北の大地から送る物欲日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Webから検索
Google
ブログ内検索

記事一覧
最近のコメント
RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/
スカウター : 北の大地から送る物欲日記

track feed あわせて読みたい
[TopHatenar] hejihogu なかのひと

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Facebookにファンページを作りました。
このブログが気に入ったら「いいね!」
をクリック!

2007-04-03

[][]iTunes StoreでのDRMフリーな音楽配信が発表


ジョブズとEMI、ビットレート2倍&DRMフリーダウンロードサービスを発表 - Engadget Japanese

ITmedia News:EMI、全楽曲を「DRMなし」に――iTunes Storeで販売

EMI Group、iTunes StoreでDRMフリーの楽曲を販売へ - CNET Japan

英EMIが“DRM無し”音楽配信を実施

AppleとEMIが全楽曲を「DRMなし」でiTunes Storeで販売するというニュース。


今まで販売してきたDRMありな楽曲に取って代わる訳ではなく、「DRMフリーで高音質(256kbps)」な楽曲として1曲あたり1.29ドルで販売される模様。今までの「DRMあり(128kbps)」な楽曲は0.99ドルなので、若干高額になっているが、差額の0.30ドルでアップグレード可能。


これで、DRMフリーな楽曲を購入すれば、iPod以外の携帯音楽プレーヤーでも購入した音楽が聴けるように。あ、AAC再生できないと駄目か。

ここで最近のソニーの携帯音楽プレーヤーがAAC対応した意味が出てくるか!!

SONY ウォークマン Aシリーズ ビデオ対応 8GB ブラック NW-A808 B

SONY ウォークマン Aシリーズ ビデオ対応 8GB ブラック NW-A808 B



Nicoli氏によれば、社内でテストしたところ、高音質でDRMフリーの楽曲は、コピー防止機能付きで音質の劣る楽曲よりも10倍よく売れるとの結果が得られたという。

EMI Group、iTunes StoreでDRMフリーの楽曲を販売へ - CNET Japan

社内でどんなテストを?って疑問はありますが、この程度の値段差ならDRMフリーな楽曲の方が売れそうな気はします。


開始後にどれくらいの売り上げが出るのか、DRM有時と差が出るのか、他の音楽会社はどう出るのか、日本で同様な動きは起こったりするのか、といろいろ今後への影響が気になるニュースでした。


ただなぁ。日本はiTunes Music Storeのサービス開始もそうとう難航して遅れてスタートしたし、今でも

米アップルは音楽配信サービス「iチューンズ・ストア(iTS)」で、アルバムの販促策を導入した。アルバム収録の一部の曲を購入済みの場合、残りの曲をまとめて安く入手できる。iTSを手がける22カ国のうち、日本を除く21カ国が対象となる。

アップル、アルバム配信で販促策・日本除く21カ国で - 個人生活を刺激する流行情報誌 - 日経TRENDY - NEWS

ってな具合で、日本だけ新サービス適用外みたいな置いてけぼりくらってる状況なのを見ても、あまり期待はできなさそうですが。

[]世界を旅する豪華客船がWiiを採用! / ファミ通.com(from カトゆー家断絶


豪華客船のホールにある巨大スクリーン上でWiiが楽しめるそうなんですが・・・巨大スクリーンが!! 尋常じゃなくでかいんですが(笑) 小型な映画館くらいはある?


こんな巨大なスクリーンでプレイしてみたくもありますが、ゲームに夢中になって船酔いしそう(苦笑)

[]サイトをやって得たもの


よなかのとり サイトをやって得たもの byカラス(from 明日は明日の風が吹く)」を読んで。


Lingua furanca.」というサイト運営者が集まって、それぞれ自分らで決めたお題について色々語るためのブログがあって、

お題の第1回目は、「サイトをやって得たもの」です。

Lingua furanca. お題 第1回目

という第1回目のお題について書かれた記事。


面白そうなお題だったので、私もトラックバックで飛び入り参加。


サイト、という括りで言えば、一番最初にホームページを作った10年ほど前から、このブログに至るまでに10くらいのサイトを作ってきました。それらを作成した経験から得られたこと。


  • 自分が書いたものを読んでもらえる嬉しさ
    • そもそも、誰に読んで欲しいという想いからサイトを作り始めているので、誰かに読んでもらえているというのは何時でも嬉しいものです。アクセスあったからと言って必ずしも記事をちゃんと読まれている保障はないのですが、それでもアクセス数が上がるのは嬉しいものです。
  • 人々との交流
    • 昔はサイトに設置してた掲示板などでしか読み手な人との交流はできませんでしたが、今ではブログのコメントやトラックバックでより簡単に多くの人と交流できるようになりました。自分が書いた記事に対してコメントやトラックバックが来るのは、サイト作ってる大きな楽しみの一つ。普段じゃ交流できないような人ともブログを通して交流することができますからね。ネット上だと、ホント普通じゃ絶対に交流できなさそうな人とでも交流できたりするのが大きな利点のひとつ。
  • 情報
    • ある内容についての記事を書いたら、その内容に対して他のブログからトラックバックをもらうことがありますが、そのトラックバック先で新しい情報だったり、自分が考え付かなかった視点だったり考え方だったりを見つけることがあります。これは自分で情報収集しているだけでは見つからなかったものが、自分の考えをサイトで発信していたおかげで、それが他の誰かの目に止まって情報を引き寄せてくれるってこと。
  • アンテナ
    • サイトを作ってると、あちこち情報収集のために巡回したり、交流があった人たちのサイトに訪れるようになったり、自分のサイトに来てくれた人の経路から新しい巡回先を見つけたり、とアンテナが広がっていきます。
  • 充実感
    • たまに書いた記事がはてブやらニュースサイト経由で広まって多くの人に読まれることがあります。どの記事がヒットするかなんてのは書いてるときにはさっぱり予想付かないですけど、自分の書いた記事があちこちに広まっていくのを見るのはなんとも言えない充実感があります。
  • 報酬
    • サイトでアフィリエイトを始めたのは4年ほど前から。書店のウェブ関連本コーナーに並んでいるアフィリエイト本のタイトルのようにばかすか儲かる!なんて気前のいい話はそうそう転がっていないのはサイト運営したことのある人ならお気づきでしょうが、サイトの規模なりに慎ましやかには報酬はあったりします。
  • 自分の記録が残る
    • ブログだと、プライベートでつける日記とはちょっと違う趣はありますが、それでも自分の行動や考えなどが記録として残ります。ちょっと過去を振り返って見たいときに便利ですし、自分の考えが変わっていくのを確認できたりもします。


自分でサイトを作って情報発信する側に立ってみることで、ただ見てるだけよりもずっとネットが面白くなりました。今なら、ブログみたいに気楽に始められるスタイルもあることですし、是非もっと多くの人に情報発信してもらいたい。

Connection: close