北の大地から送る物欲日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Webから検索
Google
ブログ内検索

記事一覧
最近のコメント
RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/
スカウター : 北の大地から送る物欲日記

track feed あわせて読みたい
[TopHatenar] hejihogu なかのひと

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Facebookにファンページを作りました。
このブログが気に入ったら「いいね!」
をクリック!

2007-12-18

[]出力を楽しむブログ


頭の中にあることを瞬間的に出せる訓練をしないとコンセプトもへったくれもない:DESIGN IT! w/LOVE」を読んで。


ブログを書いてることも、頭の中にあることを瞬間的に出すための訓練なのかな、と思うことがよくあります。


本を読んだり、テレビを見たり、何かを体験したり、ウェブを見たり。いろんな入力がありますが、入力して終わりだと、結構あっという間にそれは記憶の奥底へと沈んでしまいます。これを、例えばブログに書くみたいな形で出力すると、出力するためにいろいろと頭を使うことで記憶はしっかりと焼き付けられますし、あいまいだった知識や経験を支えるような情報を自ら調べたり、ブログへのフィードバックで得たりすることもできます。


ブログへの出力って結構スピード感が大事かな、と思ってるところがあって、頭の中で何か書けそうなインスピレーションが浮かんできたら、そのまま勢いで書いてしまいます。人によっては、じっくり考えを寝かせたり、考察を加えたりしてしっかりした記事を書く人もいるでしょうが、私の場合はほとんど勢いで記事を更新してます。だから記事のストックとかはほとんどなし。



思いつきでパッと書いてすぐに更新できるってのが、ブログのいいところのひとつだと思っています。間違ったこと書いても、別にそれが決定稿な訳じゃないから、間違いに気づいたらそれを後から訂正すればいいし、あえて不完全な形でエントリを起こすことで、周りの反応も得やすかったりします。

あまり長々とブログで書く文章を見直してると、つっこまれないようにひたすらくどい説明になったり、とがった表現を書き直して刺激のない文章になってしまったりと、読んでてつまらない文章になりがち。



自分の頭の中だけで考えていてあっという間に記憶の奥底へ沈めてしまうよりは、ブログに出力することで多くのフィードバックをもらうことの方がずっと楽しいということに気づいてしまったので、こうやって日々ブログを書き続けていたりします。

tomitytomity 2007/12/20 15:18 こんにちは、この間はトラックバックありがとうございました。
僕も勢いで書いてしまう癖がありますね。ネタをノートに書いておいて、ブログ書きたくなったら、ネタのリストの中から一つ取り出して、わーっと書いてしまいます。記事読んだ直後に一気に書いてしまうこともしばしば(笑

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close