北の大地から送る物欲日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Webから検索
Google
ブログ内検索

記事一覧
最近のコメント
RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/
スカウター : 北の大地から送る物欲日記

track feed あわせて読みたい
[TopHatenar] hejihogu なかのひと

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Facebookにファンページを作りました。
このブログが気に入ったら「いいね!」
をクリック!

2008-11-19

[]テレビという動画の見せ方を取り込んでいくネット


(この記事は「ブログタイムズ」による記事広告です。)


Youtubeやニコニコ動画のような動画共有サイトが流行り、多くのネットユーザーがWeb上で動画を見るのに抵抗が無くなった今、そしてますます動画が見られるようになっていくであろうこれからを考えたとき、会社が企業PRのためにWeb上で動画を提供して商品やサービスなどをアピールしてくるというのは十分に予想できる展開で、すでにいくつもの企業はWeb上に動画サイトを開設している。



何かについて知りたいときに有力な動画情報


既存のTVと今のWeb上にある動画を比べての違いはなんだろう? それは、テレビは流れっぱなしで録画しないと放送されている時間以外で番組を視聴できないのに対し、Web上の動画ではいつでも好きなときにそれが見られるという点が一番大きい。

Webというのは、黙っていても何も出てこない。自らが知りたい何かを探し求めていろいろなサイトを訪れて初めて、求めていた情報が与えられるのだが、欲しい情報さえ含まれているのなら、ユーザーはそれがテキスト、画像、動画、音声、なんであれ再生してくれる。


企業の中には未だに「うちの会社の顧客はPCで動画を見ないだろう」と思い込んでいる人もいる。なぜそんなことが起きるのかというと、「ダイヤルアップ接続時代の後遺症」があるからだろう。

(「何故あの会社はTV型サイトにするのか?」p.53から)

昔のネット環境では、動画を敬遠する人が多かった。今よりネット回線は細く動画コンテンツを見ようと思っても延々とダウンロードするのを待たなくてはならなかったし、そうやってダウンロードしてやっと見れた動画がたいして面白くもない内容であることが少なくなかったから。



でも、今は違う。動画を見るために延々と待たされるということはブロードバンドの普及によりずいぶんと少なくなったし、ネット上には思わずのめり込んでみてしまうような面白い動画が溢れている。

何かの商品が気になって、その商品の公式サイトを訪れたときに何を見るか?と考えてみると、今ならかなりの人が公式サイト上に用意されている動画を真っ先に見るのではないだろうか? 文章より画像、画像より動画の方が多くの情報を短時間で与えてくれるため、動画を見る環境、そして興味という二点が揃ってさえいれば、ごくごく当たり前の様に用意された動画を見る時代はすでにもう訪れている。



動画の作り方が変わりつつある時代


一昔前であれば、個人が利用できる録画機器や編集装置を使って動画を作成しようとしても、高い装置を必要としたり、専用の技術を必要とする割にはテレビで流れているような動画とのクオリティの差は歴然としていた。

でも、PCや録画機器、また動画を編集するソフトが進化した今なら、画質ではアナログ放送を大幅に上回り、編集でもテレビと遜色がないような動画を個人や少人数で作成することが可能になった。ネット上に溢れる動画の品質は作り手によってさまざまだが、中には下手なテレビ番組顔負けな動画もあったりする。


ウェブは間違いなく「動画の時代」に突入するので、そのときになって人材不足に悩むようなことがあってはならない。いまのうちに「ブロードバンド型ディレクター」として活躍できる人材を養成していくに越したことはないのである。

(「何故あの会社はTV型サイトにするのか?」p.154から)

動画を作成するための道具が揃っている今、作り手が持っている技術・経験によって作られる動画にものすごい差が生まれる。道具があるなら、次に必要なのはそれを使いこなして伝えたい内容を目的を見せるという目的を満たしつつも、魅力的で思わず最後まで見てしまうような作りの動画を作成しうる人材だろう。



ネットで動画が活用されていくこれから


視聴者の時間を奪い合うテレビとネットではあるが、スイッチを入れさえすれば何かしらの番組が常に流れ続けているテレビと自らが見たいリンクを辿り知りたい情報を求めるネットはこれからもしばらくの間は共存していくだろう。

ネットにおける情報がテキストしか存在しなかった時代から、画像、音声、そしてテレビと同じ動画も閲覧できるようになった今、動画というコンテンツの作り方、見せ方において、ネットがテレビに学ぶべきものは大きい。


それはさておき、ビデオリリースである。リリースにテキスト+αの動画という情報を載せることで、ウェブTVと同様、ニュースをメディアにわかりやすく伝えられる。商品・サービスの特徴や利用シーンを、訴求力の高いカタチで伝達することが可能になるのだ。

(「何故あの会社はTV型サイトにするのか?」p.167から)

商品やサービスのリリースに関するニュースはネット上でもよく見掛けるが、その会社のサイトへのリンクを辿ると、単にテキスト情報だけのリリース案内や、pdfファイルへのリンクが貼られているだけなんてことが多い。

引用で挙げられているようなビデオリリースなら、商品・サービスについてのアピール力は単にテキストだけの場合と比べて比較にならないほど大きいだろう。



私はゲームが好きで、発売前のゲーム情報を見に公式サイトを見に行くことが多いが、そのときに真っ先に見るのは動画である。また、見たい映画があって、その映画の公式サイトを訪れたら最初に見るのはなんだろう? ほとんどの人は予告編を見るんじゃないだろうか?

何もこういう動きは、映像を売りにした商品だけの話ではなく、その商品やサービスの内容をうまく説明しながら、それでいて飽きずに最後まで見られるような動画を公開しているサイトを見ると、その商品やサービスについての興味が大幅に増すことがよくある。



ネットはユーザーが欲しい、知りたいと思う情報を求めて行動するメディアだけに、必要な情報をより詳しく分かりやすく紹介できる動画という形は今後ますます発展していく方向なんだろうと思う。一ユーザーとしても、より多くの情報を知るためにそういう進化に非常に期待している。




何故あの会社はTV型サイトにするのか?


[PR by ブログタイムズ]

[]変わりゆくモニタ環境とサイトデザインとを見ながら


ブラウザを最大化して開く必要はないよ!」を読んで。


コンピューターの画面のサイズ、解像度は年々、次第に大きくなっていくけれども、それに応じて見やすいサイトデザインなんかも変わって行くもの。



最大化するワケ


ブラウザの最大化の話で言うと、Windowsユーザーはブラウザを画面に最大化させて見る傾向がありそう。OS側、ブラウザ側でそういう風に見せるような形をとってきてたから、それが染み付いてる人が多いじゃないでしょうか。一方、Macだと最大化はせず適当なウィンドウサイズで見るって人の方が多そう。これまたOSやブラウザがそういう見せ方をしてきたから。

こういう使って来たOS環境による刷り込み的要素がひとつ。



それとは別にあると思われるのが使用してるマシンによる画面のサイズの違い。モニタのインチ数的なサイズもそうだし、解像度的なサイズもそうなのだけど、それらが小さいときは最大化して見ないと非常にみにくい。一方、画面が大きくなると最大化してみるとサイズが大きくなりすぎてしまうため、適当なサイズのウィンドウにして見る方がみやすい。



画面のサイズ的な話でいうと、基本的には年々大きくなっていくものでありながら、実は単に大きくなってる訳じゃなくて環境的には範囲が広がってるというのも確か。

どういうことかというと、デスクトップPCのモニタのサイズでいうなら年々大きくなるでほぼ間違いはないけれど、ノートPCの画面でいうと17インチくらいが上限でそれ以下のサイズはだいたいカテゴリーによって決まってる。最近流行っているUMPCとかNetBookと呼ばれるゾーンのノートPCは逆に小さくなってたりする。

かくして、モニタのサイズ的には10〜19インチくらいだった昔から、5〜30インチくらいへと拡大しているのが現状。そんな中でも、解像度って点で見ると、同じインチサイズでも次第に高解像度化してたり。



このように、今の時代ってのはPCユーザーはいろんなモニタサイズでWebを見ており、それに対応できるようなデザインが望まれるんだろうなあ、という印象。

数字でいうと1024pix〜1280pix辺りのウィンドウサイズで気持ちよく見られるサイトにしてけば、大筋で問題ないかなーという感じがしています。



見た目のために文章中に改行を入れる行為


ところで固定幅にしても可変幅にしても、それがCSSによって制御されているのなら、CSSを外して読むとかユーザーCSSを使うことで「閲覧者が読みやすいと思う表示幅」を実現できるのだけど、最悪なのは「句読点ごと、または適当な文字数ごとに
タグを入れて強制的に改行」しているウェブサイト。初心者向けのブログ講座を開いている人の中にも、「読みやすいブログの書き方」と称してアレを勧める人が多いが、全く困った物だ。

ブラウザを最大化して開く必要はないよ!:ekken

これ、分かる人は分かる話だけど、逆になんのこと?って人もいそうだから、もうちょっと細かく書いてみると、見た目的にこう見せたい!という形をベタに表現するために、本来はCSSというレイアウトを指示するための仕様を使って、そのレイアウト情報を表記すればいいところ、本文テキストの文章中に無理矢理改行を入れてレイアウトしてしまうようなサイトのこと。



文章と文章の間を適当な間隔にするために改行をいくつか入れて調節する、

みたいなのはやってる人が多くて、

かくいうここでもそんな書き方をしてたりするけれど、

それが「句読点ごと、または適当な文字数ごと」にまでなってしまうと非常に見にくくなる。



↑↓こういう書き方のことです。



文章と文章の間を適当な間隔にするために改行を

いくつか入れて調節する、みたいなのはやってる

人が多くて、かくいうここでもそんな書き方をし

てたりするけれど、それが「句読点ごと、または

適当な文字数ごと」にまでなってしまうと非常に

見にくくなる。



文字サイズの選択


それ以外にも他のサイトを見てて気になるデザインの一つとして、「必要以上に文字サイズをいじってるサイト」ってのがあります。



各種ブラウザには、たいていの場合文字の大きさを拡大したり縮小したりして表示する機能がついてて、大きい文字が好きだ!とか小さい文字のがいい!って人は、それを使って自分の環境において見た目を調節すればいいと思ってるのですが、「私は文字が小さく表示されるデザインが好きだから、フォントサイズの設定をいじって全部の文字を小さく表示するように設定するよ!」ってな人がたまにいて、本文全体が小さな文字になってたり。

もちろん、そのサイトをみるときだけブラウザの拡大機能をつかって拡大してみればいい話ではあるのですが、できれば本文をノーマルのサイズで表示するようにしてあった方が読み手側からするとありがたい。



これが、更にこじれて意味不明になってるのが、最近ではほとんど見掛けなくなりましたが、米粒みたいな小さな文字表示になってるサイト。

このカラクリは、想像するに、何らかの理由でその人のブラウザの文字サイズが拡大設定になっていて。でも、その人は実は文字が小さく表示されるサイトが好きで。(でもブラウザの表示文字サイズ設定を変えることには気づかない) で、自分のサイトの文字サイズ設定を小さく設定するんだけど、もともと拡大表示されてるので、必要以上に小さな設定にしてしまう、と。本文がfont-size: xx-smallとか50%、みたいに設定されてたり。



最近は、読みに行く先のほとんどがブログなどで、それなりなデザインテンプレートが使われているので、昔ほどびっくりデザインなサイトに出会うことは無くなったのが嬉しいやら、ちょっと寂しいやら(どっちなんだw)。

[]「北の大地から送る物欲日記」が生まれたワケ



ネットを長く使ってる人なら、自分のハンドル名やら自らが作ってるサイト名などを検索して、何か言及されていないかを調べるエゴサーチという行為をやってる人が多いと思いますが、そんなエゴサーチをしてて見つけたTwitter発言。


理由は説明できないけど、北の大地から送る物欲日記というタイトルがイラっとする。そろそろLDRで非表示にするグリモンとか書く必要がある。

http://twitter.com/etupirka/status/1004966340

「東京都小手指から送る物欲日記」ならイラっとしないのに、「北の大地から送る物欲日記」というタイトルがイラっとする理由は、「北の大地」がネタでも何でもなく広告のキャッチ的な意味づけで使われているから。印象づけよう、と狙ってる感に反発したくなる。

http://twitter.com/etupirka/status/1004973848

このブログが「北の大地から送る物欲日記」という名前になってるのは、単純に北海道在住な私が書いてる物欲日記だったから、というだけの話で、まあネタぐってるわけでも広告のキャッチ的な意味合いでつけた訳でもありません。



このブログの過去ログをたどって、初期の頃を読んでもらえば分かると思いますが、普通に物欲日記からスタートしてます。読んでる漫画とかをメモってるだけの。

当時は、別に自宅鯖上で公開していた本家ブログを持ってて普通の記事はそちらで、物欲日記系なネタをこちらで、と書いてたのが、はてなダイアリーでブログを書く方が何かと便利で面白いということに気づいて、こっちに全面的に移住してきたという流れだったりします。

その本家ブログは、自宅鯖の公開をやめてしまった経緯もあって、今はデータこそ持っているもののweb上からは消えてます。




まあ、その後、仕事の関係でしばらく東京に住んでる期間があって、その時はそのうちブログ名を「北の大地から送ってた物欲日記」とでも変えようか?なんてネタ的に思ってたりもしましたが、その後、また北海道の実家に舞い戻ってきたので、名前を変える必要も無くなってそのままになりました。

イラッとされてて申し訳ありませんが、長らく使ってて愛着が沸いてるブログ名でもあるので、たぶんこの名前は変わりません。



「そろそろLDRで非表示にするグリモンとか書く必要がある。」とか言う所を見るに、「内容がむかつくから見たくない」じゃなくて、「ただタイトルが気になるから(タイトルを)見たくない」ってことなのかな、と好意的に解釈もできるよな、というポジティブシンキングもできますね。



名前負けしてる!と言われない様にもっと北海道ネタもいっぱい書いておくか!、と思った話題でした。




追記:はてブコメントから

満たされてゆったりしてそうな「北の大地」なのに「物欲」という落差はおもしろいと思っている。南国ハワイから送る通勤地獄日記とかそんな感じ。

http://b.hatena.ne.jp/inugamix/20081119#bookmark-10895339

自然いっぱいでおおらかな「北の大地」ですけど、デジモノだったり漫画、ゲーム、アニメ、音楽なんかだったりの「物欲」的な意味合いでは非常に飢えてる場所なんですよ! 発売遅れる、そもそも入荷しない、放映されないとかの意味合いで!w



つぎはたぶん..."水ポケモンだからだけど、ピカチュウというアイコン画像がビリっとくる。そろそろブラウザで画像非表示にする設定とかする必要がある。"

はてなブックマーク - kskmeukのブックマーク / 2008年11月19日

ファビコンやらプロフィール画像やらでピカチュウのぬいぐるみを使いまくってるけど、オフ会なんかで実際に出会った人から「ピカチュウみたいな人を想像してたのに、実際に会ったら全然違っててイラッとした」とか、そのうち言われやしないかと、今からドキドキしています(嘘)

[]高音質CDはリッピングする人には関係ない


普通のCDと新開発「Blu-spec CD」を聴き比べてみる」を読んで。


ちょっと前に「高音質CD技術は本当に高音質になっているのか? - 北の大地から送る物欲日記」で取り上げた高音質CDの聴き比べ記事。



なお、試聴用のサンプラーディスクを持ち帰り、通常のCDとBlu-spec CDをそれぞれリッピングしてコンペアしたところ、両ディスクに収録されているCD-DAデータはまったく同じであることが確認できた。

普通のCDと新開発「Blu-spec CD」を聴き比べてみる

ディスクの材質や作成方法などを変えたことによって高音質化したかどうかを比較するためには、まったく同じデータを記録したもので比較しないといけないので、ここは重要な要素。



リッピング(CDの情報をPCに取り込む操作)して比較すると両ディスクに収録されているCD-DAデータは全く同じであることが確認・・・同じなんですよね。

市販の高音質CDがいままでのCDと同じデータが記録されているとすると、リッピングしてPCに取り込んでから聴くスタイルの場合には、どちらのCDでも全く同じ音質になるので高音質CDの存在意味はなさそうです。高音質CDが高音質であるとしたら、あくまでCDプレーヤーで再生する場合においての話。



CD取り込み派としては、今までのCDだろうが高音質CDだろうが、元の音源ソースが変わっていなければ違いはないので、より手軽に確実に入手できる音楽配信の方にもっと力を注いでいただきたいところ。

Connection: close