北の大地から送る物欲日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Webから検索
Google
ブログ内検索

記事一覧
最近のコメント
RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/
スカウター : 北の大地から送る物欲日記

track feed あわせて読みたい
[TopHatenar] hejihogu なかのひと

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Facebookにファンページを作りました。
このブログが気に入ったら「いいね!」
をクリック!

2007-04-01

[]今日の小説「涼宮ハルヒの分裂」


涼宮ハルヒの分裂 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの分裂 (角川スニーカー文庫)

おおっと、もう発売になってたんだ。本屋覗いてみよっと。

[]自動分類の限界


最終防衛ライン2 - はてなはインデックスデータベースの夢をみるか」を読んで。

ウェブにおけるさまざまなインデックスデータベースの可能性について。手短なはてなのサービスから眺めて見る。


はてなダイアリーではキーワードによって繋がることができ、そのキーワードに言及した記事を参照することができる。でも、キーワードという括りはユーザーが書いた文章の中に出てくるキーワードを自動抽出というスタイルであるため、かなり広い範囲に及び、網羅性は高いが必ずしもキーワードに関連した情報が多く含まれた文章にヒットするとは限らない。たまたまキーワードがでてきただけ、ということも十分にありうる。


では、はてなブックマークのタグはどうだろう?

タグはその記事をブックマークしたそれぞれのブックマーカーがその記事に対して付けられる分類である。ある記事をブックマークしたブックマーカー全員が必ずしも同じタグを使う訳ではないが、大量のブックマークが付けられた記事を見るとタグによる分類はうまく機能している。

screenshot

はてなブックマーク - ソフトウェア開発者のための推薦図書


でも、このタグ分類も万能ではない。日々、いくつもの記事をブックマークしていて、たまにタグを思いつかないような記事に出くわすことがあるし、記事のおおまかなジャンル分けはタグ分類でできても、そのジャンルの中での分類までは非常に難しい。

そして、ブックマークのタグが有効になるのは、ある程度以上のブックマーク数が必要であるため、あまり注目を浴びなかった記事の分類もまた難しい。



ブログにおけるトラックバックは、関連した内容を扱っている記事同士を繋ぐ手段として非常に有効である。この場合は分類というよりかは、内容的に同じモノに関連している記事同士を繋ぐ線を結ぶ、といった形であり、線で結ばれた記事の集まりが同じ話題について語っている記事の集団となる。



例えば、「Xbox360というゲーム機のXXXというゲームにたくさんのバグが見つかった」という話題を扱った記事について考えた場合、キーワードやブックマークによるタグでは「Xbox360」「ゲーム」「これはひどい」などの分類までしか出来ないが、トラックバックで繋がった記事の集団では、「「Xbox360というゲーム機のとあるゲームにたくさんのバグが見つかった」という話題」について触れている記事、という分類が可能である。

もちろん、タグ分類でも[Xbox360XXXバグ問題]などとタグを作れば同じような分類が可能ではあるが、いちいちそのようなタグを作っていてはタグの種類が多くなりすぎてしまい収拾がつかなくなりそうだし、タグ自体はユーザーによる違いも大きいので、このような細かな分類には向いていなさそうでもある。



トラックバックというしくみがもっと有効活用されていれば、ある程度自動で同じ話題を扱っている記事をまとめたりするしくみも作れそうな気はするが、まだまだトラックバック利用率は低い気がする。はてなダイアリーの場合は、言及リンクを入れると自動トラックバックが飛ぶしくみになっていて、これだと意識せずにお互い結びつくことができて非常に便利なのだが、他のブログサービスでこのような仕組みを持つところはほとんどなかったように思う。


なにかの話題が盛り上がったときに有志の誰かが作る「まとめサイト」(最近流行っているあるキーワードについての「まとめサイト」とは違うので注意、こちらはタグ分類に近い)のようなものを自動で作ってくれるようなしくみ、というのは出来ないものだろうか?とよく考えるが、自動で分類、収拾、整理するために必要な情報は、やはり誰かがタグやトラックバックやなんらかのメタデータとして記録する必要があって、そこがまだ不十分な現在は人がまとめる「まとめサイト」のようなものを自動生成するのはまた不可能なのかな、と思う。

[]PSPの動画再生性能が上がった?


従来は拡張子「THM」のファイルを作成するなど、サムネイル作成が複雑だった。今回のバージョンからは、「VIDEO」フォルダに保存した動画ファイルと同じ名前のサムネイル用JPEG画像を保存するだけで表示される。

 また、再生できる動画仕様も拡大。MPEG-4 AVC/H.264のMain Profileで、720×480/352×480/480×272ドットの動画も再生できるようになった。

SCE、PSP最新ファームで高解像度H.264動画に対応

たしか以前は解像度縦×横76800px制限みたいなのがあって、液晶の解像度である480x272の動画は再生できなかったはずですが、その制限がなくなったのかな?

だとしたら、PSP動画作成用のエンコード設定を見直さないと。

[]ウェブ巡回とブログ執筆で充実する日々


最終防衛ライン2 - 更新と巡回を休むと戦うための牙が抜ける」を読んで。

更新しないと軒並みアクセスが落ちるという気はしないのだけど、僕の場合は更新及び巡回しないと、戦うための牙が抜けてしまうので、できれば更新したいのだ。

最終防衛ライン2 - 更新と巡回を休むと戦うための牙が抜ける

「更新及び巡回をしないと、戦うための牙が抜けてしまう」ってのは分かるなぁ。ブログが戦いかどうかはさておき。


ホームページを作り始めて、場所やスタイルをいろいろと変えながらそろそろ10年あまり。ブログになって更新しやすくなりましたが、それでもしばらく更新し続ける時期と、休んじゃう時期を繰り返してます。

更新し続けているときは、日々の巡回でも何かしら感じて記事を書きたいと思えるものに結構巡り合えますが、更新してない時期だとそういう記事に出会っても無意識的にスルーしてることが多いです。

更新していない時期は、体調不良だったり忙しかったりでブログを書く余裕がない=精神的にゆとりがないってこともあり、何を見るのでも心のアンテナの感度が非常に下がっていて、気になる記事や出来事が目に留まることが少ない。



ブログのネタ探しのためにウェブを巡回している訳ではないのですが、気持ちよくブログを書けている時期は何事にも興味を持て、日々の生活で感動することが多く、充実しているような気がします。

「ブログを書いているからアンテナの感度が上がる」のか「アンテナの感度が上がっているからブログが書ける」のか、どっちが先かは分かりませんが、ブログを書き続けることでアンテナの感度が上がってくるってのは感じます。


ただ普通は、巡回していない=他の活動をしている、であるからその活動から学んだこと等から書けるネタはたくさん生まれるので、インプット≫アウトプットは保たれる。

最終防衛ライン2 - 更新と巡回を休むと戦うための牙が抜ける

私がブログを書くときの内容は、基本的に趣味関連に限るようにしていて、仕事だったり私生活に関わる部分だったりはほとんど書くことはありません。だから、趣味に関する情報収集のためのウェブ巡回しないとインプットは極端に減ってしまいアウトプットを出せなくなります。

テレビを見ない日はあってもウェブを巡回しない日ってのはほとんどありません。巡回しないのは、どうしてもネットを見る環境が作れない日くらい。



日々、潤いのある生活を送るためには、ウェブ巡回とブログ執筆は欠かせない要素っぽいですね、私の場合。

[]「ぼくの地球を守って」の続編


「ぼくの地球を守って」は昔はまってコミック全巻揃えてたんだけど、「ボクを包む月の光」って続編がやってるとは知らなかった。

ボクを包む月の光 - Wikipedia

ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (1) (花とゆめCOMICS (2801)) ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (2) (花とゆめCOMICS (2875)) ボクを包む月の光 ?ぼく地球次世代編 (3) ボクを包む月の光 4 ? ぼく地球 次世代編


これは入手せねば!!