北の大地から送る物欲日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Webから検索
Google
ブログ内検索

記事一覧
最近のコメント
RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/
スカウター : 北の大地から送る物欲日記

track feed あわせて読みたい
[TopHatenar] hejihogu なかのひと

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Facebookにファンページを作りました。
このブログが気に入ったら「いいね!」
をクリック!

2008-03-06

[]PCも携帯も関係なくなる未来


f:id:hejihogu:20080306194059j:image

ここ10年ほどで一気に世界中に広まったインターネットは、最初PC上でしか利用することが出来なかったのが、携帯電話の進化によって携帯電話上でも利用できるようになった。

もちろん、よりリッチなコンテンツを楽しんだり、快適な環境で利用しようと思ったらPCが有利であるのは変わらないけれども、電波が入ればどこでもネットを利用可能なことやその高い普及率から利用できる人数がPCと比べてずっと多い携帯は、元の電話端末という形から次第にネット端末と言ってもおかしくない形へと進化しており、今後もPCを上回る勢いで利用者が増えていくことが予想できる。



PCにおけるネット利用環境と携帯によるネット利用環境は、従来ではそれぞれが別な場所として区別されていたため交わることが少なかったが、携帯でのネット環境が進化するにつれ両者が共存する場合も多くなって来ており、それによってさまざまな問題が起きている。

PCと携帯の両方から利用できる場所として2chやmixiがあり、両方使ったことのある人は分かると思うが、一度に閲覧可能な範囲がかなり違う。携帯で見ると一度に数発言程度しか見えず、そのまま自己紹介や質問を打ち込んでしまうが、PCから見るとひたすら同じ様な自己紹介のスレッドが立ちまくったり、ある質問の返答が書いてあるすぐ後に同じ質問が続いたりと言う様なうんざりしてしまう光景がよく見受けられる。

他にも、個人サイトのコメント欄をまるでチャットスペースであるかのように利用しているのを見かけたことがあるが、あれも見える情報量が少ない携帯からネットすることが引き起こす問題点のひとつだったりする。



PC文化と携帯文化の衝突


PCからのネット利用者と携帯からのネット利用者の数が、今までは前者が多かったのが次第に後者が増えていずれ逆転し、それによってPCからネットを使う人達の文化(マナーやルール)が駆逐されてしまうのではないか?という考察を見かけるが、携帯でのネット利用環境もずっと不便なままではなくどんどんPCのそれに近づく様に進化していくと予想されることから、両者はうまいこと融合していくのではないかとある程度楽観視してたりする。

今でも、iPhone/iPod touch上のブラウザのSafariでネットを閲覧すれば、かなりPCでの環境に近い状態が実現できているし、これを見た他の携帯メーカーがこのままAppleだけにそのようなネット環境を提供させたままにしておくとは考えにくい。


PCと同レベルなネット閲覧環境が実現されれば、すぐにとは言わないものの、今までのPCによるネット環境で培われたネット文化が全体へと広がって行く可能性は十分にある。



何度も繰り返されつつ作り上げられて行く文化


よく、ネットを長く利用している人には「またこの話か・・・」とうんざりしてしまうようなマナーやルールの話が盛り上がることがあるが、昔からネットを利用している人には何度となく繰り返された話でも、新しくネットを利用し始めた人や携帯でのネット利用からPCでのネット利用へ移って来た人にしてみれば初めて聞くマナーやルールだったりする。

話題になる度に同じ様なやりとりが繰り返され、中にはそのまま自分ルール全開で突っ走っていってしまう人もいるが、たいていは今まで培われたマナーやルールへと落ち着く。おばあちゃんの知恵袋じゃないが、昔からネットでやりとりしている人達がさまざまなやりとりで培って来たマナーやルールはそれなりに理由があってそうなっている。


ネット上に多くの情報を蓄積していくのも大事だが、大勢のコミュニケーションによって起こる問題を解決するようなマナーやルールなども同じく蓄積していく必要がある。



同じ先を目指すPCと携帯


今はPCと携帯で利用できるネット環境には大きな差があるが、PCがノートPCになりモバイル環境で利用できるようになって、それが次第に小型化していく先と、携帯の性能が向上し、より多くの情報量を閲覧可能になっていく先というのは、現時点では大きく離れていても、たどり着く先は同じ様なところになるんじゃないだろうか。


もう10年後には、両者の間に違いは無くなっているかもしれない。今こうして使っているネットは、そういう未来へと繋がっている。

[]はてなスター流星群


304 Not Modified: はてなスターをもっと使おう!」を読んで。

はてなスター大好きっ子w、id:manameさんによるはてなスター啓蒙記事。



私もはてなスターはかなりお気に入りなサービスで、スター付けたり付けられたりと毎日楽しく使っています。

Web拍手もそうですが、はてなスターの良いところは「いいな!」と思ったポジティブな感想を気軽に伝えられるところ。ただスターを付けるだけでもいいし、「これは!」と思った部分があれば、そこを選択した状態でスターを付けることで引用付きのスターをつけることができます。(引用は200文字まで)

スターを付けられるってのは、ただアクセスがあったのとは違ってスターを付けてくれた人の存在を身近に感じます。よりはっきりと読まれてるんだなってのを意識できるという。


f:id:hejihogu:20080306152128j:image

はてなツールバーHatenabar(Firefox用はてなツールバー)を使ってない人は気づきにくいのですが、はてなメッセージhttp://m.hatena.ne.jp/)というサービスで、自分につけられたはてなスターの集計が毎朝9時過ぎくらいに届くので、自分につけられたスターはそれを見てると逃さず気づくことができます。

逆に言えば、気になる記事やブクマコメントを書いてる人に「読んでますよ!」ってアピールするチャンスだったり。



はてなのサービス内だと、

  • はてなダイアリー
  • はてなブックマーク
  • はてなフォトライフ
  • はてなハイク

ではてなスターを付けることが可能です。


はてなダイアリーでは、記事そのものへのスター、気に入った部分の引用スターという一番分かりやすい形でのスターの使い方ができますし、はてなブックマークコメントではブックマーク・コメントにスターを付けられるので、みんながどう思っているのかというのがよりはっきりと分かります。そして、大喜利的なはてなハイクでは、スターがそのまま笑点における座布団的な要素になっていて、見てるユーザーがそれぞれ円楽師匠よろしく座布団ならぬスターをつけることができます。


はてなスターは使おうと思えば皮肉的な使い方が出来ないこともありませんが、そういう意図でスターをつけても相手は単純に喜んでしまうかもしれないなんてのもあって、好意的な意味以外では使いにくいように思えます。

はてなブックマークコメントにはてなスターが付けられるようになった後、スターが付くことでコメントやブックマークを見て更に評価するメタな視点が意識できるようになって、スター導入以前よりは誹謗中傷的なコメントが減りました。



また、Firefoxだけの機能ですが、どこでもはてなスターという様々なサイトではてなスターを付けられるようになる機能もあります。

Firefoxをご利用の方は、機能拡張をインストールすることで☆を設置していないサイトにも☆が付けられるようになります。

はてなスター ヘルプ - Hatena Star

私の場合、はてな外だとニコニコ動画でこの機能をよく使ってて、気に入った動画を見つけたらスターをつけておいて後から自分のスターページを見て参照できるようにしています。はてなブックマークでも動画をブックマークできますが、思った以上に動画が目立ってしまってブックマークになじまないような気がしていて、はてなスターの方をよく利用しています。


はてなスターはスター上にカーソルを持って行くと誰がスターを付けているか分かるようになっているので、いつも同じ記事や動画などにスターをつけてるユーザーはだんだん名前を覚えてしまいます。そういうユーザーは自分と同じ記事、動画などに興味を持ってるユーザーだから、はてブのお気に入りに入れるなり、ブログをウォッチ対象にするなりすると有用な情報が得られることが多くて、そういう自分と興味対象が近いユーザーを見つけるのにもはてなスターは便利なサービスです。



はてなスターを活発に使ってる人ってのは、誰かにはてなスターを付けられる人であることが多く、つまりブログを書いている、はてブでコメントしてる、はてなハイクで何か書いている、など、何かを発信してる人ってことになります。

自分がはてなスターをもらって嬉しく思ったところからどんどんスターを使うようになる、そしてそのスターをもらった人がまたスターを気に入ってどんどんスターを配るようになる、そんな風にじわじわと情報を発信する楽しさが広まるはてなスター、あなたもポチってみませんか?

[]話の流れは自ら引き寄せる他無い


はてブの可能性というか」を読んで。


本筋から外れそうになったときに、はてブでそれを指摘するとか。

はてブじゃなくってダイアリーにそういったエントリーを立ててもいいと思う。

そういうファシリテーター的な役割をはてブやダイアリーが担う。

ソーシャル・ファシリテーションとでも言うのかな。

可能性としてはありだと思うんだけど、どう思う?

はてブの可能性というか

自分が感じた本筋があるなら、はてブコメントやダイアリーでそれを主張するってのはアリだし、そういう参加者が増える方が話題にも広がりや深みが加わって面白くなる。


ただ、話題がどういう方向に流れるかは、大勢の興味が集まる方向に流れやすく、物事の本質的な内容よりは極論的な物言いだったり互いのあら探しをして攻撃し合うような内容の方に行きがち。

今回の件のように本筋と思える部分からノイズ的な方向に話題が進んでしまうのは、ツール(はてブ)の問題というよりかは人の興味の持ち様な部分が大きいように思える。



本当に本質だけを語ればそうそう話の軸はずれなさそうだけど、どうしても話に説得力を持たせるために比喩や自分の経験談、誇張表現なんかを使ってしまいがちで、そこから話がだんだんとずれていってしまう。



また、ある話題が盛り上がってるとき、何が本筋なのかというのは人によって違うし、同じ文章を読んだときでもそこから何を感じるかは人によって違う。だから、話題が広がるにつれだんだんと本筋的な物が拡散して行ってしまうのは、ある種仕方のないものなのかもしれない。



ブログやソーシャルブックマークという自分の興味や主張を述べる道具は揃ってる今、語りたい内容は自らその主張を書き込むことで話の流れを引き寄せるのが一番の方法かな、と思う。

[]Twitter見てたら今度は角が生えてた


Twitterを見てたら、ちらほらと角?らしきものが生えているアイコンが増えてきてて、また何か祭りでも起こってるのかとつぶやいてみたら、やっぱりそうだったらしい(笑)


きっかけは、ちょっと前に2chでも話題になっていたコレ。

はてなブックマーク - 平城遷都1300年祭:マスコットキャラに市民から批判 - 毎日jp(毎日新聞)

どういう経緯かは知らないけど、このイカしたデザインがTwitterアイコンへと乗り移ったようで。


faaさんが「ならマスコット」なアイコンをまとめてくれています。

screenshot

twitter nara icon 2008


鹿nipotanを見て鹿充になりたい奴らの為にいいもの作ってやったぞ! http://geekface.blogdb.jp/

Twitter / kazuhiro osawa: 鹿nipotanを見て鹿充になりたい奴らの為にいいもの...

以前の「紫色の何か祭り」のときの画像ジェネレーターが今回の「ならマスコット祭り」の角にも対応した模様。これで、簡単に角が生やせる!



いきなりみんなが鼻血吹き出したり、紫色の何かを持ち出したり、角が生えだしたりと、訳が分からない祭りが大好きなTwitterユーザー、次に祭りになるのはなんだろう?


関連記事:寝てる間に面白い祭りがあったらしい - 北の大地から送る物欲日記

[]より大勢に門戸を開いたニコニコ動画の進化



昨日3月5日にニコニコ動画がRC2からSP1へと進化して、いろいろと新機能が追加されました。

ニコニコニュース‐【SP1】ニコニコ動画(RC2)がSP1へ。新しい事、変わった事まとめ


そんな新機能の中の一つ、外部プレーヤー機能によってはてなダイアリーを含むいくつかのニコニコ動画外のWebサービス上で直接コメント付きで動画を閲覧することが可能になりました。

ニコニコニュース‐【SP1】お使いのブログでもニコニコ動画が楽しめるようになります


試しに、ひとつ貼ってみるとこんな感じです。

ピカチュウの10まんボルトを再現してみた‐ニコニコ動画(SP1)

D


ニコニコ動画は会員制のWebサービスなので、いままでは会員にならないと動画を閲覧できなかったのですが、今後は外部プレーヤーによってニコニコ動画外で紹介された動画は誰でもその場で閲覧することが可能になりました。

これによって、いままではブログ中で動画を紹介するときにはニコニコ動画と併用して誰でも閲覧可能なYoutubeを使用することが多かったのですが、今後はニコニコ動画のみを紹介するだけで動画を見てもらえるようになります。



また、まだプレミアム会員限定アップロードではありますが、より高画質な動画をアップするための進化も行われていて、高画質な動画がじわじわと増えてきそうです。

ニコニコニュース‐【SP1】H.264、800kbps、容量アップ -SMILEVIDEOの新機能-

動画のエンコードは、如何にしてデータ容量を減らしつつ高画質化するかという部分の設定が職人芸的な部分があって、すでに多くの動画職人達がエンコード環境を試しだしています。検索してみると、H.264形式の動画ががんがんアップされています。

タグ検索 H.264‐ニコニコ動画(SP1)



今回の進化で、日本国内ではニコニコ動画が動画紹介用に使われることがグンと多くなることが予想されますが、対応Webサービスは今のところいくつかに限定されていて、ここが今後どうなるのかが気になるところ。自分のブログでニコニコ動画を貼りたいって人はかなり多いことが予想されるので、他Webサービスや個人サイトへの開放が期待されます。

デジモノに埋もれる日々: YouTubeの高画質再生オプションと、ニコニコ動画の貼り付け


高画質、コメント付きなニコニコ動画と誰でも自由に利用できるYoutube、今後の動画共有がどう発展していくか、互いの強みをどう取り込んでいくのか、今後の動きが楽しみなところです。

Connection: close