Hatena::ブログ(Diary)

平民新聞

 | 

2008-07-12(土)

[]モナ

私もまたあなたと同じようにモナについて考えている。なぜかと言うと代議士・プロ野球選手と来たらばモナの次回ターゲットは間違いなくブロガーだからであり正確に言うとモナの三度目のスキャンダルの相手それは世界の平民金子であると予測されるからだ。モナは同じ広島県出身という事で今回二岡選手と意気投合したわけだが実はモナと平民金子にはそれ以上の共通点がある。「それはなあに?」御存知の通りモナの父はノルウェー人であるが平民金子の父は運送屋、つまりトラックに乗るウェー人なのである。ふふふ。このような発言を新宿二丁目のゲイバーで聞かされたのがモナではなくあなたならば、あなたならばきっとこう言うだろう。「なんてつまらない男…」嗚呼、ここがあなたとモナとの決定的な違いなのである。モナは私が「うちのオトンはな、トラックに乗るウェー人やねん」と言うと頬を赤らめこう言った。「あなたはジョークよりもセックスの方が得意そうね」そしてぼくらはタクシーに乗り込み車内で接吻をくり返す。モナ、お前のくちびるは美しい。ぼくはそのくちびるでお前にフェ、フェ、えっとdesune、楽天のホセ・フェルナンデスについてモナはどう思っているの?「彼とは一度しかセックスしてないわ」「なあモナ、フェルナンデスは二岡よりデカかったのか?」「ううん。あたしセックスっていうのはね、チンコやマンコのこすりあいから限りなく遠い所にあるものだと思うわ。だからデカさは関係ない」「でもさ、モナ…。私のチンコは御覧の通り包茎なのだよ(と、酒の勢いも手伝ってか私は車内で開チンする)。フェルナンデスなんて名前からしてズルむけしてそうじゃないか」「うふふ」「二岡君はどうだった?やっぱりズルむけしてたのか?」「あら、二岡さんも立派な包茎だったわ」「嗚呼モナ、お前のそのくちびるでフェ、フェ、フェルナンデスしてくれるかい?」「(チンコをくわえながら)アタシはふぁ、ただふぁなふぁふぉふぇッふふひふぁいふぁふぇ。(チンコをくわえるのをやめ)ねえ運転手さん、世界の果てまでやって頂戴」私は横から「あ、五反田までおねがいします」これが私とモナとの運命の始まりでありその後援助交際をくり返したモナはある夏の日ポックリ死んだ。誰もいなくなった三丁目の街では今日も豆腐屋のラッパ音がむなしく響き、夕日が俺の詩心と二つのビルを爆破した。セックスしたいぜこの野郎。タリバン。(続く)

 | 
プロフィール

heimin

heimin はてなダイアリープラス利用中

団結しろ万国のまよなかの白痴ども/きみらのことは誰も詩に書かない(岩田宏/のぞみをすてろ)