Hatena::ブログ(Diary)

平民新聞

 

2016-12-04(日)

今日は何も書く事がない…。じゃあ書かなきゃいいじゃないかと思うが、書いておこう。朝はカップヌードル総選挙で1位になった香港代表「香辣海鮮味」コンビニにあったので買っておいたやつ。それにカルディで買ったメキシコ産ハラペーニョを添えた。ハラペーニョのピクルスは、メキシコにいる時にはどこにでもあった。最初は食堂や屋台にあるものを食べていて「なんだこれ、うまいぞ」となり常備したい欲が出て、スーパーででかい缶詰のやつを買っていたのだが、最終的には唐辛子を大量に買い自作していた(このあたり http://d.hatena.ne.jp/heimin/20130801/p1)。自分の日記を「ハラペーニョ」で検索してみると、毎日ハラペーニョばかり食っていた事がわかる(http://d.hatena.ne.jp/heimin/searchdiary?word=%A5%CF%A5%E9%A5%DA%A1%BC%A5%CB%A5%E7)。日本にいるとこれ作れないなあ、不便だなあと思っていたが、なんの事はない、カルディ様でメキシコ製のおいしいハラペーニョ瓶が売っている。ありがたい。そのまま食べてよし、弁当に入れてよし(←これ、おすすめ)、カレーにそえてよし、海鮮系のカップラーメンに入れてよし、当然好き好きがあるわけだが、酢の味が好きで辛い物が好きな人間にとっては万能すぎる食べ物だ。食べた事がない人はぜひ試してほしい。昼は何日か前に作ったカレー。雨が降っているので別にどこに出かけてもしゃあないな、と。夜は味噌汁に高菜ごはん。ヒトカゲ(ポケモンGO)を捕まえる。ママ友はいらないからスプラトゥーン友達がほしい。発売されて一年半、毎日毎日プレイしていて0.01mmも飽きが来ない、それどころか日々研究する事が増えていく、こんな美しいゲームは40年間生きてきて初めてだ。

2016-12-03(土)

朝はどん兵衛天ぷらそば。昼はカレー。新開地冬まつりに行く。ふれあい動物園でハリネズミがさわれたので触れてみると痛かった。商店街ではフロッグ西嶋さんが300円で似顔絵を描いてくれるイベントをやっていて、布美枝に子供を抱かせ、僕は犬を抱いて、3人と1匹の姿を描いてもらおうと座ったが、頂いた絵に犬の顔がなかった…。人間だけが3人で、どこかさみしいような気持ちに。ちなみにこの300円は東北への募金にまわすとの事で、フロッグ西嶋さん、ギャラとかなく完全に手弁当でやっておられるのかと思うとありがたいような申しわけないような。人数も多いので少しだけ…多めにお金を入れた。明日も描いてもらいに行こうかな。いつもの肉屋に挨拶まわり。肉たたきが売り切れてまた新しく作るのにもう少し時間がかかる、と言われたところで子供が泣き出したので、布美枝に全員連れて帰ってもらい、僕は肉を待つ時間のあいだ、来年にはなくなってしまう商店街を歩いて写真や映像を撮ったりした。でもセンチメンタルな気分になるほど、僕はこの場所を知らないけれど。帰ってコロッケを3つ食べる。ポケモンGO、レベル31になった。

2016-12-02(金)

朝は昨日作った山賊カレー。冷蔵庫に紅しょうが天があったのでそれを表面軽く焼いて添えた。夜もカレー。商店街で買ったらっきょうを添えた。いつもの八百屋と鳥屋に挨拶まわり。今日は特に書く事がない。ヒゲをハサミで切る。明日がんばろう。

2016-12-01(木)

朝は納豆たまごご飯。納豆を2パック使ったら腹が気持ち悪くなった。納豆は1パックで充分という知見を得た。40を過ぎても毎日どんどん賢くなっていく。進化が止まらない。昼はマルちゃん正麺。いつもの魚屋に挨拶まわり。そこで買ったヒラメがあまりにもおいしそうで、夜まで我慢出来ず帰ってすぐご飯2杯食べてしまい腹が気持ち悪くなった。玉ねぎ、人参、エリンギ、ししとう、牛肉で山賊カレーを作る。今から考えれば、(あくまでも僕にとっては、という意味だが)子供が新生児の頃の方が子育ては楽であった。新生児は理不尽だがコントロールもしやすく、去年は最低でも週1くらいで近所の飲み屋に子供を抱いて通っていたのだが、元気にハイハイし、歩き出してからはさっぱりである。完全に子供の家来になっている。つまり、今年に入ってからは、あれだけ好きだった外飲み行為を片手で数えられるほど(たぶん2、3回…)しかしておらず、まあそのおかげで、家で食べるメシくらいはせめて贅沢させてくれと、肉屋や魚屋に足繁く通うようになったので、失うものも多い代わりに得るものも多かったわけだが、とにかく「飲み屋に通う」という文化からは徹底的に縁遠くなった。何が言いたいかというと、今日の夜、今年3回目くらいに、ふらふらと一人、知らない飲み屋に入った。適当に選んだ店なのに料理がうまくてびっくりした。これはあくまでも、偏屈な自分にとっての「うまい」という物差しの話だが、以前住んでいた三鷹吉祥寺エリアではようやくがんばって見つけたような名店が、神戸では適当に石を投げれば当たる、というレベルで相当数存在する。犬の散歩をしながら路地を歩くだけでごろごろとやばい店がある。この、個人店の密度、生意気な言い方をするならレベルの高さというのは、神戸は異常だ。でも、僕はそのあたりの、定食屋や喫茶店はともかく飲み屋界隈にはすでに書いたように現在まったく触れていないので、非常にもったいないような、まあ(ポジティブに考えれば)これからの楽しみであるような。いずれにせよもう5年、10年早く引っ越していたら神戸は今とは違った意味で天国だったろう。昔の自分だったら毎日毎日酒場を開拓して体を壊したはずだ。というわけで、今日が最後の日記だから少し長めに書いた。明日、この日記は更新されない。お前たち、よそへ行け。日記は死んだ。俺が殺したのだ。

2016-11-30(水)

朝は納豆たまごご飯、昼はどん兵衛と焼きめし、夕方は弁当。ASKA逮捕のニュースの中で、一番腹が立つのは「裏切られた」とか「がっかりした」とか言う言葉を、「ファンである(あった)」という自分の立場を明言した上で使う人間だ。野次馬が騒ぐのは仕方ないけど、ファンにがっかりされるのって歌手にはつらすぎるだろう。ファンならこういう時こそ応援してやれよと思うけど。ある種の、ある状態の人間にとっては残酷きわまりない「がっかりした」なんて言葉を、社会的にも精神的にもどん底にいる人間に簡単に吐くな。殺す気か。どうせ我々、当事者ではない人間は無責任なんだから「気長に待ってまっせ」でいいと思うんだけどな。直接迷惑をかけられたわけじゃないんだから、失敗した人間をもっと許してやれ。何度でも許してやれ。ASKAのような落ち方をした人間には絶対に復活してほしい。子供が寝ている間に爪を切る。犬の爪は切れないが、子供の爪は切れるのだ。という事を宣言して、この日記の締めとしたい。十数年間、誰に求められるわけでもなく書いてきたが潮時のようだ。今年も残り1か月。皆にとって良い年であるように祈る。はてなが倒産していなければ十数年後くらいに子供が平民金子の屋号を引き継いでこの日記を更新するだろう。初代平民金子が書く日記はこれで終わりだ。

 
プロフィール

heimin

heimin はてなダイアリープラス利用中

団結しろ万国のまよなかの白痴ども/きみらのことは誰も詩に書かない(岩田宏/のぞみをすてろ)