北の大地から送る物欲日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Webから検索
Google
ブログ内検索

記事一覧
最近のコメント
RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/
スカウター : 北の大地から送る物欲日記

track feed あわせて読みたい
[TopHatenar] hejihogu なかのひと

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Facebookにファンページを作りました。
このブログが気に入ったら「いいね!」
をクリック!

2005-08-30

[]ニセコ旅行


昨日、今日とニセコに出かけてました。

ひさびさに車運転。1年ぶりくらいかな?? 片道2時間半ほどの往復でしたが、ひさびさに運転を堪能しました。 たまにレンタカー借りて旅行に行こうかな。


初日にテニスをしたんですが、今年はほとんど運動らしい運動してなかったので、2時間半ほどでダウン。前日にあまり寝てなかったのもあって、青空の下、のんびり昼寝してました。


腰と右腕と左足が痛い・・・・・・。

[]今日の漫画

ハチミツとクローバー (8) (クイーンズコミックス―ヤングユー)

ハチミツとクローバー (8) (クイーンズコミックス―ヤングユー)

おせん(10) (イブニングKC)

おせん(10) (イブニングKC)

エマ (6) (Beam comix)

エマ (6) (Beam comix)

よつばと! (4) (電撃コミックス (C102-4))

よつばと! (4) (電撃コミックス (C102-4))

ひさびさに漫画大量購入。 よつばと4巻、残り1冊だった・・・あぶねー。

[]今日の書籍

眞鍋かをりのココだけの話 (ココログブックス)

眞鍋かをりのココだけの話 (ココログブックス)

まぁ、ネットで見られるわけですが、ブログの書籍化ってことで参考に購入。

2005-08-28

[][]投げ銭につきまとう浅ましさ


投げ銭関連記事見てたら、投げ銭とそれを浅ましいと思うことについて興味深い記事を見つけました。

しかし、儲かることがわかってくると、adsenseで儲けるためだけのサイトを作る人や、やたらめったらadsenseをクリックさせようとするつくりのサイトが出てくるわけです。

そうすると、一部のユーザーはこう考えるわけです。

adsenseを過剰につけるサイトがうざい」

        ↓

adsenseをつけているサイトはうざい」

        ↓

adsenseはけしからん」

        ↓

adsenseをつけているやつは金の亡者」

このように、adsenseをつけている一般ユーザーすべてが悪者のように扱われてしまう。そして、さらに過剰なユーザーは「インターネットは情報を無償で提供することこそが良いことであり、それで対価をもらうのはよくない」とまで言い出す始末です。

したらば元社長日記: - livedoor Blog(ブログ)投げ銭対決、はてなポイントがライブドアに圧勝

こういう考え、ネットにはまっている人、知識がある人ほど持ってる場合が多いように思えます。


いくら無償で提供するのがいい、と言っても、現実には情報を提供するということは、提供する人がなんらかの作業を行って提供してくれているわけで。投げ銭を行って、情報の提供者に対価を渡すことで情報提供者のモチベーションが上がってまたさらにいい情報を提供してもらえるかもしれない、と考えるのもよくないことなんでしょうか? 

「インターネットは情報を無償で提供することこそが良いことであり、それで対価をもらうのはよくない」という考えは、私には人の善意を食いものにしてるように見えるんです。

もちろん、オープンソースのプロジェクトのように、無償で情報を提供しあうことで発展していくものがあるというのは素晴らしいことだし、そのことはインターネットのいい一面だと思います。でも、「対価をもらうのはよくない」というのを自分では何も提供していない人が言ってしまうのは傲慢すぎるんじゃないかと。

自ら情報を提供することもなく「インターネットは情報を無償で提供することこそが良いことであり、それで対価をもらうのはよくない」と言い切ってしまうのは、adsenseで儲けるためだけのサイトを作る人とたいして変わらないんじゃないでしょうか?


っと、そこまで言うといいすぎか。



さきほどの記事から

投げ銭乞食のような人たちは増えるかもしれませんが、それ以上に、ネット上での情報の質や量があがるという意味で、投げ銭制度の普及は意義を持っていると思います。

したらば元社長日記: - livedoor Blog(ブログ)投げ銭対決、はてなポイントがライブドアに圧勝

「ネット上での情報の質や量が上がる」、この部分が大事というのに同感です。


今後、RSSリーダーのように、自分で気に入ったサイトを登録してそれを見に行くようなしくみが普及することで、読む側がよい情報を提供してくれる人を選択でき、「adsenseで儲けるためだけのサイト」のような所は自然と淘汰されていくのではないかと思います。


そして、RSSリーダーで自分が購読しているサイトというのは、自分が良いと認めたサイト、ということで、RSSリーダーから投げ銭をするようなしくみも投げ銭の一種として有効かもしれません。そういう方法があったら使うのに、という人も投げ銭関連の記事を見ていて結構みかけました。

まずはてなRSSに有料コースを設けます。月千円とか。有料コースを選んだ人は自分のRSSリーダーに登録してあるブログの中で、ここにはお金を払いたいなあというところにマーキングをします。そしてマーキングされたブログの持ち主のところに月千円をマーキングされたBlogの数で割った金額が月末に払い込まれる。こういう仕組みです。音楽の定額制配信みたいなものですね。

Moleskin Diary - 投げ銭よりたれ銭

あと投げ銭を投げる方も、いちいちnポイント投げ銭するとか決めるのではなく、「今月は500ポイント投げ銭する」とか設定しておいて、それぞれの投げ銭を行うタイミングでは「★〜★★★」程度の評価として簡単に投げられるようにした方が楽。で、月末にその月評価したコンテンツに対して、設定した500ポイントを(評価の重み付きで)配分したりとか。

いしなお! - はてなの投げ銭関連の話って

こんな感じの。


配分の方法、設定したポイントを分割方式にしたときに1ポイントを割っちゃたらどうするのか? システム側で小数点以下までポイントを記憶しておいて、実際に送信されるポイントは一定期間でたまったポイントを整数化したモノとする、とか。


はてなブックマーク経由投げ銭は記事単位に対する投げ銭。

はてなRSS経由投げ銭(まだ未実装)はサイト作者に対する投げ銭。


やっぱ両方欲しいですね。


ってわけで、はてなアイデアに登録してみました。

idea:5633 はてなアイデア





残りはてなアイデアポイントが5ポイントだったので、登録しようとしたら、「登録には10ポイント以上必要です」と言われて、仕方なく過去の登録塩漬けアイデアをキャンセルしてきました。ああ、破綻寸前な私のはてなアイデアポイント(笑)

[][]投げ銭に対する反応


投げ銭について書かれているはてなダイアリーをキーワードから回ってみたり、テクノラティ、goo辺りを使って今回のはてな投げ銭実装に関して触れている記事をいろいろ読んでみました。


数十記事読んで目立ってたところをピックアップしてみると以下のような感じ。



【感想】

・手数料5% ええええ?!派

・投げ銭を使った嫌がらせ起こるんでない?派

・もらったけど、私の記事はもらうほどじゃないよ派

・詐欺とかに使われちゃうよ派

・とりあえずばら撒いてみるよ派

・まず300ptもってないと参加できないから広まらないよ派

・投げ銭もらう人がそれに甘えちゃうんじゃないの派


【提案】

・手数料の5%は投げる側じゃなくて、受け取る側からとって!

・とりあえず広めるためにばら撒こう!→投げ銭グループ

はてなポイントを入手する手段(他社ポイントからの変換とか)をもっと増やすべき!

・もっと汎用的に使えるように!(もっと参加の敷居の低いインフラを)



投げ銭というしくみに賛成か反対か?といえば、ほとんどのサイトは賛成側でした。ただ、投げ銭という考えには賛成なんだけども、現実として簡単には広まらないだろう、投げることに抵抗がある、いちいち小銭を払うのは面倒だ、といった考えの人が多かったのが印象的。



考えとしての投げ銭は昔から議論されているように、そうなるといいねと思われているような同意はすでにあって、問題はその実装法であったり、投げ銭という形を伴った評価に対する抵抗感だったりするようです。



匿名で投げ銭するということが示す意味


先日の記事(北の大地から送る物欲日記 - 投げ銭を投げて受けて、また考えてみる)でも触れましたが、投げ銭をもらったときその2/3は匿名での投げ銭でした。もらう側としてはアカウントありでも匿名でもありがたいことに変わりはないのですが(評価が知りたいわけで、誰がというのはあまり関係ない)、投げる側として匿名で投げたいという要求は多そうです。

あれかな、名前アリで投げているというのは見返りを要求しているようでいやだ、って意識があったりするんでしょうか? それとも記事は評価するけど、そこから自分のことを詮索されたくないという意識が大きいのでしょうか?

私は気にせずアカウントありで投げちゃう派なので、その辺よくわからないんですが、聞いてみたいところではあります。だれか匿名でいいからコメントしてくれないかなぁ。


いまははてなブックマーク経由でブックマークしてから投げ銭しなくてはならないため、ホントに匿名で投げるためには一度ブックマークしてから投げ銭して、さらにブックマークを外す(自分と特定されないため)という作業をしている人もいるようです。

この辺、匿名で投げたいという人のためにブックマークなしでも投げ銭できるしくみが欲しいところですね。

はてなアイデアにこの件に関するアイデアが上がっていて、検討中になっています。

はてなアイデア

[][]気になるアニメ

アニメ? いやいや、ゲームの映画化か??

テレビでCMもされるようになり、いよいよ発売間近になってきましたね。

やっぱユーザーが望んでたのはコレ(FINAL FANTASY ― ファイナルファンタジー ― (スタンダード・エディション) [DVD])じゃなくて、こっちだったんだよなぁ。


限定版は24,800円という値段。確かにさまざまな特典がついてるので、そんなに割高感は感じないけど、値段がね、、、高すぎ。

特典でついてくる30分のアニメとか、絶対後から別売りされそうな気がするんだけどなぁ。


そして、DVDと同じ値段で発売されるUMD版(ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン UMD VIDEO for PSP)の売れ行きがどうなるのかも興味アリ。

[]交響詩篇エウレカセブン第19話「アクペリエンス・2」

http://www.eureka-prj.net/ (公式サイト)


【19話あらすじ】

州軍に発見されゲッコー号への撤退を進めるゲッコーステイト。あいかわらず不調なエウレカ、ふさぎこむレントン。発進の準備を進めるゲッコー号。波を読むホランドとタルホ。子供達に嫌われたと思い込むエウレカ、ニルバーシュに乗り込みアミタドライブを外してしまう。エウレカがいなくなったことを知り、後を追うレントン。何かに引かれるように洞窟の奥に向かうニルバーシュ。州軍の一斉攻撃を受けるゲッコー号。

撤退の準備を進めるゲッコー号。ミーシャからエウレカがいないと報告を受け、レントンとエウレカをぎりぎりまで待つ決定を下すホランド。洞窟の奥へと進むレントン。洞窟奥でスカブへと向かうエウレカ、スカブに取り込まれて夢を見る。幻想の中、エウレカを見るレントン。ニルバーシュにたどり着き、エウレカを探す。そして、スカブに取り込まれたエウレカを見つけるレントン。夢の中で落ちていくエウレカを救うレントン。エウレカを守る力を欲するレントンに呼応し、覚醒するニルバーシュ。大量に湧き出るトラパー。それに乗じて緊急発進を行うゲッコー号。無残に変わり果てたエウレカの姿にレントンを問いただすホランド。


洞窟での隠遁生活に終わりを告げ、外へと飛び出すことになるわけですが、エウレカは無残に変わり果てた姿となり、レントンはなぜ自分が今ここでこうしているのか分からなくなり引きこもるというどん底まで落ちた回。

レントンはこの後、ゲッコー号を飛び出してしまうようで。どこまで鬱展開が続くんだろう。


交響詩篇エウレカセブン 2 [DVD]

交響詩篇エウレカセブン 2 [DVD]

2005-08-27

[]政治を語る場としてのブログ


8/25に自民党で、インターネットのメールマガジンとブログの発信者を招き、全国から集まった33名の参加者と懇談があった。

自民党 ◆ メールマガジン、ブログの発信者と武部勤幹事長が懇談(8/25)

INTERNET Watch :「今回はブログ普及後で初の選挙」自民党幹部がブロガーら33人と懇談会



今回の総選挙は、政治に関して感心が低いと言われていた日本でも、ようやくブログ上が政治について語り合いだす場として盛り上がりを見せてきている。それに対しての政党側が懇談会を開くというのは、政党側からの初めてのリアクションではないだろうか?


参加した人々のさまざまな感想は、もちろんウェブ上で見ることができる。

jkondoの日記 - 自民党がブログ・メルマガ作者と懇談会

【ミナログ】製造業社長の逆襲: ブログ選挙だそうな

【ミナログ】製造業社長の逆襲: ブログ選挙の続き

GripBlog 〜私がみた事実〜: 自民党主催メルマガ/ブロガー懇談会の報告

自民党のメルマガ・ブログ作者と党幹部との懇談会: 起業独立ブログ日記:実践起業!成功への道。blogで人脈は作れるか?


これらの個人(メルマガ主催者、ブロガーなど)が政党との懇談会を開く、というだけで、ちょっと前じゃ考えられない。

マスコミの記者達じゃできないような質問を!!とか期待している人々(ブログ読者)もいたが、まずはこういう場が持たれたってこと、影響力を政党側も認識してるんだ、ってことを確認できたってだけでもすごい前進だと思う。


「懇談会といっても、大した内容の質疑応答など出なかった」と評価する向きもあるようだ。だがこれは大きな勘違いである。会見で世耕本部長代理から「(ブログは)メディアとして、無視できない存在になっていると私たちは実感している」という発言を引き出したこと、そしてそれがネットを通じて社会中に知れ渡ったということ自体が、画期的なことなのである。

特設:2005衆議院選挙「緊急ブログアンケート!!」:R30 特別寄稿!『ブログは選挙マーケティングの何を変えたか 〜前編〜』

ある意味、一番巨大勢力な自民党が一番早くこういうことをやりだした、というのには驚く。他の党もこういう試みをしてくれないかな?



このようなやりとりを直接見て、マスコミが流す情報だけでなく、個人の考えていること、感じたことを参考にし、自分が投票する候補者、政党を考えられるようになる、というのがブログなどの政治への参加で可能になる。

そういう意味で、今回の選挙はネットから見るとブログ選挙って言えるんだろうなぁ。


今回の政治に関するいろんな調査結果ももちろんネット上で見ることができる。

テクノラティジャパンのブログ調査、選挙に関するブログ記事が急増

世論調査 - goo衆議院選挙特集


さまざまなブログ上の総選挙に関する記事も見ることができる。

goo 特設:2005衆議院選挙「緊急ブログアンケート!!」

テクノラティジャパン 郵政解散・衆議院総選挙特集


判断材料は大いに越したことはない。

[]インターネットという大海原で自宅に戻る


インターネット上でホームページを見る事と、本を読むこと、このふたつの間で決定的に違う点があります。

それはホームページはリンクを通してさまざまな他のホームページに繋がっているということ。リンクを踏むことで、さまざまなサイトへと飛んでいくことができます。これがインターネットの面白いところ。


そこで、ひとつの実験をしてみました。


外のどこかのサイトから、ここ北の大地から送る物欲日記まで、
リンクだけをたどってたどりつくことができるか!!

スタートページとしては、私がインターネットを始めてみたとき(10年ほど前)に一番最初に見たサイト、アサヒコムからスタートしてみることにしました。


f:id:hejihogu:20050827205640j:image

1. http://www.asahi.com/

んー、どこから行こう。

f:id:hejihogu:20050827205709j:image

2. http://www.asahi.com/politics/

そうだ、政治関連に行けばブログ関連の記事があって、外に出られるかもしれない

f:id:hejihogu:20050827205722j:image

3. http://www.asahi.com/politics/government.html

・・・あぁ、新聞社のサイトにその記事が載るわけないか??! orz

f:id:hejihogu:20050827205732j:image

4. http://www.asahi.com/business/

じゃ、ビジネスに路線変更。

f:id:hejihogu:20050827211105j:image

5. http://www.asahi.com/business/column/TKY200508260213.html

「国民の判断基準」 うん、今回の選挙はいろんな判断基準があるよね、、、って記事読みにきたんじゃない・・・

f:id:hejihogu:20050827205749j:image

6. http://www.asahi.com/shopping/

ショッピングに移動。外部のショップへのリンクがあるんじゃないかと期待。

f:id:hejihogu:20050827205828j:image

7. http://www.asahi.com/shopping/special/TKY200508020225.html

「カレー特集」 やっぱカレーだよね!!

f:id:hejihogu:20050827205855j:image

8. http://esearch.asahicom.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=2&v=2&sitem=%A4%BF%A4%A4%A4%E4%A4%AD%A5%AB%A5%EC%A1%BC&f=A&nitem=&g=100227&min=&max=&p=0

「たいやきカレー」の楽天サイトへとジャンプ!! 祝アサヒコム脱出成功!!

f:id:hejihogu:20050827205924j:image

9. http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/index.html?

楽天ブックスへと移動。

f:id:hejihogu:20050827205942j:image f:id:hejihogu:20050827210022j:image f:id:hejihogu:20050827210046j:image

10. http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/01comic/index.html?rbt_j_12

>コミック

11. http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/NS/CSfSearchListInGenre_001.jsp?ipageNo=1&PageCnt=25&dispNo=001001001&curDepth=3

>少年

12. http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/NS/CSfSearchListInGenre_001.jsp?ipageNo=1&dispNo=001001001011&curDepth=4

>電撃C

f:id:hejihogu:20050827210108j:image

13. http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/NS/CSfLastGenGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=1736138

>よつばと3    

なんで「よつばと4巻」がないんだ!!(←目的見失いがちに)

f:id:hejihogu:20050827210131j:image

14. http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/NS/CSfLastGenGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=1736138&PAGE_NO=1

>この商品の感想文を読む・書く    

そうだ、感想から個人サイトへ・・・って個人サイトへのリンクがない・・・

f:id:hejihogu:20050827210147j:image

15. http://plaza.rakuten.co.jp/

楽天広場(楽天内のブログサービス)のトップページへとやってきました。

f:id:hejihogu:20050827210209j:image

16. http://plaza.rakuten.co.jp/hlp/

ヘルプにやってきました。

f:id:hejihogu:20050827210249j:image

17. http://www.rakuten.co.jp/ri/sitemap.html

総合案内所へ移動。

f:id:hejihogu:20050827210308j:image

18. https://point.rakuten.co.jp/

楽天スーパーポイントのページへ。

f:id:hejihogu:20050827210336j:image

19. http://point.rakuten.co.jp/doc/exchange/index.html

スーパーポイントはいろんな他のポイントサービスと交換可能です。そう、はてなポイントとも! ドーーーーン!!!

f:id:hejihogu:20050827210402j:image

20. http://point.rakuten.co.jp/doc/exchange/hatena/

はてなポイントから楽天スーパーポイントへの変換方法から・・・

f:id:hejihogu:20050827210433j:image

21. http://www.hatena.ne.jp/

キターーーーーー!!!! やっと・・・やっとたどり着いたよ、はてなへ。

f:id:hejihogu:20050827210455j:image

22. http://d.hatena.ne.jp/

はてなダイアリーのトップページに移動。

f:id:hejihogu:20050827210515j:image

23. http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/

はてなダイアリー日記へ。

f:id:hejihogu:20050827210533j:image

24. http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20050826/1125051946

はてなダイアリー日記 - はてな技術勉強会ページの公開について 」のブックマークエントリページへ!

ふおおお、3番目にブックマークしてた!! ナイスブックマーク!!>自分

f:id:hejihogu:20050827210555j:image

25. http://b.hatena.ne.jp/hejihogu/

自分のはてなブックマークページに到着!!

f:id:hejihogu:20050827210612j:image

26. http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20050826/p3

自分の記事のブックマーク経由で「北の大地から送る物欲日記」についに戻ってきました!! ただいま!!


全26クリックでした。



はてなダイアリー日記からうちのページまでははてなブックマーク経由というちょっと強引な手をつかっちゃいましたが、なんとか帰ってくることができました。


インターネットの世界は繋がっている!!

[]気になる漫画

よつばと! (4) (電撃コミックス (C102-4))

よつばと! (4) (電撃コミックス (C102-4))

発売日。

今日、8/27が発売日。


でも、北海道のコミック販売事情、発売日は2〜3日遅れ。

週間少年ジャンプは月曜発売、サンデー、マガジンは木曜。ファミ通は土曜発売です。コミックはきっちり数日遅れます。


北海道に住んでるのが悲しくなるコミック発売日。

2005-08-26

[][]投げ銭を投げて受けて、また考えてみる


2005-08-09にはてなブックマークを介した投げ銭が実装されて数週間。実際に投げ銭を投げて投げられてというやり取りを実際に体験した後で、投げ銭についてもう一度考えてみたいと思います。


投げ銭について語ること


今回のはてなブックマークを介した投げ銭のしくみが実装されてから2週間ちょっと経ったわけですが、実装直後の盛り上がりもひと段落して「投げ銭」について言及されることも減ってきています。


せっかく実装された投げ銭、このままだと言及が減って、使ってる人しか使わないという状態になりそう、と言うのもあって、実際に使ってみてどうだったかを踏まえてまた考えてみようかと思ったわけです。

はてなダイアリー内での言及数を見てもものすごい勢いで収束していて、一瞬の話題として消費されて今回はほぼ終わりなのかなと思うんだが、はてな投げ銭を大絶賛していた一部の人たちはそれでいいのー?と心から思う。

砂上のバラック - 投げ銭なんですが

でも触れられていますが、一過性の話題で終わらせるのはもったいない。



投げ銭事情 私の場合


投げ銭っていったいどれくらい投げたり投げられてたりしてるの?と思う人もいるでしょうから、参考までに私の場合を紹介します。


  • 頂いた投げ銭
ブクマNo.記事タイトルブクマuserもらったpoint合計もらった人数
545117投げ銭システムによって広まるインターネット大道芸人社会91214
547479投げ銭システムをもっと考えてみた4112
545271iTunes Music Store (iTMS)に関するよくある勘違い2921
552558投げ銭に対して感じる温度差9512
558433投げ銭、支払い方や手数料にまつわる考え2101
579277はてなブックマークの可能性13101
579270はてなブックマークのススメ28501
584429はてなブックマーク利用心得十箇条を記す10101
596103次なるはてな新サービスはコレだ!18402
30515

投げ銭を頂いた15回中 アカウントあり:5回(200pt) 匿名:10回(105pt)


  • 私が投げた投げ銭

7記事、計240pt


投げ銭を頂いた方、ありがとうございました。ブックマークされる、投げ銭を頂くというのはいままでなかった読み手を感じられる手段で、あぁ自分の書いた文章が人に読まれてるんだなぁという実感がわきます。

また、私が投げ銭を投げた記事、ここではあえて載せてはいませんが、参考になったり面白かったりと感銘を受けた記事を書いてくれた方々、ありがとうございます。非常に楽しませてもらったお礼として投げ銭を送らせてもらいました。



私の場合、投げ銭についての記事をいくつも書いていますから、投げ銭を受けやすい状況だったのかもしれません。でも、はてなブックマークでブックマークされるような記事だと、まぁ満遍なく投げ銭を頂いているのかな? 事実、iTMSに関する記事、はてなブックマークに関する記事、はてな新サービスを妄想するネタ記事(笑)に関しても投げ銭を頂いています。


このいろんな記事に投げ銭を頂いている、というのは人それぞれ投げ銭を投げてもいいな、と思えるツボが違う、つまり多様化したコンテンツにいろんな人が投げ銭を行う(≒購入する)、ロングテール現象の一種として考えられないでしょうか?

■シリコンバレーからの手紙 103 ネット世界で利益を稼ぐ「ロングテール現象」とは何か


一日数十万アクセスを稼ぐようなサイト(書籍で例えれば本屋で平積みされているような本)でもなく、たかだか一日数百アクセスのサイトで書かれた記事が、投げ銭という形で対価を受け取ることができるというのは、まさに投げ銭が導入された時に感じたコンテンツ評価の新しい形を示している、と言えます。



コンテンツに対する対価としての投げ銭


投げ銭に対して、趣味でやるのだったら無償でやるべし、というような意見をいくつか見て、そういうことではないような・・・ともやもや思ってたところ、あぁこれだ!と思える考えに出会いました。

おそらく、自分の行う作業に対価が支払われる「労働」の対義語として使われているのだろうと推測するんだけど、じゃあ、趣味に対価は支払われるべきではないのだろうか?

投げ銭というシステムが、どういう思想(と書くと仰々しいが)の元に用意されているかはわからないけど、少なくともid:hatenadiaryの,投げ銭では、趣味であろうがそうでなかろうが、はてなダイアリー上にある文章の価値を評価するもの、という意味のものだろう。だから、投げ銭に関して、趣味だからどうだから、というのは見当違いなんじゃないだろうか。執筆者の行為に対して支払っているんじゃない、文章を評価しているだけのことなんだ。もし投げ銭というシステムがこういう考えの元に存在していて、それをより明確にするには、僕は4/5付でも言ったけど、どの文章に対して投げ銭するかというシステムが必要だと思う。

indigojournal [殺・伐・雑・録

投げ銭はあくまでコンテンツに対しての対価として渡すもの。上の文章における「どの文章に対して投げ銭するかというシステムが必要だと思う」を実装したのが、今回の「はてなブックマークによる投げ銭システム」だと思います。



労働と趣味の違い


労働というのは、雇う側と働く側の間に結ばれた「この仕事に対してこの対価を支払います」という契約。契約であるから、対価の支払いが先だろうと後であろうと働く側は雇う側の要求する仕事を行わなくてはなりません。


一方、趣味の場合は、コンテンツを作成する側と受け取る側とには上記のような契約関係はありません。コンテンツを作成する側は自分の満足のためにコンテンツを作成し、受け取る側は自由にそれを受け取れます。

受け取った側が作成する側に対して「良かった」「楽しめた」「参考になった」などの意を返すコミュニケーションのひとつとして投げ銭が存在しうるんじゃないでしょうか?


この場合、投げ銭はあくまでコンテンツに対する評価(対価)としてのものなので、コンテンツの作成側は受け取り側に何ら責任を負う必要はありません。コンテンツ先払い、評価(対価)としての投げ銭(またはコミュニケーション)後払い、ここでひとつのコンテンツを媒介とした関係は終わるわけです。

この辺について、以下のサイトで述べられている投げ銭の定義が非常に参考になります。投げ銭をしようと思ってる人に是非見て欲しいです。

4.ろじぱら的「Web投げ銭」の定義


また、趣味でお金をもらうことについて言及してる記事でid:yukattiさんの記事が参考になりました。

長々書いてきたんだけれどまとめると、趣味でお金をもらうことや趣味にお金を上げることはあってもいいんじゃないかと、まずこれが第一点。これまでも現実にあることで、決して変なコトでもないと思う。さもしいことでもないよと(と、もうそういうことやってきた人間が書いても説得力ないか)。

ただ、趣味の場合はお金のやりとりは価値のやりとりであるとともにコミュニケーションのツールとしての役割もあるのではないかと。つまりお互い、やれることをやりあうという関係であると、これが第二点。

だから、投げ銭が欲しいひとや投げ銭を受け付けても良いってひとには、投げ銭したくなったひとは投げ銭をする。

また、「わたしがやっていることに投げ銭いらないですよん」と思うひと、「投げ銭ご遠慮します。いらないです」と言明する権利があるし、そう言うことは間違っていないと思う。そしていらないですって言っている人には投げ銭しなくていい、てことなんですね。

香雪ジャーナル - 投げ銭と趣味…趣味でお金をもらうこと。

リファが欲しいって人にはリファを、投げ銭を受け付けていますよって人に投げ銭をあげたければ投げ銭を。何もいらないって人には「良かったよ」という声でも想いだけでも。どんな形であれ、受け取った側が作成者に感謝の意を示していることには違いないのです。



また、コンテンツとそれに対する投げ銭というやりとりは、受け取り側が自分の評価に基づいて対価を支払う(後払い)ことができるという点でいままでなかった形であり、より良い物が正しく評価される、そんな社会構造へと変化する地盤を担う仕組みのひとつとして、更にもう今現在使い始めることができる仕組みとして、大きな可能性を秘めています。



自分の好きなものに対して、思っている評価を形として伝えたい人は、どんどん投げ銭を使ってみよう。



投げ銭が広まるためには


まだ投げ銭という仕組みを知ってるのは、ごくごく一部の人だけ。いろんな形であちこちへ投げ銭という仕組みを広めていきたいところです。

そして、投げ銭について知り、それが広まるといいなぁと思ったら、とにかくどんどん使ってみることだと思います。送るポイントは1ポイントでも100ポイントでも10000ポイントでも、自分がそのコンテンツに対して感じた評価をポイントに置き換えて送ればいいのです。投げ銭を投げるのは義務ではないから、送りたい時に送ればいい。


今回の出来事は「投げ銭」を始めたんじゃない。「投げ銭」を動かし、現実化させたのだ。インフラの整備が、インフラが追いつかなくてどちらかといえば理論を先行させるしかなく停滞してしまっていた物事をその先に進ませしめ、物事を日常化させようとしている。その瞬間、その「インフラ」の力を、これから確認できることこそが最大のポイントである。

香雪ジャーナル - ぶくま投げ銭は「インフラの整備」、そして――はてなブックマークに投げ銭が実装されて――

にあるように、この投げ銭という「インフラ」の力はこれからどんどん使っていくことで見えてくるんだと思います。




何ポイントに置き換えたらいいか分からないなんてときは、何か他のモノと比較して考えると考えやすいかもしれません。あー、おにぎり一個くらいだなぁと思ったら100〜200ポイントくらい、うまい棒一本!と思ったら10ポイントてな具合に(笑)





【参考記事】

はてな各サービスの機能変更、お知らせなど - はてなブックマーク日記 - ポイント送信機能の追加について

jkondoの日記 - ブログ作者に投げ銭を

香雪ジャーナル - ぶくま投げ銭は「インフラの整備」、そして――はてなブックマークに投げ銭が実装されて――

このid:yukattiさんのエントリは投げ銭について考えるにあたって、昔の投げ銭が提唱されたあたりからどう議論されていったのかを追いかけるのに非常に参考になりました。

[]ネットで発言するときに意識すること


自分のブログ、それ以外でも掲示板だったりいろんなコミュニティだったり、他人のブログのコメント欄だったりと、ネット上で発言する機会は結構あったりします。


自分の考えを書いて、いざ書き込みのボタンを押す、その前に意識するようにしているのが、ちょっと引いてみてそう背後霊のような位置(笑)から、今書き込もうとしている文章を他人として読んだらどう思うだろう?ということ。


  • 自分の言いたいことが誤解されずに伝わる文章になっているか?
  • 思わずかちんとくるような表現になっていないか?
  • ここでこの発言を行うことが必要なのか?

あ、この発言駄目だなぁ、と思ったら、もったいなくても書き込みを消しちゃうことにしています。


人と人とは、目の前で向かいあって会話してても誤解がおこることなんてしょっちゅうなのに、ましてや文章でしか表現できないネット上で思ってることが正しく伝わるなんてある訳がない。

ほんのちょっと意識するだけで、より正しいコミュニケーションに近づけるなら、意識しておいて損はないかな、と。




とか言いながらも、ついつい意識するのを忘れちゃったりしますが、常に心の中においておきたいマイルールのひとつです。

他にもあと99のマイルールがあったり・・・・・・しませんけどね(笑)

[][]ブックマークされる喜び


先日、正式版となったはてなブックマークですが、いろんな機能があって、あるURLのブログの記事がどれだけブックマークされているか?なんてのを簡単に調べることができたりします。

■はてなブックマーク - 注目エントリー


ここの北の大地から送る物欲日記も、今月に入ってからいくつかの記事がブックマークされるようになりました。


f:id:hejihogu:20050826095129j:image

■はてなブックマーク - http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/ の人気エントリー

ここを自分でチェックすることで、自分のどの記事が読まれているか簡単に分かります。


いままではアクセス解析などで訪問者の数くらいでしか見られていることが分からなかったのが、ブックマークされているのが分かるようになりました。

これによって「こういう記事にみんな興味あるのか」と気づいたり、コメントを見て反応を知ったりすることができて、見てる人との距離がぐっと近づいた感じがします。


各記事についているコメント欄に書きこむほどではないけど一言あり、とか言う人が簡単にブックマークエントリ上でコメント残せることは、記事のコメントに書き込むよりもずっと抵抗が少ないんじゃないかと思います。

それ以外にも、コメント欄でコミュニケーション取るなんて新しい遊び方?もあるみたいです。


ただ、はてなブックマーク上で自分のサイトについて知らないところで好き勝手言われている、と感じる人もいたりするようです。そういう人は、自分のサイトでどれがブックマークされているか、上のリンク先から見てみてはどうでしょうか?

はてなアカウントがででるので、匿名掲示板で晒されるよりはずいぶんとましだと思うんですが。

2005-08-25

[]エウレカセブン・ラリー -24-

バンダイチャンネルとUSENは、USENが運営する無料の動画配信サービス「GyaO」において、テレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」の第1話〜18話までを8月27日7時から24時間限定で一挙配信するイベント「エウレカセブン・ラリー -24-」を実施する。

GyaO、アニメ「交響詩篇エウレカセブン」の1〜18話までを一挙配信

最近見始めたりして、途中の話を見てないよ!って人はここから!!


21話まで見られるようになってたエピソード見ると、今後もしばらく鬱展開が続くみたいですが。

交響詩篇エウレカセブン トランスモデル ニルヴァーシュ

交響詩篇エウレカセブン トランスモデル ニルヴァーシュ

交響詩篇エウレカセブン 2 [DVD]

交響詩篇エウレカセブン 2 [DVD]

交響詩篇エウレカセブン (1) (カドカワコミックスAエース)

交響詩篇エウレカセブン (1) (カドカワコミックスAエース)

[]携帯からやってくる人々


んんっ!


一つ前のエントリ、「オレンジレンジ」ってキーワードが入っていますが、そしたらさっそく携帯からアクセスしてきてる人が!!

やっぱ携帯から見に来る人っているんですね。



なんでそんなに受けてるんだろう? オレンジレンジ。

「夢中になってる中学生」 vs 「パクリうざいとアンチになる大人?」

の構図になっているような感じを受けますが。


そりゃ、いろんなヒット曲のいいところパクってるんなら、曲的には気に入られるよなぁ、と思うけどね。


若い子はパクリ元なんて知らないから、「流行ってるし、自分が好きだからいいじゃん!」

大人?は自分の知ってる曲をパクられて、「盗作はよくない!」


・・・・・・永遠に平行線な気も。

[]ネットが繋ぐのは距離だけじゃない


インターネットにデビューする子供たち

デビューと言っても、なにも歌手になるとかそういう意味じゃなくて、まぁ、インターネット上でサイトや掲示板を見て、そこに書き込みを行ったりするようになった、というのを指してデビュー、と。

いまどきな子供たちは生まれながらにしてインターネットが存在してる世界になっている訳で、大人になってからインターネットがでてきたという我々とはちょっと違う状況にあります。携帯電話とかも同じような感じですが。


我々の時代(と言ってもたかだか10〜20年前だけど)なら、子供時代、そう、小中学校に通ってた頃に触れられる世界といえば、当たり前だけど自分が通ってる学校の周りくらいでした。

それが、今だとインターネットに繋げば日本中、さらには世界中の人と触れ合うことができる訳で。これって、非常にうらやましくもある反面、考えようによっては結構怖いことなのかもしれないな、とも思います。まだ十分にコミュニケーションを取る能力を身につけないままに、ある種無法地帯とも考えられるインターネットに出て行ける訳ですから。


あるブログのコメント欄でのやりとり


そんな状況で興味深かったのが、最近あった「こどものもうそうblog」さんでのコメント欄を巡る一連のやりとり。

「アンチオレンジレンジ」サイトが「オレンジレンジファン」サイトになってる理由というテキストを書いたら、反響があって、コメント欄も盛り上がった。いや、盛り上がったというか。

最初は、(おそらく)いつもブログを見ている人からのリアクション。

(中略)

ところが、「アンチオレンジレンジ」というキーワード検索で

上位にひっかかるようになり、

06/29あたりから、

若者さんたちの「オレンジレンジを悪く言うな!」というコメントが出現。

さらに夏休み突入あたりから、

>変に言うのゎ、やめたらどうですかぁ?

といった小さい「わ」、小さい「あ」が頻出する「こどもねちゃねちゃ喋り」コメントが増加。

こどものもうそうblog | 米光VS中学生? コメント欄が荒れていく

なぜか、ネット界隈だと「アンチオレンジレンジ」は中学生?というか子供を引きつけるキーワードのようで、がんがん集まってきます。恐るべし。


そしてこの後、コメント欄で、わんさかと沸いた子供たちとのやりとりへと続いて行く訳です。

「歴史を参照しない」というより、表示された一画面以外は読んでないような「思考範囲が一画面」なコメント世界に突入です。

こどものもうそうblog | 米光VS中学生? コメント欄が荒れていく

という訳で、もう子供たちがここは俺らの語り場だ!と荒らしまくる(本人たちにはもちろんそんな意識は毛頭なく、単に楽しく会話してるだけという認識)んですが、それに対してこのブログの管理者の米光さんが切れたりすることなく、「ここはそういう掲示板じゃないんだよ」と対話していきます。

そして、一旦は捨て台詞を残して去った一人の子が、後から戻ってきて「今までゴメン!」と謝ってくれて、無事仲直り、という何ともイイ話なんです、これが。


全文は

http://blog.lv99.com/?eid=171959

のエントリのコメント欄です。長いですが、必見。


インターネットが繋ぐのは距離だけじゃない

今回の話は、おそらく父と子という関係であるくらい年の離れたふたりがインターネット上で話をしてる訳です。

昔と違って、今の世の中なかなか子供と大人が会話する機会もなくなって来てるのがいろいろと問題になっていますが、その一方、こういった形で大人と子供が接する機会もできてきている訳です。


自分の運営するサイトを荒らされたりするのは正直、勘弁してもらいたいものですが、こんな場合もあるんだってことで、もっと大人として子供に教えてあげなきゃいけないことをしっかり教えて上げる必要ありますね。

たぶん、こういうケースって、今後もっと増えて行くような気がします。


同じよねみつさんの記事で、「場の空気を読めないこどもたちに荒らされている現場」のために記事を書いています。困っている人がいたら、参考にどうぞ。

ネットで、いろいろ書き込むときには、ルールがあります。

今、「ブログのコメント欄」に、ルールを無視して書き込む人がいて、みんなを困らせています。

きみが、その困らせちゃう人にならないように、注意しましょう。

夏厨のための太陽政策|異論な人々

以下、子供にも分かりやすい説明が続いています。

[]メーラー移行計画(2)


先日の話の続き。

北の大地から送る物欲日記 - メーラー移行計画(1)


職場のマシンのメーラー、ARENAからMailに変えようとして、とりあえず並行して使ってみてるんだけど、うーんARENAの方が使いやすい??

迷惑メールの判断機能はありがたいんだけど、とにかく動作が重い。たかがメールソフトなのになんでこんなにもっさりしてるんだろう? あと引用が見にくい・・・。普通に「>」か「>>」で引用を表記してほしいのに、なんか「|」で表示される。見にくいったらない。変更できないのかな、これ。


過去のメールは数千件あるので、移すとなるとかなりの大仕事。移行をどうするか悩み中。でも、ARENAの試用(購入時のパスワード入れないとそのうち使用不可になる)期限がそろそろ迫ってたり。パスワード、どこかに控えてあったかなぁ。



自宅の方は、Becky!Thunderbirdにしようかと思ってるんだけど、自宅でメールを見れないときに外からうまくメールを見られるソフトってなんかないかなぁ。サーバにはすべてのメールを保存しておいて、クライアント側から見たいのだけ確認できるような奴が望ましい。前になんか見つけたような気もするけど、URL残ってないや。また探さないとな。


ってな訳で、あまり進展してなかったり。やる気出せ!>自分

[]ブログをいくつも使い分ける訳


風呂具(ことえりの誤変換)、、、いやブログを始める人がどんどん増えている最近ですが、「どんな内容のブログを作るか?」と言えば、それはもう人の数だけある!  いや、それは言い過ぎですが、とにかくいろんなジャンルのブログが存在しています。

で、一つのブログの中でも、たいていカテゴリやらタグやらを各記事(エントリ)につけて、記事をジャンル分けできる機能がついてたりします。そう、いろんなジャンルの話を書いても、記事ごとにカテゴリ分けしてくれる機能がブログにはだいたい備わってるんですね。


じゃぁ、みんな一つのブログで十分だよね、と思いきやそうでもないようで。

保有している Blog サービスの ID 数でトップは、「1つ」で63.6%。なお、「2つ以上」ID を持っている人は前回より3.7ポイント増加して36.4%だった。

第17回:Blog に関する調査 [自主共同調査結果

この調査結果だと、36.4%の人が複数のブログを運営してます。


なんで複数のブログをわざわざ使い分けるのか。


よりよいブログサービスを求めてあちこち渡り歩いている、なんて人もいそうですが、それよりも「ブログはひとつのテーマについて絞った方が読みやすい」ってのが大きな理由だと思います。

ブログをつける側からしてみれば、ひとつのブログでまとめて更新できた方が楽なんですが、いろいろと多趣味(私のそう)な人だったりすると、カテゴリがずらーーーっと並んでしまうことになります。

そして、ブログを見に来る人はというと、たいていの場合その人の全部の記事を読みたい、というよりはいくつもあるカテゴリの中のこれが見たい、というような訪問の仕方が多いように思います。


まぁ、見に行くブログの作者を気に入って「その人のすべてを知りたい!」なんて場合だったら別でしょうが、たいていはそのブロガーの書く○○についての記事が読みたい、ということになるんじゃないでしょうか。

最近ではRSSリーダーも流行ってきていて、ブログ単位で購読することが可能になってたりしますが、あまりにだーーっと大量のエントリをつける人の場合だと、その中から読みたいものだけを選ぶのが面倒だったりします。


・・・・・・なんていうのを、RSSリーダーをいくつか使うようになって痛感するようになりました。大量にカテゴリがあるようなブログは読みにくい!と。(ひとつのジャンルの中でいろいろカテゴリ分けしてるような場合は別ですよ)



そんなこんなで、多趣味な人はどんどんたくさんのブログを開設することになっていくのでした。ここも、普通の記事と自分用のメモを分割しようかなぁ、と考えていたり。

2005-08-24

[]国民新党ホームページ

国民新党のホームページ

http://www.kokumin.biz/


ここ、なんかいろいろとネタでいっぱいです。


素晴らしい4コマ漫画・・・。

http://www.kokumin.biz/manga-1.html

http://www.kokumin.biz/manga-2.html

これって誹謗中傷にはなんないの??



もう終了した公募の小論文の題は「刺客」と教育

何を書けっていうんだ、そのお題で・・・・・・。


  • 追記

うわ、4コマの第3段がもう出てる!

http://www.kokumin.biz/manga-3.html


この先、4つめ、5つめもありそうだから、前もって貼っておく(笑)

http://www.kokumin.biz/manga-4.html

http://www.kokumin.biz/manga-5.html

[]気になるアニメ

トップをねらえ2! (4) [DVD]

トップをねらえ2! (4) [DVD]

発売日が10/28に決定。あらすじ見たら、前作のストーリーをやっぱ踏襲してるぽい。そろそろ盛り上がってくるか?

[]はてなアイデア、タグ実装直後の狙い目

はてなアイデアにタグ機能を追加しました。

ログイン中のユーザーは、アイデアの編集ページからタグの追加、削除が可能です。

アイデアに対してタグが指定されると、タグ一覧ページやタグごとのページにアイデアが表示されます。また、トップページにも最新のタグが表示されます。

はてな各サービスの機能変更、お知らせなど - はてなアイデア日記 - タグ機能の追加について

という訳で、はてなアイデアミーティングでの発言から近いうちに実装されると思われていたタグ機能が実装されました。これで、各アイデアの分類ができるようになって、少しは混乱してる状況が改善に向かいそうです。


今、目につくタグはというと

f:id:hejihogu:20050824165333j:image

「キーワード」「不具合」「実装済では」と言ったところでしょうか。


「実装済では」のタグがついたアイデアは、近いうちに配当が出る可能性があります。


と言うことは?


まだ1000ポイントに達していないアイデアで「実装済では」タグがついているのを探して、そこにベットすれば・・・。って、気づいてる人はもうやってるー!!(笑)


え?私??

ポイント欲しいけど、残り少ないからおとなしく配当待ってることにします(^_^;;

[]次なるはてな新サービスはコレだ!


さまざまな新サービスを展開して行くはてな。

ここ最近で新しく始まったサービスを思い起こしてみると「はてなアイデア」「はてなブックマーク」「はてなマップ」「はてなRSS」「はてなグラフ」「はてな総選挙」・・・すごい数(笑)


このそれぞれのサービスのURLは、それぞれ「「アルファベットの頭文字」.hatena.ne.jp」というドメインで運営されています。(一部そうでないのもあるけど)

そう、目指すところはアルファベット全26文字制覇なのだ!!!ドーーーン。

A: AntennaN:
B: BookmarkO:
C: CounterP:
D: DiaryQ:
E:R: RSS
F: FotolifeS: Sousenkyo?
G: Graph, GroupT:
H:U:
I: IdeaV:
J: Jinriki?W:
K:X:
L:Y:
M: MapsZ:

見てもらうと分かるけど、アルファベットの前半にサービスが集中している。そう、着々とアルファベットの前半から開いている部分を埋めているのです。うん、間違いない。

となると、次に来そうなのは前半でまだサービスのない「E」ということになる。


Eから始まる単語・・・いろいろ考えてみました。



  • Earth: って、これはすでにGoogle earthがあるから目新しさないか。
  • English: 英語。イングリッシュ。大人になってから分かる英語の大切さ。ネット上で一番多い言語ですからね、使えるのと使えないのじゃ大違い、って訳で、みんなで英語を使おう「はてなEnglish」  なんのサービスだか分からない・・・orz
  • Error: 失敗から学ぶことは多い、失敗学なんて言葉ができるくらいだし。そこで、みんなの失敗談を集めて、成功へと繋がる道を探す「はてなError」 お、ちょっとありえそうな・・・。学術的なものはすでにあるので、それ以外の日常的な話題とかを扱えば・・・。


と、いろいろ考えているうちに、最近のこんな記事を思い出しました。

はてな社内で「サーバ用の電力が足りなくなりそう」と話していた時。近藤社長が「風力発電すればいい」と言い出したという。社員が「発電装置を置く土地がない」と返すと「じゃあ、(土地があって涼しそうな)南極でやろう。サーバも持って行って」と真顔で言ったとか。

ITmediaニュース:「南極で風力発電したい」〓〓はてな社長はやっぱり変

こ、これは・・・・・・って、これか!!!

「そう、次のはてなの新サービスは「はてなEnergy」だったんだよ!!」

「な、なんだってーー!!」

ΣΩΩ Ω 





「「はてなEnergy」開始に伴う風力発電によるサーバへの電力供給のため、はてなは東京から南極へと移転します」、とかなったら笑うけど(笑)




世界のエネルギー需要の何倍もの電力を、風力でまかなえるかもしれない」なんて、最高にワクワクする話じゃないだろうか?

「はてな」と「風力発電」という組み合わせは、私にはピンとくるものがあった。その「突拍子もなさ」のなかに、しかし決して夢物語ではない、現実を変えていく力を感じる。

Zopeジャンキー日記 :はてなと風力発電

「ワクワク」するような話を実現していく、という点で「はてな」のやろうとしていることと「風力発電」というキーワードに何か結びつくものを感じる、というのは私も感じました。

新しいサービスが始まるたびに、「うわ、今度はこう来たか!」とワクワクさせてくれるのがはてなのもっともはてならしいところだと。





って、よく考えたら、いったい何のサービスになってるんだ「はてなEnergy」って(笑)

2005-08-23

[][]Yahoo!ミュージックを聴きながら音楽配信を考える


Yahoo!ミュージックを試してみる

ヤフーが、フルサイズの楽曲約10万曲を無料で聴ける新音楽配信サービス「Yahoo!ミュージック サウンドステーション」をスタート。配信方式はあらかじめ用意された楽曲を聴くネットラジオスタイル。

ITmedia ライフスタイル:10万曲が無料――ヤフーが新音楽配信サービス

Yahoo!ミュージックを試してみました。Macintoshは非対応、あとWindowsでもブラウザがIE以外だとダメなのかな? FireFoxではダメでした。こういうときだけ起動するIEを立ち上げてっと。


必要な環境が整っていれば、すぐに楽しむことができるぽいので、とりあえず「オール J-POP」をクリック。別ウィンドウが開いて、30秒のCMが入った後に曲が流れ出す。このウィンドウに曲情報が表示されて、そこからCDや音楽配信がYahoo!ミュージックにあれば、そこへ飛ぶことができるようになっている。

制限としては、Yahoo!IDでログインしてないと3曲までしか聞けない、5曲ごとに30秒のCMが入る、といったもの。Yahoo!IDを持っている人は多いだろうし、ラジオだと思って聞き流していれば30秒はいるCMも別段気にならない。


あぁ、これは楽だ。手軽にJ-POPを聞く手段としてはうってつけかもしれない。作業中に裏で流しっぱなしにしておいて、気になる曲があったらすぐにアクセスできるという、ユーザーとして欲しかった形のネットラジオってこんな感じ?ってのだ。

『無料で気軽に音楽と触れ合える場所』を創造し『偶然流れ出す音楽とのすてきな出会い』を提供することにより、音楽に触れる機会を増やし、CD販売の売り上げ増加、日本の音楽業界の活性化を図りたい

ITmedia ライフスタイル:10万曲が無料――ヤフーが新音楽配信サービス

ヤフーとしても、まさにそこを狙ってきているらしい。


なぜいままで出来なかったのが可能になったか?


技術的には全然問題目新しいトコロはなく、音楽業界の権利問題がいままでこの手のネットラジオ風な音楽配信サービスを阻んできたんだろうが、このYahoo!ミュージックで実現するに至ったのは

・配信帯域は32kbps

・曲や歌手を完全には自由に選べないラジオ方式

辺りでうまいこと折り合いがついたからではないかと思う。


「配信帯域は32kbps」とかなり低い帯域ではあるが、視聴として考えるならこれくらいでも十分。そして、ある程度は自分で聞きたいものを選べるが完全に自由に曲を選んで聞くことはできないというのも視聴として考えれば十分。



日本で着うたフルが約300〜400円と比較的高い料金で、しかも配信帯域が48kbpsと低いにもかかわらず大流行してるのは、

「聞きたい時に手軽に購入できる仕組み」

をうまく提供しているのが非常に大きいと思う。

買わない人にとっては、携帯でしか聞けない、帯域が低い、高いなど多くのデメリットのみが目に付くが、実際に利用している人にとってはそんなことよりも、今、自分がこの曲を聴きたいときに簡単に購入できるというお手軽さの方がずっと勝っている(もしくはデメリットなんて考えてもいない)。


今回のYahoo!ミュージックはこの着うたフルのような欲しい曲に簡単にアクセスできる仕組みをうまくPC環境に持ち込んだ意味が大きい。手軽さでみれば着うたフルにはまだまだ及ばないものの、いままでのPC上での音楽配信の視聴すら面倒、しかも30秒のみなんてのと比べると格段にユーザー側に歩み寄っている。


ユーザーは音楽配信に何を求めているのか?

今さらと言われるかもしれないが、オンライン販売の利便性とはなにかということをもう一度おさらいしてみると、「検索性」、「即時性」、「値頃感」の3つであると考えられる。平たく言えば、「目的の曲を」、「今すぐ」、「音楽CDよりも安く」入手できるということである。

ITmedia ライフスタイル:人はなぜ音楽を買うのか (1/3)

ユーザーが音楽配信に対して期待しているのは、まさにこの3点、「目的の曲を」、「今すぐ」、「音楽CDよりも安く」という部分だと思う。


「目的の曲を」(検索性)というのは、提供されている曲数が多いほど、そして検索のしくみが優れていて簡単に目的の曲へたどり着けるほど満たされる。 提供されている曲数は「いかに多くのレーベルと手を組めるか?」、検索のしくみはいかによい環境(ソフトウェア)での配信を実現するかにかかっている。

この点では、iTMSを含むどの音楽配信サービスもまだまだであると思う。音楽配信の大きなメリットとして、「配信曲数を増やす時、在庫数を考慮しなくていい」という点があり、極論を言えば、過去に販売していてすでに絶版になっているような曲をどんどんと配信に向ければ、またそこに新たなマーケットが出来るはず。

特に年齢が高い層はそういう懐かしい曲に対する興味は非常に高く、事実iTMSの売れ筋ランキングでも過去の名曲が今時な新曲とランキングに並んでいる様を見ることが出来る。いままでは失われていたマーケットがそこにはあるはずなのだ。



「今すぐ」というのは、利用媒体(PC?、携帯?)にかかっており、J-POPをよく聴くような若い層であれば携帯がうってつけだろうし、PCで音楽を楽しむもうちょっと上の年齢層(20〜40代)になればPC上が手軽である。購入に至るまでに認証やら手続きやらと面倒な手順がひとつ出てくるたびにユーザーは離れていってしまう。そのあたりのバランスがヒットしている着うたフルやiTunes Music Storeは優れている。



「音楽CDよりも安く」というのは現状のシングルCDでは2曲1000円と考えて、1曲500円くらいってのを考えると、高いといわれる着うたフルでもそれよりは安くなっているわけだけども、値段というのはそう一元的に考えられるわけでもない。ユーザーごとに持っている価値観で考えたて値段の折り合いがついたときに、初めて曲を購入するという行為に結びつくわけで、この辺の価値感は年齢でかなり違っているように思われる。


若い人はとにかく流行を追い求めがちで、今聞きたい曲をすぐに手に入れることに価値を見出す。また、年齢が高くなるにつれて自分の好きな曲のライブラリを持つことに価値観を見出すようになり、いかに自分が購入した曲を自分の利用したいように利用できるか(DRMの制限)に価値観を見出すようになる。


前者で考えたときには今の着うたフルの値段はそれほど抵抗にならないからあれだけ着うたフルがヒットしているのだろうし、後者の立場で考えたときは、いままでのDRMの制限(携帯プレーヤーへの転送回数制限、CDにも焼けない、PC間のコピーもできない、など)と値段(200〜500円)が折り合わなかったのが、iTMSが参入したことで下がったDRMの制限(iPodへの転送無制限、CD-Rにも自由に焼ける、PC間も5台まで共有可)と値段(150 or 200円)が価値観からみて折り合える点により近づいたからiTMSのこれだけのヒット(開始4日で100万曲販売)に結びついているのだろう。


音楽をもっと楽しめる状況を待ちわびるユーザー


いままでの説明の中で、「折り合い」という言葉を使ってきたが、音楽配信がブレイクするかどうかは、この「折り合い」がつくかどうかにかかっていると思う。いかにして、音楽を配信する側とそれを受け取るユーザー側の思いが「折り合う」条件を見つけて提供できるか。

いい「折り合う点」を見つけられれば、そこから一気にユーザーが流れ込む下地はすでにできつつある。後はどこがそこにいち早くたどり着くかで、今の日本では着うたフルとiTMSが一歩リードしつつ、後ろから他業者がそれを追いかける、という図式。


一ユーザーとしては、権利とか業界のしくみとかあんまり小難しいこと考えずに音楽が楽しめるような状況に早くならないかな、と思う。




【参考記事】

ITmedia ライフスタイル:10万曲が無料――ヤフーが新音楽配信サービス

ヤフー、ネットラジオ型の無料音楽配信サービスを開始 - CNET Japan

約10万曲を無料聴取できる「Yahoo!ミュージック サウンドステーション」

約10万曲を無料で聴ける「Yahoo!ミュージック サウンドステーション」

ヤフー、10万曲のフルレングス無料音楽配信サービス

NIKKEI NET:主要ニュース ヤフーが無料音楽配信・ネットラジオ型で10万曲

ITmedia ライフスタイル:人はなぜ音楽を買うのか (1/3)

KDDI、着うたフルのダウンロード数が1000万曲を突破 - CNET Japan

Yahoo!ミュージック - サウンドステーション

2005-08-22

[]地球防衛軍2レビュー


やっと再入荷が始まったようで、ゲットできた地球防衛軍2。地球を守るべく出動する日々がやってきました。


前作でありえねーよコレ!!と驚いた世界観?はそのままに、ゲーム内容がパワーアップ。 巨大生物が! 未確認飛行物体が!! そして今作では巨大怪獣までもが!!!


今、プレイ時間3時間くらいなんですが、16面までクリアしてるのにミッション達成率が4.5%。・・・・・・・・・。 いったいどんだけステージ数あるんすか、コレ。

そして、各ステージ開始前に難易度を5段階(EASY, NORMAL, HARD, HARDEST, INFERNO)から選べるんですが、NORMALまではなんとか普通にクリアできるんですけど、その上のHARDから鬼ムズな難易度に。1面なのにHARDでクリアできるまでに1時間以上かかりましたよ、リトライの嵐で。でも、やられてもやられても、つい再出撃してしまう、、、これぞ地球防衛軍。


目の前で逃げ惑う市民は、自分より強いから大丈夫。撃っても撃っても立ち上がります(笑) むしろ、爆裂系の武器の弾が市民に当たって至近距離で爆発し、自分が巻き込まれて死ぬのが怖いくらい。市民強ええ。


そうそう、2では特殊部隊ペイルウイングという「飛行ユニットと光学兵器で武装した精鋭部隊」とかいう女性隊員が選べるようになってます。これが強い。武器がレーザー系で敵を一掃しまくり、空を飛べちゃう、怖いのはエネルギー切れだけって感じ。

陸戦兵でクリアするまで1時間以上かかったHARDの1面も2回目でさっくりクリアできるほどに強い。行けるぜ、イヤッハーーーー!!!、と調子に乗ってHARDEST選んだら、一撃で殺されたけどね・・・。


これで2100円は安いなー。 あ、虫類がどうしてもダメ!!って人には残念ながらお勧めできません。巨大アリやら巨大クモやらがこれでもか!ってくらい襲い掛かってくるので、夢に出てきかねないし。


SIMPLE2000シリーズ Vol.81 THE 地球防衛軍2

SIMPLE2000シリーズ Vol.81 THE 地球防衛軍2

[]メーラー移行計画(1)


インターネット上の新しいいろんなツールを使うのは大好きな癖して、誰しもが使っているであろうメーラーに関してはもちろん使ってはいるんだけども、結構適当にだましだまし使ってるだけだったりする。

職場のMacOSXではARENA 2.1 Carbon、自宅のWindowsXPでは標準のoutlookExpress。


昔はメーラーをよく使ってた、、、と言ってもインターネットじゃなくてパソコン通信の頃なんだけども。でも、メールでいやな思いをしたことがあって、それ以来使いはするけれども、あまりのめり込まない、という妙な環境のまま、ずるずると数年使用してきた訳です。

日に日に増えてゆくスパムメール、自宅のメールアドレスなんてもう8年以上使ってるから、1日100通近くスパムが来るんですが、その対策法は「無視」。迷惑メール用のフィルタを使えるメーラーに乗り換えようともしたんですが、ちょうど移行しようとした時に忙しくなっちゃって断念したまま。


職場のマシンはHDDの調子が悪くなって、OSを新しいのに入れ替えて環境再構築中、自宅マシンもメーラーが入ってるマシンの調子が悪くて、OS再インストールしないとだめだなぁ、って時期&メールアカウントを増やす予定なので、こうなったら一気に乗り換えてしまおう! 勢い、勢いが大事だこういうのは!!ってことで、今週はメーラー移行週間にすることにしました。


まずは初日。移行前データの整理と新メーラーの検討。

職場のMacOSXは幸か不幸かメーラーは選べるほど種類ありません(苦笑) しかも今のメーラーが開発中止になっちゃったのをそのまま使ってるという経緯もあり、次のメーラーとしては開発中止が絶対ありえない標準のMailを使用することにしました。OS10.3についてたMailは自宅メールを職場で確認するのにちょっとだけ使っていたことがあって、まぁ、使えなくもないかな、くらいには試していたので。

ただ、こっちは仕事で使っているので、メールのデータがかなりの量。それの移行が大変そうな予感が・・・。


自宅のWindowsXPはメーラーの選択肢が大量にあるので、2〜3日かけていろいろ調べてみようかな、と。

2005-08-21

[][]はてなブックマークにつけるコメント


私のはてなブックマークの使い方は「クリッピングツールとしての利用」という部分が大きいので、コメントはほとんど残してません。たまにパッと思ったことをすぐに書けそうなときに書くくらい。


毎朝(ではないときもありますが)、前日に残したブックマークを見て、自分のマシン上でコメントを付けて、ここじゃない自分のブログに毎日アップしてたりします。ある意味ニュースサイト的な使い方。

■へじの雑記帳 ネット拾い読み(050821)



たかだかコメントなんですが、はてなブックマーク上で付けるコメントは誰でも読むことができるわけです。しかも50文字までしか入れられないので、誤解を招いてしまう可能性もあるわけで。

そんな訳で、はてなブックマーク上ではコメントはあまりつけてなかったりします。

[]気になる漫画

ハチミツとクローバー (8) (クイーンズコミックス―ヤングユー)

ハチミツとクローバー (8) (クイーンズコミックス―ヤングユー)

はっ、もう出てたのに本屋で気づかなかった!! と思ったけど、北海道への入荷がまだなだけか。

[][]自分の記事をブックマーク


はてなブックマークを使い始めた頃は自分の書いた記事(エントリ)はブックマークしてませんでした。

なんか自分の記事を宣伝してるような気分になるってのがあったのかも。


でも、自分の興味のある記事のクリッピングってことで考えてみれば、自分の記事をブックマークするってのもいたって普通なことなのかも?と気づいてからは、自分の記事もブックマークするようになりました。コメントで思ってるところを一言残したりできますしね。

で、一つ前の記事「[internet][hatena]はてなブックマーク利用心得十箇条を記す」を書いた後にブックマークしようと思ったら、すでにid:rahorahoさんにブックマークされてた・・・・・・はやッ!!(笑)

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20050821/p1

[][]はてなブックマーク利用心得十箇条を記す


はてなブックマーク利用心得十箇条ってのを斬(ざん)さんのサイトで見ました。

【はてなブックマーク利用心得十箇条】

1. コメントするためにブックマークしないこと。

2. 馬鹿を笑うためにブックマークしないこと。

3. コメント重視とブックマーク重視の区別をつけること。

4. 記事にコメントすることをまず考えること。

5. メジャーな記事の1ゲットにとらわれないこと。

6. 埋もれてるいい記事を紹介する気持ちを忘れないこと。

7. 馴れ合いでブックマークしないこと。

8. 自分に役立つことを一番に考えること。

9. 使うのであって使われないこと。

10.心得を破っても己を責めないこと。

『斬(ざん)』:はてなブックマーク利用心得十箇条

ふむふむ。


私も自分なりにはてなブックマーク利用十箇条を考えてみました。


1. 気になる記事(エントリ)をブックマーク。
2. 自分が賛成する記事だけでなく、反対な記事でも興味がある話題ならブックマーク。
3. ブックマークするだけでも十分、コメントはおまけ。
4. 過去の記事でもかまわずブックマーク。
5. 見出しやコメントだけを読んでブックマークしない。
6. すでに多くのタグが付けられている時はそれを参考にする。
7. 気の利いたコメントをつけることにはまりすぎない。
8. コメントは50文字まで、誤解を招く表現には気をつける。
9. タグはなるべく付ける。
10.記事を読むのが目的、ブックマークはツールであることを忘れない。


以下、それぞれについての説明。

1. 気になる記事(エントリ)をブックマーク。

 はてなブックマークでブックマークする、ということは気になる新聞記事を切り抜いてスクラップブックを作る作業をウェブ上で行うこと。どんどんブックマークすべし。

2. 自分が賛成する記事だけでなく、反対な記事でも興味がある話題ならブックマーク。

 ブックマークする=賛成する、という意味ではないことに注意。興味がある話題なら反対意見でも気にせずブックマークすべし。

3. ブックマークするだけでも十分、コメントはおまけ。

 自分はこの記事の内容に興味があるんですよ、と宣言(ブックマーク)するだけでも意味はある。コメントはおまけであると思え。

4. 過去の記事でもかまわずブックマーク。

 古い記事だって立派な情報。

5. 見出しやコメントだけを読んでブックマークしない。

 ちゃんと記事を読んでからブックマークすべし。でも、後で読みたい記事をブックマークしておくという使い方もあるだろうから、そんな時は[後で読む]タグを付けるとかで対処。

6. すでに多くのタグが付けられている時はそれを参考にする。

 みんなが記事につけたタグも立派な情報。自分が付けたいタグがあったら、クリックするだけで簡単に付けられるのを利用しよう。

7. 気の利いたコメントをつけることにはまりすぎない。

 気の利いたコメントを読むのは楽しいけど、みんなが気になっているのはブックマークした記事であることを忘れてはいけない。

8. コメントは50文字まで、誤解を招く表現には気をつける。

 たった50文字で表現できることは少ない。言いたいことがあるなら、自分のブログなどで言及したほうがお互いのためになる。

9. タグはなるべく付ける。

 自分で後からブックマークした記事を探すとき、タグを付けていると非常に楽に見つけられる。その記事につけたタグはその記事に対する分類情報となってみんなで共有できる財産となる。

10.記事を読むのが目的、ブックマークはツールであることを忘れない。

 あまりツールにこだわりすぎると本来の目的(読みたい記事を読む)を忘れてしまう。


必要以上に「みんなのために」を意識する必要はないと思うけど、ほんのちょっと意識するだけで幸せになれるのなら意識することのメリットになりうるでしょう。



さぁ、今日も楽しくブックマークっと。



・・・はっ、心得の10が!!(笑)

2005-08-20

[]コニカミノルタ「αSweet DIGITAL」実機レポート


発売になってたので、ヨドバシで実機を見てきました。



CCDを動かして光学手ぶれ補正を行うことで、どのレンズでも手ぶれ補正の恩恵を受けることができるのが「αSweet DIGITAL」、コニカミノルタのデジタル一眼の売り。手ぶれ補正レンズがいらないってのはいいよなぁ。ただ、その分電池の持ちは悪くなっており、フル充電状態での撮影可能枚数は550枚。

少し触ってみただけなので、それほど詳しい感想はないのですが、外装が安っぽいのが気になりました。プラスチッキー。いくら安くなったとはいえ10万円以上するのですから、もうちょっと高級感を持たせた方がいいんじゃないかと。

あと、マニュアルでピント合わせるのが、ニコンと違ってレンズの先端にピンとリングがあったんですが、ちょっと緩くてピントの山をつかみにくい感じがしました。これはレンズによるのかな?

手ぶれ補正の効果とか、実際に撮影してみたいなぁ。デジカメのレンタル制度とか昔見たような記憶があるけど、札幌でもやってないか調べてみよう。


[]GLOCOM forumストリーミング中継鑑賞中

GLOCOM forumの模様をストリーミング放送で無料生中継! ここでしか見られない企画やゲストが多数登場します。当日、会場にお越しになることのできない方も、是非ご覧ください。

GLOCOM - GLOCOM TV

インターネットでの情報社会についていろいろ調べるとよく出てくるGLOCOMのforumがストリーミング中継されるのを知ったので、鑑賞してみることにしました。

ストリーミング中継鑑賞に必要なReal player、今のマシンに入ってなかったので、それのインストールから。相変わらずReal playerの無料版って分かりにくい場所にありますね。


ストリーミング中継自体は非常に良好な状態で閲覧できてます。構成がちょっと難アリですが、そこはご愛嬌。非常に興味のある話題を自宅にいながらにしてある程度知ることができるという点で非常に素晴らしい試みかと。

[]今日のゲーム

SIMPLE2000シリーズ Vol.81 THE 地球防衛軍2

SIMPLE2000シリーズ Vol.81 THE 地球防衛軍2


  • Xbox DOUBLE-S.T.E.A.L THE SECOND CLASH

アマゾンに商品紹介ない??? 見つからない。

[]今日の書籍

ガイナックス・インタビューズ

ガイナックス・インタビューズ

[]今日の漫画

ツバサ(11) (講談社コミックス)

ツバサ(11) (講談社コミックス)

[]天気がやばそう

これから用事があって出かける予定なのですが。

石狩・空知・後志地方では、引き続き21日にかけ雷が発生する恐れがあります。落雷やひょう、突風に注意して下さい。

Yahoo!天気情報 - 道央の天気

うううむ、落雷、ひょう、突風・・・・・・。

あ、なんか外でゴロゴロ鳴ってるような。でも、出かけないとダメだしなぁ。気合入れて行って来るか!!

2005-08-19

[]「まるごと! 機動戦士ガンダム 」鑑賞中

NHKがBS2で、8月19日(金)の19:30から翌5:00まで、BSアニメ夜話スペシャル「まるごと!機動戦士ガンダム」を放送します。NHKとしては異例とも言える、朝まで9時間一気のアニメ放送です。

NHKが9時間連続朝までアニメ「まるごと! 機動戦士ガンダム 」を放送 - アニメウォッチニュース

最初の方を少し見逃しちゃったけど、ただいま鑑賞中。

やっぱガンダムいいね。9時間連続放映なんてのが全然長く感じないよ。連続24時間放映でもいけそう・・・ってさすがにそれはきついか(笑)

さぁ、ラストの「めぐりあい宇宙」だ!!

[]はてなブックマークの可能性


はてなブックマーク、使っていてかなり便利なので人に使うのを勧めたりしていますが、勧めるのにはもうひとつ訳があります。実はユーザーが増えれば増えるほど、もっと便利になっていくのがはてなブックマークだったりするからです。


自分のためのブックマークがみんなの役に立つ

はてなブックマークは基本的に自分が興味を持ったサイト、記事(permalink)をブックマーク(クリッピング)していくもので、自分のためのスクラップブックを作るようなものです。

でも、同じサイト、記事にブックマークした人数や他のユーザーが分かったり、コメントを参照できたり、タグで分類した情報を共有できたり、と自分のために行ったブックマークがみんなのための知として共有されていく訳です。

FolksonomyのようなWisdom of Crowdsが成立するためには「1人はみんなのために」ではダメ。それぞれが独立分散している必要があるから「1人は自分のために」でなければならない。「みんなが1人のために」動くのではなく「気付けばみんなのために」が実現されるような優れた集約システムがなければいけない。

伊藤直也の「アルファギークのブックマーク」

インターネット上でよく言われる“Wisdom of Crowds”、集団の意見を集約した集合知について触れている上記の記事に次のような言葉があります。

「1人は自分のために、気付けばみんなのために」

自分のためのブックマークが、みんなのためのブックマークになっているこの状況を表すのに相応しい言葉だと思います。「一人はみんなのために、みんなは一人のために」は今時な時代だと流行らなさそうな感じがしますが、「1人は自分のために、気付けばみんなのために」ならみんな気づかずに協力できている、という訳です。



ネット上でホームページやブログを作る、というのは自分だけが読むのだったら自分のメモ帳でも良いところをネットで公開することによって、それが誰かのためになるかもしれないという可能性を秘めた行為だったりします。

ただ、みんながネット上で情報(コンテンツ)を公開しても、それを見に来てもらえなければ存在していないのと同じ。なんとかして、その情報を欲しがっている人がその情報を発見できるような仕組みが必要です。今はネット上に多くの情報が溢れるようになったけれども、この情報を必要としている人と必要とされる情報を繋ぐ仕組みが足りないのではないでしょうか。

例えば、検索エンジン。またブログサービスでよくあるようなジャンル、キーワードなどで同じ情報を集める方法。いろんな方法がインターネット上に出てきますが、ある事柄についての情報をインターネット上で集めようと思ったら、ネット上での検索やその事柄に詳しい人に頼むのが一番、つまり人が一番高い能力を持ってるわけです。

それなら、その人が情報を集める能力を有効活用すればいい訳で、はてなブックマークはそういう仕組みを実現する方法だったりします。


はてなブックマークを解析する人々

そんなはてなブックマークに集まっているブックマーク情報について、いろいろと分析している人もいたりします。

国内のソーシャルブックマークは、はてながシェアトップだと思うのですが、そのユーザーのがんばり度をランキングにしてみました。

はてなブックマーカーランキング - Ceekz Logs

■はてなブックマーカーランキングからわかること - Ceekz Logs

はてなブックマークのようなしくみで重要になるのが、有用なサイト、記事をブックマークしてくれるブックマーカーの存在。そこでいままで集まったブックマーク情報から、どのユーザーが有用なサイト、記事をいち早くブックマークしているかを調べています。


更に、現在のはてなブックマークでは、まだブックマーカーがネットに詳しくて新しいモノ好きな層に偏ってるせいで、ブックマークもそういうジャンルに偏っているのではないか、という推論を検証しています。

Hatena Bookmarker Ranking を作った後に、こんなことを書いた。 ITmedia や CNET をブックマークしまくれば、多分上位に食い込める。とはいっても、そうなる原因の1つは、まだまだ はてなブックマーク のユーザー層に偏りがあるということ。体感的に正しい気がするのだけど、データはどう示すのか改めて調べてみた。

はてブでのホスト名の偏り - Ceekz Logs

結果はそのとおりで、コンピューター、インターネット、はてななどの情報がかなりクローズアップして注目されている様子が分かります。


この辺は、より多くの人がはてなブックマーカーになっていろんなサイトをブックマークしてきてくれることによって、だんだん広いジャンルの情報を網羅できるようになっていくのではないかと思います。だからこそ、多くの人にはてなブックマークを勧めたくなるわけです。ドラゴンボール風に言えば「みんなのブックマークをおらにちょっとずつ分けてくれ!」って感じ。あ、ちょっとだけじゃなくて全部なんですけど(笑)


■RERO!! - 「はてなブックマークを代表するような日記」について

解析結果から、個人サイトを抽出した結果を出してくれています。はてなブックマークで注目されてる個人サイトって訳ですね。

■はてなダイアリー日記 - はてなダイアリー補助制度について

なんてのもあるようですから、その判断基準のひとつとして使えそうかも。


そして上記のような解析結果を元にして、Hatena Bookmarker Rankingで当日上位に上がっているアルファ・クリッパーのクリップを収集することで人気の出そうなサイト、記事を予測する仕組みが作られたりしてます。仕事早いなぁ。

そう、がんばってる人のランキングが見れるんなら、その頑張る人達の集めたクリップを見たい!小難しくいうと「人気の出るURLをいち早く察知する事が出来る人たちから、より多くブックマークされるURLは人気が出やすい」という理論を実践するサイトがあると面白そうって事でAlpha Clipper Clips(以下ACC)なんてサイトを作ってみました。

YappoLogs: 統計的手法?で人気がでるURLを予測するサイトを作った

■Alpha Clipper Clips(はてなブックマーク超注目リスト):トップページ

あ、Hot Clippersの6位に入ってた!! うはぁ。ブックマークしすぎですか。み、みんなのためですよ。



今後のはてなブックマーク

みんなのブックマークを集めることで、知りたい情報があるサイト、記事を見つけ出すようになるはてなブックマークですが、この大勢のブックマークの蓄積というのは別の視点でみれば、インターネット上にある情報の案内図ともいえます。

この情報の案内図がどんどん蓄積していけば、ネットにあるさまざまな情報を示した年表のようなものが自動的に作られていくとも考えられます。そう考えると、蓄積した情報を検索する仕組みをもっと洗練していく、という方向もありそうで、今後が楽しみです。

[]はてなブックマークのススメ


ここ最近ずっと使ってて重宝してるはてなブックマーク。ふと気づいたら正式版になってました。

■はてな各サービスの機能変更、お知らせなど - はてなブックマーク日記 - はてなブックマーク正式版リリースについて

トップページから検索できるようになったり、人気のブックマークが表示されたりと便利になっています。


はてなブックマークのようなソーシャルブックマークという仕組み自体はあまり普及してないので、「ブラウザについてるお気に入りと何が違うの?」と言われることが多いですが、似てるようで結構違ったりします。ブラウザのお気に入りと両方使うことで、ネットをより便利に利用できるようになります。



ブラウザのお気に入りとはてなブックマークの使い分け

例えば、アサヒコムのような新聞社のサイトを例にとってみると、トップページの

http://www.asahi.com/

はお気に入りに入れるべき。このようなトップページはいつも同じURLで変わることがなく、しかも毎回巡回したいようなサイトなのでブラウザから直接飛べるお気に入りが便利です。個人のブログなどでも同じでブログのトップページはブラウザのお気に入り向けです。


それに対して、個別の記事ごとで気になるニュースがあったときは、そのニュースのページ(permalink、個別ページと呼んだりします)をはてなブックマークでブックマーク(クリッピング)します。例えば、「asahi.com: 成田発NW機、グアム着陸で前脚折れる けが人ない模様 �-� 社会」という記事は個別記事なので、はてなブックマークでブックマークするのに向いています。

http://www.asahi.com/national/update/0819/TKY200508190311.html

ブラウザのお気に入りでは、せいぜいフォルダ別に整理するくらいしか整理手段がないので、毎日増えていく個別記事を大量にブックマークするとだんだん閲覧しにくくなってしまいますが、はてなブックマークだと大量にブックマークしても分かりやすく閲覧する仕組みがあるので、大丈夫です。また、ネット上に保存されるので、大量に保存してもオーケー。


要するに、各サイトのトップページはお気に入り向け、一つ一つの記事の個別ページ(permalink)ははてなブックマーク向け、と言うわけです。


はてなブックマークの利用法

はてなブックマークを使うには、ブックマークレットを使う(ブラウザのリンクバー部分に登録すると使いやすいです)か、はてなバーを使うと便利です。以下のはてなブックマークのヘルプにその方法が出ています。

http://b.hatena.ne.jp/help


はてなの各種サービスを利用しているなら、はてなツールバーを入れるともっと便利です。

http://www.hatena.ne.jp/info/toolbar


いままでは、あまりたくさんブックマークすると見づらくなるからとなんとなくブックマークをためらっていたことがあるかもしれませんが、はてなブックマークでは大量にブックマークしても問題ないので、興味があるサイト、記事をどんどんブックマークして下さい。

内容について納得できないサイトでも、興味がある内容なのであればブックマークしてみましょう。ブックマークを公開していると、ブックマークした内容はすべて自分が賛同している内容だと見られるんじゃないか?と思うかもしれませんが、「ブックマークした」=「内容に賛同している」とは必ずしも言えません。

同じようにその記事に反論していてコメントを出している人のブックマークから有用な情報を見つけたりするかもしれませんしね。



はてなブックマークを使うと便利な点

さて、上で「はてなブックマークだと大量にブックマークしても分かりやすく閲覧する仕組みがあるので、大丈夫」と書きましたが、どんな点が便利なのか。それについて説明します。


  • ブックマークをタグ付けして分類できる(自分のブックマークの分類)

ブックマークにタグを付けることで、分類することができます。ブックマークした記事(サイト)について、どんな内容かを示すタグを自分で設定するわけです。ひとつのブックマークにつき、3種類までタグを付けることができ、自分のブックマーク画面では自分がつけたタグから逆引きしてブックマークを表示させたりできます。

例えば、最近話題な音楽配信に関する記事をブックマークしたときには[音楽配信]というタグをつけておけば、後から[音楽配信]とタグを付けた記事をまとめて見たりできるということです。ひとつの記事に対して3つまでタグを付けられるので、お気に入りでフォルダ別に整理するよりもずっと分かりやすくブックマークを分類することができます。


  • 自分のブックマーク専用のページができる(ネット上での自分の環境構築)

はてなブックマークでは、ブックマークした情報は自分のブラウザではなくはてなのサーバに蓄積されます。そして見たいときは自分のブックマークのサイトを見ることになるのですが、ネット上にブックマークがあるおかげでどこからアクセスしても同じブックマークを利用することができます。何台ものマシンを使ってる人には非常に便利なところ。

この自分のブックマークページはホームページなどのように自分の好きなスタイルを設定することができます。


  • タグで他の人のブックマークした記事も参照できる(自分の欲しい情報を得られる)

ブックマークにつけたタグは自分だけで完結しているものではなく、ユーザー全員で共有されています。タグを検索することで、(公開している)全はてなブックマークユーザーのブックマーク中でそのタグが付けられた記事を見たりすることができます。

さきほどの[音楽配信]というタグでいえば、それを付けられた全部の記事を見たりもできるわけで、自分が知らなかった記事をそこから発見することができます。

■タグ「音楽配信」を含む人気エントリー


  • 同じ記事をブックマークした人のコメント、人数を見ることができる(記事の注目度、反応を知られる)

実際にブックマークをすると、その記事に対するブックマークエントリーページができます。ここではブックマークした人々のコメントやタグを見たり、人数を見たりすることができます。ブログのようにコメントがつけられるサイトじゃない場合でもコメントできるので、みんながその記事をみてどう感じているかを知ることができます。


  • 自分の注目している人のブックマークを「お気に入り」に登録することで見ることができる(自分のお気に入りブックマーカーの発見)

自分が気になるユーザーをはてなブックマークの「お気に入り」に入れることで、その人のブックマークを参照することができるようになります。



ブログが広く普及したおかげで、ブックマーク(クリッピング)しておきたいサイトは増えたけれども、今までのようなブラウザのブックマークは大量のブックマーク(クリッピング)には向いていませんでした。

はてなブックマークのようなソーシャルブックマークでは、ネット上にブックマークすることで大量のブックマークに対応するだけではなく、コメントやタグをつけ、それを元に他人のブックマークも参照できるようにすることで、他のユーザーがその記事に対してどう思っているかを知ったり、今どのような記事が人気があるのかを見たり、自分の興味のある内容のタグで新しい記事を見つけたりすることができるようになります。


また、最近実装された機能で内容が気に入った記事に対して投げ銭(はてなポイントを送る)ことができるようになっています。投げ銭をもらうことで、記事を書いている人のモチベーションが上がり、あなたが読みたいような記事をもっと書いてくれるようになるかもしれません。


そんなわけで、一度使い出したら手放せなくなるはてなブックマーク、あなたも使ってみませんか?





はてなブックマークって面白そうかも?と興味を持ったら、

■北の大地から送る物欲日記 - はてなブックマークの可能性

もどうぞ。

[]総選挙はてな、参加できず

総選挙はてなを試してみたいけど、はてなアイデアを流用するしくみになっているので、95ポイントしか残ってない現状ではほとんど参加不可。はてなアイデア用にポイントを残しておきたいしね。

どうせやるなら、独立したポイントで0からやって欲しかったなぁ。おなじ仕組みでやるのはいいけど、ポイントがいっしょってトコロは意味が分かりません。

新しいサービスを試せないのがちょっぴりくやしかったり。

[]今日の漫画

魔法先生ネギま!(11) (講談社コミックス)

魔法先生ネギま!(11) (講談社コミックス)

コンビニ行ったら売ってたのでゲット。

2005-08-18

[]突然ネタ画像

f:id:hejihogu:20050806222215j:image

「無人時 超危険装置有」

超危険装置!! 危険すぎです。 この写真を撮った私も危ないところでした。

[]実家でバーベキュー


いつからだろう? 毎年、盆と正月には実家に帰省してるんですが、盆に帰省したときには必ず庭でバーベキューをしています。

ラム肉、豚肉、鶏肉、牛肉、魚介類、野菜、なんでもコイ。全部美味しくいただきます。

この写真はラム肉。やっぱバーベキューで焼くときには、ちょっと分厚いくらいの肉の方が食べごたえあるし、焼いててばらばらにならないしでいいね。

f:id:hejihogu:20050815181453j:image


火の準備はいつも私がやってるんですが、なんか家からごそごそとミニコンポぽいモノを持ち出してくる父。庭のコンセントにつないで、iPod繋いでBGM。

f:id:hejihogu:20050815175632j:image


我が家ではすっかりiPodが普及してて、たまに家族でドライブに行くときは誰のiPodをカーステに繋ぐかは早いもの勝ちな状況(笑) 繋いだ人のライブラリを聞かされるはめになります。いちいちCDやらテープやらを作る手間いらないので非常に便利。


バーベキューしつつ、アルミホイルでくるんださつまいもを炭の中にくべておいて、夜食の焼き芋も作ってたり。

[]気になる漫画

よつばと! (4) (電撃コミックス (C102-4))

よつばと! (4) (電撃コミックス (C102-4))

お、やっと4巻出るんだ。ここ2〜3年で一番笑った漫画です。

[]グランディアIIIプレイ中雑感


お盆前からじわじわプレイ中のグランディアIII。


攻略サイトとかも見つけたけど、詰まるとこないよ、このゲーム(笑) せいぜいレベルが足りないくらいか。

http://www4.atwiki.jp/grandia3/pages/8.html


相変わらず戦闘シーンはよく出来てて楽しいし、イベントの合間に出てくる食事シーンもグランディアシリーズならでは。やっぱ食事は大事だよね!


でも、なんか足りない。なんかおしいなぁ、と思う。



  • 一部のキャラの声が違和感ある。

声優を使う、使わない、で発売前に結構話題になってたけど、結局どうなったんだっけっか。一部、と言うのは他でもないヒロインのアルフィナの声なんですが。いいところもあるんですが、声と感情があってない場所も多数あって、なんか聞いてるのがつらい時も。


  • なんか話の展開が強引気味で、ついていけない感を感じることが多い。

もう少しだけ話をうまく引っ張ればいい感じになるのになぁ、ってシーンが多い。後、まだ1枚目なんだけども、アロンソ・ミランダと別れてからの展開が淡々としすぎなような。うーん。


  • ダンジョンがどこも非常にあっさり。

一応、移動するのにスイッチ押したり障害物をどかしたりなんてのはあるんだけども、どこも非常にあっさり。まだ前半だから? そろそろ一枚目は終わりそうなんですが。


戦闘シーンのテンポの良さでさくさく進めちゃってるけど、シナリオ的な魅力がちょっと薄い気がする。あぁ、3のシステムで1のシナリオやりてえ!!(笑)



グランディアIII

グランディアIII

2005-08-16

[]大変です!


実家から帰ってきてみたら、なんかザーっという音が。


うわ、エレベーターから水がッ!! 溢れてるッ!!! その様はさながら滝のよう・・・。



うちは1階なんですが、3階の部屋から水漏れしたようで。お盆でいない人が多いようで連絡つかない人が多くて大変なことに。

今のところ、うちには水は来てないんですが一応下ですから今日明日くらいは水が来ないか気になるところ。

2005-08-14

[]帰省

軽く飯でも食べてから帰ろうと思って、ラーメン食べてたらバスを逃した・・・。

f:id:hejihogu:20050814220539j:image


なんとか次のバスに乗ったら、ほぼ満員。なんとか席を見つけて座ったけど、狭くて本を読むのも辛そうだったので、iPodで音楽を聞きながら熟睡。

気づいたらもう降りる停留所のそばまで来てたんだけど、なんか時刻表より15分も早くついてた(笑)

[][]はてなブックマークにおけるユーザー数


なんか投げ銭が導入されてから、はてなブックマークユーザーが増えたんじゃない?という気がなんとなくする今日この頃。

はてなブックマークでどれくらいのユーザーがいるのかなぁ、と見てみることにしました。


と言っても、使用ユーザー数はどこ見ればわかるか?って言われても、そんな数出てないだろうから、いままでにブックマークされたエントリーで数が多いものはどれくらいのユーザー数になってるかを見てみることにしました。

■はてなブックマーク - 人気エントリー

実は、つい最近までひとつのエントリに対してカウントされるユーザー数(users)の数は255(コンピューター詳しい人だと分かりやすい数字です)までだったんですが、いつのまにか仕様が変更されて255を突破できるようになりました。

じゃ、どこまでusersがカウントできるんだ? 65535とかかな? と思ってもさすがに簡単に試してみることはできないので、今の人気エントリーの数を見てみることにします。(050814 10:00現在)


トップは

お、学生が多いんでしょうか、はてなブックマークユーザー(笑)


続いて2位は

これはスタンフォード大学でスティーブ・ジョブス(AppleのCEO)が行った卒業祝賀スピーチの日本語訳です。Appleファンなら基調講演のネット中継とかを見てジョブスの名スピーチは聞いたことがあるかもしれませんが、これも素晴らしいスピーチ。

なんかメールであちこちに転送されてる?ぽく、転記されてるブログも見かけました。まだ読んでない人は是非どうぞ。


3位は2位とたったの1票差で

さすがはてな内のサービスだけあって、はてな関連の情報への食いつきは抜群です。はてなってどんな会社なの?っていう「はてな入門」にぴったりな記事。


4位は

おー、なつかしい。って、まだ2ヶ月ほど前のサイトなのか。タイトルのとおり、20個の質問に答えると、それが何かを当ててくれるという楽しいサイトでした。

現在は「皆様にプレイ頂きました人工知能コンピュータは、更なる進化を遂げるべくプログラムの修正を行います。」とのことでサイトクローズ中なのが残念。でも、また新しく公開された折には、はてなブックマークの人気エントリーに姿を現すでしょう。


5位は

あー、ありました、コレ。便利ですね。そっか、スクリーンキャプチャ取るより、ここ使う方がサイトを紹介するときに楽そうですね。(と、今更ながらに気づいてみたり)


ちなみに、ここまでの5つのサイト、4つブックマークしてました。

1位 339/515users

2位 75/393users

3位 122/392users

4位 ---/325users

5位 99/294users


これ、月ごとの集計とか見られれば、その月に流行っていたサイトとかが分かるようになって、後から見返すと面白そうですね。


ちなみに、自分の調べたいサイトを入れて、そこがブックマークされているかも調べることができます。

ここのはてなダイアリー(北の大地から送る物欲日記)だと

■http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/ の新着エントリー

でブックマークされ具合が分かります。最近、ブックマークされるようになったので、ひそかにここを見てみるのが楽しみに(笑)

[]交響詩篇エウレカセブン

http://www.eureka-prj.net/ (公式サイト)

今日(8/14)の放映はお休みらしい。そういや、HDDレコーダーで録画しようと思って番組表探したけど、見つからなかったっけか。

レコーダー内にいままでの放映分の17話分−録画し損ねてる0.5話分(後半は起きてリアルタイムに録画した)で16.5話分がたまってて、そろそろ移動しないとHDDの空きが厳しくなってきた。


DVD-RAMでPCに転送して、DivXかMpeg4辺りに変換して保存したいけど(容量や閲覧のしやすさでこれらのファイルに変換するのが自分的にはベスト)、なかなかPC上に変換の環境を構築できず。単に面倒なだけなんですが。


交響詩篇エウレカセブン 2 [DVD]

交響詩篇エウレカセブン 2 [DVD]

[]気になる漫画

エマ (6) (Beam comix)

エマ (6) (Beam comix)

お、今月末(北海道では9月入荷だろうけど)発売か。忘れずにチェックしとこう。

[]はてなダイアリーの使い心地

今週に入ってから、いくつかの長文エントリーをはてなダイアリーで書くようになったのですが。

なんか、めちゃくちゃ使いやすい気が。


  • 情報収集したサイトははてなブックマークでタグ付けて後から参照できるし。
  • はてなバーとか入れておけば、他のはてなダイアリーからの引用も楽だし。
  • 普通は個別にトラックバックとか指定しないといけないところは勝手に自動でトラックバックやリファ?が張られるし。
  • wikiの記述法と似てるはてな記法、さまざまな種類のがあるおかげで、簡単に必要な部分にリンク張れるし。


はてなダイアリー内で考えるのなら、めっちゃ使いやすいです。下書き状態で保存できない以外はこれといった不満も感じません。

[][]投げ銭、支払い方や手数料にまつわる考え


投げ銭に関して、その料金(ポイント)に関する話題がいくつかあがっていました。その辺について思うこと。



投げ銭の支払い方について

投げ銭よりたれ銭、ということで、RSSリーダーに絡めた支払い方をid:moleskinさんが提案していました。

まずはてなRSSに有料コースを設けます。月千円とか。有料コースを選んだ人は自分のRSSリーダーに登録してあるブログの中で、ここにはお金を払いたいなあというところにマーキングをします。そしてマーキングされたブログの持ち主のところに月千円をマーキングされたBlogの数で割った金額が月末に払い込まれる。こういう仕組みです。音楽の定額制配信みたいなものですね。

Moleskin Diary - 投げ銭よりたれ銭

有料コース、というと逆に有料ならではな付加サービスでもあるのか?と考えちゃいますが、投げ銭と同じくブログの作者に直接報酬を、という意味の有料(料金)ということ。

これは、ブログ単位で購読料(≒投げ銭)を払う、といった形です。この形だと、投げ銭に相当するお金を払う、という行為をあまり意識せずに行えるという利点がありますね。払う側の意識(抵抗?)が低くてすみます。新聞購読みたいな感覚で支払いできます。


例えば最近流行ってきた音楽配信においてだと、個別に1曲1曲にお金を払って買うか、それともアルバム単位でまとめて買うか、というようにいくつかの購入スタイルがある訳ですが、投げ銭のような個人のコンテンツに対価を支払うシステムもこのようにいろんな支払い方があってもいいんじゃないでしょうか。

個別の記事に支払う(投げ銭)という形、あるブログ(ブロガー:作者)に対して支払うという形(上記のRSSリーダーに支払いをつける、元からある個人に対してのポイント送信など)、他にももっといい支払い方が考えられるかもしれません。



というわけで、投げ銭、たれ銭は両方あってもいいんじゃないかなぁというのが私の考え。


ただ、投げ銭のような記事に対して対価を後払いで支払う、という形はいままでほとんど存在していなかった形(料金後払いのレストランとかくらい?)なので、それに対する抵抗は結構大きなものなんだろうなぁという感じはします。私のようにあまり抵抗感じない方がむしろめずらしいんじゃないかと。


払う方も記事を読むたびに、この記事にはいくら払おうかといちいち考えないといけませんし、

Moleskin Diary - 投げ銭よりたれ銭

すべての記事に対してお金を払う必要はないと思います。また、いくら払うかも、自分の負担(金額的にだけでなく、値段を考えるという心的負担もふくめて)にならないように適当でいいんじゃないかと。

面倒だったら、一律10ポイントで、とか。あ、たれ銭で払えば、金額的なことはあまり考えなくてよいんですね。(月料金を考える必要はありますが)


もらう方だって、もらう度にいちいちメールが届くなんてウザ過ぎますな。しかもメールを開けて見たら、もらったのは1ポイントだったなんてのは最悪でしょう。

Moleskin Diary - 投げ銭よりたれ銭

これは非常に同感。いちいちポイント送信ごとにメール送られたら、有名ブロガーのメールなんて簡単にパンクしちゃいそう(苦笑) まとめて1日、いや1週間に一度送信とかにして欲しいところ。


そんなアイデアがあったのでベット。

idea:5011 はてなアイデア





はてなに支払う手数料5%

投げ銭、そして他ユーザーに対するポイント送信でもそうですが、ポイントを送る際にはてなに手数料を5%支払わなくてはなりません。

ここに大きな違和感、不快感を覚える方もいるようです。

echoplex - 手数料5% はてなブックマークのポイント送信機能(投げ銭)について

実ははてな内での手数料5%の計算式が、

  • 小数点以下切り捨て。ただし、0ポイントになるときは1ポイントとする。

という形になっているらしいのです。

[俺100]:はてなブックマークの投げ銭機能の手数料を約半分にする技

こちらに詳しく出ています。


結果、どうなっちゃうかと言うと

送るポイントかかる手数料実際の手数料の割合(%)
11100
2150
5120
10110
2015
3912.6
4025

って感じになります。

20ポイント未満だと、実際にかかる手数料の割合がぐんぐん上がって最高100%に。まぁ、ぐんぐん上がって!と言っても、結局は1ポイントなんですが(笑)


いままで小額決済の方法がなかったのをポイントという形で実現する、と考えれば手数料取られるのはかまわないと思うのですが、ちょっと小額(20ポイント未満)な時の手数料が5%からぐんぐん上がっちゃうってのが、気になるといえば気になります。


これは、月に送ったポイントをまとめて、それに対して5%の手数料、とかになるとそんなに違和感感じなくなるのかなぁ。(要はポイントが少なすぎるから手数料の割合がおかしくなるので)




もうひとつ、投げ銭はブロガー同士で投げあうことが多いと考えられ、そうなると最終的に儲かるのははてなだけなのでは?という指摘。

ここでかなり肝だと思うのがはてなが受け取る手数料の5%。もし同じところをグルグル回ってるだけだったとしても動くたびに5%づつ減っていくので全体として見ると儲かってるのははてなだけって事になるかもしれないというw

〜大ブロ式〜 - はてなの投げ銭システムについて色々考えてみた

これは、ブロガーではないけどブログを読みに来ている読者が投げ銭システムに参加することで、ブロガーの取り分が確保されるようになるんじゃないかと思います。

まぁ、全員が全員支払うなんて到底考えられないですが、一部の人が支払ってくれるようになるだけでもいままで何もなかったのと比べれば+になるんじゃないかと。


またまた音楽配信の例を出してしまいますが、日本では「(P2Pソフトなどを使うことで)無料で音楽を手に入れる手段が存在しているところに有料で音楽配信を行っても、お金を払って買う人なんているわけがない」とよく言われていましたが、実際に音楽配信が始まって、ユーザーが納得できるサービス(iTMS)が始まったら、ものすごい勢いで購入する人々が現れた、というのを見ても分かるように、ちゃんとお金を支払う仕組みができれば、それを使って購入する人は間違いなくいるのです。


投げ銭のしくみは、ブログのエントリだけでなく、さまざまなサイト、ソフトウェア、イラスト、音楽などにも適用できることが考えられます。いままでは面倒な銀行振り込みを使用しなければならない、さらに高額な手数料は取られる、金額も小額では払いにくい、といった大きな壁にはばまれて対価のやりとりができなかったモノに、きちんと対価を支払うしくみができる。

このしくみができる、というのが大事なところだと思うんです。何も全員がきっちり支払わないとダメだ!って話じゃないんです。払いたいと思う人だけでいい。


いままではそのしくみがなかったんですから。

[]お盆で帰省

今日から17日くらいまで、お盆なので実家に帰省する予定です。

テレビでは帰省ラッシュの渋滞のニュースが流れていて、見てるだけでうんざりするくらい長蛇の列になってますが、北海道だから特に激しい渋滞もなしでサクッと帰る予定。

2005-08-12

[]投げ銭に対して感じる温度差


投げ銭に関するブログを見てまわって感じたのが、投げ銭に関する温度差が人によってかなりあるということ。



自分の作ったコンテンツが商品みたいに扱われる

やはり

* 今まで商品として意識していなかった自分のテキストが、一方的に商品みたいに扱われる

というのが、ぼんやりした違和感の原因なのかもしれない。

シナトラ千代子 - 投げ銭が飛び交うなかでダイアリーに立てこもる、という意味。

投げ銭をもらうことで自分のテキストが一方的に商品みたいに扱われてしまう、ここをどう感じるかが温度差に繋がっているぽい。

  • 投げ銭肯定派=自分のテキストを商品として扱われてもかまわない
  • 投げ銭否定派=自分のテキストを商品として扱われたくない

これはあくまで自分が投げ銭を受け取る側に立つときの話ですが。自分が投げ銭を投げる方で否定的な人はほとんどいなかったように思います。そもそも否定的なら投げなきゃいいだけだしね。


私的には、投げ銭もらったとして、それがもっと良いコンテンツ作ろうって原動力にはなるけれども、あくまでもらってめっけもん、くらいの考えで、投げ銭をもらうためのコンテンツを作る、って方向には考えてません。自分で作るコンテンツはあくまで自分が作りたいもの、書きたいもの。


・・・・・・ああ、正のスパイラル回って無いじゃん(笑)


「投げ銭をもらうためのコンテンツを作る、って方向には考えてません。」、ここがちょっと説明不足なんだろうか。

「自分で作るコンテンツはあくまで自分が作りたいもの、書きたいもの。」というポリシーは投げ銭の有無で変わらないんですが、投げ銭があって人に見られてることをより意識するようになると、もっと完成度の高いコンテンツを作ろうという気にはなる・・・・・・こんな感じでしょうか。ニュアンスが微妙で説明難しいですね。



この辺は、逆に投げ銭をもらってしまうと書きたいように書けなくなる、と感じる人がいてもおかしく無い気はします。そういう場合は投げ銭拒否というスタンスをとるのが良さげかと。

http://d.hatena.ne.jp/sugio/19600230

ここにとても素晴らしいデザインの「投げ銭いただかないアイコン」がずらっと揃っています。

この辺の議論は、おそらく以前にも行われたであろう話で、道理でこんな立派なアイコンが既に作られている訳ですね、納得いきました。



無償による素晴らしいコンテンツの否定?

そして、もう一つ大きな点として、「いままででも無償ではあるけれども良いコンテンツは存在していた、それを無かったかのように扱われることへの違和感」ってのをいくつも見かけました。

こうした世界を実現するためには、読者が何らかの方法でコンテンツに対する適切な報酬を支払う仕組みを実現しなければなりません。そうしなければ、誰が生活を賭けて文章を書くでしょうか。

jkondoの日記 - ブログ作者に投げ銭を

近藤さんの投げ銭についてのエントリのこの部分について、違和感を覚えると書かれている方が。

とりあえずこの文章に対して思ったのは、金銭的見返りを求めずに生活を崩してまで面白いコンテンツを作り出した人なんていくらでもいたはずということ。

砂上のバラック - 勢いだけでさらっと書くつもりが1時間近く書いていた。仕事ヤバス。

過去にどれだけの人が生活賭けて文章書いてたと思ってるんだ。みんな何のために金にもならないブログ活動してると思ってるんだ。

ねえねえみんな、ステーキ食べに行こうよ - ぜになげ

投げ銭みたいなものが無くても、いままで立派なサイトはたくさんあったじゃないか、というのはそのとおりだと思います。

ただ、上の文章の意味してるところは、「無償だからダメ」ってことを言いたいんじゃなく、「適切な報酬を得られる形でネット上にコンテンツを公開できる、というしくみがいままでは無かったけど、あったらすばらしいコンテンツがもっと増えるかもしれないよね?」ってことだと思うんですが。肯定的にとらえすぎ?


投げ銭のようなシステムが普及したとしても、いままでのような無償の奉仕によるコンテンツが淘汰されるわけではないと思うので、その辺はなるようになるんじゃないかぁって思っています。むしろ、いままでの歴史だと投げ銭のようなモノはだいたい普及しないで終わっちゃってますしね。



アフィリエイトのためのアフィリエイト、みたいな儲けることしか考えない、みたいなのは非常に抵抗を感じるんですが、自分が作ったコンテンツが評価されて対価がもらえる、ってのはいままでのアクセス数、コメント、トラックバックなどの評価の手段が増えるってことでアリなんじゃないかと考えています。

ただ、どうしても投げ銭のようにポイント(金銭)のやりとりが絡むと、いろんなしがらみがでてきちゃうんでしょうね。今後、投げ銭がどれくらい普及するのか、いろいろ考えつつ使ってみたいと思います。



今のところ、自分の投げ銭に対するスタンス


投げ銭が導入されてから、数名の方に投げ銭をいただきました、ありがとうございます。

自分への投げ銭は、自分の作ったコンテンツを評価してくれておひねりを投げてくれたんだってことで、ありがたく頂戴します。


ただ、自分で作るコンテンツの内容は自分が興味のあるところ中心に作りますので、投げ銭に過度の期待を込められても、それにはお答えできないかもしれません。

また自分がブックマークしたサイトで、良かったと思うコンテンツには投げ銭拒否のスタンスでなければ投げ銭をしています。自分に何かを与えてくれたお礼として。

[]ブログで語られる総選挙


8月8日、衆院が解散となり衆院選が9月11日投票の日程で行われることになりました。

米国ではブログの内容として政治関連の出来事を語る、というのが比較的多いらしいですが、日本だとそれほど多くないように感じていました。

人気ブログ400件をカテゴリ別に分類すると、最も人気が高かったのは政治ブログ。次いで「ヒップスター」のライフスタイルブログ、テクノロジーブログ、女性が執筆するブログの順となっている。

ITmedia エンタープライズ:米ネットユーザーの3割がブログ利用ーーcomScore調査

しかし、今度の総選挙に関してはあちこちのブログで話題になっているのを感じます。いままではブログのような個人が簡単に自分の考えを発することのできる仕組みがなかったのが、今回はブログが普及してから初めての総選挙となる訳です。

ブログのリアルタイム検索エンジン、テクノラティでも総選挙に関する特集が組まれています。

f:id:hejihogu:20050812153305j:image


いろいろと争点はありますが、どれかひとつばかりに気を取られて考えを決めてしまうのは非常に危ないんじゃないでしょうか。

さまざまなブログが総選挙に関して、いろんな情報をまとめてくれたり、考えを語ってくれたりするのを読むことで、より幅広い視野を見ながら自分の意見を決めることができるようになることが期待されます。

2005-08-11

[]音楽配信の普及によって権利に縛られているのに気づいたユーザー


iTunes Music Store(iTMS)における購入した曲ファイルはFairPlayというアップルがつくったDRM(Digital Rights Management、著作権管理技術)で無制限にコピーされないように保護されています。


iTMSが日本で8/4に開始されてから、アップルがiTMSで販売している曲にかけられているこのDRMが自社のiPodでしか購入した曲を聞かせない、iPodを買わせるための囲い込みだ!という論調の発言をあちこちで目にするようになりました。

「iTMSという音楽配信における素晴らしいショップがあって、私はそこで曲を購入したのに、自分が持っている携帯音楽プレーヤーにはそのまま曲を転送して聞くことはできないというのは何事だ!」

てな具合にです。


iTMSが始まる前にも、国内の音楽配信サービスはいくつも開始されていたにもかかわらず、なぜそこではこのような声は上がらず、iTMSでは上がるのか。



これは、ひとえにiTMSに対する期待の大きさの裏返しであると言えるでしょう。



他の国内音楽配信サービスでは、そもそも転送できる機器に対する転送であっても1回のみであったり、回数制限がついていたり(iTMS + iPodでは転送無制限です)という時点でユーザーは「そんながんじがらめに規制されたサービスならいいよ」と購入を断念してしまっていたわけです。また、制限を我慢してこのような音楽配信サービスから曲を購入していた人々は、そう簡単に制限を緩くしてくれるはずもないということがわかっていますから、声を上げなかった。


それが、DRMの制限が緩いiTMSが開始されたことによって、いままで音楽配信サービスで曲を買うのをためらっていた人たちがせき止められていた水が流れ出すかのようにどっと押し寄せ、一気に曲を購入しだし(開始4日で100万曲販売)、さらにはiPodでしか購入した曲を聞けないのはおかしい!と声を上げるに至った訳です。



当たり前の話ですが、ユーザーは思っているのは、

  1. 自分の納得いく音楽配信サービスで曲を買う。
  2. 自分が購入した曲を、自分の好きな携帯音楽プレーヤーで聞く。

という2点を満たしたい、ただそれだけの話なんです。


現在の状況で幸せになれるのは、上記の1.と2.がちゃんと連動しているユーザー、例えば(iTMS + iPod : FairPlay)、(mora + ATRAC3対応プレーヤー: ATRAC3)、(「MSNミュージック」、オリコン、USENなど + WMA対応プレーヤー : WMA)の組み合わせを利用しているユーザーだけ、ということ。



前日の記事で、この状態をゲーム機とゲームの関係に例えましたが、

ゲーム機器の比喩は、ソフトウェアプログラミングがハードウェアに非常に強く依存する(ことがとても多い)ということを消費者が知ってしまっているので、「なんとかしろ!」という不満は、「移殖しろ」(形式を変えて内容を可能な限り再現しろ)という要請になるだろうと思う。

suneoHairWax::ein differenztheoretischer Ansatz - MPEG4のコピーコントロール。

での指摘にあるように、曲とそれを再生するプレーヤーとの関係を表す比喩としてはちょっと不適切でした。(「ゲーム機とゲーム」は、「曲とプレーヤー」に対してもっと強い依存状態にあるため)



一番制限の緩いDRMを採用しているはずのiTMSで不満の声が多いというのは、それだけユーザーが音楽配信においてそこに集中していることを示しているんだと思います。



この状態が解決されるにはiTMSがDRMをもっと緩くして他社の製品でも再生可能になるようになるか、もしくは他の国内音楽配信サービスがiTMSなみに使いやすい制限、サービス内容になる、というののどちらかしかないんですが、果たしてどっちが先にユーザーに歩み寄ることになるんでしょうか。


Apple側は現状でも十分にユーザーを引きつけているので(iTMS + iPod : FairPlayの組み合わせを使ってくれるユーザーが十分に多い)、そう簡単にはFairPlayを解放してくれることはないような気がします。

かといって、いままで頑なに厳しい制限がついたDRMを採用し続けてきた(iTMSの開始で競争状態にある曲だけは制限が緩くなったりしていますが・・・)他の国内音楽配信サービスがそう簡単にユーザーの側に歩み寄ってくれるとも思えません。


日本の場合、音楽配信サービスを行っている会社と、携帯音楽プレーヤーを販売している会社が同系列の会社であったりするので、むしろAppleが行ったようなiTMS + iPodのような形を作るにはうってつけだったはずなのに、どこでどう間違った道を選んでしまったんでしょうか。むしろ逆に同系列の会社だったが故により制限を厳しくしようという方向に進んでしまったのでしょうか。




音楽配信サービスを使いだした人々は、口を揃えて「音楽を聴くのがこんなに楽しいことだったと夢中になれたのは久しぶりだ」と言います。(そのほとんどはiTMSでの体験なのですが) それだけの可能性を秘めている音楽配信サービス、今後うまくいくかどうかは、いかにして過去のしがらみを打ち破って新しいしくみを取り入れて行くかにかかってると言えるでしょう。


ぶっちゃけて言っちゃえば、国内の音楽業界はいかにユーザーの思惑と全然違うところを向いちゃってるかってのを早く認識してくれよ!ってところに尽きるのですが。

[]050811のはてな


日々、さまざまな変化を見せながら進化(?)してゆくはてな。せっかくその変化を目の当たりにしてるんだから、記録つけておくことに。


今日のはてなアイデアミーティングは新機能リリース準備のためにお休みだそうで。

http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenaidea/20050811/1123727332


いつもははてなアイデアミーティングを聞きながら昼飯食べるんですが、今日はiTMSでToday's トップソング100を連続視聴しながら、カップ焼きそばを食べる。



投げ銭が実装されたばかりなのに、また新機能?? なんか新機能がリリースされるのはすごい楽しみなんだけど、ユーザーがついてけなくなるくらい変化の速度が早いよなぁ(笑)



投げ銭システムの手数料は5%ですが、1ポイント未満は切り上げぽいです。10pt送ったら、普通に1pt手数料でとられました。そういや、投げ銭関連の日記を見てたら、「手数料が高すぎる!!」っていう文句も結構見たな。5%ってそんなに高いかな?? このシステムの持つ可能性を考えたら、5%でも別に高く感じないけど、投げ銭に否定的な人だと高く感じるのも道理か。


総選挙はてな、なんてのが開始されてる!

はてなアイデアの予測市場の仕組みを使って選挙の行方を予測する試み」だそうで。はてなアイデアポイントを使用するので、残り100ポイントちょいの自分は参加できなさげ。

現状を見てると、自民党の株を先に買い占めた人勝ち? 果たして予測市場がうまく回るのかどうか、しばらくウォッチしてみようと思います。

[][]投げ銭システムをもっと考えてみた


昨日の記事に引き続いて、投げ銭システムについて考えてみたいと思います。



投げ銭を与える対象

今回のはてなの投げ銭システムは、はてな外のサイトであってもコンテンツ作者のはてなアカウントをサイトに埋め込むことで、コンテンツ作者とはてなアカウントを紐づけて投げ銭を受け取れるようにしている点が非常に面白い点だと思います。

これによって、はてな外のさまざまなサイトへも投げ銭を行うことができるようになっています。


投げ銭を与える対象としては、いろんなコンテンツが考えられます。

  • 自分の知らなかったことを教えてくれた
  • 自分の興味を持ったことに関する情報をうまくまとめてくれていた
  • 感動する内容だった
  • 素材を提供してくれている
  • 笑わせてくれた
  • 非常に勉強になった

などなど。まだまだいっぱいありそうです。

どういう対象に投げ銭するんだろう?って言うのは、素直に自分が感心したコンテンツに対して「ありがとう」の気持ちを込めて投げ銭しておけばいいんじゃないかと思います。

その投げ銭がコンテンツ作者の次の作品への原動力になると考えれば、結局回り回って自分が欲しいコンテンツへの投資とも考えられる訳で、インターネット上がより楽しく、有用な情報に溢れたものとなるために個人としてできることの一つなんじゃないかと。



コンテンツに対する正しい評価としての投げ銭

現在の世の中の仕組みでは、コンテンツは全て「見る/聴く前に料金を払う」ことになっています。これは「見る/聴くための権利を買う」ということであるとすればとりあえずは納得できますが、よく考えてみれば妙な話ではあります。

zk_diary - コンテンツビジネスというもの

いままでの社会では、ここにあるような「見る/聴くための権利を買う」という形でのコンテンツの購入しかコンテンツを見る方法はありませんでした。

本であれば立ち読みしたり、映画だったら予告編を見る、ゲームだったら体験版をやる、などの方法でその一部を知ることが出来たりはしますが、本来コンテンツへの評価はコンテンツすべてを見終わってからなされるべきものであり、現状のしくみでは「コンテンツを購入する」ということが「当たりかどうか分からないくじを買う」、に近い状態になっています。

人というのは当然学習する生き物ですから、高いお金を出して購入したコンテンツが外れ続きだったらどうなるか?というと、当然その作者、ジャンルのコンテンツ商品を買わなくなっていく訳です。これがある作者に対しての評価なら、その作者のコンテンツに魅力がなかっただけ、ということで特に問題はないのですが、ジャンルだったりすると結構問題があります。あるコンテンツの評価をもってして、そのジャンル全体の評価が下がってしまうなんてことも十分に考えられるからです。

こんな状態に陥ってるジャンル、たくさんあるとは思いませんか?


現在、すでに流通にのっている様々なコンテンツに購入後に評価を与えるというしくみを導入するのは非常に大変で困難を伴うことですから、さすがになかなか導入しにくいでしょうが、まだそのような仕組みができていないネット上のコンテンツに関しては、投げ銭システムのようなコンテンツを見てから評価するという形で「良いものに良い評価を与える」というしくみを作っていける可能性があります。


投げ銭とソーシャルブックマークの連動

自分の場合で考えてみると、ブックマーク=興味のあるサイトなので、ブックマークしてから投げ銭というしくみは至極もっともなモノだったのだけれども、投げ銭関連のエントリーを見て回った感じだと「なんでブックマークしないといけないんだ」「ブックマークとは別にして欲しい」って意見がいくつか上げられていました。


http://d.hatena.ne.jp/fumiakiy/20050810#1123666123

http://d.hatena.ne.jp/ululun/20050810


投げ銭を与える、ということは投げ銭を与えるに値する内容を持ったコンテンツだってことだろうから、そういうサイトの情報はぜひソーシャルブックマークで共有してみんなに広めて欲しいと思うんだけども、まだソーシャルブックマークの考え方自体がそんなに広まっていないようです。


ブックマークと連動してほしくない理由としては

  • 「投げ銭したい気持ち」と「ブックマークしたい気持ち」がいっしょとは限らない

(これはブックマークの使い方による部分がおおきそう)

  • 匿名で投げ銭したい場合はブックマークを消さないとバレる可能性がある
  • 投げ銭はしたいけど、ブックマークをしたい訳じゃない

などがあるようです。

こういう人たちの要望に答えるには、ブックマークを経由しない、もっと簡単な投げ銭システムも必要なのかもしれませんね。

すでにはてなアイデアで要望が出されています。

http://i.hatena.ne.jp/idea/4919



投げ銭で投げるポイント(金額)について

デフォルトでは10pt(10円)になっているようですが、この金額については人それぞれ思うところがありそうです。


10円ぽっちもらって、そんなんでコンテンツを作るような原動力に影響あるのか?って人もいるようですが、少なくとも私なら10円でも自分の作ったコンテンツに評価してもらえるということに対して、ありがたいなぁと思います。だって、いままではそんな形に残る評価もらえるしくみなかったんですから(笑)


ちなみに、昨日の記事に関して、二人の方から10ポイントずついただいております。今日のこの記事は、そのお礼の意もかねて作成しています。ありがたや。(-人-)




この金額の件で笑ったのがココ。

人力はてなで、「10ptなどお金にすればたった10円だ、貰ってなにがうれしいのさ。」なんて意見を見たことがありますが、リアルマネーの10円と考えるからいけないのだと思う。

10ptはそう、一本のうまい棒なのだ。100ptだったら十本のうまい棒だよ。

光と影のフラスコ - はてなポイント 10pt

投げ銭じゃなくて、投げうまい棒だったら2chユーザー辺りが大挙して押し寄せたりして(笑)

2005-08-10

[]iTunes Music Store (iTMS)で視聴を楽しんでる人、大集合!


iTunes Music Store (iTMS)では、各曲につき30秒の視聴が簡単にできることから、曲を購入しなくてもそれで楽しんでいる人はたくさんいると思うのですが、そんなときに思うであろうことは「なんで1曲ごとにしか視聴できないんだよ、連続でできればいいのに!」って点だと思います。思うよね?思うに違いない。ウン。


そんなあなたに送る素晴らしいソフト、ただしMac版のみ。

■iTunes Music Store Player 0.1

何も言わずだまってダウンロードし、ソフトを起動してからiTMSにつないで、そうだなぁ、

「Today's トップソング」辺りを開いて1位の曲を視聴して放置してみましょう。



キターーーーーーーー!!!




待ってました、こういうの。


ランキング番組風に100位からランクアップするように再生させたければ、順位表示欄の一番上の三角をクリックして逆順にして100位から再生どうぞ。



これヤバイ。かなりヤバイよ。知ってる懐かしい曲が流れた時にぽちっと行きそうになるのを止めるのが大変です。流れる曲がすべてすぐに買えるということの誘惑たるや、すさまじいものがありますね。まさにカルチャーショック。


もちろん、アルバム単位で連続視聴するのも検索結果を連続視聴するのも可能です。



これ、Windowsでも似たようなソフトはリリースされてないのかなぁ。iTunesの次回バージョンアップ時にこの機能が導入されそうな気もしますけどね。

[][]投げ銭システムによって広まるインターネット大道芸人社会


昨日、はてなブックマークに投げ銭システムが実装されました。

■ポイント送信機能の追加について

■はてなブックマーク>ヘルプ>はてなブックマークではてなポイントを贈る


これは仕様が公開されており、はてな外でも作者のはてなアカウントが認識できるようにしておけば、投げ銭を受け取ることが出来るようになっています。ごくごく小額でのやりとりを簡単に行うことができるこのシステム、今後非常に重要な役割を果たすようになるのではないかと思っています。


投げ銭によるコンテンツへの評価

いままでは、インターネット上で非常に参考になるサイト、感動する内容なサイト、考えさせられるサイトなどに出会い、そのコンテンツ作者に対価を払うに十分値する内容だなぁと思っても、それを行えるすべはありませんでした。

自分でホームページを持っていたり、ブログを作っていたりする人は分かると思いますが、ネット上で文章を書くと言うのは意外と時間や労力がかかったりするものです。ブログを更新していると、いろんな人に自分のサイトを見にきてもらえるというのがサイトを更新する活力になります。報酬を求めてネット上に情報を公開しているなんて人、現在ではそのような仕組みがほとんどないため少ないと思いますが、投げ銭のような形で報酬が得られるというのは見に来てもらえたということ以上の「あなたの公開した内容が非常に参考になった」「内容がすばらしかった」「感動した」という意思表示であり、ますます更新の意欲が増すことになると思います。

この仕組み、うまく回れば

  1. 素晴らしい記事がアップされる
  2. それに対し、投げ銭(評価)が集まる
  3. コンテンツ作者は次も素晴らしい記事を書こうという意欲がわく
  4. 1に戻る

という、正のスパイラルが回り、インターネット上に今以上に良い記事が公開される可能性を秘めています。

この正のスパイラルは

・楽しい嬉しいツイてる毎日

・楽しいからブログの更新もウキウキ

・楽しんで更新するからコンテンツの質が上がる

・コンテンツの質が上がるから、読者も楽しい

・読者も楽しいので、はてなポイントで投げ銭

・投げ銭してもらって、嬉しい楽しいツイてる!毎日

最初に戻る

[俺100

でも同じような考察がありました。


また、現在ではGoogle AdSenseやAmazonなどのようなさまざまなアフィリエイトを利用して、広告を通して間接的に報酬を得る手段しかなかったのが、投げ銭システムだと直接書いたものへの評価として報酬が得られるようになります。

例えば、皆さんが本を買うときのことを考えてみてください。その本に書いてある内容を読みたいからお金を払って購入して読むんですよね。場合によっては、読んだ後に払った金額分の価値はなかったな、と後悔することもあるかもしれません。

でも、投げ銭システムなら記事を読んだ後に投げ銭を行うという形から、自分で納得した評価を与えることができます。このしくみが将来的にインターネット上で広く広まった場合、内容に自信があるのなら本を出版するよりもインターネット上で公開する方を選ぶ、という人も出てくるかもしれません。本にはどこでも自由に持ち運べて読めるという利点があるので、すべてがインターネットに移行することはないでしょうが、今後そういう方向に進む可能性は十分に考えられます。


インターネット上の情報は無料であるべきだ、という風潮もありますが、すばらしい記事に対しては報酬を伴う評価を行える、という仕組みはこれからのネットの発展に必要ではないでしょうか。ネットで有用、素晴らしい内容が読めるのは、それを提供してくれるコンテンツ作者の人がいるからであり、それを今後も続けてもらうモチベーションをあげるために、投げ銭システムは有効な方法論だと思います。

売れ筋の商品を紹介するブログや、個人の余暇に支えられたブログだけでなく、書籍が出たら買ってしまうような内容や、生活を賭けて書かれた作品さえもブログで読めたらどんなに良いでしょう。

こうした世界を実現するためには、読者が何らかの方法でコンテンツに対する適切な報酬を支払う仕組みを実現しなければなりません。そうしなければ、誰が生活を賭けて文章を書くでしょうか。

jkondoの日記 - ブログ作者に投げ銭を

にもあるように、素晴らしい内容のコンテンツを提供してくれる人に報酬を与えるしくみが、それもコンテンツに直接評価を与える形で行われるのが、インターネットならではっぽくていいんじゃないでしょうか。




ソーシャルブックマークと投げ銭が繋がる意味


インターネット上にアップしたコンテンツが人に読まれるためには何が必要か。


まずはそのコンテンツが存在していることに気づいてもらう必要があります。はてなダイアリーなどのようなブログサービスでは、そのサービス内で最新の更新を知らせる機能や関連記事を紹介してくれる機能がありますから、自分で自宅サーバなどでサイトを公開している場合にはpingサーバにpingを打ったり、検索サイトにクローリングしにきてもらったり、登録したりと涙ぐましい努力をしないと存在に気づいてもらうことさえできません。


ソーシャルブックマークでは、さまざまな人がクリッピングしたサイト情報を共有しあうことによって、関心がもたれている記事を吸い上げるという仕組みになっています。ブックマーカーがその記事につけたタグからサイトを探すこともできるし、また信用のおけるブックマーカーのブックマークを参考にするなんていう使い方もできます。これは、見方を変えればインターネットという世界における編集者(いい例えかどうかは微妙ですが)をブックマーカーが担っているとも考えられます。

ブックマーカーは自分が興味のある記事を探し出し、どんどん拾い上げていく。より多くのブックマーカーにクリッピングされた記事はより多くの評価を得ているということで、どんどん人の目に触れやすいランキング上位へと上がっていく。

現在はまだソーシャルブックマークがそれほど多くの人に普及している訳ではなく、ネットでの流行の先端にいる人たちが使用しているために、集まってくる記事もそういう人たちの好む内容のものが多いですが、今後もっとソーシャルブックマークが広まって、より多くの人がブックマークを提供してくれるようになれば、さまざまなジャンルにおいて、よい記事を集めるというこの仕組みが回りだすはずです。(そこに至るまでにはいくつか乗り越えなければならない壁はありそうですが)


先ほど、ブックマーカーを「編集者」と例えましたが、その場合に執筆者であるコンテンツ作者に支払われる「原稿料」に相当するのが「投げ銭」ではないでしょうか。

ソーシャルブックマークであるはてなブックマークに投げ銭システムがついた、というのは、各コンテンツへの誘導を行うソーシャルブックマークが投げ銭を入れるための空き缶を設置してくれた、ということであり、投げ銭がどこかで現実の金銭とリンクしていないといけないことを考えると、システム側で空き缶を用意してくれるという意味は非常に大きいと思います。



また、投げ銭というと、どっちかというと大道芸人が行うパフォーマンスに対して支払われる報酬ってのを想像してしまいますが、パフォーマンス的なコンテンツで評価を得ているサイトも多数あるのを考えればそういう捉え方もそう外れてはいないのかもしれません。



あぁ、素晴らしい大道芸人になりたいなぁ(笑)






この記事の続きは以下のリンク先。

■投げ銭システムをもっと考えてみた

[]iTunes Music Store (iTMS)に関するよくある勘違い

待ちに待ったiTMSということで、みんなの喜びの声(たまに批判の声もあったりしますが)を見にあちこちのサイトを回ってたりするんですが、いくつか勘違いされてる点が多いような気がします。要チェックポイントをまとめてみました。


今までみたiTMSに関する勘違いシリーズ

  • 支払いはクレジットカードでしかできない→×

アップルストア、Amazon.co.jp、コジマ、ソフマップ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラで取り扱っているiTunes Music Card(ASIN:B000ALF5GSASIN:B000ALF5H2)を購入すればクレジットカードが無くてもiTMSで曲を購入することができます。ただし、アカウントを作成する際にクレジットカード番号を要求されてしまうので、

■クレジットカード無しでiTMSにアカウント登録する方法

のような方法でアカウントを作成する必要アリ。ふじこ、ってのは適当な文字列を入れるというのでオーケーかと。


  • CDには7回しか焼けない→×

7回しか焼けないのは同一プレイリスト。曲編成を変えれば焼ける。


  • iPod, Windows PC, Mac、合計5台までしか共有できない→×

iPodへの転送は何台でもOK。Windows PCとMacは合計5台までだが、自由に認証を外せるので最初に割り当てた5台で終わり、という訳ではない。


  • iTunesで購入した曲のファイルはコピーできない→×

購入した曲のファイルはコピーに関しては自由に可能です。ただし、iTunesで再生する時には、認証されている5台のマシンまでしか再生できません。この認証は自由に解除でき、認証が5台に達してしまっても、年に1回のみすべての認証をリセットすることができます。


  • iPod以外の携帯デジタルプレーヤーにiTMSで購入した曲を移す方法はない→×

一度音楽CD(CD-DA)に焼いてからリッピングすれば可能。再圧縮することになるため、わずかに音質は劣化するが、厳密に聞き比べすることでもしなければ分からないくらいの違い(音質マニアは除く)。頻繁に曲を移すのであれば、CD-RWを使うのがおすすめ。


  • 歌詞カードがついてくる→×

アートワーク(ジャケット画像)はファイルに埋め込まれているが、歌詞カードに該当するものはついてこない。


  • 世界中の国のiTMSを同一アカウントで購入できる→×

1アカウントにつき、一国でしかiTMSで曲を購入することはできない。他国で購入したい場合は別アカウントを作る必要アリ。


  • 1クリックですぐ購入できてしまうため、間違って購入しやすい→×

デフォルトでは確認ダイアログは出るし、一般のオンラインショップのようにカートに入れてから購入、というスタイルを設定で選ぶこともできる。


  • AAC対応の携帯デジタルプレーヤーで再生できる→×

iTMSで提供される曲はAACファイルですがFairPlayというアップルのデジタル著作権管理システムがかかっており、FairPlay対応のプレーヤーでしか再生できないようになっています。現在ではiPodだけであり、海外では近い将来にiTunes対応携帯が出るようですが、日本ではまだそのような予定は発表されていません。



WindowsユーザーとMacユーザーの違い

Macを使っている人だと、そもそも音楽配信サービスはiTMS以外は門前払い、携帯デジタルプレーヤーもiPod以外で対応してくれている機種は非常に少ないというのがあって、iTMS + iPodという組み合わせで使ってる人が大多数だと思われます。何も問題なしです。

一方、Windowsユーザーの場合はさまざまな携帯デジタルプレーヤーを選べるという選択肢があります。同じく音楽配信サービスもさまざまな会社のものを選ぶことができ、そのひとつとしてiTMSがあります。そこでよく見かけるのが「iTMSで購入した曲をiPodでしか再生できないのは囲い込みだ、おかしい!!」と言う論調の発言。

さまざまな携帯デジタルプレーヤーを選べるが故に、自分の好きなプレーヤーで購入した曲を聴かせろ、ということなのでしょうが、これがもしゲーム機だったら「このPS2用のゲームソフトをXboxでプレイできないのはおかしい!なんとかしろ!!」と言ってるようなもんで・・・。自分のプレーヤーにファイルを転送できる音楽配信サービスを使うしかないかと。ただ、日本の音楽配信サービスはDRMが厳しくて、プレーヤーへの転送制限が厳しいものが多いのが現状ですが。

[]iTMSで買った曲

f:id:hejihogu:20050810072410j:image

先日始まったiTMSでの購入曲リストは今のところこんな感じ。


再生回数、「愛のメモリー」だけ異常な回数になってるのは気にしない。現在の順位9位。なんでこの曲がこんなに売れてるのって思った人はココへ。最新スレはココ


ちょっとiTMS覗くと、ついいろんな曲を視聴してぽちっと行きたくなる衝動を抑えるのが大変です。開始後4日で売れた曲数が100万曲突破というニュースに対して「スタートダッシュだけでしょ?」なんて否定的な意見をみましたが、まだ日本の楽曲が満足に揃っていない現状でもこれだけ売れてるってのがすごいところだと。

近いうちに始まるとされているリンクシェアでのiTMSアフィリエイトが始まれば、ブロガーがどんどん宣伝してくれる訳で、しばらくはこの勢い止まらなさそう。

[]マツケンサンバ3

テレビ見てたら、なんでもマツケンサンバ3が完成したとか! ホントに作っちゃったのかw また今年も紅白に出たりするんですかね。



今年はやっぱ松崎しげるの「愛のメモリー」を押したいところ。

http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?playlistId=74588602&selectedItemId=74588581asin:B000ALF5H2:image:small

2005-08-09

[]今日の漫画

彼氏彼女の事情 (21) (花とゆめCOMICS)

彼氏彼女の事情 (21) (花とゆめCOMICS)

気がついたら最終巻が出てた。後半、ずんずん暗い話になってたけど、最後でちゃんと明るい落ちになって読後感はすっきり。

[]ひさびさのマックメンテナンス


発端

先週からどうにも仕事用のマックの調子が悪いなぁと感じてたのは、その後の調査によりどうやら今使用中のOS10.3.8の入ってるパーティションのファイルが一部すっとんじゃったのが原因な模様.たしか空き容量が900MBくらいだったのに、突然1.8GBになったのがすごい怪しい.OSに必要なファイルがいくつもすっ飛んでる模様.それでも激遅ながらなんとか動いてるのは、、、すごいというか怖いというか.


対処法

とりあえず、今のメインパーティションはもう駄目ぽいので、なんとか必要なファイルを避難させて新しいOSを別パーティションに入れ直す作業を開始。まずは残り3つのパーティションのうち、一つにあるデータを残り2つに退避してそこに新しいOSを入れることに。一応、OS10.2が可動状態で残ってはいるんだけど、いろいろ不便すぎて使うにたえないので。


なんとか今日中に新OSのインストールまでは終わらせたいなぁ。データバックアップ用のメディアも買ってこないとな。DVD-RAM使ってるけど、少しは安くなったかな?


新しいOSに切り替えて

新しいMacOS10.4はいままでのCD-ROMによる提供ではなく、DVD-ROMで提供されているので、インストール中にディスクを入れ替える必要がないのがありがたい。結構古いマシンなのでインストールには時間かかるかなぁと思うも、3〜40分程度で終了。結構早い。

さっそく再起動してみると、どうやら別パーティションにある環境を移すことができるらしく、なんとか駄目パーティションからデータを移せないかトライ。

駄目パーティションの読み込みが遅いのでしばらく待たされるが、数分後に移動するデータが2.6GBという表示が出た。OS10.4自体で4.7GB使ってるので、これに2.6GBを足すと、この新しいパーティションも残り1.9GBほど。うーん、いいかげん40GB以下のHDDだと辛いなぁ。

これで無事駄目パーティションのデータがサルベージできているようなら、さっくり駄目パーティションを消去しちゃうんだけど、果たしてどうなるやら。作業時間は18分と出てるので、ちょっと休憩。


一応、データをバックアップするところまでは行うけど、このHDDはもう寿命が長くないような気がするので、マシンを買い換えるか、もしくは外付けHDDでその場をしのぐかしないと駄目かな。


ふっとんだデータ達

どうやらOS側でのデータの移行は失敗に終わった模様。仕方なく、手作業で生き残ってるデータだけでもサルベージすることに。

とにかく死にかけパーティションへのアクセスは激重でなんとかだましだましアクセスしている状態なので、時間かかることかかること。そして、どうやら一番大事な書類フォルダの中身が一部ふっ飛んでる模様。ギャーーーー。

書類フォルダの中だけでもファイル数が20000ちょい。おそらく自分で作ったファイルは数千程度だろうから、それが少しでも多く生き残ってるといいなぁ。







って、一番大事な仕事用のファイルフォルダのデータが、一部すっとんでるーー!!! ひー!!(泣)





結局、壊れてるファイルを探しつつ、手作業でバックアップ。完全に逝っちゃってるファイルは結局3つでした。どれもないとやばい系ではなかったので、ホッ。

2005-08-08

[]今日の漫画

Dr.コトー診療所 (17)

Dr.コトー診療所 (17)

確か16巻で連載が一旦終わったのかな?と思ってたんだけど,実は続いてたりした? コンビニで17巻を見つけてきたのでゲット.そもそもどの雑誌に連載されてたっけか,この漫画.

2005-08-07

[]交響詩篇エウレカセブン第17話「スカイ・ロック・ゲート」

http://www.eureka-prj.net/ (公式サイト)


【17話あらすじ】

ゲッコー号の修理が進まないことを憂うホランドとゲンゴウ。ハップを説得し、リフレクションフィルムの修理をすることに。第5次戦闘配備(金欠モード)突入。修理の手伝いにでかける男性陣。レントンとエウレカの関係を問いただすハップ。エウレカとはどこまでいったんだ?と聞かれ慌てるレントン。通信機のスイッチが入ってて結局全員で恋愛話に。寝ているエウレカを心配する子供達。ヒルダに頼まれ洗濯の手伝いをする。エウレカが沈んでいる理由を聞くヒルダ。ゲッコー号で留守番なタルホとホランド。リフレクションフィルムの工房で酔っ払いに出会うレントン達。強引にリフレクションフィルムの製作を引き受けさせるゲンゴウ。

ニールとスカイフィッシュを捕まえにオーラデブンタの谷に向かう。スカイフィッシュを集めるために宴会。烏龍茶でできあがるムーンドギー。寄ってくるスカイフィッシュ、ムーンドギーの一発芸で退散。楽しくなさそうな人には誰も来ないよ、とエウレカに話すギジェット。エウレカを想うレントンに引かれてやってくる巨大スカイフィッシュ。それを捕まえるためにニルバーシュで出るレントン。スカイフィッシュの反撃にあい、気を失って落下するレントンの危機に気づくエウレカ。集めた大量のスカイフィッシュをリフレクションフィルムへと加工するニール。デューイの下に集う配下の兵士達。セカンドサマーオブラブを起こそうと目論む。完成したリフレクションフィルムを持ち帰るレントン達。ちょっとだけ仲が戻るレントンとエウレカ。


今週はリフレクションフィルムを修理にでかけた男性陣と居残りの女性陣で、それぞれレントン、エウレカを中心としたやりとりがたくさんあって結構面白かったです。


先日、コミック版の今月号分を立ち読みしたんですが、大筋では同じようなストーリーになるんだろうけど、細かい部分がアニメとコミックとで結構違いますね。パンチャの実を採りに行くのがアニメ(エウレカ、レントン、マシュー)に対してコミック(エウレカ、タルホ)で、そのせいで話もかなり違います。両方別々に楽しめそう。


交響詩篇エウレカセブン (1) (カドカワコミックスAエース)

交響詩篇エウレカセブン (1) (カドカワコミックスAエース)

[]Mighty Mouse見当たらず

f:id:hejihogu:20050802232205:image

アップルのMighty Mouseを買おうと思って、一昨日、昨日と電気店を見回ってみたけど・・・売ってません!!! うーん、Apple store渋谷店のオープンに合わせてそっちに持ってかれたぽいなぁ。

早く北海道にも入荷して欲しいところ。

[]休みにやりたいこと

ひさびさにのんびりできる休みモードになって、やりたいことを考えるといっぱいあったような気がするので書き連ねてみる。

あぁ、どれもほどほどなうちに休みは終わっていきそうな・・・。

[]今日の音楽

  • 少年ハート アーティスト: HOME MADE 家族, KURO, MICRO, U-ICHI
少年ハート

少年ハート

2005-08-06

[]iTunes Music Card


まずはお試しでこれからスタート。

[]シゲりんぐ中


f:id:hejihogu:20050806172036g:image

こ、これは、、、、、、違和感ねえw



iPod mini新色にしげる色が!(ネタ画像)

http://www.restspace.jp/~orz/cgi-bin/img-box/img20050805153235.jpg

うわ、違和感ねえw


Moraのトップページのバナーに松崎しげるが。

なんか「愛のメモリー」が3バージョンあるし!!

http://cnt01.labelgate.com/mora/images/feature/20050803/fea_03_20050808.jpg

話題沸騰って、どこでだよw

2chの祭のことなら、対応早すぎw



iTune Matsuzaki Shigeru?(ネタ画像)

http://amb.sakura.ne.jp/hanyou/img-box/img20050805172059.jpg

しげる一色なiTunes、ってやりすぎだろコレw

しげるを使うってwww


iPod mini しげるedition(ネタ画像)

http://www.uploda.org/file/uporg163632.mov

この色がw



お、新スレ突入だ。

【iTMS】しげる松崎「愛のメモリー」を一位にスレ4



やじうまWATCHにも記事キター

いま、iTMSのToday's トップランキング」5位になっているのは、松崎しげるさんの「愛のメモリー」だ。4日の夕方頃には3位にまで上がっていた。この人気だけれど、iTMSのバグ(検索周りに不具合がかなりある)で、松崎さんのアルバム「Time」が表示される状態になっていたのが発端のようだ。その直後、2ちゃんねるのスレッドで購入促進運動が繰り広げてられてランキング上位が確定した。2ちゃんねるの投稿では、「iTMS」を「i(愛)のメモリー」「Time」「Matsuzaki」「Shigeru」の略だという指摘もあった。この人気で、iTMSで曲を購入することを、「しげる」というらしい。「しげった」「しげれ」なんていう活用もあるようだ。

めたるまん(山崎一幸)

やじうまwatch


ナムコのゲーム、塊魂の中で松崎しげるが「愛のカタマリー」って曲提供してるw

http://namco-ch.net/katamari_damacy/music/index.html



iMemory(ネタサイト)

http://fromme.cool.ne.jp/5-111/imemory.html

「検索フィールドには「しげる」と自動入力され、しげり込まれた検索結果が次々と表示されます。」って、しげり込まれたってなんだよw

[]シゲってみた


さっそく、シゲってみた。iTunes Music Storeでの初購入曲は松崎しげる「愛のメモリー」。


うわーん、こんな面白そうな祭があったのに、乗り遅れてしまった・・・orz



これから、しげる祭をおっかけてみたいと思います。



いままでのしげる祭の経緯

流れiTMS-J 開始

なぜか愛のメモリー9位

・ バグによるものとの説 via : cstmtdc iTMS http://cstmtdc.blog3.fc2.com/blog-entry-193.html

・ 大塚愛のつもりで「愛」で検索した説 http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/mac/1123128108/441

8位

スレッドが立ち始めるブロガーも反応

iTMS = iTune Matsuzaki Shigeru 説

6位

4位

関連ネタ画像祭

関連ネタ画像祭落ち着きだす

3位

深夜で落ち着いたのか順位変動(8/5-02:17頃)

4位

ポップで「1位」キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !! 

愛のメモリー シゲる?

【関連情報】

http://itmsj.s158.xrea.com/ (2chまとめサイト)

新・mac板

【iTMS】松崎しげる「愛のメモリー」1位にするスレ

http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/mac/1123128108/

【iTMS】松崎しげる「愛のメモリー」1位にスレ2

http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/mac/1123152614/

【iTMS】しげる松崎「愛のメモリー」を一位にスレ3   ←現行スレ

http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/mac/1123170321/

ニュース速報

【iTMS】愛のメモリーを一位にするスレ【黒んぼ】

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1123132966/

ニュー速VIP

【ITMS JAPAN】ちょ、お前らマジで松崎しげる1位にすんぞw

http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1123135505/

既婚女性

【iTMS】奥様、松崎しげるですわ【音楽】

http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1123143539/l50

2005-08-05

[]iTMSで最初に買う曲

まだアカウントとってないので、曲は購入してないんですが、今晩にでもアカウントとって曲を呼応入試て見ようかと思います。

何を買おうか悩んでるんですが・・・・・・やっぱコレ?w


■松崎しげる「愛のメモリー」

http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?playlistId=74588602&selectedItemId=74588581

参照:【iTMS】しげる松崎「愛のメモリー」を一位にスレ3

2005-08-04

[]ついに開国! ようこそiTunes Music Store!!

米国でiTunes Music Store(iTMS)が始まってから2年半ほど、ついに! ついに!! 日本でもiTMSが開始されました。

いやぁ、長かった。ほんと長かった。iPodはiTMSと組み合わさってひとつの商品みたいなもんですから、やっとこれでちゃんとした形でiPodを堪能できるってもんです。


気になってた条件ですが、「DRMは各国のiTMSと共通で、5台のパソコンまで利用可能、iPod、CD-Rへは無制限でコピーできる。」だそうです。よしよし。

そして、値段は150円〜200円とこちらの方は他国のように一律料金とはいかなかったようです。

しかし、価格について「200円」と紹介されると、会場からは小さなどよめきと失望の声が漏れる。会場の反応を受けたジョブズ氏は「200円は10%の楽曲。残りの90%の楽曲は150円」と発表されると、会場は再び拍手に包まれた。

Apple、1曲150円で「iTunes Music Store」国内サービス開始

いやぁ、やっぱプレゼンうまいね、ジョブスw



さっそくiTunesでiTMSを覗いてみました。

200円は10%の楽曲って話だけど、結構多く感じます。なんか欲しい曲が200円だとはずれくじを引いたようでがっかりって感じかも。

なんか1円って曲見つけたんですけど、これホントに1円なのかなぁ。アルバム11円ってw


1円楽曲、これ、実は$0.99、つまり米国仕様な値段の曲が、何かの手違いで円換算されちゃってるんじゃないかという推測が。確かにそれはありそうかも。

[]今日は記念すべき日となるのか

アップルが今日、プレス向けに発表会を行うというニュースから、今日から開始されるのではないかと噂されているiTunes Music Store(iTMS)。なんでもスティーブジョブスも日本入りしていて、当日の発表会に参加するらしいとのことで、ますますiTMS開始じゃないかという噂が盛り上がってます。

ネットを見回ってても、あちこちでiTMS開始を匂わせるような記事が出ていますし、非常にあやしいなーと思うのが、国内各種音楽配信サービスがなぜか8/4にメンテナンスを行うと予告しているところが多いらしいのです。iTMS開始にあわせて、値段や販売条件等の改定を行うつもりなんでしょうか。

さぁ、果たして今日発表されるのか。もしかして、今日から開始だったりするのか。それとも大方の予想を裏切って、もうちょっと待たされたりするのか。

楽しみな一日です。


今日はアップルのサイトを要チェック、です。

■アップル


こんなの発見。

http://www.applelinkage.com/images/itunesmusicstorejapan_a.jpg

これを見るに、DRMの条件はCD焼き7回まで、再生は5台のマシンまで、ってことで他国と同じ条件が日本でも適用されるのかな。



今朝の朝刊でも、iTMSのことを報じているものがあった模様。



http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050804AT1D0306F03082005.html



iTMSのプリペイドカード、コンビニなどで発売されるんだろうか??

40 名前: 名称未設定 Mail: sage 投稿日: 05/08/04 01:11 ID: KEMwDZGp

>>36

七十一でバイトしてる香具師が、福猫から厳重に包装された

黒包みのタバコカートン状の物体数本入荷したって言ってたな


開封指定時間が4日の昼だったらしい…>それも店長が作業するよう指定されてるとか


12:30

ってキテルーーーーー!!

2005-08-03

[]気になるゲーム

  • グランディアIII 特典 History of GRANDIA ~SOUND ADVENTURE BOX~付き 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス 発売日: 2005/08/04
グランディアIII

グランディアIII

そろそろ期待のグランディアIIIの発売日。まさかスクウェア・エニックスから発売されるとは夢にも思わなかったけど、好きなシリーズが消え去らずに続くのは素直に嬉しい。

グランディアシリーズと言えば、冒険の合間に息抜き的に入る食事シーン。今作もしっかり入っているようなことを雑誌で見かけたので、期待してます。明日、買いに行けるといいなー。

[]旅行の写真を眺めながらコーヒーブレイク

ちょいと仕事の合間のコーヒーブレイクに、自分のはてなフォトライフに上げてある写真を眺めてみる。

http://f.hatena.ne.jp/hejihogu/

はてなフォトライフは、はてなダイアリーで使う画像用、毎日の食事記録、そして日常や旅行の時に撮った写真をアップするのに使ってます。


先日、札幌〜旭川〜富良野と旅行に出かけた時の写真から数枚を紹介。

f:id:hejihogu:20050717100233j:image

旭岳ロープウェーに乗り、適当に歩いてまわれるルートを回ってきました。天気が悪くて後半は霧で視界数十mほどに。高地だけあって、7月でも雪が残ってます。

f:id:hejihogu:20050717094921j:image

かなりいろんな種類の高山植物が咲いてましたが、種類なんかは全然分からず。今度行くときにはちょっと下調べしてから行ってみよう。

f:id:hejihogu:20050717142148j:image

富良野美瑛周辺の隠れ名所?、青池。真っ青。入り方は秘密。ぐぐったら分かるけどw

f:id:hejihogu:20050718095644j:image

ラベンダーはちょうど満開の時期だったけど、天気が悪かったのが残念。おかげで空いてましたが。

f:id:hejihogu:20050718102630j:image

ラベンダー人だ!!(なんだそれ)

f:id:hejihogu:20050718130731j:image

帰りに立ち寄った三段滝とやら。富良野から桂沢方面に抜けるルート上にあります。そのまんまなネーミング。

f:id:hejihogu:20050717172759j:image

宿泊したキャンプ場で食べたジンギスカン。肉がやわらかくてかなり美味しかったが、周りをかけまわる羊にちょっと罪悪感を感じた。(f:id:hejihogu:20050717172039j:image:small

2005-08-02

[]「交響詩篇エウレカセブン」トランスモデル発売延期

http://www.tamashii.jp/special/special.html

発売元の上記のサイトに7月末発売予定だったニルバーシュトランスモデルの発売延期が。8月末に延期か。

交響詩篇エウレカセブン トランスモデル ニルヴァーシュ

交響詩篇エウレカセブン トランスモデル ニルヴァーシュ

[]マックにマルチボタンマウス光臨!!

マックのマウスはいつまで経ってもシングルボタンで、さすがに使いにくさ爆発なのでマウスだけはマイクロソフトの製品を使うようになってかなり経つんですが、アップルからマルチボタンマウスでたらなぁ、と密かにずっと心の中で待ってました。

世の中、もしかしたら8/4くらいから始まるかもしれないと言われているiTMSの話題にみんな集中してる中、ものすごい不意打ち的にアップルからマルチボタンマウスMighty Mouseが発表に!!

f:id:hejihogu:20050802232205j:image

こ、こうキタカーーー!! 意地でもシングルボタンぽい外観は崩さなかったようです。見た目はボタンないけど、右・左クリックに対応しており、横から見ると,両サイドにはボタンがついてて(スクイーズ)、更にぽっち?でロール(360度スクロール)と普通のスクロールに対応してるみたいです。

お値段の方は税込みで5670円。ちょっと高いけど、Mac mini用に買ってみようかな。

[]もうちょっとの辛抱

f:id:hejihogu:20050802181652j:image

仕事用のマシン(iMac flatpanel)のHDDはパーティションを4つに切ってる。HDD全体で40GBで、9.76, 9.76, 9.76, 8.55GBなんて具合に分けて使用。合計値が40GBじゃないのは、コンピューターのお約束ってやつです。

Macは昔から、パーティション切っておけばOSをぽいぽいパーティションごとに入れて、自由に切り替えて使えたので、このとおり4つなんていうよくわからない分け方をして使ってる。コントロールパネル、あ、いまはシステム環境設定っつーのか、の起動ディスクで各パーティションに入ってるOSのバージョンを見てみたら、

  • HDD1 OS10.1.5
  • HDD2 OS10.2.6
  • HDD3 OS9.2.2(Classic用)
  • HDD4 OS10.3.9

てな具合。もちろん、今の使用OSはHDD4のOS10.3.9である。

ついでに空き容量をば調べてみたら

  • HDD1 176.8MB
  • HDD2 597.8MB
  • HDD3 546.5MB
  • HDD4 976.9MB

合計2298MB(2.298GB)、全体で37.83GBだから使用率約94%。わぁ。最近、とみに重いよなぁと思ってたけど、ここまでHDD使いきってたとは。


もう少し。もう少しだけ頑張れ!>マイマシン


来週になったらHDDの中身整理するから!! 新しいOS10.4を入れてやるから!!!+