北の大地から送る物欲日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Webから検索
Google
ブログ内検索

記事一覧
最近のコメント
RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/
スカウター : 北の大地から送る物欲日記

track feed あわせて読みたい
[TopHatenar] hejihogu なかのひと

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Facebookにファンページを作りました。
このブログが気に入ったら「いいね!」
をクリック!

2006-05-29

[]大量更新の方法


ここ最近、一日数個〜十数個くらいのエントリをアップしてるんですが、これだけたくさん書くとなるといかに更新作業を効率よく行うかってのが気になってきます。

ツールを使って簡単に済ませられる作業はなるべく簡単に済ませたいところ。


ネタの収集

私の場合、自分のネタ元を巡回しつつ、気になる記事は片っ端からはてなブックマークにブクマすることで自分のネタ帳としています。はてなブックマークって何?って人は「北の大地から送る物欲日記 - はてなブックマークのススメ」をどうぞ。


ネタ元はニュースサイトだったり、RSSリーダーだったり、いろいろで、気になる記事をタブでばばばばっと大量表示しておいて、ひとつずつ読みながら、何か感じるところ、考えるところ、参考になったところがあったらブクマ、そうでなかったらスルーで、読んだらひとつずつタブを消していきます。表示した全部のページを消化したら、次のニュースソースへと移動で、時間に応じて適当に選んだニュースソースを参照します。


はてなブックマークはブックマークレットを登録するか、IEなら「はてなツールバー」、FireFoxなら「Hatenabar」を利用すると簡単にブックマークできるようになります。

一応、ネタをどこから仕入れたか、[-XXXXX]系のタグを使って表記しています。たまに忘れるけど(苦笑)


更新作業


ネタ収集が終わったら、更新作業です。ネタ収集と同時並行で更新を行うこともあります。


ニュース紹介や面白かった記事紹介では、エントリタイトルをそのまま紹介記事のタイトルリンクにしてしまうことが多いですけど、自分の意見を述べてるときにはなるべくオリジナルのタイトルにして、記事の最初に

「(参照記事タイトルリンク)」を読んで。(from 参照元)

と入れるようにしています。

これは、自分の意見や感想の部分に対してトラックバックされるときに、タイトルが元記事そのままだと混乱してしまうよなぁと思うから。


更新作業では、(参照記事のタイトルリンク)や、(参照記事の内容の引用)を多用するので、この辺は楽にできる方法をいろいろ探しました。

HatenabarのD!にそういう機能があるのですが、いまいちしっくりこなかったので、FireFox用機能拡張「copyurl+」を利用しています。これは、現在表示しているサイトのURLやタイトル、選択部分を加工した状態でコピーできるツールです。

copyurl+についての使い方は

plant4 - Firefox拡張copyurlplusのメモ

が詳しくて参考になりました。

copyurl+はmozdev.org - copyurlplus: indexのInstllationにあります。


私は設定として以下のuser.jsファイルを作成しています。

user_pref('copyurlplus.menus.1.label', 'wikicopyurl');
user_pref('copyurlplus.menus.1.copy', '[[%TITLE%:%URL%]]');
user_pref('copyurlplus.menus.2.label', 'ahreflink');
user_pref('copyurlplus.menus.2.copy', '<a href="%URL%">%TITLE%</a>');
user_pref('copyurlplus.menus.3.label', 'cite');
user_pref('copyurlplus.menus.3.copy', '><blockquote cite="%URL%" title="%TITLE%"><
%SEL%
></blockquote><');

1.のwikicopyurlはwiki記法であるページをコピペするのに使用。wiki使うときは欠かせませんが最近はあまり使ってないかな?

2.のahreflinkは現在表示しているページのタイトルリンクを作成します。

<a href="記事URL">記事タイトル</a>

をコピーします。

3.のciteはトラックバックするとき、引用用に使用。はてダ仕様。hatenabarのD!ボタンと同様の出力をコピーできる。便利。

><blockquote cite="記事URL" title="記事タイトル"><
記事選択部分テキスト
></blockquote><

を一発でコピーします。

このcopyurl+を右クリックから選んで使うことで、いちいちリンクを加工する手間の大半は省けるので、かなりさくさくと更新できるようになりました。


今後は、あらかじめ決めておいた書式を自由にペーストできるツールがないか探してみたいところ。それがあれば、よく参照する参照元の(from 参照元リンク)を登録しておけば、これまた一発でペーストできるという。残念ながら、今はその部分は手入力で加工(上述のcopyurl+は使っていますが)してるので。


大量更新してるようなサイトをお持ちの方々が、更新作業を楽にするためにどんなテクニックを使ってるのか気になったので、とりあえずは自分の分をメモとして。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close