北の大地から送る物欲日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Webから検索
Google
ブログ内検索

記事一覧
最近のコメント
RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/
スカウター : 北の大地から送る物欲日記

track feed あわせて読みたい
[TopHatenar] hejihogu なかのひと

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Facebookにファンページを作りました。
このブログが気に入ったら「いいね!」
をクリック!

2007-12-08

[]日本でフェアユースは採用されないのだろうか?


ニコニコ動画の著作権だとか利益だとか、難しい話はわからないけれど - 遥か彼方の彼方から」を読んで。

ニコニコ動画にアニメ作品をアップロードすることは、褒められることじゃありません。それが結果的に利益に結びつくのかは関係なく、悪いことです。

ニコニコ動画の著作権だとか利益だとか、難しい話はわからないけれど - 遥か彼方の彼方から

それでも、僕がこの「バッカーノ!」に出会えたのは、紛れもなくアップロードされていた本編動画のおかげです。1話目から一気に、それもコメント付きで見られるところがなければ、もしかしたら僕はこの作品には出会えなかったかもしれません。

ニコニコ動画をきっかけに「最高!」叫びたくなるような作品に出会えた。だから権利者側がアニメを消すのは間違っている、なんてことを言うつもりは毛頭ありません。ただ、言うつもりはないけれども、消されずに残していてくれたおかげで、この作品に出会えたことは、本当にありがたいことだな、と思います。

ニコニコ動画の著作権だとか利益だとか、難しい話はわからないけれど - 遥か彼方の彼方から

アニメ作品をアップロードすることは著作権的に違法な行為だというのは紛いもない事実。

そして、そのアップロードのおかげで視聴者と作品が巡り合えたのもまた事実。



法的に悪いとされていることが、なぜか作品の普及に役立っている。作品の普及に役立ってるから、アップロードは正しい、どんどんするべきだ!とは思わないけれども、その恩恵を被ってる人がいる。ニコニコ動画や他の動画共有サイトでアニメを見ることが多い自分もそう。



アニメの話題をブログで紹介するときに、本編そのものへのリンクを貼ることはさすがにしないが、オープニングなどの動画を貼ることはある。作品の雰囲気を知ってもらいたくてそうするのだけど、これも権利者側にとってみたら、違法行為に加担しているのかもしれない。

「著作権者に無断で著作物を利用していても、その利用がフェアユースに該当するものであれば、その利用行為は著作権の侵害を構成しない。」というフェアユースという考え方、法律があるが、残念ながら日本ではそれに該当するものは存在しない。

フェアユース - Wikipedia

黙認、というのが結果としてそれに近い状態になっているのかもしれないけれども、いつ著作権侵害で訴えられるかわからない状態であることには違いない。


日本でフェアユースが採用されることはないのだろうか? そうしたら事態は随分と改善されると思うのだけれども。

とおりすがりとおりすがり 2007/12/08 21:04 フェアユースって英米法的な慣習法主義を前提としてるように思うので、大陸法型の日本では難しいんじゃないですかね。(あんまり法学に詳しくないので適当なこと書いてます)

siisisesiisise 2007/12/08 22:08 フェアユースとか言ってますが、ただで見られればCDもDVDも買わなくなります。そして次の作品を作る機会が減ります。出会えばそれでおしまいですか。

つーつーつーつー 2007/12/09 11:26 アニメのDVDはコレクションする目的で買うものです。
はっきり言って、多くが馬鹿げた値段になっているものを、見る為に買うなんて少数も少数です。
ですからアニメにはフェアユースの考え方はあっていると思われます。
とにかく下地となるパイの大きさが大きければ大きいほど有利なのですから。
通常のテレビ作品のような薄利多売ではない、DVD商法を続けていきたいのであれば、むしろ積極的にネットを活用すべきですね。

ただ、日本では法的なフェアユースは採用されないと思います。
利用者(労働者)が権利者(使役者)に対し、とにかく数を集めて集団で襲い掛かると言う習慣がありませんから。
このまま権利者側有利の状況が延々と続くと思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20071208/p3