北の大地から送る物欲日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Webから検索
Google
ブログ内検索

記事一覧
最近のコメント
RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/
スカウター : 北の大地から送る物欲日記

track feed あわせて読みたい
[TopHatenar] hejihogu なかのひと

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Facebookにファンページを作りました。
このブログが気に入ったら「いいね!」
をクリック!

2007-10-15

[]Twitterにおけるレベル25



ちょっと前に書いた「Twitterの面白さを痛感した日 - 北の大地から送る物欲日記」でTwitterブームが再燃してる?のか、Followingしたりされたりってのがあちこちで増えてきてる気がします。



そんなTwitterにおける25レベル。



レベル1:Twitterが何であるか知らない。ウェブ上でTwitterという単語は見かけたことがあるが、それ以外のことは何も知らない。

レベル2:Twitterが何であるかに気づく、または気になりだす。どうやらミニブログとかマイクロブログと呼ばれているようだ。気軽に発言できるのが売りらしい。

レベル3:Twitterアカウントを取ろうとする。英語のサービスなのでちょっとビビル。ググったりして、どうやってアカウントを取ったらいいのかを調べるが、どこを探してもaddが見つからなくて悩む。(注:現在はaddはfollow、friendsはfollowingsと言うように用語が変更されました。)


レベル4:Twitterアカウントを無事取得したが、誰をFollowしたらいいか分からない。

レベル5:とりあえず知ってる知人をFollowしてみるが、mixiとの違いがよく分からない。(Following数が〜数十人)

レベル6:「@アカウント」で誰かに向けた返信ができることを知る。Repliesタブで自分への返信を見ることができるのに気づく。


レベル7:Followingを増やすと、今まで見えなかった何かが見えるらしいという風の噂を知る。

レベル8:「はてなグループ::ついったー部」などで手当たり次第Followingsを増やし始めてみる。

レベル9:自分のHomeを流れるログの量に圧倒される。発言数が多い人がちらほらとFollowingに入ってきて、増やしたFollowing数以上にログが加速した感じを受ける。「Followingが多い人は、こんな量のログを全部追っかけてるのかよ・・・」と驚愕する。(注:Following数が多い人が全部のログを追っかけているとは限りません。気になる発言以外はスルーって人もいれば、Followings1000オーバーでも全てに目を通す人もいます。)


レベル10:ログ上で繰り広げられている会話を目にして、その会話の流れを追うためにいろんなTwitterユーザーのページを見るようになる。

レベル11:まだFollowしてないTwitterユーザーを見かけたら、即Followする。

レベル12:気づいたら、着々とFollowing数が増加していく。

レベル13:さまざまなTwitterツールを使い始めたり、携帯電話からTwitterできるモバトゥイッターなどを利用して出先でもTwitterしたり、GoogleTalkなどのIMでリアルタイムなTwitterを楽しむようになる。

レベル14:よく見てるサイトやブログやニュースサイトなどの中の人に恐る恐る「@返信」で話しかけてみたりする。

レベル15:「Twitter検索 : Search」で自分への言及をスルーしてたことに気が付いて愕然とする。(Twitterではよくあること。返信を相手が絶対見てる、返信には絶対に応答しなくてはならない、なんて思い込みを忘れると幸せになれます。)


レベル16:世の中の多くのニュースをTwitterで最初に目にするようになる。地震、おくやみ、ニュース速報など。

レベル17:自分の興味対象に詳しいTwitterユーザーのFollowing数が増えるにつれ、知りたい情報がもりもりログに流れるようになる。

レベル18:Twitter上を流れる罠にひっかかる。(Twitterログ上を流れるURLを踏むのは、自己責任でどうぞ。むやみやたらに踏むと痛い目に合うことがあります。)

レベル19:ふと気づくと、Twitterが日常生活に普通に存在している。

レベル20:自分が読みきれるログの量の限界に到達する。Following数を増やすのを諦めたり、Followingを整理したりする人と、ログを全部読むことを放棄して更なるFollowing増加を突き進む人との分岐点はここ。


レベル21:Twitterがシステムダウンしてるときにイライラする。

レベル22:Twitterがシステムダウンしてるときの退避先を模索する。

レベル23:Twitter上で知った濃いユーザー同士でさまざまなコミュニティーが生まれる。

レベル24:Twitter上のオフ会に参加する。

レベル25:Twitterでの発言が止まると死亡説が流れる。



適当にTwitterレベルネタを並べてみました。


必ずしもこのレベル順に成長していくとは限りません。また、レベルが上がったからといって幸せになれる、といった物でもありません。何かを失ってるかもしれません(笑)



他にも面白そうなTwitterレベルネタあったら、ブクマコメントなどでどうぞ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証