日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2019-01-20

信じる者は自分のみ−国体強化練習会5回目

|

 

 国体強化練習に参加してきました。

 指導を受けてる最中はボロボロなのに、自由練習になると中りやがって、メンタルの弱さが改めて課題と自覚。

 基本、練習の方が試合とか審査よりも中る傾向が強いです。練習の時にいくら中っても本番で中らなければだめじゃん。。人に見られていると思うとそれだけでどこかに力が入ってしまう。「かっこいー」って見られたい気持ちが強いんでしょうねぇ(^_^;)。


 最後に先生からこんな言葉がありました。

 この強化練習に参加をしている人は、全員基本はちゃんと出来ている人です。これまでの弓道経験の中で四矢皆中を出したことない人いないでしょ。それは決してまぐれではなくて、間違いなくそういう射ができた人という訳です。ところが、それが毎回でない。それはなぜかというと、自分を信じていないからです。

 弓道は個人競技です。研修会をやっていて他の人の指導を受けているのを聴き「そういえばそこ自分も出来ていないよな」と思い、そこを直す必要はないのです。指導者は、その人が現時点で一番注意しなければならない事を伝えているので、指導を受けている時は、他の人の指導に耳を傾けるよりも、自分が注意されたことに専心することが重要だということです。

 中る中らないは結果です。ですが、常に中るようになる為には、皆中した自分を信じて同じように射をできるようになることが必要です。


 他人ではなく自分の射を見つめて、癖をなくすこと。しかし長い間の積み重ねでついてしまった癖は、そう簡単に直りません。真摯に癖に向き合うことでしか、癖は直らない、とも。

 

 本当にその通りだと思います。じぶんが弓道を選んだのも個人競技である点です。とはいえ、試合となるとチームを組みますので単純な個人戦ではありません。自分の的中数がチームの勝敗に掛かってきます。

 チームに迷惑をかけないようにする為には、自分の技術を磨かないといけない。それも相手がいる話ではなく、すべて自分の日々の努力如何に掛かってきます。

 

今回も(射は相変わらずでしたが)大変勉強になりました。

次回は来週。一応最終回となりますので、これまで学んだ事を先生に見せられるとよいなぁ。というのも邪念なんですけど…(^_^;)。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

2019-01-13

ハレ・ケ同一−国体強化練習会4回目

|

 

 昨日の自主練では、かなりの的中で弾みがついたと思ったのもつかの間。今日の国体強化は酷かった…。それでも間違いなく技術的に向上してるなと思う今日この頃。

 「練習は本番(試合・審査)のように、本番は練習のような気持ちで」とはよく言われることです。これって、日常生活でもいえる事ですが、なかなかそのようには行きません。

 練習は細かなところに気を付けつつ気軽にやっているので、結構中りが出ます。ところが本番になると、先生方の視線、ギャラリーの多くの視線の前で緊張し、「中てなくちゃ…」という思いが先走って、変な力が入ってしまいます。緊張が巧く作用すれば勿論良いのですが、矢どころが乱れ失敗してしまう事が多い。

 最初の立で言われたのが「弓に任せる」ということ。弓と喧嘩をしてはいけない。弓の力を最大限矢に乗せるのが人間の仕事。その為にどんな場においても平常心で射ることが大切。

 ハレとは「晴れの舞台」とかいいますが、生涯に一度ほどの大事な場面のこと。ケとは日常のこと。成人式のお着物を晴れ着といいますね。晴れ着とは折り目・節目の儀礼で着用する衣服のこと。一方で普段着のことを昔は「ケ着」といったそうです。

 「ハレ・ケ同一」とは、ハレの場であろうとケの場であろうと、常に同じ心持ちでいることが、矢の乱れをなくし、外から見ても美しくかつ的中も確実。これが弓道の目指すものだといわれました。

 そうなんですけどねぇ。上手くいきません。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村




 

 

 

 

2018-12-28

2018引き納め

|


 本当は今日までお仕事でしたが、休みを取りました。

 やらないといけない事があると逃げたくなるのは世の常。いつも弓の練習をしているところが公共施設の為、今日が今年最後ということで納射に行ってきました。

 8中/18射 44.4%。まぁ今年を表すような微妙な的中・・(^_^;)。とりあえず一手2本中てて終了としました。


 夜は弓友と飲み会、終電まで盛り上がる。

 趣味の話で5時間話せる友達がいるっていうのは、この年齢では貴重ですよね。

 会社の人との飲み会ってどうも好きになれません。毎日通勤電車で日経新聞を器用に折りたたんで読んで、会社で仕事をして、帰りに同僚と会社の悪口、顧客の悪口を肴に飲んで帰る。土日は同僚とゴルフか、打ちっぱなしで練習。そういう生活もどっぷりつかれば楽しいのかもしれませんが、私は出来ませんでしたね。そういう生活を楽しめる人が出世するんでしょうけど、当然、御多分にもれず出世からも縁遠く。出世したくなかったかと言われれば、否定する気もないのですが、そういうサラリーマンとしての道にどうしても乗れなかったというのが真相で、結果的に出世を望んでいなかったということになります。

 仕事は生活の糧、遊ぶ金欲しさです。

 仕事で学ぶこともスキルを身に付けることもできたけど、あくまでも利害関係でつながっている会社で友人を作るというのはちょっと違うとずっと思っています。勿論、仕事を円滑に進めるために、知り合いを作り、友好な関係を結ぶのは必要な事ですが、必要以上に慣れ合うのはどうも性に合わなかった。そもそも社内でそういう慣れ合った関係で仕事をうまく運ぼうとするのは邪道だと思います。あくまでも仕事の上で有用な能力を持っているか否かが大切で、そこにかつて部下だったとか上司だったとか、よく呑みに行っていた、何度もゴルフに行ったなんていう、能力以外の事で評価してはいけない。まぁそういうことを言っているのは私だけで、世の中はそういう目に見えない部分で回っているんでしょうけどねぇ。

 定年退職をして、振り返っていなかった家にずっといることになって家族に疎まれ、新しい趣味をしようと思っても、どこの世界でも現役時代からやっている人がいて、会社の中では管理職で上の地位にいた人がそういう世界ではペーペーになる。それに耐えられず新しい世界への一歩を躊躇する定年諸氏が多いといいます。

 あ、定年退職後を考えて弓をやっているわけではありませんが、少なくとも会社にしがみつくのはやめようとは思っています。

 退職後も年金支給まで否年金支給後も働かないといけないですが、とりあえず慎ましやかに生活できるだけの給料があるっていうのは、まぁよいかなと思っています。


というわけで、(最近流行りの慣用句)平成最後の納射。無事終了。中りは相変わらずで、勿論まだまだ問題山積ですが、納得できる射が前より出るようになってきたと思います。

この調子で、また一歩ずつ進んで行ければよいなぁ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村


 

 

 


 

ひ〜様ひ〜様 2018/12/29 17:04 昨日はお疲れ様でした。何とか電車で帰れましたよ(^^;)昨夜は楽しかったですね\(^0^)/還暦を過ぎている私をいつも誘ってくれる弓友のみんなには本当に感謝しています。この歳になって、仕事以外の仲間ができたことに感謝です。ありがとうございますm(_ _)m私も自分の射には悩んでいて、自分より入門教室で後から始めている人に参段昇段をされそうですが、まっ、自分のペースで焦らないでこつこつやっていきます。来年もどうぞよろしくお願いいたします。よい年をお迎え下さい。

heehee 2018/12/30 00:19 >ひ〜様
お疲れ様でした。相変わらず楽しかったですねー。仕事以外の、利害関係なくフランクにお話しができる友人というのは本当に大切だと思います。ひ〜様はじめ皆さんと仲良くさせて頂いて、私もすごく嬉しいし、ほんと感謝しています。
弓道をやっていて、射について悩みのない人はいないと思います。昇段はステップかもしれませんが目標ではありません。なので自分が納得いく射ができたと思った時に審査を受ける程度でよいかなと思っています。ただ昇段することで見えてくる世界は間違いなくあります。なので実力が身に付いたと思ったら確認の意味で受審してみるという感じで良いかと思います。
今年も大変お世話になりました。
楽しい時間をありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018-12-27

とんびコート

|

 [キョウエツ] 和装コート 着物コート トンビコート インバネス ウール混生地 メンズ (M, 黒)[キョウエツ] 和装コート トンビ インバネス 二重回し ウール混生地 新素材 メンズ (LL, 黒)

インバネスコート。スコットランドのインヴァネス地方で生まれたとされているためこう呼ばれます。明治期に日本に入ってきて、和服の袖が邪魔にならないことから日本に定着しました。和装用のコートで袖なしのロングコートにケープがついていて、「二重回し」といったりします。とはいえ、洋服が日常となった現在ではあまり着る人はいませんね。

弓道着の時は、筒袖なので通常のコートでも良いのですが、袴、和服の時は袖が邪魔で大体たくし上げてコートを着ていました。それでも良いのですが、移動時間が長くなると袖に皺が寄ったりするので和装用のコート欲しかったんです。

とんびなら袖を出して着れるので袖をたくし上げる必要もないし、シルエットもかっこいい。和装だけでなく普段使いもできなくはない。

というわけで、買っちゃいましたw

これでこれからの季節も和服着たまま道場に行けます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

ひ〜様ひ〜様 2018/12/29 10:04 いいね〜これ(^0^)/是非着てきて!

heehee 2018/12/29 13:56 >ひ〜様
これで防寒対策万全です(^_^)v

2018-12-16

月例会とクリパ

|


 今年最後の月例会(納射会)。昨日に引き続きいまいちな感じ。入賞に絡むことなく今年の競技は終了。

 夕方から、所属するカラオケの会のクリスマスパーティという名の忘年会。日本酒好きも多い為、日本酒もたくさん持ち込む。月例会があったのでカラオケには参加せず。というか、今年1年たぶんこの会参加していない。くりぱだけ。 

 しかし…、昨日今日と寒かったせいか、帰ったら熱っぽい。やばいなー、来週は年内最後の忙しさ。インフルとかじゃなければよいのですが。。

 明日は、会社の忘年会。明後日はお客様との忘年会。何とか体調回復しますように。。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

 

ecotanecotan 2018/12/17 20:12 定例会、お疲れさまでした。いつもいろいろ教えていただいてありがとうございます。
体調の方は大丈夫ですか?お忙しくて、なかなかゆっくり休めないと思いますが、お大事にして下さい。

heehee 2018/12/18 06:46 >ecotanさん
納射会お疲れ様でした。あと1本で競射入り惜しかったですね。月例会はもっとも参加のハードルが低い競技会です。ここで慣れて対外試合にどんどん出て場に慣れていくとよいと思います。ecotanさん、射形もきれいですし、あっという間に昇段しちゃうんでしょうねぇ。どんどん追い越しちゃってください〜。
体調は会社に行けるくらいは元気です。もっと弓引きたいんですけどねぇ(^_^;)。

2018-12-15

無作為の作為−国体強化練習会 第3回目

|


 国体強化練習会 第3回目参加してきました。

 今回は午前中近的、午後遠的というカリキュラム。この冬一番の冷え込みとの予報通り、弓道場は死ぬほど寒かった…。

 寒さのせいもあり、身体がこわばりいい射が出なかった(というのは言い訳なんですけど)。

 この練習会、国体強化というのでさぞすごい練習をしているかのように思われる方もいるかと思いますが、指摘されるのは私に限らず基本的な事が多いです。例えば、背筋を伸ばす、矢筋に離す、開き足の角度、残心(身)の形、歩き方座り方…。全て弓道教本の第1巻に載っている事柄ばかりです。基本を大切にすることが一番だということを思い知らされます。

 私が今回指摘されたのは、とにかく"力を抜く"こと。

 

 「不作為の作為」とは、法律的な用語ですが、私としてはこの言葉が弓道にピッタリだと思いました。

 結果を出す為に"「何もしない」という事をする"

 例えば、相手を殺したいと思った時、直接手を下すのは作為的殺人ですが、今にも息絶えそうな相手にまさに死が迫っているのが判っていながらあえて何もしない。これが無作為の殺人ということになります。


 「力が入り過ぎ」「力を抜いて」「ガチガチ」これまでの講習会でも何度も々々言われ続けていましたので、結局同じことを指摘されたにすぎませんが、なんとなくストンと腹に落ちました。

 弓道って道具もシンプルですが、極論を言えば「矢を飛ばして的に中てる」だけ。矢にも弓にも的に中てるという意思は当然ありません。射手は矢をまっすぐに飛ばすという意思は必要かもしれませんが、的に中てる(中る)というのはあくまでも結果。

 更に、矢を飛ばすために一番必要な事は、弓の力を100%矢に乗せるということ。そこには「矢を的に中てよう」とかいう気持ちは邪念でしかなく、弦を引く際に必要なのは、弦の引く強さと等分の力のみで押さえる力のみ。

 つまり弓を引くために必要なのは、余計な事をせずに弓の力を矢にのせる事だけ。その為の小細工は一切不要ということになります。

 弓道は邪念との闘いです。無理なく構え、無理なく射行し離す。ただそれだけでよいのだということ。中らないのは邪念があるから。

 次回の練習会は1月。"何もしない""無理しない""意識しない"を念頭に練習を続けようと思います。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村


 

2018-12-08

寸暇を惜しんで。

|


 13-17時までカラオケ。その後飲み会だったのですが、来週国体強化練習があるのに明日は練習できない為、参加せず帰宅して弓道場に行きノンストップ約2時間で34射。

 毎日2時間くらい的前に立てれば、もう少し上手くなるんだけど、週1.2回では、なんか掴みかけた感じで終わり、消化不良。ウィークディも練習できるとよいのだけど、帰宅時間が早いとか、射場が近くにあるとか様々な好条件が重ならないと現役世代は難しい。

 また来週いっぱい注意されちゃうなぁ。1日24時間では足りません。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

2018-11-25

県大会

|


 恒例の秋の県大会が4つの会場で開催されました。私の参加した会場は104組520名の参加。4つ矢一手×5名の計20本中羽分け以上で来週の本戦に駒を進められます。

 結果。予選敗退、いつもの事です(^_^;)。

 開会の矢渡し後すぐの立でしたが、午前中で30立くらいで予選通過は5組くらい。今年は思った以上に予選通過少ない感じ?

 早い立だったので、同会から参加の1組のみ見て意気消沈のまま帰宅。県大会に皆さん出場しているので午後道場でやっている"フォローアップ講習"のお手伝いに。初心者の人の指導補助ですが、初心者の方の射を見ていると、逆に自分が注意しなければいけない点が判り勉強になるものです。

 弓道って、映像を見たりするとみんな安土に届いて、中る中らないなんていいますけど、そもそも初心者の人は安土にすら届かない。的中以前に細かな動作が頭に入っていない。弓道は難しいなぁと改めて思います。私も講習会とかでは先生に散々駄目だしされますので、指導なんてできない、と思っていましたが、それ以前の方にとってはまだ一日の長があるかもしれません。自分の事も大切ですけど、一人でも多くの仲間を作っていくのも大切だよなと改めて思いました。始めてみたものの弓道難しいから辞めちゃうって人も多く、やっぱもったいない。

 初心者の方々に混じって一手だけ的前に立ったら2本とも的中。おいおい、試合の時に中れよ…と心の声(^_^;)。

 弓道ってメンタルスポーツと呼ばれるくらい精神の状態が射に出ます。私は本当にチキンなので、練習でも100%中るわけないのに、試合とか審査になると途端に中らなくなります。確実に試合、審査の方が的中率は悪い。4つ矢で最後の1本を抜いてしまうなんてこともざらにある。こういう精神的弱さを克服しないといけないなぁと常々思っています。

 巷では3連休でしたが、そのうち2日間終日弓道漬けで学んだことも多く、充実の連休でございました。


 にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

2018-11-23

国体強化練習会 第2回目

|


 国体強化練習会 第2回目参加してきました。

 今回と次回は遠的も練習カリキュラムに含まれます。

 実は、弓道の中でも60m先の的を狙う遠的競技、結構好きです。矢の滞空時間が長くて、特に晴天の日の遠的はとても気持ちが良い。とはいえ近的よりよく中るということはありませんが…(^_^;)。

 今回の国体強化練習は、勿論国体選手を目指す人の集まりではあるのですが、全員が出るわけではなく、その中で、体配、的中共に県代表に相応しい人を選出する為であると同時に、弓道選手を育成し次代の県代表を創っていくという側面もあります。

 私の現在の実力からすれば、200%県代表になれるわけではないです。それでも、県内の優秀な先生に直接指導を受けられ、同じく県内から集まったハイレベルな人の射に触れることができる機会としては、今後弓を続けていくとしたときに必ず得るものがあると思っています。正直自分レベルが参加をしているのはその他の方々には迷惑かもしれませんが、そんな気持ちなんで温かい目で見てください。。

 しかし今回はいつもにもまして酷い内容でした。射形も体配も悪く、当然中らず。直されれば直されるほど中りは遠のき、もう的前になっているのが恥ずかしくなる程でした。。

 

 先生から冒頭挨拶で、「国体という的中を競う場だからといって、的中のみを求めるのはいけない。的中する事も勿論重要ではあるけれど、御座なりにしがちな体配を極めることも同じように考えないといけない。付け焼刃で出来るほど体配は甘いものではない。昇段審査においても的中することは大切で、つい的中至上になりがちだが、体配も見られる審査において、的中に自信のある受験者が、一夜漬けで体配をやろうとしても、逆にそれが気になって、射に集中できないということはよくある事。射の練習時間が確保できない社会人だからこそ体配を完璧にしていくことは、決して無駄な事ではない」と言われました。

 体配とは、弓道では、「基本の姿勢」と「基本の動作」、それと「弓を引く時の動作」に分けられます。

・基本の姿勢…立った姿勢、腰をかけた姿勢、座った姿勢、つま先を立てて座った姿勢

・基本の動作…座り方、歩き方、停止中の回り方、歩行中の回り方、座っているときの回り方、礼の仕方、揖

・弓を引くときの動作…立射、坐射

あと目線を気を付けることも各場面でよく言われます。

この中で特に、「基本の姿勢」と「基本の動作」は重要ですが、これらは、日常の中でも十分応用が利くことで、それを意識しながら生活をする事は実は弓道の練習にも繋がります。

実はこれらを意識せずにできるようになると、周りの人から立ち居振る舞いが美しいとみられたりします。一挙両得ですね。

先生はこう締めくくりました。

「弓道はかっこよくやってこそ。道着や弓矢を持つ姿だけじゃなく、弓道をやっている自分をもかっこよく見てもらえる。それが体配です」

そうそう。

弓道をかっこよく見せるのは、中りばかりではない。末端まで神経を行き届かせた立ち居振る舞いが、人の目にかっこよく映るものです。

そういう気持ちで今後も弓道に対して真摯に臨んで行こうと思います。

という訳で、一緒にご参加の皆様、温かい目でもう少しお付き合いくださいませm(__)m。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村



 

ひ〜様ひ〜様 2018/11/24 08:47 なるほど。勉強になります。私からすれば、この練習会に参加できるだけでも貴兄を尊敬します。また、練習会で得たポイントの書き込み期待大(^0^)/。まっ、まずは明日はチームの恥にならないように体配も含めしっかりやりたいと思います。でも自信なし(^^;)

heehee 2018/11/24 13:31 >ひ〜様
国体強化ですから中ることは大前提なので、中る為の技術のみに腐心するのではなく「体配を疎かにしてはいけない」という事を言いたかったんだと思います。
弓道では体配と射技は車の両輪。どちらも大切ですね。
明日はとにかく初参加の人に試合の面白さを感じてもらえるよう私たちも楽しみましょう!

2018-11-18

月例会

|

 記念すべき?第90回月例射会。22人中5位入賞でした。うーん微妙な順位。でもまぁ2週間ぶりに弓持っての入賞は偉いえらい、と自分で自分を褒めたい。商品はなし、賞状だけ。

次の週末は1カ月ぶりの国体強化練習の2回目と県大会予選。頑張ります…。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村 

S子S子 2018/11/18 22:26 おめでとうございます😊
22人中5位は間違いなく上位だと思いますよ!

heehee 2018/11/18 23:05 >S子さん
ありがとうございます。いつも通り詰めが甘い感じで(^_^;)。