Hatena::ブログ(Diary)

平民新聞

 | 

2011-01-31(月)

[][]まず、塩豚を作ろう

R0020107


この前からちょくちょく「豚バラ豆腐ぶっかけ丼」という写真をのせてるんですが、たまに「豚バラ豆腐ぶっかけ丼て何?どうやって作るの?」と聞かれます。それで僕は「すいません、あれ、たいそうな名前つけてますけど、豆腐ぶっかけ丼(http://d.hatena.ne.jp/heimin/20101129/p1)に塩豚焼いてのっけただけですわ」と答えます。そしたら最近「し、塩豚って何…?」と言われてしまいました。


R0019945


「ハッ!!!」僕は驚いたのです。塩豚を知らないなんてぜったいに人生損だ!ぼくは常に、冷蔵庫には塩豚を常備してます。

玉葱とか人参と同じくらいの基本食材になっています。なぜならおいしいから!作るのが楽しいから!


R0019948


だから今日は簡単すぎて誰にでも作れる、というか「作る」という言葉を使うのがおこがましいほどに簡単に作れる上に、どんなに手間と時間をかけて作った肉料理よりもおいしいという(僕の中では)評判の「塩豚」を皆さんに作ってもらいます。これは「塩豚っていったい何だ?」という人むけに書いています。料理が得意な人、すでに普段から塩豚を作ってる人には役立つものではありません。


R0019953


まずお肉屋さんに行ってブロック肉(かたまり)を買ってきましょう。豚バラでも豚ロースでもなんでもいいんじゃないかと思います(脂身が多い方がおいしい←好みの問題です)。だいたいグラム100円前後じゃなかろうか。それで、肉をまな板の上に置いたら、横にカミロボを並べます。


R0019954


塩豚のレシピ、あまりに簡単すぎて平野レミ先生だったらツイッターで100文字くらいで書いてしまうんじゃないかと思うんですが、それだと日記が書けなくなってしまうし、僕は簡単な事をもったいぶって人に説明したがるタイプの人間なので、無駄に写真をのっけて無駄に説明を長くして無駄に日記をひっぱろうと思います。


R0019975


塩豚ってつまり「豚肉に塩ぬってラップし、冷蔵庫に入れるだけ」なのですが、その中で唯一悩ましくって、初めて作る人にとってハードルが高いのが「塩の分量」じゃないでしょうか。僕も最初はわからなかった。でもずっと塩豚を作り続けていてわかったのは「分量は適当でいい」という事。初めて作る場合は「んー、よくわからないけど、これだとちょっと塩の分量多いんじゃないかしら…?」というくらいに塗りこんでみるのがコツです。上の写真だと手の平にのせた塩、これが片面ぶんで、もう一回つまんで裏面や側面にもシャッシャッシャッと塗り込みます。



R0019976


シャッシャッシャッ


R0019980


関係ないんですけどむかし北海道で働いていた時、荒巻鮭にひたすら塩を塗り込むという仕事もやってました。開かれた腹を持って、もう片方の手でつかんだ塩を、もうこれでもか!これでもか!てくらいに塗りたくるんですが(腹だけじゃなくエラからも塩を塗ります)、あれに比べたら塩豚の塩分量なんてホント、かわいいもんだと思います。。。


R0019996


すき間にも塗り込みましょう。この写真を撮ってる時に、北海道時代(鮭のエラを開いてひたすら塩を塗っていたあの頃…)を思い出しました。あの仕事はつらかった…。


R0020010


というわけで、ぼくはここで一度、クッキングペーパーで肉を包みます。なんでかっていうと、直接ラップをまくと水分でなんかくちゃってなる気がするからです。でもこれは別にやらなくていいのかもしれない。直接ラップする人もいれば、ジップロックで密閉する人もいます。何が正解なのかわからないのであくまで自分流という事で、まあ好きなようにやって下さい。


R0020014


ペーパーで包んだ肉をラップで巻きます。そして冷蔵庫へ。


R0020016


ここからは待つ時間。

途中、もしペーパーが水分でグジュってなってたら、巻き換えてあげましょう。


翌々日…


R0020094

おととい、冷蔵庫に入れた時にはカレーを作っていたので肉左手にガラムマサラがありましたが、今晩は肉じゃがを作る予定なので糸こんにゃくがあります。肉右手上方には昨日作ったかき菜のからし和え、下方には一昨日作ったなめたけが設置されています。


R0020097


冷蔵庫から出し、肉をまな板の上に置いたら、横に本郷コーチを並べます。

ラップをといて、クッキングペーパーをゆっくり開いていったら、出てきました。塩豚!これで完成です。


(注:完成、と書いたんですが、実際のところ二日しかたっていないのでこの段階でまだ味は浅いです。クッキングペーパーを取り替え取りかえして、四、五日たったくらいがベストだと思う。四、五日〜一週間くらいが素焼きで一番美味しい!)

IMGP0532


結局、塩豚って何なんだろう…

そういやこの前「塩豚って何?」と聞かれた時に「えー!きみは!塩豚!知らんのか!!!???」とか調子に乗って答えてしまったんですが、2008年コトリコのこの日記を読むまでは僕も塩豚なんて、存在すら知らなかった!

塩豚先生! ありがとう!!

http://d.hatena.ne.jp/kotorikotoriko/20080227/1204038782

この日記がとにかくインパクトあって、作ってみたのが最初です(すごい感謝)。塩豚ってどっかの郷土料理が発祥なのかなあ…。元々は保存食なんだろうけど、どのへんがルーツなんだろう。謎が多い気がする。知ってる人は当たり前のように知ってるけれど、知らない人は(僕もそうだったけど)名前すら知らない。でも作り方はとにかく簡単なんで、知らない人、作った事ない人はぜひぜひ作ってほしいです。ちなみに野菜炒め、パスタ、何にでも合う塩豚なんですが、僕が色々ためしつつこれが一番おいしい!と思う食べ方は最もシンプルな「塩豚の素焼き」で、これは固まりを切って、焼くだけ(油をひかずに)。でもこれが一番ジューシーで熟成された塩豚そのものの味がしておいしいです。塩豚切って、焼いてビールを流し込む!最高だ!(僕は禁酒中なので出来ないけど…)


豚バラ豆腐ぶっかけ丼

で、最初の話に戻るのですが、豚バラ豆腐ぶっかけ丼。作り方はこの塩豚を、厚目に二三枚切ってフライパンで焼きます(油をひく必要はないです)。それを豆腐ぶっかけ丼にのせるだけ。なんで豆腐ぶっかけ丼と塩豚がこんなに合うのかわからないのですが、とにかくめちゃくちゃウマいです。ぜひ塩豚を作ってやってみて下さい。


IMGP0344b


「豆腐ぶっかけ丼がおいしすぎる」

http://d.hatena.ne.jp/heimin/20101129/p1

「豚バラ豆腐ぶっかけ丼」

http://d.hatena.ne.jp/heimin/20110123/p1

「空とぶ豚バラ豆腐ぶっかけ丼」

http://d.hatena.ne.jp/heimin/20110124/p1

「豚バラ豆腐ぶっかけ丼食べるラー油のせ」

http://d.hatena.ne.jp/heimin/20110122/p1

 | 
プロフィール

heimin

heimin はてなダイアリープラス利用中

団結しろ万国のまよなかの白痴ども/きみらのことは誰も詩に書かない(岩田宏/のぞみをすてろ)