、「よみうりランド」だっていつなくなるかわからない。都立大学も学芸大学もすでにないけど駅名はそのまま。小田急のバス停「原店前」原店(はらみせ)が無くなってもう10年以上たって、デイサービスになってる…。

 基本は地名が良いと思うけど、地名すら行政が変えてしまう。新宿駅があるのは淀橋、角筈だったりしたのにいまは西新宿。安易に名前を変えたりするのってどうなのかなぁ。そもそも安易に名前つけてるからそういうことになる。名前の重みを考えてほしい、と思います。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180918

2018-09-17

「冨田勲 映像音楽の世界 SOUNDS OF TOMITA」

|


 東京国際フォーラム・ホールC。

 一昨年亡くなられた冨田勲さんは、作曲家としてたくさんのTV、映画の楽曲を書いています。勿論日本におけるシンセサイザーの第一人者で、東海林修さん、冨田勲さんが二大巨頭ですが、冨田さんの「惑星」「月の光」「展覧会の絵」などクラッシックのシンセアレンジはちょうど中高生の頃でかなり影響を受けました。

 そんな冨田勲さん。シンセ以前は、「リボンの騎士」「ジャングル大帝」などのアニメ主題歌から「マイティジャック」「キャプテンウルトラ」などの特撮TVの曲、みんな知ってるNHK「今日の料理」「新日本紀行」、大河ドラマ(「花の生涯(63年)、「天と地と」(69年)、「新・平家物語」(72年)、「勝海舟」(74年)、「徳川家康」(83年))の音楽などを手掛けており、恐らく冨田勲の名前を知らなくても一度は聞いたことのある名曲を作曲した人。

 私はオタなので、「マイティジャック」「キャプテンウルトラ」の音楽が好きすぎて、今回の参戦に至りました。

 生オーケストラで聞く冨田サウンドは、鳥肌立ちっぱなし。「キャプテンウルトラ」での男声合唱と杉並児童合唱団、かっこよすぎです。「マイティジャック」は映像に合わせ主題歌からBGMを繋げた組曲形式。これがまた(>_<)。

 観客もご紹介された中野昭慶特技監督だけじゃなく、庵野監督や樋口監督、私の数人前に並んでいた評論家の氷川竜介さん、などなど有名な人もたくさん駆けつけていました。


 その後有楽町で感想会、で更に新宿に移って生バンドカラオケと、充実した3連休最終日でした。。

 明日からまた仕事、頑張れそうな感じ(^_^)v。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180917

2018-09-16

月例会

|

これから弓友宅で久々のBBQ。へべれけになるほど呑むので今日は早めに更新。

ちょっと専門的な話になります。備忘の意味でかきますので、わからない人はごめんなさい。

連休2日目は、所属する弓友会の月例会。今日は昇段者の認許状が全弓連から届き、その認許授与があったので、総勢30名の大人数でした。

昇段された方おめでとうございます。

というわけで人数が多く、通常は一手1回、四矢競技形式二回の計10射ですが、四矢二回の計8射で競うことに。

1位は7/8射、2位〜4位は4/8射で遠近競射、5位は、13人もいて、最初は射詰で的中者残しその後遠近競射となりました。5位決定戦に絡み、最初の射詰は残したものの(5人/13人中)、次の遠近で掃くという…(^_^;)。詰めの甘さが相変わらず露呈…。


 昨日も練習に行ったのですが、先月くらいから手の内が気になり始めて、修正をしています。

 月刊弓道8月号に手の内のことが書かれており、まさに我が意を得た感じで最近実践しているのですが、なかなか慣れません。

 取懸けをする際に"円相"を作り、大木を抱えるように、とよく言われますが、これをすると、手の内でもっとも重要な、天文筋と弓の外竹が離れてしまいます。基本天文筋と外竹を離さない事で弓が安定するわけですから、ここは打ち起こしの時には既に外さず弓手と弓は直角になっていないといけない。今まで、大木を抱えるように、とか、円相とかいうから、大三に入るところで天文筋に弓が嵌る感じになっていて、ただこれですと矢どころが乱れます。斜面打起こしをするとそれがない、なぜだろう…と思ったら、取懸けの段階から天文筋と外竹がしっかりとあっており、そのまま打起こし、大三、会と天文筋と外竹が外れることがありません。正面打起こしも同様にやることで、弓をしっかりと的に向けることができる。確かに巧くできると思ったところにちゃんと矢が着く。

 なんだけど、なかなかうまくいきません。これちゃんとできるようになったらすごく中る、はず。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ

ecotanecotan 2018/09/17 22:44 昨日はありがとうございました。
立射の競技方式は、あのスピードについていくことに必死で、いつも気ばかり焦ってしまいます。
今回は、後ろでheeさんがいろいろと声をかけてくださったので、緊張が随分和らぎました。
ウルトラマンの眼鏡だから飛んで行く...というのは面白かったです(^^)
今月末に試合があるので、頑張ります。

ひ〜様ひ〜様 2018/09/18 07:37 BBQ途中で帰ってm(_ _)mでした。そして、みんなからの素敵な還暦祝いありがとうございました。みんなの気持ちが嬉しくて涙がでてきました(TT)ところで、月刊弓道の8月号の取り懸けの手の内についてですが、うちの会の講師のS先生は、随分前から講習会で同じことをずっとおっしゃっていました。あらためて凄い先生なんだな〜と思うと同時に、言われたことを実践できていない自分が情けないです。トホホ(^^;)

heehee 2018/09/18 21:23 >ecotanさん
月例会お疲れ様でした。競射まで進んで素晴らしかったです。同じ立は初めてでしたかね?試合の時は、前の人を追い越さなければ無効にならないので間合いを見てやれば大体うまくいきますので緊張しなくても大丈夫です。ウルトラマンコラボの眼鏡、弓道の時に使うと必ず飛んじゃって、最初に掛けた支部講習会の時も見事に矢道に飛んでいきました。そういう運命の眼鏡なのかもしれません。。
再来週の秋季大会、私もエントリーしています。楽しい大会になるとよいですね。

>ひ〜様
赤尽くしの弓具セット見たかったなぁ。使ってくださいねw
faceに私だけupしましたが、あの後が面白かったんですよ〜。
手の内の件もですが、弓道って教える先生毎に言い方がまちまちで、でもおそらくみんな正しい。それをどう解釈するか、実践して試行錯誤するしかないと思います。最近課題になっているのは、手の内と離れ。これがまともにできればもう少し的中率も上がるんですけどねぇ…(^_^;)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180916

2018-09-15

めっきり弱く。

|


 最近あんまし呑んでいないせいか、家では缶ビールとかジュースみたいなチューハイ1本でかなり酔う。

 9%とか飲むと覿面で、飲んで横になってるとそこで爆睡、起きたら2時だった。

 うちはリビングで寝た人は1回は声をかけるけど、そこで起きない場合は電気を消す、という暗黙のルールがある。今日もそんな感じ。

 外で飲んでいる時は帰巣本能のおかげでそれほど酔いは回らないのですが、うちでは駄目ですねぇ。

 そんな感じなので、原則家で飲みません。飲んじゃうとその後なにもできなくなります。時間限られてるのに寝ちゃうの勿体ない。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180915

2018-09-14

「宮川泰テレビテーマ・ワールド」

|

宮川泰 テレビテーマ・ワールド

 衝動的にポチってしちゃいました。

宮川泰(みやがわひろし)は、言わずと知れた「宇宙戦艦ヤマト」の作曲者ですが、60年代、70年代の歌謡曲、TV番組のテーマソング挿入曲をたくさん作曲しています。このCDは、に宮川泰の創ったTV番組のテーマ曲テーマソングばかりを集めた作品集です。twitterで発売されるのを知り、amazonで見てみると、誰もが一度は耳にしたことがあるはずのなんともすごいラインナップ。

大ヒットバラエティ、コント番組のオープニング

シャボン玉ホリデー (『シャボン玉ホリデー』(NTV)より)

ゲバゲバ90分!テーマ (『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』(NTV)より)

が来て、NHK、日テレお昼の番組のテーマ

・ ひるのプレゼントテーマ (『ひるのプレゼント』(NHK)より)

・午後は〇〇おもいッきりテレビテーマ (『午後は〇〇おもいッきりテレビ』(NTV)より)

日曜日必ず見ていた寸劇と減点パパ、南伸介司会のNHKの

・ お笑いオンステージの歌 (『お笑いオンステージ』(NHK)より)

最近は「チコちゃんに叱られる」のオープニングにもなっている、

カリキュラマシーンのテーマ (『カリキュラマシーン』(NTV)より)

カリキュラマシーンからは、番組内で流れていたお勉強曲なんだけどなんか面白い

・「3」はキライ!

・ タイルを置こう

♪あいつの頭はあいうえおとかすげえ懐かしい(>_<)。

・行の唄

コント中で使われた

・ブギウギ・ライフ

・カリキュラ・ア・ゴーゴー

・カリキュラマシーンのテーマ (ジャズ・ヴァージョン)

アニメも!

・宇宙戦艦ヤマト (『宇宙戦艦ヤマト』(YTV/NTV系)より)

・真赤なスカーフ (『宇宙戦艦ヤマト』(YTV/NTV系)より)

は勿論、西崎義展プロデューサーと初めて組んだ、

・わんさかワンサくん (『ワンサくん』(KTV/CX系)より)

レースアニメの中で抜群にかっこいい主題歌、エンディング

・グランプリの鷹 (『アローエンブレム グランプリの鷹』(CX)より)

・レーサーブルース (『アローエンブレム グランプリの鷹』(CX)より)

日テレ朝の情報番組、「ズームイン朝」「ズームインSUPER」のオリジナルオープニング音源

・ズームイン!朝 (1979~) (『ズームイン!!朝!』(NTV)より)

・ズームイン!朝 (1998~) (『ズームイン!!朝!』(NTV)より)

ズームイン!!SUPERオープニングテーマ

とその前の

ジパングあさ6 タイトル (『ジパングあさ6』(NTV)より)

などなど、全38曲。

私たち世代は勿論、結構新しい曲もあるので若い世代も聞いたことがある曲があると思います。これはお勧めです!

こういう作品集がCDにまとまって聞けるという、ほんといい時代です。

宮川泰 テレビテーマ・ワールド

宮川泰 テレビテーマ・ワールド

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180914

2018-09-13

「静人日記―悼む人II」

|

静人日記 悼む人II (文春文庫)

天童 荒太著・文春文庫

 「悼む人」の続編。といっても本編の後日談が語られるのではなくて、静人の約7カ月の旅日記をそのまま物語とした日記文学。あたかも静人とともに悼みの旅に同行しているかのような感じを受ける。

 悼みの旅は、前作を読んでいる時からどうしても理解ができず、もやもやしたまま上下巻を読了した。今回も同様。静人の行動、会社を辞めてまで悼む旅を続ける気持ちはわからないではない。でも家族や、静人に意見をする市井の人々の「まっとうに仕事をしろ」という声の方がよりシンパシーを感じます。

 日々何人もの人が死ぬ。病死、殺人事件、災害、最近でも関西の豪雨、北海道の大地震で多くの人が亡くなった。ニュースでは「死者何名、行方不明者何名」と数字でしか語られない。人が死ぬこと、しかも全くの他人が死ぬことを全身で受け止めて、犯人だろうが被害者だろうが、善悪の区別なくその人の善き行い、愛し愛された事柄を記憶しておきます、と唱えながら悼む行為にどんな意味があるというのか。

 死は乗り越えるもので、記憶し続けるものではない、と思います。勿論付き合いのあった人は折に触れて思い出すことは供養にもなるでしょう。それがお彼岸とかお盆とかのシステムとして組み入れたのが日本の仏教ではないかと。別にお彼岸とかお盆とか命日じゃなくても、思い出すのはいつでもよいと思うのです。たまに「あの人面白かったよなー」とか「世話になったよなー」とか「優しくしてくれたよなー」とか。それを赤の他人が「憶えておきます」といわれても、亡くなった方やその知り合いの人はうれしいものだろうか。

 静人の悼む旅は、あくまでも静人の心のすきまを埋める旅であって、悼まれる側への行ないではないと改めて思いました。だから、鎮魂の旅ではなく、悼む旅なんだと思います。

 確かに日々亡くなっていく人々の中には、悼まれることなく忘れられてしまう人もいると思います。それらの人々の死まで受け入れていたら生活ができません。静人の旅は日常生活から逃げる行為です。何も生み出すことはない。静人を諫めた、亡くなった親友の「自分のやるべきことをやって一人でも多くの人を救う事が死んだ人に対する餞になるんだ」というのが正解だと思います。

 でも静人の旅から目を離すことができない。憧れる気持ちがどこかにある。静人のやっていることを肯定したい気持ちもある。だからページを繰る手が止まらない。

 巻末の東日本大震災の災害現場を訪れる天童荒太のあとがき風エッセイがよい。自分も当時何度も復興ボランティアにいったので気持ちはよくわかります。


 深く考えさせられる本なので元気な時に読むのをお勧めします。

静人日記 悼む人II (文春文庫)

静人日記 悼む人II (文春文庫)

あ、本編を読んでからの方が良いです。

悼む人 上 (文春文庫)

悼む人 上 (文春文庫)

悼む人 下 (文春文庫)

悼む人 下 (文春文庫)


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180913

2018-09-12

実家に。

|


 来週のお彼岸に行けない為、今日代休とって実家に。

 前回行った時、除草剤を撒いておいたおかげで、庭は結構きれいだった。でも除草剤撒いていないところはやはり繁茂しており、除草作業をする。それほど広くはないけどそこそこ大変。

 で、まずは、前回行けなかった清掃センターに不用品とかゴミを捨てに行く。昨年の母親の逝去以来清掃センターに持ち込んだゴミ、不用品がついに1tとなった。そうそう、私の五月飾りの鎧兜一式捨てました。結局小さい頃数回しか飾らなかったんじゃないかな。今の家に引越してからはずっと押し入れに入ったままだった。買った時は高価なものだったんでしょうが、うーんいらないな。うちの長男の時は、五月人形、飾り、鯉のぼり全然買わなかった。カミさんのお父さんに当時まだ高かったファインダーからの映像がカラーの新型8mmビデオカメラを買ってもらいました。

 その後、お寺さんに行ってお彼岸の供養料(卒塔婆代)を納め、お墓の掃除。

 うちのお墓は、母親の実家の近くにある菩提寺で、敷地内に母親の実家の墓があり、うちの墓の隣は叔父の家の墓(寿陵)なのですが、実家からでも車で20分くらいとやたら遠い。母親が亡くなってからしばらくは一人で車に乗って墓掃除やお参りしていたようですが、亡くなる1年くらい前から自分で運転ができなくなり、私や姉貴が実家に帰った時じゃないと墓参りできなくなった。電車に乗って一駅(といっても田舎だから駅間は遠い)乗って、バス便がないのでタクシーに乗っていかないと行けない。私と姉貴は反対したんだけど、そもそも子供の意見を聞かない両親なので仕方ありません。おかげで簡単にお墓参りもできません。

 で、今日墓掃除をしていてふとみると、うちのお墓から母親の実家が見えるんですね。お寺から母親の実家までは300mくらいあるんですが、その間は母親の実家の田んぼなので手放さない限りは何も建たず常に実家が見える。「そういうことかー」と合点した次第。実家に愛着あったんでしょうね。うちの父親も自分の実家よりも母親の実家の方が好きだったみたいだし、これはこれでよいのかな。墓石も自分たちで気に入ったものを立てたし、私たちの都合でこちらの市民霊園とかに入れるより、あちらの方が知り合いも多いだろうし、しばらく墓参りしてなくてもお参りしてくれている人がいるようなので、その方が幸せなのかもしれません。


 お墓があると何かと大変。私的には

 ♪私の〜お墓のま〜えでぇ〜、泣かないでください〜、そこに私はいません〜眠ってなんかいません〜

 にかなり共感しているので、死んだら実家の墓に入るのは嫌だし、ほんとはどこか適当なところに撒いちゃってくれていいんだけど、そういう訳にもいかないでしょうから、樹木葬とかで全然いいなぁ。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

 

洋子洋子 2018/09/13 17:23 男の子がいるとそれはそれで大変そうですね。
家は妹が嫁いで私は独身、名前継ぐ従兄弟たちに拒否られて父の実家は墓じまいしました。
両親と私は東京タワーの真下の合同墓地に権利買ってあります。
ついでに思い出してもらえる程度で良いのかと思いますしね。

heehee 2018/09/14 03:28 >洋子さん
両親とも田舎の古い人間だったので旧来のシステムの中でしか生きれなかった。大切なことなのかもしれないし、小さいコミュニティの中で生きているなら良いのですが、現代社会では、残された人にとって負の遺産なんですよねぇ。
 東京タワーの下の共同墓地、いいですね。東京タワーを見ることで洋子さんを思い出す。遠くからも見えるし、これはなかなか良いです。私もいいところ探しますw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180912

2018-09-11

「昭和40年男VOL.51 俺たちを育んだ「熱愛」」

|

2018年10月号

心待ちにしている唯一の雑誌「昭和40年男」最新刊。今回の特集は「俺たちを育んだ「熱愛」」そういえば、昔はTV、映画、漫画に「熱愛」が溢れていましたねぇ。 表紙は「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」の古代と雪の超巨大戦艦に特攻する直前のシーン。この時、雪は既に息絶えていて、古代は雪の亡骸とともに艦長席に座り、雪への想いを語ります。


雪。やっと二人きりになれたね。君には苦しい思いばかりさせて、ごめんね。これからいつも一緒にいるよ。人間にとって一番大切なものは愛することだ。でも、僕が一番大切なものは君だ。君への愛だ!雪、好きだ。大好きだ。大きな声で言える。雪。僕たちはこの永遠の宇宙の中で、星になって結婚しよう。これが二人の結婚式だ。


くーーっ泣ける(>_<)。死を美化しているとか、安易に登場人物を殺し過ぎるとか色々言われるこの作品ですが、公開時はヤマトクルーの愛にみんな涙したものです。


その他、我々世代を愛まみれにした作品やクリエイター、カップルなどをこれでもかと解説。

part.1 震えた作品として、ヤマトの他、『池中玄太80キロ』/『蒲田行進曲』/『トラック野郎』シリーズ/熱血教師の採点表(「夕日ヶ丘の総理大臣」「3年B組金八先生」「熱中時代」)

part.2 教えてくれた人として、大島 渚/川内康範/山田太一/阿久 悠

以下、梶原一騎の作品、ウルトラヒーロー、手塚治虫、音楽などを取り上げています。。

連載特集は21歳(昭和61年)。大学3年で、希望していた上代文学のゼミにも入れて、放課後の部活も沢山の後輩に囲まれて、彼女(今のカミさんね。)もできて、一番充実していた時かもしれません。

昭和40年男には年齢に相応しく「健康講座」も。今回の特集は、なんともタイムリーな「耳鳴り」…(^_^;)。

同年代のカミさんと話していたのは、「このテーマなら、さらばヤマトが表紙もよいのだけど、やっぱ「愛と誠」のラストシーン、もしくは、岩清水弘の「早乙女愛よ、僕は君の為なら死ねる」だよねー。純愛というなら、高原由紀と蔵王権太も純愛だよねー」と。

f:id:hee:20180912060248j:image:w360

f:id:hee:20180912060259j:image:w360

私も同感です。「愛と誠」は、最初から最後まで暑苦しいほどに熱愛です。

振り返ってみると私たちは、何のてらいもなくまっすぐに愛を語る主人公たちに気恥ずかしさを憶えつつ、共感した最後の世代かもしれません。


2018年10月号

2018年10月号

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

すずむし’64すずむし’64 2018/09/13 20:08 毎回、表紙が購買意欲をそそりますよねぇ(*^ω^)

heehee 2018/09/14 03:31 >すずむしさん
私たち世代直撃ですよね。今回の特集も良かったです。本屋さんにいったら立ち読みしてください。でも立ち読みすると、気が付いたらそのままレジに行ってるという…(^^)v。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180911

2018-09-10

出張中

|

今日明日、久しぶりに御殿場出張。

明日講師2枠。

頑張りま〜す♪


=追記2018.09.11=

 同じ内容の30分間の講習。2回目でPCの電源が抜けてしまい、10分中断。何とかカリキュラムは話せましたが、焦った(^_^;)。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180910

2018-09-09

眼鏡新調2018

|


 この前に眼鏡を買ったのが、2015年4月、これは2011年に買った遠近両用が見えにくくなり仕事に差し支えるようになったので、仕事用に"中近"レンズにしたものでした。すると、弓道をやる時に的が見えない為、弓道の時は、これまで使っていた遠近眼鏡を使っていました。

 2013年にウルトラマンとJINSがコラボした眼鏡が結構カッコよくて衝動買いしたのですが(その時のBLOG→http://d.hatena.ne.jp/hee/20130721)、そのレンズは遠近両用ではなくて近視レンズの眼鏡にしています。見た感じは普通のシルバーセルフレームなんで、仕事場にしていっても違和感はないのですが、あくまで遊びで使おうと思って買ったので仕事ではかけず、遊びの時に使うようにしています。近視用なので弓でもたまに使ってます。

 で、仕事で中近、それ以外で遠近を使うということは、朝出掛けに掛け直さないといけなくて、たまに間違って遠近を仕事でかけていっちゃうことがあるとPCが見えにくく仕事にならない。中近の近眼が進んでいるよう。。という訳で、眼鏡を新しくすることにして、先週検眼とフレームを選んだものが今日完成、取りに行きました。

今回はこんな感じの奴↓

 f:id:hee:20180909204649j:image:w360

枠がメタルの黒、下がノンフレームと、今かけているものとそんなに違いがありません(^_^;)。カミさんに見せたら「全然変わんないじゃん」、といわれました。眼鏡はあんまし冒険しないのです。

ブランドとか気にしなかったのですが、Made In SABAE JAPANって書いてありました。国内メガネフレームの名産地、福井県鯖江市製らしい。安いメガネ屋さんのフレームは中国製が多い。掛けたらすごいフィットしてよかったんだもん。値段見たら結構たかくてびっくりでしたが、眼鏡は数年は使うものだしやっぱ違和感がないのがよい。

 それよりもレンズが高かった。今回度が進んだおかげで、今以上に遠近境目にゆがみが出ます。なので、その歪みが少ない奴にすると、最高16万とかする。さすがにそこまではかけられないので、下から2番目のにしました。それでもフレームの倍の金額。でもねぇ、弓で的が見えないorゆがむのは避けたい。出費は仕方ありません。コンタクトにするって手もあるんですけど、コンタクトしたことないので怖いんです…。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

ecotanecotan 2018/09/10 00:29 フレームがオシャレな眼鏡ですね。
私も年々、老眼がきつくなってきたため、平日、仕事は遠近両用コンタクト、休日の弓道では、近親用のコンタクトと、使い分けています。
遠近両用コンタクトで遠くも近くも視力が出れば、使い分ける必要もないのですが、遠近両用は、人によって、遠くを見る視力が出にくいそうで、私もそのタイプでした。
heeさんの眼鏡の話を読んでいて、ふと、思い付いたことがあるのですが...
私は、巻藁と的前で、同じようにやっているつもりなのに全く違っています。自分で意識を変えないようにしないといけないのでしょうが、どうしたらよいか聞いてみたら、的を見ないようにするとか、目を少し閉じてみるとか、いろいろ練習するしかないとのこと。
そこで、的を意識しすぎないように、逆に的が見えにくい状況を作るのもあり?と...
次回コンタクトを変えて試してみて、何かしら変化があると良いのですが...

heehee 2018/09/10 06:53 >ecotanさん
ありがとうございます。デザインはまぁ変に目立たなければ何でもいいかなと思ってました(^_^;)。あくまでも機能重視でw
巻藁と的前は私も違います。先生には「的に囚われている」と言われます。的前に立つと、中てないと…という意識が強まり、正射の基本である射法八節が疎かになってしまう。的中はあくまでも正射の結果なので、的に囚われないようにするというのが正解らしいので、「目を瞑る」とかはそういう意味で、とはいえ的付はしないととんでもないところに飛んでいくので一応的は見ないといけないと、私は思いますw

ecotanecotan 2018/09/11 01:46 ありがとうございます。
おっしゃる通り、的は見ないといけないですねw
修行頑張ります。

heehee 2018/09/11 20:31 >ecotanさん
私も少しでも綺麗な射で中るよう頑張ります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180909

2018-09-08

「一礼して、キス」

|

 

一礼して、キス コミック 1-7巻セット (Betsucomiフラワーコミックス)

加賀やっこ著・フラワーコミックス。

 弓道漫画、というか弓道部所属高校生の恋愛漫画。昨年映画化もされました。本編全7巻+特別篇(は読んでない)。

 弓道ものというのは数えるほどしかなく、なるべく読む用意しています。とはいえ、基本的に漫画という媒体故"学生弓道"を扱ったものばかり。唯一時代劇で三十三間堂通し矢の歴史を扱った「弓道士魂」がかなり硬派な感じで好き。

 「一礼して、キス」は昨年映画化された時、結構好きな加藤エライザが主演ということもあって気にはなっていたのですが、恐らくさほど当たらなかったのか気が付いたら終わっていました。

 映画にしても漫画にしても、弓道を「目に見える媒体」にする場合、「弓道をしている人は弓道描写に対して厳しい」という、かなり高いハードルがあります。素晴らしい射をする人を、それだけ多く見ているとか、細かい指摘を受けるので、そういうところができていないのに、作劇上名人級扱いされているというのがどうも納得できない。それ以上に基本の射法八節すらまともにできていないのに100発100中とかありえないわー、とか思ってしまいます。

 「一礼して、キス」もまぁ弓道の面から言えば??というところもあります。県連の重鎮、錬士九段って…(^_^;)。九段なら範士ではないかと。いやいや、もしかしたら昇段審査は受けるけど称号審査を受けない人なのかも…。いやぁないな。

 称号(錬士・教士・範士)審査は、

  五段→(称号試験をうける)→錬士五段

    →(昇段審査を受ける)→錬士六段

    →(称号試験をうける)→教士六段

    →(昇段審査をうける)→教士七段

    →(昇段審査をうける)→教士八段

    →(称号推薦をうける)→範士八段

 ときて、九段、十段は、試験ではなく推薦名誉段位みたいな感じ。名誉段位を受ける人が錬士というのはありえないんじゃないかな。

 

 学生弓道の経験がないのでよくわかりませんが、3年とか4年とかの短い期間で的中数を競う大会をクリアしていかないといけないという状況であれば、まずは中ることが大切で、多少体配や射形の乱れは仕方がないのかな。

だいたい、腕を弦で打ってしまうのは角見が利いていないからで、それでもバンバン中っちゃうっていうのもどうも解せない。

 

 「一礼して、キス」は、先輩女子とインターハイで優勝しちゃうくらい上手な後輩との恋愛ストーリー。少女漫画にありがちな紆余曲折が部活を絡めて進む。後輩男子から一方的に惚れられて、タイトル通り、やたらキスシーンが出て来るのはよいけど、せめて道場外でやって欲しいと思うのは私が歳をとったからか。たぶんこういう展開は読者層からは受けるんだろうなぁ。男の子はみんなかっこいいし。

 あぁ、高校生の頃から弓道やって、こういう青春送りたかったなー(^_^;)。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180908

2018-09-07

足に来た。

|

 齢53歳に終日立ち仕事はきつい。

 帰ったらぐったりと倒れ込み、足がつって3時頃激痛で起きる。。

 つーか、も少し身体鍛えないと駄目だね。とくに足腰。

 明日も仕事、休日出勤頑張る。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

すずむし’64すずむし’64 2018/09/08 21:49 今日も休出、お疲れ様でした(ーー;)

自分は昔っから一日立ち仕事(工場勤務)なので
慣れっこですけど、最近は帰宅時の
駅の階段は膝がギシギシいってますね(汗)

heehee 2018/09/09 07:16 >すずむしさん
寄る年波にはかてません(^_^;)。それでも2日間で1000万近く売上あったので、結果オーライ。骨身を削って仕事に邁進。柄じゃないんですけど仕方がありません…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180907

2018-09-06

「ハゲタカ」

|

 テレビ朝日系で、7月から放映されていました。全8回。本日最終回でした。今期で全話ちゃんと視聴できたドラマの一つ(今のところ「義母と娘のブルース」と「この世界の片隅に」は全話観れてます♪)。


 バブルを発生させて平成という30年間で敗戦処理をまともに行えなかったのは、団塊の世代の無能な連中です。

 戦前戦中世代が、無私で戦後の復興を成し遂げてくれたにもかかわらず、戦後の繁栄の中で何も学ばず自由な空気の中で学生運動に明け暮れ、またはノンポリでぼんやりすごした連中。60年代後半から70年代に社会人になり、まるで蝗のように大量消費社会を牽引した。自分達が無能な消費者じゃなく、社会を動かしていると勘違いしてバブルを産み加速させていく。多くは定年を迎えたが、その残滓が今も社会の上層部に生き残っている。

 日本をつぶしたのは明らかに団塊の世代です。老人に対してこういうことを面と向かって言うと血圧が上がって死んでしまいかねないのですが、全てではないにせよ、彼らの大量な人数による猛威は経済を混乱させるのに十分でした。何でもかんでも彼らをターゲットにすることで売上利益を生むことができる。こんな簡単なマーケティングはありません。

 さらに問題は、彼らが次の世代、団塊ジュニアに日本の美点を何も引き継がなかった。おかげで、団塊ジュニア世代以降日本の家族制度は完全に虫の息。自由であることを謳歌して、責任を回避する人間が大量に生まれた。


 「ハゲタカ」は、今から11年前に2007年にNHKでドラマ化されました。大森南朋が外資ファンド"ハゲタカ"の鷲津政彦、銀行マンから企業再生家に転身する芝野健夫を柴田恭兵、銀行役員から副頭取になり見るからに狡猾な鷲津のライバル飯島亮介に中尾彬。そのほかの役者さんも含め、ドラマとしての完成度は格段に上です。今回の再ドラマ化、不安でしたがすべて観ました。よかったのは、原作では重要な話でしたが、前回のドラマでは完全にオミットされた日光みやびホテルとその支配人松平貴子との話を盛り込んだこと。サムライファンドメンバー(佐伯[杉本哲太]、中延[光石研]、リン・ハットフォード[太田緑ロランス])はキャラも立っていてよかった。綾野剛もがんばってはいたけど、肩に力が入り過ぎ。終始カメラ目線で睨みつけて、どすの利いた声を無理に作るのは無駄でした。アラン[池内博之]もがらっぱち過ぎてあんまし知性を感じなかった。。

 わたし的にはNHK版に完全に軍配をあげるのですが、2018年、平成も終わる今年に「ハゲタカ」を再ドラマ化したのは、まさに現在もまだ居座っている70代の団塊の世代の経営者に引導を渡す役割があったのではないかと思うのです。偉そうなことを言っても、しょせん蝗の王です。散々食い物にされた日本を私たち以下の世代がどうやって再生させられるか。バトンが渡された気分です。

 しっかし、この40年で日本は結構ズタボロになりました。名だたる企業が世界で戦えなくなり、外資、特に中国資本に乗っ取られ、下支えをしていた中小企業、町工場もどんどん会社を畳んでしまう。我々以下の世代は「寄らば大樹の陰」が沁み込んでいて、小さな工場で技術を磨くよりも大企業でサラリーマンを目指します。そういう画一化した価値観の頸木から外れる世代が私たちの子どもたちの世代で、間違いなく増えているような気がします。もっとも少子化で絶対数が少ないのが難点ですが。

 バブル前夜からバブル、そして平成30年間を総括する為に物語が語られる必要があった。そう思いたいです。

 これはこれでよくできていました。でも音楽も含め、NHK版を越えることはできませんでしたね。これを機に大森"鷲津"復活してくれないかなぁ。


敢えてNHK版のテーマを貼るのは意地悪過ぎか…w

D


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180906

2018-09-05

「石ノ森章太郎の物語」

|

石ノ森章太郎 の物語 [ 生誕80周年 - 石ノ森自身が描いた15の自伝的ストーリー 漫画作品集 - ] (SAN-EI MOOK)

 正式名称「石ノ森章太郎 の物語 [ 生誕80周年 - 石ノ森自身が描いた15の自伝的ストーリー 漫画作品集 - ]」

石ノ森章太郎著・ 三栄書房(SAN-EI MOOK)

先日、24時間テレビドラマスペシャルで『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語』が放送されて、衝動的にポチってしまいました。

石ノ森章太郎自身が登場する15の短編を集めた作品集です。表紙には代表作が描かれていますが、これらの作品が載っているわけではないのでご注意を。

石ノ森作品は「サイボーグ009」をはじめかなり読んでいます。ここに編まれた作品も2/3程度は読んでいました。

トキワ荘時代の話は、何度も描かれていますし、先日のドラマでも描かれていた内容ですので目新しさはありませんが、仙台の田舎から上京して漫画(萬画)家として苦悩しながら大成した様子がひしひしと伝わってきます。

1989年、萬画宣言をして、以降漫画を「萬画」といっていました。

 1.萬画は万画(よろずが)です。全ゆる事象を表現できるからです。

 2.萬画は万人の嗜好に合う(愛されるし親しみやすい)メディアです。

 3.萬画は一から万(無限大の意も含む)の駒による表現です。

 4.従って萬画は、無限大の可能性を持つメディアである、とも言えるでしょう。

 5.萬画を英語風に言えば、Million Art。Millionは百万だが、日本語の万と同じく「たくさん」の意味があるからです。頭文字を継げればM・Aです。

 6.M・Aは即ち”MA”NGAの意。

約30年経っていますが、定着はしなかったですね。散漫の"漫"ではなく"萬"を使うことで、大衆芸能的なものから芸術的なものに立ち位置一段上に変えたかったのかもしれませんが、そういうものも含み、更に言えば現在海外でも愛好者の多い日本漫画はカタカナの「マンガ」と呼ばれて「漫画」よりもよりグローバルになったと思います。そういう意味では、石ノ森の考え方は浸透していると思います。

ストーリー漫画の合間に、こういったエッセイ風の漫画も描いていた。本当に漫画を描くために生まれた人でした。

今年は生誕80年、没後20年の節目の年でした。60年代の作品でも決して古びず今読んでも作品のテーマに感銘を受ける。稀代の作家さんでした。

石ノ森章太郎に外れなし、です。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180905

2018-09-04

Typhoonと台風

|


 今回の台風21号、関西方面では凄まじい猛威を振るったようで。関東でも風は強かったけどまるで関東を避けたかのようなコースでした。

 さて台風って、英語でtyphoon(タイフーン)って言いますが、これってどっちが先なんだ?という疑問があって調べてみた。

 チコちゃん風に言うと

 「ねぇねぇ岡村ぁ〜、台風ってなんで台風っていうの?」って感じ?


 台風を古く日本では、野分き(のわき)と呼んでおり、「源氏物語」第二八帖の巻名にも使われている。■気象用語としては、風速32.7メートル以上の強風を「颶風(ぐふう)」と呼ぶのが一般的で、明治時代末に、当時の中央気象台長「岡田武松」が「颱風(たいふう)」を使い、当用漢字が定められた1946年以降は、「台」の字が代用され「台風」となった。■「台風」の由来は以上だが、「颱風」の語源は以下の通り諸説あり、正確な語源は未詳である。

1.台湾や中国福建省で、激しい風のことを「大風(タイフーン)」といい、それがヨーロッパ諸国で音写され「typhoon」となり、それが再び中国や台湾へ入り、「颱風」という字を当てはめた。

また、中国福建省あたりでは、もともと「台湾付近の風」という意味で、「颱風」が使われていたという説もある。

2.アラビア語で、ぐるぐる回る意味の「tufan」が、「typhoon」となり「颱風」となった。

9〜10世紀にはインド経由の西アジアと中国の交易が盛んであったことや、宋や元の時代にはイスラム船が頻繁に中国に来航していたことから、台風の影響を受けたアラブ人の言葉が転じたという説はもっともらしい。

3.ギリシャ神話の風の神「typhon(テュフォン)」が、「typhoon」となり、「颱風」となった。

(語源由来辞典より一部転載/http://gogen-allguide.com/ta/typhoon.html


いずれにしても、typhoon→「颱風」→「台風」という事っぽい。


チコちゃん風に答えると、

「台風の事を台風っていうのは、"ぐるぐる回る"って意味」(諸説あります)。かなw


 そんな台風で、会社は定時退勤命令。ふと「そーいえば、サマージャンボ確認してなかった」と思い、買ってから財布の中に入れっぱなしだった宝くじが邪魔になってきたので、窓口で確認してもらったら、あたり2枚。「ん?2枚?」1枚なら300円と分かるけど2枚?え?え!

 3,000円当たりました♪合計3,300円。すっごい久しぶりに元とった〜。関西方面の方に申し訳ありませんが、台風が運んでくれた幸運でした。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180904

2018-09-03

「無理させて無理をするなと無理を言う」

|

 

 サラリーマン川柳の名句です。

 9月に入り初出社。今月からPCシャットダウンが早まる。これまで火曜水曜が19時、それ以外は20時だったのですが、今月からそれが1時間早くなり、火水が18時、その他が19時となる。

 いや別に会社が好きなわけじゃないから、早く帰れるのは有難いんですが、そんな私でも月に数回は遅くまで仕事をしないといけない日はやっぱりあるのですよ。

 勤務時間を制限する事が労務管理というのは、ちょっと違うと思う。こういう強制的な事をしなくたって早く帰るときは帰るし、どうしても終わらなければ何とかやりくりをする。極端に仕事量が誰かに偏るようなことなく、そんな中でもちゃんと後進を育てる。そういう事ができる管理職のいかに少ない事か。結局強制的にPCをシャットダウンするとか、消灯をするとかでしか管理ができない。無能な管理職が蔓延り、その無能な管理職に育てられた部下がまた昇進する。。

 

 正直、尊敬できる上司というのは皆無に近い。いいところがある人は勿論いるけど、尊敬できる程の人といわれるとそういう人に会ったことないな。仕事ができない人、適当な人、なんでも人に任せる人、すぐに逃げる人は論外、仕事はできるけどそれだけの人というのも×。仕事以外の話題と言ったら、ゴルフ、野球くらいの人。駄目ですね。話題が日経新聞だけというのもつまらない人。そもそも日経新聞を嬉々として読んでいるってだけで×です。仕事が終わらないといって 休日に私服で会社に出てきてしまう人。家にいる場所ないのかな。他にすることないのかな。

 会社がすべてというのはある意味幸せなのかもしれません。休日に遊ぶのも会社の人、定年退職しても元同僚や部下の太鼓持ちとつるんでゴルフに行く…。なんだかなぁ。

 というわけで、私的にはアフターファイブが充実しそうな予感。といいつつ、通勤が片道1時間半では、早く退社できても家に着くのは8時頃。。もっと近いところにならないかなぁ。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

S子S子 2018/09/04 00:53 片道1時間半は結構な負担ですよね〜
「まだ寝てる 帰ってみれば もう寝てる(遠くの我家)」というサラリーマン川柳を思い出しました。

heehee 2018/09/05 19:47 >S子さん
げんみつには1時間20分なんですけど、バスを入れると4回乗り換え、ずっと立ちっぱなしってのは結構大変です。長くても乗り換えなしで座れればさほど辛くはないんですけどねぇ。でももっと遠くから通ってる人もいるし、1.5時間程度は泣き言行っちゃいけないですよね…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180903

2018-09-02

練習

|

 今日は朝から雨。

 昨日は仕事、次の土曜も仕事と2週連続で土曜練習に行けないので、行くことに。ほんとは雨の日に弓道具持って移動するの嫌なんですけど、ここで行かないと2週間練習しないことになるので…。

 弓道場に着いたら本降りになってきた。

 矢を射る「射場」と的が掛けてある「的場」は屋根がありますが、射場と的場までの矢が通る広間「矢道」の部分は野天です。矢を取りに行く「矢取道」にも屋根がないので、傘を差して取りに行くのですが、裾はびしょぬれ。矢道の部分も屋根のある屋内弓道場が羨ましい…。

 学生は放課後、練習しようと思えば毎日でもできるでしょうが、現役社会人は会社が終わってから練習というのは定時退社できるような人や時間がある程度自由になる主婦以外は週1、2回がやっと。しかも土日出勤も月に数回あり、あと弓以外の趣味もあったりするから、練習できる時はしておかないと、1,2週弓道場に行かないなんてことも結構ある。ゴム弓という、射場に行かなくても練習できる道具もありますが、やっぱり矢を飛ばさないとわからない感覚というのは間違いなくあり、行ける日はなるべく行くようにしています。

 

 一度仕事と家庭が忙しくて弓道から離れた時期がありましたが、その時はあまりに射場に行けなかった為に行き難くなって休会してしまいました。1回行かなくなると、日常のルーティンから外れてしまうので、再開してからは、多少行けない日があっても、臆せず練習にいくようにしています。

 学生の部活じゃないのだから、自分のペースで出来ればよい。でも弓道っていろいろ細かい所作があるので、あまり離れていると忘れてしまう。なので出来る限り時間をみつけては射場に通うようにしています。ひさしぶりに行っても「忙しかったんですかー」と温かく迎えてくれるのも社会人弓道ならではかと。

 とはいえ、間を明けずに練習行こうと思います。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

 


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180902

2018-09-01

続ける意味。

|

 先日発表された、当blogの親元「はてなダイアリー」終了の報。

 当blogは開始14年(それ以前の記事は、個人hpから開始時に転載)。記事を書いた日数4648日。06年4月から毎日更新。

 mixiもいまだに続けています。twitterfacebookもやってます。Instagramは登録はしていますけど殆ど投稿していません。mixiは、趣味関係、faceは本名なので、学友、会社関係が主になっています。twitterは色々。mixi日記はblogと連携、faceには時々連携しています。私とSNSの付き合いはそんな感じです。

 このblogが一番古くて更新頻度も高い。頂くコメントも記事を読まれたまったく知らない人からもあったりして、結構面白い。

 1日1回更新をしているので、日記みたいな感じ。とはいえ書けない事もたくさんあるからここに書いてあることがすべてという訳ではないけど、自分の思っていることであることは間違いではない。


 SNSを利用している人って、自己顕示欲旺盛とか承認欲求が強いとか云われますが、私の場合、そういうのとはちょっと違うと思ってます。

 ほんとは、趣味の話とか毎日でもしていたいんです。でもさすがにできない。弓の話をする仲間とかディープな(といっても私程度の軽いオタ話でも)アニメ、アニソンの話はできない。逆もまたしかり。音楽や美術の話もまた同様。そういうごった煮的多趣味世界を心の赴くまま発散できる場所、それがこのblogだったりします。

 (気概だけ…)とついているのは、"日々"雑感といいつつ、毎日書くつもりは毛頭なく、実際最初の数年は気が向けば書いていた程度だったんですが、話しておきたいこと、書き留めておいたら面白そうな事って実は結構あって、そういうことって意外と忘れてしまったりするので、それを定着させておくために、なんとなくく書いていたら毎日更新していたっていう…。既に12年も毎日更新していれば、充分日々雑感になっているので、(気概だけ…)はもう外してしまってもよいとは思うのですが、そこはそれ、やっぱ逃げって大切なんでそのままにしておりますw。

 さて、はてなダイアリーで更新できなくなるのは決定なので、今後どうしましょうか。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村


 

ecotanecotan 2018/09/06 01:53 1週間ほど帰省していたり、傷めた腰の整体に行ったりで、審査後ずっとお休みしていた練習に、今日、久々に行きました。
その日にうまくいかなかったところを振り返って、よし、今度こそ!と思って次の練習に行くのですが、毎回同じことを繰り返している気がして...
そこで、heeさんを見習って、私も今日からスマホで弓道日記をつけることにしました。
どのアプリがいいのかわからないので、とりあえず「無地日記」にしてみました。
heeさんのブログは楽しみに拝見していますので、形は変わっても、ずっと続けて下さいね。

heehee 2018/09/08 05:59 >ecotanさん
私も代休だったので午前中練習に行きました。すれ違いでしたね。
毎回同じところを繰り返している…。私も同じです。
でも半年前とは恐らく違っている、1年前とは明らかに違っているはずです。弓道は河原で石を積むようなもんではないかと。気が付いたらそこそこ高い山になってる(^_^;)。。
自分なりに記録をしてみる、言われた事を自分の言葉で書き留めるというのは、とっても良いことだと思います。ずっと続けれれるとよいと思います。気になったことは臆せず聞いてみるというのも大切で、人によっていうことが違ったりするので、同じ事をいろんな人に聞いて自分なりの答えを見つけるのもありだと思います。
blogとりあえず春まではこの「はてなダイアリー」で続けます。閉鎖日程が決まるまでどうしようか考えようかと。blogでしか繋がっていない人も多く、稀に作家さん本人からコメントを貰えたりする貴重な場なので、続けたいんですけどねぇ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hee/20180901