サッカーのある幸せ

SVABO! OSTANI!  Good  Bye 川淵さん  SoccerCast

エルゲラのアンテナ   アーカイブ   『Good Bye! 川淵さん。』   ヴェルディのアンテナ

 | 

2004-11-06 新蕎麦

helguera2004-11-06

[]森本2ゴール 21:23

ですって。スッゲー!!

[]山形 - 湘南 18:24

久しぶりのスタジアム生観戦となった試合ですが、いや〜、山形にとっては1点が遠かったです。山形までの道のりもちょっとだけ遠かったけれど、山形県総合運動公園陸上競技場周辺の紅葉は今が盛りでとっても綺麗でした。

山形は残り4試合を残してJ1自動昇格の2位まで勝ち点差6、入れ替え戦の3位には勝ち点差5で福岡が迫っていて『絶対に負けられない戦い』となります。湘南は上田新監督を迎えて来シーズンへのいい形を見つけておきたいところです。


試合開始から3分以内で山形は惜しいチャンスを2回作りますが、決められません。すると開始4分に湘南が最初のチャンスを決めてしまいます。湘南の早いFKのリスタートから右サイドへ、そこからのクロスを柿本選手が見事なトラップからの素早い右足の振りぬきであっさり湘南が先制してしまいます。

そこからの80分間はもう山形の猛攻撃です。湘南は守備練習、山形は攻撃練習をやっているんじゃないの? というくらいの一方的な試合になりますが、山のように訪れるチャンスを山形は決めきれません。このまま敗戦かという雰囲気がスタンドに漂い始めた後半38分、湘南の攻撃からの山形のカウンターで右サイドからのクロスが入り、GKがパンチングで逃れますが遠くへ飛ばせずペナルティエリアのすぐ外で拾った山形の星選手が放ったミドルシュートがようやく湘南のゴールネットを揺らしてやっとの思いで同点です。


この失点につながる直前の湘南の攻撃ですが、ここが勝負の分かれ目だったと思います。基本的に山形に攻められっぱなしの湘南でしたが、攻められているなりに守りのリズムが出来上がっておりシュートは打たれても失点の気配はありませんでした。

しかし山形のあせりが見えてきた後半30分過ぎから湘南の攻撃にリードしている湘南が人数をかけるようになったのです。それまではマイボールになってもトップに当ててFWがボールをキープできたら2〜3人で攻めているような状態だったので、確かに攻撃は単発ですが守備のバランスは崩れていませんでした。失点の少し前の場面でも、失点の場面でも湘南の攻撃の時に湘南の選手は6人も山形側ペナルティエリア周辺まで攻め込んでいって、自陣には4人の選手が残っているだけでした。その間には広大なスペースが広がっていて、案の定山形ボールに切り替わった瞬間に早いカウンター攻撃をされて守備の陣形が揃わないままの失点です。パスをつなぎながらジワジワと多数の選手が攻めていくのならまだありだとは思いますが、カウンター気味にたくさん上がっていって逆カウンターを喰らって失点では遠くまで応援に来た湘南サポーターも辛過ぎます。勝負を決める2点目が欲しい気持ちは分かりますが、あれほど人数をかけてまで取りに行くシチュエーションだったかと考えると疑問な状況です。


やっとの思いで同点にしたとはいえ、山形に勝ち越す時間は残されていませんでした。他会場の結果を見ると、横浜FCにきっちり勝って勝ち点3をゲットした大宮とは残り3試合で勝ち点差8、昇格を決めた川崎に競り勝った福岡とは勝ち点差3ということで、山形には厳しい結果となりました。それでも、山形の選手たちにはスタジアムのバックスタンドを埋めている熱心な山形サポーターのためにも、残りの3試合でも最後の1分まであきらめない闘志あふれる良い戦いを期待したいです。

山形と福岡は直接対決を残しているということで、今年もJ2の昇格レースは最終節まで目が離せない熱い戦いが繰り広げられそうです。

[][]ジーコ体制で日本サッカーが失った大切なもの 01:05

シンガポール戦での選手の招集を見ても今までの召集を見ても、ジーコ監督は監督としての経験不足からか自身の哲学からかわかりませんが、代表はテストの場ではないと考えているようですね。それはそれで正しいようですが、リーグで結果を出している新しい選手や将来が期待できる若手選手を簡単に招集しないことで失われているものについて考えてみたいと思います。


まずは日本代表チームそのものの活力の低下。これは言わずもがなですが、召集されて出場される選手が固定されることでの直接的な弊害ですね。スタメン組と控え組のモチベーションの差や、海外組が優先されてしまうことによるチーム内でのヒエラルキーの確立によるチーム内の非活性化。ただ、今年の春先はそのような状態に陥ったものの、アジアカップでは個々の選手の頑張りと控え組の献身的な我慢によってこの問題については何とか乗り切ることができました。問題の本質が解決したわけではありませんが、怪我人の発生によるチーム内の活性化によって救われた部分もあるでしょう。でも、特に試合出場の少ない選手たちの頑張りには素直に頭が下がります。


そして、本当はもっと深刻な問題かもしれない若手選手にチャンスを与えないことにより日本サッカーが失ったもの。これは前日のコメント欄を書いていて感じたことなのですが、Jリーグで結果を出しても代表に召集されるわけでもないので、今が伸び盛りの若手選手たちにとっては失われた時間は取り戻せないのですよね。

Jリーグで活躍して一度日本代表に呼ばれて試合に出る。その試合ではうまくいかなくて、次から当分代表には招集されないかもしれないけれど、一度代表でプレーしてワールドクラスの選手とガチンコの経験をしたら、次からのクラブでの日常の試合の中でも明確な目標とモチベーションが生まれると思うのです。


例えばJリーグで結果を出している若手FWが代表に呼ばれて試合に出る。そこには今まで一緒にプレーしたことのない有名なMFの中田、中村、小野選手がいる。試合の勝負どころで出たパスは普段のチームメイトから出るパスとは厳しさやタイミングやコースが違って追いつけないかもしれない。また、対戦相手のDFの身体能力がワールドクラスで、普段の試合なら抜いたっと思うタイミングで追いつかれたり足が出てきてカットされるかもしれない。その結果、その試合では結果が出せなくて、次の試合からは召集されないかもしれない。

でも、そこで体感したプレーの感覚はきっと頭と体に強烈に刻み込まれて、自分のクラブに戻ってからの試合や練習で今までは求められなかったレベルまでを、自分で自分に求めるようになるのでしょう。そして、そのような選手は時間が経って結果が出てくれば再び日本代表に招集される。そのサイクルが様々な選手やクラブで繰り返される。そして選ばれていない選手にも自分にだってチャンスはあるかもしれないと影響を与えていく。


このサイクルが断ち切られている損失は、その先4年では取り戻せないくらい、これから長い時間日本のサッカーに悪影響を与えるのかもしれません。

協会としては今がピークの選手たちがいれば監督がいなくてもWCには出場できるだろう、監督の仕事は話題作りだという考えかもしれません。最悪の結果としてジーコ体制でドイツワールドカップ出場を逃したとしても、4年後にまたワールドカップはやってきます。でも今が伸び盛りの選手たちの大化けして成長するかもしれないチャンスを奪ってしまったこと、この失われた時間を取り戻すことはできません。ドイツには出られなかったけど、次のワールドカップに向かって立て直せばいいやという簡単な事ではありませんよね。


今のジーコ監督が使っている選手たちは前監督時代の遺産です。もちろん代表チームに限らず監督が交代した時には、最初のチームの骨格は前のチームから引き継がれることは当たり前でしょう。でも、時間が経つにつれ新監督が発掘した選手が徐々に加入していきますよね。今の監督になって2年以上の時間が経って、ジーコ監督からチャンスを与えられたと思える新しい選手は、玉田、加地、大久保、茶野選手くらいしか思いつきません。ジーコ代表監督が蒔いた種を次の監督が収穫できる選手というのはいるのでしょうか。4年間かけてワールドカップには出られたけれど、残っているのは怪我人ばかり…というような状態にならなければいいのですが。最悪の結末はワールドカップにも出られない、若手選手も育っていないということですね。もちろん、選手の強化はJリーグでという考え方も分かりますが、極東の島国日本という地理的要因を考えると、やはり代表チームに選ばれて海外の選手と直接マッチアップできるチャンスというのは、選手が成長するうえで大きなキッカケであることは否めないでしょう。

そのチャンスと若手選手の貴重な時間を奪っていることがジーコ体制の一番の弊害かもしれません。代表監督の経験のなさが、これ以上日本サッカー界に悪い影響を与えることのないように、一日も早く軌道修正されることを願っています。

zinedine05zinedine05 2004/11/06 01:33 個人的な経験から言わせていただくと、自分より上の選手たちと戦うことで良い刺激にはなると思うのですが、レベルアップに直接的につながるとは言いがたい。モチベーションは上がりますけど。だからそんなに心配しなくてもそれなりの成績を収めますよ、ジーコ後もきっと。。

helguerahelguera 2004/11/06 06:47 zinedine05さん、ようこそ。そうだと安心ですね。ただ、世界の中の日本サッカーのポジションを見ると、例えば海外クラブに移籍を希望していても、代表に入っていないと中々注目してもらえないし…。松井選手のように世代別代表から直接羽ばたいてくれる選手が増えると嬉しいのですが。

toroneitoronei 2004/11/06 08:27 だから永井とかに海外スカウトの目がとまるのは、希望ですよね。J見てくれているというのは希望。

helguerahelguera 2004/11/06 18:31 おりたさん、どうも。海外へ行くことが絶対いいことだとは言えませんが、少なくとも海外へ行きたいという希望を持つ選手たちの道を閉ざして欲しくはありませんね。

 | 
最新トラックバック一覧
佐野元春 AND THE HOBO KING BAND TOUR 2006「星の下 路の上」【初回限定盤】
佐野元春 AND THE HOBO KING BAND TOUR 2006「星の下 路の上」【初回限定盤】
THE SUN LIVE and RECORDINGS
THE SUN LIVE and RECORDINGS

フォトグラフ

1991 | 07 | 08 |
1998 | 06 |
2002 | 05 | 06 | 07 |
2004 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2010 | 02 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2012 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2013 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 |
2014 | 05 | 06 |
<< 2004/11 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新タイトル

[サッカー][日本代表]日本 - コスタリカ
[サッカー][日本代表]日本 - キプロス
[サッカー][日本代表]WCブラジル大会日本代表選手23人の選出に寄せて
[サッカー][日本代表]セルビア戦・ベラルーシ戦を終えて
[サッカー][日本代表]日本 - ウルグアイ
[サッカー][日本代表]日本代表の東アジア杯を終えて
[サッカー][日本代表]日本代表のコンフェデ杯を終えて
[サッカー][日本代表]日本 - メキシコ コンフェデ杯
[サッカー][日本代表]コンフェデ杯イタリア戦 雑感
[サッカー][日本代表]イタリア - 日本 コンフェデ杯
3951871