平斎の日記

2017-09-09 [歴史]竹渕―神武東征・徳川家康―

[歴史]竹渕―神武東征・徳川家康―

「八尾、聞きかじり 1・2」(やお市政だより)2002.4〜5

f:id:heisai:20170912170136j:image

「八尾、聞きかじり 3・4」(やお市政だより)2002.6〜7

f:id:heisai:20170912170132j:image

「写真で見る大阪平野今昔―おもろいで平野―」1995.10.15

f:id:heisai:20170912170128j:image

「竹渕コミセンだより」159 2007.6.1

f:id:heisai:20170912170123j:image

「竹渕コミセンだより」254 2015.5.1

f:id:heisai:20170912170120j:image

馬洗池跡碑(竹渕西)

f:id:heisai:20170912180344j:image

 渋川郡竹渕の旧庄屋邸の裏庭に残されている「往古奉御馬繋楠 大木跡」碑(高さ約1.5m)

f:id:heisai:20170906133926j:image

 当家には、大坂の陣のとき徳川家康が逃げ込んだという伝承がある。家康は、縁の下に逃げて難を逃れた。そこで家人は麦御飯を出してもてなした。家康が「うまかった」と言ったという。その時家康から拝領した葵紋付き茶碗が伝世されている。(『特別展・大坂の陣と八尾』図録より抜粋。茶碗の写真は、聞きかじり3に掲載)

f:id:heisai:20170906132415j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heisai/20170909

2017-08-25 [歴史]アレクサンダーは日本に来た

[歴史]アレクサンダーは日本に来た

今から40年前のこんな新聞記事が見付かった。(=昭和52・1977年1月8日 毎日新聞、学芸部・岡本健一)

・アレクサンダーは日本に来た

・ワークワークは倭国 伝説の世界では確かに

・任那王子に変身 逃げた妻を追って 日本書紀

・傍証ならこんなに 名称の類似

・神武東征説も 「ア伝説」と共通の要素 ササン朝の遺民が

・「可能性は十分 細部に疑問残るが・・・」=専門家の意見=

・さいはてのアレクサンドリア・敦賀  地名、市章になごり

・24ヵ国で80種の”作品”も  アレクサンダー伝説

  深海の探検や天上界の空中飛行も

f:id:heisai:20170825155301j:image

↑写真(大)=”逃げた妻”を祀ったといわれる大阪・鶴橋の比売許曾神社は、いまもにぎわっている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●アレクサンドロス3世 (前356〜323)Alexandros3世 通称大王。

 前331、ペルシャ帝国を平定。

●アリストテレス    (前384〜322)

            (前343〜340)Alexandros3世に教えを授ける。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heisai/20170825

2017-08-06 [歴史]百舌鳥・古市古墳群の新聞記事

[歴史]百舌鳥・古市古墳群の新聞記事

世界文化遺産の国内候補に決まった大阪府の百舌鳥・古市古墳群。

今朝の大阪日日新聞にすばらしい航空写真と解説文とが掲載された。

f:id:heisai:20170807170334j:image

大阪府立近つ飛鳥博物館の白石太一郎館長の話。

▽王権の本拠地

◎3C中頃〜 大王墓は奈良盆地。

◎4C末〜  百舌鳥・古市に移る。

 ・遊牧騎馬民族の移動の影響で、4C後半、朝鮮半島では高句麗が南下し、新羅や百済を圧迫。

 ・百済は、鉄資源を半島に依存していた倭と組んで高句麗に対抗。

 ・倭の政権は、大和・河内・和泉「3地域の連合政権」。当初は卑弥呼に代表されるような呪術性の強い大和が盟主であったが、緊迫した東アジアの国際情勢に対処できず、瀬戸内の水運を握る河内・和泉に盟主権が移り、そのそれぞれの本拠地に「二つの王家が交互に」巨大古墳を築いた。

◎百舌鳥では5C半ばの反正陵古墳が最後。古市では6C前半に安閑陵古墳。

 ・「二つの王家が統合され、やがて古市→磯長(太子町)が王家の墓域となった」

▽文明化の過程を示す

 この時期、漢字・馬・須惠器・機織りなど様々な先進文化が半島からもたらされた。百舌鳥・古市の両古墳群は倭政権内の盟主権の変遷だけではなく、倭国の文明化の過程を物語っており、世界文化遺産にふさわしい。 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heisai/20170806

2017-08-01 [神社]式内社を顕彰する会<巡拝会>

[神社]近畿の式内社を顕彰する会<巡拝会>

f:id:heisai:20170807163919j:image

 「近畿の式内社を顕彰する会」(本部:枚岡神社、事務局長:山根禰宜)の今年度の巡拝会の案内が来たので、参加の申し込みをした。

 九月八日(金)、橿原神宮での正式参拝・講演会のあと昼食、

午後、飛鳥坐神社・甘樫坐神社・飛鳥川上坐宇須多伎比賣命神社

の三社をバスで巡拝の予定である。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heisai/20170801

2017-07-15 [郷土]東大阪新聞に「河内サークル」紹介記事載る

[郷土]東大阪新聞に「河内サークル」紹介記事載る

【河内の郷土文化サークルセンター】大阪商業大学谷岡記念館内

郷土文化通じて横のつながりを(25団体が加盟)

機関紙「あしたづ」20号を迎える

f:id:heisai:20170716131148j:image

↑『東大阪』第6922号(発行所:(株)東大阪新聞社 (072)926-5134)

<河内の郷土文化サークルセンター刊行物>

http://ouc.daishodai.ac.jp/museum/culture/publication.html

◎あしたづ NO.1〜NO.19

◎川ゆうゆう 大和川付替え三百年展 (創立二十周年記念)

◎歩み(創立二十周年記念誌)

◎河内のいしぶみと街道(創立十五周年記念特別展示会図録)

◎会報「河内の郷土文化」NO.1〜NO.45

◎イラストマップシリーズ NO.1〜NO.10

  サークルの研究成果をもとに、河内の史跡を紹介することを目的として、

  NO.1(S62.5.10)からNO.10(H11.11.11)まで発行しております。

NO.1河内の街道 イラスト略図

NO.2中河内の石仏 ベスト20

NO.3河内の古城 ベスト40

NO.4河内の古墳 40選

NO.5中河内の神社 40選

NO.6中河内の寺院 50選

NO.7河内の博物館・資料館等公開施設

NO.8河内の寺跡(廃寺) 45選

NO.9河内の巨樹あれこれー東大阪・八尾・柏原―

NO.10中河内ゆかりの人々


<お問い合わせ先>

・河内の郷土文化サークルセンター事務局

(大阪商業大学谷岡記念館内)

TEL06-6785-6139   FAX06-6785-6237

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

河内の郷土文化サークルセンター - どーなってる?東大阪

http://www.do-natteruno.com/con_c/c334/c334.html

<ユーチューブ>河内寺廃寺跡の史跡公園化が実現

http://www.do-natteruno.com/con_c/c406/c406.html

<ユーチューブ>日下山を市民の森にする会 作業風景

https://www.youtube.com/watch?v=zCuJvNgzbmQ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heisai/20170715