北の大地から送る物欲日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Webから検索
Google
ブログ内検索

記事一覧
最近のコメント
RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/
スカウター : 北の大地から送る物欲日記

track feed あわせて読みたい
[TopHatenar] hejihogu なかのひと

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Facebookにファンページを作りました。
このブログが気に入ったら「いいね!」
をクリック!

2011-02-21

[]インプットを形にして残すためにアプトプットする



「読まれる」ためのエントリを「作る」ということ: CONCORDE」を読んで。

ブログにエントリを書く事って、それぞれのブロガーなりの理由というかモチベーションというかがあって行われる行為ですね。


だから、(読まれたくて)ブログを書くというのは、

頼まれもしないのに炊き出しを買って出て「どうぞ食べてみて!」と声をからしているようなものなんじゃないですか。

「読まれる」ためのエントリを「作る」ということ: CONCORDE

私の場合だと、そこまで強烈にアピールしてる印象はないんですよね。と言いつつも、自分のつぶやきなり行動なりを発信しているtwitterやfacebookにはブログ更新を通知してたりしますが。

「自分用にまとめたメモを切り取ってここに並べておきますから、読みたかったらどうぞ」的なイメージかな? 自分がブログを書いて人に読んでもらおうとする行為に対して感じてる所というのは。


アウトプット(ブログを書くこと)することで、どこかの誰かに何かをあげられたり、そこから自分に何かが帰って来たりということが少しでもあったら儲け物かな、と思ってるので、アウトプットする事に対して引け目を感じることはないかも。



インプット(ブログを読んだり、日々いろいろ行動しながら感じること)も好きですが、定期的にそれをアプトプットしてまとめておかないとなんか気持ち悪い、というのはあるかもしれません。せっかくインプットしたものが、まとめないとただ自分の中を通り過ぎていってしまうだけになってしまって勿体ないという感覚があって。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20110221/p4