日々雑感っ(気概だけ…)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2019-01-24

エスカレーター歩行の是非

|


 基本は「歩くべきではない」という論調に同意です。でも歩くなという方の論拠が弱すぎます。

 2列分の片側をあけることで運ぶ人数が増える。

 →利用者が多い時は、歩きたい人も多く、(関東では)右側には歩かない人がいるが左側には歩きたい人がほぼ各段におり、運ぶ人数は隣を開けている方が間違いなく多い。

 関東では右手しか使えない人(関西では左手しか使えない人)が、右側が空いていてもレールをつかめず危ない。

 →歩く人はレールを掴まない。片手しかつかずしかも足もご不自由な方の為にエレベータが設置してある駅も多い。

 本当は歩きたくない人も安心できる

 →歩きたくなければ止まっている方に立てばよい。自然と上に運ばれるのだから。

 時間に余裕を持てる人が増える

 →特に朝は気持ちが急いている人が多い。確かにみんなが余裕を持っていればよいですが、人間は取り残されることに恐怖を感じます。

 歩くと危ない。

 →これは確かに危ない。しかし歩く人が注意すればよいこと。それこそ、回りに目を配って危なくないように歩けばよい。

 同調圧力に打ち勝つ精神力を鍛えられる

 →日本人は右向け右、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」民族。そんなところで精神力を鍛えていると、余計なトラブルに巻き込まれる。特に朝、みんなイライラしている時に平然と歩行側に止まっていると碌な事になりません。


 利用者のマナーに期待してもそのマナーが浸透するには半数以上の人がその行為を止めないと片側空けはなくならないでしょう。

 今のところは歩かない側に静かに立っている方がよい。そして歩く時は充分注意して歩く。歩かない派の人が正義感を出して「俺は梃でも動かない」ってしても、周りの人が迷惑するだけ。

 一人一人の意識は大切ですが、時と場合によりけり。さほど混んでいない時間帯なら、両側とも歩かない人が増えてきています。まずはそれでよいのではないかと。

 並行掲載→http://hee.hatenablog.com/

(コメント凍結になりました。コメントは新blogにお願いします。)


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

2019-01-23

インフルエンザ猛威

|

はてなblogへのインポートが全然終わらない。まだ2012年だからあと9年分…(^_^;)。

とりあえずしばらく並行掲載をします。http://hee.hatenablog.com/


  • ☆-

 会社では、支社内でインフルエンザに罹ると「○○課の××さんがインフルエンザ罹患。〜日まで出勤停止です」とメールが飛んできます。ここのところほぼ毎日。こんなことは初めて。

 おかげさまでうちの課では罹患者なし。私も予防接種受けてないけど今年はまだ大丈夫。毎日食べてるR1ヨーグルトのおかげかな。

 体力の弱っているお年寄りが亡くなったり、熱でふらついてホームから転落して亡くなったり、立憲民主党の枝野代表もインフルエンザに罹ったりと当たり前だけど無差別にウィルスが広がってる。

 まだしばらく流行は続きそう。とりあえずうがいと手洗い励行で、なんとか罹らないで済むとよいなぁ。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

 

2019-01-21

SNSは危険というけれど…。

|


(当面の間hatenablogに同記事をアップします(http://hee.hatenablog.com/)こちらへの本日以降コメントはblogに移行されないと思います。)


 twitterInstagramfacebookmixi、そしてblogも広義の意味的にはSNSと言えるかもしれません。

 インターネット上の発言は、消すことはできません。不用意な発言をしたことに気が付いて側溝消しても後の祭り。一度ネット上で発言した内容は、元を消したところでどこかに保管され拡散されていきます。

 そういう意味では"怖い"というのは間違いありません。

 しかしだからと言ってそこから遠ざかっていては何も始まりません。

 blogを13年も続けていて、ツイッターやインスタは殆どやっていませんが、face、mixiはほぼ毎日アクセスしています。そういう生活を10年以上続けていれば、どのような発言が危険か、どういった写真を上げるとまずいかは大体わかってきます。

 せめて1,2年分くらい読めばなんとなくわかるかもしれませんが、このblogも単一の記事だけ読んでいても私の事は特定できないように書いているつもりです。もっとも、読んで頂いている方は、そもそも私のお知り合いの方が6,7割だと思いますが。


 SNSリテラシーはやってて初めて身に付くもの。

 例えば危険だから子供にマッチを触らせちゃいけないとか、刃物は危ないから鉛筆は鉛筆削りで、とかそういうことをしているから、危険が身に付かずナイフを振り回す輩が出てくる。

 火は熱いもの。触ったら火傷してしまうこと。小さな火でも条件によっては大きな火になってしまうこと。

 刃物を当てて引けば切れること。切れたら血が出て痛いこと。

 こういうことは自分で経験して身に付くことです。少なくとも私の世代まではそうでしたが、私の子どもたちは"危険なもの遠ざけられた世代です。

 

 発信するのが大好きなインスタ女子は気を付けないといけないと思います。1日の生活を家を出てから帰るまでインスタに投稿しているなんて、私生活もろバレ。狙われたら確実に特定されます。

 facebookも友達限定はデフォ設定です。

 mixiはハンドルネームだから特定はしにくいけど、今や招待制ではなく、しかもオフで知り合った人で危ない人がいたりすると危険です。

 blogは…垂れ流しですね(^_^;)。

 過激な事は書いていないつもりですが、政治思想もなんとなくわかってしまいます。

 

 とはいえ、ネットに限らず、発言に注意するのは生きていて当たり前の事。人を傷付ける発言とかしてはいけないし、特定の個人を傷付ける発言もしてはいけない。

 つまりはそういったことの訓練にもなったりします。

 もし悪いことをしたら、最近はfacebookから引用されてニュースに出たりします。

 私が悪いことをしたら、blogなんか、マスコミにかっこうのネタ提供になっちゃいます。

 だからこそ悪いことはできない、と、blogを続けていることが、自分を律する事にもなったりします。

 

 私にとってこのblogは、「調子にのってちょっと油断すると悪事に走りそうになるからその為の首輪みたいなもの」ということで…(笑)


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

2019-01-18

はてなダイアリーの終焉

|


 いよいよこの「日々雑感っ(気概だけ…)」がお世話になっている「はてなダイアリー」の終わりが近づいてきた。1月28日をもって記事の更新が停止になる

 記事はそれ以前の個人ホームページ時代のものを2003年8月分から載せていますが、正確には2004年2月28日からスタ―ト、2006年4月1日から毎日更新を現在まで継続しており、昨日時点で総記事数4787日 (4675日間継続中)、2019011811:54現在総ページビュー数2,300,252(カウンター開始2006/7/26)でした。

 今後は同じはてなが運営する「はてなblog」に移します。一昨年前に一度移してしてみたのですが、無料版ですとランダムに表示される広告がうざい。とはいえ、有料版はこれまで267円/月が、600円/月と倍以上になる。払えない額ではないし、遊びと思えば安いのですが、年間7200円って考えると、私のblogなんてそこまで払ってするもの??と思ってしまいます。もしはてなblog見ている方で広告邪魔だな〜と思ったらコメントに入れてください。検討します。

 04年といえばblogが爆発的にはやり始めた頃でした。この頃blogやってた人も多いと思います。私も仕事上お客さんにblogを勧めたりしていたので「自分もやってないのに勧めるのはおかしいよな」と思い、始めました。その後毎日更新を進めていながら自分が更新していないのはまずいと思い、2006年から毎日更新するようになってもうすぐ13年になります。一番長く続いているのは、読書記録で、これは18歳からだから39年続けています(途中データが飛んで2年分くらい消えてますが…)。

最初は本当に1日にあった事とか思った事をだらだら書いていました。しかも気持ちだけは毎日更新しようと思っていたので(気概だけ…)と付けています。結果的に(気概)がちゃんと奏功して本当に毎日更新していますが、大変だな、面倒だなと思うこともないわけではありません。

 はてなダイアリーの終了とともに、「日々雑感っ(気概だけ…)」やめようと思っていたのですが、思った以上に読んで頂いている方が多そうなので、移転をして続けようと思います。

 基本は同じURLでしばらくの間はミラーリンクされるらしいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

すずむし’64すずむし’64 2019/01/19 01:53 ウチラが2000年から立ち上げた『会社帰りにアニカラでストレス発散』オフもYahoo!掲示板(現在はテキストリーム)が今月中で閉鎖になるので新しい引っ越し先を探すのが中々大変でした(;^_^A 色々なサービスが閉鎖になって寂しいですなぁ(ノ_<。)

heehee 2019/01/20 07:13 >すずむしさん
企業ですから製品の改廃はある程度仕方がない事ですが、今のままでも十分な使い慣れたものを止めなければならないのは残念です。
しかも無料利用も可能とはいえ、いろいろと制限を外すと利用料が倍以上になるというのはどうも納得いきません。かといって他社のblogサイトに移るのもいろいろと問題があって出来ない。
ここまで続けてきたものを辞めるのもちょっともったいなく、月に3-4000pvされていることを考えると、見ている方にも心配をかけてしまうし、もしかしたら楽しんでもらえているかもしれない。
というわけで、とりあえず移行作業を進めておりますが、三日掛かってまだ移行できていません…。
 いずれにせよ来月には新しいフォーマットでご覧いただくことになります
何か不具合があったらご連絡くださいね。

2019-01-15

あとどれくらい。

|

 生きられるんだろう。誕生日を迎えそんなことを考えた。

 昨年の厚労省の発表では、男性の平均寿命は81・09歳でした。健康寿命は大体9歳短くなることを考えると、72歳。今の年齢から差し引くと、18年がいろいろと遊べる期間となる。

 定年まであと6年なので、定年後だと12年。でも定年したからといって遊んでいられる余裕もないし、もらえるかどうか判らないけど65歳の年金時給を考えると残り7年。

 1年で本を約100冊読むとして、72歳までであと1800冊。絶対目は悪くなるし、集中力が持たなくなるんですよね。

 映画を年20本観るとして360本。同じ映画を何度も見ている場合じゃありません。

 昇段審査は年4回なので、72歳までで72回受審できる。といいつつ、寄付するのも嫌だから実際はその半分以下でしょう。

 春を迎えて花見ができるのは18回。元気にお正月を迎えられるのもあと18回。

 オリンピックが見れるのは、あと3、4回。をを。

 アトムの誕生日(2003年)には間に合ったけど、ドラえもんの誕生日(2112年)には間に合わない。。

 先が見えるというのは、こういう事が十分手の届く範囲に来ることです。

 なので健康寿命を1年でも伸ばすことがまずは大切な事です。

 あらゆる可能性が、年とともになくなっていく。

 小さい頃は扇のように全方位に広がっていた可能性が、年を取るとともにパタリパタリと閉じていく。

 老い先短い人生、面白おかしく過ごしたいもんです。。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

 

2019-01-14

54

|


 blogを続けていると10年前の誕生日はインフルエンザに罹っていました、なんてことがわかります…。

 家族からはおめでとうなんて言葉を掛けられなくなって久しいけど、SNSのおかげで、沢山の友人からメッセージが届くのは大変有難い事です。

 実家の片付けをしていたら、母子手帳が出てきて21時6分に生まれたことを知りました。54歳っていったら、人生もあと少しって感じですが、いまだに色々と楽しいことがあって、生きててよかったなぁと思います。

 この歳になっても、新しい事に出逢えたり、知り合いが出来たりするんだなと、10年前、20年前には思いませんでした。だって50代って人生終盤ですよね。

 お座敷が多いのは喜ばしい事です。ただ身体はひとつしかないので、ブッキングする事が多く、不義理をしてしまう事もしばしば。そこら辺は許してください。

 仕事も相変わらず多忙で、せっかくの休日がつぶれる事も多い。歳をとるにしたがって、体力が落ちてなかなか疲れが取れない。二日酔いは酷くなる。

 仕事は来年で役職定年、数年後の60歳で定年になります。今以上に忙しくなることは恐らく来年まで(と信じたい(^_^;))。まだまだ本も読みたいし、弓道も続けたい。弓友は70歳はバリバリ現役。あと20年は出来そうなので、マスター(範士)は無理でもインストラクター(錬士)くらいになれたらよいなぁ。今は遠過ぎるけど…。

 歌も唄いたい、楽器もやりたい。絵も見たいし、音楽も聴きたい。やりたいことがまだ沢山ある。あ、やりたくないけど片付けもしないと…。

 趣味事なんて、興味のない人にとって見れば二束三文ということが、実家の片付けをしてよくわかりました。趣味で集めたものを次代に繋ぐことを考えるならば、そういうう市場に出すのを躊躇してはいけないのかも知れません。

 断捨離本格的にしましょうかね。

 その為にはまずは健康第一。といいつつ、健康にいい事、何もやっていません。

 この三連休は弓道三昧でした。最近の趣味事は弓道の比重が高い。どの趣味事もそうですけど、弓道は奥が深すぎて適当にやるだけの技術がまだ身に付いていません。今年も弓道中心にならざるを得ないのかなぁ。逃げたくなったら他の趣味事に走ろうっと。

 

 ジョーカーを含めるとトランプの枚数は54枚。54歳は正に最後の1枚のジョーカーかもしれません。楽しくお道化ていながら実は冷静に周りを見ていて、絶妙のタイミングで最強の切り札になったりする。

 めざせジョーカー。

 頑張ります…。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

かのんかのん 2019/01/15 14:27 おめでとうございます。

ある程度の年齢を重ねるとプレゼントをもらう足し算より、実家の片付け、自身のコレクションとの向き合い…とか、引き算の方向になりがちですが、それをできる気力体力があることも喜びなのかな…という気もいたします。
また機会ありましたら家族ともども遊んでくださると嬉しいです♪

heehee 2019/01/15 23:25 >かのんさん
ありがとうございます。
若いうちはどんどん吸収して足し算が掛け算になっていきますが、吸収したものを開放するのが年長者の仕事かもしれませんと思い始めました。いつまでも我執に走るのも粋じゃないですよね。元気なうちじゃないとできない事もありますので、少しずつ身ぎれいにしていこうと思います。
まだまだ枯れるには早いって思いも一方でありますので、まだまだいっぱい遊びます!今年もよろしくお願いいたしますね〜(^_^)/。

2019-01-11

|

♪折れたタバコの吸い殻であなたの嘘が判るのよ〜

は今から45年も前に大ヒットした三味線屋の勇次じゃない、中条きよしの「うそ」。

敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」

1月7日付の新聞3紙(全国版)に掲載した意見広告に出た全面広告。宝島社はこれまでもインパクトのある企業広告を出し、数々の広告賞を受賞しています。

読売新聞朝刊、日刊ゲンダイに掲載された広告は「敵は嘘。」

<いろんな人がいろいろな嘘をついている。

子供の頃から「嘘をつくな」と言われてきたのに嘘をついている

陰謀も隠蔽も改ざんも粉飾も、つまりは嘘。

世界中にこれほど嘘が蔓延した時代があっただろうか。

いい年した大人が嘘をつき、謝罪して、居直って恥ずかしくないのか。

この負の連鎖はきっと私たちをとんでもない場所へ連れてゆく。

嘘に慣れるな、嘘を止めろ、今年、嘘をやっつけろ。>

宝島社からの広告意図は次のように出ています。

<今回の企業広告のテーマは「嘘」です。「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」をメインコピーに、2つのビジュアルを使用しました。連日メディアを賑わしている隠蔽、陰謀、収賄、改ざんの事件など、気がつくと、世界中に嘘が蔓延しています。それを伝えるニュースでさえ、フェイクニュースが飛び交い、何が真実なのか見えにくい時代になってしまいました。人々は、次から次に出てくる嘘に慣れてしまい、怒ることを忘れているようにも見えます。嘘が蔓延している今の世界に対して、嘘についてあらためて考え、そして、嘘に立ち向かってほしい、そんな思いをこめて制作しました。>


 世の中なんて今も昔も嘘だらけです。自分から見たらこちらが真実だけど、相手から見たら真実ではないということはいくらでもあります。いくら事実を示しても受け入れない人はいくらでもいます。そうなると物事を納めるのは3つ。

 ・(力関係で)こっちが折れて嫌々泣く。

 ・痛み分け。

 ・時間が経って忘れるのを待つ(お互いにこれ以上話し合っても無駄という状態)。→実質的には終わっていないので忘れた頃に炎上する可能性あり。。

 "ついていい嘘悪い嘘"なんていうのもない訳ではない、ということが話を一層ややこしいことにする。

 嘘をつかれた方は激怒するけど、かたやこちらはついていい嘘だと思っていたり。

 ただ、意図的に黙っているといところまではありだけど、基本的に嘘は駄目だと思うんです。まして証拠を突き付けられているのに詭弁を弄して逃げたり、大人のする事じゃない。

 謝るのが苦手とか、謝ったら負けだとか思っている時点でもう相手になりません。

 国と国との関係(外交)もマウントポジションの奪い合い。しかしどんなにマウントされてもギブアップしない相手は、審判の裁定を待つしかなく、相手はそれでも負けを認めず、リング外で闇討ちしたりするから気を付けないといけない。

 最近の日韓関係はまさにこれです。

 福沢翁も今から100年以上前に現在の状況を看過しています。曰く、

《左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ》(『時事新報』明治三十年十月七日)

 100年経っても自分のポジションを理解しない国に援助したり、いくら隣国であっても、迎合する必要はもうないんじゃないでしょうか。

 韓国があることで"共産主義の防波堤"とか言われてましたけど、なまじ友好国だと思っていたことがそもそもの間違いで、昨今の状況をみるにつけ韓国がなくなっても、そんなに変わらないんじゃないかと思います。

 竹島問題、仏像盗難問題、慰安婦問題、農産物の種苗盗難問題、徴用工問題、レーダー照射…。次々と起こる韓国相手の問題について、そろそろちゃんとした決着をつけるべき。

 これ対応を誤り、またなぁなぁで済ますとさすがに国民は黙っていないと思うんです。国旗燃やしたり、デモしたりはしないかもしれませんが、民間レベルで脱韓国は今以上に間違いなく進みます。それに支持率下落は間違いありません。

 でも韓国が自分の非を認めるわけはないし、やっかいですね。

 とりあえず、韓流スターをいまだに追いかけている人、もうやめません?


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村


 

 

 

2019-01-09

ホットウィスキー

|


 冬はホットウィスキーをよく呑んでいます。義父がよく呑んでいて、その影響で飲むようになりました。

 ウィスキーは強いのでストレートやロックでもあまり飲まず、かといって水割りやソーダ割など冷たいものはあまり香りが立たず、ビールに飽きた時に呑む感じ。なのでウィスキーは冬のみ。お湯で割ったウィスキーは香りが立って美味しいです。

 入れるのはほんの少しで十分。グラスに1cmも入れませんのでそれほど酔いません。それを、香りを楽しみながらゆっくりと飲みます。

 寝る前にちょっと体を温めたいなという時に最適。

 昔、陸奥A子の短編で「ミルキー・セピア物語」というのがありました。彼と初デート前日の夜、眠れなくて姉が作ってくれたウィスキーのホットミルク割を飲んだ主人公はぐっすり眠れたのはよかったけどデートに遅刻しちゃうというお話しでした。

 ミルキーセピアも胃に優しい感じでよいかも。

 今度やってみよう。。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

 

2019-01-07

遠近・中近

|

 仕事始め。年始が担当顧客よりも遅かったのでそこそこのメール量。見積依頼を何とかこなした。

 

 眼鏡を新調してから2時間くらいで頭が痛くなる。度数が合っていない、というよりも遠近度差がある為に視線が難しい感じ。

 遠近両用眼鏡は、眼鏡の架け替えをせずに近眼用に遠く見えるレンズと遠視(老眼)用に近くが見えるレンズを一枚にしたもの。もともと近眼の私は、眼鏡を掛けないと遠くが見えず、老眼鏡をかけると近くが見えない。眼鏡をかけないと至近距離以外は霞の中。

 遠くを見なくてよい場合、例えば本を読んだりするくらいの距離が保てる場合は眼鏡を外しているのが一番楽で見やすいのですが、パソコン作業などの中途半端な距離の場合は眼鏡を掛けないと見えない。それで仕事中は"遠近"ではなく、"中近"という眼鏡を使用していますが、これだと外出した際に遠くが見えないという不便さがあります。間違ってこの眼鏡で弓道稽古に行ったら的がボケボケで全然見えなかったということがあります。目は中学1年生くらいから悪くなり、以来40年、眼鏡なしの生活は考えられません。

 

 さて、仕事の効率が悪くなる状況を何とか改善する方策はないか。

 目を酷使する私としては、このままでは仕事に差し支えます。そこで、近地用の眼鏡の上にクリップで遠視用のレンズでカバーするのを購入。こんなの↓

 TWOSEEM(ツーシィーム) クリップアップ シニア DRC-004 +1.0

 PC作業中だけかけてやったらまぁよく見える。遠近両用は上が近視用レンズ、下が遠視用レンズになっていますが、仕事をしている最中、姿勢が悪いのかどうしても近視部分や遠視との境目の部分に視線が行ってしまう。

 目のいい人の状態=近視用の眼鏡をかけた状態で、老眼鏡をかけるのが一般的と考えると、近視用眼鏡をかけてその上から老眼鏡をかけることが一番使いやすい。しかもクリップ跳ね上げ式なので、付けたままでもOK。

 そーいえば、昔お年寄りが眼鏡そのものでレンズを跳ね上げる形のものありました。当時はなんでそういう構造をしているのか不思議でしたが、この歳になってわかります。あれは便利。

 カミさん曰く「であるならば近視用のコンタクトレンズを付けて近いものを見る時に老眼鏡をかけるというのが一番かっこよいかもね」と。

 これまでコンタクトしていないんです。なんか怖くて…。私ズボラだから付けたまま寝ちゃったりしそう。よくコンタクト付けている人が目の中でずれてどっかいっちゃった、とか、装着ミスで「痛て…」とか、小さくて透明だから落とすとわからなかったりとか、あまりいい印象ないんですが、背に腹は代えられないから、コンタクト真剣に検討中。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

 

ecotanecotan 2019/01/08 18:45 heeさん、その煩わしさ同感です。私の場合、近眼のみなのでコンタクトで快適生活だったのに、ここ数年、老眼か出始め、仕事でJANを見るのがきつくなり、読みたい本も字がよく見えない...
そこで、コンタクトを、仕事用(遠近両用コンタクト)と休日用(近視用コンタクト)で使い分けることにしたのですが、遠近両用コンタクトがいまひとつ。眼科でも、試す前に説明されましたが、遠近両用では、遠くを見る視力が出ない人がけっこういるとのこと。種類や度数を変えて数週間ずつ試してみましたが、やはり私も遠くがあまり見えない。脳が対応してくれないからだそうです。だから、平日はコンタクトを付け替えないと運転できないんです。休日は、今まで通り遠くはよく見えますが、本やスマホが見えないので、老眼鏡が必須です。
コンタクトにされるなら、種類や度数をいろいろ変えて、試してみてくださいね。ピタッと合うものが見つかるといいですね。

heehee 2019/01/08 21:33 >ecotanさん
目は年とともにみんな見にくくなってきますよねぇ(^_^;)。
通常は、近いものを見る為に老眼鏡を掛けますが、私、裸眼ですと30cm以上離れると何も見えなくなりますので、中距離から遠距離を見る為に眼鏡が必要になりますが、遠近両用は扱いが難しいです。遠近コンタクトも知ってはいたのですが、遠近両用眼鏡がこんなに大変なのにコンタクトはさらに大変だろうと怖くて…。そこでカミさん方式で近視用コンタクトとリーディンググラスを作ろうと思っております。
本に映画に絵に目を酷使してるんで、逆に目が見えなくなると出来なくなる趣味が沢山。いつまでも趣味を楽しめるように労わっていこうと思います。あ、もちろん仕事も。弓も的が見えないと中らないですね。見えても中ってないですけど(((^_^;)。

2019-01-06

お休み最後の日

|


 10日とかあってもあっという間だったなぁ。

 今日も弓にいって4時間約50射。新年射会と思っていたら日程変更になっていました(^_^;)。でも称号者の先生がいらしたので、肌抜きのポイントや、最近の悩みどころを教えて頂くことが出来てラッキー。来週からは毎週国体強化練習があるのでいい弾みになりました。

 映画を観て、絵を観に行き、お酒を飲んで、弓を引く。遠くに旅行に行ったりすることはなかったのですが、場合によってはそういうのもよい。悠々自適な生活も日頃の稼ぎあってこそ。明日からは遊ぶためにお仕事々々…(^_^;)。

 次の長い休みはゴールデンウィークの10連休。旅行でも…と思ったら、既にこの頃の人気企画は軒並み満員、新幹線飛行機の予約も大変なことになっているらしい。料金も通常の倍とか3倍とか。この時期を外してまた近場で遊びますか。。

 今年もいっぱい遊びたい。

 その為にはまずは健康第一。身体が資本です。

 腰と膝爆弾抱えてます。今のところ我慢出来ていますが、いつ痛くなるかわからない。。

 寝ている時にたびたび呼吸していないのでCPAP装着してないといつ死ぬかわかりません。。

 耳鳴りは相変わらず。調子がいい時はSG(SoundGenerator=補聴器みたいなの)付けてなくても大丈夫なんですが、静かなところや仕事中はとにかくキーンキーンうるさい。小さいから失くしそうで怖いし。。

 ナイトガード(これもオーダーメイドで作らされた)装着して寝ないと歯がガタガタになると脅されている。。

 入院するとか死に至る病とか、余命何ヶ月みたいな大病ではないのですが、あちこち軋みが出てきています。寝たきりになって生き長らえても面白くありません。そこまで生にしがみつくつもりは毛頭ありません。

 そんな身体と付き合いつつ、今年も楽しい1年になりますように。。 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村